• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ヒューベリオン@144Mのブログ一覧

2017年11月04日 イイね!

ヘッドライトの滴露防止処理

オールペン時にヘッドライトカバーも左右とも新品に交換しましたが、このままだと最近の日産のシールの問題なのか、冬場はカバー内部に温度差による滴露が発生し、ひどくなると水が内部に溜まる為、以前のカバーに施していた処置と同様、カバーの裏側に穴を空ける作業を行いました。

まずは作業するためにフロント部分をバラす作業から。接触事故から修復した右のカバーを外した状態。



ノーマルのU30だと、どこをどうバラしていけば外せるか、手順とコツさえ判っていれば片方、15分もあれば十分バラせるのですが、私のU30は右側はATFのオイルクーラーがある為、これも固定しているボルトを外して、多少動かせる状態にしないとヘッドライトカバーが外せません。
おまけにATFクーラーにつけてある2基の電動ファンの内、右側のファンをコアに固定しているタイラップが熱と経年劣化により、下側の2本が切れていることが判明。作業が増えてこちら側だけでバラし → 穴あけ → 組み直しの一連の工程が2時間もかかってしまいました。
何しろ手や工具が入らないけど緩めても動かせる範囲に限りがあるので、ラチェットのギアが2枚程度しか噛んでくれないようなところを地道に時間をかけて外すなど、かなりの手間がかかりました。
(勿論、組み戻す時も同じなので大変)

何も邪魔するモノが無い左側(ドライバー側)は一連の作業(組み直しまで)が30分で終わっているので、結構面倒でした。まあ、外した際にゴチャゴチャになっていた配線の束ねをやり直してすっきりさせる作業も追加でやりましたが。

外したヘッドライトカバーはこんな感じで左右とも底面の一部に3㎜の穴を空けました。



たったこれだけのことなのですが、これが熱抜きになって冬場でヘッドライト使用時に寒暖の差が大きくなっても、内部に曇りや滴露が発生しなくなります。無いとだんだん酷くなって最後には水が溜まり始めます。放置すれば何かのタイミングでショート等に繋がりかねませんし、カバーの内側にヒートスポットなどふき取り不可能な汚れが付着します。

ちなみにオールペン前と後のビフォー → アフターはこんな感じ。
撮影角度や天候、撮影時期に違いがあるものの、色の深みなど違いは明らか。
愛車紹介でも使っているビフォーは購入から13年目ぐらいで撮影したもの。
そこから更に年数が経過して、オールペン直前の今年6月頭にもらい事故を食らった時はこんな色まで退色してほとんどシルバーに近い色になっていました。
【ビフォー】


【アフター】


Posted at 2017/11/04 23:19:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車いぢり | クルマ
2017年10月30日 イイね!

外観、フルレストアです

先日、復活報告をしましたが、実は事故の修理は追加で余計に発生してしまったもので、
本当のメニュー全容は下記の通りでした。
本当は8月にはロールアウトできるハズが事故で大幅に予定が狂いました。
オーナーズクラブのオフでお披露目が完了したので、こちらでもネタバレします。

【塗装系】
 ・オールペン
   ボディ全体を元々の塗装色、パープリッシュシルバーで全て塗装をやり直ししました。
   バンパーは事故で大破したフロントだけでなく、リアも当て逃げされたりして、
   一部損傷をしていたことや、劣化により元の塗装がかなり痛んでいた為、
   新品を調達して丸ごと交換しています。
 ・ミラーカバー    → 経年劣化により白っぽく塗装が変色していた為、再塗装。
 ・窓周りのシール
 ・カバーのプラスチック
 ・ボディコーティング → 塗装完了後、1週間でコーティング作業に出し、
              汚れや傷がつく前にガラスコーティングを行いました。

【パーツ交換】
 ・ウェザートリップ → 実は車全体での入手はラス一。水漏れ等はまだなかったですが、
             時間の問題なので。
 ・モール      → ドアやバンパーについているモールです。
 ・ルーフレール   → 屋根の上だから目立たないといえばそれまでですが・・・。
 ・窓のモール    → 窓とドアの鉄板部分との境目にあるプラスチックのパーツです。
 ・リアのナンバートリム → 塗装が剥げ落ちて一部は下地が剥き出しに。新調しました。
 ・ナンバープレート → かなり汚れが目立った為、陸運局に申請して再発行しました。
 ・ワイパーアーム  → フロント、リアともサビや塗装の劣化が酷くなっていた為、
             全て新品に交換しました。
 ・カウルトップ   → フロントワイパー部分のボンネットとフロントウィンドウの
             つなぎ目にあるパーツ。
 ・ヘッドライトカバー → 事故で大破した左は当然交換ですが、右も表面が劣化して
              黄ばみが落ちなくなり始めていた為、こちらも新調。
 ・ポジションカバー → これもヘッドライトカバーと同様、右も合わせて新品に交換。
 ・リアテールランプ → 車検等も問題は無いものの、カバー表面にヒビが入り始めており、
             目立つようになってきた為、思い切って全て新品に交換。
 ・エンブレム    → Presageエンブレムと日産のC1エンブレム。
             雨続きの為、貼り付けする機会がなく、まだ貼ってません。
 ・リアウィンドウのPresageステッカー
           → ラスト1セットでした。半分剥がれていたので交換。

  ※事故に伴い、新品に換わったもの
   ・ボンネット       → 事故により歪みが生じ、根元も変形し、新品に交換。
                  多少変形の影響からか、結構押し込んでやらないと
                  ロックが閉まらない感じになりました。
   ・フィードインシュレータ → ボンネット内側の防音・防熱材
   ・ウォッシャーノズル   → 実はまだ古いまま。新品が修理工場で見あたらなく
                  なる事件が発生し、再度調達中。納期未定。
   ・フロントグリル     → 残念ながらCⅠ用のオリジナルは製造廃止。CⅡ用。
   ・燃料オイルクーラー   → 割れこそなかったものの、変形してしまった為、
                  取り付けてから僅か数ヶ月で再交換。
   ・左フロントフェンダー  → あそこまで派手に大破すると板金で修復不能。
   ・左フロントタイヤハウスのインナーカバーの一部

【補修】
 ・左リアシャーシ部 → サビが発生しており、ウレタンを一部かき出して補修。
             左タイヤハウスまで被害が進行しており、パネル2枚を交換。
             交換後、ウレタンを注入し直しました。

【チューニング】
 ・オルターネーター → オーバーホールと合わせて強化。巻き線の巻数をワンオフで増強。
             出力強化を行いました。ノーマル比で125%、80A→100Aに
             強化されております。
             ※添付の画像が実物です。見た目は同じながら性能は別物です。



 ・プラグコードの新調 → シーケンシャル点火用の特殊プラグコード。エンジン換装前から
              使っているパーツで結構年数も経って使い込んでいる為、
              ULTRAにワンオフで再度作ってもらい、新品になりました。
 ・スタビライザー  → 折れていたとは予定外。ただ応力パーツの為、性能が時間の経過に
             従って落ちるので、換えようか考えていた矢先ではありました。

とまあ、事故に伴って新品に換わったパーツは別として、結構大掛かりな補修になりました。
実質的に概観に限って言えば新車同然のフルレストア状態。その為、同じ型のプレサージュ
(U30型)に乗っている人が信号待ちで横に並んだ時、20年も経っているのに新車同然の
色合いと状態の車がいるので驚いてこちらを見ていたりします。

雨続きで写真が撮れていませんが、天気のよい時に撮影してブログトップの写真も更新を
かけたいと思います。
Posted at 2017/10/30 00:26:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 保守整備・メンテナンス | クルマ
2017年10月07日 イイね!

復活しました!

Myプレ、復活!!



6/4の接触事故以来、4ヶ月。ようやく修理が完了して戻ってきました。
残念ながらパーツの製造廃止によってオリジナルに戻せなかった部分が2箇所。

1.フロントグリル(CⅠ用、メッキ無し) → CⅡ用(メッキ有り)
2.電動コーナーポール → 調達不能につき、撤去

コーナーポールはともかく、フロントグリルがオリジナルに戻せなかったのは、
個人的にはかなり不満。

U30はCⅠ以外、全てメッキグリルが使われており、メッキ無しの無塗装CⅠグリルは
ある意味、グリル中央につけられたプレサージュ専用エンブレムを際立たせる個性的な
ものでした。

リアのナンバープレートトリムもCⅠのみ、メッキ塗装が施されていないものが使われており、
サイドミラーが塗装されていない状態と相まって、私のプレの特徴の一つとしてオーナーズ
クラブのメンバーにも認知され、個性的で良いと気に入ってくれたメンバーも多かっただけに、
再現できなかったのは非常に残念です。

メッキを剥がせないか、あるいは上から再度、下地と同じパーツ本体の色に塗装を
し直せないかなど、板金屋さんと可能性を探ってみましたが、難しいことが判明。
再現をあきらめざるを得ませんでした。

以前も掲載しましたが↓が事故直後の状態。


最終的に修復時に新品へ交換となったのは以下のパーツとなりました。
・フロントバンパー
・左フロントフェンダー
・左ポジションランプ
・左ヘッドライト
・フロントグリル
・ボンネット
・フィードインシュレータ
・左タイヤハウス内のカバーの一部
・左フォグランプ空間内に設置していた「燃料クーラー」
・バンパーとフェンダーのモール

ボディパーツはいずれも塗装有りのものは無く、全て無塗装のものを手に入れて、
塗装を行っています。

また、折れていたスタビライザーが新品になり、当たり前ですがロールが大幅に減ったため、
挙動が全く別物になり、元のソリッドな挙動とハンドリングのダイレクト感が戻ってきました。
Posted at 2017/10/07 16:35:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | トラブル履歴 | クルマ
2017年09月30日 イイね!

スタビ、折れてましたΣ( ̄ロ ̄|||)

足掛け4ヶ月、ようやく板金と塗装が終わって昨日、修理工場からショップに愛車が入庫。
土日でいくつか整備を行った後、月曜日にショップで車検を通してもらい、やっと私の元に
車が戻ってきます。

パーツの納品遅れもあって延びに延びた為、急ピッチで最終整備をショップで進める中、
社長から昨日の仕事中に電話が。

社 長:今、大丈夫?
ヒュー:何でしょう?
社 長:まずは報告。○○(板金屋さん)の所からウチに車が上がってきて、
     月曜日(10/2)に車検を通す見込み。来週には引き渡せると思う。
ヒュー:ありがとうございます。よろしくお願いします。
社 長:それでね、車検通す前にジャッキアップして下回り、確認したら問題発生。
ヒュー:???
社 長:スタビ、折れてるんだけど。
ヒュー:Σ( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!
社 長:月曜に車検、通そうと思ったんだけど、車検前に交換しないと車検出せないんだよね。
ヒュー:入っているのはCUSCOのアフター品ですが、まだオークションで何点か見たことが
     あるので急いで落としてみますが、それだと月曜日には車検出せないですよね。
社 長:オークションだと支払いしてからモノが届くまで時間がかかるから月曜は厳しいよね。
ヒュー:社長、ダメ元でCUSCOに在庫無いか、確認できませんかね。
     オークションで何点も出ているぐらいなのでもしかするとあるかも。
社 長:聞くだけ聞いてみるか。有り無しを今から確認して連絡するから、無かったらオークションで
     入手してくれない?

で、急ぎ社長にCUSCOに在庫の確認をしてもらったところ、「ありました!最後の1本」
そのまま発注をかけてもらい、本日納品。様子を見に行ったら丁度交換が終わった所でした。

ということで↓が折れたスタビ君


右フロントの丁度、応力が一番かかり、かつ一番細いところが根元からバッキリ(≧ロ≦)
折損箇所は既にサビが出ていたので「結構折れてから時間経ってるんじゃない?」とは社長。

言われてみればコーナリングの際、フロントのグリップが前より効かなくなったと最近、
感じていましたが、何しろボディも古くなってヤレてきているのも事実。
おまけにスタビライザーが無くても車は走れてしまう上、徐々に劣化が進行するので
さすがに経年劣化してきたかな~ぐらいに思っていましたが、まさか折れていたとは。

つけてから10年以上、距離も10万キロ以上使っていますし、応力パーツなので使えば
使うほど劣化が進み、初期の性能を発揮できなくなったり、壊れてもおかしくはないですが、
「スタビ折れるってのはあまり聞かないな」とは社長談。
やっぱり車の戦闘力がメチャクチャ上がっているだけに負担が大きかったんですかね。
普通のU30だったらとっくにどこかにすっ飛んでる進入速度で普通に曲がりますから。

危うくまた納期が延びる所でしたが何とか回避できました。
スタビ無しでしばらく走っていた訳ですので、スタビが復活するとかなり走りも変わりそう。
追加で臨時出費が増えましたが、リフレッシュできたと前向きに考えます!
Posted at 2017/09/30 17:46:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | トラブル履歴 | 日記
2017年09月18日 イイね!

そろそろ修理完了

6月にもらい事故に遭って以降、足掛け4ヶ月に渡って長期ドック入りを余儀なくされた愛車ですが、ようやく今週末から9月末には上がる見込みとなりました。

結局、左フェンダーの受注生産のため、入荷が長期化して8月のお盆休み明けになったのが遅くなった原因ですが、ここまで長期化するとは想定していませんでした。

問題は修理が上がってからもまだ先が長いこと。実は今年の7月末に車検満了を迎えており、修理中だったため当然、車検場に持ち込めず検満切れとなっており、準備でき次第、車検を通さないと乗れません。なので修理が上がったら即引渡しとは行かず、車検を通してもらう必要があるので、諸々を行うと場合によっては本当に手元に戻ってくるのは10月頭になる可能性があります。

車検が切れた状態で1ヶ月強が過ぎた9月上旬には、国交省から「お前の車、車検切れてるけど、どうなってんじゃ」とおハガキまで戴きました。丁寧に「修理中だから車検出せないよ~ん」と返しておきましたが。ちゃんとチェックしてるのねと少し感心しました。
Posted at 2017/09/18 17:02:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | トラブル履歴 | クルマ

プロフィール

「ヘッドライトの滴露防止処理 http://cvw.jp/b/172526/40667607/
何シテル?   11/04 23:19
初めて買った車がとうとうこんな状態に(笑) ふと気がつけばミニバンでは異色のチューニング路線を真っしぐら! 買った当初はほとんど車に興味が無かった身が、 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

スピードショップ・ターボ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/02/07 08:35:13
 
GO!GO!Presage 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2006/01/17 22:27:49
 

お友達

車を通してこれまで多くの仲間と知り合うことができました。この場での新たな出会いや交流を楽しみにしております。
160 人のお友達がいます
ヤグヤグヤグヤグ * kotopapakotopapa *
cheezcheez * PsおくやんGGPsおくやんGG *
とど@とど@ * としのりとしのり

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

日産 プレサージュ 日産 プレサージュ
<エンジン>※KA24DEより換装 SR20DET改(SR22DET) HKS 2. ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.