• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ほしのひなたろうのブログ一覧

2017年11月07日 イイね!

金沢マラソン

もうしばらく前になってしまいましたが、金沢マラソン2017に参加してきました。
昨年の夏からから少しずつ走り始めたものの、申し込みの4月の時点ではフルマラソン走れる走力はなく、とりあえず申し込んで抽選当たったら考えよう的な…

で、5月、見事当選(笑)

こうなったら真面目にやるしかない。
6月以降は距離を稼いだのですが、同時に脚を痛めてしまいました。医者に通いながら練習の日々。最高で月間170kmほど走りましたが、こんなのフルマラソン目指すには正直ナメてるレベル(汗)
本番1ヶ月前になっても脚はあちこち痛い状態。藁にもすがる思いで見つけたnewtonと言うメーカーのシューズを履き出してから脚の故障も治ってきて、何とか本番にこぎつける事ができました。

10月29日、本番。
天気は良くなくて序盤は曇り空、それ以降は徐々に雨が降ってきました。40km走るなんて半分頭おかしくならないと無理。そんな人達が13,000人も集まるんですから異常事態です(笑)参加者と沿道の声援、そしてボランティアスタッフ、数十万人の大イベントです。
僕は目標の4時間切りを目指すため、作戦としては5km27分台のラップを刻んで行き、後半はその貯金を切り崩しながらも粘って目標を達成する、と言うものでした。
スタートは真ん中くらいからで、スタートラインを切るまでに6分かかりました。最初の方は遅いランナーを抜くのが大変で、右に左に蛇行しながら、時には道路の端の方からゴボウ抜きしながら、ペースを守りつつ順位を上げていきました。
ゆっくり走っているつもりが10km過ぎたあたりから脚の痛みが出てきてしまいました。中間点まで来ると、本当に最後まで持つのかなと思うくらい脚の疲労が溜まってきます。後半は雨もしっかり降ってきて寒いくらい。そしてさすがにペースも落ちてきて4時間切れるかギリギリっぽくなってきました。
40km手前で最後の力を振り絞り少しペースを上げてみました。最後の1kmは長くて長くて大変でしたが、リタイアすることなく無事にゴール。
タイムは3時間59分11秒で、ギリギリで4時間を切ることができました!市民ランナーの一つの壁がこの4時間切りと言われていますが、初マラソンで達成できて感無量でした。最後のペースアップがなければ確実にアウトだったかと思うと、本当に頑張って良かったと思いました。
ゴールの瞬間の感想は『もう二度とこんなことしたくない』でしたが、3日後には来年3月の能登フルマラソンにエントリーしてました(笑)人生折り返しからでも気力があればここまでやれると分かり、また挑戦しようと思います。
Posted at 2017/11/07 08:03:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | ランニング | 日記
2017年08月14日 イイね!

2017年8月13日 鹿島槍ヶ岳

前週の黒部五郎岳に続いて、今夏の百名山シリーズです。
黒部五郎岳は最初から日帰り速攻登山を目指したのですが、今回は冷池山荘で一泊するのんびり山行のつもりで12日の夕方に扇沢へ入って車中泊しました。

13日朝。夜中に雨が降っていましたが、何とか止んでくれました。6時ちょうどに扇沢の登山口で登山届を提出してスタートです。
柏原新道は種池山荘まで距離約4㎞、高低差1,000mオーバーで、急登の連続ですが、道は大変良く整備されていて歩きやすかったです。のんびり歩いたつもりが、種池山荘まで2時間かからずに到着。そこからはかなり雲が沸いているものの、北アの山々が見渡せました。目指す鹿島槍ヶ岳は爺ヶ岳からの稜線のかなた・・・結構遠いです。
この爺ヶ岳も3つのピークから成り、思っていたよりアップダウンがありました。とりあえず南峰を踏んで、他の2つはスルーして冷池山荘に向かいます。ずっと鹿島槍ヶ岳がデーンと構えているのが見えて爽快な気分で歩を進めました。
冷池山荘にはスタートから3時間半で到着。この時点で時間が余り過ぎだったので、山頂に着いてから余裕があれば日帰りができるかと思い、トイレ休憩だけ済ませてズンズン進みます。
冷池山荘を出てからは布引山、そして鹿島槍ヶ岳と容赦なく急登が続きます。そして何より近づくにつれて山頂付近にガスが立ち込めてきました。今年は山頂からの眺望にツキがなくて、ちょっと消化不良ですね。
そしてスタートから4時間46分かけて鹿島槍ヶ岳南峰に到着。周りはほとんど何も見えません。北峰も八峰キレットも見えません。かろうじて五竜岳?の頭が少しだけ見えた程度で、立山連峰も見えませんでした。残念。
山頂でカロリーメイトなどを食べて休憩し、下山開始です。脚の痛みがあって体力的にはどうかなと思いましたが、時間的にはやっぱり余裕があったので日帰りを決心しました。そうと決めたら黙々とガスの中を歩くのみ。
冷池山荘に立ち寄って宿のキャンセルをお願いして、種池山荘目指して爺ヶ岳の登り返しとなります。この爺ヶ岳が往路で感じたよりきつく、種池山荘が本当に遠く感じました。でも種池山荘の生ビールが待ってくれていると思って(笑)、耐えて歩き続けました。
種池山荘で生ビールにあり付きました。これが美味いのなんの。人生で一番美味いと思ったビールがこれでした。お代りしようと思ったものの、この先の柏原新道の下りが心配だったので自重しました(;^_^A
下りの柏原新道はところどころ走れるところは走り、休憩含んで4時間1分で下山できました。
トータル約20km、獲得標高約2,200m、休憩含む行動時間9時間20分。日帰りにするつもりはなかったのに、結局日帰りになってしまいました。先日の黒部五郎岳と比較すると、距離は10km短いものの、獲得標高はほぼ同じで辛い急登やアップダウンが多く、今回の方が黒部五郎岳より日帰りではハードかなと感じたくらいです。


登山届を提出してゴー!


歩きやすい柏原新道ですが、見る見る間に高度を上げて行きます。


樹林帯を抜けて灌木帯に変わってくるとすぐに種池山荘に到着です。


爺ヶ岳の3つのピーク


まだまだ遠い・・・


深い谷の上に雲を突き刺し剱岳。


冷池山荘に着いた時点で9時半、思ったよりスイスイと来てしまいました。


近づくにつれて、ガスが~(;´・ω・)


結局ピークを踏んだころにはガスガス!


五竜方面も・・・


こんなところにきれいな蝶。


ガスに向かって下山。
爺ヶ岳のアップダウンに思わず呟く・・・『えーい、このクソ爺め』(爆)


種池山荘に戻って来て、大自然に乾杯!
Posted at 2017/08/14 21:13:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 山歩記 | 日記
2017年08月07日 イイね!

2017年8月4日 黒部五郎岳

久々に山日記です。

8月4日、2年越しの憧れの山、黒部五郎岳へ行って来ました。2年前に薬師岳に登った時に見て以来、あの独特の山容に魅せられました。
どこから登っても遠い。だから普通はこの山だけを目指すにしても一泊か二泊での行程となる。でももっとレベルの高い山行を自分に課したいと思い、折立からの日帰りとしました。往復30kmオーバー、果たして自分にできるのか?
折立への有料道路は朝は6時開門なので、それだとスタートが遅れるため、前日に入って車中泊し、日の出前の4時半頃にスタートしました。序盤はヘッドライトを点けて進みますが、湿度の高い中での急登はしんどく、予定通り辿り着けるのか心配になりました。夜が明けて急登も終わると調子が上がってきて、太郎平小屋には2時間ちょいで着きました。数分休憩してから、ガスのかかるトレイルを早歩きで進みます。
ずっと歩き続けても黒部五郎岳の姿は見えてきません。もうずっとガスです。見えないだけにGPSだけでは距離感が掴めずストレスが溜まります。最後の黒部五郎の肩に登りあげる急登が堪えましたが、そこまで来てカール地形を見下ろした時にようやく『ああ、ようやく着いた〜』と実感しました。肩からは5分ほどで山頂に着きます。折立から5時間16分で着きました。通常のコースタイムだと9時間半〜10時間以上なので、半分ほどで辿り着きました。
なかなかガスが晴れず遠くまで見渡せませんが、カール地形の凄さは分かりました。憧れていたとおり、個性的でカッコいい山です。
山頂では何名かのソロハイカーの男性達とお話をしました。折立から日帰りは僕だけでしたが、飛越トンネルからは2名来ていました。飛越新道は噂に違わぬ泥濘で大変なルートだそうです。2人とも足元がドロドロになっていました。
45分ほど休憩して下山に取りかかります。ここからまた15km以上の道を戻ります。嫌になる程の長さ、しかし帰らないといけない。幸い登りの時よりガスが晴れて来て、雲ノ平や水晶岳が見えました。
太郎平までは平坦そうで結構アップダウンがあり、疲労が蓄積して来ます。登りの際に追い越したハイカーが何名かまだ登り途中でした。それくらい遠い。時間的には余裕があったものの、少しずつ脚が痛み出し、スタミナも消耗して来ているのが分かりました。
太郎平まで3時間かからずに戻れました。小屋の売店で缶コーラを買って飲み干し、残り7km弱を更に下ります。走れるところは走りました。案外スタミナは大丈夫、でも木道が切れて最後の激下り区間に入ると、脚の痛みもピークになり、急激にスピードダウン。最後は足を引きずるくらいになりましたが、何とか折立に帰着できました。
締めて往復31km、獲得標高2,200m、行動時間11時間。黒部五郎岳日帰りを達成できました。昨年から始めたランニングのおかげで思っていたよりスタミナももちました。
登頂の瞬間より下山完了した時の達成感は凄いです。自分の能力を過信せず、ただ少しずつ自信を深めて、次の目標に向けて頑張ろうと思います。


今回の宿、『カプセルINホンダFIT』(笑)


車内で寛いでいたら、初めて野生のクマに遭遇しました。子グマだったので警戒心も薄いのか、人間を意に介さずうろついてました。実際見ると可愛かったです。近寄れませんが。


このルートの名物?「アラレちゃん」、2年ぶりですがだいぶ汚れてました(;^_^A


太郎平小屋、ここからの北アルプス一望が最高なんですが、ガスってます。


往路はずっとこんな感じでした。


黒部五郎の肩に辿り着いて安堵。


予想より早く着いた。


まずはこれでしょう。大自然に乾杯!


何とかカールが一望できました。


下りで少しガスが晴れ、赤牛岳と水晶岳が見えました。


初めての1dayでの30km超え、自分に「お疲れ様~」
Posted at 2017/08/07 18:19:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 山歩記 | 日記
2017年07月12日 イイね!

今年最初で最後の地区戦

行って来ました、地区戦奥伊吹。
βを履いて初のジムカーナでした。結果は10位/16台(トップと2.3秒差)の惨敗です!

【1本目】


【2本目】


1本目はターンが悉くダメ、2本目は最初のシケインでチョン引きしたのが逆にロスになったのと、中盤でギア選択のミスでタイムを落としてました。

昨年β02と言うタイヤが登場して、練習でこれを使うことがほとんどないままだったので、習熟度が低すぎる感じです。かと言って、こんなに減るタイヤで練習するつもりもなし。つまるところ、ジムカーナ熱の減退が要因と言うことです。
地区戦はこれで今季は終了(・・・と言いつつ、タイヤの規定がこのままなら来季以降も出ないかも)、あとは北陸シリーズに1度出てみようかなと。今のβがなくなったら、中部ミドルS1500で使えるタイヤ(ネオバ、R1Rなど)を買って、適当にやっていくのがいいかなと思ってます。
Posted at 2017/07/12 08:30:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年06月29日 イイね!

走る日々・・・

またまた日があいてしまいました(;^ω^)
4月30日の近畿ミドル戦以来、ジムカーナについては本番はおろか、ただの1本も練習さえしていません。
この間ずっとランニングばかりの週末を送ってきました。
5月14日、昨年に続いて金沢城リレーマラソンに会社の仲間と参加して来ました。1周約1.9kmの周回コースをタスキで繋ぎながら22周すると言うもので、今回10名で参加だったので僕は3周走りました。昨年の自己ベストが8分21秒だったので、今年は地道に走り込んできたこともあり7分半くらいを目標に走ろうと思っていたのですが、4月から脚を痛めていて、大会前はあまり練習できずにいました。大会はものすごい規模でして、選手だけでも8,000人以上いたらしいです。金沢城公園の歩道を走るのですが、コース幅が狭く、また急な坂もあるので、コース取りやペース配分も考えないといけません。3回走って、1本目で7分半を切ることができましたが、その後2本は徐々にタイムが落ち込んでしまいました。でも3本とも8分を切ることができ、チーム最年長でしたが最速タイムを出せました。
ただ、張り切って走った代償は高くついてしまい、この後2週間ほど脚が痛くて全く走れない日々を送ることに・・・

6月3日、痛めた脚の回復が何とか間に合い(全快ではないですが)、長野県の戸隠で開催されたトレイルランニングの大会に参加して来ました。もともと舗装路(ロード)を走るより、不整路・登山道(トレイル)を走ることに興味があったのですが、初のレース参加となりました。参加したのは10km(獲得標高約600m)のトレランレースとしては易しいコースですが、国立公園にも指定されている戸隠連山の景色が素晴らしいコースでした。途中の急登が辛かったですが選手もスタッフもノリの良い雰囲気で、苦しさも吹き飛ぶ爽快なランニングが楽しめました。順位は200名ちょいのうちの70位台だったので、初レースとしては順位もまあまあだったと思います。

そして6月25日、今度は富山県の立山山麓スキー場周辺でのトレランレースに参加して来ました。
こちらの方は戸隠より少し難易度高めの距離14km(獲得標高約1,300m)でした。距離の割には上りがキツそうと思っていましたが、実際に走ってみると予想以上に苦しいものでした。おまけにずっと雨が降っていたので涼しいのは良いのですが、コースがぬかるんでいて滑って泥んこになる人続出でした。序盤からずっと脚の痛みが激しくて我慢のレースでして、終盤の下りでは痛みを堪えられずところどころ歩いてしまう始末。ずぶ濡れになってゴールに辿り着けましたが、順位は180名ちょいのうちの60位台でした。故障がなければあと10分くらい速く走れたと思うと、悔しさの残るレースになりました。

それで現在、筋肉痛は引きましたが、故障している箇所の痛みは続いていて、今週末に参加予定だった能登島で開催されるハーフマラソンは欠場の方向です(T_T)
我慢すれば出られるかも知れませんが、10月の金沢マラソンの抽選にも当選してしまったので、そちらのためにもここでしっかりと治して改めて走り込めるようにしておこうと思います。

で、ジムカーナの方ですが止めたわけではありません。
今シーズンはこれまで、G6、近畿ミドルと続いたので、次は中部の地区戦に出てみることにします。
タイヤもβを買いました。ただし、それまでに練習はしないつもりです。練習しないことが偉いわけではないですが、車が適正に動ける状態にあるなら、本番の2本だけで十分かなと言う思いがあり、それでどこまでやれるのか試してみたいと思います。スイフトやロードスターを相手に少数派のフィット(PN1では1台かも?)で孤軍奮闘してきたいと思います。
Posted at 2017/06/29 13:34:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | ランニング | 日記

プロフィール

「通勤路がモーグル状態で、大きなコブに乗っかったらバンパーがズレた…しかし、叩いて直す(笑)」
何シテル?   01/15 21:30
登山、ランニング、ジムカーナ。 どれも下手の横好きですが、マイペースで楽しんでます。 同じ趣味をお持ちの方、是非交流させて下さいm(_ _)m
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

今年は・・・。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/02 20:37:06
(141207)Vehicle Stability Assist 解除・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 01:05:52

お友達

仲良くさせて頂ける方ならお願いします。
ただ、最初に少しやり取りがあってからお願いします<m(__)m>
見ず知らずの方からの突然の申請は申し訳ないですがお断りします。
38 人のお友達がいます
爺やでジムカーナ爺やでジムカーナ * kasikasikasikasi
HG89HG89 HAKUHAKU
えふ・はらえふ・はら 『ATSU』『ATSU』

ファン

27 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット(RS) BLUE DRAGON (ホンダ フィット(RS))
スイフトから乗り替えました。 丁度、欲しい中古車が見つかったのと、スイフトを欲しいと言っ ...
トヨタ 86 トヨタ 86
2012年1月25日に正式契約、4月20日納車。 通勤・街乗り・ドライブ・モータースポー ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
2013年11月1日に登録されました。 ジムカーナPN車両としてチューニングしていますが ...
その他 画像保存庫 その他 画像保存庫
主に登山した時の画像です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.