• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

辛口レビンのブログ一覧

2013年09月28日 イイね!

昔のアイドル 3

 

 キャンディーズというグループがあったことを皆さんご存知ですね。

「普通の女の子に戻りたい」と言って解散したのが1978年、私が高1の終わり頃でした。

彼女たちは私より6、7歳年上の方たちですので、アイドルというよりは綺麗なお姉さんといった

イメージの方が合うかもしれません。

最大のヒット曲は最後に出した「微笑がえし」ですが、今回私はあえてこの曲で責めてみたいと

思います(笑)

私が高校に上がったばかりの頃、36年くらい前の映像です。

どーぞ!



 いや~、いいですね~♡♡♡


このサービス精神、素晴らしいですね~  小悪魔のような衣装、たまりません!

当時の純粋無垢な辛口少年は完全に悩殺されました(爆)

それにしても意外なのは、この曲の作詞が喜多条忠氏で作曲が吉田拓郎氏なんですね。

特に喜多条氏はかぐや姫の「神田川」の作詞者でもあるんですね。



 今回は、彼女たちが人気だった秘密を自分なりに考えたのですが、結論として次の動画に

答えがあるような気がします。

 




 これを見てお分かりかと思いますが、ハゲおやじのカツラなども平気で被ったんですね。

アイドルというと、ある程度イメージというものが有りますから、あまり崩れるようなものは普通

嫌うんだそうですね。 でも彼女たちはこういう役も平気でこなしたんですね。

こういうところが非常に庶民的かつ身近な存在だった、ということだと思います。

また、ドリフターズの番組にレギュラー出演していた事も重要な要素の一つだったかもしれませ

んね。 全員集合!や大爆笑などドリフの番組には欠かせない存在でしたね。



彼女たちは歌謡番組等で特別大きな賞を取るというわけでもなく、オリコンなどでもベストテンに

入るかどうかというくらいの存在だったように思います。

しかし、彼女たちが解散すると宣言したとき、何故か周りから異常なくらい惜しむ声があがりまし

た。 

常に主役という訳ではないのですが、居なくなるとなると、ちと寂しい・・・

そんな周りから愛されたアイドルグループだったように思います。


というわけで、簡単で申し訳ないですが今回はキャンディーズというグループを少し振り返って

みました。


   次は誰行きましょうかね(笑)

Posted at 2013/09/28 00:30:27 | トラックバック(0) | アイドル | 日記
2013年09月21日 イイね!

一杯の渋茶


 昭和30年代、本田技研工業はスーパーカブなどの大ヒットを受け、新しい工場を開設すること

になりました。

どこに工場を作ればよいかと、日本全国にいくつかの候補地があげられ、各地を社長の本田宗

一郎氏自らが視察に回ったときの話です。


それぞれの候補地にとってみれば、大きな会社の工場を誘致することで税収や雇用など多くの

メリットが得られるわけで、当然各自治体とも彼に気に入られようと、用地の説明もそこそこに

接待ばかりに必死になったそうです。


そんな中、接待を一切せずに彼を出迎えた自治体がありました。

三重県の鈴鹿市です。

当時の市長は渋茶を一杯出しただけで、お茶菓子すら提供しませんでした。

サービスしたことといえば、真夏ということで汗をかいた彼に対して何度もおしぼりを提供した

ことくらいでした。

その代わり、あらかじめ本田技研が送った質問にはどこよりも懇切丁寧に回答してみせます。

さらに現地では、市の職員が土地の広さが分かりやすいようにと、真夏の炎天下の中、旗を

持って立っていてくれたのです。 

市長が手を上げると一斉に旗が上がり、「これが○万坪」、再び手を上げると、また旗が上がり、

「これで○万坪」、という具合。 きわめて現場主義的な、そして何が最も大事なのかという「ツボ」

を押さえたプレゼンテーションであったそうです。

これが決定打となり、工場は鈴鹿市に建設されることになったのだそうです。

現在の本田技研鈴鹿製作所です。


  ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・


 

 色々な場所を見るたびに本田宗一郎氏は、「工場の立地条件は、その土地、地元自治体の

人間性だ」と言っていたそうです。


接待ばかりを熱心に考えていた他の候補地を蹴ってこの鈴鹿市に決めたのは、本田宗一郎氏

が、市長の人間性、そして市職員の対応、つまりは「鈴鹿という土地の人間性に惚れた」という

ことなんでしょう。 

名参謀として知られる当時の藤沢武夫常務も全く異議はなく、まさに即断だったそうです。





 ここで本田宗一郎氏のエピソードを二つ。



・ 氏が経営の現役を退いた直後に感謝を伝えるために各工場を回ったときのこと。

現場で工員に近づいて握手の手を出すと、自然に油まみれの手を出そうとしてしまう人がいま

した。 彼が気がついて油を拭こうとすると、宗一郎氏がこう言いました。

「いや、いいんだよ。その油まみれの手がいいんだ。俺は油の匂いが大好きなんだ」

こう言って構わず手を握ったそうです。



・ 氏が栃木工場を訪れると、「選ばれしものが作ったNSX」という展示があり、この車をつくる

ために選ばれた人たちの写真が飾ってある部屋がありました。

そこへ案内された宗一郎氏が怒って、こう言ったそうです。

「全従業員の写真、いや、食堂のオジさん、トイレ掃除のオバさんの写真はどこにある!」

「彼らオジさん、オバさんのおかげで、皆んな気持ちよく仕事ができている。 なのに一部の人間

だけを写真にして飾るとは何事だ!」



 

 まさに昭和の人ですね。

 

 お陰さまでの心、この塊のような方でした。
                           (うちの社長もこうなら、もっと会社発展するのになぁ・・・ あっ、ゴホン!)


 


   ・・・あれ、なんでぇ、トヨタ乗りがホンダかょ~って?


 いえいえ、私には語る資格があるんです。

 

 下の画像をご覧下さい。






うちの軽トラ、代々ホンダのアクティですから!


     チャンチャン♪
Posted at 2013/09/21 17:01:53 | トラックバック(0) | 良い話シリーズ | 日記
2013年09月13日 イイね!

メディアの罪


  この間10日の火曜日に、トルコのカッパドキアで旅行中の新潟大学の女子学生二人が襲わ

れ死傷するというニュースがありました。

外国では有名な観光地であれば安全なのでしょうが、こういったマイナーな地への女性の少人

数での旅行は非常に危険である、という事を証明した事件でもあると思います。

このニュースを見て、以前読んだあるジャーナリストの方の書いた本のことを思い出しましたの

で、ちょっと紹介などしてみたいと思います。

今回の事件と100%カブるという訳ではありませんが、海外の危険性、真の姿、こういう所もある

のだ、という事を知って頂ければ幸いです。

題して「メディアの罪」、この場合のメディアとはNHKの事だと思って下さい。



 そのジャーナリストの方が、かつて民放のテレビ局の社員だった時代にアフガニスタンに取材

に行った時のことです。

隣のパキスタンのランジコタールという町からアフガンに入ろうとした時、国境の検問所で日本

人なら1万ドル払え、と言われたそうです。 

理由を聞くと、以前ここからアフガンに入ったNHKが払ったからだと言うのです。

NHKは「アフガンの自然と人々」というような番組の取材に来たそうで、この国が物騒だと聞い

て警備の兵士を高額で雇い、地元の部族には安全保障費として1万ドルを払ったのだそうです。

しかし民放のテレビ局で予算の乏しいジャーナリストの方たちは支払いを拒否し、南のピシン峠

という所から入国したそうです。 

もちろんタダです。

そしたら山道の途中でマントの陰にカラシニコフという銃を隠し持った老人に危うく殺されかけ、

やっと逃げ込んだ麓の村ではそこの住民に身ぐるみ剥がされそうになったそうです。

盗賊を副業とする村でした。

アフガンの民には独特の文化があるそうで、「セフリ」か「ダコイト」に分別できるとのこと。

セフリは畑仕事なり、羊追いなりを生業にし、ただ旅人が通りかかれば盗人になって襲う。

ダコイトは盗人が本業で、副業に羊を追うのだそうです・・・


これがアフガンの真の姿なのですが、NHKの映像にはそんな現実は出てきません。

「安全を金で買った」映像に出てくるアフガンの人々はいい人ばかりです。

いわゆる「善意が心をつなぐ」風な虚構がこうして日本中にバラまかれるのです。


「善意で接すれば善意で応えてくれる」そう信じている我々日本人。

ある方は旅行で、またある方はボランティア活動で、今までに何人もの方が犠牲になりました。


   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・


 今回の事件のあったトルコはオリンピックの招致にもありますように、アフガンに比べれば遥か

に安全だと言われていましたが、それでもやはりこういう事件は起こるのです。

相手のその国に対するイメージに配慮する、という事ももちろんあるのでしょうが、やはりメディ

アは知りうる範囲でいいですので、我々に本当の姿、真実を伝えなければいけないのではない

か、と私は強く思います。


「人の善意や安全はお金で買うもの」である・・・・・

我々日本人には馴染みのない非常に嫌な言葉であるのですが、実際多くの諸外国がこれに当

てはまるという事をしっかりと認識すべきだと思います。



以上、今回の事件でのメディア(特にNHK)に対する要望と私的見解でした。


Posted at 2013/09/13 22:00:03 | トラックバック(0) | 辛口シリーズ | 日記
2013年09月08日 イイね!

ちょっといい話


 今回はある女性のお話です。

その女性は昭和14年のお生まれで、今年74歳になります。

彼女は、中卒で掃除のおばちゃんをしています。

けれど彼女は、あのビル・ゲイツ(マイクロソフト社、社長)と対等に話せ、招待される友人でもあ

ります。




彼女は、幼い頃ご両親を亡くされました。

ですから中学を卒業した彼女は、すぐに働きに出なければなりませんでした。

関西で育った彼女は、地元の大手百貨店に就職のための面接を受けに行きます。

けれど面接官の人は、彼女が孤児であることから、最初から冷たい。

自分を受け入れてもらえる事はない、と確信した彼女は、「私のような者に働き口を提供するの

も、あなたがたの仕事なのではありませんか?、これで失礼します」と席を立ちました。

自分ではどうすることも出来ない事で、自分が評価され、見下される。

14歳の彼女は、辛くて、悲しくて、涙が止まりませんでした。

いまから60年も昔の出来事です。



何年か後、彼女は結婚し、子供をもうけ、家計のためにと働きに出ます。

仕事は、掃除のおばちゃんでした。

出勤は早朝、時間は不定期で、土日も出社。 帰宅が極端に遅くなる日もあります。

けれど彼女は一生懸命仕事をして、いつしかマイクロソフト日本支社のビルの清掃責任者とな

りました。

30名余の部下を使い、みずからも清掃を行います。



ある日の事です。

男子トイレの清掃を終え、清掃用具を持ってそこから出ようとしたとき、背の高い外人と入口で

ぶつかりそうになりました。

その外人さんは、「アイム ソーリー」 と言いました。

おばちゃんは、おもわず 「ヒゲ、ソーリー」 と答えました。

日本語がわかるその外人さんは、笑いながら自分のあごの周りを撫でるふりをしながら  「ひげ

剃り?」 と笑いました。

おばちゃんも笑いました。


その外人さんが、ビル・ゲイツでした。


大の日本好きであるビル・ゲイツは、マイクロソフト社の中で、いつも作務衣を着ているそうです。

他の社員達は、重役も平社員も、皆背広にネクタイです。 ビルの中で、ビル・ゲイツひとりが

作務衣を着ています。

そして何処へ行くにも、常にビル・ゲイツには、二名のボディガードがついています。

トイレに行く時は、ボディガードは、トイレの入口に立つそうです。 ですからその時、ビル・ゲイツ

は一人でトイレのドアを開けて入って来たのです。


ほんの、ひと言ふた言の会話でした。

トイレで鉢合わせし、ヒゲソーリーと冗談を言ったなどというのは、誰でもすぐに忘れてしまうような

ほんの些細な出来事です。


ところが、それから間もなくしてあったクリスマスイブの社内パーティーで、おばちゃんは突然、

パーティーに参加するようにと内線電話で呼ばれます。

仕事中だし、他の掃除のおばちゃんたちもいるしと断ると、しばらくしてまた内線が掛かってきま

した。 

「おばちゃんたち全員参加してください、ビル・ゲイツ社長からの直々の依頼です」というのです。


やむなくおばちゃんは、当日出社していたおばちゃんたち全員を呼び、みんなでパーティー会場

に行きました。

オシャレなんてしていません。

普段の作業衣のままです。


こわごわと会場に入って行くと、そこには大勢の社員達がいます。

重役達もいます。

そしてビル・ゲイツもいます。

普通の社員達だって、ビル・ゲイツと直接会話なんて、なかなか出来ません。


そのビル・ゲイツが、おばちゃんを見つけると、とっても嬉しそうな顔をして、よく来てくださいまし

た、とおばちゃんを抱きかかえんばかりに歓迎しました。

そして会場のみんなにも、このおばちゃんはすごい日本人で自分が大好きな人ですと紹介して

くれました。

一緒にいた他の掃除のおばちゃんたちにも、ビル・ゲイツが単なるおべんちゃらではなく、本気

でこのおばちゃんを尊敬し、親しみを込めている事がわかったそうです。

それほどまでにビル・ゲイツはおばちゃんを歓迎しました。



   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・



  この話を読んで、私は大変に感動しました。


掃除のおばちゃんたちというのは、会社の中ではいわば日陰の人です。

トイレで出会っても、廊下ですれ違っても、その存在自体が意識すらされない。

けれど日本びいきのビル・ゲイツは、どんなに汚い仕事でも、どんなに辛くても、何十年でもそれ

を誠実に行い、しかも 「ヒゲソーリー」 というくらい、ユーモアを忘れずに、堂々と自らの仕事に

精を出す。

そんな本来の日本人の典型を、彼女の中に見い出したのであろうと思うのです。

作務衣を着て、日本が大好きなビル・ゲイツは、彼女が誠実に毎日の清掃をしていること、自分

の仕事に誇りを持って生きていること、そして彼女が胸を張って堂々と生きていることを、瞬時に

見抜いたのではないでしょうか。

だからこそ彼の心の中に、彼女への尊敬の念が湧きおこり、トイレであったその小さな事件を忘

れず、パーティーに全員を招待した。

そういうことであろうと思うのです。



世界を知る大人物のビル・ゲイツが、日本でただひとりの信頼できる友人とまで称したこのおば

ちゃんは、今年で74歳になられます。



少し長くなりましたので終わりにしますが、 かつて昭和の時代、ある会社を訪問した際、トイレ

掃除をしていた作業着の婦人が、実は社長夫人だったとか、 会社の緑地帯で草取りをしている

用務員ふうのおっさんが実は創業者であり社長だった、 などという話はそれほど珍しくはありま

せんでした。


平成の世、さすがにそういう光景は目にしなくなりましたが、それでもお昼に社員食堂などで社長

が社員と同じ定食を食べるなどということは普通にあるのではないでしょうか。

外国では有り得ない事だそうです。

そもそもブルジョワとプロレタリアが同席すること自体無く、有るとすればそれは労使交渉の場だけ

だそうです。


少し話が逸れました。



資源の無い日本がどうして経済大国たりえるのか・・・



私はこの掃除のおばちゃんの話の中に、その理由が隠されているような気がします。



    以上、ちょっといい話でした。







Posted at 2013/09/08 13:25:58 | トラックバック(0) | 良い話シリーズ | 日記

プロフィール

「驚いたね~ まさか当選するとは思わなかったなぁ。それに「私自身、必要な説明をし、公私のラインを引かせていただいた。一定の信託はいただいたと思う。」って・・・
なに勝手に禊すませてんだ ?
国民は信託なんかしてないぞ !

何シテル?   10/23 21:10
上品とは無縁の田舎のべらんめぇ親父です。 身の程知らずの言いたい放題。 時として極論で語ることもありますが、昭和 の頑固親父の戯れ言だと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

“平等”って? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 22:21:11
歴史の話 5 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/08 00:37:18
昔のアイドル 特別編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/28 13:46:22

お友達

大変申し訳ありませんが、みんカラに使える時間が

限られている為、現在募集はしておりません。

尚、長期に渡り疎遠な方は縁無きものと判断し、

予告なしに削除して参りますが悪しからず。

m(_ _)m




30 人のお友達がいます
利根川の天然水利根川の天然水 * ツゥツゥ
工場-長工場-長 よっちゃん豚よっちゃん豚
鉄の爪鉄の爪 ジーノもどきジーノもどき

ファン

63 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
トヨタ カローラレビンに乗っています。 昭和62年2月に購入以来、雨の日も風の日も毎日通 ...
トヨタ パッソ トヨタ パッソ
妻の愛車、パッソのHanaちゃんです。 ベンチシートがお洒落です。 1,3Lながら中々 ...
トヨタ アルファード トヨタ アルファード
長男の愛車、アルファードです。 2,4Lながら最高グレードのGで快適装備満載です。 ...
トヨタ ヴェルファイア トヨタ ヴェルファイア
次男の愛車、ヴェルファイアです。 長男のアルファードに負けず劣らず良い車です。 その他コ ...
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる