• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

辛口レビンのブログ一覧

2015年04月25日 イイね!

世紀の一戦

世紀の一戦
  一週間のご無沙汰でした、辛口おやじです。

5月2日にプロボクシングにおける 「世紀の一戦」 がアメリ

カのラスベガスで行われるのだそうですね。

かたや5階級制覇にして無敗の王者アメリカのフロイド・メイ

ウェザー。

こなた6階級制覇のフィリピンの英雄マニー・パッキャオ。

ともに現在のボクシング界中量級のビックネームであり、既に5年以上前から対戦が噂されては

立ち消えた怪物同士の夢の一戦なのだそうです。

凄いのはそのファイトマネーで、両者合わせてその額なんと凡そ240億円也!

既に2人とも30歳代後半であり、全盛期を過ぎている感があるのだそうですが、ボクシングファン

にとっては聞いただけでもゾクゾクする夢のカードなのだそうな。

気になる勝敗予想は、ブックメーカーのオッズによると3対1でメイウェザーだそうです。





「世紀の一戦」 というフレーズは、スポーツの中ではやはりボクシングやプロレスなど格闘技全般

に使わわれるのが一番しっくりくる気がしますね。

私の中での「世紀の一戦」といえば今を遡ること44年前、1971年に行われたボクシングのヘビー級

タイトルマッチ、「モハメド・アリ 対 ジョー・フレージャー」 の一戦。

この一戦はチャンピオン対 元チャンピオンの対決でもありました。

モハメド・アリがベトナム戦争への徴兵を拒否したためチャンピオンの座を剥奪された間に頂点に

登り詰めたのがジョー・フレージャーで、当時両者ともに無敗。

真の王者を決する因縁の対決でもありました。

当時小学4年生で、馬場と猪木がまだ一緒にやっていた頃のプロレスや同じボクシングの故・大場

政夫選手や柴田国明選手などの試合もテレビでよく観ていましたが、ヘビー級のボクシングの試合

というのは初めてで、その迫力に魅了されたのを今でも覚えております。

フレージャーのボディブローのバシッ ! という音などは今だに耳に残っているような気がします。

試合を決めたのは最終15ラウンド、フレージャーの強烈な左フックでした (5:28秒)





ところでこの試合が行われたのがニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン。

観客2万人収容の当時世界最大のスポーツアリーナでした。

マジソンスクエアガーデンといえばやっぱりこれでしょう!

  ↓     ↓     ↓     ↓     ↓




覚えてますか !? マジソンバック!

おやじ達には超懐かしい一品ですね。

もちろん私も持っておりました。 姉のお下がりでしたが(笑)

当時全国でなんと2000万個売れたのだそうです\(◎o◎)/!

日本で一番売れたバックはルイビトンでもグッチでもありません。

このマジソンバックです!




「世紀の一戦」 といえば私的にはもう一つ。

こちらもボクシングのヘビー級タイトルマッチ。

1974年、アフリカのザイール共和国で行われた 「モハメド・アリ 対 ジョージ・フォアマン」 の一戦。

この試合は番狂わせの一戦だったといってもいいかもしれません。

なにしろアリを破ったフレージャーをその後わずか2ラウンドでKOしたフォアマンです。

象をも殺すと言われたその殺人パンチで、ほとんどの予想がアリのKO負けでそのまま引退に追

い込まれるだろうというものでした。

しかし、試合は予想外の展開をみせます。(3:55秒)





結果は予想を覆し、アリの8ラウンドKO勝ち。

この試合はアリのロープ・ア・ドープという作戦が見事にハマりました。

ロープを背負った状態でフォアマンのパンチを吸収する戦法です。

打たせるだけ打たせて相手のスタミナを奪うというものでしたが、これは非常に危険な作戦で、私は

この試合アリはイチかバチかの賭けに出たのではないかと思います。

まともに戦っても万に一つも勝ち目は無いと読んだということですね。

アリの長いキャリアに裏付けされた老獪さというものが存分に発揮された試合でもありました。



さて、今回は来月行われる 「世紀の一戦」 にちなみ、私自身の思い出のビックファイトを紹介いた

しましたが、もしあなたの心に残る 「世紀の一戦」 があれば是非紹介して下さい。




お~と!

もう一つありました。

忘れちゃならないこの一戦 !


これも「世紀の一戦」です !!





1976年に行われた「アントニオ猪木 対 モハメド・アリ」 !!!

プロレスの猪木があのアリを引っ張り出し対戦した夢の異種格闘技世界一決定戦。

あれは世紀の一戦だったのか !? はたまた世紀の凡戦だったのか !?


色々と評価が分かれるとこですが、少なくとも私自身は二人は異常に制約されたルールの中では

ありましたが本気で戦ったのではないかと思っています。

1998年の猪木の引退試合にアリが重いパーキンソン病を患いながらも駆けつけたのは、真剣に

戦った男同士の友情と捉えてもいいのではないかと思うのです。

アリは世界で知らぬ人は居ないというくらい有名ですが、猪木は昔も今も日本以外ではほとんど

無名の存在なわけで、多少の金を積まれたくらいではアリは動かないと思うのです。



それにしてもよくこの対戦が実現したものですね。

燃える闘魂アントニオ猪木! まさに男のロマンを実現する男でした。

政治ですとかリング以外ではちょと… ですが、こういうところは大好きです。





それでは皆様良い連休を~✌







Posted at 2015/04/25 18:50:49 | トラックバック(0) | スポーツ | 日記
2015年04月19日 イイね!

それはないだろう


 一週間のご無沙汰でした、辛口おやじです✌


福井地裁での 「もらい事故でも賠償責任あり」 の判決には驚きました。

恐らく次の高裁で覆されるでしょうが、やはり法というものは人が作るものであり、

それを使って裁くのも人。 

完璧なものではないという事でしょうね。


法に勝るものがあるとすれば、それは我々の祖先や先人たちが永い歴史の中で培い、

我々が受け継いできた 「常識」 であるという気がします。


今回の判決には皆が疑問に思っているわけで、私はこれこそが正しい感覚なのだと

思います。




  ※ 短いブログで失礼 !
     
     内容をご存知ない方もごめんなさい。

     今週末は法事や町内会役員等で時間が作れませんでした~♨
Posted at 2015/04/19 23:55:48 | トラックバック(0) | 辛口シリーズ | 日記
2015年04月11日 イイね!

日の丸・君が代最高!


 一週間のご無沙汰でした、辛口おやじです。

先週、国旗・国歌を蔑ろにする国立大付属中学の話をしましたが、この間の9日に行われました

参議院予算委員会の集中審議で、さらに驚くべき事実が明らかになりました。

さっそく次の画像をご覧下さい。




これは国立の大学での数字です。

卒業式や入学式において、「君が代」の斉唱はほとんどの大学で行われていないのですね。

大学は小・中・高校と違い、指導要領に国旗掲揚や国歌斉唱の決まりが無いそうなのですが、

国立ということを考えれば、これは憂うべき現状だと思います。

国会で問題視されたことで、これから徐々に是正されて行くとは思いますが、どうにも気分が悪い

ですね~

本来ならここで、 「学長は何をしてるんだ!アホンダラ!」

と吠えたいところですが、私の血圧がレッドゾーンに入ってもいけませんので、今回は少し趣向を

変えて、さらにお口直しの意味も込めまして私の好きな日の丸の写った画像を、以前に紹介した

サッカー元日本代表のラモス瑠偉さんの名言を添えてお送りしたいと思います。

全てスポーツでの画像ですが、おそらく皆さんもよく覚えているシーンだと思います。

良い画像を見て気分転換をしましょう!






    「日の丸」


   日の丸ーー。最高だ。

  どんなに苦しくても、膝が痛くても、日の丸を付けていると思うと頑張れる。

  ほんと不思議。

  これまで何度もそんなことあったね。


  


  ユニフォームの日の丸。

  スタンドで揺れる日の丸。

  日の丸が目に入ると、こんなところで諦めていいのかって、また闘志が湧いてくるんだ。





  日の丸を付けて、君が代を聞く。

  最高だ。

  武者震いがするもの。

  体中にパワーがみなぎってくる。

  でも、日本の選手の中にはそうじゃないヤツもいる。

  不思議でしょうがないよ。


  


  日の丸を付けるって、国を代表するってことだよ。

  選ばれた選手にしか与えられないものじゃない。

  国を代表して戦うって凄いことなんだよ。

  それを忘れているんじゃないかって思う。


  


  ワールドカップを見てみろよ。

  みんなあんなに必死になって戦うのは、国の代表だからだろ。

  国を愛し、家族を愛し、仲間を愛しているからだろ。

  日本はそこんとこから外国に負けてる。

  自分のためだって?

  そんなの当たり前じゃない。

  じゃあなぜ、もっと大きいものを背負わないの?


  


  オレ、日の丸背負ってなかったら、あんなに頑張れなかったよ。

  ドーハの時、オレは三十六歳。

  あのクソ暑い中で、そんなオジサンが全試合、それもほとんどフル出場。

  練習だって若いヤツらと同じメニューをこなしてたんだ。

  自分のためだけだったら、とっくに辞めてたよ。



  
   以上、ラモス瑠偉さんの名言より。



   ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・



いや~ 良いですね~ 日の丸!

なんてさわやかなんでしょう!

どの画像もみんな活き活きとして見えませんか !?


私はやはり上の画像の方達のように国を背負う、或いは国のために戦うという姿勢が見て取れる

選手に共感するし、元気や感動をもらいますね~

マスコミや左巻きが言うような、自分のために戦う選手や国旗国歌に敬意を示さない選手なんか

どうでもいいし、応援する気にもならんわ。


日出づる処の象徴としての日の丸・君が代。

この日本を大切に思う事と、この日本に感謝するための象徴でもあるのだ。



  日の丸・君が代、やっぱり最高です!


  
Posted at 2015/04/12 13:55:43 | トラックバック(0) | 辛口シリーズ | 日記
2015年04月05日 イイね!

先生が国を滅ぼす

先生が国を滅ぼす
今日もジャージと腹巻を身に纏い、自身の腹周りの

ように甘くたるんだ世の中を、昭和のセクハラ頑固

おやじが鋭く斬る!

一週間のご無沙汰でした、辛口おやじです。



今月2日、国立の奈良教育大付属中学の入学・卒業式において、過去十数年間にわたり国歌斉唱

が行われていなかったというニュースがありました。

なんでも式典では生徒らを着席させた上で,「君が代」の曲のみを流していたそうで、学校側は新聞

の取材に対し、「式は生徒が企画準備するものとして定着しており、開式後に座って聴く形で続い

て来た」 と説明。

この学校では国が平成11年に国旗国歌法を制定し、学習指導要領で国旗掲揚と国歌斉唱の指導

を明記する以前は式典で「君が代」を流すことさえなかったのだそうです。

先月行われた卒業式でも、開式後に全員で起立・礼をして着席の号令で座ったあとでスピーカーを

通して「君が代」が流されたそうで、その間、学校の校長と副校長、教育大の学長と副学長、あとは

生徒二人とその保護者二人が自主的に起立しただけだったのだそうです・・・。





全共闘世代が残した爪痕とでもいうんでしょうか。

疑いもなく日教組の教師たちの仕業といっていいと思います。


国立の中学校なわけです。

しかも教育大学の付属ですから、将来の先生を育てる学校といってもいいでしょう。

ここに日本の病理の一つを見るような気がします。

いや病理そのものか。


ここでひとこと言わせて下さい。




国から給料を頂く身でありながら、国旗・国歌を否定するとは何たることか!

     これぞ本末転倒、筋が通らんではないか!



…あ、血圧が…



私には今でもはっきりと覚えていることがあります。

小学校四年の時の終業式でのこと。

体育館兼用の講堂に全校児童が集合して行われるのですが、当然壇上には日の丸が掲揚されて

あるわけです。

校長先生のお話し辺りだったと思いますが、私ともう一人がお喋りと突っつき合いのようなことを

していましたら、当時五十歳くらいだった担任の先生が来て、

 「 日の丸の前ではちゃんとしていなさい!」

といってゲンコツを喰らいました。

この時から十何年か後、私が二十代だった頃にその先生は当時の町長選に立候補しました。

もちろん教師を定年退職されたあとです。

某革新政党からの出馬でしたから、恐らく現役の頃は日教組であったと思われます。

昭和四十年代くらいまでは、先生たちも戦前の教育を受けて来られた方々が主流でした。

まだ日教組もまともな時代だったということですね。





上の画像は昨年のワールドカップでのひとコマです。

試合前の国歌斉唱を全力でう歌うブラジル代表の姿が印象的でした。

外国ではどこの国でも国のために戦う戦士や選手は常に尊敬されるのだそうです。

しかし、超一流の代表選手たちを押しのけて絶賛されたのは手前の少女だったのだそうです。

この少女は国歌斉唱で選手たちと一緒になって戦っているということで、ブラジルのみならず世界

中から絶賛されたのだそうです。

「君が代」はこのように大声で歌う性質の国歌ではないのかもしれませんが、是非見習いたいもの

です。



以上、また来週~❀
Posted at 2015/04/05 20:02:40 | トラックバック(0) | 辛口シリーズ | 日記

プロフィール

「驚いたね~ まさか当選するとは思わなかったなぁ。それに「私自身、必要な説明をし、公私のラインを引かせていただいた。一定の信託はいただいたと思う。」って・・・
なに勝手に禊すませてんだ ?
国民は信託なんかしてないぞ !

何シテル?   10/23 21:10
上品とは無縁の田舎のべらんめぇ親父です。 身の程知らずの言いたい放題。 時として極論で語ることもありますが、昭和 の頑固親父の戯れ言だと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

“平等”って? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 22:21:11
歴史の話 5 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/08 00:37:18
昔のアイドル 特別編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/28 13:46:22

お友達

大変申し訳ありませんが、みんカラに使える時間が

限られている為、現在募集はしておりません。

尚、長期に渡り疎遠な方は縁無きものと判断し、

予告なしに削除して参りますが悪しからず。

m(_ _)m




30 人のお友達がいます
ツゥツゥ * 利根川の天然水利根川の天然水 *
シュールシュール * ジーノもどきジーノもどき *
黒銀2ドアトレノ黒銀2ドアトレノ * 青と緑の稜線青と緑の稜線

ファン

63 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
トヨタ カローラレビンに乗っています。 昭和62年2月に購入以来、雨の日も風の日も毎日通 ...
トヨタ パッソ トヨタ パッソ
妻の愛車、パッソのHanaちゃんです。 ベンチシートがお洒落です。 1,3Lながら中々 ...
トヨタ アルファード トヨタ アルファード
長男の愛車、アルファードです。 2,4Lながら最高グレードのGで快適装備満載です。 ...
トヨタ ヴェルファイア トヨタ ヴェルファイア
次男の愛車、ヴェルファイアです。 長男のアルファードに負けず劣らず良い車です。 その他コ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる