• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

辛口レビンのブログ一覧

2015年05月30日 イイね!

裁判官がおかしい

裁判官がおかしい
  一週間のご無沙汰でした、辛口おやじです。

この間の木曜日に日本の司法を根幹から揺るがすような

画期的な?判決の記事がありました。

昨年の4月の東京地裁で出された判決のようですが、その

内容に流石のセクハラおやじも我が目を疑いました(笑)

その記事をちょっと紹介してみましょう。



    銀座のクラブママが夫に「枕営業」 妻の賠償棄却


    客を確保するために性交渉をしたクラブのママの「枕営業」は、客の妻に対する不法行為

  になるのか━━。 こうした点について、東京地裁が「売春と同様、商売として性交渉をした

  に過ぎず、結婚生活の平和を害さない」と判断し、妻の賠償請求を退ける判決を出していた

  ことがわかった。


  判決は昨年4月に出された。 裁判では、東京・銀座のクラブのママである女性が客の会社

  社長の男性と約7年間、繰り返し性交渉したとして、男性の妻が「精神的苦痛を受けた」と慰

  謝料400万円を求めた。


  判決で始関正光裁判官は売春を例に挙げ、売春婦が対価を得て妻のある客と性交渉しても

  客の求めに商売として応じたにすぎないと指摘。 「何ら結婚生活の平和を害するものでなく、

  妻が不快に感じても不法行為にはならない」とした。


  そのうえで、枕営業は「優良顧客を確保するために要求に応じて性交渉をする営業活動」とし、

  「枕営業をする者が少なからずいることは公知の事実だ」と指摘。

  「客が店に通って代金を支払う中から、間接的に枕営業の対価が支払われている」として、枕

  営業と売春は「対価の支払いが、直接か間接かの違いに過ぎない」とした。


  判決によると、男性と女性は05~12年、月に1~2回のペースで主に土曜日に、昼食をとった

  あと、ホテルに行って夕方に分かれることを繰り返した。


  この間、男性は同じ頻度で店に通っていたため、始関裁判官は「典型的な枕営業」と認定し、

  妻の請求を退けた。

  妻は控訴せず、判決が確定した。 。 。


     以上、原文ママ


  


7年間、月1~2回チョメチョメって・・・

これは誰がどうみても不倫でしょう(笑)

それにいいですか皆さん、枕営業というのは優良な顧客を確保するためのちゃんとした営業活動

なんだそうですよ! 

客と寝るのも仕事のうち、公知の事実でもあるんだそうです!(笑)


しかし銀座のクラブのママってお高くとまっていそうで、ある種の格式やプライドみたいなものがある

ようなイメージでしたが、こんなもんなんでしょうかね。 

ただ実際にこの判決文をお水の女性たちが読んだら怒るでしょうね。 

これじゃ売春婦と全く同じ扱いですからね。

裁判官も裁判官で完全に枕営業や売春を認めているのが笑えます。

裁判官というとチョー堅物で頭が固いというイメージですが、もの分かりが良すぎて逆に怖いくらい

ですね(笑)


うちの近所に司法書士の方が居りまして、隣保班の新年会など酒の席で色々な裏話を話してくれ

るのですが、なんでも司法試験に合格すると、その中でも特に成績上位の者が裁判官になること

を勧められるのだそうです。

この始関裁判官も成績優秀者だったようです。

勉強のしすぎというのはやはり良くないのでしょう(笑) 

優秀なハズの裁判官でも時としてこういったおかしな人が居るんですよね。


この間の福井地裁の交通事故の判決もそうですが、全てを「法」に当てはめ、「法」の通りでのみ

裁こうとするからおかしな判決になるのではないかという気がします。

そこはやはり「法」に世間一般の「常識」というものを加味して裁くべきではないかと。

法は人が作るものであり、常に万能ではないということですね。



でもこの裁判官…嫌いじゃないな。


ちょっと一杯やってみたい気がします(笑)



しかし・・・



あ~ 一度でいいから美人ママにお枕される身分になってみたいぜよ~(爆)



Posted at 2015/05/30 19:11:19 | トラックバック(0) | 辛口シリーズ | 日記
2015年05月23日 イイね!

雑感

雑感
一週間のご無沙汰でした、辛口おやじです。

大阪維新の会の大阪都構想は、先週の住民投票で僅差な

がら反対票多数で否決が決定しました。

今回はこの事について、無謀にも私・辛口おやじが稚拙かつ

不勉強を承知の上で無理矢理書いてみたいと思います。

あくまで雑感ですので読みたい方だけどうぞ。



まず思ったのは、この結果で本当に良かったのだろうかということ。

赤字大国である大阪は変わるチャンスを失ったのではないか。

当たり前のことですが、反対となったことで問題が解決したわけではなく、要は棚上げになったとい

うだけで、先を見据えた結果だったのではないということです。


維新の会が大阪都構想を打ち出した当初から、自民・公明・民主から社民・共産党にいたるまで、

つまり右から左まで揃って反対した府議会や市議会の状況・・・ 

私は先ずこれら反対派に一体どんな大義があったのかと言いたい。

また、彼らがどんな対案を出したのかと。

反対派として活動した政治家たちの責任は非常に重いのではないかという気がします。

大阪都になれば当然府議や市議の議員たちの相当数が淘汰されるわけである。

府や市から仕事を貰っている業者も沢山あるし、当然彼らの仕事も減るわけです。

既得権益や保身という言葉がチラチラ見え隠れするのは私だけでしょうか。



私は自民党指示で維新の会や橋下徹大阪市長のことを特に好きというわけではないのですが、

考えても見て欲しい。

彼は7年前に大阪府知事選挙に出る前はテレビ等で大活躍しており、弁護士とタレントの二足の

草鞋で相当な収入があったはずである。

その高額な収入を捨てても大阪を変えたい、膨大な赤字を何とかして大阪を救いたいと府知事に

なった人である。

恐らく収入のゼロが一つ減ったのではないか。 (もしかしたら二つかも)

さらに知事になったらなったで、直ぐに自らの給料のカットをも行った人なのです。

そんな人が自らの人気目的や私利私欲で大阪都構想を打ち上げたとは考えられません。


また彼によって我々一般庶民が知り得なかったことが沢山あぶり出されました。

赤字路線の市営バスの運転手や市の清掃職員の年収が1000万近いとか超えるとか…

学校の教師よりもその学校の清掃員の方が年収が高いなど常識で考えても有り得ませんよね。

これらの実態が納税者に知れ渡っただけでも彼の功績は大きいのではないか。






先ほど既得権益という言葉が出ましたが、これを失うこと、或いは奪うことがいかに大変なことか

歴史の中でちょっと見てみましょう。


織田信長を皆さんご存知だと思います。

一般的なイメージでは、戦国の混乱の時代に並み居る戦国大名たちに打ち勝ち、事実上天下統

一を果たした人物ということだと思います。

しかし、意外にも信長の戦いの半分は対戦国大名ではなく、対既得権との戦いだったといっても

過言ではないのです。

どういう事かと言いますと、戦国乱世で幕府の力が機能しなかった時代の経済は、実は寺社勢力

が握っていたのです。

当時は貴重だった油や紙の専売特許や、道路に関所を作って関銭(通行料)徴収等々。

比叡山や奈良の興福寺、大阪の石山本願寺とそれが操る加賀や伊勢長島の一向一揆等々。

今でこそお寺や神社といえば平和勢力ですが、当時は多くの権益や僧兵を持つひとつの武装集団

だったのです。

室町時代の経済の停滞の原因は全てこの寺社勢力の既得権益のためといってもいいのです。

そこには自由な価格競争もなければ、関所があちこちに幾つも有るために自由な交易もままなら

ないのですから当然でしょう。

それらを叩き潰そうとしたのが織田信長なのです。

諸説ありますが、比叡山焼き討ちなどがいい例ですね。

当然のことながら寺社勢力は自分たちの既得権益を守るために徹底抗戦をします。

僧兵という武力を持つ寺社がいかに強かったかは、あの信長が石山本願寺を降伏させるのに実に

足掛け11年もの歳月を要していることや、長島の一向一揆との戦いでは、叔父や従兄弟など一族

で実に6名もの犠牲者を出していることからも分かると思います。

そのくらい凄まじい戦いだったのです。 (何故か大河ドラマなどでは殆ど取り上げませんね・苦笑)


そこから先は授業で習った通り、楽市・楽座などで民衆が自由な交易が出来るようになり、つまりお

金が回るようになって経済が飛躍的に発展していったわけです。

ちなみに現在の日本に宗教による戦いや争いが無いのは、あの時代に信長が完全に叩き潰して

武装解除してくれたお陰であるという見方が大勢を占めているようです。 (信長エライ!)



話は戻って橋下徹氏。

今回の敗北で政治家を引退するのだそうだ。

時代の風雲児と呼ばれて7年とちょい。

あの魔王と呼ばれた信長でさえ抵抗勢力を打破するのに10年以上掛かっているわけだ。

昔から出る杭は打たれるのが日本のならわし。

嫌われて当然。

歴史上の人物で独裁者と言われた人たちは皆暗殺されています。

彼を独裁者と言えるのかどうかは分かりませんが(笑)


しかし惜しい。


実に惜しい。


ほんの僅差での敗北であり、ここで辞めるのはいかにも中途半端な気がする。

支持できない政策もあるが、もう少し続けて欲しいと思うし、続けるべきだというのが私の正直な

思いだ。

いや、貫いて欲しいという方がしっくりくるか。




もしたかじんさんが生きていたら何と言うだろうか・・・



























Posted at 2015/05/23 22:31:11 | トラックバック(0) | 辛口シリーズ | 日記
2015年05月17日 イイね!

本当に長寿国なのか?


と、思うようなニュースがこの間の連休明けにありました。

おっと、一週間のご無沙汰でした、辛口おやじです。


岐阜県の恵那市で約50年前に死亡した両親の年金を不正に受け取ったとして、詐欺と有印私文書

偽造などの容疑で元市役所職員だった86歳の女が逮捕されたというもの。

半世紀に渡る不正受給の総額はおよそ5100万円也。

なんでも容疑者の母親は1965年に60歳で、父親は1968年に65歳で死亡しているそうで、もし生きて

いれば、母親は110歳、父親は112歳になるのだそうだ・・・



たまげたね~

夫婦で110歳超えならギネスもの、世界一の長寿夫婦でマスコミが殺到するんじゃないだろうか(笑)

母親が死亡した1965年といえば 東京五輪の次の年です。

また父親が死亡した1968年といえばアポロ月面着陸の前の年ですよ!


年金機構に送る現況届は役所の公印が必要なのだそうで、役所はその人物が現存しているかどう

かを調べて印を押すのだそうです。

今回の事件は死亡届はちゃんと役所に出されていたそうで、ということは役所の誰かが公印を不正

に使ったということになるわけで、でなければ完全な見落としか怠慢ということ。

元役所勤めのこの婆さんが怪しいのは言うまでもありませんが、役所と年金機構との連携を取る

システム自体がダメなのが問題なのでしょう。

それにしても半世紀もの間誰も不審に思わなかったところが凄いですね。

せめて100歳過ぎたら本人確認くらいしろよと言いたい。


5年ほど前でしたか、東京で同じ敷地内の離れ家のミイラ化した親の年金を、届けを出さずに何年

もの間不正受給していたという事件があり大騒ぎしたことがありました。

その時でしたか別件で所在不明の年齢200歳なんてのも発覚したりもしました(笑)

普通そういったことが明るみに出ると見直しや確認を徹底的にやるものですが、結局は他人事とい

うことか、な~んにも対策をしていなかったということなんでしょうね。

もちろん騙したこの婆さんが一番悪いのですが、50年もの間見抜けなかった役所にも明らかに責任

があるでしょう。


岐阜といえば以前県庁職員の裏金問題というのもありました。

これは県職員や組合、県教委などが組織的に12年間の間に17億円もの裏金を集め、使われてい

たという不祥事で、全職員のなんと57%が関与・処分されたという凄まじい事件でした。

真っ当にやっていたのは20代から30前後の若い職員のみという塩梅か。

タガが外れているというか、杜撰というか・・・


この年金詐欺の大部分は既に時効とのこと。

たぶん誰も責任を取りゃせんでしょうな。

税金や年金を納める一般庶民はホントもっと怒らにゃいかんですよ。



今回の事件は死亡届は出してあったとのことですが、こんな事件がゾロゾロ出てくるようだと日本人

の平均寿命ってのは案外もっと短いのかもしれませんね(笑)




Posted at 2015/05/17 20:16:36 | トラックバック(0) | 辛口シリーズ | 日記
2015年05月09日 イイね!

昭和の歌、この一曲 「おふくろさん」



 前回に続いての昭和の歌この一曲。

5月10日は母の日ということで、今回は 「おふくろさん」 です。

「おふくろさん」 は1971(昭和46)年の森進一のシングルで、同年の日本レコード大賞最優秀歌唱

賞受賞曲。

作詞は川内康範で作曲が猪俣公章。

かつてコロッケをはじめとするものまねタレントが森進一を演ずるときに、必ずと言っていいほど

この曲を取り上げていましたので、若い方々もよくご存知でしょう。


動画はまさにその昭和46年にレコード大賞最優秀歌唱賞を受賞したときのもの。

森進一が弱冠24歳の時です。






いろいろなものまねタレントが森進一を演じましたが、恐らく多くがこの時の映像をサンプルにして

いたのではないかと思います。

私も若い頃はテレビでそれらを見てケラケラと笑ったものですが、今この歳になって実際にこの映像

を見てみると・・・


そう、全然笑えないのです。


うまく言えませんが、なにか心に突き刺さるような気がして感動で目頭が熱くなるのです。


この曲を残してくれた川内康範さんと猪俣公章さん(既にお二人共亡くなられています)

さらに24歳にしてこの表現力の森進一。

そしておふくろ・・・


全てに感謝したいと思います。









Posted at 2015/05/09 22:27:16 | トラックバック(1) | 昭和の歌、この一曲 | 日記
2015年05月05日 イイね!

昭和の歌、この一曲 「スーダラ伝説」

昭和の歌、この一曲 「スーダラ伝説」
 こんばんは、辛口おやじです。

連休も残すところあと僅か、Uターンラッシュもピークを迎え

ているようですね。

今宵は沈みがちな気分をグッと盛り上げるべく、この歌で

パーッといきましょう!パーッと!(笑)



スーダラ伝説は1960年代の初めに、ハナ肇さんをリーダーとするクレイジーキャッツが出した数々

の曲を、1990年に当時の中心メンバーだった植木等さんが約30年ぶりにメドレーで復活させたもの

で、当時のオリコンにも堂々のベスト10入り。

日本歌謡史に燦然と輝く名曲であり、昭和最高のコミックソングでもあります。

動画はその年のNHK紅白歌合戦に出場した時のもの。

私自身物心ついた頃からずっと紅白は観てきましたが、舞台が一番盛り上がったのはこの時だった

と今でも思っております。



スーダラ節 → 無責任一代男 → ドント節 → だまって俺について来い → ハイそれまで ヨ

のメドレーということですね。

作詞は放送作家の青島幸男さん。

ご本人自らも「意地悪ばあさん」などで俳優もされていましたね。

のちに参議院議員や東京都知事も務められましたので、若い方にはそちらの方で有名かもしれま

せん。


というわけでいかがでしたか、昭和の大人のギャグ。

この歌の持つ面白さや感性といったものは、おそらく40代以上の方々には充分に伝わると思います

が、今の20代から30代の方々が聴いてどうなんだろうって、少し興味がありますね。




あと暇を持て余している方のためにちょっと面白い動画をいくつか貼っておきますのでご自由に。

多分ご存知の方もおられるでしょう。

どう思うかはあなた次第です。

私は意外とハマっていると思います(笑)  ※音量に注意して下さい。




マイケルジャクソンのスリラー節?(笑)




サタデーナイトスーダラ?  いや、スーダラナイトフィーバーか?(笑)




パフュームだっていきます!



  意外と合うじゃん!(笑)
Posted at 2015/05/05 21:38:58 | トラックバック(0) | 昭和の歌、この一曲 | 日記

プロフィール

「驚いたね~ まさか当選するとは思わなかったなぁ。それに「私自身、必要な説明をし、公私のラインを引かせていただいた。一定の信託はいただいたと思う。」って・・・
なに勝手に禊すませてんだ ?
国民は信託なんかしてないぞ !

何シテル?   10/23 21:10
上品とは無縁の田舎のべらんめぇ親父です。 身の程知らずの言いたい放題。 時として極論で語ることもありますが、昭和 の頑固親父の戯れ言だと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

“平等”って? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 22:21:11
歴史の話 5 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/08 00:37:18
昔のアイドル 特別編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/28 13:46:22

お友達

大変申し訳ありませんが、みんカラに使える時間が

限られている為、現在募集はしておりません。

尚、長期に渡り疎遠な方は縁無きものと判断し、

予告なしに削除して参りますが悪しからず。

m(_ _)m




30 人のお友達がいます
利根川の天然水利根川の天然水 * MONICA・AE86MONICA・AE86 *
なんぽんなんぽん * ツゥツゥ *
よっちゃん豚よっちゃん豚 * 鉄の爪鉄の爪 *

ファン

63 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
トヨタ カローラレビンに乗っています。 昭和62年2月に購入以来、雨の日も風の日も毎日通 ...
トヨタ パッソ トヨタ パッソ
妻の愛車、パッソのHanaちゃんです。 ベンチシートがお洒落です。 1,3Lながら中々 ...
トヨタ アルファード トヨタ アルファード
長男の愛車、アルファードです。 2,4Lながら最高グレードのGで快適装備満載です。 ...
トヨタ ヴェルファイア トヨタ ヴェルファイア
次男の愛車、ヴェルファイアです。 長男のアルファードに負けず劣らず良い車です。 その他コ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.