• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

辛口レビンのブログ一覧

2016年10月30日 イイね!

久々の日常ブログ

久々の日常ブログ
一週間のご無沙汰でした、辛口おやじです。

今年の日本シリーズは北海道日本ハムのVで幕を閉じました。

1点を争い終盤までもつれ込む連日の好ゲームは日ハム・広島

ファンでなくても中々見応えのあるシリーズだったと思います。

あわよくば最終戦にまでもつれ込み、大谷・黒田の先発でと心の

中では祈っていたのですが、残念ながら叶いませんでした ...


さて最近のわたくしめですが、順調に成長する腹周りがどうにも気になりまして、先日の健康診断

の結果と日頃の運動不足解消の観点から、週末に近場のちょっとした名所名刹などを妻と二人で

車で訪れ、その周囲周辺を揃ってウォーキングなどするようになりました。

私がダイエット、妻は健康作りが目的で、無理なく半ば散策に近い形で行っております。

で、昨日歩いたのがここ高天神城跡。

うちから西へ大体6~7キロくらいの距離にあります。  (”たかてんじん”と読みます)




高天神城は戦国時代にあの徳川家康と信玄の息子武田勝頼によってその領有を激しく争った城

でもあり、「髙天神城を制する者は遠州を制する」 とまでいわれた要の城でした。

NHKの大河ドラマ等でも戦国時代を扱った作品には、そのほとんどにこの高天神の名が出てくると

思います。




ただ、城といっても通常のような天守閣といったものは有りませんで、ここは天然の要塞といっても

よく、織田・徳川の連合軍と武田勢が最後に戦った奥三河の、あの長篠城と似たようないわゆる

”山城”とわれる形態の城跡です。

毎年3月の末には例大祭が行われ、それに併せて長篠城などと同じように火縄銃を用いた砲術

の演武会なども行われ、多くの見物客で賑わいます。


そんな高天神城跡を体の脂肪を燃やすために二人で小一時間ほど散策し、やや小腹が空いたと

ころで次の目的地へと向かいます。




久々に登場の辛嫁ちゃん(笑)

レビンに乗ろうとすると、「 たまには運転してみようかしら 」 という意外なお言葉。

どういう風の吹き回しだ ? と思いながらも、次の目的地がほど近いこともあり任せることに。


で、走り始めると、


   辛嫁 「 あら、なにこれ、地面を這って行くみたい。 こんなだっけ ? 」

   私   「 まあ、お前が乗ってるパッソは結構目線が高いからな 」


そのうちに、


   辛嫁 「 あら、なにこれ、いやん♡、アクセル踏むとスピードがいっぱい出ちゃう ! 」

   私   「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」


まあ、そりゃそーだ(笑)


そんなこんなで着いた先がここ。




ガスト大東町店。

旧大東町、現在は掛川市になります。

ガストは昔の 「すかいらーく」 時代から度々訪れるファミレスです。

で、現在こんなフェアを開催中。




「広島産牡蠣ざんまい」 は5年連続だそうで、今月の20日から来月の23日までの開催です。

その名の通り牡蠣を使った色々なメニューがあるのですが、私の目的は何といってもこれ。

その名も ”特盛カキからドーーン”

牡蠣フライ8個と唐揚げ4個、さらに味噌汁、漬物付きで1099円です。 (税抜き)




見よ、このボリューム !  ご飯が見えません(笑)

まあ、元々が安いファミレスですので味の方は推して然るべし、可もなく不可もなしといったところ。

ですが、正直この値段でこれだけの量は立派だと思います。

牡蠣フライは結構好物ですが、これで当分の間はいりません(笑)

で、見事完食し、満腹で腹を抱えながら帰宅の途へ。


というわけで久々の日常プログ終了ですが、

あれ ?

これではまるでダイエットになりませんでしたね。  まぁ、いーか(笑)




ところで !


実は私たち夫婦は来月の3日で結婚30周年を迎えます。

で、この「みんカラ」でお付き合いしてくれている方々へ日頃の感謝を込めて、この記念に何かお礼

をしようかなと考えています。

そこでフと思ったのが、私自身、このみんカラでは名前こそ知っている方は数人居ますが、実際リア

ルに会ったことがある方は誰も居ないという事実。

そこで、現在の姿形をお見せする事は何となく恥ずかしいですし、もしかしたら私自身のキャラが崩

れるかもしれませんので無理ですが、30年前の写真や画像とかだったら出してもいいかなと ...。

 どーせ今とは別人ですし … (爆)


というわけで、次回のブログは私たち辛口夫婦が出逢い、結ばれるあたりの画像をいくつかお見せ

しようかなと思っております。

ただし、姿形がわかるものをという事でご勘弁を (^^ゞ



それでは次回、乞うご期待 ! ... というほどの事でもないか(笑)





Posted at 2016/10/30 17:08:06 | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2016年10月22日 イイね!

やっぱりおかしいぞ (-_-;)


   今日もジャージとあったか腹巻を身に纏い、私とあなたのプニプニの腹周りのように甘く

   たるんだ世の中を、昭和のセクハラ頑固親父が鋭く斬る !


一週間のご無沙汰でした、辛口おやじです。

早速ですが20日の静岡新聞にこんな記事がありました。



   NHK静岡放送局前副局長を諭旨免職 

           自転車盗んだ容疑逮捕 「早く家に帰りたくて盗んだ」 



  NHKは19日、自転車を盗んだとして窃盗容疑で逮捕され、起訴猶予となった静岡放送局の

  前副局長の男性(53)を諭旨免職処分にしたと発表した。

  
  NHKなどによると、男性は昨年12月18日、静岡市葵区で男子高校生の自転車を盗んだと

  して、今年9月23日に静岡県警に逮捕され、10月6日付で起訴猶予処分となった。

  男性は 「忘年会があり、早く家に帰りたくて盗んだ」 と説明したという。


  NHKは 「被害にあわれた方や視聴者の皆さまに、深くお詫びいたします。改めて職員に対

  するコンプライアンス(法令順守)意識の徹底を図って参ります」 とコメントしている。


      以上転載終わり。



”諭旨免職”(ゆしめんしょく)という聞きなれない言葉が出てくるが、これは自己都合による退職と

同等の扱いだそうで、実質無罪方免と同じという事らしい。

単なる一職員の不祥事であるならともかく、副局長という重責を担う立場の人間が起こした不祥事

である。 起訴猶予とはいえ警察に逮捕されたという事実をみれば、NHKの処分は明らかに軽いと

いえるのではないだろうか ?

正に身内に甘い警察・役所・NHKの御三家の本領発揮といったところだがそれは置いといて(笑)


もう4年ほど前になるがこんな事件があった事をご存知だろうか。



    「10円とはいえ現金」 賽銭盗んだ男に懲役1年 大阪高裁

      2012年12月20(木)


  今年5月、和歌山県高野町高野山の金剛峯寺で地蔵の前に供えられていた賽銭10円を盗ん

  だとして、窃盗罪に問われた大阪府和泉市生まれの住所不定無職の鶴原正文被告(66)に対

  する控訴審の判決公判が20日、大阪高裁で開かれた。

 
  的場純男裁判長は、懲役1年8月(求刑2年6月)とした1審和歌山地裁判決を「10円の窃盗で

  この量刑は重すぎる」と破棄。 その上で「10円とはいえ現金。刑事責任は軽視できない」として

  改めて懲役1年の実刑判決を言い渡した。


  判決によると、鶴原被告は今年5月13日午後、金剛峯寺にある織田信長供養塔で、地蔵の前

  に供えられていた賽銭の10円玉を盗んだ。


      以上転載終わり。

  

度重なる前科があったのかもしれない。

が、しかし ...たった10円の賽銭をくすねただけで懲役1年の実刑判決とは ...

弘法大師空海上人が御座す高野山・金剛峯寺の、さらに織田信長という歴史上の英雄の墓にお

供えすると10円が10円でなくなるらしい(笑)

この賽銭泥棒と先ほどの自転車泥棒、果たしてどちらの罪が重いのか ?

こんな事は小学生でもわかるだろう(笑)


かたや住所不定無職の人間が10円盗んだら懲役で、こなたNHKの地方とはいえ副局長という社

会的地位のある ? 人間が自転車を盗んだら起訴猶予で自己都合退職と同じ諭旨免職 ...

とても同じ国で裁かれたとは思えないし(笑)、なにかおかしいと言わざるを得ないのである。


去年インチキデザイナーが発表した五輪エンブレムの時だったか、”上級国民”という発言が問題

になった事があったが、どうやら日本には日本なりの特権階級の層があり、また日本なりのカース

ト制度が存在するらしい。

また、この国は見かけは民主主義で通っているが、実際のところは法の下の 「平等」 も 「公平」 も

存在していないのではないか。


おかしい。

なにかが捻れてきてないだろうか ?


この自転車泥棒の2000万ともいわれるこれまでの年棒と、今後受け取るであろうそれ以上の退職

金は、我々視聴者(国民)から強引に徴収した受信料から支払われる事も追記しておく。



   以上。


      ※ 鳥取地震で被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます m(_ _)m
Posted at 2016/10/22 20:56:12 | トラックバック(0) | 辛口シリーズ | 日記
2016年10月16日 イイね!

被害者を加害者にしてはならない


    今日もジャージと腹巻をエレガントに着こなし、あなたと私の腹周りのように甘くたるんだ

   世に中を、昭和のセクハラ頑固親父が鋭く斬る !


一週間のご無沙汰でした、この間の健康診断で尿酸値を指摘された辛口おやじです ( ̄▽ ̄;)

まさかの痛風予備軍 !?   うっ、嘘だ !  そんなバカな事が ...あるハズが ...ある ..

まあ、食いたいものをたらふく食って運動不足じゃこれも当然の結果か ...

というわけで、先週から高血圧に加えて飲む薬が四種類に増えた辛口おやじであります (ToT)


まあそれは置いといて(笑)


今月9日のことですが、毎日新聞にこんな記事がありました。



     滋賀・バイク事故:3人乗りで車と衝突 中学生3人重体


   8日午前2時45分頃、滋賀県湖南市日枝町の県道交差点で、同市内の中学3年の男子

   生徒3人(15歳2人、14歳1人)が乗った原付きバイクと、同県東近江市の男性会社員(33)

   の乗用車が出会い頭に衝突。

   男子生徒3人はいずれも頭を打つなどして、意識不明の重体。 会社員にけがはなかった。

   県警甲賀署の発表によると、現場は信号機のない交差点で、バイクは一時停止の標識があ

   る市道から交差点に侵入したという。 3人はヘルメットを着用していなかった。 同署が事故

   時の状況を調べている。

   3人は同じ市立中学に通う同級生で、同校の関係者は 「詳しいことはわからない」 と話して

   いた。



      以上、転載おわり。



   ☹          ☹          ☹          ☹          ☹          ☹


    


真夜中の2時半に徘徊するクソガキどもが引き起こした事故である。

15歳の中学3年生では当然免許証などあろうはずがない。

ノーヘルで一時停止無視、しかも3人乗りときている。  

意識不明の重体とはいえ、完全にクソガキどもの自業自得といっていい事故であるはずだ。


しかし、そんなクズたちでも事故を起こせば、自動車の側も過失責任を問われる事になるのだ。

なぜならば、飛び出しの危険性を注意するのは運転者の義務であり、交差点では尚更の注意が

要求されるからだ。 余程このクソガキどもの過失責任が大きくないと、巻き込まれた被害者とも

とれる自動車の側は、逆に加害者として責任を問われる事になってしまうのである。

しかも重傷を負わせたという多大な責任を加えてである。


こうした場合、人身事故で重体なので最低でも13点と罰金20万円。

行政処分と刑事処分の二つが発生し、行政処分で免停は必須との事。

刑事処分に関しては、過失の割合と警察の事故の実況見分次第なのでなんともいえないところで

はあるが、それでも自動車の側の責任が大きく問われることは間違いない事なのだ。

 


疑問である。

果たしてこういった現状で良いのだろうか ?


どう考えてもクソガキどもが引き起こした自業自得の事故である。

自動車の男性会社員はそれに巻き込まれたに過ぎず、むしろ被害者といっても良いくらいである。

巻き込まれた被害者を加害者にせざるを得ない現状の仕組み ...

これは明らかにおかしいだろう !


自動車を運転する以上、道路上の全ての事柄に注意義務があるのはわかる。

しかし、たとえ優先道路を走っていたとしても、相手がバイク等の弱者であることによって、常に車

の側の過失責任が問われるというのは明らかにおかしいと私は思うのである。



この巻き込まれた男性会社員には同情を禁じ得ない。

我々も全く他人事ではない、明日は我が身という事も十分に有り得るのだ。

願わくば、少しでもこの男性会社員が罪に問われない事を願いたい。



   以上。









  



Posted at 2016/10/16 16:31:39 | トラックバック(0) | 辛口シリーズ | 日記
2016年10月08日 イイね!

最近知った意外なこと その2

最近知った意外なこと その2一週間のご無沙汰でした、辛口おやじです。

さて、人は皆んな誰しも人生の半ばを過ぎますと、身近な

ことに関する知識というものは大概身に付いて来るもので

あります。 が、しかし、そこには必ず”死角”というものが

ありまして、周りの誰もが知っていた事なのに何故か自分

だけが知らなかった。或いは○○だとばかり思っていたのに、本当は△△だった、という事が誰に

でも一つや二つはあるのではないかと思います。

今回も前回と同様に、本当にどうでもいいような事ばかりですが、私自身が最近になって知った事、

或いは気付いた事を徒然なるままにズラズラとあげてみたいと思います。

内容は完全な暇つぶしブログですのでご自由に (^^ゞ


ではさっそく。




 その① 「完璧」の 「璧」 の字は 「壁」 ではなかった。



  完璧の璧の字ですが、よく見ると下の部分が「土」ではなく「玉」だったという話。

     璧○   壁×

  私はこの歳になるまで、ず~っと間違えて覚えていました ...

  この熟語を何年生で習ったのかは忘れましたが、間違えたのは早い段階からと推測します。

  たまたまテストや試験とかに出なかったのか ? この字に縁がなかったのか ?

  完璧の璧の字が壁ではなく璧なのはどうやら中国の古典に由来があるようです。

  が、しかし、くそ~今頃になって、自分としたことが ...

  人生最大の不覚のひとつでした。(笑)




  その② 沢田研二は神前挙式だった。



  1989(平成元)年に女優の田中裕子と再婚したジュリーこと沢田研二ですが、挙式は純和風の

  神前挙式だったんだそうですね。

  二人の挙式は縁結びの神様で知られる島根の出雲大社で行われたんだそうです。


        

  沢田研二といえば、タイガース時代からソロ歌手の時代まで、歌うのは殆どが洋風な曲で

  あり、特にソロで活躍した時代などは和風とはかけ離れていて、男なのに化粧をしたりとか、

  あの当時としては衣装も含めて非常に奇抜で派手なパフォーマンスで活躍していたことで、

  挙式は当然教会などの洋式で行ったとばかり思っていましたので、これは本当に意外でした。


  だってこんなだったんですよ~

           ↓


        

  この画像は 「OH ! ギャル」 の時でした。

  しかし良いですね神前挙式は。

  最近の結婚式はタキシードとウエディングドレスの洋風が持て囃されているようですが、やっぱ

  り日本人は羽織袴と文金高島田ですよね。 

  神父だか牧師の前での誓いのチューより、神主の前での契りの盃三三九度です ! 

  下っ腹に力が入るといいますか、やっぱり和風の方が気合の入りが違いますね。

  もちろん私もそうでした。 遥か昔の話ですが(笑)


  話は逸れますが、実はうちの娘が何故かこのジュリーの大ファンです (^^ゞ

  絵が得意で、ジュリーに憧れ、高校生の時に描いたのがこれ。

             ↓

        

  で、現在どんなのを描いているのかというと、こんなふうな絵。

             ↓

        

  一応プロのイラストレーター兼アニメーター兼ナントカカントカです。(゚(゚Д゚)!? 

  6月でしたが、名古屋で新人が何人か集まって個展も開きました。


  う~んしかし、やっぱり絵はわからんわい ...(; ^ω^)




  その③ 麻生太郎 副総理兼財務大臣の身長は安倍首相と同じ。



  元首相でもある麻生太郎大臣ですが、身長が175センチあるんだそうですね。

  パッと見て、その風貌から何となく小柄な方に見えるのですが、意外や意外、公証とはいえ、あ

  の安倍首相と同じ身長なんですねぇ。


  ちょっと見てみましょう。

            ↓

        

  ふむふむ。

  首相時代の画像も。


        

  サミットか何かの画像だと思いますが、サルコジやメドジェーエフ、ベルルスコーニといった当時

  の各国首脳と比べても全く遜色ありませんね。

  私はてっきり165センチくらいかなと思っていたんですが納得です。

  ただ麻生大臣も、もう後期高齢者の76歳。

  現在は身長もだいぶ縮んでこられているかもしれませんね。




  その④ ハウスバーモントカレーのバーモントのトの字に濁点がない。



  家庭用のカレーのルーといえば、定番なのがハウスバーモントカレー。

  我が家も確か私が小学生の頃から殆どこれ一本で、私の子供たちも大好きで来ていますから、

  親子二代で愛するほどの馴染みの深いカレーでもあります。 

  テレビコマーシャルも印象的で、私たちの世代ですとやはり、”ヒデキ感激 !”の西城秀樹のシリ

  ーズが一番でしたね。


        

  で、問題なのがこのバーモントカレーのバーモントの字。

  よく見るとトに濁点がないじゃん ! 濁点が ! ... (´∵)オロ

  実は私てっきりこのバーモントの呼び名は”バーモンド”と濁るとばかり思ってました(^^ゞ

     バーモント○   バーモンド×

  なっ、なんという事でしょう ...

  これも間違えて覚えていたのです ...

  しかも45年くらいずっとですよ、45年 !

  めまいがしそうです。

  も、もう辛口爺は立ち上がれません ...  _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○

  
  仕方がないので、当時の秀樹のコマーシャルを見て元気を貰います。


  

  う~ん、良いのだけど自分にとっては今ひとつだなぁ ...

 
  やっぱりこっちか。


  

  奈保子を見たらあ~ら不思議 ! あっという間に立ち直りました(笑)




  その⑤ 金ちゃんヌードルは全国区ではない。



  徳島製粉の 「金ちゃんヌードル」 は、私が小学生の頃からテレビコマーシャルで「日清のカッ

  プヌードル」 に負けずに、いや、それ以上にバンバン流れていましたので、この二つが日本の

  カップ麺の双璧を成すか、むしろ僅差ながら金ちゃんヌードルの方が上を行くんじゃないかと

  思っていたくらいで、私のイメージでは今だに①金ちゃんヌードル②カップヌードル③カップス

  ターの順です。


        

  ところが、よく調べてみますと、この金ちゃんヌードルは西日本が中心であり、東日本や北日本

  では売られていない県があるのだとか。


  信じられない ...

  あの金ちゃんヌードルを知らない人間が今のこの日本に存在するなんて ...  (笑)


  調査結果の図があるようですので、ちょっとお借りして見てみましょう。


  

  もう10年ほど前の図ですので、今現在とは少し違っているのかもしれませんが、これを見たら

  一目瞭然ですね。

  まあ、よくよく思い出してみたら、昔流れていたコマーシャルもセリフ棒読みとか、かなりロー

  カル色の強いものでしたし、そもそも日清製粉と徳島製粉とでは会社の規模が違いますし納

  得といえば納得です (^^ゞ

  しかしこの金ちゃんヌードルですが、内容量がカップヌードルに比べて約1割多いうえに、具や

  粉末スープが袋入りで丁寧、さらに蓋がしっかり締まるので重しが要りません。

  そして何よりも値段が安い。 うちの近くのスーパーでは普段100円で、安売りの時は88円と

  いうリーズナブルな値段で買うことができます (o^-')b

  うん、やっぱり金ちゃんヌードルが上だな (笑)


  では最後に懐かしいコマーシャルをひとつ。

    
  

  時の経過は早いもので、横山やすし師匠は亡くなられてもう20年が経つんですね。

  全くもって破天荒な方でした。

  

  というわけでいかがでしたか ?

  「最近知った意外なこと」

  皆さんにもこうしたことって、結構あるのではないでしょうか。

  もしありましたら、またご自身のブログに上げてみてはいかがでしょう。

  ほとんど暇つぶしのどうでもいいブログでしたが、最後までお付き合い頂き有難うございました。 


     ではまた。

Posted at 2016/10/08 16:11:34 | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2016年10月02日 イイね!

裁判官がおかしい

裁判官がおかしい一週間のご無沙汰でした、辛口おやじです。

この間の大阪の釣り人突き落とし事件の犯人のクソガキど

もが捕まったそうだ。 クソガキどもはいずれも大阪府内に

住む12~13歳の男子中学生4人。

このうち事件に積極的に関与した3人が児童相談所へ送致されたとのこと。


しかし何 ? 児童相談所へ送致って。

確か大阪府警は殺人未遂事件として捜査したはずだが ...

厳罰に処せよ ! 厳罰に !  単なる補導で済ませたんじゃ返って付け上がるだけじゃないか !

ブン殴って前歯の1本もへし折ってから親元に返してやれよ、、、と言いたいところですが、今回は

別の内容のブログということと、高血圧に触りますので、この件はこのくらいにしておきます(笑)



さて、先月24日の読売新聞にこんなニュースがありました。



      「だまされたふり」 で受け子無罪、 地検が控訴



  特殊詐欺事件で現金などを受け取る 「受け子」 として詐欺未遂罪に問われ、1審・福岡地裁

  で無罪となった兵庫県尼崎市の男性(35)について、福岡地検は23日、「原判決は承服でき

  ず、是正を求める」 として福岡高裁に控訴した。


  男性は、福岡県警の 「だまされたふり作戦」 で送られた荷物を受け取ろうとして逮捕された。

  今月12日の地裁判決は、「被害者がだまされたと気付いた後に送った荷物を受け取っても

  詐欺には当たらない」 とした。

  「女性が詐欺に気付く以前から共犯者と共謀していた」 とする検察側の主張も退けた。


  「だまされたふり作戦」は、特殊詐欺事件の捜査手法として全国の警察で活用されており、地

  検は「判決が確定すれば、今後の捜査や立証に影響を与える可能性がある。 上級審の判断

  を仰ぎたい」 としている。



   以上、転載おわり。



   ☹          ☹          ☹          ☹          ☹          ☹


短い記事で内容が掴みづらいと思いますので、この元の裁判について簡単に説明しましょう。

警察の”おとり捜査”をイメージしていただけると解り安いかと思います。


   先ず、詐欺の主犯がいて、被害者を騙そうとします。

          ↓

   被害者が詐欺に気付いて警察に通報します。

          ↓

   警察と被害者がだまされたふりをして主犯から指定された場所へ荷物を送ります。

          ↓

   受け子がその場所で荷物を受け取って、めでたく逮捕。♪


で、この事件に対し1審の福岡地裁がなんと言ったかというと、あろうことか、被害者はとっくに詐

欺に気付いていて、単にだまされたフリをしていただけで、実際には何にもだまされてないんだか

ら受け子は無罪だよん♡ 、、、、、てなことをコキやがったわけです。

つまり、明らかに詐欺師の片棒を担いだにも関わらず、犯罪が成立していないから無罪だそう な..


 ・・・・・・・・・・・。

 ・・・・・・・・・・・。


加害者に優しく被害者に厳しい日本の司法の本領発揮といったところか ...

あーあ、これじゃ検察側もたまったもんじゃないわな(笑)


世間知らずの受験秀才が法律のみで裁こうとするから、こういったおかしな判決が出るのだろう。

確かに六法全書に当てはめれば間違ってはいないのかもしれないが ..

しかし、それを踏まえた上で、やはり我々世間一般の持つ感覚や”常識”といったものにも照らし

合わせて判決を出して行かなければいけないのではないか。


罪のない人間を冤罪にしようというのではないのである。

詐欺という罪を犯した人間の片棒を担いだ人間を処罰することが何故いけないのだ !

まさかだまされた事に気付いた瞬間に、だました人間の罪が消えるとでも言うのか !?


詐欺被害をすんでの水際で阻止し、詐欺に協力する人間を捕まえるのは正しい事だと私は思う。

今も増え続ける振り込め詐欺事件。

だまされたふりで犯人を誘き寄せるのが許されないのなら、これからもこの手の詐欺事件の被害

者は増え続ける一方だろう。


こんな馬鹿な判決を出す裁判官。 まるで詐欺師の協力者の如きである。

こんな裁判官など、次の高裁で判決が覆ったら罷免してしまえ !


   以上。









Posted at 2016/10/02 20:58:06 | トラックバック(0) | 辛口シリーズ | 日記

プロフィール

「驚いたね~ まさか当選するとは思わなかったなぁ。それに「私自身、必要な説明をし、公私のラインを引かせていただいた。一定の信託はいただいたと思う。」って・・・
なに勝手に禊すませてんだ ?
国民は信託なんかしてないぞ !

何シテル?   10/23 21:10
上品とは無縁の田舎のべらんめぇ親父です。 身の程知らずの言いたい放題。 時として極論で語ることもありますが、昭和 の頑固親父の戯れ言だと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

“平等”って? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 22:21:11
歴史の話 5 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/08 00:37:18
昔のアイドル 特別編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/28 13:46:22

お友達

大変申し訳ありませんが、みんカラに使える時間が

限られている為、現在募集はしておりません。

尚、長期に渡り疎遠な方は縁無きものと判断し、

予告なしに削除して参りますが悪しからず。

m(_ _)m




30 人のお友達がいます
利根川の天然水利根川の天然水 * よっちゃん豚よっちゃん豚 *
黒銀2ドアトレノ黒銀2ドアトレノ * ツゥツゥ
工場-長工場-長 鉄の爪鉄の爪

ファン

63 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
トヨタ カローラレビンに乗っています。 昭和62年2月に購入以来、雨の日も風の日も毎日通 ...
トヨタ パッソ トヨタ パッソ
妻の愛車、パッソのHanaちゃんです。 ベンチシートがお洒落です。 1,3Lながら中々 ...
トヨタ アルファード トヨタ アルファード
長男の愛車、アルファードです。 2,4Lながら最高グレードのGで快適装備満載です。 ...
トヨタ ヴェルファイア トヨタ ヴェルファイア
次男の愛車、ヴェルファイアです。 長男のアルファードに負けず劣らず良い車です。 その他コ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる