車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月26日 イイね!
今日の富士山 170226:少し一休み致します皆様、こんばんわ♪
土日と、結構なお天気だった静岡県東部です。
トップ画像は、朝方の富士山です。
まっ、この後、ソッコで雲が掛かりましたけどね…。

さてさて、サブタイトルの件ですが、ほとんど毎日のようにブログをうpして参りましたが、寄る年波には勝てず、少し動機、息切れ、めまいが…。(笑)
まっ、それは冗談ですが、5月に行われる旧友とのライブに向け、音楽の方に少し専念しないと流石に、持ち歌が増えません。
そのためには、楽譜を作らなければならず…。
と言いましても、楽譜を作れるヤツは、私しかいなくて…。
そこで、5月のライブ終了まで、ブログうpを、週一程度に自粛させて頂きます。

で、最近、ネットで見つけたのが、コレ。



無料のソフトなんですが、まぁ、優れモノなんです。
出来上がると、自動演奏までしてくれるんです♪
すっかりハマっちゃいましたw

↑の曲、分かります?
そー、「糸」です。
色々なアーチストがカバーしていますが、いい曲ですよね~♪
コピーして譜面にして、ギターコードを付けて…と、手作業では有りますが、マジに面白いです。

で、楽譜ってのは、算数でもあるんです。
4分の4拍子ですと、1小節に4分音符が4つ、8分音符だと8つしか入りません。
それらを考えながら完成しますと、「ヤター!」ってな感じなですよ♪
まっ、自己満だけなんですけどね…。^^;

で、こちらは、先日ポチ報告をしましたモノが届きました。
良いです!
やっぱ、弘法も筆を選んだ方が良いです!!(笑)



こちらは12弦です。



どちらも、エレアコと言って、アンプにつないでエレキギターのように音を増幅できます。
勿論、生でもいい音がします♪
ライブが楽しみ~。

で、こちらもポチしたモノ。



はい、好物の芋ジュースです♪
会社の人からの貰いものが続いたので、なかなか、開封の機会が有りませんでしたが、やっとここで…。
「紫鬼火」と言う銘柄で、なんでも紫芋の焼き芋を焼酎にしたものだとか?
なかなか、ウマウマです♪

で、最後は、ここんとこ、激しいワン切りラインですが、何とかならもんですかね?
あおいちゃん…カワユス♪


HiKaちゃん…もう少し顔出しして~♪


まりやちゃん…犬か!


琴葉ちゃん…ちょっとハーフっぽいが…あっ、ニューの方ね…?


まっ、ブログうpは無くても、足跡やコメはお届けに参りますので、宜しくです♪
Posted at 2017/02/26 22:21:49 | コメント(6) | トラックバック(0) | 富士山 | 日記
2017年02月26日 イイね!
映画『軍艦島』 其の参※其の参からの続き

で、慰安婦問題同様、反日問題が浮上しますと、「オレも」「アタシも」「オイラも」「ウチも」と、コレマタ、無いコト無いコトがあっちからこっちから…。

「刑務所での懲役と全く同じだった。(労役がつらく、自分で)足を切ってしまいたかった」
「あそこで死んだも同然だった」

そうして、世界遺産登録での韓国側の卑怯な抵抗に遭ったこの問題ですが、当の韓国側の言い分は、下記です。



――日本は15年、韓国など周辺国の反発をよそに、軍艦島をユネスコ世界文化遺産に登録し、論議を呼んだ。
ユネスコの諮問機関は施設の全体的な歴史を明確にするよう日本に勧告したが、日本は勧告をきちんと履行しておらず、論争は収まっていない――



あらまっ!
登録決定会議前には、お互いに協力しましょうと、手を握ったモノの、先に決まった韓国の物件をいいことに、イザ日本の討議が始まるや、反対に回ると言う、卑怯極まりない手段に変わり…。
まぁ、思い返しましても、この時も信用できない民族だったんですよね…。



――映画『軍艦島』は、日本による強制占領期に軍艦島に強制徴用された朝鮮人たちが命懸けで脱出を試みるという内容で、予告編が公開されるとわずか3-4時間でアクセス数が100万回を突破するなど、大きな関心を集めている――

アイゴー…。
慰安婦の少女たちは、火に投げ込まれ…。
強制労働の少年たちは、海に…。



慰安婦が強制連行されたと言われた済州島ですが、当の島民のおばあさん達は、「そんな話、聞いたことにゃーよ…」と言う事実は?
この軍艦島だって、当然、証言は日本人からしか得られませんが、「仲良くやっていた」と言う事実は?
まっ、本人が言っているから…と言う理由だけですけどね…。
真実は、一つしかないのに、デカイ声を上げた得が有る人の言うコトだけを記録するお隣さんの調書ってのも何だかなぁ…?

おしまい
Posted at 2017/02/26 22:17:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 海外 | 日記
2017年02月25日 イイね!
映画『軍艦島』 其の弐※其の壱からの続き

それらの証人として元韓国人で、帰化して日本人になったと言う大学教授さんの証言も、下記、紹介。

「戦時中に日本の炭鉱に朝鮮人少年坑夫など存在しなかったことは関係者なら誰でも知っている」

そうして、世界遺産登録での韓国政府の対応を批判し、下記、正当性をアピール。

「韓国は官民を挙げて端島の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産への登録に反対したが、映画と絵本はその運動の一環だ」として、端島の元島民の話を引用し「(軍艦島は)アウシュビッツ(ナチス・ドイツによるユダヤ人収容所)とは異なる」



当然、言われっ放しの民度では有りません。
ソッコで、下記、反論を展開。

先ずは、韓国国内に保管されている調査資料。



――日抗争期の強制動員被害調査および国外での強制動員犠牲者などの支援委員会」が作成した朝鮮人死亡者の被害実態調査資料によると、端島炭鉱には600人の朝鮮人が連行され、このうち疾病、溺死、炭鉱事故などで死亡した人は122人(20%)にも上る――



まぁ、慰安婦は20万人でしたモンね…。
この数字の信ぴょう性云々は、判りません。
が、当時の軍艦島は、石炭事業自体が、日本の花形産業だったことを受け、時代の最先端都市だったんです。
学校から病院まで完備し、夜でも灯りが煌々と灯り、島民は、一つのコミュニティーを形成していた島だったんです。



私が高校時代までは、まだ住民が居て、私の高校は、この軍艦島は校区だったんです。
よって、島出身の友達も居た時代でした。
当時は、韓国なんてモンに、興味は全く有りませんでしたが、韓国人差別なんて話、聞いたことも有りませんでしたけどね…。

※其の参に続く
Posted at 2017/02/25 21:54:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月25日 イイね!
車デート:洗車編皆様、洗車時に車内の清掃はどうされておられますでしょうか?
多くの方は、外観程には、丹精込める方は少ないのでは?
私は、最近では、外観も水洗い程度で、社内なんてのはフロアマットを、チャチャっと泥払いと、窓ガラスを思いついたときに…程度でしょうか?
その昔は、掃除機でウィンウィンやっていた時も有りましたが、今の車は、掃除機は一度も…。

という事で、車デートで、女性がチェックする車の汚れと言う記事が有りましたので、紹介を致しましょう。

①ガラス
やはり、助手席に座った目線で避けようのないフロントガラスや、真横のドアのガラス汚れは、内外共に気になるようです。
特に、鳥さんによる空爆の後は、いくら小鳥さんのモノでも、女性は手で払う事が出来ないようです。



てか、オラが町は海の傍なんで、カモメなどの中型の鳥類が多く…。
海鳥のウンチってのは、水っぽく真っ白なんですよね…。
だから、モロに食らうと、もうベチャ―っと凄いのなのんって…。

一度、海岸線沿いをバイクで走行中に、被弾したことが…。
タラーっとフルフェイスのシールドに垂れて来て…。
グローブで拭くと、広がるだけで余計に視界が悪くなり…。

②ボデー・ホイール
確かに、洗い立てのWAX仕立ての車は、気持ちが良いもんです。
それは、単に乗るだけの女性も同じなんですね…♪
やはり、汚い男に寄り付きたくないのと同じで、汚い車には近寄りたくないようです?



又、ボデーはキレーでも、ホイールが汚くては嫌だと言う、車関係には通の女性も居るようです?
確かに、私らも、ブレーキダストで汚れたホイールを見ると、「汚ねぇ!」と思いますモンね…。
ついでにタイヤだって、ダートの汚れや、ホイール同様にブレーキダストの汚れで、赤っぽくなっているのは、頂けませんモンね…。

③車内
外観以上に、車内の汚れには敏感な女性は多いようです。
なにんせ、肌に触れたり洋服が直に触れる部分が多い車内です。
先ずは、シートの上や背もたれ。
タバコの焦げや、飲み物をこぼした跡は、あからさまに顔に出るほどの嫌悪感を抱くようです。



シートは何とかOKでも、フロアに落ちているお菓子とか、転がっているペットボトルなんかも、生理的に無理…と思われるようです。
又、ゴミでは有りませんが、グロブボックスなどに忍ばせてある未使用のパンストとか、他の女性の存在を想像させるものも、アウトのようです?

④臭い
車の匂いは、独特なモノも多いようです。
タバコはもちろん、運転手の体臭、カビやホコリなどのエアコン吹き出し口からの匂いも堪りません。
そんな臭いを、芳香剤で誤魔化そうとしましても、匂いが変るだけで、匂いが無くなる訳では有りませんモンね。



て言うか、そんな女性の香水も、堪らないのが有りますけどね…?

まっ、車の内外共に、その持ち主の個性が出るモノです。
汚い車の持ち主は、やはり、汚い人が多いハズ。
やはり、普段の生活が表れるのは必至と思われますので、普段の生活から清潔にしていないと…という事なんでしょうね?
Posted at 2017/02/25 21:54:22 | コメント(8) | トラックバック(0) | | 日記
2017年02月24日 イイね!
映画『軍艦島』 其の壱お隣さんでは、反日感情から、植民地時代を題材にしたモノが、人気を博すようです。
昨年でしたか、慰安婦を題材にした、「鬼郷」と言う映画が大ヒットしたようです。

ん、中身?
フランスでのアニメ祭りが行われた際に、描かれていたモノの実写化だったようです?
慰安婦として強制連行された少女たちが、生きたまま火中に投げ入れられたり…とか…。

で、二匹目のドジョウを狙ったのか、今夏には「軍艦島」が封切りになるとか?
ん、中身?
そりゃぁ、もう、正に日本人は鬼も真っ青って感じみたいですよ?



朝鮮半島から強制連行された少年たちが、狭い坑道に押し込められ採掘させられたり、ガス爆発で労災に遭ったり…。
まっ、炭鉱の無い朝鮮半島の韓国人には、炭鉱での就労自体を知ることなんてなく…。
終戦後の日本は、その軍艦島で、基本、同じような状況で採掘作業を行っていたんですけどね…。

そんな、劣悪な環境は、まぁ、大目に見ましても、現実的に韓国人少年だけを集めて、家畜のように従事させていたなんてことは、素人目に見ましても有り得んでしょう?



戦争末期には、全てが物不足の時代。
そんな時代背景で、石炭の量産は、恐らく勅命だったハズ。
そこに、韓国人少年だけでなんて先ず無理。
やれても、補助的な作業位なモノでしょう?
まして、マンパワーが不足していたんなら、大事にするしかないでしょうし…?
まっ、中には反抗的なガキが居たかも知れませんけどね?



当然、慰安婦少女に引っ掛けた、強制連行少年版で有るコトは容易に想像が出来るモノ。
そんな、クサイ臭いがプンプンするモノを、産経新聞が叩いたようです。

「軍艦島は地獄島…韓国映画・絵本が強制徴用の少年炭鉱員を捏造(ねつぞう)」



ついでに、幼児期からの反日教育として作られ、昨年出版された児童用絵本『軍艦島-恥ずかしい世界文化遺産』も、下記、叩いたそうです。

「絵本に出てくる2016年は朝鮮人慰安婦が『少女像』として脚光を浴びていた時代であり、少年坑夫は(慰安婦少女像の)少年版」

※其の弐に続く
Posted at 2017/02/25 01:06:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 海外 | 日記
プロフィール
「今日の富士山 170226:少し一休み致します http://cvw.jp/b/173689/39380355/
何シテル?   02/26 22:21
ええ歳こいた、ジっちゃんです。 頭は悪いが、顔は良い。 ウソピョン 頭の毛は薄いが、面の皮は厚い。 ホント 4輪:日産 ティアナ 250XV ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
ガレージプロジェクト! Part2 DIYでガレージ作っちゃいましたw 作業記録のまとめ♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/16 08:59:56
うる星やつら 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/18 06:14:28
皆様 つたないブログに1年お付き合いを頂き 有難う御座いました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 06:49:28
お友達
さっさっ、↓ここ、クリック、クリック!
132 人のお友達がいます
利根川の天然水利根川の天然水 * くま(^-^)くま(^-^) *
こりゃこりゃ * ☆hitomi☆☆hitomi☆ *
Taka.UTaka.U * くまっぺ@武器プラスくまっぺ@武器プラス *
ファン
147 人のファンがいます
愛車一覧
日産 ティアナ 日産 ティアナ
09年12月12日納車 三男にプレサージュを譲り、三男の13年モノのホーミーを、エコカ ...
スズキ バンディット1250S スズキ バンディット1250S
全長 / 全幅 / 全高 2,130mm / 790mm / 1,235mm[1,095 ...
スズキ その他 スズキ その他
フォルツァを下に、'07年9月末に購入。 2台目の大型2輪。 やはり、車検の関係から、大 ...
その他 その他 その他 その他
マイカー&バイクの紹介 我が家は大人6人で、各人が車を所有しています。 先ずは、私のか ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.