車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月07日 イイね!
韓国を決してあざ笑うことはできない 其の弐※其の壱からの続き

で、中国メディアの自虐ネタとして、下記を紹介しておりました。

――崔順実事件は決して笑い事ばかりではない。
崔順実事件の報道を見ていると、中国にはないものが見える。
疑惑を暴くメディア、権力にメスを入れる検察、大統領の退陣を要求して行われる整然としたデモだ。
韓国を決してあざ笑うことはできないという声が中国の知識人社会のあちこちから聞こえる――

アホやぁ~!
疑惑を暴くメディア…って、ただ、検察の捜査を報告しているだけじゃないですか?
権力にメスを入れる検察…って、こちらも多くは密告や自首じゃないですか…。
整然としたデモ…って、検察にユンボで突っ込んだヤツが居たじゃないですか?



で、ここからは何時ものヨッパライコラムです。

――韓国をあざ笑うことに忙しい中国の一般市民とは異なり、知識人は崔順実事件に韓国の市民社会に内在する優れた点を発見した――

しかし、失笑モノの言葉ですが、どこからこう言う発想が沸くんでしょうね?
で、そんな中国の知識人でも言えない厳しい言葉を、更に、自らに問い質さなければならない…と、下記、ゆーとります。



「なぜ韓国メディアは崔順実グループの仕業をもっと早く察知できなかったのか」

「なぜ韓国の検察は権力から独立できなかったのか」

「広場では一流市民の韓国人が個々の立場ではなぜ不正と癒着にブレーキをかける良心的な内部告発者になれないのか」

答えは、簡単♪
だって、それが韓国ですもの~♪



反日を止めれば、ソッコで解決できるんですけどね…。
反日を謳う政治家は、全て立派な政治家だと、誤魔化されているだけなんですから…。
又、そんな政治家を崇拝する、国民なのでどっちもどっちなんですけどね…。

――こうなった以上は韓国人一人ひとりが民主的価値に忠実な市民になり、よりよい民主的システムを構築する契機とすべきだ。
それが崩壊した国の品格を早期に立て直す道だからだ――

と締め括っておりました。



まっ、格差社会に対する恨みから解放できない民主国家とは程遠い民族が、何をかいわんや。
親日家財産没収とか、親日家リストとかを法律で規定し、皆でいじめるコト自体、モロに共産主義社会そのものじゃないですか。

大統領と言う、権限を一極に集中した政治は、この儒教国家には無理です。
目上や上位の役職者には逆らう事が出来ない環境で、どんな対策も絵に描いた餅ですから…。
そう言う、メディアだって、韓国特有の社会構造の中の櫃の歯車なんだし…。

おしまい
Posted at 2016/12/07 21:43:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 海外 | 日記
2016年12月07日 イイね!
二回目のデートにつながらない初デートの言動初デートを無難にこなした…つもりが、2度目の誘いがなかなか来ない…。

何でだろう♪ 何でだろう♪

と、歌っている場合じゃアーりません!

普通ですと、女性に魅力を感じた男性は、ソッコで2回目のアポを取りに来るハズ…なんですが、来ないと言う事は、やはり、アナタの何処かに問題が…?

そんなアナタの気付かないアウトな言動の記事が有りましたので、紹介を致しましょう。



①脈ナシオーラ
初デートでは、お互いに未知な部分を、いかに現実のモノとして理解し合えるか…と言う点に尽きると思われます。
そんな興味津々な彼の質問に対し、スマホに食い入っていたり、空返事をしたり、違う話に移行されたり…では、「オレに興味ないのかな?」と思われても致し方ありません。



更に、二人きりのデートを楽しみに、「今度○○に行ってみない?」なんてことを切り出したのに、「じゃぁ、みんなで行きましょう!」と、返された日にゃ、「オレと二人じゃ嫌なのか…」と、落ち込むのは必至。

又、男性が最も恰好付ける会計の際に、恐縮して「私の分は払いますから!」と頑なに押し通されますと、男性は面目丸つぶれ。

こんな初デートですと、男性が、相当に惚れこんでいない限り、2度目は期待できないでしょうね?
まっ、中には、割り勘を要求する男性も居るようですが…?

②結婚アピール
アラサ―ともなりますと、単にお付き合いと言うよりも、お付き合いの先に有る結婚が大事なんです。
そこで、結婚に関する質問や話題が、自然と多くなるようです。



「結婚願望あるんですか?」とか「子ども好きですか?」とか…。
これらが、男性側から出る分には問題無いのですが、女性側から、しかも、初デートでそんな話題が出れば、男性には重く感じられるようです。

「急いては事を仕損じる」とも言われます。
必死になりますと、相手には、それだけで重く感じられるようです。
やはり、「能ある鷹は爪を隠す」心境で、コト、結婚に関する話は、男性が自分にゾッコンになったことを確認してからの方が無難のようです。

③ナレナレしい
初デートは、女子会と全く違います。
当然、それは、話す内容は勿論、言葉使いも注意したいモノ。
「マジ?」「ちょーウケる~」「つーか」「ダサッ!」等々、初デートで、このような品の無い言葉使いは、禁句。
まして、肩や腕などをポンとたたいたりし、妙になれなれしいってのも引かれるようです。



逆に、ギャル系の女性が、シッカリした日本語を話しますと、そのギャップに萌える場合も…?
かと言いって、事務的に返事をされましても、それはそれで脈ナシと捉えられるかもしれません?

まっ、何はともあれ、初デートと言う事を考えますと、「女性らしさ」をアピールし、ちゃんとしたお付き合いが始まるまでは、「一定の距離を保つ」ことが重要のようです。
Posted at 2016/12/07 21:42:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | 生活 | 日記
2016年12月06日 イイね!
韓国を決してあざ笑うことはできない 其の壱韓国のメディアが中国のメディアを紹介しておりました。
やはり、韓国のババ友問題は、中国でも関心事の一つのようです。
何せ、お金には執着心が強い両国民。
何か、大きく惹かれるモノが有るのでしょう?

韓国では「崔順実事件」と呼ばれているこの事件ですが、中国では「好友干政」と呼ばれているようです。
まっ、発音は全く分かませんが、漢字の意味からは、何となく伝わるモノが…。

で、報道の内容ですが、下記、解説しております。

――ソウル光化門でのデモの様子や「文化界の皇太子」チャ・ウンテク氏の帰国、サムスングループの家宅捜索などを何度も繰り返し放映した――



で、何を言うかと思えば、下記、コメントを…。

――それに比べ、米大統領選のニュースは短信程度の扱いだったと言っても過言ではない――

米国の大統領選と韓国のスキャンダルを比較して、中国人には、韓国のスキャンダルの報道に、「より多くの関心が有った」と、誇らしく思ってでもいるのでしょうか?
中国では、当然、報道規制が敷かれており、全てが正確に報道されることは有りません。
当然、米国の大統領が誰になるかは、中国国民も大きな関心を寄せているハズ。
なので、中国共産党が、規制しているのは明らか。
なのに、下記、論評をしておりました。



――世界最強の米国を誰が率いるかよりも崔順実事件が重要なのかと思わせるような扱いだった――

まっ、キツネとタヌキの報道合戦に論評を入れて、「中国人は米国よりも韓国に関心を寄せている。どうだ、韓国って凄いだろう♪」とでも、言いたいのでしょうか?
で、在中韓国人へのインタビューを、下記、紹介。

――そのせいだろうか、ある在住韓国人の主婦はディスカウントストアの従業員から「おたくの国の大統領って誰かの秘書なのか」と皮肉られ憤慨したという――



てか、何も憤慨することはないでしょうに…。
事実なんですから…。
まして、本国では、「操り人形」とまで言っているのに。

更に、ネット内も調査したようです。

――中国のネットユーザーは朴槿恵(パク・クンヘ)大統領を当初「大姐」(年上の女性に対する敬称)と呼ばれていたが、次第に「大媽」(おばさん)、「バカ」へと格下げされた――



まぁ、しかし、己の所業は棚に上げ、他の人が言った言葉には敏感なんですね…。
韓国では、「容疑者」と犯罪者にしてしまっていると言うのに…。

で、何を言うかと思えば、「『韓国を見直した』という肯定的な見方もあるのだ」と、「ウリの報道姿勢は絶賛されている」と、コレマタ、キツネとタヌキのヨイショ合戦に酔いしれております。

※其の弐に続く
Posted at 2016/12/06 20:15:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 海外 | 日記
2016年12月06日 イイね!
性格のイイ女性異性に求めるモノ…?
若い頃の恋人選びは、性格より容姿に重点を置きますが、年を重ねますと、やはり、内面的なモノが重要になって参ります。
まっ、そんなトシを過ぎますと、若さと容姿だけになりますけどね♪

そんなアラサ―男性が、「イイね!」と、ポチしたくなる性格のイイ女性って、どんな感じなんでしょう?
そんな記事がありましたので、紹介を致しましょう。



①親切な人
飲み会などで、ポツンと一人輪の中に入れない男性が居た場合、アナタならどうします?
まっ、陰気クサイし、人気モノでは無いのが一目瞭然なんで、大方の女性は、無視するハズ。
でも、この記事では、気を利かせて声を掛けて上げるといいんだとか?



アナタのその天使のような優しさに、ドキがムネムネするんだとか?
更には、特定の人だけに愛想を振りまくんじゃなく、皆に平等に接する人当たりの良さは、コミュニケーション力が有ると思われるようです。

てか、有り得んでしょう、こんなことする女性…?
第一、そんなヤツに声かけても、逆に「ウゼェ…」と言われるかも知れないのに…。

②怒らない人
「短気は損気」とも言われますが、怒った顔からは、可愛さやキレーさは微塵も感じられません。
あの般若の顔は、女性がモチーフだそうです。
チョイ前に、TVによくアップされていました騒音オバサンを見て、「イイ女」と感じた男性は、先ず居なかったハズ?



イライラやムカつくことの多い女性は、その原因となるストレスを、男性の目の前以外のところで、速やかに吐く習慣を身に着けた方が良さそうです。
相することで、心に余裕が出来、優しい気持ちで周りと接触できるようです。

まぁ、でも、こんな女性に心を許したりしますと、平気で彼氏をストレスの発散相手にする場合も有りますからね…。

③丁寧な応対
他人に横柄な人は、どこかにコンプレックスを持っているんだそうです。
負けたくない、馬鹿にされたくない、等々。



彼氏が店員さん等に、横柄な態度を取るのを嫌う女性は多いようです。
それは、男性も同じ。
分け隔てない丁寧な応対は、優しさがにじみ出ますモンね…。
女性らしさを感じる瞬間ではないでしょうか?
特に小さな子に対しての接し方では、将来の良妻賢母振りのアピールには最高でしょう♪

如何でしたでしょう?
まっ、でも、「イイね!」を付ける男性も、人それぞれですからね…。
独占欲の強い男性が、相手を分け隔てなく、親切丁寧に接している女性の姿を見ると、「オイオイ…」と言いたくなるでしょうし…。
Posted at 2016/12/06 20:14:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 生活 | 日記
2016年12月05日 イイね!
私は韓国と結婚した今回の米国大統領選では、大方の予想を覆したトランプ氏の勝利で終わりました。
その選挙戦の中では、両者共にスキャンダルで人気度が上下するのポイントが存在。
その中の一つに、クリントン女史の体調不良が取りだたされ、支持率が大きくダウンしたシーンが有りました。
そう、米国は最強でなくてはならず、その大統領が病弱と言うのは有り得ない話なんです。

過去には、若くてリーダーシップをフルに発揮したケネディ元大統領も、持病の腰痛に加え、アジソン病と言う病気に苦しめられていたようです。
当然、この事実は、彼の死後に公表されたそうですが、その主治医に関しては、やはり公表はされていなかったそうです。



で、人間、病気などで弱ると精神的にも弱くなるようで、「名医」と聞くと、藁にもすがりたい思いから、その医者すがるようになるそうです。
ケネディ大統領も同じだったようで、すがったとある医者は、闇雲に薬を出すやぶ医者だったそうで、後に医師の資格をはく奪されたモノも居たようです。

逆に、オバマ大統領は、健全な私生活をオープンにしたことで、国民からは指示と信頼を受けた…と、この記者は、下記、ゆーとります。

――オバマ米大統領は週に5日は家族と夕食を取ると宣言しており、可能なら夜に2時間ほどは家族と一緒に過ごすとされる。
娘が通う学校のバスケットチームのコーチを務めたり、銃器事故で犠牲になった小学生のため父親の心情で涙を流したりし、退任を控えた今なお人気が高い――



更に、お隣さんが大好きなドイツのメルケル首相も、下記。

――ドイツのメルケル首相もまた、仕事終わりに20年以上も通うスーパーに立ち寄り、自分で買い物をする――

で、ここからが、本題。
自国のクネばあさんを、叩きはじめます。

――同じ女性指導者ではあるものの独身の朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領については、そうした私生活がほとんど伝えられていない――

就任当初は、下記、好印象が有った…ゆーとります。

――朴大統領自ら「私は結婚していなくて家族もおらず、韓国と結婚した」と語ってきた。
そのため、寝ても覚めても国のことばかり考えているというイメージが持たれるようになった――



ところが、ドッコイ。
ババ友問題で、一気にイメージダウン。

――ベールに包まれていた朴大統領の私生活があらわになった。
服を選び、髪を整え、大統領になる前から親しかった医師から処方を受けることまで、男性の大統領なら夫人が務めたであろう役割を、ことごとく崔容疑者が引き受けていたことが明らかになった。
これまでほとんど私生活が知られていなかっただけに、国民の衝撃は大きい――

先の選任弁護士会見での言葉で、「捜査に協力するが、大統領である前に女性としての私生活があることも考慮してほしい」と述べた言葉は、我々日本人にも、何か違和感を受けた方が多かったのでは?
まっ、そんな言葉尻を捉えなくたって、時間稼ぎはミエミエ何で、イチイチ噛み付かなくてもいいのでしょうが、言いたくてしょうがないんですね…。

――今、大統領をめぐる疑惑が次々と発覚しているのは「女性としての私生活」を保障されていなかったせいではない。
私生活の中にとどめておくべき人物が国家元首の公務に介入し、ありとあらゆる不正を犯したためだ。
大統領自ら公私の区別をつけられなかったせいで起きたことなのに、透明に説明せずにいるため疑惑が増幅しているのだ――



まぁ、利権に絡む汚職は日本も同じ。
あのマスカキ前都知事も、こすっからい小銭稼ぎで、結局、辞めさせられましたが、辞めただけでお咎め無しですモンね…。
韓国だったら、家族もろとも晒し首なんでしょうけどね…?
Posted at 2016/12/06 00:55:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 海外 | 日記
プロフィール
「韓国を決してあざ笑うことはできない 其の弐 http://cvw.jp/b/173689/38971543/
何シテル?   12/07 21:43
ええ歳こいた、ジっちゃんです。 頭は悪いが、顔は良い。 ウソピョン 頭の毛は薄いが、面の皮は厚い。 ホント 4輪:日産 ティアナ 250XV ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
ガレージプロジェクト! Part2 DIYでガレージ作っちゃいましたw 作業記録のまとめ♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/16 08:59:56
うる星やつら 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/18 06:14:28
皆様 つたないブログに1年お付き合いを頂き 有難う御座いました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 06:49:28
お友達
さっさっ、↓ここ、クリック、クリック!
128 人のお友達がいます
利根川の天然水利根川の天然水 * ★海月ちゃん★★海月ちゃん★ *
4zigen@バトガ4zigen@バトガ * ひみつのあっこひみつのあっこ *
ティンクティンク * ★ 咲川めり ★★ 咲川めり ★ *
ファン
147 人のファンがいます
愛車一覧
日産 ティアナ 日産 ティアナ
09年12月12日納車 三男にプレサージュを譲り、三男の13年モノのホーミーを、エコカ ...
スズキ バンディット1250S スズキ バンディット1250S
全長 / 全幅 / 全高 2,130mm / 790mm / 1,235mm[1,095 ...
スズキ その他 スズキ その他
フォルツァを下に、'07年9月末に購入。 2台目の大型2輪。 やはり、車検の関係から、大 ...
その他 その他 その他 その他
マイカー&バイクの紹介 我が家は大人6人で、各人が車を所有しています。 先ずは、私のか ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.