• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月12日

IAAフランクフルトショウ2017レポート VW Vol.2

 IAAフランクフルトショウ2017レポート VW Vol.2 今夜もVWなフランクフルトショウ2017レポートへようこそ!
昨日のI.D.に続き、今夜はすでに単独でワールドプレミアムが6月に行われてしまいました6代目新型ポロをレポートいたします。
新型ポロはガソリン車のTSIを標準に、ここフランクフルトでは天然ガス仕様のTGI、さらになななんと!GTIまでも発表、展示されておりました。
では42年目の6代目ポロをどうぞ!


New POLO Beats









これが6代目の新型ポロ、BeatsなるBeatsブランドのオーディオを特別装備したグレードです。
新型はアルテオンに続いて、新世代のVWデザインを採用し、かなり端正でシャープなラインがサイドビューに引かれ、現行の7代目ゴルフとそん色ない仕上がりになっていますね。
ボディサイスは、全長×全幅×全高=4053×1750×1446mm、ホイールベースが2564mmと5代目のポロに比べワンランク上のサイズになっており、日本では全幅が3ナンバー規格になり、Bセグメントクルマにしてはかなりデカくなりましたね。でもライバルのルノークリオ(ルーテシア)や、日産マイクラも同等のサイズになっているので、欧州で覇権を争うBセグメントのサイズは、全長4000㎜超、全幅1750㎜前後がスタンダートになってきましたね。まだまだ5ナンバー信教が根強い日本市場ですんなり受け入れられるのか?そこは気になりますね。でも実車を見た感想は、そんなに幅広とも思わなかったし、抵抗もなかったですね。まぁ全体的にボディサイズ、特に全幅はますます大きくなっているので、これもトレンドでしょうか?
プラットフォームはMQBのA0と呼ばれる最新のBセグメント用を採用し、エンジンはガソリン車が1.0 MPI(65ps/72ps)、1.0 TSI(95ps/115ps)、1.5 TSI(150ps)の3種類、ディーゼル車が1.6 TDI(80ps/90ps)を設定。さらに、天然ガス仕様の1.0 TGI(90ps)も設定される。
トランスミッションは5段または6段マニュアルに加えて、TSIと1.6 TDI(95ps)では7段DSGが設定される。
グレードは、「トレンドライン」「コンフォートライン」「ハイライン」「Rライン」に加え、上記画像の「Beats」
を設定している。




インテリアもグレードアップし、従来のセンターコンソールを縦型にしたものから、メーター、AVディスプレイを横一列に配置したものに刷新。このBeatsではメーターがアナログ式ですが、後でR-LINEでご覧いただくバーチャルディスプレイをオプションで用意しているため、メーターとAVディスプレイが連携できるカタチでデザインされています。
残念ながら、後でレポートするT-ROCやマイナーチェンジした7代目ゴルフに採用している電動パーキングブレーキは新型ポロには採用されていません。座った印象は、全幅が1750㎜になった割にそんなに室内幅が広がった印象はない。

New POLO TGI R‐LINE





天然ガス仕様のTGIでグレードはR‐LINE。GTIに次ぐ、スポーティなグレードですが、あくまで外観のスタイリングがスポーティということで。






バーチャルコクピットを採用したR‐LINEのコクピット。ここまでくると、現行のマイナーチェンジ後のゴルフで先鞭をつけたバーチャルコクピットもポロでさらにアップデートされ、クラスを超えた印象を持ちます。
拡大されたボディサイズの恩恵は、後席のレッグスペースとラゲッジルームの容量増大にありますね。幅は外観それほど広がってないですが、全長とホイールベースの拡大は、はっきりと効果があります。最近のゴルフじゃデカすぎる!という向きにはちょうどいいのかも知れません。でも従来のポロのサイズがいいユーザーにとってはその受け皿がどうなるのか?ポロの下に位置するUP!は、どうやら次期型はないとも噂されるので、もしかするとI.D.ブランドでコンパクトEVがその代わりを果たすのか?

NEW POLO GTI

















新型ポロのフルモデルチェンジから間髪入れずにフランクフルトショウに登場してきたGTI。
今回は、エンジンは200psを発生する2.0リッターのTFSIを投入し、よりゴルフGTIに近づいてきましたね。外観はではマイナーチェンジしたゴルフGTI同様ヘッドランプのハウジング内とグリルにつながるレッドのアクセントラインに、インテリアではGTI伝統のタータンチェックのシート生地を採用し、VWのGTIとしてのアイデンティティを存分に際立たせてデザインされています。

初代ゴルフGTI







新型ポロGTIを中心に、新型ゴルフGTIとともに初代ゴルフGTIが展示されておりました。
これもしかするとウォルフルグにあるVWミュージアムから持ってきたGTIかな?
今回のフランクフルトショウでは、ポルシェでもそうですが、コンセプトカーや新型車の発表に合わせて過去の名車を展示するところが多いですね。

新型ポロの出現で、またBセグメントのコンパクトカーの競争が活発になりますね。
まぁ大きさが幅で1750㎜と完全な3ナンバーにはなりますが、ここは許容範囲と許せればそこそこいいんじゃないですか?まぁ日本の5ナンバー至上主義は依然とありますが、欧州ではこのサイズがBセグメントのスタンダートになりつつありますので。
あとはI.D.ブランドとどのように整合性を取っていくのか?
日本での発売は来年以降になりそうですが、GTIを含め期待しております。
ブログ一覧 | フランクフルトショウ2017 | 日記
Posted at 2017/10/12 23:37:46

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

FC3Cのタイヤ持ち込み
shidenさん

エンジンはダウンサイジングされたけ ...
ライチュウ@滋賀さん

ポロGTI純正!!! 戸塚店^^
FITコーポレーションさん

これが新型ポロなんですね!!
クロポロさん

1台減りました。
脳みそパターンさん

VW ポロ 新型を発表…6代目は歴 ...
散らない枯葉さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「 IAAフランクフルトショウ2017レポート New Mobility World&総括 http://cvw.jp/b/174658/40850745/
何シテル?   12/14 22:18
いすゞビークロスオーナー&ファンクラブ【VehiSQUARE(ビースクエア)】の世話人にして、国内導入が見送られたいすゞ最後のSUV「AXIOM(アクシオム)」...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

・いすゞSUV、特にビークロス、アクシオムに興味のある方。
・クルマについて幅広く論じることが好きな方。
・新車情報、旧車のレアな情報をお持ちの方。
・クルマを作っておられる方、作ってみたいと本気で思っておられる方。
42 人のお友達がいます
夏がだ~い好き夏がだ~い好き * sakbomsakbom *
TAJIROTAJIRO * 徳小寺 無恒徳小寺 無恒 *
防人@ex-cannon shooter防人@ex-cannon shooter T.BASET.BASEみんカラ公認

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

いすゞ その他 いすゞ その他
いすゞ最後の北米SIA生産SUVアクシオム。 最上級グレードXS4WD。 デザインは、ビ ...
アルファロメオ MiTo アルファロメオ MiTo
初代相棒ビークロスをお蔵入りにさせて、7年ぶりの新車をテイクアウトしました。 3代目相棒 ...
いすゞ ビークロス いすゞ ビークロス
初の愛車いすゞビークロス。 1997年5月発注、9月納車。 初 期:レッドロックマイカ、 ...
いすゞ ビークロス いすゞ ビークロス
グレード:175リミテッドエディション072/175 ボディカラー:アイアングレーメタリ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる