車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月02日 イイね!
半月ほど前の交通事故のとき一週間入院した妻ですが、
切迫早産の恐れが再発し再び入院となりました。

最初の入院のときの傷病名が
「交通外傷および切迫早産」でしたが、
今回の入院では「切迫早産※」のみとなりました。

まだ妊娠26週目なので
早産は子供に障害が出るリスクが高いので、
安全な出産となる37周を超えるまで
切迫早産を抑制するための点滴加療を
受け続ける必要があるとのことで、
長期の入院が必要と言われてしまいました。

これが我が家にとって深刻な問題になってきました。


医師からは今回の切迫早産の恐れは
事故起因と言えない可能性が高いと言われたのです。

これにより自動車保険会社に提出する診断書の内容が
事故との関連性がなくなってしまう事になります。
そうなれば治療費や慰謝料などの補償が受けられなくなります。

今は一歳半の息子を僕一人で面倒を見ているのですが、
預ける先が無いため休業しています。
もし、この入院が交通事故起因と認められない場合には
休業補償は無く、収入がダダ下がりしてしまいます。

市役所の子育て支援課にも問い合わせましたが、
現在1歳児を受け入れられる施設の空きは無いそうで
預けて仕事に戻ることも難しくなってきました。


医師の診断書では「交通事故との因果関係は不明」となっています。
これは事故との関係性が絶対無いかとも言い切れず、
事故起因とも言えないと解釈するしかなさそうですが、
(100%未満0%超って感じ??)
保険会社がどう捉えるかはわかりません。
おそらく保険会社の都合の良い方へ捉えるでしょうね。
このままでは
「事故との因果関係が認められないので補償外」
となることが目に見えています。



交通事故に強い弁護士に相談しました。

やはりドクターの診断が全てで、
これによって賠償の有無や賠償額が決まってしまうとのことで、
なんとかドクターに認めてもらうしかなさそうです。

案としては
精神科を受診し、
「交通事故による精神的ストレスから起きた切迫早産」
というような診断内容を取り付ける。

大学病院の産婦人科に入院しているため、院内に精神科もあり、
精神科のドクターに産婦人科の病室に来ていただいて
診察を受けられれば可能性が見えてくるかもしれません。

もう一つは
産婦人科医の診断内容に
「交通事故との因果関係は否定できない」とか「矛盾するものはない」
などのファジーな内容でもいいので文言を入れてもらえるか説得する。

これは回診時に妻自身が説得に当たれるかで決まってきます。

精神科医と産婦人科医のダブルで攻める方向で考えています。


弁護士に相談しないと、このようなアイディアは出てきませんでした。

もし、身内に交通事故に遭われた妊婦さんがいらっしゃいましたら、
絶対に、絶対に、弁護士に相談してください。
無料で相談に乗ってくれるところありますから。

あと、任意保険に弁護士費用特約の付帯をお忘れなく。
これ、クルマ持っている人なら絶対つけておくべきです。
同居の家族も使えますし使っても等級に影響与えません。


ネット検索で「交通事故 切迫早産」などと検索すると
我が家の事例より更に深刻な事例が多く出てきます。
泣き寝入りしているところも多いようです。

我々はもちろん頑張って認めてもらえるよう努力しますが
休業していられるリミットもありますので
あまり長い時間を掛けられません。

先月の一週間の入院で59万円(これは相手保険会社が支払いました)
だったので、交通事故起因と認められなくなった場合には
今回の入院は数ヶ月に及ぶので
健康保険が適用されて3割負担でも百万円近い額が見えてきそうです。
高額療養費支給制度を申請しても三ヶ月で30万前後の負担、
追い撃ちを掛けて第三者起因による僕の休業ですからね。。。

事故って完全にやられ損ですね。
横断歩道で手を上げて子供と横断していただけなのに。。。





切迫早産の、事故との因果関係の認定が困難な事例が多いのは
切迫早産という症状が誰でもなる可能性があるものであり、
原因特定が難しい症状であるからと調べて解りました。

子宮に問題があって起こりやすい場合や、感染症からの発症、
メンタル起因であったり、初産や経産婦も関係なし、
原因不明なケースもあるようで、
今回、妻の原因として感染症を疑い抗生物質を点滴しています。
もし、抗生物質の投与で改善したら感染症からと断定できるとのことで
一週間ほどで感染症起因かどうかの結論が出るようです。
ただ、抗生物質も万能ではなく特定の細菌にしか効果がないので
やっぱり不明になるんでしょうね。。。
Posted at 2016/11/03 10:12:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月24日 イイね!
Lexus LCを目撃東名高速道路を走行中にレクサスLCと思われる車両を発見。
積載車の幅いっぱいまで全幅あるので相当ワイドに見えます。
ケツでかいなー。
エンブレムだけガムテープで隠してあってほぼフルヌード。
東名高速沼津ICを過ぎたあたりの上り線で見かけたので
富士スピードウェイでテスト走行するのか、
裾野市にあるトヨタの研究所に運ばれるのかだと思われますね。
Posted at 2016/10/24 22:41:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月22日 イイね!
カローラ生誕50年フェスに行ってきました今日一日、出掛けていいよと妻から言われたので
メガウェブでやってるカローラフェスで
初代カローラの同乗試乗をさせてもらいました。



ドアオープン。
ドアハンドルやドアトリム、サイドシル、全部当時の部品で
レストアされているそうで整備・保存状態がとても良いです。
トヨタ博物館に収蔵されている動態保存の個体なのかな。
コンディション維持するのにお金かかっているんだろうなあ。



ボディサイドにデラックスのバッジがありました。
当時のグレードはスタンダード・スペシャル・デラックスと
3つあったそうで、上級グレードに相当しますね。



シンプルな運転席周り。
この試乗会では同乗試乗なので助手席に乗り込み撮影しました。
細いステアリングホイール。
フロアシフト4速MT。
カーラジオ。
シートはフカフカで柔らかい座り心地。
ヘッドレストやシートベルトは無し。



ダッシュボードは金属(鉄?)でボディカラーと同じ塗装のように見えます。



グローブボックス開けちゃった。
現在の車検証入れが入れられるほどの奥行きあります。
フタ部分の丸い窪みはドリンクとか置くのかな?



サンバイザーにはバニティミラーが。
ドライバーさんから50年前の車なので
あまり手を触れないようにと叱られてしまいました。。。
すみません。



三角窓の開閉レバーやウィンドウレギュレーターハンドルのメッキはピカピカ。



乗り心地良かったです。
柔らかい足廻りでロールはそれなりに出ます。
ユサユサ揺れるかと思いましたが揺れがしっかり収束します。
シートのクッションがふわふわなのでその影響もあるかもしれないです。
エンジンは4気筒ですので現代の軽自動車の3気筒と比べて
初代カローラのほうがずっと上質ですね。
遮音が現代の車とは考え方が違うのでエンジン音はバッチリ聞こえます。

あとドライバーさんは変速時に毎回ダブルクラッチ踏んでいました。
そのことを指摘すると当時のトランスミッションそのままなので
できる限り丁寧な操作を心がけていると仰っていました。
最高速40km/hくらいでの同乗試乗でしたが楽しかったです。



最後の写真は初代カローラと歴代のカローラたちが
並んでいるところを撮りました。
初代以外の歴代カローラは今日のフェスのために駆けつけた
オーナーさんの車両で、実際にここまで自走してきたそうです。
2代目カローラに乗ってらっしゃる方は45年維持しているらしいです。
凄いですね。
僕もランクル70を永く維持しなければと思いました。
楽しい一日でした。
Posted at 2016/10/23 12:36:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月19日 イイね!
危険な状態を通り越し、妻が退院しました。
これから賠償についての折衝に入ります。

自賠責保険と加害者が加入していた任意保険から
賠償金が出ると思いますが、
我々の任意保険に人身傷害保険を付けていたので
これを適用できないか確認したところ、
0:100の事故のため賠償額の100%が
相手方の保険から出るので差分が発生せず、
人身傷害保険を使用する必要が無さそうです。
知らなかった。
示談交渉が終了する以前に賠償額の一部を
先行して受け取れるのかと思っていましたが、
そんなこと無いのですね。

0:100事故で人身傷害保険から支払われるケースは
賠償金の算定額が
相手保険会社<当方加入保険会社
になった場合に差額が降りるそうです。
これも知らなかった。
約款読んでないなあ・・・


我々の任意保険で活用できるのは弁護士費用特約ですね。
1事故1名あたり弁護士委任費用300万円まで
法律相談・書類作成費用10万円まで
ただし労災による交通事故や加害者が身内の場合を除く
となっていたので活用しようと思います。
あと保険会社の算定額より
弁護士を通した賠償額のほうが大きくなるみたいです。
早速、交通事故問題に強い弁護士事務所に相談予約を行い、
来週に相談することにしました。


あと人身事故の届けを警察にしないといけないですね。
診断書を病院のドクターに発行してもらい、
警察署に提出を求められています。
やるべきことが同時多発でキツいです。。。
順番も合っているのかわかりませんし。
ケースバイケースでマニュアル化が難しいと思いますが
なんか簡単な手順書みたいのがあると良いのですが・・・
Posted at 2016/10/19 16:51:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月14日 イイね!
人身被害事故仕事中に妻から車に轢かれたと連絡を受けました。

結果としては大したケガをせずに済んだのですが、
妻は妊娠6ヶ月目であるので胎児への影響を懸念して
しばらく入院することになりました。
妻の新車の納車が今週末に控えていましたが
ディーラーへ事情を説明し、
しばらく車を預かって頂くことになりました。


事故現場は一時停止の標識のある、センターラインの無い交差点で、
一歳半の息子を連れて黄色矢印の方向に横断歩道を横断し、
2/3を渡り終えたところで
対向右折車が小回りしてきたところを二人共はねられたようです。
幸い目撃者がいて、加害者が逃走しようとしたところを
クルマを止めさせて警察・救急に通報してもらったと聞いています。
直ちに救急車で病院へ直行、
子供の容態が悪ければドクターヘリの準備をしていたようです。

息子はレントゲンやエコー検査にて、
内臓へのダメージ・骨折などは見当たらなかったようです。
意識がしっかりしているので問題ない可能性が高いものの、
頭を打っているので脳へのダメージはあるかもしれないと言われました。
幼い子供へのCTなどの放射線による検査は避けたいとのことで
脳の検査はしなかったそうです。
突然意識を失ったり言動が変わるようなことがあれば
すぐに病院に連れてくるよう言われました。
結果、ケガは顔面・右肘・右膝の擦り傷で済み、本日退院となりました。

妻は腰と肘を打ったとのことで多少の痛みがある程度とのことでしたが、
子宮収縮が起こってしまい点滴による抑制剤投与でしばらく入院です。


来週から息子の面倒を見ることになるので
しばらく仕事を休むことになりそうです。

70代女性の加害者と病院のロビーで話をしましたが
逃げようとしたことを問うと「逃げていない」と言い始め、
謝罪の言葉も殆ど無く、後は保険会社が補償するとも発言し、
道義的責任が果たせない人物に思いました。

過去に物損被害事故に遭った事はありますが、
人身被害事故は初めてで、かつ、
罪悪感・責任感の無い加害者を相手に
どう対応したら良いのか正直困惑しています。
自分たちが加入している任意保険会社に連絡したところ、
過去の物損事故同様に100%被害事故の場合には
弁護士法に抵触するため対応ができないと言われました。

保険に付帯しておいた弁護士費用特約を適用して、
弁護士に依頼したほうが良いのかもしれないですね。

目撃された数名の方は近所の知っている方たちで
その方たちから事故の概要を知りました。
妻は事故の前後の記憶が曖昧になっているようで、
私への連絡はメールで「車に轢かれた」が精一杯。
後日改めて目撃および通報と子供の介抱をしていただいた方々に
お礼の菓子折りを持参して詳しいお話を伺おうと思います。
同時に管轄の警察署にも相談したいと思います。

先ずは妻の治療に専念し、
息子の世話をしっかりしないといけないですね。

他にやるべきこと、人身被害事故の補償の進め方など、
ノウハウ持ってらっしゃる方がいらっしゃいましたら
アドバイス頂けたら幸いです。
Posted at 2016/10/15 00:31:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「Lexus LCを目撃 http://cvw.jp/b/1747971/38750045/
何シテル?   10/24 22:41
よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
でも、同時使用するにはケーブルは複数必要。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/25 22:56:12
ファン
3 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ ランドクルーザー70 トヨタ ランドクルーザー70
2004年に販売終了したランクル70が再販すると知り、 発表の一週間前に予約注文を入れま ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
40周年特別仕様車クロスアドベンチャーXCの5MTです。 ずっと維持したいです。
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
友人が車を買い替えるとのことで ワゴンRを20万円で買い取りました。 (経費として落とし ...
トヨタ ヴァンガード トヨタ ヴァンガード
マイナーチェンジ前のモデルを駆け込み購入しました。 しかし後期型のフロントバンパーは欲し ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.