• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

yoshiharu-R32のブログ一覧

2017年01月12日 イイね!

ブースト封印


 最近、アクセルを踏んでブーストを掛けると最大0.6kg/㎠しか掛からない症状がたまに起こるようになりました。
 もしかしたら、空燃比の問題でECUがブーストのセーフモードを働かせそれ以上ブーストが掛からなくなったと思われます。
 この状態では踏んでも楽しくないので、ノーマルのブースト圧に戻す事にしました。

 早速オリフィスを外し、造形パテで穴を埋め、丸棒で適度な穴をあけました。

 早速試乗してみると、最大ブースト圧が0.95kg/㎠から0.7kg/㎠になり、ノーマルに近いブースト圧になりました。
 乗ってみて思ったのですが、以前より体感的に速くなったと思いました。

 以前はパワーがありすぎたので、ワインディング走行中あまりアクセルを踏み込む事が出来ませんでしたが、ブースト圧を下げた仕様は程よくパワーがあるのでアクセルを踏み込む事が出来るようになりました。
 街乗りは以前と変わらず、トルクがあってあまり踏まなくても速度が出ています。

 今回の件で思ったのですが、いくらノーマルECUはブースト1.0kg/㎠まで対応していると言われても、ブーストアップするならきちんとリセッティングする必要があると思いました。
 正直、今の320馬力仕様のエンジンの方がワインディングではパワーをきちんと使えるので楽しいです。
Posted at 2017/01/12 18:08:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | R32 | クルマ
2016年12月06日 イイね!

運転とは何なのか・・・


 今月3日、福岡市の総合病院に個人タクシーが突っ込んで3人の死亡者などを出す悲惨な事故について思うことがあったのでブログを書きます。

 「ブレーキを踏んでも止まらなかったので、ギアを変えてエンジンブレーキをかけようとしたが、減速しなかった。」と容疑者は供述していますが、人を殺した事に変わりありません。
 自分の目の前で、車に突っ込まれて殺される人々を目の当たりにした人達は、一生の心の傷を負ったことだと思います。私も、その方々の気持ちを思うと心が痛みます。

 また、私が住む香川県でも平成28年1月〜11月までの交通事故死亡者数が、昨年の52人を越える58人になりました。

 事故を起こした人だけが死ぬのは構わないのですが(自業自得なので)、もしその人に巻き込まれて自分も殺されたらと思うと、腹立たしいと思います。
 ましてや、事故を起こした本人は生き残り、巻き込まれた自分だけが死んでしまうとなれば、もっと腹立たしい思いになります。

 殺された人達には生活があり、夢や目標を持って一生懸命生きているのに、交通事故を起こした人に夢や目標を奪われたと思うと、私自身心が痛いです。


 湾岸ミッドナイトvol.5で気になる事が書いてあったので載せてみます。






 確かに、軽自動車でも600キロ以上、普通車では1000キロ以上ある物体が自分自身にぶつかったとすると、死んでもおかしくはないですね。

 はっきり言って、軽自動車でも簡単に人を殺せるという事です。

 そう思うと、運転って「コワイ」と思いませんか。

 中には「コワイと思う事は恥ずかしい」と思う人がいるかもしれません。

 違うんです。コワイと思わず、交通ルールやマナー違反によって事故を起こしたり、その事故で人を殺してしまう事が一番恥ずかしいんです。

 なので、「コワイ」と思う事は全然恥ずかしい事ではないのです。

 なぜ、「コワイ」と思う事が出来ないのか。私が思うに、自分の運転は「ウマイ」と思っているからだと思います。

 「井戸の中の蛙、大海を知らず」のことわざがあるように、自分の運転は「ウマイ」と思っていても、世の中にはプロのレーサーなど自分より運転が「ウマイ」人はゴマンといます。
 なぜ、自分の運転が「ウマイ」と思うのがいけないのかというと、プロのレーサーなどと比べると全然大した事ないのに、自分の運転にうぬぼれて周りが見えなくなるからです。

 そうならない為にも、私は常に自分自身の心に「自分の運転は誰よりもヘタクソだ」と言い聞かせています。
 自分の運転は「ヘタクソ」と思うと、自分自身の心にブレーキをかける事が出来るからです。よって無謀な運転はしなくなります。

 中には「ヘタクソと思う事は恥ずかしい」と思う人がいるかもしれません。
 先ほども言いましたが、事故を起こしたり、その事故で人を殺してしまう事が一番恥ずかしいんです。

 なので、「コワイ」と思う事や「ヘタクソ」と思う事は恥ずかしい事ではありません。安全運転をする上で必要な事だと私は思います。

 最近思うのですが、スポーツカー乗りよりも一般大衆車に乗る人の方がマナーが悪いと思います。車線変更する際ウインカー無し、制限速度以下で追い越し車線をいつまでも走る人、車間距離をこれでもかと詰める人などなど書ききれないほどあります。
 自分自身、人に見られるスポーツカーに乗るので、模範的なドライバーになれるように心がけています。

 私は車を運転する事が大好きなので、車で死にたくないですし、車で人を殺したくないです。
 今後も自分自身に「コワイ」と「ヘタクソ」を心に言い聞かせ、事故の無い安全運転が出来るようにより一層努力していきたいと思います。
Posted at 2016/12/06 22:15:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | ブログ | クルマ
2016年12月04日 イイね!

パワー&トルク特性について考察


 REIMAXのD.S.メタルキャタライザーのパーツレビューに、ちろまる@ここさんよりコメントを頂きまして、少し考えたことがあるのでブログを書きたいと思います。

 ちろまる@ここさんのコメントに、自分の32には低中速重視のカムを入れていて、上が頭打ち傾向だと書かれていました。

 そこで、パワーとトルク特性について考察してみました。



 上のグラフは私の車のパワーグラフになります。
(現在の仕様でのパワーチェックをしていないので、過去の仕様を載せます)

 最大トルク発生後、緩やかにトルクが落ちています。トルクカーブはフラットでトルクバンドが広いですね。(5000回転以上からパワーとトルクカーブがバラついているのは6番の白金プラグを入れていたからです。現在は7番のイリジウムプラグを入れているのでキレイにカーブを描いていると思います。)


 湾岸ミッドナイトvol.14で似たような事を書いてあったので載せてみます。



 湾岸ミッドナイトは渋いことを教えてくれますね〜。


 上の画像を参考に、いくら最大トルクが高くても、トルクが急激に落ち込むエンジンは上までキレイに回らないと思います。
 しかし、最大トルクは少し抑えてでも、トルクの落ち込みを緩やかにしてフラットなトルク特性にすると下から上までキレイに回ると思います。

 クランクシャフトを回転させる力(トルク)をすべての回転域で力強くすることが大切だと思います。

 結論としまして、最大トルクを少し抑えてトルクの落ち込みを緩やかにしフラットなトルク特性にしたら、下から上までキレイに回るエンジンになると思います。どこの回転からでもアクセルについてくるエンジンは乗りやすくて楽しいです。
Posted at 2016/12/04 18:41:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | ブログ | クルマ
2016年11月06日 イイね!

チューニングフェスタ2016

 今日、岡山国際サーキットで行われるチューニングフェスタ2016というイベントに行きました。
 開催されるレースにGT−R Meetingというレースがあり、車両展示コースをエントリーしました。
 
 今回GT−R MeetingにエントリーしていたGT−Rの中で一番気になったのが、4ドアのハコスカGT−Rです。



 外装だけではなく内装もオリジナルを維持されて、とても極上のGT−Rでした。4ドアのハコスカ、なかなかシブイです。

 また、主催者の展示車両でトヨタ2000GTのレース仕様と日鉱共石スカイラインが展示されていました。



 やはり、グループAの32はいつ見てもカッコいいです。

 最後には、トヨタ2000GT先導で、岡山国際サーキットのフルコースを2周ほど旧車と歴代GT−Rでパレードランをさせて頂きました。
 まさか、コースを走らせてもらえるとは思っていなかったので、テンションはかなり上がりました。
 サーキット走行は初体験でしたが、道幅がかなり広く走り易かったです。


 今回、チューニングフェスタ2016に参加してとても良い一日になったと思います。やはり、GT−Rはサーキットが似合いますね。

Posted at 2016/11/06 19:07:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | R32 | クルマ
2016年10月29日 イイね!

たともさんの「BNR32の純正足はやっぱり快適だった」について

たともさんの「BNR32の純正足はやっぱり快適だった」について
 たともさんの「BNR32の純正足はやっぱり快適だった」について少し考えたことがあるのでブログを書いてみようと思いました。

 私がノーマルのフィーリングを大事にしているのは、もし自分がおじいさんになっても快適に運転するにはどうしたらいいかを考えた結果、乗りやすい車にしたらおじいさんになっても乗ることができると思ったからです。

 若い時は見た目のカッコよさや性能に目がくらんでドレスアップやチューニングを施して、知らないうちに大金を掛けて乗りにくい車になっていくと思います。

 若い時は見た目が派手な車や改造車に乗れますが、年を取ると派手な車に乗っていると恥ずかしくなりますし、クラッチやハンドルが重たく、乗り心地の悪い車は乗りにくく、下手すれば乗れなくなります。

 私はBNR32をおじいさんになっても乗りたいと思っているので、将来を見据えてノーマルのフィーリングに拘っています。

 現在私は通勤で毎日32に乗っており、将来家族を乗せて家族サービスをしたいと思っています。
 その為、乗り心地・クラッチの軽さ・ハンドルの軽さ・静寂性・燃費にはうるさいです。すべては楽で快適に乗りたいからです。

 1年ぐらい前からエンジンの性能に不満を持ち始めました。
 とにかく低速トルクが無く、回転を上げてパワーに頼った運転になり、燃費は悪くなるしアクセルを踏み込むので運転していると疲れてしまいます。
 楽に運転するには、パワーではなくトルクが必要だと思いました。

 当時280馬力規制でRB26はデチューンされているという情報を得て、いろんな封印を解いていき、ようやく今回のスパークプラグ交換で理想のエンジンになったと思います。

 最近馬力を測定し、MAXパワー361.4PS、MAXトルク40.12Kg/mとなりました。

 正直、求めていたトルクを得ることができたので、エンジンの性能はこれで十分だと思います。
 これ以上性能を上げようとすると、クラッチやデフなどいろいろな部分を強化していかなければならないので、それではノーマルのフィーリングを壊すことになるので絶対にしたくないですね。


 また、最近スカイラインらしさとは何かと考えるようになりました。
YouTubeで2代目S5型スカイラインやC10型スカイラインなどのCM集をみて思いました。スカイラインは「ファミリーカー」だと言うことを・・・。


 画像はS5型スカイラインのCMからカットしたものです。

 ジャパンまでのCMはファミリーを強調しているのですが、ニューマンスカイラインからはファミリーではなく走りをイメージしていると思います。

 スカイラインGT−Rはあくまで「スカイライン」です。
 スカイラインGT−Rとはレーシングエンジンを乗せた「スカイライン」です。
 GT=グランドツーリング、R=レーシング(レーシングエンジン搭載)

 よって、「スカイライン」らしさを損なうようなドレスアップや改造を施してはいけないと思います。
 私が今まで行ってきた内容は、改造ではなく本当の姿に戻したにすぎないので「スカイライン」らしさは損なっていないと信じています。

 「スカイライン」らしさを忘れずに、BNR32を何十年も乗り続けたいと思います。私は心の底からBNR32を愛しています。
Posted at 2016/10/29 21:57:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | R32 | クルマ

プロフィール

yoshiharu-R32といいます。以前乗っていた32Rにもう一度乗りたくて、また購入しました。今度は大事にしてあげたいです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

4 人のお友達がいます
ちろまる@ここちろまる@ここ Toshi-GToshi-G
t.R32t.R32 ts-r32ts-r32

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
もう一度32Rに乗りたいと思い購入しました。今度は気長に付き合っていきたいと思います。 ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
始めて自分で購入したマイカーです。よく壊れたりしましたが、RB26の音やこのスタイルが好 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
ストリートでの練習車として買いました。H9年式と年数は経っていますが、前オーナーさんの扱 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.