車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月18日
旅の途中に秋の味覚を仕入れて、駅にも寄ろう。 草津の旅
旅の途中に秋の味覚を仕入れて、駅にも寄ろう。 草津の旅













 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

「一緒に写真撮って」と1枚撮ったあとに、横にささっと移動して、あまり好きでないはずの「こっちのクルマも」とさらに撮り、この顔をぼかした写真を見れば面白がり、何度も見たいといい、多くの人が見るからと説明し、たまたま偶然に見つけた有り難いことに某画像掲示板に写真を盗用して頂き、やはりプライバシーは気を付けたほうがよく、



 RX100M4

大好きなじぃじは仕事でいけないためお留守番で子供は残念がりながら、一緒に温泉へ行くばぁばを乗せ、お手製のおにぎりを車中で朝ご飯として、ドライブスタートです。



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

途中のPAでは、ワンちゃんをなでなでさせてもらい。一切吠えない穏やかな子だそうです。数年前まで飼っていた柴もまったく吠えない穏やかな子でした。しかし元気いっぱいなプードルも可愛く思います。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

「ばぁばが買ってあげる」と、おもちゃをゲット。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

会計をしたあとに、飛行機も見つけて、これもほしいと、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

単なる我慢ではなく、やりたいことはやり、欲しいものは手に入れる、そのために努力を重ねていく、というベクトル。


 RX100M4

我慢できないと協調性が心配になりそうなところですが、それは他者理解および物事や社会を理解し、その器を持つことで解決できると思います。加えておもちゃ売り場で、むしろ「いらない」「ほしくない」というケースのほうが増えていきます。納得するまでやらせてみる、やってみる。秋の実。


 RX100M4

PAに大量に落ちている、銀杏。さらに言えば、誰に対しても敬意を払い優しく思う心は、調和、ときには融和を生むことができると思います。立場やレイヤーにより限界はあり、あるいは真の融和まではいかなくとも、許容して付き合っていける幅が増えるように思います。我慢して付き合うのではなく、心から敬意を思い払い、認めるという許容です。まだ許容できないことも皆無ではありませんが、だいぶこの辺りの許容と理解がこの一年で少しずつ進み、ここ最近腹で咀嚼できたような気がしています。


 RX100M4

子供はつぶれた銀杏をしゃがんで匂いを嗅ぎ、ばぁばは夢中で袋詰めし、よいお土産作り。私は年配の男性、すなわち、おとうさんと、銀杏談義。PAをあとにする頃には、食欲が刺激されたのか、おとうさんも銀杏狩りに精を出して。



 RX100M4

釣果。匂わないように二重に入れて。案外と旅の終りまで匂いは大丈夫でした。



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

この旅で覚えた単語、シーマ。ばぁばがハマーをシーマと呼び間違えて。後日、百科事典でシーマを確認して、喜ぶ子供。


 RX100M4

努力せず、あるいは足りず、意思を通さないことばかり覚え、つまりは単なるがまんだけ覚えるベクトルは


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

逆説的にたとえば手に入れる機会や、何かをやる機会の損失となるわけですので、必然的により多くの経験をして感性を磨く機会や、もしくは異なる景色を見る機会を逃すことであり、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

さらには失敗し、そして何かを学ぶ機会も遺失することになり、闇雲な我慢よりも、努力をしていく環境としていきたく。草津へ行く道中、



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

駅に寄り。JR吾妻線の小野上駅です。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

時刻表を見て電車が来ることを確認し、寄っていくこととしました。ここで即席簡単プチピクニックです。赤いのはプラム系果物のたしか卑弥呼。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

遠くで鳴る踏切の音を連れ立って、吾妻線の車両が来ました。子供と絡めて記念撮影し、発車を待っていると


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

突如、草津行きの特急が。ご褒美です。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

家人が子供と絡めてコンデジで撮っていた写真はピントがぼけて、だめでした。起動時間も含め、コンデジは急な撮影に弱いときもあります。



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

走る速さは非常にその差が分かりやすいと思います。一目瞭然、あるいは数値で足が速いのか遅いのか、明確に理解することができます。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

他方で、社会で通じる能力というものは、知能指数だけでなく、非認知能力と呼ばれる意思の強さのようなものや、体力という土台、性質、趣向、経験など複合的に絡み、より見えにくく、分かりにくく、もしくはそのポテンシャルというものがあるとするならば、その差も分かりにくいものだと言えます、一見は。夜八時および同九時。時刻表を見るに、構図によっては面白い写真が撮れるかもしれません。難しそうですが。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

100m走に例えると、12秒で走る人、17秒や20秒かかる人、それぞれです。しかし17秒で走れる人でも、実際は30秒以上かけてゆっくり走っていることが多いのが社会生活のように思い、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

つまりは長い人生、体力や気力と相談しながらゆっくりペースの人もいれば、手を抜いている人もいたり、もしくは若きころからずるく考えるなど、人それぞれの端緒でゆっくりしている場合もあるかのように思います。ススキで遊んで、この駅をあとにしようとすると、地元の女子高生が次の電車があと30分ほどで来ますよ、と教えてくれたので、




 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

隣の駅である「小野上温泉駅」へも寄ることにしました。17秒で走れる人が40秒以上かけて100m走をしていれば、せめて30秒ぐらいで走るように誘うことは、許容されることと思いつつ、むしろ多くの組織においてそのように設計監督されることは必要なことやもしれず、




 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

その人が本来もっているポテンシャルの限界近く、もしくは限界を越えて引き出すことは、一時期よいように見えるときがあったとしても、結局としてよい結果をもたらさないとも思います。



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

そのような調整をする機会や立場もありながら、それぞれみんな一生懸命に生きていますから、ときにはどうサポートし、どう理解し、どう形を整えるか、というときもあるのが世の常かもしれません。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

一方で異なるレイヤーを見れば、長い付き合いになる方が知能指数163だそうですが、心も強く、腹もあり、特異な経験もたくさんし、一角としてたとえば政府専用機で日帰り出張したり、際立って明晰な頭脳を有することはこのような仕事をする資格を有するわけで、あるいは託され、非常に稀有な経験値を積み、さらに頭脳が磨かれ、そのような人も世の中にはいて、



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

他方では、類まれなずば抜けた論理性と集中力を持ちつつも、何かの大きな欠落があれば、それは味となりな方もおり、手を振ってくれ、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

片や、日本屈指に数得られる技術を会得し第一人者の称号を得た頭脳を持っていても、その他の欠落が多すぎて、なかなか日の目を見れない人もいたり、知能はマストにプラス何を持っているのかがスタンダードなレイヤーもあり。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

高高度のドックファイトもしくは広範かつ精密な防空システムを築くかのような場合には、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

能力やポテンシャルを見ていくことだけでなく、その関係性を続けることや、調整がより難しくなることもあると思いますが、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

そこも泳ぎ切るのが、たい焼き君です。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

知ったつもりになっていた、おそらくは日本で一番大きい企業の方々に、今般多分に接触を持つ機会をもらっています。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

ボクが食べているお米。という理解。後日この写真を見たときもその理解が維持されていました。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

そこへ就職すれば、退職後だけでなく、死んだ後までも福利が設計されており、あるいは内規を不文律含めより詳しく知る機会ともなっており、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

根は同じくも、各社ごと人種もさまざまでありつつ、人間の本質というものを考え抜かれた、しかも大人の事情もよく汲まれた、組織作りがなされており、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

これらを考え、作り上げてきた先人のすごさ、その知恵の驚異を感じています。



 RX100M4

小さい秋。


 RX100M4

そのような組織を母体とする方が毎朝電話もくれて、毎日激励も頂き、


 RX100M4

方々にチャネルを使い多大に紹介してくれたり、動いてくれる方もいて、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

日々が新しい出会いにも恵まれ、毎日のようにチャネルが広がっていき、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

定期的に会食をセットまでしてくださる、目上の方もおり、有り難い限りです。子供の言葉を借りれば
「やったー、ボクラッキー」ということにもなります。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

毎年寄る松茸おじさん。子供が生後数ヵ月の頃、会計後に5千円相当の松茸を「あぁもう負けた。可愛いからあげちゃう」と、子供初稼ぎというドラマをくれたおとうさんです。ばぁばが寒い日用にイタリア製の毛糸で手編みした帽子をプレゼントするため寄りました。柿を送ってくれたお礼です。松茸の仕入れは帰路として。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

会食をセット下さるとんでもない方の言葉を借りれば応援団含め「少なくとも日本最高峰の頭脳で戦っている」というのも、言われてみれば事実であり、そのようなことが出来ている人生これも有り難く、



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

旅館に到着。戦うだけでなく、次への取り組みもそれ以上に多く力を貸してもらい、賜り。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

ゼロメートル地点というよりも地下から、私なりに少しずつ階段も登りながら来ましたがせいぜい低層マンションぐらいの高度な中で雲の上は別世界でありながら「もっと上の人と付き合いなさい」としきりに言って下さる方もいたり、



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

あるいは人生の特異なメルクマールとなるようなとある出来事がきっかけで、某商社の元会長とも出会い、可愛がってもらうようになり、多くのコネクションを開けてもらったり、



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

いろいろなお話を聞くにつけ、自らとは別世界、別高度であることも感じつつ、




 RX100M4

日本のとある大組織、その大方針はアメリカの政策で決定されたことを勉強して知ったことがあった中で、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

幹部クラスではその事実を知らない人も多くいると所感を持ってきましたが、やはりそのことは上層まで行くと当たり前に知っており、



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

あるいは生活に大きくかかわるとある根幹が決定された経緯を聞けば、なるほどと分かる気もし、





 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

日々刺激的に勉強もさせて頂いています。




 RX100M4

孫は幼稚舎という名称の小学校に入れて、既成概念の多くが身に付く前より、高高度に行く仲間を作ってあげるという考えもすばらしい環境作りだと思います。同級生がほぼ皆やがて主要なポストについていくことが、かなりの確率で幼いときから約束されます。幼稚舎上がりであり、公家の血縁でもあるにも関わらず道をはずれ反社になった子もいる人もいると聞いたこともあり、いろいろありますが。コーヒーを挽くマシンを自発的に片付けてくれて。



 RX100M4

子供や孫に教えることを、私にも教えて下さる方もいて、それも有り難く拝聴しています。


 RX100M4

高高度を垣間聞くと、世間で思われている以上に、いやそれとは異なり、真摯に国益を考えている、という感覚は別経路でも感じました。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

いろいろなことを子に繋いでいくためにも、多くを学ばせてもらい、奮起したいところです。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

二度目の散策とお風呂へ。「次へのステップ」だと家人が言葉にしてくれたように感じているところですが、



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

大企業のトップやそれを上がった方、跡継ぎがいない資産家、政府中枢にいる方など、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

使えるうちに、あるいはボケる前に活かしなさい、と紹介して下さる方もいたり、




 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

そんな中で幼い子供が新幹線の玩具で遊んでいるyoutubeを見ていれば「あれコマチ、ちっちゃい」


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

「アンパンマン、バイキンマン」も早口で言えるようになり、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

ハイチュウ三個を順番に食べていれば、ここ数ヵ月は聞かせていないはずの単語、ハイチュウが「ぐちゃぐちゃ」と口からだして見せてくれたり、数ヵ月前の単語を聞いて覚えていたと思われ、


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

ハイチュウが欲しいとばぁばに要求したところ「ないよ」と伝えると、コープに売っていると伝えたり、



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

車を20分走らせ、歯医者の近くを通れば「ママがいく歯医者」と場所や道を認識しており、他方みんカラのブログで素敵なイタリアの写真を見て行こうと言えば「うん」というものの、長い飛行機はいやだというので、いつ行けることやら。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

など、やがては当たり前となり、おどろきもしなくなるような現象に、今はおどろく毎日。



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

学んだことはアウトプット、子の成長は備忘録。



 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

どちらも明確化。そして怒涛の出来事に記憶の定着化を図らないと、忘れてしまう加齢という友であり敵。


 5D3 + EF24-70mm F2.8L II USM

ドライブへ行こう。


つづく
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2016/10/18 23:03:34

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
2016/10/19 05:34:33
こんばんは (^^♪

お写真のJR吾妻線の小野上駅
小さな鉄道模型のような駅に止まっていた
貨車、偶然見かけたような・・・

特急を見れるのはご褒美なのですね
単線で、駅のホームより長い車両
私達も見ました(笑)

道中線路と並走していると
鉄道マニアではないのですが
電車が通るとわくわくしてしまいます

つまらぬコメント失礼いたしましたm(__)m
コメントへの返答
2016/10/19 10:05:48
あっと~むさん、こんにちは。

同じ光景を見る、僭越に勝手ながら嬉しく感じるから不思議なものです。調べてみますと「JR東日本高崎支社管内の鉄道施設に使う砕石を当駅から搬出」とありました。いろいろな駅があるものです。

近所の沿線でも特急は格別に喜びます。レアものという位置づけで、多分なご褒美です。

旅先ではなお更に並走は嬉しく感じそうです。地方にいけば本数が少ないですから、それも貴重なご褒美のように思います。

朝がお早いのですね。温かいコメントありがとうございます。
2016/10/19 16:07:52
こんにちは!

秋の収穫、沢山出来たようで良かったですね。

PAに銀杏が落ちているのですね、、
温泉地ならではな事なのでしょうか?f^_^;
小さな紳士君も、大好きなばぁばさまと一緒に
楽しみ満足されたようでなによりでしたね(*^^*)

草津も紅葉はかなり進んでいましたか?
先日の栃木県の紅葉は まだ少し早かったので
次回は、群馬辺りで紅葉ドライブ考えてます、、

が、筋肉痛がまだ治りません( ̄▽ ̄)

コメントへの返答
2016/10/20 06:33:49
りかさん、おはようございます。

銀杏、たまたま関越の駒寄PAに大量に落ちており、後日とても美味しく頂きました。

私が行ったころは草津の紅葉はまだでしたが、今ごろはいっきに進み、日本ロマンチック街道あたりも歓喜があがるほど圧巻な見ごろに入り始めるころかもしれません。見たいものです。

次回のブログも楽しみにしております。温かいお言葉、ありがとうございます。
2016/10/19 18:34:25
こんばんは

久しぶりの文章の綴り
お写真を見ながら噛み砕いて読んでみる

「学んだことはアウトプット、子の成長は備忘録。」
「加齢という友であり敵」
と絶妙な言葉ですが、後者はグサッときますね
コメントへの返答
2016/10/20 06:37:09
mimakiさん、おはようございます。


冗長な文章にもお付き合いくださり恐縮です。加齢、一定以上は老化のみとなっていく切なさを味わいながら、いや味合わないとやっていられないものを感じるようになってまいりました。こればかりはいたしかたないですね。


もったいないお言葉ありがとうございます。
2016/10/19 19:36:13
子供の成長とは早いもので あっと言う間に大きくなりましたね~

Sの前でポーズを決めるチビちゃん
全く貫禄負けしてない辺りが将来の大物ぶりを予感させますね♪
コメントへの返答
2016/10/20 06:40:23
新兵衛さん、お久しぶりです。おはようございます。

気が付けばお孫さんまで、というときの流れをご経験なさってきて、本当に早いものなのですね。

新兵衛さんにそう言って頂くと、幸先よさそうであり、励みになります。

光栄なお言葉ありがとうございます。
2016/10/19 22:19:41
ドラいこさん、失礼いたします(^o^ゞ

すっかり秋の絵ですね。

気無しか?私の絵よりも時間軸が前なのに、秋の深まりが早いように感じます。やはり、群馬の秋は早いのでしょうか(*´-`)

ところで、おにぎりの『うに』タグが気になります。ウニクラゲでしょうか?であれば、試してみたくなりました(^o^)b

コメントへの返答
2016/10/20 06:43:54
ぽんさん、おはようございます。

北群馬と言われるエリアゆえか、秋が少し早いのかもしれませんが、もう少し色づいたところも味わいたかったところです。

粒ウニと呼ばれるウニの塩辛です。妻と母の大好物でして。うにくらげのおにぎりも美味しそうですね。


些細なところまでご覧頂き、ありがとうございます。

2016/10/20 20:20:21
二枚目のジュニアと車の写真、私も気に入りました。
何十年もして、きっとどらいこさんやジュニアが笑いながらこの写真を見るんだろうなって思ったのです。

どらいこさん、こんばんは。

朝食用におにぎりとトマト?それに味噌汁があったのに驚き、また羨ましくも感じました。
ドライブというよりただの移動、早朝出発深夜帰宅の我が家と比べると、余裕と言うか楽しみ方が上手と言うか今度まねをしてみたいと思います。(笑)
コメントへの返答
2016/10/21 18:11:52
いつも愛妻弁当が多いことが最上級の幸せ、その一つで素敵な毎日ですね。換言すると奥様素敵すぎます。

格さん、こんばんは。従って変な写真を撮ってる場合ではありません。

赤いのはプラム系の新種風な果物です。味噌汁まで持ってきてくれて、有難い限りです。運転しながらだとサンドイッチもいいですね。ご息女の手料理もよさげです。オーダーしてみるのはいかがどしょう。

ありがとうございます。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
ドライブへ行こうです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
112 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ Sクラス メルセデス・ベンツ Sクラス
2015年式W222型S400ハイブリッドAMGライン・ラグジュアリーパッケージへ、20 ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
2009年式W212(前期型)へ2008年式W211(後期)から乗り換えました。 リー ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
メルセデスベンツ08年式 W211 E 300 アバンギャルドSへ、半年しか乗らなかった ...
BMW 116i BMW 116i
BMW116i スポーツにCR-Vから乗り換えました。排気量が小さいのでエンジンも回せ、 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.