• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

PEKEのブログ一覧

2017年06月29日 イイね!

片割れの有効利用

片割れの有効利用








46さんのエバポ洗浄に利用した洗浄剤ですが、実は2本パックだったんですよね。
余ったもう1本を有効利用しちゃいましょう。
リビングのエアコンを洗浄・・・
なんてことしません!
貴重なお小遣いで買っているんだから(爆)

察しのいい皆さんなら「どうせあれに使うんだろ」と感づかれているとは思いますが、


ご想像の通りパジェロミニのエバポ洗浄! (゚∀゚)
最近ちょくちょくエアコンを稼働させるようになって、
やはりあの「いや~ん」系のかほりがするんですよ。
あんまり酷くは無いんですけど。

PJMのクーリングユニットはグローブボックス裏にありました。
国産車のセオリー通りですな。
矢印の蓋を外すとエアコンフィルターがあるようです。
17年前の軽にすでにエアコンフィルターがあったこと自体が驚きなんですけどね。
軽を馬鹿にしすぎかしら、僕?w


外したエアコンフィルター。
上下2分割式ってのが面白いですね。
今回初めて外したわけですが、結構汚れてました。
交換した方がよさそうなので、今度新品を調達しようと思います。
しかしながらこのフィルター、純正品かどうかは分かりませんが、
スイフトとか46で見慣れたものに比べてチャッチイ造りのフィルター部。
こんなんで埃をちゃんと濾過しているのだろうか。。


肝心のエバポはフィルターを外したすぐ隣に鎮座しております。
ぱっと見作業性がよさそうですが、洗浄スプレーを直接吹き付けるのはやはり無理っぽい。


そんなエバポの接写。
それなりに汚れてますが、フィルターがあるお陰か目詰まり等はしていないようです。
貧弱フィルターでも効果はあるようです(笑)


46の時と同じように、洗浄スプレーに延長ホースを差し込んで使用します。
ノズル先端を動かしやすいように、針金をくくりつけてみたんですが、効果は感じなかった(爆)


ホースをユニットに突っ込んで、洗浄液がエバポ全体にかかるように吹きつけ。
軽だから1本使い切らないかな?なんて思っていたんですが、あっという間に1本使い切りました。
10分ほど放置して自然乾燥後、エアコンを稼働してみるとやっぱり漂う薬剤臭w
46同様、しばらくはこの臭いとお付き合いしないとダメなようです(苦笑)
カビ臭いよりは全然いいですが。

おまけ。


洗浄をしていて気づいたんですが、赤矢印より下は黒い汚れ&目詰まり具合が酷い。
よく観察してみると、黄色矢印の部品がフィルターが載る部分で、
エバポ自体はそのさらに下まで設置されています。
つまりエバポ下端はフィルターをスルーして直接外気が当たるので汚れが蓄積するようです。
全ての外気はフィルターを通過しないと意味がないと思うんだけど・・・
これって、設計ミスじゃなかろうか(笑)
新しいフィルターは花粉対応にしようと思ってましたが、これじゃ意味無いかな~(苦笑)

しかしながらこの車、エアコンをつけるとあからさまにパワーを食われます。
ここら辺がやっぱり軽だなぁと。
そしてパワーをコンプレッサーに食われるせいか、
シフトフィールが大幅に変わってしまい、運転しづらいんですわ。
正確にはエンジン回転の落ち方が早くなる感じで、
普段の感覚でクラッチを繋ぐとガクガクしちゃいます(汗)
MT車って全般的にこんなもんなんですかね?
僕が下手なだけなんでしょうけどw
Posted at 2017/06/29 22:39:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | H58A | クルマ
2017年06月27日 イイね!

夏の準備

夏の準備









ドキッとするタイトル画像(笑)
久々の46さんネタです。
・・・ってなるハズだったんですが、ガムのせいで二番煎じになったこの話題(爆)

毎年、夏の季節に悩ませられるのがあいつです。
そう、エアコンの異臭。
毎年バルサンタイプの消臭剤を焚いてましたが、やっぱり持続性がイマイチ。
もうちょっと根本的な解決は出来ないものかと思いまして。
ネットを徘徊していると、46乗りの皆さんはエバポ洗浄をしてらっしゃるご様子。
確かに異臭の原因であるエバポのフィンを直接洗えば効果高いよね!
作業方法も出尽くしているようですし。
やってみるか (゚∀゚)


いきなりキモの部分に到着(笑)
コンパートメントウォールヒーターを外すまでの作業は簡単なので割愛。
赤矢印が悪名高いブロアファンカバーの2個のクリップですな。
先人はこのクリップを取り外すのに苦労をしているご様子。
ちなみにTISにはサラッと「クリップを外す」としか書いてないですw
でも大丈夫、先人の知恵をありがたく活用させていただきます。


モノタ□ウ製フックピックセットを購入。
4本セットで485円とお値打ちですよ!
これさえあればOリング外しとかホース脱着とかも簡単ですよ(たぶん)。
ま、今回は矢印のフック船長タイプ1本で事足りるんですけどね (゚∀゚)

フック船長をクリップに引っかけて引っ張ると、いとも簡単にクリップが外せました。
ありがたや~

そして次なる難関は


「カバーがクリップに引っかかって外せない」

これ、どの作業記事を見ても必ず出てくるんですが、
どういうことなのかさっぱり想像がつかなかったんです。
カバーを外そうと手前に引っ張ると、カバーの下端が
クリップに引っかかって外れないんですな。
なるほどこういうことか~。
ここでまたしても皆様苦労されているようです。
ちなみにTISには「カバーを持ち上げて外す」としか書かれてませんw
TIS、大ざっぱすぎw

対処法としては、
「カバーの裏にクリップを押し込む」
らしいんですが、これがまた想像つかない。
試しにクリップを下方向に押しても動かないし、何のことなのか・・
2~3分現物を見て悩んで解決しました。


フック船長でクリップをカバー横端方向に引っ張りながら(写真では左方向)
カバーを手前に引っ張ると、簡単にクリップを突破できました。
ここが超難関のように書かれていたので、意外と簡単に通過してしまって逆に不安に陥る僕(爆)


あとは簡単、カバー上部のツメを外して助手席方向にスライドさせて
カバーを取り出せば、待望のブロアファンとご対面です。
その奥にうっすらと見えているのがエバポ。
なんだか仕事が終わったような気分ですが、
エバポを洗うのが本来の目的ですので(笑)


洗浄剤はセオリー通りの家庭エアコン用の洗浄剤を使用。
これにビニールパイプを接続して延長してやります。
先っぽにはストック箱に転がっていた異形継手を差し込んで
噴射口を少しでも細くしておきました。


こんな感じで丸々1本、ブシューっと直接エバポに吹き付けました。
ホントはブロアファンを外した方がもっと的確に洗えると思いますが、
ファンを取り外すのは面倒なのでパス。
ちなみにタイトル画像はこのドレン排水の写真です。
決して何かをお漏らししているわけではないので安心してください(笑)


ものはついでなので、ファンのフィンもシコシコ拭いておきました。
真っ黒け。
どんだけ効果があるか分かりませんが、気は心ってやつです。

ある程度乾燥後にファンを稼働させてみたところ、
いや~んなカビ臭さはほぼ感じなくなりました!
その換わり洗浄剤の臭いがしばらく漂いそうです(苦笑)

もっと難航を予想していたので、1時間で作業ができて良かった。
これで今年は少し快適な車内空間になりそうです。
そもそもそんなに46は動かさないかw

Posted at 2017/06/27 22:54:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | E46 | クルマ
2017年06月24日 イイね!

たまに動かしたら・・・

今日は約1ヶ月ぶりに46さんを引っ張り出して、奥多摩周遊を流してきました~。
最近は専らパジェロミニばかり乗り回してましたが、
シャキッと走れる46さんはまた別次元の楽しさですね。

で。

帰宅して、ふと右フェンダー付近を見ると・・・


なんかついとる(´Д`)
引っ掻き傷か?と思いつつよくよく見てみると傷では無く、ボディ表面に何かこびりついてます。
触ってみる。
みょーん。
伸びた!
・・・
ガムだ!!|д゚)

うーん、ガムをタイヤの縁付近で踏んづけて、吹っ飛んだ際にこびりついたのだろうか?
よくよく観察すると、ボンネットにも飛び散ってました。被害甚大。
たまに46を動かしたと思ったらこの仕打ち(´Д`)


さて問題はどうやってこのガムを除去するかですよ。
普通に洗っても落ちないのは明白。


思案の結果、トラップ粘土でシコってみた。
これでおおむね落ちたんだけど、最後の粘着質成分がすっきり落としきれない・・・
さて困った。
LINEでお友達に何かないかな~と訪ねると
アセトンとかシリコンオフはどうか、という意見を頂いたので・・・


これを使ってみました。15年以上前のストック品(笑)
ガムだって粘着成分だから、同類じゃん?


結果、キレイに落ちました (゚∀゚)
いや~、よかったよかった。

久しぶりの46のネタがこんなしょーも無い事になるなんて(苦笑)
しかしながらまったくもって迷惑な話。
ガムは紙に包んでくずかごに捨てましょう!
Posted at 2017/06/24 22:56:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | E46 | クルマ
2017年06月21日 イイね!

見た目はレーシー

見た目はレーシー









パジェロミニさんを購入してすぐに色々チェックをしていた時に見つけてしまったんですけどね。
なぜかエアクリがオイリーなんですよ。
湿式エアクリなのか?
そんなのHKSぐらいしかしらないんだけど・・・。
ニッサン純正も湿式だっけ??

でもよく見ると、フィルターの吸気ダクト側半分だけ湿っている。
吸気ダクトの中を触ってみると、オイルでべっとり(´Д`)
もしやタービンブローしてるのかと一瞬疑ったけど、
普通にブーストかかっているし、変な異音もしないし。
うーん、どうやらブローバイからオイルを噴いているようだ。


はい!ヤフオクで汎用オイルキャッチタンクを落札しました (゚∀゚)
送料含めて3900円也。
アルミ製で見た目はいいですが、たぶんどこぞの中華製かと思いますw
内部にはちゃんとフィルターが入っているのがポイント。
機能的には大丈夫そうですが、本体から発せられる強烈な化学物質の異臭が酷い|д゚)
箱に仕舞ってさらに袋に入れても若干臭うので、とても家の中に保管しておけず。
健康被害がでそうなので取り付けるまでガレージにほかしておきました(苦笑)

で。
このままポン付できればサイコーですが、そこは汎用品。
キャッチタンク側パイプ径はφ9ですが、PJMのブローバイの
パイプ径はφ12.5で全然合わないという問題が。


仕方ないのでモノタ□ウでホース類を購入、3500円也。
本体と大して変わらない値段やんけ|д゚)
ホース径変換用の継手が高く付いたorz


それでは取付。


矢印のブローバイホースを引っこ抜きます。
ここにホースを接続してやるわけです。


キャッチタンク本体はここ、助手席側バルクヘッド前にステーを加工して取付。
ここにつけてくれと言わんばかりに広大な無駄なスペースが(笑)
矢印の位置にM6ボルトがあったので、そのボルトに共締め。
この状態で上で引っこ抜いたブローバイホースと接続すれば完成だけど、ちょっと待て。


このままではこの吸気ダクトにべっとり残ったオイルがそのままになってしまいます。
それじゃあキャッチタンクをとりつける意味があまり無いよね。


ボックスから一式取り外してサンエスK1で丸洗いの刑。
面倒だけど、一手間掛けて油分を飛ばしておきました。
お陰でダクト内部も外側もピカピカになりました♪
反面、ギットギトで真っ黒になった洗浄液・・・。



ダクト類を元に戻してから、ブローバイホースをキャッチタンクへ接続してやれば完成。
ホースが暴れないように、適当にタイラップで固定してあります。


ちなみにホース径はこの継手で変換してます。
φ12ホースニップルとφ9内ネジホースニップルを合体して変換。
内ネジニップルが1個1000円もしやがって、高くついた|д゚)
ホースバンドは1個100円のモノタロウ製でリーズナブルに(笑)

見た目は随分レーシーなエンジンルームになりました (゚∀゚)アヒャ
どれだけ効果があるか分かりませんが、なんだかんだと取付までに
結構な金額になったので飾りで終わりにはならないで欲しいところです。
Posted at 2017/06/21 22:04:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | H58A | クルマ
2017年06月16日 イイね!

そうだ!りんどう行こう。

そうだ!りんどう行こう。








パジェロミニさんを購入して早くも2ヶ月経過。
10万円のポンコツ軽とは言え、本物(?)の四駆なのでダートは走ってみたいところ。
タイヤも新しくなったことだし、欲求を満たすべく林道へ行ってみました (゚∀゚)アヒャ

正直、林道と言っても地図に載っているわけでも無いのでネットで色々調べてみましたが、
有名どころ(?)は軒並み災害通行止めになっているみたいで、ますます狭き門。
走れそうな林道を何カ所か見つけたので仕事さぼってレッツゴー(笑)

ひたすら下道を走って(高速はウルサイので極力走りたくない)たどりついたのがこちら。


林道萩平笠山線。
かの有名な定峰峠への道中から分岐して入っていく路線。
入り口が脇道みたいなので、意識していないとまず通り過ぎちゃいますね。
で。ご覧の通り林道と言いつつ、最近は舗装化が進んでいるようで、
この路線も舗装されちゃったのかしら?


少し走ったら待望の砂利道 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!
こうじゃなきゃ来た意味ありませんぜ。


トランスファーを「4H」にシフトしていざ行かんダートの道へ。

・・・正直、この程度の砂利道だったら2駆でも走れるんじゃないかと(爆)
なんて思ったのは最初の内だけで、進むにつれ轍は酷いわ、
流水の浸食跡はあるわで結構なダート感になりました。
それでも2駆で走れるんじゃ無いかと思う疑り深い僕は2駆で走ってみました。
そしたらまず発進で豪快にスリップしますた(笑)
平坦じゃなく、勾配がある山道なのでスリップしやすいみたい。
4駆で発進すると何事も無かったようにスルスル発進。4駆すごい!
次に2駆でカーブに差し掛かると心なしかフロントの接地感が薄いし、安定が悪い気がする。
4駆だと接地感もあるし安定して走れる・・・気がする。4駆スゴイ!

やはりちゃんと4駆にする意義があるのだと分かりました(笑)
こんなダートでも舗装路のような感覚で走れちゃうんだからスゴイ。
4駆乗りからすれば何言ってんだ、って話かもしれませんが、
4駆初体験者としては感動ものですw



道中、道路を何かが横切ったと思ったら野生の鹿!
山の中を走っているからこその出会い。。
北海道ならいざ知らず、埼玉で野生動物に出会うなんて思いも寄らなかった。

萩平笠山線を走り抜けてしばらく下った先にある2本目。


林道剣ヶ峰七重線。
どうみても道には見えない入り口w
こちらの方が萩平笠山線よりダート感アップでした。


この路線は、杉林の中を行く路線で木陰が気持ちいい路。
萩平笠山線よりも轍やでこぼこが結構目立ちます。
シャコタンしか乗ってこなかった自分にとってはハラハラする場面ですが、
車高の高いPJMは何も気にせず走れますw


法面が崩れてたりするのも林道ならではのようです。
こんな小規模な法面崩壊はあちこちにありました。


木陰でちょっと一休み中。
PJM、街中より山の中の方がしっくりくるし絵になるわ(笑)
この絵面に何も違和感を感じないっす。

剣ヶ峰七重線も無事に走り抜けてしばらくアスファルト峠を流します。
こんな車だし、峠なんて全然ダメだろうと思ってましたが、そこそこイケます。
絶対スピードは高くないし、46やスイフトのようにヒラヒラ走れはしないけど、
言ってみれば楽しく走れるギリギリのラインってところでしょうか。
おそらくターボとMTの恩恵もあると思いますが。意外な発見。

1時間ほど走って本日のメインディッシュへ到着。


3本目は林道御岳山線。
14㎞くらいのロングダートですよ。
完全に山の中を走っている路線。


どう見ても山の中(笑)
普通車に乗っていたらまず出くわさない光景。
ハイキング中の写真と言った方が信憑性高そうw


木々の切れ目から時折開ける景色も素晴らしい。
山奥からじゃ無いと望めない景色やね。


しかしこの路線、前の2本より荒れてる感強めで、急勾配や法面崩壊、
轍などが多めで林道デビュー戦にしては比較的レベル高め。
こんな路肩崩壊も2~3カ所ありました。
たぶん豪雨とかで地滑りしちゃうんでしょうね。
そう思うと、林道のガードレールはちゃんと機能してるんでしょうか。
ぶつかった瞬間路肩から崩壊しそう(爆)
道幅も狭いし荒れてるし、4駆じゃないと厳しそうだな・・・
と思っていたら普通にADバンが登ってきました(爆)
おそらく県の職員で現場確認に走っている感じでした。
もっとそれっぽい車使おうよ。。

そんなこんなで御岳山線も無事走破、本日の林道業務終了。
楽しい林道の後はお決まりの日帰り温泉でw


大滝温泉遊湯館。
ここの温泉はアルカリ泉質でぬるっとした感触が気持ちいい。
日帰り温泉なのにサウナもあるのがいいね。


全ての業務を終えて下道で帰路につきます。
するとどうでしょう、いきなり天気急変、雷雨と共に豪雨が・・・
林道を走り終わった後でよかったですが、
脳裏にはベランダに干してきた洗濯物の行く末がチラリ(苦笑)
そんな雲の切れ間に見えた虹。結構大きい。


帰宅後の惨状。
土埃+雷雨でドロドロ(´Д`)


黒光りしていた変えたばかりのタイヤもドロドロ|д゚)
仕方ないんですけど、汚れるのはやっぱしイヤですね。
しっかり洗車してあげました。

初の林道走行、とても楽しかった。
道の悪いダートを走る非日常感がスゴイ。
山深い景色も楽しめるし、とても新鮮な経験。
イヤー、こんな世界があったんですね。嵌まりそう(笑)
Posted at 2017/06/17 23:37:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | H58A | クルマ

プロフィール

「ちょっと北まで① http://cvw.jp/b/176715/38285346/
何シテル?   07/26 22:53
16年連れ添った'93年式のニッサン・プリメーラ(P10)と'09年にお別れをし、現在は'03年式のBMW 320i Msport(E46)と'09年式のスズキ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

車内から 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/29 12:28:48
馬鹿どもの狂宴 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/29 18:29:07
N-ONEスカルキャップ(ドアミラーカバー)交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/31 10:25:12

お友達

心優しい方はぜひお友達登録してください♪

大変申し訳ありませんが、数稼ぎや広告目的の業者様はお断りさせて頂いてますm(_ _)m
67 人のお友達がいます
フリ@隊長フリ@隊長 * ORANGE WOLFORANGE WOLF *みんカラ公認
ma-chan@BPEma-chan@BPE * まちゃひーろまちゃひーろ *
ちょくろくちょくろく mattamatta

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
'03年式・BMW GH-AV22。 BMW320i M-sport (E46)です。 ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
'09年式・スズキDBA-ZC71S。 P10プリメーラの後継として、街乗り&カミサンの ...
三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
2000年式・ミツビシGF-H58A。 アニバーサリーリミテッドVのMT車。 ・・・の個 ...
その他 その他 たのそ (その他 その他)
ブログ用写真置き場。 もしくはハイドラ走行用。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.