• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kotaroのブログ一覧

2018年01月16日 イイね!

震災と自動車

震災と自動車23年も前に、私は住んでいた街で大きな地震に遭遇した。
戦後の自動車が、ある程度以上普及するまでの時代に
大きな地震は少なかった。
なので、この時は2011の東日本震災とは違って、初めての取り組みや
環境の問題とか、考えさせられることは多かった。

またネットも殆ど無く、ましてiモードや携帯の使用も未発達の時代であった。



近所の小学校は、長らく避難所になり、たくさんの人びとが生存情報や
安否確認の連絡場所になっていた。

カラー写真の方がまだ寒い時期で、震災から1ヶ月以内だろうか。

寒いので自動車の中で暖を取る人が多かった。
まだエコノミー症候群の恐ろしさは、それほど言われていなかったと思う。

私は自分のことを書くとまずいことはないが、850が保管場所で無事だったので
瓦礫を踏み越え移動手段に、頻繁に使用している。


そんな避難生活の最中に崩れたガレージの下になった古い車をみつけて
嗚呼と思った。

ところが夏くらいになり、小学校に行ってみると、その車は生きていた。
屋根は少し凹んでいる。



おそらくワンオーナーの個体であったのだろう。

それから10年が経ち、住んでいた町を離れることになるのだが、
その間にこの国産車と再会することは、なかった。

でもこの奇跡的な生命力を持った車は、その後どうなったのだろうと
今頃になると、ときどき思い出す。


震災の時に、感じることは、大き過ぎて今でも判らない。
自然の猛威に敬虔になれとも、いえない。

個人的な些末なメモリーは、いくつかの断片である。

それでこんな記事を書いてみた。
美談なんてどこにもなかったし、マスコミに取り上げられるのも、不自然だった。

でもこのニッサン・チェリーが、矍鑠として生きていたことは、ちょっと
嬉しかった。

旧いクルマに乗るもの同士というより、カーズの会話が聞こえたなら
それで良いではないか。

あれから20年以上が経ち、古いクルマは増税の対象になったり、
あんまり気持ちよく乗れない時代になっていった。



素の、ワンオーナーカーが、肩身を狭く感じずに生き残れた最後の時代。
それが震災というレクイエムであったのではと、いま思っている。




Posted at 2018/01/16 13:20:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月10日 イイね!

金曜日のバブラーたちへ

金曜日のバブラーたちへ新年早々株価が好調なようだ。
前回のバブルは30年前のことになる。
私は当時20歳代後半で、働き始めて数年後のことだった。

今振り返れば、実感の無かったバブルだったが、
細かく見ていくと、その後の社会の流れを作ったことも多い。

だから今日は、バブル批判をやらずに、前と後、それから30年について
考えていきたい。

前のバブルは、1985年のプラザ合意で、日本に大量のマネーが流れ込んで
きたことが原因で起こった、地価高騰と、金融の暴走を主に指す。

しかし私含めて、庶民は現象面を面白く感じただろう。

株の値段がぐんぐん上がり、金融商品は加熱競争になり
冷静な筈の銀行が踊って、最後はみなシュンとした。
それは日銀の引き締めが、し過ぎだったと言う。

その前から1980年代は、70年代と雰囲気が違っていた。
景気が良くなり始めた原因は、「なんかそんな雰囲気」があるのかなあ、という
心理側面のことから書いていこう。

80年代は前半と後半で、実はかなり中身が違うのだが、それは地続きの
大陸のようにつながっていたのである。





80年代前半はまだ、独身男性が輸入車に乗ることは、限られていた。
医者のタマゴか、タレント芸能人くらいの時代だと思う。
しかし、ちょっと売れた芸能人が、外車に乗り始めると、俺もその内
乗れるのではと思うようになった。

それまではスカイラインとセリカが憧れの時代に、これは大きかった。

http://minkara.carview.co.jp/userid/773427/blog/40801190/
この記事
に出て来る岡本かおりのシロッコなんかが、そんなイメージに
近いと思う。


1981年に、いすゞピアッツアとトヨタセリカが、相次いで登場し、「もはや石油ショック
は終った」という時代が始まったことは、数年前に書いている。

こういうプロセスや、80年の松田聖子ら、82年の小泉今日子、中森明菜らの登場で
時代は若者中心に、既にはしゃぎ始めていた。
とりわけクルマ文化が、アイドル文化などと共に二人三脚で、「80年代は明るくなる
らしいぞ」のムード序曲になっていたのである。


輸入車の時代を切り拓いたのは、シトロエンBXおよびプジョー205、
そして小ベンツこと、ベンツ190の登場が非常に大きかった。
これも数年前に書いている。

この前章だったのが、FIAT PANDAとアウトビアンキA112だったのではないか。
露払い的だが、100万円台でガイシャが買える!というのは大きかった。

それは今の時代に比較すると「それってなに?」というくらいきょとんと
した話なのだけれど、若者が一線踏み越えてはならない禁断の輸入車に
手を出すことは、ルビコン河を越えるくらいの勇気と、もしかしたら得られる
(かもしれない)ステータスへの夢が伴っていた。

私もただの若者(バカモノ)だったから、もう時代が沸騰する前からのぼせていた。

それが今思えばバブルのはしかだったと思うし、懐かしいのである。




写真は1988年の東京旅行の時のもの。
プジョー205は浜松駅で在来線から新幹線に乗り換える時に撮影。
スズキが輸入車ビジネスに手を出していた時のものである。

そしてもう一枚は六本木の最初のアークヒルズが出来て、そこに向かう途中。
普通の教会前の平面駐車場に並んでいた、輸入車群である。

今見ると「なんとも」思わないだろうけど、当時はこれだけで「東京スゲー!」
だったのである。
38歳以下の人には想像もつかない「地味クルマたち」が夢の憧れだったのである。



今のドーピングし過ぎた外国製自動車たちを見ても胸を時めかない私は、

やっぱり80年代アイドル好きの、時代遅れのオッサンなんである。


これからまた、同じような時代が、
来るのだろうか。


Posted at 2018/01/10 12:16:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月06日 イイね!

冬の能勢路

冬の能勢路写真を追加しておきます。












Posted at 2018/01/06 06:43:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月04日 イイね!

初雪初乗り

初雪初乗り新年が明けました。
今年もよろしくお願いします。

正月は運転をしましたが、田舎が無くなってしまい、関西の行ける範囲で倅と初詣に行ったりしました。

850は時間の空いた3日の夕刻に、初雪を見に、奥地までドライブした程度です。

クルマに乗って外の世界を眺めていると思うのは、車の密室化が進んだこと。
あとは、社会の「中抜け」が進んで、非常に真ん中の層が減り、金持ちかそうでないか、二色に分離されてしまったかのようです。

前回、中間層のことを書きかけて、ストップしてしまいました。
経済に余裕があるというのは、可処分所得含めて、使える「遊べる」金があるということです。

今の私は、全くそういうお金が無くなり、どんなふうになるかという実験的な生き方をしています。
まず発想が変わります。
大半の人は、目の前のことしか見なくなります。
単純なタイトルの本や、飛びつきやすい話題。安い飲食店、すべては提供側、サプライヤーのマーケティングに載せられやすくなる。

ネット社会の「ネタ化」が進みました。とくに情報サイトのうち、新聞社系は高踏では生きて行けないと、悟ったのか変容しました。
私は朝日嫌いじゃないので、誤解のないように。でもデジタル朝日のトップや話題つくりを見ていると、ここまできたかという、嘆きに近い感想は残ります。






私は前にいた新聞社の中で、社会や政治の「透明化は必要」という主張に、強く疑問を持ちました。
なんでも単純化、可視化していくことは、ある意味では「正論」なんだけど、そこに流れる思想は、やっぱりコントロールしていきやすい流れをつくることだと感じます。

その流れは、80年代の広告中心社会とも異なり、敵か味方かの米国式世論形成法とやや近く、日本に馴染まない筈の唯一教的な選択主義が定着しました。

そうなると邪魔なのが日本に多い中流意識への帰属です。
バブルとデフレの上り下がりが終わった後、日本人は終戦後とはまた異なる、懺悔をいたします。
これまでではいけない。「これまで」って何なのと、私は変に思いましたが、「痛みを伴う改革」と、「選択と集中」で日本人価値観の中心層が薄らいで行った。

弱い立ち場の人は弱いのが当然、資本や血族で守られるものは正当に思える。
そんな流れのなかで沸き起こった自己責任という考え方、生活保護への悩ましさ、
ついに努力をしない受給者へのバッシング、この10年程吹き荒れました。




私は何に戦慄をおぼえているのでしょう。
中間層の減少や中庸なものの考えが薄らぐと、例えば良いものと皆んなが評価しないと、乗るクルマも限られて来る。
ベンツとBMW、VWアウディ、それにポルシェくらいしか、所得のある人は乗らなくなりました。

セダンやクーペと言った定型型の車にしても、ドイツ御三家は残っていますが、
国産のクーペやセダンは本当に少なくなりました。
定型型の車に乗る人は保守派です。保守は本来右傾と異なり、コンサバティズムな
暮らしを守る伝統型家庭の人たちです。その意味では私は典型的な保守です。


国産のミニバンや、軽自動車に乗る人は、日本でいう庶民の人たちです。
ここに従来の中流が被っているかと言うと、かなり微妙に思えます。

RVといった日本発の自動車トレンドは、今やポルシェがハリアーに追随して成功したように、今は世界中が真似をするようになりました。

高級RVは従来の中流とも違った、エグザイルのような新ヤンエグ、ヤンキーエグゼクティブに近いのじゃないかな。

そんなこんなで、大昔の古典クーペで走っていると本当に肩の狭い、そんな思いをする時代に、いつの間にか変わりました。

Posted at 2018/01/04 15:55:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月24日 イイね!

クリスマスに想う

クリスマスに想う昨夜は友人のお通夜に行って来ました。
悲しみに慣れているといえ、大学のサークルの旗が棺に掛けられているのを見ると、少し感情がこみ上げてきました。

さて去年はブログを書いていないので、アメリカのトランプの当選と、イギリスの離脱のことは、触れていません。
今年はそれに比べると、大きな事件や出来事が少ない年でした。

この12月は8日の平日に、大学の仲間と忘年会旅行。
その後の17日に日曜夜の宴会をして、一泊し新聞社時代の先輩、上司らと旧交を温めてきました。
私は現役でありませんので、どんなに尖ったことを言っても、社会の影響は殆ど無く、
ここで書いていることも、片隅にある私見の一つに過ぎません。




新聞社時代のボスや上司たちも70代後半から60代で、今58の私が「若い」と
言われても、勘違いしてはいけません。

20年前には「9.11」があったり、阪神の大震災とオウム真理教騒動のこととか
仕事が終わらなくても翌日になると、新聞が出来ていた時代がありました。

当時を振り返り、今を考えることが、私の勤めだと想います。
その頃の第一線だった人と話しながら、今の自分がたくさんの話題を照顧し、
決して錆び付いていないことは、外側から感じる部分で理解します。


しかし「俺がー」なんて思うことは全く無くなりました。

フリーランスのジャーナリストで食って行くことも、頑張れば良いのかもしれませんが
作為的に誇張したり、近年のようにアクセス数や、ブログを炎上させて一瞬でも
知名度を上げたい芸能人のやり方と、違う方法でも、社会的な評価、受け入れられ方があるのではと思うようになりました。

2010年から、こんな生活をしていますが、今年は思い切って苦痛だった労働を
辞めて、困窮スレスレに見えそうな、社会との契約を見直し、代わりに平日の
有意義な時間使いをやれるようになりました。


夏以降、割と平日に「町歩き」の行事に参加しています。
これが結構面白くて、同年代や近い女性の参加者が多いことに気付きました。




子育てを終った女性は、老後が来る前に、社会に再び参加したい願望があり
まだ50歳代だと、人生の30年分くらいは投影していますが、その生活キャリアは
別として、少し昔に返った気分があるのでしょう。

私と同年代の、何度か顔を会わすうちに親しくなった方とは、同級生のような
気分で、高校時代のような雰囲気で、口をきいてもらっています。


これは何を書いているかと言うと、男性は中年以降も「もの」への執着が強く
ここにクルマの話題を取り上げると、外面的評価とか、歴史的ヒストリーを気にします。


しかし女性は「もの」より「こと」の方に興味を移してきます。

女性にも花や書画骨董の造詣や趣味の方はおられますが、それを通じた
体験の方に、価値の比重が高い。
男性は中年以降になっても、まだ「もの」を欲しがることが割合多く、場合に
よっては一生もの集めで終わり、後に残された遺族が途方に暮れることもあります。


「もの」から「こと」へ、というのが今日の書いていくテーマの一つですが、
物事と言う熟語の成り立ちも考えてみましょう。


以前、玩物喪志ということわざを取り上げたことがありますが、ものに溺れて
本来の「道」を忘れてしまうと、取り返しがつかないような事例です。


さてクルマは、単純に遠くに行きたい、速く走りたい、の他、
女性とデートしたい、女性にモテたい(男性中心がオーナーの頃)が昔は普通に
あったかもしれません。

わたしは、どんな車でも、まだその方が健全ではないかと、思ったりもします。

クルマに付き纏う一種のお馬鹿さも、イタリア車には最近まで濃く、香水的な
フレグランスが残っていました。


クルマ、自動車文化というものを、大学の授業のように捉えては無味ですし



この歳だから、人生のさじ加減で、今の関係を楽しんで行ければ良いのではないでしょうか。



Posted at 2017/12/24 17:04:47 | コメント(5) | トラックバック(0) | 思うこと | 日記

プロフィール

「震災と自動車 http://cvw.jp/b/176891/40990576/
何シテル?   01/16 13:20
やれた車が好きです。 ウエットなイタリア人かも
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

タイ製L70ミラ・ピックアップのすべて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/22 10:52:34
春の1200kmツーリング・中国山地の尾根を抜けて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/11 05:49:46
妻が撮っていた1990年イタリア 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/13 23:55:18

ファン

148 人のファンがいます

愛車一覧

フィアット 850 車の色は空のいろ。 (フィアット 850)
2016年10月、三年半かかった車体レストアが完了し戦列復帰、その後半年、また以前のよう ...
プジョー その他 26インチのスポルティーフ (プジョー その他)
高校の時から乗っているプジョーです。1975年購入。改造歴多数。数年前に自力でレストアし ...
アルファロメオ 75 54才の“ホットショット” (アルファロメオ 75)
2017年3月で降りました。 トランスアクスルと、アルファツインカムの最後のFRアルファ ...
タルボ サンバ おフランスの恋人、 (タルボ サンバ)
ふらんす製小型オープン4座。ふかふかのシート。 1300cc、左ハン、MT。 もう一 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.