• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Northlandの愛車 [ホンダ エアウェイブ]

イグニッションコイルとプラグ交換!

カテゴリ : エンジン廻り > 点火系 > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間1時間以内
作業日 : 2014年02月05日
1
某巨大掲示板上で、有志の方から交換後「いろいろ良くなった」との情報を目にした。
トランスミッションの劣化がスタート時のゴツンというショックの原因とディーラーの整備員にハッキリと言われていたので、もうポンコツとして、CVTに関しては気にしないで不動になるまで乗ろうと決めました。

それなら10万キロ整備の一環としてプラグと同時交換してみるのも良いかと思いダイレクトイグニッションコイルの交換を実施しました。


99,000km イリジュウムタフプラグと同時交換。

交換後に気がついた事…

アイドリング時の変な微振動が消えた!

始動性が数段良くなった!

嬉しいことに、スタート時の「ドスン」がだいぶマシになった!
ディーラーでコンピュータープログラムの更新作業後に変になったから、CVT自体が悪い訳ではないと密かに思っていたけど、点火系が一新してプログラムの設定値に近くなって、タイミングが上手く取れるようになった結果かもしれない!

やっぱり点火系のメンテは効果が高いと再認識出来た!

掲示板の有志の方達に感謝です!


追記
ダイレクトイグニッションコイルとイリジュウムタフプラグを交換後、とある事情でバッテリーのマイナス端子を外してコンピューターをリセットしました。
結果として、リセットは必ずやったほうが良いと思います。

イグニッションコイルを交換する際に、安全の為にもバッテリーマイナス端子を外して作業するのがベストと思います。

コンピューターリセット後は、例によって疑似クリープは強めに戻るので、学習して徐々にまたクリープが無くなるんだろうと思ってました。

でも、イグニッションコイル交換後の今は10時間以上の走行をしましたが、ちゃんと適度な疑似クリープは残っていてとても満足しています。

コイルの劣化によって正常な点火が出来なくなると、クリープは弱くなり、突然ドンとクラッチがつながるようなギクシャク感が出るのかな?と仮定しました。

ディーラーの整備員はトランスミッションの劣化と言い切ってますから、素人の私の仮定は正しいかどうかわかりません。
でも、8万キロ以上コイルを無交換で、空転やドスンというつながり方で悩んでいる方は、プラグとコイルの交換を試す価値はあります。

もちろん、期待した結果がでなくてもあくまで私の「仮定」ですから誰も責任は負いませんよ(^_-)

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

イグニッションコイル、プラグ交換

難易度:

マッドブラックハリアー完成

難易度: ★★

洗車ホースの保持金具の製作

難易度: ★★

最後の洗車

難易度:

hmmf交換

難易度:

ワイパーゴム交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「車庫で火入れしてみた!!」
何シテル?   04/16 23:40
Northlandです。よろしくお願いします。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ エアウェイブ ホンダ エアウェイブ
ホンダ エアウェイブで車中泊しています。
BMW R1150RT BMW R1150RT
ゆっくり走っても気持ちが良い貴重なバイクだと思います。
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
カーポートに保管中。E30前期型。
ヤマハ セロー ヤマハ セロー
こんなに楽しいとは思わなかった! 
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.