• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

rbengineのブログ一覧

2017年09月10日 イイね!

【 相当ヤベェの発見した(ハァハァ(;´∀`))】

【 相当ヤベェの発見した(ハァハァ(;´∀`))】【 相当ヤベェの発見した(ハァハァ(;´∀`))】


◯引用元→

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d244491913
 

 
 平成4年式

 スカイラインR32 GTS-4(4WD)、純正オートマ
  直列六気筒ターボ RB20DET



 実走行5万3千キロ



 ワンオーナー
 車庫保管
 フルノーマル
 記録簿完備
 内外装 極上

 稀に見る極上コンディション。4WDなのに本州仕様でサビなし。このボディのツヤ、25年前からタイムスリップしてきた、新車かしら??(笑)



 
 
 コクピットも、この美しさ。



 

 

 これは、相当ヤバイな(ハァハァ(;´∀`))

 お金あったら、私も即決してますね。
 興味ある方、いかがでしょうか。
 
Posted at 2017/09/10 18:17:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月21日 イイね!

【 次期愛車候補に急浮上 クラウンセダン1G-FE 】

【 次期愛車候補に急浮上 クラウンセダン1G-FE 】【 次期愛車候補に急浮上 クラウンセダン1G-FE 】

 我がスカイライン34は、もうすぐ94000kmを迎え、来月車検です。

 
 100000km目前ということで、タイベルから始まり、カムシール・クランクシール、ウォーターポンプ、点火プラグ、サーモスタット、ベルト3本、ブレーキローターetcと、いずれ必要になる項目を大体網羅する予定です。

 金額的には、まともにやりますと、25万円〜30万円になると思いますが、やります(笑)

 タイヤ・ホイール、ショックアブソーバーと、消耗品に相当お金をかけて来ましたので、ここまで来たら250000km目指して走ろうと思います。

 しかし、ボディの錆がひどくて、いずれボディが先にやれることを考えれば、次期愛車候補を考えておくのは、悪くないなぁ、と・・・。(´・ω・`)


 最近、急浮上しているのが、コチラ。

 ↓

 クラウン・セダン 中期〜最終型 !!!

 私、こういうクルマが大好きなのです(*^^*)

 どう見てもタクシー車両かと思いきや、意外や意外、きちんとドアミラー使用もあります。

 そして、このクルマ、エンジンは名機1G-FE後期型!!!

 160馬力の直列6気筒、2リッターです。
 信頼のエンジンで、非常に耐久性が高く、故障もしにくいですし、以前タクシーに乗ったとき、何より徹底的に静かな音質のエンジンだと思いました(遮音材の影響もあると思う。)。db図ったら意外とうるさい可能性もありますが。。。
 パワーはありませんが、日常的には十分ではないでしょうか。

 マイルドハイブリッドもありますが、故障が不安なので、普通のガソリンで。

 こんなキレイな中古車もありました。
http://kakaku.com/kuruma/used/item/16533558/

 


 北海道の場合、タクシー車両はLPガスのコンフォートが多いですが、東京に行ったときには、黒塗りのクラウン・セダンにレグノを履かせている個体が多かった気がしますね。

 ただ、私が買うなら、色はホワイトです。
http://matome.response.jp/articles/259

 

 このクルマのいいところは、直6+FRという形式のみならず、このボディの四角さ。

 四角いボディは、隅が見やすく、運転しやすそうな印象です。

 内装ですが、運転席は簡素ながらも、高級感があり、ダッシュが高くない点にも好感を持てます。
 オルガン式アクセルのポジションも、なかなか良さそうです。
 ストレートシフトという点もGOOD。


 
 メーターもシンプルな文字盤で、見やすそうです。


 そして、後部座席。34スカイラインと比べれば、倍はあろうかと思える広さ。FRでこのボディサイズなのに、足元の広さは優秀です。さすが、タクシーにも使われる車種です。


 ちなみに、コンフォートとの違いは、フロントマスクの他、リアのライトも違います。横長でアメ車っぽい印象です。

 これに、マークⅡツアラーVのホイールなんかを履かせて、やや太めのタイヤと組み合わせれば、なかなかかっこよい仕上がりかもしれません。

 
 維持費を考えても、2リッターですし、トヨタですし、スカイラインよりは安くすむかな・・・。
 ボディの錆もそれほど気にしなくて済みそうです。

 足回りはふわふわかもしれませんが、スポーツ走行しないのでいいです。
 次期愛車候補に加えておきます(*^^*)



Posted at 2017/08/21 21:44:18 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月23日 イイね!

【 今年の冬タイヤはBSの旧モデルが買いだろう 】

【 今年の冬タイヤはBSの旧モデルが買いだろう 】【 今年の冬タイヤはBSの旧モデルが買いだろう 】

 
 夏タイヤで履いている「ブリヂストン・レグノGR-XI(225/50/R16)」ですが、音はそこそこ静かですし、グリップもそこそこ良いです。
 ブレーキの食いつきが悪いことを除けば、まあ買って及第点かなと思っています。

 
 さて、先日、ブリヂストンが、今年、冬タイヤシリーズである「ブリザック・VRX-2」を発売すると発表しました。
 従来の「VRX」よりも大幅に静粛性能等を改善したとのことで、値段も相当なものになると予想されます。


 そうだとすると、旧モデルになる「VRX」の値段は在庫処分で下がり、さらに前のモデルである「REVO-GZ」は廃版となり、いずれにせよオークション価格等は下落するでしょう。
 今年の9月〜10月くらいの、流通量が多くなる時期に旧モデルを買ってしまうのが、もっとも得だと思います。
(*タイヤの値上げ時期は考えません。)

 
 私が持っているのは、相当古い「REVO−2」であり、全然効かないですし、片減りしており、冬道では命に関わるため、今年の購入は必須です。

 そこで、何を買うか、考えてみました。


1.メーカーとモデルを何にするか。

(1)メーカー・・・ブリヂストン一択。
 雪国での装着実績もピカイチですし、体感的にブリヂストンの冬タイヤは止まりやすいです。
 ゴムがとても柔らかいので、慣れるまで直進性がやや怖いですが、命には変えられません。
 最近は、北海道向けの商品を発売しているナンカンも気になりますが、静粛性が不安だし、どれほど持つのかわかりません。やっぱり、ブリヂストンです。

(2)モデル・・・ブリザックVRX(1)。
 中古価格であれば、上手に探せば、REVO-GZとVRXはそれほど差がないと思います。
 GZは、VRXよりも古いため制動能力が劣ります。

 確かに、GZのほうがエコタイヤの意識が弱く、乾燥路での走行が楽しいという話もありますが、冬タイヤは冬道で止まることが第一ですので、VRXですね。


2.サイズをどうするか

(1)225/50/R16
 これは、私の夏タイヤと同サイズであり、R32のGT-Rと同サイズです。昨年・一昨年は、このサイズのREVO2でした。
 しかし、冬道はスピードを出せないので、横方向のグリップはそれほど要らないです。
 また、冬タイヤはただでさえ重たいので、太いタイヤはタイヤ交換時に疲れますし、ハンドルを操作する時に腕が疲れます。
 燃費面を考えても、225はパスでしょう。

(2)205/55/R16
 これは、R34スカイライン・C35ローレル・WC34ステージアの比較的上級グレードに装着されているサイズです。


 ホイールは、16✕7J、114.3、OFF40がピッタリです。
 このホイール、デザインはなかなかカッコいいです。
 タイヤ幅が205なので、接地面に関して縦の制動力が期待でき、冬タイヤとしては良いと思います。

 しかし、そもそも冬タイヤに16インチも必要なのか、疑問であります。

(3)205/60/R15
 我がスカイラインの純正装着サイズであり、組み合わせは15✕6.5J OFF40の純正アルミです。ブリヂストンの方にアドバイス頂いたら、これがベストとのことでした。

 インチが上がるに伴い、タイヤのゴム剛性は高くなるが、冬道のようなガタガタ路面では、ある程度のたわみがあったほうが接地され、制動力が高まるため、15インチが良いとのこと。

 今回、冬タイヤは、タイヤはVRXの205/60/R15、ホイールは15✕6.5Jのスカイライン34純正アルミにしようと思います。
Posted at 2017/07/23 18:26:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月19日 イイね!

【 ショック交換(ただしステージア用に笑)】

【 ショック交換(ただしステージア用に笑)】【 ショック交換(ただしステージア用に笑)】

 19年間、走行9万キロでショックがふにゃふにゃしてきたので、新品のショックに入れ替えました。

 最初は、特にヘタりが酷いと思われる右リアだけ、純正品に変えようと思いましたが、高いので、四本全部を社外品に変えました。

 しかし、社外品でENR34(四駆の34スカイライン)対応品は、ほぼ皆無。廃版状態です。
 困った、さてどうしよう・・・。

 まず、ER34を考えました。しかし、4WD用のフロントショックは、下にドライブシャフトがあるため、FR用より明らかに短く、フロントは装着できない。リアは可能だと判断。


 次に、BNR34を考えました。フロントはおそらく装着可能だが、タービンの分重たいので、減衰が高く、跳ねそうなイメージ。リアはロア側の形状がコの字型なので、アウト。


 そこで、たどり着いたのが、4WDのWGNC34ステージア。分解図を見る限り、行けそうです。ナックルの部品番号も共通。これはいける!!


 いや〜、ディーラーや某タイヤメーカーやショック屋さんや、色々聞きましたが、どこもはっきり教えてくれないですねぇ・・・。責任問題になるのでしょうかね・・・。

 そこで、KYB NEW SRスペシャル四本新品を某オクにて32,000円の格安購入(笑)。付けれる確信は持っていましたが、冒険的要素もありました。

 しかし、札幌の塩害を防止するため、まずはクリア厚塗りで全面塗装ww。


 ブルーの塗装はとりあえず活かしました。まあ、一冬越したら錆びると思いますので、そうなったら塗料の刷毛塗りでもしますww。

 実際の交換作業は、整備士の幼馴染と共同で行いました。

 まず、フロント右のバンプラバー。いや〜、ぐちゃぐちゃですねぇ(笑)手でパックリ割れます。底づきするほどの走りはしないので、バンプラバーは撤去(笑)


 ショックも片手で楽に押せるくらい、ふにゃふにゃです。しかも、流石にサビています。

 
 中心ボルトとナットが固く固着していて、モンキースパナとメガネでは、回らない状態。しょうがないので、ホームセンターからサンダーをレンタルして、ぶち斬りましたwww。


 サスコンをかけて、外して、組み換え。


 新品のショックは、ロア側のブッシュもしっかりしており、歪んでいませんね。
 *この時点で錆っぽいのが見えるのは、ショックでした笑。まあ、値段相応ですね。


 リアのショックは、元々柔らかいこともあってふにゃふにゃで、伸びるときにプスプス言っていました。もはやショックの役割を果たしていないです(笑)


 ちなみに、新品を装着したら、明らかに乗り味が変わりました。路面のうねりにボディが取られなくなり、コーナーでもフラットな姿勢になりました。車高は純正と変わりません。

 ただ、130kg車体が重たいステージア用を組んだので、リアの突き上げが固く、段差で跳ねる印象です。
 リアだけER34用にしとけば良かったかなぁ・・・。

 まあ、慣れてくるとちょうどよい感じになるでしょう(^o^)

Posted at 2017/06/19 21:06:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月28日 イイね!

【 (教えてください!!)ブレーキが効かないスカイライン 】

【 (教えてください!!)ブレーキが効かないスカイライン 】

 先程、北広島市の伊丹車両「eco広場」に行ってきまして、C34ローレルの廃車から、燃料パイプのプロテクターをもぎ取ってきました。



http://itamisyaryo.com/special/index.cgi#nissan

 私のスカイラインには、27年9月の購入時からなぜか欠落している部品です。
 想像するに、(1)前のオーナーが8.5Jの太いホイールを無理やり履かせるために、干渉する部品を取り払ってしまった、(2)札幌の雪道悪路で落ちてしまった、のいずれかだと思います。

 日産で買うと4,550円ですが、324円で済みました(笑)。



 ホイールハウス内にアンダーコート等をガッツリ吹いているので、装着に苦労しそうですが、後ほどやります。


 さて、本題ですが、のスカイライン、マジでブレーキが聞きません(汗)
 27年9月に買ったときから「ブレーキが弱いクルマだなぁ。噂通りだ」と思っていましたが、納車時にパットを純正新品にしていますし、日産のプロがブレーキの点検もしていますので、故障でなく、味付けの問題かと思います。

 しかし、29年4月にレグノを履いてから一層止まらなくなりました(笑)。履くタイヤ・ホイールで感覚が変わりますが、これは、恐怖を感じるレベルです。症状としては、
1)踏み込み量が多いわけではない
(2)強く踏んでも弱く踏んでも効きが悪い、
(3)特に中〜高速域では踏んでもスピードが落ちない
(4)強く踏んでもタイヤがロックしない
、です。

 あまりに止まらないので、一度前のクルマにぶつかりそうになって、怖い思いをしました。

 消してパットが減っているわけでも、ローターがボロボロな訳でもないです。3月まで履いていた冬タイヤでは、(4)は問題ありませんでしたので・・・。

 もともと、スカイラインはブレーキが効きにくいクルマのようですが、純正よりも2センチ太いレグノを履いており、しかもエコピアであることから止まりづらいようです。ピストンの固着も、あまり考えられません・・・。

 それで、どうしたらブレーキが強くなるかなぁと考えていましたが、パット・キャリパー・ローターを変える、マスターシリンダーを変える等が考えつきます・・・。(GT-Rは駄目です)

 一番効果的な方法は、何ですか??

 ER34GT-Tターボ用のパットとキャリパー装着でしょうか?? 一説によると、Y50シーマのブレーキも良いらしいです。どなたか、ご存知ですか??(´・ω・`)



Posted at 2017/05/28 12:32:16 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@覆面ER34TURBO おめでとうございます〜」
何シテル?   10/16 18:28
1998年式スカイラインENR34の25GT-X-FOURに乗っています。純正NISMO仕様です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

お気軽に幅広く、どうぞよろしくお願いいたします♪
118 人のお友達がいます
kimykimy * kurumazukidayokurumazukidayo *
AUTOWAYAUTOWAY *みんカラ公認 てつインプ~てつインプ~ *
クレスタ普及委員会クレスタ普及委員会 * P.N.「32乗り」P.N.「32乗り」 *

ファン

73 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
2,5リッター四駆の純正NISMO仕様です。滅多にないと思います。なかなかいい車です。当 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.