車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年10月15日 イイね!
ホンダ・NSX … どういうクルマなの?先に申し上げますが、この記事ははっきりとNSXの批判になるものです。
かなりキツい言い回しが多くなりますので、NSXが無条件に素晴らしいものだと思う方はこの先の閲覧を推奨しません。

NSXを見てきました。実はこのような形でNSXを見るのは2度目で、一度目は羽田空港の展示イベントで見たことがあります。当然ですが座ったり、エンジンルームを覗いたり、走らせたりの経験はありません。

正直な印象として、NSXはスポーツカーなのかGTカーなのか、はっきりと区別していない印象を受けました。
その印象を受けた理由として、車両寸法が大きく、かつ車両重量も重量級であるからです。
車両の容積(全長×全幅×全高)を車両重量で割って、つまり1㎥あたりの重量を単純計算してみたのですが、ホンダのレジェンド・アコード・オデッセイHVよりも重く、ライバルと目されるアウディ・R8、ランボルギーニ・ウラカン、ポルシェ・911ターボ、BMW・i8よりも重いのです。
これはつまり、車の密度という意味では非常に凝縮されていることになります。

その理由として考えていくと、HVシステムを使っていることに至ります。モーター3基とそれらのバッテリー、さらにインバータなどの補機類が追加されている為です。
結局それらのために、ドライバーシート後ろにバッテリーを搭載し、前輪車軸上、車両左右中心にモーターを搭載し、左右シート間にパワードライブユニットを置いています。この分だけでも短縮し、乗員のペダルレイアウトを前に出し、左右座席間距離を詰めるだけでも小型・軽量になります。



加えて、実物を見て違和感を覚えたのはブレーキ冷却用のダクトや導風板がないことです。つまりブレーキを冷やすことを前提としていない設計なのです。そのせいか、カーボンブレーキが半ば標準設定のように扱われています。

結論とすると、スポーツカーとして見るには重くてデカくてブレーキも熱にやられやすいのでは、という点です。私は以前から、こういうクルマではタイヤがすり減ったりブレーキパッドが減っていたり、あるいは雨が降っていたり路面がうねっている場面では車両自体が持つ運動エネルギーが大きく、それぞれのパーツに与えるダメージが大きく、また健全な状態でなければ「早く走った分だけ衝突エネルギーも大きい=大事故につながりやすい」ことから、批判的な立場をとっています。

一方でこのクルマをGTカーとして見た時、トランクスペースが小さいこと、日本車にしては選択肢が多いものの輸入車勢にとってみては特注オーダーができないことなどから、GTカーとしての素質も疑問を抱いています。GTカーとするならば、フロントモーターを取り払ってフロントトランクスペースくらいはあっても良いように思います。

どっちの立場で見ても、つまりはハイブリッド(というかフロントモーター)が必要なのかという議論になります。
このクルマの場合、フロントモーターはトルクベクタリングに使っているようです。
もしこれがないと車両の運動性能が成立しないという話ならば、そもそものパッケージングが間違っている(フロント荷重が足りないか、リヤに重量物が固まり過ぎているか、あるいはほかの理由かその全てか)ことになります。車両の運動性能が成立するのならば、およそ1.8tに迫るこのクルマで本当に必要なのか?の結論が見えないクルマになるのです。

つまりこのクルマ、どっちの立場から見ても中途半端な車だと感じているのです。
本質として、ホンダの持つ技術をすべて詰め込んで何とかカタチにしてみました、そんな車なのではないかと感じるのです。
本気のスポーツカーなら、もっと小型でシンプルに作るでしょう。
本気のGTカーなら、もっと使い勝手が良くてワガママできる車に仕上げるでしょう。
どちらでもない。誰のためのクルマなのか。私にはよくわかりません。
Posted at 2016/10/15 20:48:02 | コメント(3) | 日記
2016年08月15日 イイね!
【試乗】トヨタ・カローラアクシオ(4WD車)会社の出張ネタついでに、わがまま言ってレンタカーで少しいいクラスを借りてみました。
というわけで、今回のお題はそんなクルマでトヨタのカローラアクシオです。車種指定でこれを借りてみましたが…何と配備されたのは後期型の4WD(!)というものでした。もっとも、今回は積雪地で借りたことも4WD車が配備された一因だと思いますが。

そんなこんなで、仕事のお供で250kmほどをこれで走ってみました。総走行距離はおよそ26,400kmほど、登録は'15年の春ごろ(だったと思う)、タイヤは今年製造のヨコハマ・エコスが装着されていました。グレードは1.5Xグレード、オプションでスペアタイヤとトヨタ・セーフティセンスCが付いていました。

借り受けてさっそく高速に乗り、目的地へ向けて走ります。走り出して感じたことは、同じエンジン型式のプロボックスと比べてエンジンの印象がまるで違うことです。ミッションがCVTと5速MTの違いがあるにせよ、踏んだ時の力強さがないのです。CVTの利点である「適切なギヤ比の選択」を考慮すると、まるで1.3Lエンジンでも乗っているかのような力のなさです。これの一因として、エンジンそのものが実は違うということに注目しています。カローラ用の1.5Lエンジンは、アイドリングストップや耐環境規制用のチューンが異なっており、プロボックス用のエンジンからはまるで別物(確か80%別…重量比か部品点数比かは不明)になっていることです。おそらく吸排気タイミングなどを含めてエンジンの制御や燃焼マップがまず違うのではないかと思います。

CVTの制御は、これ以前に借りたヴィッツの1.0L、ラクティスの1.3Lと比べて遥かにマトモになっています。強くアクセルを踏み込んだ時にブーッとCVTらしい息の長いエンジン音を聞かせますが、それ以外では変速マナーもいたって普通で取り立てて違和感を覚えませんでした。

乗り心地はリヤサスペンションがかなり硬い印象を抱きました。高速道路の継ぎ目を超えても、フロントサスペンションのマナーの良さに比べて明らかに1段マナーが悪いのです。フロントはサスペンションが暴れたり、ステアリングが取られるなどのような事がないのですが、リヤは思いっきりショックを伝えます。ボディそのものの建付けが比較的頑強であることもあり、ブルッとした不快な振動は残らないのですが、明らかに角がきつい「ガツッ」としたショックを乗員に伝えます。
静粛性そのものはエンジンからの音が(巡航状態で)概ねシャットアウトされ、ノイズのメインはタイヤから伝わる固体伝播音(=ゴーッ音)が80%、残りは同じくタイヤのパターンノイズ(=やや甲高いサーッ音)が20%といった感じです。

高速を降り、仕事を終えて山道を走って宿泊先のホテルへ向かいます。
ステアリングの手応えはやはり薄く、フロントタイヤの舵取り感覚は"ないに等しい"希薄さです。もっとも、グリップが妙に太く力が入りやすいステアリングホイールのリム形状も運転感覚の違和感に繋がっていると思います。ここまで軽いのならば、もう少しリムが細くても良いように思います。

道中、高速・山道ともにセーフティセンスを使ってみます。レーンディパーチャアラートの精度は結構なもので、はみ出しそうになるとすぐに警告音を発してドライバーへ伝えます。自動ブレーキは試しませんでした。もっとも父の車でセーフティセンスP(=レーダークルーズコントロール付)の便利さを知っていると、セーフティセンスCは正直「あまり必要ではないかな…」と思うところもあります。

最後に燃費測定。返却寸前にガソリンスタンドで満タンに入れ、それまでのトリップメーター上の走行距離と重ねてみます。249.5km走行で17.4Lの給油となり、燃費は14.34km/Lとなりました。カタログ値と比較して87.44%の結果となり、なかなかの好燃費という結果になりました。

個人的な総合印象として、1.5L車の普通に使うアシ車としてアクシオは十二分の性能を有していると思います。高速道路を1.5時間ほど走ってもシートは疲れ知らず、運転していてもパワートレインに変な癖もなく、燃費も測ってみれば結構いい結果です。多少の不満点はあるにせよ、それは自動車に対してうるさ型だからこそ抱く印象にすぎません。普通の人が普通に使うにあたって、普通に運転できるクルマであることには変わりません。値段も今回の車両で179万円(メーカーオプション・消費税込)ほどでサラリーマンの平均年収(およそ400万円)から考えて半額以下、十分に維持していける値段です。
他を求めるのであればこれよりも大きいの、小さいの、人が乗れるの…と考えていけばいいわけで、カローラは日本で乗るには十分な性能を有していることに変わりはないと思います。
Posted at 2016/08/15 21:28:27 | コメント(2) | 自動車関連 | 日記
2016年07月30日 イイね!
メルセデス・ベンツのグリル画像は現行Sクラスのフロント全景。(メルセデスベンツ日本のHPより)

メルセデスベンツの主力機種、Eクラス・セダンがフルモデルチェンジしました。
日本では当初導入がガソリンターボL4 2L(E200、E250、E200 4MATIC)、ディーゼルターボL4 2L(E220d)、ガソリンツインターボV6 3.5L(E400)のエンジン組み合わせ、基本的にアバンギャルド顔がメインとなりました。(E400 Exclusiveのみ従来のクラシック顔です)

今回はそんなグリルのお話です。

元々、メルセデスベンツのグリル形状は「ラジエーターグリル」から由来しています。
1910年代のメルセデスベンツはラジエーターの形をそのまま外装スタイリングに用いたのです。このときシンボルマークがラジエーターグリルの上に配置されたのも、実はラジエーターキャップだったという「機能本位」な設計から由来しています。

(写真はトヨタ博物館所蔵のメルセデスベンツ・500K 1935年式)

これが、戦後からはラジエーターがボディ内部に内蔵されるようになりました。そうなると、ボンネット上のシンボルマークは車両先端のマーカー代わりに使用されることが多くなりました。これも一種の「機能本位」設計であると言えるでしょう。


(写真は新型Eクラス メルセデスベンツコネクション展示車を撮影)
時代は現代。グリルの形状が変わって日本では「旧来のグリルが良かった」という人が多数います。
…私もそうです。現行のシンボルマークが大きく主張する姿はあまり好感を抱きません。

しかし、現代の「シンボルマーク」もやはり「機能本位」の設計に基づく配置であるのではないかと思うようになりました。
キーワードは「自動運転」です。つまり、自動運転をするために必要なレーダーがこの後ろに隠れているのです。これを旧来クラシックグリルでやろうとすると、グリル中央部が四角いプラスチックの板に変わります。見た目としても一目でレーダー付と分かるのを嫌ったのではないでしょうか。
これがグリル中央にシンボルマークを持ってきて、レーダーを透過しつつ目隠しに使う…。これもひとつの設計手法・スタイリング手法としては良いのではないでしょうか。(アタマの良い設計とは言えないですが。)

私は旧来のクラシックグリルが好きですが、今後の予防安全装置の普及や来る自動運転のための技術を使っているという前提が付くならば「現行のグリル」も今のメルセデスの顔としてふさわしいのではないか、と思います。
Posted at 2016/07/30 20:20:58 | コメント(0) | 雑学・小ネタ | 日記
2016年06月19日 イイね!

さようなら、ヨコハマ・ブルーアース…。


こんにちは、トーヨー・ナノエナジー3プラス!

というわけで、1週間前倒しでタイヤ交換を実施しました。
銘柄はトーヨーかグッドイヤー(以下、GY)のどっちかになる…という話だったのですが、結果はトーヨータイヤになりました。

銘柄選定理由は…
GYならばトレッド・サイドウォールが柔らかく(=乗り心地に有利)軽量な新設計タイヤである代わりにウェット性能がcになる…。
トーヨーならば全体の構造がしっかりして重い(=乗り心地・エコ性能は…?)がウェット性能がbになる…。
どっちがいい?という話になって、GYのようなタイヤは次の履き替えでもあるだろうし、ウェット性能や全体の良さを選ぼうという判断でトーヨーを選びました。

ちなみにサイズは175/70R14にしました。ヨコハマの時は175/65R14だったので、5%ハイトが高いタイヤを選びました。
空気圧はヨコハマ時代が前240kPa/後230kPa、トーヨーは暫定で前後260kPa、気体種別は空気を入れてあります。
トーヨーの設定空気圧が高いのは新品タイヤのコードが伸びる分を考慮して少し高めに入れてあることが理由です。


早速、夕方になってからいそいそと高速を100kmほど走ってみました。
☆ヨコハマよりトーヨーのイイところ
●ヨコハマ時代と比較して、トーヨーは空気圧が高いにもかかわらず乗り心地は柔らかく、丸くなった印象を受けます。これはタイヤの偏平率を高くしたことが理由に挙げられると思います。
●偏平率が高くなった割に、高速のジャンクションにあるカーブでは腰砕け感がありません。ヨコハマとトーヨーのタイヤで、触り比べるとヨコハマはサイドウォールが薄く柔らかい印象があることに対してトーヨーは厚みがありしっかりしていることが理由に考えられます。つまりタイヤメーカーの設計思想が違うということです。これは思わぬ嬉しい誤算です。(予想ではもう少しコーナーは頼りないと思っていました。)
●好みの問題ですが、ヨコハマよりもコーナリング時のクセが少ない。
ジャンクションのコーナーでアクセルをパーシャルかほんの少しの加速状態で、ヨコハマはタックインをするかのようにクイッと曲がるクセがあったのですが、トーヨーではそれが全くないのです。良くも悪くもトーヨーの方が素直で癖がないです。
★トーヨーよりヨコハマのイイところ
●タイヤの重量はトーヨーの方が重い。単体で持ち比べるとヨコハマの軽さは驚くほど軽いです。
●静粛性それ自体はヨコハマの方が高い。2年半以上もの間、路面状況が良いと恐ろしく静かに走ってくれました。一方で、トーヨーの新品はヨコハマの終わり頃にちょっと近いです。舗装を直したばかりのところでは両方静かですが、舗装から少し経ったくらいのところはトーヨーが極めてわずかに「コーッ」とパターン音がするのです。これも好みの一つにはなると思います。

まだ分からないのは、ウェット時の性能と燃費です。
ヨコハマ時代は、やはり2年を過ぎると例えば白線上やマンホールの上など状況が悪く少し踏み込みながらラフに発進するとホイールスピンをしました。または高速のコーナー中にある継ぎ目に若干オーバースピード気味に突っ込むと、タイヤがグリップせずアウト側に膨らみました。
今度のトーヨーはどうなるのか…?雨天時に期待です。

まとめると、トーヨータイヤの方が個人的には好みに合っています。
角が柔らかいが腰があり、粘ってくれる印象です。経年時の乗り味がどう変わるかはもちろんまだ分かりませんが、ヨコハマよりは好みに近い印象があります。
Posted at 2016/06/19 22:10:13 | コメント(3) | プロボックス | 日記
2016年06月05日 イイね!
タイヤ発注。あれから1ヶ月少々、タイヤを決めてきました。

写真は今日の昼前に撮影したタイヤの状態(右前輪)。
外側が偏摩耗していることと、スリップサインが近いことがお分かりいただけるかと思います。
それに気づいたのが昨日の夕方という…(苦笑)

というわけで、朝に懇意のタイヤ屋に相談の電話連絡をして、現地に出向いて相談。
前記事の通りに相談して出てきた結論が「175/70R14にしてみたら?」とのことで、銘柄の相談。

…結果、銘柄2種類に絞りタイヤ屋の見立て次第で正式に決まることとなりました。
というわけで、まだ銘柄はどうなるか正確なことを知らないという…(楽しみ・笑)

装着は6/26、改めてお邪魔することとなりました。
Posted at 2016/06/05 22:45:36 | コメント(1) | プロボックス | 日記
プロフィール
幼い頃からクルマが好きで、免許が取得できる年齢以前から登録しておりました。 なるべく「マジメ」にクルマを考え、意見を発信できればいいなと思っております。 (...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
サイドターン付きドアミラー 1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/07 23:50:55
「エレクトロタップ」ではなく「スプライス」で配線を割り込ませる。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/14 19:36:27
お友達
あまり更新頻度は高くなく,またコメントを付けることも少ないですが,よろしければお誘いいただけますと幸いです.
ただ,突然のお誘いや人数稼ぎのお誘いはお断りすることがありますので,予めご了承ください.
51 人のお友達がいます
susp2susp2 * まき@42まき@42 *
まッサンまッサン * kyupi5kyupi5 *
松っつー松っつー * ぐる&#215;ぐるぐる×ぐる *
ファン
29 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ プロボックスバン トヨタ プロボックスバン
初の愛車。'11, 7/21に正式発注。'11, 9/29に納車。 5ナンバーサイズで立 ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
父の愛車です。'16年 2月登録。 色はシルバーメタリック(1F7)、内装色はクールグレ ...
トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
父親の車でした。03年3月登録。 色はダークグレーメタリック。 グレードはX Sパッケー ...
トヨタ ビスタ トヨタ ビスタ
1990年11月から2003年3月まで使っていた、父親のビスタです。 私にとってこの車の ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.