車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月15日
ホンダ・NSX … どういうクルマなの?
ホンダ・NSX … どういうクルマなの? 先に申し上げますが、この記事ははっきりとNSXの批判になるものです。
かなりキツい言い回しが多くなりますので、NSXが無条件に素晴らしいものだと思う方はこの先の閲覧を推奨しません。

NSXを見てきました。実はこのような形でNSXを見るのは2度目で、一度目は羽田空港の展示イベントで見たことがあります。当然ですが座ったり、エンジンルームを覗いたり、走らせたりの経験はありません。

正直な印象として、NSXはスポーツカーなのかGTカーなのか、はっきりと区別していない印象を受けました。
その印象を受けた理由として、車両寸法が大きく、かつ車両重量も重量級であるからです。
車両の容積(全長×全幅×全高)を車両重量で割って、つまり1㎥あたりの重量を単純計算してみたのですが、ホンダのレジェンド・アコード・オデッセイHVよりも重く、ライバルと目されるアウディ・R8、ランボルギーニ・ウラカン、ポルシェ・911ターボ、BMW・i8よりも重いのです。
これはつまり、車の密度という意味では非常に凝縮されていることになります。

その理由として考えていくと、HVシステムを使っていることに至ります。モーター3基とそれらのバッテリー、さらにインバータなどの補機類が追加されている為です。
結局それらのために、ドライバーシート後ろにバッテリーを搭載し、前輪車軸上、車両左右中心にモーターを搭載し、左右シート間にパワードライブユニットを置いています。この分だけでも短縮し、乗員のペダルレイアウトを前に出し、左右座席間距離を詰めるだけでも小型・軽量になります。



加えて、実物を見て違和感を覚えたのはブレーキ冷却用のダクトや導風板がないことです。つまりブレーキを冷やすことを前提としていない設計なのです。そのせいか、カーボンブレーキが半ば標準設定のように扱われています。

結論とすると、スポーツカーとして見るには重くてデカくてブレーキも熱にやられやすいのでは、という点です。私は以前から、こういうクルマではタイヤがすり減ったりブレーキパッドが減っていたり、あるいは雨が降っていたり路面がうねっている場面では車両自体が持つ運動エネルギーが大きく、それぞれのパーツに与えるダメージが大きく、また健全な状態でなければ「早く走った分だけ衝突エネルギーも大きい=大事故につながりやすい」ことから、批判的な立場をとっています。

一方でこのクルマをGTカーとして見た時、トランクスペースが小さいこと、日本車にしては選択肢が多いものの輸入車勢にとってみては特注オーダーができないことなどから、GTカーとしての素質も疑問を抱いています。GTカーとするならば、フロントモーターを取り払ってフロントトランクスペースくらいはあっても良いように思います。

どっちの立場で見ても、つまりはハイブリッド(というかフロントモーター)が必要なのかという議論になります。
このクルマの場合、フロントモーターはトルクベクタリングに使っているようです。
もしこれがないと車両の運動性能が成立しないという話ならば、そもそものパッケージングが間違っている(フロント荷重が足りないか、リヤに重量物が固まり過ぎているか、あるいはほかの理由かその全てか)ことになります。車両の運動性能が成立するのならば、およそ1.8tに迫るこのクルマで本当に必要なのか?の結論が見えないクルマになるのです。

つまりこのクルマ、どっちの立場から見ても中途半端な車だと感じているのです。
本質として、ホンダの持つ技術をすべて詰め込んで何とかカタチにしてみました、そんな車なのではないかと感じるのです。
本気のスポーツカーなら、もっと小型でシンプルに作るでしょう。
本気のGTカーなら、もっと使い勝手が良くてワガママできる車に仕上げるでしょう。
どちらでもない。誰のためのクルマなのか。私にはよくわかりません。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2016/10/15 20:48:02

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/17 08:59:12
遅コメ失礼します(^^)

私には買えない車なので、そもそも・・・ていうのはありますけど、トヨタ~さんの仰るとおり、NSXにはちょっと中途半端な印象を受けますね。

余談ですが、お写真を拝見して、タイヤが「コンチスポーツコンタクト」なんだな~と思いました(笑)
日本ではホンダの名を冠してるけど、やっぱりこれは北米アキュラブランドの車なんでしょうね(苦笑)
コメントへの返答
2016/10/19 19:32:10
susp2さん、コメントありがとうございます。
返信が遅くなりまして、申し訳ありません。

>私には買えない車なので、そもそも…
…そう言われてしまうと、私にも買えない車ですので、ねぇ…。(苦笑)
しかし、こういうクルマだからこそ技術者のワガママであったり、願望が詰め込まれていると考えたので、実物を見て落胆した次第です。

>タイヤが「コンチスポーツコンタクト」
そういえば、新型NSX向けはこのタイヤが専用開発だったと聞いております。
いいものだったらどこのメーカーであれ採用した方がいい、と考えるのですが確かに国産でコンチは聞かない気がします。
そもそも、コンチの販売代理店が少ない(横浜ゴム系)ので補修用タイヤがどうなるか、それも興味あるところです。
2016/10/29 04:11:22
おはようございます

みんカラネットサーフィン(笑)していて久々にたどり着きました
僕はNSXシステムを好意的にとらえています

まず質量から、重さを除く他の性能が同じなら軽い方が良いのは間違いありません。
ただ、性能/質量といった比較をしたときに他の車よりもNSXの方が優れていると言うホンダの判断だと思います。

その理由として、前輪の2つのモータは構想の初期の段階で確定していたのではないかと考えられます。
トルクベクタリングとかかっこいいこと言ってますが、ただ能動的にトルクステアを使いたかっだけじゃないのかなと。
モータはE/Gに比べて10倍以上トルクレスポンスが早くドライバのハンドル操作に合わせてトルク配分の変更など余裕なんです。(なのに、なんでパワステが残してあるのか謎)

フロントブレーキの冷却はモータ回生が得られるので不要になったと考えられませんか?
諸元表を読むと前輪モータだけで54kJの回生能力があると考えられます(深読みするとさらに倍いけそう)。ざっと計算で100㎞/hから前輪の回生だけで13秒で止まれる計算になります。
もちろんもっと鋭い減速が必要なシチュエーションも有るでしょうが後輪の回生も使えますし負担はかなり減りますよね。

この様に考ると今までとは異なるアプローチで運動エネルギーを変化させていく装置と考えられ、あながち重たくなったのが悪ではない様に見えてきます。

あ!この車は僕の為でもなさそうです(金銭的に)
コメントへの返答
2016/10/29 23:56:00
せとろさん、コメントありがとうございます。

NSXのシステム考、ありがとうございます。
確かに質量の増加を鑑みても前輪用モーター2つ載せる方がメリットがある、だからNSXはこうなった…と考えたのがホンダの見解と思います。

その1つ目の理由に挙げられたものが、おそらく最大の理由になると思います。これのメリットを否定する気はありませんし、使い方次第ではノンスリのように使うこともできますから安全側に振ることもできる気がします。
一方で、車両を上から見た視点で前輪車軸上にモーター2つですから、当然慣性モーメントがその分増えることになります。それでも必要…という話ならば、前提条件の重心位置が狂っている(=パッケージングの破綻)わけですから、本来はそこを直す方がいいのではないかと考えました。

2つ目のブレーキの回生、私も考えました。モーター2つ分を発電機代わりに使うことも。ただしそれならばなぜカーボンブレーキにしたのか、OP扱いなのかが解せないのです。
それだけの熱エネルギーに耐えられるものが必要ならば、放熱して安定させる必要もあるわけですがその対策がないと。
加えて後輪側のそれもなく、何故カーボンを使う必要があるのか、あるいはあんな大きなブレーキを使う必要があるのか、それが理解できないのです。

確かにエネルギーの使い方を変えるための機構と捉えられますが、それでもタイヤにかかる負担、ボディにかかる負担は重量に比例して増えるわけですから、その能力を維持するための費用も手間もかかる、レースカーならば安定して維持できても一般道で、一般人が安定して維持できるかと言われると「?」が点り、だからこそ「うーん…」と思うところです。

一度乗ってはみたいですが、欲しいかと言われると…うーん。(汗)
2016/11/08 20:29:44
こんばんは。

まず、新型NSXの印象は、価格が高い・・・!です。
勿論、乗ってみてそれだけの価値を感じれば妥当かもしれませんがね。

システムとしては、今時の技術を詰め込んで納得ですが、車重に関しては、努力をしたと思いますが、もう少し軽いことを期待しますね。
素晴らしい動力性能をもっているように記事を見かけたこともありますが、もう少し軽量化すれば、更に磨きがかかるものと思います。

因みに、誰のための車か?と言われて思うのは、ホンダ自身の為ではないかと思います。
理由は、ホンダもこのような車を持っているよという自己満足に思えるのです。
お客を見ているとしたら、どのようなお客なのでしょうね・・・?
コメントへの返答
2016/11/08 22:37:08
センちゃんさん、コメントありがとうございます。

>印象は、値段が高い・・・!
これは正直完全に同意いたします。予想価格1800万円なんて情報もありましたが、ふたを開けたらスーパーカーと同等以上でしたのでぶったまげた記憶があります。

>今時の技術を詰め込んで納得
確かにそうなのですが、これの場合技術ありきで基本が置き去りにされた印象が拭えないのです。それでいくら「素晴らしい動力性能」でも、美味しいところも短く少なく、保つことも難しいクルマであっては…。

>誰のための車か?
やはりそうですか…。ホンダのための車、というか市販するコンセプトカーみたいなものですものね…。
ちょっと冷たくキツい言い方かもしれませんが、顧客不在のクルマって良いのか…?と思うところもあります…(汗)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
幼い頃からクルマが好きで、免許が取得できる年齢以前から登録しておりました。 なるべく「マジメ」にクルマを考え、意見を発信できればいいなと思っております。 (...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
サイドターン付きドアミラー 1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/07 23:50:55
「エレクトロタップ」ではなく「スプライス」で配線を割り込ませる。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/14 19:36:27
お友達
あまり更新頻度は高くなく,またコメントを付けることも少ないですが,よろしければお誘いいただけますと幸いです.
ただ,突然のお誘いや人数稼ぎのお誘いはお断りすることがありますので,予めご了承ください.
51 人のお友達がいます
ブルマウブルマウ * スター★マンスター★マン *
☆ヘルニア☆☆ヘルニア☆ * くまタカくまタカ *
大熊猫@大熊猫@ * 太田流雲@改太田流雲@改 *
ファン
29 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ プロボックスバン トヨタ プロボックスバン
初の愛車。'11, 7/21に正式発注。'11, 9/29に納車。 5ナンバーサイズで立 ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
父の愛車です。'16年 2月登録。 色はシルバーメタリック(1F7)、内装色はクールグレ ...
トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
父親の車でした。03年3月登録。 色はダークグレーメタリック。 グレードはX Sパッケー ...
トヨタ ビスタ トヨタ ビスタ
1990年11月から2003年3月まで使っていた、父親のビスタです。 私にとってこの車の ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.