• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年02月10日

[試乗インプレッション]VW・ゴルフ TSI Trendline BlueMotion Technology

[試乗インプレッション]VW・ゴルフ TSI Trendline BlueMotion Technology 先日、ごく短時間であったがVWゴルフに先日追加されたばかりの「TSI Trendline BlueMotion Technology」に乗る事が出来た。まずはファーストインプレッションを。
簡単におさらいすると、従来グレード「Golf TSI Trendline Premium Edition」にアイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムを搭載し、燃費を向上。余計な事だと思うが、フォグランプを省く事で価格を調整し、従来グレードに+1万円の264万円に設定された新グレード。エンジンは1.2LのTSIエンジンで105ps/5,000rpm 17.8kg-m/1,500-4,100rpmを発揮する。組み合わされるミッションは乾式の7段DSG。10.15モード値で18.4km/L。ハイオク仕様とはいえ、1,270kgで全幅が1790mmのクルマとしては充分にエコな仕上がりと言えるだろう。
クルマに乗り込んでみても、既に見慣れたゴルフⅥの景色であり「BlueMotion」だからと言って殊更にエコな飾りつけは無い。メーターパネル内にアイドリングストップが有効である事を示すインジゲーターがコッソリと用意されるだけだ。(外観には「BlueMotion」のバッジが装着される)このあたりを寂しく思うユーザーもいるだろうが、それも文化の違いだろうか。エコは隠し味であり、目的ではない。クルマの出来不出来よりも、燃費性能が前面で語られてしまうこの国の価値感がおかしい。そんなに燃費が気になるなら、潔く徒歩か自転車に乗れば良いのに。無駄な脂肪も燃焼されて更にエコ。
走り始めてすぐ気がつくことがある。今まで、私は何度もゴルフⅥに乗っているが、その度にイマイチな印象を抱いていた。その原因は恐らくタイヤにあると思いっていた。コンチのエココンタクト3を履くグレードは好きになれなかった。しかし、今回の「TSI Trendline BlueMotion Technology」はタイヤを替えたようでグッドイヤーの「エクセレンス」と言う聞き慣れない銘柄を履いていた。調べてみると、日本国内でリプレイス市場での供給が無いタイヤで、レクサスHS250hにも採用実績があるようだ。この新タイヤを履いたゴルフの走りは以前のドッシリ感を取り戻し、安心感を感じられるものになったと思う。今回は高速道路・山道を走っていないので、あくまで参考値だが。
短時間の試乗では、このモデルをオススメ出来ないと言うに値するネガティブなポイントは見えず、世界のベンチマーク恐るべしと言うところか。まぁ私の様に基本が「スポーティー路線」人間の目線では刺激と言うか、もう一味スパイスが効いて欲しいのだが、それはこのグレードの性格ではない。
現行型ゴルフは既にモデル末期であり、今年中にはゴルフⅦの発表を控えていると言う。まぁ正確にはゴルフ5.5とも言えるモデルだから、短命なのは当初から予想されていた事ではあるが、いよいよ熟成の域に入り、1台のモデルをじっくりと長く乗りたい方には食べ頃の季節かもしれない。
肝心の「BlueMotion」だが、既にパサートでも感心したアイドリングストップ機能は更に出来が良くなり、ほとんど振動も感じず、既に常識装備の様な雰囲気すら感じさせる。ただ、アイドリングストップ作動時に、ステアリング操作による再始動が無く、当然パワステが切れているからハンドルが重たくなる。実効上はブレーキペダルを軽く緩めれば瞬時にエンジンが再始動するから問題は無いが、手応えがイマイチ良くない。やはり交差点での停止時等を考慮しても、ステアリング操作時の再始動は考慮されるべきだと思う。ブレーキエネルギー回生システムはその存在を判らなかった。知らぬ間に回生しているのであれば、それがベターだろう。トヨタ・ハイブリッド車はココが特に気持ち悪い。慣れの問題かもしれないが。
以前も書いたが、惜しいのは価格が264万円と高価なイメージ。ユーロ安相場を考えれば、238万円位の戦略価格を期待したいところだ。もはや希少価値で一部のマニアへ売るクルマではあるまい。フェアなプライスの実現に期待したいところだ。現状、値引き等の他要因を考慮しないとすれば、MC後アクセラ(20S)や新型インプレッサ(2.0L/AWD)の方を推したい気分である。

ブログ一覧 | 試乗インプレッション | クルマ
Posted at 2012/02/10 00:21:12

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

高幡不動もみじまつり
zrx164さん

[SurLuster Lab]LA ...
シュアラスターさん

MINI 点検整備とタイヤ&ホイー ...
nanamaiさん

挑戦者発表!!【MOLYGREEN ...
palstarさん

S2000。。。上から。。。
いきいきさん

レクサスRCF&GSF“F”10周 ...
しゃもっちさん

この記事へのコメント

2012/02/10 08:53:06
ご無沙汰ですw
性能面は文句無いと思いますね。
ただVWだけじゃないですが、例えばBMのMINIに一般的なオプション着けていくと、話題のレンジのイヴォークと同じ価格になります。
米国民に同じ事したら、告訴の嵐ですねw
少し落着いて考えたら、とても適性価格とは言い難いですが…これ以上は皆さん賛否諸々、お有りと思いますので失礼致しますw
コメントへの返答
2012/02/11 01:35:37
趣味性の高い車はオプションを豊富にする代わりに、本国発注になってしまうのも悪くは無いと思います。
しかし、ゴルフは実用車ですから、やはり適切な価格帯があるでしょうね。あと30万円位安いと文句なしだと思います。
2012/02/12 08:39:12
ジープパトリオットが258万円から売られるようになりましたが、性能はともかくパトリオットの方がCセグメントのゴルフよりもクラスが上の車。これがゴルフよりも安いのはなぜなんだろうと不思議に思います。アメ車の方が関税が安いというわけではないですよね。

ポロ2011モデルに試乗した時、それまではかったるかった出だしが劇的に良くなっていたのに驚きました。ゴルフ1.2TSIも出だしは良くなっているのでしょうか?私は現在ゴルフヴァリアントトレンドラインで片道15km車通勤していますが、渋滞が全くない帰宅時はMFIの燃費計表示で15〜17km/Lの燃費がコンスタントに出ます。1.2TSI+アイドリングストップ+回生システムで更にどれだけ燃費が延びるのか気になるところです。もし出だしも改善されているならこのゴルフ欲しいです。

アクセラとインプレッサを評価するのは私も同意見です。あとは日本車の場合 長距離を走ったときに疲れがどれだけ改善されているかが私の場合 購入時の評価のポイントだと思っています。
コメントへの返答
2012/02/12 15:12:01
DSGは年々良くなってますね。出足のグズグズした感じが無くなって来た様に思います。
乗る人間の慣れもあるでしょうが。
長距離の疲労感の原因として、ステアリングとてシートは欠かせない項目だと思いますが、アクセラとインプレッサは充分合格圏だと思います。
あとは足回りのセッティングでしょうか。
個人的には、TSIエンジンは回転フィールが退屈で眠くなりませんか?それとエンジンブレーキが弱い。この2点がゴルフの欠点かと。
2012/02/12 14:59:34
はじめまして。

素朴な疑問ですが、エンジン止まってる時に追突されたらどうなるのですか?前の障害物避けられないなんて事ないですよね。

ちょっと怖いんですけれど。
コメントへの返答
2012/02/12 15:14:18
確かに、そういう視点も大切と思います。
ブレーキを緩めれば瞬時に再始動しますが、間に合うかどうかは運でしょうか。
まぁ追突されたときに、前の障害物を避けられる余裕やドライブスキルがあるかどうか。それも運かもしれませんね。
私も若いときに居眠り運転のトヨタ・セプターに追突された事があります。しかし、ただ驚くだけでしたね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
Instagram開設しました: ezoflat Twitter運用中:ezoflat クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ファン

182 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
26台目 「乗れて・積めて・走れて・屋根が開くクルマ」をテーマに色々探し、試乗した結果辿 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.