• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezoflatのブログ一覧

2017年11月20日 イイね!

[一部改良]マツダ・デミオ 先進安全技術の採用拡充と特別仕様車

[一部改良]マツダ・デミオ 先進安全技術の採用拡充と特別仕様車マツダは「デミオ」に先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の採用を拡充するとともに、赤基調の内装を採用した特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」を新たに設定した。
今回の一部改良では、車両だけでなく歩行者も検知する先進安全技術の「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」に加え、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「ハイビーム・コントロール・システム(HBC)」を全機種で標準装備とし、既に標準化されている「AT誤発進抑制制御[前進時]」との組み合せで、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当させた。
これにより、「デミオ」から3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」まで日本国内で販売する主要6車種の全機種で「サポカーS・ワイド」に該当することとなった。
上記の安全装備に加え、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)」や「リアパーキングセンサー(センター/コーナー)」も全機種で標準装備するとともに、駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」と「フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)」を新たにメーカーオプション設定するなど、先進安全技術の採用を拡充した。
また、ボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」を新たに設定した。
特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」は、艶やかな深紅色のシートが白い空間に映える専用インテリアや、専用ボディカラー「セラミックメタリック」を採用した。私が所有していた特別仕様車「XD ミッド・センチュリー」とは少し方向性が違うが、レッド内装が復活したのはニュース。
ようやく「デミオ」もマツダの誇る先進安全技術「i-ACTIVSENSE」がフルに搭載され、国内のライバルを更に引き離した。正直、ガソリンモデルの「13S」が149万円で販売されることは「奇跡」と言っても良いレベルで「お買い得」なクルマだと思う。どうしてもディーゼルの話題が先行してしまうが、「ヴィッツ」や「フィット」と比べて走りは数段上。さらに安全装備は全部入り。ある意味、マツダの利益が出ているのか心配になる程だ。是非、国産のコンパクトカーを検討している方は乗り比べて見て欲しい。その差は走り出した瞬間に判る筈。
惜しいのは、「デミオ」ベースのユーティリティ系モデルがない事か。後席と荷室が狭いという理由で「デミオ」が選択肢から落ちるのは勿体無い。スズキ「スイフト」には「ソリオ」「イグニス」等の選択肢があるが、「デミオ」にはないのがネック。最新のマツダデザインでユーティリティ系モデルを作るとどうなるのか。是非見てみたい。
Posted at 2017/11/20 22:45:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | デミオ(DJ) | クルマ
2017年10月15日 イイね!

[24,890kmで売却]マツダ・デミオ XD ミッド・センチュリー 「マツダ天国」を実感 

[24,890kmで売却]マツダ・デミオ  XD ミッド・センチュリー 「マツダ天国」を実感 BMW「2シリーズ・アクティブツアラー」の納車に伴い、マツダ「デミオ」を売却した。1年10ヶ月で24,890kmを走行。近年ではもっとも距離を伸ばしたクルマになった。
まぁ「デミオ」の走行距離が伸びた要因は明確で、それまで「フレア・クロスオーバー」「S660」「デミオ(DY)・キャンバストップ」の3台体制であったところを反省(笑)し、以前から興味のあったクリーンディーゼルの「デミオ」に一本化。翌年の10月に「ジムニー」を購入するまでの走行はすべて「デミオ」のみだった。「ジムニー」も現在までに約7000kmを走破しているから、もし「デミオ」1台だったら約32,000kmを走っていたことになる。完全に過走行車ですね。週末しか乗らないのに.....。
もう随分昔から、欧州で主流となっていたクリーンディーゼルに興味を持っていて、いつかマイカーに迎えたいと考えていた。メルセデス・ベンツが2006年にEクラス「E320 CDI」を導入した際、敷居の高いヤナセへ行って試乗し、その怒涛のトルクに度肝を抜かれた事を思い出す。その後、マツダが「CX-5」で2.2Lのクリーンディーゼル「SKYACTIV-D 2.2」を展開するのは2012年から。既にメルセデスの衝撃から6年近くが経過していた。デミオが「SKYACTIV-D 1.5」を搭載して登場したのは2014年10月のこと。そして、翌2015年4月にレッドの内装色が特徴の特別仕様車「Mid Century」が発売され買うのはコレだと確信するも、既に「S660」を発注した後で即決は出来なかった。
その後、7月に「S660」が納車されるも期待したほどの刺激がなく、特にエンジンサウンドが物足りない。残念ながら寒くなってきた11月に売却が決定。ならば「S660」の売却資金を握りしめ「デミオ」の特別仕様車「Mid Century」をオーダーしようとマツダへ行ってみたら「Mid Century」は間もなくオーダー締め切り。既に希望のAWDは生産枠完売。FFモデルを本当にラスト数台で駆け込み契約となった。まあこれも縁あっての購入と思う。あと数日遅ければ特別仕様車は完売だった。
期待していた「SKYACTIV-D 1.5」の走りは想像以上のパフォーマンスで大満足だった。1.5L程度の小排気量エンジンとは思えない程に図太いトルクと、ディーゼルエンジンにしては高回転域もスムーズでスポーティな走りが楽しめた。国産コンパクトカーでは稀有な6速ATが奢られるのも魅力。CVTではどんな魅力的なエンジンも霞んでしまう。それでいて、所有期間トータルの平均燃費が 21.79km/Lを記録。燃料代の安い軽油だから、その経済性はトヨタのハイブリッド勢を確実に上回っていたはず。但し、都市部の渋滞路かつ短距離移動が主体ならばディーゼルは不適。何事も適材適所である。
スタイリングについては好みが分かれるのだろうが、私には世界的見て最も美しいデザインのクルマに分類しても良いと今でも思う。毎度乗る度に、流麗なボディラインに感心していた。その反面、実用性が多少トレードオフされていたのは否めない。特に後席は狭く、閉塞感が有ったと思うが、我が家ではリヤシートを使わないので実質的な問題は生じなかった。
世間的に評判の悪い(?)マツダ・コネクトだが、特に不都合はなかった。割りと頻繁にバージョンアップを繰り返しており、動作の安定性も当初に比べ格段に増していたと思う。むしろ、マツコネを前提にしたインパネデザインのお陰でスッキリ低くなり、前方視界が良くなった事を評価したい。
さて、未だに「マツダ」のクルマを毛嫌いする人が多いことに驚く。まぁブランドイメージというのは一朝一夕には確立しないものだから、仕方がない。更に、国内ではイメージの悪い「ディーゼルエンジン」だから、「マツダのディーゼル」と随分冷ややかな評価も耳にした。そして、常に付きまとうのが「マツダ地獄」と言う悪評。要するにリセールが低いから、マツダの下取りに入れるしか無いという悪循環。今回我が「デミオ」の売却に当たり、「マツダ地獄」どころか「マツダ天国」だったことを実証したとマツダの名誉のためにも書いておきたい。
私が購入した「デミオ」の「XD ミッド・センチュリー」(FF/6AT)は199.8万円(税込)。更にメーカーOPとして有料色(ソウルレッド)とセーフティーパッケージを加えて合計212.7万円(税込/諸費用等含まず)。購入から約1年10ヶ月が経過し、約2.5万キロを走行したクルマの買取価格として、正直想定外の高額が提示されて驚いた。台数の少ない特別仕様車だった事と、距離の割には目立った傷もなく、内外装が綺麗に保たれていた事が評価ポイントだったとか。(合計217万円から値引額を差し引いた購入金額と買取価格を比較して約80%の高評価)
更に言えば、マツダの販売店が提示した下取り価格が最も低かった(笑)事も「マツダ地獄」ではなかったことの証明になるだろうか。次のオーナーにも大事にされる事を願いたい。
正直「デミオ」には良い印象しか無い。また機会があれば、熟成された最終モデルを買ってみても良いと思っている。もう少しカラーバリエーションを増やすか、「スイフト・スポーツ」に相当するスポーティなグレードを追加設定する等、選択肢が増えることを期待したい。

↓売却直前の撮影だが、傷や色褪せも無く綺麗な状態をキープ。

↓このレッド内装が購入の決め手。日本車ではなかなか無いセンス。(この写真は購入直後に撮影)

↓後ろ姿はどことなくイタリアンな佇まい。

↓買取店へ引き渡し直前。燃料は満タンに。時間をかけ隅々まで洗車してから送り出した。

Posted at 2017/10/15 00:41:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | デミオ(DJ) | クルマ
2017年04月15日 イイね!

[累計走行20,000km突破]マツダ・デミオ 累計平均燃費は21.76km/L。

[累計走行20,000km突破]マツダ・デミオ 累計平均燃費は21.76km/L。我が「デミオ」の累計走行距離が20,000kmを突破した。2015年12月に納車されたクルマだから、1年4カ月(16ヶ月)で達成と言う計算だ。これまでの累計実効平均燃費は21.76km/Lとなった。ピーク時には22.20km/L程度まで伸びていたが、冬期間はスタッドレスタイヤを履くことで10~15%程度燃費が悪くなる傾向。まぁ誤差の範囲。単価の安い軽油を使っての数値だから何ら文句はない。
残念ながら、世の中には未だ「ディーゼル」や「マツダ」というキーワードに拒絶反応を示す人も少なくない。「マツダのディーゼルなんて...」と口に出さずとも、雰囲気で察してしまう事はある。まぁ世の中価値観はそれぞれだが、食わず嫌いは勿体無い。更に言えば、最近のマツダ車はそんなにリセールも悪くない。最近の「マツダ地獄」は「買ったら最後。リセールが弱く他メーカーへ乗り換えられない」ではなく、「買ったら最後。クルマが良いから他メーカーへ乗り換えられない」と言う意味かもしれぬ(笑)。
過去の車歴を振り返っても、最速ペースで走行距離を伸ばしている。「フレアクロスオーバー」は1年10カ月で22,700kmを走行し、「デミオ」の下取りに入ったわけだが、このペースでいけばそれを超えるのは確実。それだけ「デミオ」を気に入っているという事なのかもしれない。
私の勝手な予想だが、今年の後半あたりに「デミオ」の一部改良が実施され、「CX-3」には搭載済みの「アドバンストSCBS」(アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートの略)が設定されるのではないかと期待している。そのタイミングで最新の「デミオ」へ入れ替えても良いかな...と考えたりもする。但し、内装色の設定も気になるところ。私の「デミオ」は「Mid Century」と言う特別仕様車でレッドの内装が特徴である。「デミオ」のコンセプトモデルであった「跳(HAZUMI)」がレッド内装だったから、私の中で「デミオ」を買うなら内装はレッドにしたかった。現行ラインナップには「Tailored Brown」と言う特別仕様車が設定されているが、ちょっと私のイメージするところではない。そのあたりも期待しつつ、楽しみに待ちたい。



↓現在の特別仕様車「Tailored Brown」の内装。悪くは無いが、私の期待するものと方向性が異なる。
Posted at 2017/04/15 14:10:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | デミオ(DJ) | クルマ
2016年12月29日 イイね!

[納車から1年が経過]マツダ・デミオ 平均燃費は22.17km/Lに向上。

[納車から1年が経過]マツダ・デミオ 平均燃費は22.17km/Lに向上。我が「デミオ」は無事納車から1年が経過。走行距離は丁度16,000kmを突破したところで、これまでの累計実効平均燃費は22.17km/Lとなった。e燃費データでライバル各車と比べても極めて優秀な数値。余計なバッテリーやモーターを搭載しない純然たる内燃機関モデルとしてトップレベル。
鳴り物入りで登場した日産「ノート」e-POWERモデルの平均燃費は20.28km/L(12/29時点)に留まっており、単価の高いレギュラーガソリンを使って発電することを考えると「デミオ」のライバルではない。JC08モード値34.0~37.2 km/Lを掲げる日産「ノート」だが正直期待外れ。
余談だが、JC08モードは2018年10月迄に廃止され、国際基準である「WLTP」に移行が決定している。インチキなカタログ燃費に惑わされず、実態に即した数値が示されることを期待したい。
我が「デミオ」は先日12か月点検を実施し、オイル・フィルターに加え、スタッドレスタイヤへ交換を終えたから冬支度は万全。11月に発表されたリコール対策も実施。心残りは「Gベクタリングコントロール」搭載の改良後「デミオ」をテストしたかったが、時間が無く断念。来年に持ち越しである。
納車から1年が経過した「デミオ」。自分でも驚くほどに過去最高レベルで気に入っている。もし今不幸にして「デミオ」を失う事故に遭ったとしても躊躇なく再び「デミオ」を選ぶだろう。(グレードやミッションが変わることは考えられるが....)5ナンバー枠に収まるコンパクトなボディと美しいデザインの両立。最先端のクリーンディーゼルエンジンと6ATによるキレのあるパワフルな走り。価格を考えれば、内外装の仕上げや快適・安全装備も充実していて満足度は高い。
国内では「デミオ」にとって唯一のライバルと言えるスズキ「スイフト」がモデルチェンジ。これについては後日詳しくレポートする予定だが、カタログ情報だけで判断するならば私は「デミオ」に軍配。でも遅れて登場する「スイフトスポーツ」はやはり楽しみ。「デミオ」もスポーツモデル出せばよいのに。
最近私のカーライフは長距離ランナー「デミオ」と、近所を走り回る「ジムニー」の二台体制で上手く回っている。これまでも何度か複数台保有にチャレンジしたが、大抵はどちらかの稼働率が下がった結果、維持に無駄を感じ売却してしまうが、今回は初めて綺麗に棲み分けが出来ているようだ。当面はこの2台体制で行こうと思っている。


Posted at 2016/12/30 00:02:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | デミオ(DJ) | クルマ
2016年09月20日 イイね!

[累計走行13,000km突破]マツダ・デミオ 平均燃費は21.98km/Lに向上。

[累計走行13,000km突破]マツダ・デミオ 平均燃費は21.98km/Lに向上。我が愛車「マツダ・デミオ」の走行距離が13,000kmを突破した。先月(8月)10,000km突破の報告をしたばかりだから、1.5ヶ月で3000kmを走破したことになる。まぁ夏の行楽シーズンだった事や、今年は布袋寅泰の35周年記念イヤーであり、各地のライブに足を運んでいることも距離を伸ばした要因かもしれない。
平均燃費は前回の21.86km/L⇒21.98km/Lに僅かながらも向上している。真夏でエアコンを常用する季節でも取り立てて燃費が低下する傾向がなかったのは驚いた。燃料価格も85円前後でここ数ヶ月安定しており、1000km走行するのに燃料代は4000円以下(3870円程度)の低ランニングコストで運用出来ているのは有り難い。恐らく、大方のトヨタ・ハイブリッド勢よりも低コストなのではないかと思う。特にエコ運転はしておらず、山道では結構コーナリングを楽しみながら走っているから何も文句はない。
先日、我が「デミオ」にリコールが発表された。その内容は「ディーゼルエンジンにおいて、エンジン制御コンピュータの吸入空気量制御が不適切なため、気筒内の燃料濃度が部分的に濃くなり、燃焼時に多く煤が発生することがある。そのため、排気バルブが開いた際に煤が排気側バルブガイド周辺に入り堆積して、バルブが動きにくくなり、圧縮不良による加速不良や車体振動が発生し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある」と言うもの。
リコール作業として、「制御プログラムを対策プログラムに修正し、インジェクタおよび排気側のバルブ周辺に堆積した煤を清掃。」概ね1時間程度の作業との事で、先日入庫し、作業を完了している。主に、低速域でのノロノロ運転や渋滞路でのストップandゴーを繰り返す環境で多用している個体に発生しやすい事象とか。我が「デミオ」の利用状況では恐らく、全走行時間の3%位かな...。
また、その際に以前から動作に違和感を感じていた「ハイビームコントロールシステム」の点検を依頼したところ、コンピューターに動作不良のログが記録されていたらしく、後日カメラユニットの交換と診断された。体感的には湿度が高い日や車内外の温度差が大きいときに「ハイビームコントロールシステム」が動作しない事があった。ユニット交換で改善されるのか様子見をしたい。
リコール作業の間、今頃になって昨年12月に実施された改良後の同型「デミオ」(1.5L-D)に短時間ながら乗ることができた。我が「デミオ」を購入する際にも、既に改良予定は耳に入っており、かなり悩んだのだが、限定車「Mid Century」のレッド内装を優先して改良前モデルを購入した次第。
昨年12月の改良内容としては、「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と「DE精密過給制御」の搭載と電動パワーステアリング制御の改良が特に気になるポイントだった。
結論から言えば、確かにチューニングは変わっているが、それは改良前のモデルに常に乗っているからこそ体感出来た話であり、短時間の試乗レベルでは体感出来ないか、体感したとしてもそう大きな問題にはなるまい。
具体的に言えば、信号発進時や交差点等で減速からの再加速の際に、アクセルペダルの踏み込みに対しワンテンポ、トルクの立ち上がりが遅れる現象があるが、改良後はアクセルレスポンスが向上している。低回転域がトルクアップした様な印象だが、逆を言えば高回転まで回した際の伸びしろが少し減ったようにも感じる。しかし、総じて街中では乗りやすくなったと言える。一方で、電動パワーステアリング制御の改良で全般的にアシスト量が増えてステアリングが軽くなった。歓迎する方も多いだろうが、私は好みではない。設定で味付けを選べるようにしてくれると有り難い。「ナチュラル・サウンド・スムーザー」については、正直10%前後の騒音の低減。もしくは音質の改善があったという印象。オーディオを流していればその差は無視出来る程度かな。いずれも、夏タイヤからスタッドレスタイヤに履き替えた時の方がフィーリングの変化が大きいと感じる程度。そういう意味では、限定車「Mid Century」のレッド内装を優先して改良前モデルを買って個人的には正解だったかもしれない。
さてさて。「デミオ」も納車からもう少しで1年が経過。順調に距離を伸ばしているが、今のところ「デミオ」を買い替える予定はなく、下手をすると初めて車検のタイミング(3年間)まで乗るかもしれないと感じているところ。一方、転勤によるドタバタもひと段落したこともあり、昨年末より途切れていた「S660」の後継となるセカンドカー選びに着手している。今回はシンプルに運転が楽しめるクルマ。根本的な原点回帰をテーマに、プリミティブなクルマを検討している。(もちろん低予算の中で)候補としては古いマツダ「ロードスター(NA/NB)」や軽トラなんかを漠然と考えている。まぁその話題についてはまた次回以降で。
Posted at 2016/09/20 20:39:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | デミオ(DJ) | クルマ

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
Instagram開設しました: ezoflat Twitter運用中:ezoflat クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

181 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
26台目 「乗れて・積めて・走れて・屋根が開くクルマ」をテーマに色々探し、試乗した結果辿 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.