車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2012年07月02日 イイね!
[6年間住んだ埼玉を離れ...]杜の都・仙台市へ移転しました。当ブログは2004年3月に「エキサイト・ブログ」でスタートし、2008年7月に「みんから」へ引越し。累計すると現在9年目に突入している。まぁ自分でも良く続いたものだと感心しているが、この度本拠地をさいたま市より「杜の都・仙台市」へ全面的に移転することとなった。まぁ早い話、転勤です。約6年間に及んだ窮屈な首都圏の生活から開放され、仙台での新しい生活がスタートします。引越し等の準備のため、いつにも増してブログの更新が滞っていることをお詫びいたします。環境が落ち着き次第、回復する予定です。
既に仙台での生活をスタートしています。仙台は復興特需と言われるように、震災以前よりも活況の様にも見えますが、それはごく一部の話。被災地では未だ苦しい生活と見えない将来に不安を抱いている方も多くいらっしゃる事でしょう。仙台での生活・勤務を通じ、ほんの僅かでも震災復興に貢献出来ることを願っています。
仙台周辺のクルマ好きな皆様。どうぞ宜しく願いします。また、以前からの読者様もこれまで同様に宜しくお願いいたします。引越しや住居の下見もあって、納車されたばかりのコペンはフル稼働。既に納車1ヶ月で2000kmを突破しました。コペンのお話は後日じっくりと。
↓仙台の名物といえば「牛タン」。やはり仙台初日はこれでしょ。

↓納車一ヶ月弱で2000km突破は近年珍しい。平均燃費は14km/L前後。
Posted at 2012/07/02 22:45:15 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日々の戯言 | 日記
2012年05月03日 イイね!
[そろそろ考えを改めないと]関越道のバス事故について思う事。 連日に渡り、関越道で発生した高速ツアーバス事故の事が報道されている。運転手の居眠りが原因による痛ましい事故であり、亡くなった方のご冥福をお祈りしたい。
この事件ではバス運転手の過酷な労働環境が浮き彫りになっている。クルマは人間が運転する以上、ドライバーの体調は何よりも優先されるべき事項である。しかし、実際のところは目先の利益が優先され、交代要員も無く長時間の運転を強要されている。もちろん、これは氷山の一角。トラック・バスドライバーの大多数は今この時点でも眠気と闘いながらステアリングを握っている事だろう。この事件を契機に、職業ドライバーの地位向上を願うばかりだ。
気になるのは格安の高速バスツアー(最近は「新高速バス」と呼ぶらしい)。金沢→東京間が3500円(片道)で乗れるらしい。これはあまりにも安過ぎるのではないか。新幹線や飛行機を使うと安くても1.5万円(片道)はかかるルート。大手高速バス会社の半額レベルで運行されている計算だ。そろそろ日本人も「安い価格には理由がある」という事を理解すべきではないだろうか。「食の安全」は以前よりも興味関心が高まりつつある様に思うが、交通手段とて同じ事である。価格が下がれば、下請けが泣かされる。運転手の賃金は下がり、労働環境も劣悪になる。更にバス等の機材も更改や整備が見送られ状態が悪くなる。故障やタイヤの磨耗も放置されるかもしれない。「ベストエフォート(最善の努力)」と言うが、例え低コストであったとしても従来の日本人的サービス精神で成立していたサービス品質も、昨今の行き過ぎたデフレ環境下では維持出来なくなった。今や「安かろう=悪かろう」である。自分の身を守るためには、ある程度のコストは許容しなければならない時代ではないか。もしくは低コストのサービスを利用するならば、それなりのリスクは覚悟しなければならない。そんな事を、今回の事件から感じている。単純に運転手の居眠りを責めてもこの問題は一歩も進まない。
牛丼・ハンバーガー・デジカメ・携帯電話・クルマ....そして運賃。消費者としては「安い」事が大きな魅力である事は間違いない。しかし、度を越した値下げ要求は回りまわって自分の首を絞めることになる。結局は消費者自身が気づかなければ「デフレ」のスパイラルから脱する事は出来ない。
日本のクルマに遅々として安全装備が普及しないのは何故か。ヘッドレストやスタビライザーなんて原価にすれば微々たるモノさえ省かれているのが現実。「安い」事が本当に正義なのか....。後席にヘッドレストが無い新車の「ミラ・イース」にファミリーが乗り込んでいる姿を見る度に、事故が起きない事を祈っている。「ミラ・シリーズ」は2012年3月に29721台が登録されている(乗用のみ)。昨年の3月は8321台だったから、増えた2.1万台は「ミラ・イース」だと思って良いだろう。「ミラ・イース」は5月の改良で後席ヘッドレストを装備するとの情報があるのがせめてもの救い。
Posted at 2012/05/03 20:46:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々の戯言 | クルマ
2012年03月20日 イイね!
[お陰さまで9年目に突入]体力の衰えは自覚しつつも....。当ブログはエキサイトで綴っていた時代も含め、9年目に突入いたしました。いつもお立ち寄り頂いている皆様には感謝です。以前よりも更新の頻度が落ちている事は猛省ですが、あまり手抜きでいい加減な記事もアップ出来ない性格なもので。これからも雑誌等ではスポンサーを気にして書けないような鋭い切り口をモットーにチマチマと書き続けたいと思います。また、熟成された後期モデルのインプレッション記事が当ブログではかなりのアクセス数を記録している事からも、雑誌等メディアでは取り上げ辛いテーマなのかもしれません。まぁニッチなニーズにお応えするのが私の悦びですから。
年々体力・気力の衰えを自覚し、深夜のドライブも減り...。クルマに接する時間も減っているし、カメラを持ち出すことなんか激減のレベル。イカンですね。今年は奮起したいと思っていますが、どうなる事やら。S2000を売却して以降、スポーツ路線のクルマから離れているが今年は復帰したいな。

保有期間 2008.07~2010.01 
Posted at 2012/03/20 23:49:52 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日々の戯言 | クルマ
2011年04月17日 イイね!
[気がつけば8年目に突入]いつまで続くか判りませんが.....震災の発生から1ヶ月が経過した。相変わらず余震は続き、原発もギリギリの攻防が続いている。首都圏は春になって暖房需要が低下した事と、眠っていた火力発電所が再稼動したお陰で計画停電はひとまず落ち着いた。震災直後は米やカップ麺等の食品が奪い合いとなり、ガソリンも入手困難となったが、今では普通に入手可能となった。私は震災直後から愛車に乗ることを控えていたが、4月に入って近所でもガソリンが普通に入手出来る事を確認し、解禁とした。
昨年の11月末に納車された我がビートル。先日ようやく累計走行距離が2000kmを突破した。12月中旬に1000kmを突破していたから、その後1000km上乗せするのに4ヶ月もかかってしまった。震災に加え、今冬は降雪が多く家に閉じ篭っていた事も要因のひとつだろうが....間違いなく過去最低のペースである。
さて、うっかり記念日を通り過ぎてしまったが当ブログは2004年3月17日に開設し、途中2008年7月に現在地である「みんから」への引越しを経て今日へ至っている。月日が経つのは早いもので8年目に突入した。まぁ良く続いたものだと自分の事ながら感心....。この先もいつまで続くか判りませんが、ボチボチと綴って行きたいと思います。
日本ではフィット・シャトルやプリウスα等の新車発表が延期されていますが、噂では数日以内に新型ニュービートルが発表になるのだとか。楽しみなんですが、いよいよ旧モデルになってしまう事への寂しさもあり複雑な気分。左上の写真は1台目のニュービートルが納車されてまだ数ヶ月の頃。2000年8月に「ツインリンクもてぎ」で開催された第1回のVWフェスタの時に撮影したもの。私はまだ25歳だった.....(恥)。下の写真はフジコーポレーションさんのサイトで提供しているホイールフィッティングルームで愛車の写真(真横のアングルのみ)に色々なアルミホイールを装着して検討が出来るという優れモノ。これ結構はまります。お洒落は足元から....。
Posted at 2011/04/17 23:40:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々の戯言 | 日記
2011年03月13日 イイね!
3月11日14時46分。M9.0を記録した東北地方太平洋沖地震が発生。その瞬間、私は都内のオフィスにて朝から延々と続く会議にウンザリしていた。頑丈なビルだった事が幸いし、揺れている最中もさほど恐怖を感じる事も無く、会議室のドアまで歩いて行き、避難経路を確保した位。揺れが収まると一旦中断していた会議が再開された。その時点ではこんな大災害に発展するとは夢にも思わなかった。しかし、数分後にメンバーが携帯電話でワンセグを受信。一大事である事が発覚した。それ以降はずっとテレビを見てただ驚くばかり。この1~2週間以内にも仙台や水戸には出張で訪れていただけに、ほんの数日違いで自分も被災者となっていた事を考えると胸が痛みます。
首都圏は鉄道が軒並み運休となり私も「帰宅難民」になった。一部の都内在住者は徒歩での帰宅を決め会社を出た者も居たが、私の自宅は職場から約38km(徒歩ルート)の距離にあり、通常時でも9時間はかかると判断。職場に留まり、一夜を明かす事となった。職場から僅か8kmの距離を徒歩で帰った同僚も、渋滞と多数の徒歩帰宅者に阻まれ、2時間で着くはずのところを5時間もかかって帰ったとの報告を聞いたのは既に日付が変わってからの事。直接的な震災被害が少なかった首都圏と言えども、鉄道がストップしただけで大変な騒ぎとなった。離れている妻の携帯電話になかなか繋がらず苦労したが、なんとか通話やメールで連絡する事が出来た。ドコモの携帯で良かったと思う瞬間。1円でも安く...が最近の風潮だが品質や安全にもコストを割くべきと再認識されれば良いが。
都心に残る事となった同僚達と、近くのコンビニへ夕食と夜食を買出しに出掛けだが、予想を上回る人数がコンビニへ大挙して押し寄せており、既にパン・おにぎり・お弁当・お菓子などの食料は売り切れており、僅かに残ったチョコレートなどを奪い合っている様な状態だった。それでも幸運な事に、職場の若手諸君が1時間以上も行列に並び、牛丼を買って来てくれた。(牛丼店も後に完売となり臨時閉店)コンビニだけでは無く、居酒屋や焼肉店など大半の飲食店が「完売の為休業」とか「ご飯モノ売り切れ」と張り紙を出しており、たった一晩の食料すら供給出来ない現状に愕然とした。「都会は便利」と思っているのは平常時だけであり、災害時はむしろ危険な場所なのかもしれない。これが日本じゃなければ略奪や暴徒化だのって騒ぎになるところです。
夜はテレビ中継と繰り返し響き渡る「緊急地震速報」のお陰で一睡も出来なかった。余震も随分続きました。被災地の方は暗闇の中でどれだけ心細い夜を過ごされたか想像を絶します。
私鉄・地下鉄各線は深夜になってかなりの路線が運転再開になって来たが、JR東日本は全線が運休のまま。翌朝7時から運転再開と発表されたが、実際には9時近くまで運転再開は待たされる事となった。更に、駅は運転再開を待つ「帰宅難民者」で大混雑。入場制限を実施しており、電車も超満員で運転本数も少ないとの事。結局、JR線を諦め地下鉄線を乗り継ぎながら赤羽を経由し埼玉へ戻ってくる事が出来た。こんなにも埼玉を遠く感じたのは初めての経験だった。
被災地で苦労されている方に一刻も早く、救援物資等が届く事と、少しでも多くの人命が救われる事を祈りたい。首都圏も計画停電や物流の麻痺によるガソリンや生活物資の品薄が続きそうな予感。多少の不便は受け入れ、無意味な買い占めやパニック的行動は慎みたいものです。こう言う時にこそ、日本人のモラルが問われているのだと思います。

3/19 追記
大震災の発生から一週間以上が経過。日を追う毎に犠牲となった方の人数は増えていくばかり。行方不明となっている方も依然として多数居るようだ。首都圏は計画停電の影響で鉄道の運行が不安定となり、通勤者は今夜も無事に帰宅出来るだろうかビクビクしながら自宅と会社を往復する日々。相変わらず、街中ではガソリンを求め大渋滞が発生し、スーパーでは不必要な買占めが横行している。義援金詐欺やネットオークションに乾電池やラジオなどを高額で出品する輩が多数居るのも事実。日本人の中にも自分さえ良ければ.....と恥ずべき行動をする情けない輩がこれ程にも多いのかと驚かざるを得ない。
今回の災害を見ても、クルマは有事の際に案外役立たない事が多い。恐らく、クルマで非難している最中、津波に巻き込まれた方も多数居るだろう。アメリカでもハリケーン被害の際に大渋滞が発生している映像は記憶に新しい。そして現在の首都圏の様に、少しでもガソリンに不足感が出るとアチコチでガソリンスタンドを目指した渋滞が発生する。ヒトはクルマによって自由に遠くまで移動出来る能力を得たが、それは決して万能では無いと言うことを思い知った様に思う。もちろん、全員がジムニーに乗れば回避出来るとかそういう問題でもない。今回の経験と教訓は今後、私のクルマ選びにも大きく影響を与えるだろう。
Posted at 2011/03/13 20:33:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々の戯言 | 日記
プロフィール
「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコチ望まぬ転勤を繰り返す"しがない"サラリーマン。そろそろ地元の北海道へ帰って夢のガレージと家...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ファン
183 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
22台目は中古デミオ。春になったし、何か手頃で面白いクルマは無いかとネットを徘徊していた ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.