• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezoflatのブログ一覧

2017年09月24日 イイね!

[東京モーターショー2017]スズキ・XBEE(クロスビー) 普通車版ハスラー

[東京モーターショー2017]スズキ・XBEE(クロスビー) 普通車版ハスラー いよいよ東京モーターショー2017の開催まであと1か月程となり、各社から出展に関するリリースが出される時期が来た。海外勢の相次ぐ出展見合わせなど暗いニュースもあるが、やはりクルマ好きとしては楽しみなイベントである。
スズキは以前から噂されていた軽自動車「ハスラー」の普通車版となる「XBEE(クロスビー)」を出展する。恐らく年内には正式にリリースされるだろう。
「XBEE(クロスビー)」のボディサイズは全長3760mm全幅1670mm全高1705mmでホイルベースは2435mmと発表されている。
同じスズキの「イグニス」は全長3700mm全幅1660mm全高1595mmでホイルベース2435mm。当然ながら同一プラットホームを共有する兄弟車種になると思うが、「イグニス」は海外市場メインのAセグメントカーなのに対し、「XBEE(クロスビー)」は国内市場がメインなのかもしれない。「イグニス」はスペース効率を重視する日本市場では上半身を絞り過ぎている様に感じていたので、「XBEE(クロスビー)」を歓迎するユーザーも多いだろう。個人的に「イグニス」のデザインはかなり好き。しかし現状はマイルドハイブリッドの直4 1.2L(NA)+CVTのパワートレーンがイマイチ。「XBEE(クロスビー)」は3気筒1.0Lターボ+マイルドハイブリッドだと言われているから、ミッションは6ATだろうか。
個人的に「XBEE(クロスビー)」は登場から間もなく4年が経過する「ハスラー」と似過ぎているのが気がかり。間違いなく「XBEE(クロスビー)」のモデルライフ半ばで「ハスラー」はフルモデルチェンジをするはずで、その際一気に陳腐化する可能性があるのではないか。まぁ次期「ハスラー」が超キープコンセプトと明言されたようなものか....。
前々回の東京モーターショー2013に出展された「ハスラー」を見てその場で購入を決意し、愛車に迎えた訳だが、「XBEE(クロスビー)」には正直そこまで熱いものは感じない。会場で印象が好転する事を期待している。



Posted at 2017/09/24 22:03:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年09月17日 イイね!

[一部改良]マツダ・アクセラ "360°ビュー・モニター"の採用

[一部改良]マツダ・アクセラ "360°ビュー・モニター"の採用マツダは「アクセラ」を一部改良した。今回の一部改良は車両と歩行者の検知が可能な衝突被害軽減ブレーキ「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」、AT車のペダル踏み間違い事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「先進ライト」(経済産業省による自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯または配光可変型前照灯の総称)を、全機種で標準装備とする。これにより「アクセラ」は、「CX-3」、「CX-5」、「アテンザ」と同様、「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に全機種が該当する。
更に、事故リスクの低減を目指し、ドライバーの死角になりやすい車両側方および後方の危険認知をサポートする「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」や「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」も全機種で標準装備とした。
更に、他社のクルマでは採用事例が増えていた駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」を、マツダ車として初採用するのもニュース。
これまで、「アクセラ・セダン」にはトヨタ由来のハイブリッドモデルが設定されていたからか、ディーゼルエンジンの設定に消極的だったが、今回の一部改良でようやく「SKYACTIV-D 1.5」の搭載モデルが追加された。その他、ボディ色の「ソウルレッド」が新色の「ソウルレッドクリスタルメタリック」へ変更されている。
「アクセラ」は日本市場でチト影が薄い存在だが、グローバルではマツダの最量販車種。そのため、エンジン・ミッションのラインナップも豊富。ガソリンの「SKYACTIV-G1.5」には6AT/6MTを設定。ディーゼルの「SKYACTIV-D1.5」は6ATのみ。「SKYACTIV-D2.2」はアクセラスポーツ(ハッチバック)に6AT/6MTを用意し、セダンは6ATのみ。更に、セダンにはハイブリッドモデル「SKYACTIV-HYBRID
(SKYACTIV-G 2.0+モーター)」を用意。1つの車種でこんなにパワートレーンが豊富なのも珍しい。この中から私が選ぶとすれば、やはり「22XD L Package」の6MT/AWD。価格は331.0万円である。安全・快適装備も充実し、間違いなくお買い得と思うが、欧州のライバル勢と比較すると内装のデザインや色遣いが事務的で品質・高揚感に劣るのが弱点である。次期型はインテリアの魅力アップに励んで欲しい。今回の一部改良でもその点は未着手で残念。真面目で真摯なクルマづくりの次はマツダのクルマに深い愛着を感じてもらう工夫が必要だ。今年のモーターショーに何かヒントが有ることを期待している。
Posted at 2017/09/17 19:35:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年09月13日 イイね!

[フルモデルチェンジ]ホンダ・シビックシリーズ 日本市場へ復帰

[フルモデルチェンジ]ホンダ・シビックシリーズ 日本市場へ復帰ホンダは新型「シビック」シリーズを9月29日に国内市場で発売する。今回10代目となる「シビック」は「セダン」「ハッチバック」に加え最もスポーティーな「タイプR」も同時に日本市場へ投入される。
通常の「シビック」シリーズは8代目のFD型が2010年に販売を終えて以来、約7年ぶりに国内市場へ復帰となる。但し、「シビックタイプR EURO」(8代目)や2015年に750台限定で販売された先代「タイプR」が存在するから、そんなに「シビックが国内復活」だと騒ぐ程の事ではない。
私にとって「シビック」は5代目のEG型が一番印象的。VTECエンジンを搭載した「SiR」が輝いていたっけ。私が免許を取得した頃にフルモデルチェンジを実施し、6代目のEK型へ移行。この時に初代「シビックタイプR」が登場するわけだが、6代目のEK型はバブル崩壊の影響をモロに受け、コストダウンの爪痕が随所に目立っていたクルマと記憶している。それ以降の「シビック」は.....あまり印象に残ってないなぁ。
8代目FD型はセダンをベースに「タイプR」を設定していた。丁度その頃「S2000」に乗っていたので代車として「タイプR」をお借りして1日走り込んだが、随分とハードな乗り心地に閉口したっけ。続く「シビックタイプR EURO」も1日お借りしてテストしたが、フィット由来のセンタータンクレイアウトの弊害で、シートポジションが高くガッカリしたな...。昔話はこのくらいにして。
新型「シビック」は今年の東京オートサロンで既に実車に対面済み。もはや日本人が抱く「シビック」のイメージとは大きく乖離するボディサイズ(セダンの場合、全長4650mm全幅1800mm)に違和感がないわけではないが、郷愁にかられていても現実はひとつ。これが売れてホンダが潤えば、我々の期待するスポーツモデルの開発に弾みが付くと期待するしか無い。アチコチの誌面等で「今頃シビックを日本市場に投入しても...」みたいな批判的な記事を沢山読んだが、何故批判するのか私には理解できない。少なくとも消費者にとって選択肢が増えることは100%ウエルカムなハズ。後は欲しいと思った人が買って1票投じれば良いだけのこと。折角重い腰を上げたメーカーの挑戦を非難すべきではない。メディアはクルマ本体の出来栄えを大いに評論すれば良いのではないか。
正直に言えば、新型「シビック」のデザインは結構スキかも(笑)。マツダ的な流麗で美しいクルマづくりとは対象的で、ラギット感があり、いかにもアメリカで受けそうな(というよりアメリカそのもの??)雰囲気も流石に板についている。インテリアも判りやすい高級感はないが、新しいクルマを買う高揚感はソコソコにありそう。違う言い方をすれば、昔のホンダ車(例えるならリトラクタヘッドランプの3代目アコードとか)がもっていた「ちょっとスカした」感じで面白いかなと。現在の日本市場でこのクルマがどの程度ヒットするか判らないが、無機質なエコカーに飽々しつつも、高価な海外ブランドに手を出すには....と躊躇していた中高年層の反応が楽しみ。鍵は長年染み付いた「シビック」と言う車名から受けるイメージを刷新出来るかどうか。(「デミオ」も同じ問題を抱えている。)
個人的に注目しているのは「ハッチバック」の6MTモデル。「アルト・ワークス」や「スイフト・スポーツ」には年齢的にも(?)少し気後れするが、もはや高価格車になった「ゴルフGTI」クラスまで選択肢を拡大するのも....と悶々とする中で「シビック・ハッチバック」の6MTなら280万円と現実的。安全装備・快適装備も標準で揃うのも良心的。車重1320kgに対して、エンジンは1.5Lのダウンサイジングターボで182ps/5500rpm 24.5/1900-5000rpmを発揮するから充分なアウトプットだろう。燃料がハイオクなのは残念だが、それもスポーツモデルの勲章か。ホンダの販売店に6MTの試乗車が配備されるのなら是非試してみたいのだが。(現実的にMTの試乗車は難しいだろうな)マツダ「アクセラ」の「22XD」にも6MTが設定され、「シビック・ハッチバック」のライバルにもなりそうだが、試乗車が全く用意されておらず、これまでテスト出来ていない。
最後に最新の「タイプR」について。自ら「Honda渾身のリアルスポーツカー。」と説明するように、FFスポーツ世界一の座を目指して開発されたスポーツカー。450万円と言う価格に異論が多いようだが、私はむしろ割安感すら感じている。VW「ゴルフGTI」の6MTが389.9万円だが、アダプティブシャシーコントロール"DCC"等を追加すると「シビック・タイプR」とほぼ同価格帯になる。最新の2.0Lターボエンジンクラスのスポーツモデルはコレくらいはするということ。但し、国内では過去を見ても明らかなように「シビック・タイプR」が圧倒的にリセールが強いだろうから、トータルでは割安だと思う。但し、「シビック・タイプR」は全幅が1875mmまで拡大されているから要注意。(私の借りている駐車場は18500mm以下の制約が有る。)
今のところ、「シビック」を慌てて新車で購入する事はないと思うが、北米にはしっかりと存在する「クーペ」が日本市場にも投入されたら確実に買うつもり。ホンダさん頼みますよ。

↓日本未導入の「シビック・クーペ」。台数限定でも輸入して欲しい。


↓シビック SiR・II 1991年

↓アコード 2.0Si 1985年


Posted at 2017/09/17 14:51:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年09月11日 イイね!

[新グレード追加]スズキ・スイフト 今度は「フル」ハイブリッド。 

[新グレード追加]スズキ・スイフト 今度は「フル」ハイブリッド。 スズキ「スイフト」にフルハイブリッドモデルを追加した。既に「ソリオ」で実績のある、駆動用モーター(MGU=Motor Generator Unit)とオートギヤシフト(AGS)を組み合わせるスズキ独自方式のハイブリッドシステムを搭載する。走行中に蓄えた電力をMGUに供給することで、モーターによるアシスト走行に加え、クリープ走行時や一定速走行時にはエンジンを自動停止してEV走行も可能としたのが特徴。
最近はどれだけエンジンを停止してEV走行が出来るかでシステムの優劣が語られる風潮だが、それは明確に否定しておきたい。結果的に走行性能を犠牲にせず、燃料消費が抑えられるのであればEV走行だけが価値ではない。EV走行に目新しさを感じるのかもしれないが、それなら日産「ノートe-Power」を買えばずっとEV走行な訳で、偏った価値観は改める必要がある。
スズキ方式の最大の魅力は「そもそも軽量」であること。エネルギー消費を抑えるため、車体重量を軽くするのも立派な技術。フルハイブリッドモデルも960kgと1000kg以下をキープし、JC08モード走行値で32.0km/Lを達成しているのだから、もっと評価されてよい。
価格は「HYBRID SG」の166.8万円~「HYBRID SL」の194.9万円。価格も結構リーズナブルだが、内外装に「ハイブリッド車」である事を誇張するような装飾は無く、アッサリとしたもの。個人的には良識だと思うが、市場の反応とは違うのだろうか。
さて、現行「スイフト」が今年の1月に発売されてから既に8カ月以上が経過しているが、路上で出会う機会はそんなに多いとは感じていない。販売状況はイマイチ振るわないようだ。恐らく、少し色気を出してしまったスタイリングが主問題だろう。歴代「スイフト」はプレーンで実直な欧州志向のクルマとして国内では一定層の支持を得ていたが、現行モデルはその魅力が後退したと感じている。キープコンセプトばかりでもいけないが、やはり守るべき特徴もある。クルマビジネスの難しい所だ。
まもなく「スイフトスポーツ」の新型も発表される予定。話題性アップでベースモデルの販売も上向けばよいのだが.....。
Posted at 2017/09/12 00:19:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年09月06日 イイね!

[フルモデルチェンジ]日産・リーフ 2代目ピュアEV 【速報】

[フルモデルチェンジ]日産・リーフ 2代目ピュアEV 【速報】歳を取ると、月日が経つのが早くなるというが、それを実感せざるを得ない。日産「リーフ」が二代目へフルモデルチェンジした。追浜のグランドライブで発売前の初代「リーフ」とトヨタ「プリウス」の比較試乗会に招待され参加したことを思い出した。あれから間もなく7年....。時代は確実に電動化へ向けて動き出している。欧州では2030~2040年には内燃機関車の発売が禁止される様な動きもある。まぁ時代の流れは止められるものではない。クルマ好きがこだわる「サウンド」「手応え」「一体感」だって、自動運転の時代には全て邪魔なものかもしれない。まぁ何にしても、「いつかは」と思うのであれば、「今のうちに」楽しんでおいた方が何かと幸せなのは間違いない。
さて新型「リーフ」である。細かい話は後日じっくり書くとして、今日言いたかったのは一言。「カッコ悪い」そして「安っぽい」。
初代「リーフ」が「テスラ」等に比べイマイチ評価が高まらなかったのは、性能でも価格でもなく、中途半端なデザインだったと思うだけに、更に新鮮味を失った新型の内外装デザインには心底ガッカリ。更に、EVとして「進化した感」を出すためには、バッテリー容量を増やし、航続距離を増やすしかない。新型リーフは40kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離400km(JC08モード値)を達成したが、バッテリーにコストを持って行かれた分、アチコチでコストダウンが実施された様に見える。(特にインテリア)
新型「リーフ」からは、悲しいことに、今回も「新しい乗り物に乗る」高揚感みたいなものが全然感じられないのが惜しい。何故「テスラ」の評価が高いのか、日産には判らないのだろうか。
ついでに言えば、個人的には新型「リーフ」にサンルーフ等が設定が無いのも大いにガッカリだ。ゼロエミッションだからこそ、フレッシュなエアを感じて走りたいのに。
急速充電器で新型「リーフ」のバッテリーを80%まで充電するのに約40分かかる。その間オーナーは何をしようか...。

Posted at 2017/09/06 23:05:09 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
Instagram開設しました: ezoflat Twitter運用中:ezoflat クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ファン

182 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
22台目は中古デミオ。春になったし、何か手頃で面白いクルマは無いかとネットを徘徊していた ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.