車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月23日 イイね!
[そろそろ狙い時?]トヨタ・アクア 中古車を価格で割り切るならアリ。今回はトヨタ「アクア」の話題を。
普段は気にも留めないが、街中の至る所で走っているヒット作。現代の国民車(候補)と表現しても良い。トヨタの最も安いハイブリッドカーであり、一般的な消費者はトヨタの安心感とハイブリッドの経済性・先進性に期待して買ったのだろうか。
トヨタ「アクア」は2011年の東京モーターショーで市販モデルがお披露目され、年末ギリギリの2011年12月26日より国内発売が開始。早くも発売から既に5年半が経過した。
流石売れたクルマだけあって「アクア」の中古車は流通量が豊富。トヨタの純正中古だけでザッと4800台以上。価格を100万円以下に絞っても462台と結構豊富。更に、走行7.0万キロ以下は324台である。本体価格の相場は80~90万円(100万円以下で走行7.0万キロ以下)もあれば良い買い物が出来そうだ。グレード間の価格差は極僅か。最上級の「G」もチラホラ見つかる。中古車選びの醍醐味であろう。
ハイブリッド車に経済性を期待するなら、新車だけでなく保証が手厚いメーカー純正中古車を積極的に活用すべき。どうせ他人様の「アクア」が新車か中古かなんて誰も興味はない。ガソリン代をどれだけ浮かしてもクルマ本体の価値が大きく目減りしてはハイブリッドカーに投資した意味がない。
個人的には「アクア」にアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)が設定されていないのが残念。「プリウス」や「エスティマ」等に設定があるが、災害時やアウトドアで絶大な存在感を発揮するだろう。「アクア」の様に台数が出るクルマにアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)が標準装備されていれば、大規模災害時にはちょっとしたインフラ並みの効果が期待出来るかもしれないのに。
「アクア」よりもう少し安いのはホンダ「インサイト」。台数はかなり減るが、ホンダの純正中古車で2009年式を中心に50万円前後の相場。e燃費の実効平均燃費は19.41km/Lと、22.96km/Lの「アクア」には劣るが、その差は大したものではない。「プリウス」に影響された空力ボディは後方(特に斜め後ろ)の視界が絶望的で、車線変更は気を遣うクルマだが、走りそのものは世間の評判程に悪いものではない。不人気故に中古価格も低迷しているから、割り切って買うなら悪くはない。
本題の「アクア」に戻って。初期モデルが丁度2回目の車検を迎えるシーズンとなっているから、下取り車として中古市場へタマの供給も豊富。価格以外にもグレードやボディ色に妥協せず好みのクルマを選べるのが魅力ではある。マイカー通勤をしている方には美味しいクルマかもしれないね。

Posted at 2017/05/23 23:15:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年05月22日 イイね!
[フルモデルチェンジ]ダイハツ・ミライース 燃費より安全装備ダイハツは軽乗用車「ミラ イース」を6年ぶりにフルモデルチェンジした。
初代「ミラ イース」は2011年9月に発売。リーマンショック前夜の燃料代高騰や東日本大震災による燃料の供給不安に加え、長引くデフレや節約志向なども追い風となり「第3のエコカー」として当時のガソリン車としては最高となる30.0km/Lを実現。更に80万円を切る低価格を実現したことで、ちょっとした社会現象を巻き起こした事は記憶に新しい。その後、スズキは「アルト・エコ」で徹底抗戦。軽自動車業界は低燃費戦争へと突入していった。
それ以前の軽自動車は税金や保険などの維持費は安いが燃費はソコソコ。リッターカークラスのエンジンの方が効率が良く燃費が稼げると言われていたネ。
初代「ミラ イース」の登場から早くも約6年が経過。あんなに白熱していた軽自動車の燃費競争はスズキの圧倒的勝利で決着が着いた。ダイハツは色々と屁理屈を並べてはいるが、実際問題として燃費競争から離脱した。恐らく、スズキは新型「ミラ イース」の燃費が万が一にも現行「アルト」を超えて来たとすれば、即座に「ワゴンR」に採用した「マイルドハイブリッド」システムで反撃に出てアッサリと新型「ミラ イース」を打ち負かすよう準備を整えていたハズ。スズキは新型「ミラ イース」に肩透かしを食らった事だろう。本当に大切なことはカタログ燃費ではなく実効燃費。「ミラ イース」と「アルト」のどちらも実効燃費は20~23km/L程度。これだけ走れば問題はあるまい。個人的には見かけのカタログ燃費のためにガソリンタンク容量を削るのは感心しない。
一方、最近世間を騒がせているのは高齢者(を中心とする)の事故。アクセルとブレーキの踏み間違いによる痛ましい事故の話題は連日耳にする。特に地方部では生活の足として軽自動車は欠かせない存在。高齢者から運転免許とクルマを取り上げるだけでは何も解決しない。
最近は「自動ブレーキ」と呼ばれる衝突回避支援システムの類が急速に進化・普及しつつあるが、やはり地方の足として活躍するスタンダードな軽自動車に「標準装備」してこそ本領が発揮されるというもの。ダイハツは「タント」で採用を開始した衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を「ムーヴ」よりも先に最も低価格な新型「ミラ イース」に採用したことは快挙と言える。これがあれば万全とは思わないが、ある程度は事故を未然に防ぐ事が出来る。最後の問題は、このクルマを乗るべき消費者にどうやって正しく情報を伝えるかだろう。
恐らく、売れ筋となりそうな「X“SAIII”」(FF/CVT)が108万円。もう少し簡素な「L“SAIII”」(FF/CVT)ならアンダー100万円を達成し93.9万円である。新型「ミラ イース」に対し、スズキは「アルト」をどう改良し、対抗するのか楽しみだ。
個人的に新型「ミラ イース」は価格と軽量化を考慮したのか、全車スタビライザーが前後共に省かれるのが惜しい。安全装備に拘るなら、走りの基礎・基本にも配慮が欲しい所。まぁそのあたりは遠からずマイナーチェンジが施されるであろう「ムーヴ」に期待。現行「ムーヴ」の「L “SA Ⅱ”」は120.9万円。最近仕事でコレにチョクチョク乗る機会が有るのだが、なかなか骨太な走りを披露する。マイナーチェンジでもう少し見た目がスッキリすれば良いのに。
クルマ好きな方はあまり軽自動車には興味が無い様で、毎度軽自動車の話題はガクッとアクセス数が少ない。しかし、私は軽自動車が面白いと思う。日本市場専用で開発されているからこそ、この国の問題点や世相が見えてくる。日本人が元来得意とする小型・軽量化の技術が活かされるのも軽自動車だ。狭い国土で短距離移動が多い生活スタイル。新型「ミラ イース」がどんな走りを見せるのか興味がある。機会を見てテストしてみたい。

↓デザインは「アルト」の勝利だと思うが、これは好みが分かれるところか。
Posted at 2017/05/22 22:47:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年04月11日 イイね!
[フルモデルチェンジ]スバル・XV 価格も発表!! 社名もSUBARUに変更。スバルは、新社名への変更後初となる新型車として、新型「SUBARU XV」を発表し、2017年5月24日に発売する。
新型「SUBARU XV」は歩行者保護エアバッグと運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を全車に標準装備。次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用し、高い操舵応答性と操縦安定性を実現。背の高いSUV特有のロールを少なくし、危険回避性能も大幅に向上した。さらにAWD制御システム「X-MODE」をSUBARU XVとして初採用。200mmの最低地上高を兼ね備え、本格SUV並みの悪路走破性を実現した。エンジンは2.0L(NA)エンジンを直噴化。さらに1.6L(NA)エンジン搭載グレードを新設定したこともニュース。販売目標は「SUBARU XV」単体で月販2,200台と発表されている。
国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA4)が実施した、自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメント(JNCAP)において、新型「SUBARU XV」が過去最高の得点を獲得し、2016年度「衝突安全性能評価大賞」を受賞している。
3/8に新型「SUBARU XV」の予約開始がリリースされ、約1カ月後となる4/6に今回の正式発表を迎えたわけだが、新型「SUBARU XV」の正式な発売日は5/24。現時点では試乗車も大半のお店には配備されていないらしい。既に発表・発売済みの「インプレッサ」派生車種としては随分丁寧(もしくはしつこい)なティザーキャンペーンである。
今回、ようやく価格が発表となった。全車スバル得意のAWDであるが、最もベーシックな「1.6i EyeSight」が213.8万円(税込)。AWDであり、歩行者保護エアバッグや運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備することを思えばかなりお買い得な価格設定。トップグレードとなる「2.0i-S EyeSight」のルーフレール装着車でも273.2万円(税込)に留まる。ミッションは全車リニアトロニック(CVT)に限定されるのは相変わらず残念だが、新型「SUBARU XV」のキャラクターなら眼を三角にして飛ばすクルマでもあるまい。
最大の悩みは新型「SUBARU XV」を買うなら、「1.6L」と「2.0L」のどちらにすべきか。正直、装備レベルに大きな違いは無い。私の思想信条として排気量の小さいモデルを支持したいのだが、結論は乗り比べてからにしたい。e燃費.comの実効燃費データによれば、ベースモデルとなる現行「インプレッサ」の1.6L/AWD/CVTモデルは15.58km/L。2.0L/AWD/CVTモデルは11.86km/L。どちらも大した数字ではない。「レヴォーグ」に搭載する1.6Lの直噴ターボ”DIT”エンジン搭載車があっても良かったと思うのだが。まぁこのエンジンも燃費は期待出来ず、e燃費.comの実効燃費データは10.38km/L。今年の東京モーターショーでスバルの次世代エンジンについて話題があると良いのだが。
新型「SUBARU XV」はエンジン・ミッションがイマイチだが、信頼と実績のスバルAWDシステムと200mmの最低地上高を持つSUVだと理解すればお買い得なのは間違いない。サンルーフも設定されず、面白みに欠けるのが残念。まぁなんにしても近いうちに乗ってみたいと思う。

Posted at 2017/04/11 22:05:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年03月20日 イイね!
[ニューモデル]レクサス・LC   フラッグシップクーペ誕生トヨタはレクサスブランドのフラッグシップクーペとなる「LC」を発売した。今後のレクサスFRラインアップに展開される「GA-Lプラットフォーム」や「マルチステージハイブリッドシステム」、「Direct Shift-10AT」など最先端技術の採用に話題が多い。あまり高額なクルマは取り上げない様にしているが、簡単に触れておこうかと。新型「LC」の価格は1300万円~1450万円(税込)である。
レクサスのフラッグシップクーペと言えば、以前は電動オープントップを持つトヨタ「ソアラ」改め「SC」であった。そういう観点で「LC」を見ると、3代目トヨタ「ソアラ」(北米では初代レクサス「SC」)の面影が感じられるような気もするから不思議。
新開発「GA-Lプラットフォーム」は今後レクサスFRラインアップの基礎となるとアナウンスされている。FR車が持つ本質的な魅力である優れた走りとデザインの実現に大きく寄与すると言う。正確ですっきりとしたステアリングフィールを実現するため、フロントミッドシップレイアウトを採用し、エンジンなどの重量物を車両中心近くに配置。フロント・リヤともに新開発サスペンションを採用。フロントはハイマウントマルチリンク。リヤもマルチリンクを採用。タイヤは20・21インチのランフラットを設定した。
新開発の「マルチステージハイブリッドシステム」については、トヨタ方式のハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた機構。高回転化したV型6気筒3.5Lエンジンと走行用モーター両方の出力を制御することで、低速から力強い駆動力を生み出しパワフルな走りを実現。加えて、低速域から高速域まで、システム効率の高い動作点を選択し、EV走行領域も拡大することが可能。10段の変速制御で、あらゆる走行シーンにおいて、ドライバーの意図に忠実なエンジン回転数の変化や応答性の良いモーターアシストを可能とし、トヨタ方式の欠点であったエンジン回転と加速感がマッチした、ダイナミックな走りを生み出す新しいハイブリッドシステムとしている。
一方、ガソリンモデルにおいては今や古典的と表現すべきV8 5.0Lエンジンと、新開発の「Direct Shift-10AT」を組み合わせる。エンジンサウンドは「LFA」のサウンドテイストを継承。エンジン吸気脈動を利用したサウンドジェネレーターと、排気切替バルブにより、クルージング時の静粛性と加速時の迫力あるサウンドを両立させた。私は以前、「LFA」に試乗する機会を得たことがあるが、かなり甲高いサウンドに驚いた記憶がある。あの音色がラグジュアリーな「LC」にマッチするのか興味がある。
新開発「Direct Shift-10AT」は、シフトチェンジの際の心地良いフィードバックと、切れ味の良い変速を実現したほか、構成部品のアルミ化による大幅な軽量化と部品の小型化を実施。また、アクセルやブレーキ、車両のG(重力加速度)から、ドライバーの意図を読み取り、最適なギヤを選択する新制御も採用したと言う。今後、他車種にも展開されることを期待したい。
価格帯からライバルは「Sクラスクーペ」・「911」・「6シリーズ」・「マセラティ」辺りだろうか。このテの高級クーペを求める購買層が何を期待するのか判らないが、スポーティとラグジュアリーの中間を狙ったキャラクターは面白いポジションだと感じる。まぁ相変わらずトヨタデザイン特有の余計な装飾と無駄なボディラインが気になるが、その評価は購買層が判断する事だろう。国内でどの程度支持されるのか注目したい。
これまで国内メーカーが苦手としてきたジャンルなだけに、「LC」には成功してほしい。そして願わくば、「LC」のテイストを継承し、一般的なサラリーマンが背伸びすれば買えるような「美しい大人のクーペ」が欲しい。残念ながらレクサス「RC」はちっとも美しくないから。
Posted at 2017/03/21 07:20:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年03月19日 イイね!
[マイナーチェンジ]トヨタ・ヴィッツ 今頃ハイブリッドモデル追加トヨタは「ヴィッツ」をマイナーチェンジした。古い話題で恐縮だが、1月に記事を書き始めていたものの、どうにも筆が進まず、下書き状態で放置していたもの。折角なので気を取り直し....。
「ヴィッツ」は1999年の初代登場以来、これまで累計世界販売台数が700万台を超すトヨタのベストセラーモデル。国内では累計200万台が売れている。現行モデルとなる3代目モデルは2010年12月に登場しているから、既に6年以上が経過。そろそろフルモデルチェンジかと思っていたが、残念ながら大規模MCを実施したからには、もう暫くこの駄作モデルが現役なんだろう。コンパクトカー向けのTNGA(Toyota New Global Architecture)が完成するのを待っているのかもしれない。
今回のマイナーチェンジで「ヴィッツ」にも「アクア」同様のハイブリッドモデルを追加したことが大きなニュース。「アクア」は2011年12月から販売されている。今頃になって「ヴィッツ」にハイブリッドモデルが必要なのかと理解に苦しむ。元々、欧州では「ヴィッツ(ヤリス)」にハイブリッドモデルが存在していた。国内では「アクア」を全チャンネル扱いのハイブリッド専用モデルとして廉価実用車の「ヴィッツ」と差別化した戦略だったはず。特に「ヴィッツ」を専売してきたネッツ店で今後「アクア」・「ヴィッツ」をどう売り分けていくのか。まぁ余計なことは心配せず、お客さんが気に入った方をどうぞ~って事なんだろうけどね。
既にハイブリッドが「当たり前」の存在となった今、「アクア」に加えて「ヴィッツ」にもハイブリッドの選択肢があっても不思議ではない。個人的には「ポルテ」にハイブリッドモデルを追加した方が良かったと思うが。
今回は「ヴィッツ」の外装デザインに割と大掛かりな変更を加え、前後フェイスが変わった。「変わった」とは思うが「良くなった」とは全く思えないのがトヨタデザインの妙。「デミオ」や「スイフト」の様な力作が同セグメントに存在する中で、トヨタの手抜きモデルが絶大な販売力を背景に量販されていくのはクルマ好きとして面白い話では無いが、これも現実。逆を言えば、トヨタの作るクルマがこの程度だからこそ、マツダやスズキは商売が出来るのかもしれぬ。
今回のMCについてトヨタ曰く「持ちうる最大限の知恵と技術を注ぎ込み、通常のマイナーチェンジの枠を超えた大幅な改良」と開発チームが語るように、ハイブリッドシステムの改良をはじめ、ショックアブソーバーの改良やボディ各部の高剛性化による優れた走行性能の実現、加飾をブラックで統一した内装デザインの採用など、商品の魅力をより高めたと説明している。
ハッキリ言ってしまえば、3代目「ヴィッツ」は2010年12月に登場したことから判るように、リーマンショックの真っ最中に開発が進められた曰くつきの代物。なりふり構わずコストを削った利益確保モデル。本来なら発売当初から織り込んで当然の事を今頃になって手当てしただけに見える。まぁアレコレと言わんでも、クルマ好きな人が現行「ヴィッツ」に乗れば直ぐに判る話だ。
「ヴィッツ」のハイブリッドモデルでベースとなる「HYBRID F」が181.9万円~。ガソリンエンジンモデルは「F」の1.3L(2WD/CVT)が148.1万円~とチープな装備レベルの割に高価。肝心の安全装備はメーカーOP設定で、SRSサイド+カーテンシールドエアバッグが+43,200円。更に「Toyota Safety Sense C」が+54,000円。こんな内容・価格でもバンバン売れてしまうのだから、真面目にやっている会社はたまりませんね。



↓「スイフト」と同セグメントなんですよね...。信じられないが。

↓「デミオ」と同セグメントなんですよね...。信じられないが。
Posted at 2017/03/19 12:15:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
プロフィール
「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコチ望まぬ転勤を繰り返す"しがない"サラリーマン。そろそろ地元の北海道へ帰って夢のガレージと家...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ファン
184 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
22台目は中古デミオ。春になったし、何か手頃で面白いクルマは無いかとネットを徘徊していた ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.