• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezoflatのブログ一覧

2018年01月22日 イイね!

【2018年北米国際自動車ショー】トヨタ・アバロン 5代目はTNGAを採用

【2018年北米国際自動車ショー】トヨタ・アバロン  5代目はTNGAを採用トヨタは北米国際自動車ショーで5代目となる新型「アバロン」を発表した。日本では馴染みの薄いクルマだが、北米ではトヨタブランドのフラッグシップとして君臨するラージサイズセダン。
初代「アバロン」は「クレシーダ」(日本名:マークIIセダン)の後継として1994年に登場。日本市場にも、北米からの輸入車扱いで翌95年から導入されていた。2代目「アバロン」は日本で引き続き輸入車として「プロナード」の名称で販売されていた。
個人的に、古くは「セプター」や「カムリ・グラシア」と呼ばれたモデルも含め、ボディは大きいが、北米では普及価格帯に位置する「素っ気無い」北米仕様の大型セダンは結構好き。日本人が喜ぶ小手先の高級感とは一線を画したクルマって言うのが魅力。ボディが大きいからと言って無理して高級車になる必要はない。近年では欧州市場向けの「アベンシス」もこのタイプかな。
さて。5代目の新型「アバロン」。トヨタ内部の序列では「カムリ」よりも上級モデルなんだから、こんな感じになるんだろうね....という感じ。どうせ大型セダンを買うなら「カムリ」より「アバロン」の方が雰囲気はありそう。
日本市場に「アバロン」が投入されることはないだろうが、どれもこれも「ドイツ風」なセダンが横行する中で、アメリカの匂いがする大型セダンを戦略的な価格で輸入してみるのも面白い。きっとトランプ大統領も大喜びするんじゃないかな。(まぁそんなに沢山は売れないと思うが.....。)
Posted at 2018/01/22 21:25:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年01月13日 イイね!

[東京オートサロン2018] 12日(金)の一般特別公開に行ってきた。

[東京オートサロン2018] 12日(金)の一般特別公開に行ってきた。幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2018」へ行ってきた。混雑している会場に入るのは嫌なので、初日(金曜日のみ)の一般特別公開チケットを購入。お陰で割とサクサク歩く回ることが出来た。
少々割高な料金(+1000円)が設定されているが、まぁ納得の範囲かな...。
以前はチューニングカーの祭典と呼ばれ、所謂ショップ系の出展が大半で、個人的にはあまり興味がなかった。近年は国内外の自動車メーカーも出展するようになり、展示内容の幅も拡がってきたように感じる。(昔からのファンにとっては面白みがなくなったと感じるのかもしれないね)
今回は「クラシック」もしくは「ネオクラシック」と呼ばれるヘリテージカーの出展が目立っていた様な。近年、クルマ好きが喜ぶタイプの車種は選択肢が少ない上に、新車価格の値上りが顕著。NSXやGT-Rの様に、もはや一般的なサラリーマンがちょっと背伸びした程度では買えないプライスが当たり前に。ならば...昔憧れたクルマに注目が集まるのも無理はない。クルマ好き人間の平均年齢が高くなっているのも要因か。私も若い頃に買えなかったスバル「アルシオーネSVX」には今でも憧れを感じるもの。
ホンダアクセスが出展した「Re:Z」は中古車の「CR-Z」をベースに往年の名車ホンダ「Z」のモチーフを取り入れたモデル。「CR-Z」は残念ながらヒットモデルにはなれなかったが、比較的流通台数の多い初期モデルがそろそろ7~8年落ち。ホンダの純正中古車が100万円以下で豊富に探せる状態だから、見直されても良い頃合い。ハイブリッド車は電池の劣化が心配。今のうちに乗っておくべきクルマかもと再認識。
スズキ「キャリイ フィッシングギア」とダイハツ「ハイゼット カーゴ デッキバン アクティブバージョン」は共に地味な印象の軽トラをアクティブフィールドでも使って欲しいという提案。日本では本格サイズのピックアップトラックはサイズ的に所有ハードルが高い。ならば、我が国独自規格の「軽トラ」を趣味の対象にしてカッコ良く乗るというのはアリだと思う。維持費も安いしね。
そう言えば、今回最大の目玉はトヨタ「GRスーパースポーツコンセプト」だろうか。レースカーをベースに市販モデルを作るというテーマだが、まぁ価格も現実離れしたクルマになるんだろうし、あまり興味はない。更に言えば、最近トヨタは「GR」シリーズと呼ぶ市販車のメーカーチューンドモデルに力を入れているようだが、「ヴィッツ」とか元々ダメなクルマにどれだけ手を入れてもダメ。まずはマトモなベースモデルを作ってからでしょ。コンパクトモデル向けの「TNGA」はいつになるのやら...。
「東京オートサロン2018」には約二時間ほど滞在。結構疲れました。会場には外人さんも多数来ており、特に中国人が多かったように感じた。今後はチューニングカーのビジネスも中国市場を無視出来なくなるでしょうね。







Posted at 2018/01/13 21:39:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年01月08日 イイね!

[マイナーチェンジ]ホンダ・N-ONE 地味に「RS」を追加設定

[マイナーチェンジ]ホンダ・N-ONE 地味に「RS」を追加設定ホンダは軽自動車「N-ONE」をマイナーモデルチェンジした。「N-ONE」は2012年11月に登場しているから、既に5年以上が経過。そろそろフルモデルチェンジを受けても不思議ではないモデル末期モデルだが、今回はあくまでマイナーチェンジ。これであと数年は続投と言う事か。販売好調な「N-BOX」の陰で、「N-ONE」は販売好調とは言えない。最近は平均月販1200台前後で推移。「N-BOX」が平均月販2万台のペースで売れていることを考えれば、「N-ONE」が放置気味になるのも止む無しか....。軽自動車の中では指名買いが期待出来るプレミアムモデルに一番近いポジションだと思うのだが、あと一味足りていない気がしていて惜しい。
今回のマイナーモデルチェンジでは、「Standard」・「Select」・「Premium」・「RS」の4モデル構成となった。軽自動車初となる、「遮音機能付フロントウインドウガラス」の採用や、遮音材や吸音材の最適配置により静粛性を向上させた。
細かいところでは、全ての窓で紫外線(UV)を約99%と赤外線(IR)をしっかりカットする、「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」を採用と、急速充電対応タイプの充電用USBジャック2個を追加した事もニュース。地味ながら購入者には喜ばれる改良だろう。
個人的には「RS」グレードの設定が注目ポイントだが、全般的に「加飾」の範囲であり、クルマ好きが喜ぶようなカンフル剤は含まれておらずガッカリ。今更、MTモデルの追加を期待していた訳では無いが、せめてスポーツシート・4輪ディスクブレーキ・前後スタビライザー位は奢って欲しい。「S660」は流石に2名乗車かつ荷物の積載はほぼ無理。セカンドカーなら駐車場の確保や維持費など色々と購入ハードルが高い。ならば、そのエッセンスを感じられる「N-ONE」ならぬ「S-ONE」(汗)の設定があっても良いのではないかと思う。スズキ「アルトワークス」にガチンコで競合するホットモデルを期待したい。
また、安全装備が「N-BOX」で採用された「Honda SENSING」ではなく、旧態化した「シティブレーキアクティブシステム」(約30km/h以下限定)のまま進化しなかったことは残念。更に、「あんしんパッケージ」として全車にメーカーオプション設定なのは納得がいかない。「N-BOX」は「Honda SENSING」を全車に標準装備したにも関わらずだ。残念ながら、月日の流れは残酷で、もはや「N-ONE」は買うべきではないクルマになってしまった。結局のところ、「N-BOX」が売れるのも当然というわけだ。
Posted at 2018/01/08 23:34:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年12月31日 イイね!

[ニューモデル]三菱・エクリプス・クロス 予約開始 約260~310万円(税込)

[ニューモデル]三菱・エクリプス・クロス 予約開始 約260~310万円(税込)三菱自動車は、2018年3月に発売予定の新型SUV「エクリプス クロス」の予約注文を、12月22日から開始した。価格は約260万円~310万円(税込)となる。
「エクリプス クロス」は、「RVR」と「アウトランダー」の中間に位置するモデルとして開発された。
既に東京モーターショーで実物はチラ見しているが、一言で感想を述べるならば「中途半端」。日産「ジューク」程の傾奇者でなく、スバル「フォレスター」の様な真面目キャラでもない。強いてライバルを挙げるならマツダ「CX-3」。しかし、「CX-3」に匹敵する見た目麗しいデザインでもない。結局、色々手を出して見たものの、いずれの道も究められず。まぁその辺のツメの甘さが三菱らしいという気もするが。
「エクリプス クロス」のボディサイズは全長4405全幅1805全高1685(mm)でホイルベースは2670mm。パワートレーンは新開発の1.5L直噴ガソリンターボと8速スポーツモード付CVTの組み合わせと、2.2Lディーゼルターボと8速ATの組み合わせを設定するとか。
個人的に、三菱自動車の脆弱な体力から考えても、「エクリプス クロス」みたいに下手な鉄砲を打ち込んでいる場合ではないと思う。三菱のコアなブランドイメージを構成する「ランエボ」「パジェロ」「デリカ」のフルモデルチェンジと「アウトランダー」等のPHEVで確実にファンを獲得し、収益をあげる事だろう。
そういう意味で、「エクリプス クロス」は存在意義やターゲット層が良く判らない。せめて、「アウトランダー」よりも低価格な「PHEVの普及版」として開発すべきだったのではないか。世界的にも人気のSUVで低価格なPHEVならもう少し話題性もあったろうに。
折角新規に1.5L直噴ターボエンジンを投入するならば、ミッションがCVTでは無かった筈だ。その割に価格も安くない印象だから始末が悪い。
度重なる不祥事により、もう随分長いこと三菱自動車の国内販売は低迷状態だ。販売の最前線で一生懸命に三菱のクルマを売り、顧客の批判やクレームにも耐えている販売会社の社員に笑顔が戻るようなヒット作が出てくることを期待したい。しかし、その舵取りが日産ではそれも期待薄か。
Posted at 2017/12/31 21:09:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年12月31日 イイね!

[ニューモデル]スズキ・クロスビー 1.0Lターボに6ATの組み合わせ

[ニューモデル]スズキ・クロスビー 1.0Lターボに6ATの組み合わせスズキは、ワゴンとSUVの楽しさを融合させた小型クロスオーバーワゴンの新型「クロスビー」を発売した。
新型「クロスビー」は、広い室内空間と日常の使い勝手に加え、個性的なデザイン、雪道などラフロードでの力強い走破性を兼ね備えた新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン。
スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用。衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」に加え、スズキ小型車初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を装備。さらに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を採用するなど、安全運転を支援する機能を充実。国が普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当する。
軽量化と高剛性を両立した新プラットフォーム[HEARTECT(ハーテクト)]を採用。全車スズキ初となる1.0L直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッドの組み合わせに、6速ATを採用し、余裕のある走りと優れた燃費性能を両立した。
4WD車には、力強い走りの「スポーツモード」、雪道やアイスバーンでのスリップを抑える「スノーモード」の2モードを新たに採用。滑りやすい路面での発進をサポートする「グリップコントロール」、急坂を下る際に車速を約7km/hに維持する「ヒルディセントコントロール」の2つの機能と合わせて標準装備とした。気になる価格は176.5万円(HYBRID MX/2WD)~214.5万円(HYBRID MZ/4WD)となっている。正直に言えば予想よりも高価だった。
以前から「ハスラーワイド」と噂されていた「クロスビー」。しかしよく見れば単なる「ハスラー」のワイドボディ版ではなく、各所専用のデザインが施されたと判る。「イグニス」ベースで「ハスラー風」のボディへ換装したというのが正解だろうか。
確かに、ありそうでなかったクルマ。最近5ナンバーサイズの車種が激減する中で、国内で使いやすいサイズの小型クロスオーバーワゴンというのはある意味理想的。特に地方圏ではコレ1台で仕事・レジャー・ファミリーユースの全てに活躍の予感がする。スライドドアが欲しければ「ソリオ」を買えば良い。「クロスビー」は最低地上高180mmを生かし、「ソリオ」よりもアクティブでアウドドア志向なキャラクター。それ故に同門「イグニス」とのバッティングは避けられそうにない。(ちなみに「イグニス」の最低地上高も180mmで共通)「イグニス」は国内では立ち位置が中途半端で玄人向けなのは否めない。これで6MTモデルでもあればマニア支持が得られそうだが。
正直言えば「クロスビー」に期待される事の内、「ハスラー」で90%位は難なく実現するだろう。それでもあえて軽自動車ではない「クロスビー」をスズキに求める需要がどの程度あるか。このクルマの売れ行きに注目している。
「クロスビー」のサイズは全長3760mm全幅1670mm全高1705mmでホイルベース2435mm。車重は960kg(2WD)~1000kg(4WD)となっている。軽量化に邁進するスズキとしては、全車1000kg以下に抑えるため必死だったと思うが、軽自動車規格の寸法に縛られる「ハスラー」との差別化ポイントとして全長を4000mm位まで伸ばし、荷室をグンと拡大した方がキャラが立った様な気がする。
スズキも「クロスビー」には割りと控えめな販売目標を立てており、月販2,000台。ハスラーは発売当初で5,000台だった。2017年4月~9月(上半期)の販売実績を見てもハスラーは33162台(平均月販5527台)と当初目標を未だにクリアしている。しかし「クロスビー」の弱気な販売目標に対し発売前予約は結構好調と聞くから「イグニス」では到達出来なかった新たな金脈を掘り当てるかもしれない。蛇足だが、「ソリオ」をベースに最低地上高を上げ、SUV風の加飾を施した「クロス・ソリオ」なんていうのが有れば売れそうだ。三菱もOEMで欲しがるだろうね。最近日本のメーカーは派生車種の展開が鈍い。昔は得意分野だったはずなのにね。
割りと頻繁なアップデートを続けているスズキの小型車パワートレーンだが、「クロスビー」は1.5L(NA)エンジン相当のアウトプットを実現する3気筒の1.0L直噴ターボエンジンに6ATを全車に採用する。マツダに続いてスズキも脱CVT傾向であることは大変喜ばしいこと。欲を言えばディーゼルターボエンジンが追加されたら鬼に金棒。そんな日が来ることを期待したい。
個人的に「クロスビー」の最も気に入らないポイントは後席ヘッドレスト。一番下の写真のように、折角5ナンバー車となり、法律的に5名乗車が可能になったものの、肝心要の後席ヘッドレストは2名分しか装備されないのはガッカリ。実は最も判りやすい「ハスラー」との差別化ポイントだったハズなのに。是非スズキの見解を聞いてみたいものだ。

Posted at 2017/12/31 01:28:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
Instagram開設しました: ezoflat Twitter運用中:ezoflat クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

181 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
26台目 「乗れて・積めて・走れて・屋根が開くクルマ」をテーマに色々探し、試乗した結果辿 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.