• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezoflatのブログ一覧

2010年01月31日 イイね!

[ありがとうS2000]納車から約1.5年。走行距離は約8300kmでした。

[ありがとうS2000]納車から約1.5年。走行距離は約8300kmでした。S2000を手放した。納車から丁度1年半。この間に約8300kmの距離をともに刻んできた。私としては、ほぼ予定通りの期間で売却となった。走行距離についても買い物や送迎などの日常利用ではもう一台のマツダ・ベリーサを使うので、ほぼ100%純粋なドライビングだけで刻んだ距離。自分では結構走ったナと思っている。きっと、将来自分の乗ってきたクルマ達を振り返る時に強く印象に残っている一台になるだろう。
私がS2000の商談を開始した2008年5月時点では生産中止に関する公式アナウンスは出ていなかった(発表は2009年1月)が、恐らく一年以内には生産中止になるだろうとの確信を持っており、タイミングとしては「これがラストチャンス」と思い契約した。納車された頃は丁度ガソリン価格が最も高騰していた時期で、リーマンショックの直前だったと記憶している。ハイオクガソリンが瞬間的とは言え200円/Lを超えた時はさすがに驚いた。
久し振りにスポーティなクルマに乗りたい。純粋にドライビングを楽しめるクルマを買う!!と決め、後輪駆動でMTの車種に限定。S2000の他、ボクスター・RX-8・スカイラインクーペ・3シリーズクーペ等を色々試乗させて頂きS2000に決めた。(当初本命視していたのはボクスターかスカイラインクーペ)結果として当初は候補車にも含まれていなかったS2000が一番楽しかったし、一番刺激的なクルマだったが、長年ホンダ車嫌いで通してきただけに、今更ホンダ車が買えるか....と1ヶ月悩んだ(笑)末の発注だった。
ガソリン高騰で新車販売が急激に落ち込んでいたからだろうか。実は購入条件もかなり良かった。恐らく昨年、最終モデルを駆け込みで発注した方は条件渋かったんじゃないかな。今回ホンダ車を得意とするお店に売却したのだが、かなりの高額査定。最後まで親孝行なクルマだった。次のオーナーにも大切にして貰えることを祈りたい。程度は良いはずです。
S2000を降りて、改めてこのクルマを振り返って見ると、巷では2.2Lにエンジンが変更された後期型(AP2)は前期型(AP1)に比べエンジンのレブリミットが(9000rpm→8000rpm)落ちた事が原因で人気はイマイチだという。しかし両方のモデルを乗り比べて判断した人がどれだけいるのか判らないが、(試乗車も満足に用意しなかったホンダにも責任はあろうが)サーキットにでも持ち込まない限りは最後の1000rpmよりも低回転域のトルクアップの方が絶対に有効であると私は思う。
実際に最高回転数が落ちたとは言え、8000rpmなんて超高回転ゾーンはそう簡単には使いこなせませんよ。むしろ、私はVTECの高回転側カムに切り替わるタイミングをもう少し低回転域(500rpm程度でも)に下ろしてくれたほうが素人は楽しめると思う。性能追求ではなく、演出でも良いからもう少し伸びを楽しみたいと思った。まぁスポーツカー(特に日本)はカタログスペックも重要なのは理解するところではあるが...。
良くも悪くもS2000はエンジンスペックで大半が語られるクルマだったと思う。しかし、実際には
専用設計のFRプラットホーム(ハイXボーンフレーム)に専用の縦置エンジンとダイレクトチェンジ式の6MTを贅沢に採用していた事の方が重要だっただろう。今後、300万円台の価格帯でこのような贅沢設計が許されるクルマが出てくることは無いのではないか。私がS2000の中で一番気に入っていたのはストロークが短くて手応えが良い。そしてカチッと決まる6MTだった。この一点だけでもS2000を所有して良かったと思っている。(逆に言えばスカイラインクーペはこの一点だけでも落選確定だった)チルトもテレスコも無く、ずっしりとした手応えの固定式ステアリングに、リフターの無いフロントシート。なかなか硬派な内容ではあるが、ポジションにはもう少し融通がほしかった。私のポジションではメーターの一部がハンドルに隠れてしまうのが常に気になっていた。
ホンダの開発者は「ロータス・スーパー7の様なネイキッドスポーツカーの楽しさをS2000で現代的に表現したかった」と言っているのを何かの雑誌インタビューで読んだ事がある。当時はあまりピンと来なかったが、今は少しその意図が理解出来る様な気がする。ロングノーズや盛り上がったフェンダーもスーパー7と見比べると案外共通点のようにも見えてくるから面白い。余計な装飾や快適装備を排し、走るための性能には妥協を許さない。初期型は時計も無かったし、リヤウインドはアクリルだった事もそんな精神の表れだったのだろうか。
個人的にはエンジン性能がもう少し普通でも、重量があと100kg程度軽く仕上がっていればもっと狙いが明確だったのではないかと思うが、エンジン屋のホンダはそんなクルマを作らないだろうね。(マツダ・ロードスターに近づくし...)
最近のホンダ車からはすっかり感じられなくなった「こだわりのホンダスピリット」。今後はそれをCR-Zが継承していくのだろうか。今の時点ではなんとも言えないが....。
20世紀に発展して来たガソリンエンジン技術の"ひとつの到達点"としてS2000を一時期でも所有することが出来たことはとても興味深く、刺激的な経験だった。たとえ細々とでも1999年の発売から10年間に渡ってこのクルマを作り続け、熟成させてきたホンダには敬意を表したい。そしてまた新しい手法でS2000を凌駕するクルマを生み出してほしい。

S2000最後のフォトギャラリー その①
S2000最後のフォトギャラリー その②



Posted at 2010/01/31 13:41:18 | コメント(7) | トラックバック(0) | S2000 | クルマ
2009年10月18日 イイね!

[7777km突破!!]ゾロ目ゲット。納車から1年3ヶ月で到達。

[7777km突破!!]ゾロ目ゲット。納車から1年3ヶ月で到達。 S2000の走行距離が先日7777kmに到達。丁度、自宅のすぐ近くだったので写真に収めることが出来た。前回5/31に6000km突破の記事をアップしているので、その間4.5ヶ月程経過している。(400km/月のペース)
この間にS2000の公式HPもいよいよ「今まで販売したクルマ」という過去クルマのジャンルへ移った。メーカー側もS2000の最後を飾る色々な企画を実施したお陰で駆け込み需要も発生し、当初6月で生産を完了する予定が8月まで延期されたのだとか。実際には少数ながら、販売会社が見込み発注した在庫車が存在するようだが...。
さて、私のS2000だが相変わらず絶好調で納車以来一度も修理や調整のために入庫したことがない。あまりにも手がかからないので驚いている。燃費についても、ハイオク指定ながら一度もフタ桁を割ったことが無く、10~14km/Lの間。平均すると11km/L位だろうか。下のメーター写真を見ていただきたいが、トリップが約470kmを走破している。S2000のガソリンタンク容量は50Lであるが、まだ燃料切れ警告ランプが点灯していない。今回も余裕で10km/Lはクリアしている。もちろん、私のS2000は休日(主に夜間)ドライブ専用であり、昼間の混雑した市街地や買い物などの短距離用途はすべてベリーサに乗っているので燃費データとしては(首都圏エリアの中では)かなり理想的な数字だろう。(ちなみに短距離主体利用のベリーサの平均燃費もレギュラーガスで11~12km/L前後)
S2000をドライブしていると毎回思うのだが、最新のクルマに比べ色々なフィードバックが良くも悪くも濃厚でストレート。リヤタイヤが路面をグリップしているのもよく判る。コーナーの立ち上がりや高速道路の合流などでVTECエンジンを高回転カムに張り付かせた状態の加速はサウンドも含めてこのクルマが紛れもなくスポーツカーだな..と改めて感じる。
今年の東京モーターショーは輸入車勢がほぼ欠席と言う日本のクルマ好きにとっては"屈辱的"な状態だが、トヨタのFT-86やホンダのCR-Zなど楽しみなクルマの発表もあり是非とも盛り上がって欲しい。私も参加を予定している「自動車評論家によるガイドツアー」や最新エコカーの試乗会など色々と企画が練られているようだ。本来ならもっと早くからこういう事を考えていれば良かったのにね。事故が起きないと信号機が付かないのが我が国の体質なんでしょうかね。私は来年発売予定のCR-ZがS2000無き今、ホンダのスポーツカー路線を引き継ぐだけの走る楽しさが備わっているのか期待している。燃費なんてソコソコ(カタログ上で20km/Lとか)良ければ結構。試乗出来る日が楽しみ。

Posted at 2009/10/18 16:41:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | S2000 | クルマ
2009年05月31日 イイね!

[発注から1年が経過]走行距離は6000kmを突破

[発注から1年が経過]走行距離は6000kmを突破我が愛車のS2000を発注したのが昨年の5/30だったので1年が経過したことになる。昨年はGWを挟んで色々なクルマを乗り比べながら次期愛車を検討していた。わずか1年前の出来事だが随分と昔話のようにも感じる。所謂「リーマンショック」が起きたのは9月だったから、まだ5月の段階では不景気と言うよりも未曾有の原油高に話題が集中していたと記憶している。もし買い替えのタイミングが昨年ではなく、今年だったら....。案外プリウスのウエイティングリストに名を連ねていたりして(?)。さて、S2000の走行距離が6000kmを突破。しかし5000kmを超えてからの1000kmに随分時間がかかった気がする。4ヶ月くらいかかったんじゃないかな...(汗)。メーカーではS2000の生産が6月で終了するとアナウンスされている。どの位駆け込み需要があったのか興味があるところだ。下(↓)の写真は先日洗車をした際に"CONTAX SL300R T*"で適当にスナップした写真だが、なかなか面白い仕上がりだったのでアップ。綺麗な愛車を眺めているのは気持ち良いですね。
Photo: CONTAX SL300R T*

Posted at 2009/05/31 10:52:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | S2000 | クルマ
2009年03月30日 イイね!

[ブログ拡幅工事完了]S2000をK10Dで撮るの巻。

以前から考えつつも面倒だったので(笑)設定を変えずにいたのですが、ベリーサを迎えたし、ブログのタイトルも変えたし...心機一転と言うことでブログの画面サイズを変えました。従来のサイズでは貼付出来る画像サイズの横幅が500ピクセルに限られていたが、今回は600ピクセルまで拡幅出来るようにしました。ただ、今回から横幅が800ピクセルのパソコン(EeePCの初代機とか701系など)では多少見辛くなったかも。これからは1024ピクセル以上の横幅を推奨値といたします。(みんカラの制約上、画像ファイルサイズは100KBまでなので重くはならないハズ)せっかく、マイナーチェンジをするからにはそれなり(?)のコンテンツを用意せねば...と気合いを入れてS2000の写真を撮りに出掛けた。カメラは最近ようやく使いこなせるようになってきたPENTAX K10Dです。(昨年11月に購入したので随分時間がかかったナ)写真というのは本当に面白いもので、機材に慣れていないとぎこちない写真しか撮れないし、被写体(クルマ)も納車されてすぐ撮った写真はやはりぎこちない。S2000も納車以来、何度か撮影してきたが納得の行く写真が撮れていなかった。今回ようやく(個人的には)満足の行く写真が撮れるようになった。多分、普段S2000と接しているうちに自分としては気に入っているアングルが出来てくるんでしょうね。それと機材に慣れてきたことも加わったかなと。これでようやく従来機PENTAX *istDsを持ち出さなくても良くなりそうです。
さて、S2000ですが生産中止が決まってから注目度が上がっているようですね。(日本人の悪い癖ですね。無くなる=欲しくなる。デパートの閉店セール大盛況みたいな。)私が聞いた情報では、カラーオーダープランなどのメーカーOPを含む発注は4/上旬まで。その後はメーカー側で見込み生産する予定のクルマを売り切った段階でS2000は生産完了となるんだとか。どれくらいの駆け込み需要が出るのか判りませんが、無くなった後で高年式の中古車に高いお金を払うくらいなら、新車をオーダーした方が良いでしょうね。私のS2000も走行距離が5000kmを超えてきた辺りからエンジンもアタリがついてきたのか、回していったときのエンジン音が良くなって来た。言葉にすればグォーン→クワァーン→カーン....。早いもので、納車されてから8ヶ月が経過した。暖かくなってきたし、高速道路も安くなったし。今年は時間を見つけて距離を伸ばしたいと思っております。
*ブログ改修わずか2日後....。4/1にみんカラのシステム変更があり、画面右上に表示される広告窓が大きくなった関係で、貼付出来る画像ファイルの横幅に制約が出てしまいました。600ピクセルの横幅が最大のようです。必死に修正中。










Posted at 2009/03/30 16:44:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | S2000 | クルマ
2009年01月27日 イイね!

[生産終了決定]ホンダはS2000の生産を2009年6月末で終了

ホンダは「S2000」の生産を2009年6月末をもって終了すると正式に発表した。S2000はホンダの創立50周年記念車として1998年9月の記念式典にてプロトタイプが発表。1999年4月にS2000はデビューしている。今年の4月で発売10周年を迎える長寿モデルである。FFが主体であるホンダのモデルラインナップ中で、構成パーツの大半が他車との共有を考慮しない専用設計であり、エンジンも高出力/超高回転を誇る4気筒NA(VTEC)エンジンを搭載。更に50:50の車体前後重量配分を実現。ホンダの考える「走る楽しさ」「操る喜び」を具現化したFRのリアルオープンスポーツカーとして発売された。その後、VGS(車速応動可変ギアレシオステアリング)搭載グレード"type V"の追加(現在はカタログ落ち)。2003年10月には大がかりなマイナーによって、タイヤサイズの変更や内外装のリニューアルを実施。2004年4月からは生産を栃木製作所高根沢工場から鈴鹿製作所に移管し、2005年11月のマイナーチェンジでは物議を醸した排気量アップ(2.0L→2.2L)やDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)導入などを実施している。そして最終マイナーチェンジとなった2007年10月にはVSA(Vehicle Stability Assist)やサテライトスピーカー標準装備化の他、エアロパーツの装着によって空力特性の向上に挑戦した"TYPE S"を追加している。このグレードはNSXとS2000開発責任者として有名な上原氏(既にホンダを退職済み)の卒業制作モデルとも言われている。(今回マイナーしたマツダ・ロードスターも貴島氏の卒業制作といわれてますね)これまでに国内累計2万台、全世界累計11万台以上が販売(昨年末現在)されている。
昨年、私がS2000を購入した際にも生産中止がそう遠からず予定されているのではないかという予測が各誌で書かれていた。この買い替えのタイミングを逃せば、S2000を新車で購入する事は出来なくなるだろうとの思いがあり、購入に踏み切った。(昔からの読者の方はご存じの通り)私はホンダというメーカーのクルマには辛口な姿勢を取り続けて来たが、コツコツと熟成を続けてきた最終型のS2000に試乗したとき、久し振りに感動のような感覚を味わった。思い返せば初期型のS2000に試乗した時(99年)当時の私の財力ではかなり高額なクルマであったし、とても乗り辛いクルマであった(トルクが細く街乗りでは気をつかった)印象が強く残り、永らく無視してきたクルマであったが、9年ぶりに乗った最終型のS2000は排気量アップなどのお陰でとても乗りやすいクルマに進化していただけでなく、最近のクルマには感じられなくなっている"人車一体感"が濃厚に味わえるクルマであった。特に、頑なにミッションは6MT一本で通してきただけに、そのシフトフィールについては今でもS2000を買って良かった...と思わせるトップ項目である。ライバルがどんどん消滅もしくは高価・大型・大排気量化していく中で、10年前はS2000の1750mmという全幅はとてもワイドに感じたが、今になってみるとロードスターでさえ1720mmになっている。価格も発売当初のベースモデルが338万円(税抜/税込で言えば355万円)で当時としてはかなり高額に感じた(私の記憶では当時R34スカイラインの25GTターボでも300万円前後だったはず)が、現在のライバルと比べてみると386.4万円(ベースモデル/税込)~というプライスは国内外を見渡しても決して高くない。パフォーマンス(1,250kgに対し242ps=パワーウエイトレシオは5.17kg/ps)を考えればむしろ安いと言えるかもしれない。100年に一度の大不況と言われる今、2シーターのオープンカーを買うというのはかなり勇気がいることだろう。また、駐車場の問題や家族構成などネガティブな要素は幾らでも思いつく。私とて、スバルR2がメインカーとして日常の買い物や送迎などの役割を果たしてくれるお陰でS2000は完全にドライビングカーとしてのポジションを専念する事が出来ている。首都圏ではかなり安価に2台分の駐車場を確保出来ている環境もある。そして何よりも家族の理解があってこそのスポーツカーライフである。奇しくも、我が家に在籍するクルマは2台とも今年中に生産中止(スバル軽はダイハツのOEMへ)になるようで、モデル末期車好き(笑)としてはまさに佳境というべきだろうか。S2000に興味がある方は今のうちに試乗されておくことをオススメしたい。(試乗車を用意しているお店は非常に少ないのだが....。ちなみにココはレンタカー有り)
S2000が生産終了になることに対し色々と感想を持たれる方もいるだろうが、ここ数年S2000が記録してきた販売台数を見れば、ホンダとしても「なんとか10周年まで」もしくは「後継車種にバトンタッチするまで...」と採算度外視で生産ラインを維持してきたことは間違いなかろう。S2000に限らず"アコード・ユーロR(先日のモデルチェンジで廃盤)"や"シビックTypeR"等スポーツモデルの販売台数を見る限り、ホンダファンという人種は結構沢山いるものと思っていたが、そうでも無い様だ。結局、ファンの意思表示は新車購入する事で一票を投じた事になる。支持者からの投票が無ければ議席はなくなる(生産終了/後継無し)訳です。今後はハイブリッドスポーツ(CR-Z?)など「より環境に優しく、走りも楽しく...」という方向にホンダは向かうのだろうか。今年の東京モーターショーで次の時代へ向けたメッセージが聞けるものと期待している。
Posted at 2009/01/27 19:42:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | S2000 | クルマ

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
Instagram開設しました: ezoflat Twitter運用中:ezoflat クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ファン

182 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
26台目 「乗れて・積めて・走れて・屋根が開くクルマ」をテーマに色々探し、試乗した結果辿 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.