車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2008年12月27日 イイね!
[祝!! 納車1周年]スバル・R2が来て早くも1年。我が家にR2がやって来てから1年が経過した。どうしても、スプレッドウインググリルを廃止してしまった後期型の没個性的なフロントマスクが気に入らず、更にボディ色もイエローでDOHCエンジンを搭載した"R"グレードに限定してスバルの純正中古を中心に探していたら、香川県の高松で1台だけあった。社用車で使われていたクルマで走行距離は0.6万キロという出物だったので、即刻飛行機で高松まで見に行って買ったクルマ。更に、納車は陸送ではなく高松から埼玉まで自走して連れ帰ってきたクルマだから思い入れもヒトシオです。残念ながら、スバルは軽自動車ビジネスからの撤退を発表したが決してクルマそのものの出来が悪いわけではない。むしろ、その独創性とこだわりから来る高コスト体質が利益を薄くしていたのだろう。またプレオから世代交代するに当たり、R2はワゴンR等のトールワゴン勢との直接対決を避け、日常生活において必要充分な空間を確保しつつ、スタイリッシュなパーソナルカーを目指した意欲作ではあったが、想像以上にユーザーは保守的であり、歓迎されたのはスタイリッシュ路線ではなくタントのような空間追求型だった。三菱i(アイ)やダイハツ・ソニカのセールスが低調に推移しているのも同様の理由だろう。しかし、三菱にはeKワゴンがあり、ダイハツにはムーヴがあるものの、スバルは時代遅れになっていたプレオの継続生産で走ってしまったことが痛かった。慌ててステラを出したところで急場しのぎ的な煮詰めの甘さはいかんともし難く、万事休す。つくづく、ステラとR2の順番が反対だったら...と悔やまれる。親バカかもしれないが、スタイリングは三菱i(アイ)と並んで現行の軽自動車の中では頭抜けている。軽自動車であると言うことにコンプレックスを感じさせない傑作だと思っている。出来の良いCVTと軽自動車としては贅沢な4気筒エンジンのお陰で燃費も文句なしに自慢できる。お陰で今年の異常なガソリン価格高騰も涼しい顔で乗り切ることが出来た。4輪独立サスが奢られた事で、軽自動車としては望外なフラット感と直進安定性が楽しめるのも美点だろう。あえてネガティブなポイントを指摘するならば、スタイリング優先によって生じた見切りの悪さ。これもR2のセールスを落とした要因と言われている。
この1年間で順調に約6000kmを走破した。途中、カムシャフトセンサーの故障によってエンジンの始動が出来なくなりレッカー移動されるトラブルに見舞われたが、修理後は今のところ快調。それ以外はリモコンキーの電池が切れた程度。我が家のメインカーとして買い物や送迎などに大活躍している。車検が2009年03月と迫ってきた。車検を受けるべきか、否か今しばらく悩むことになりそう。
話題は変わるが、先日スバルがWRCからの撤退とトヨタと共同開発していた小型FRスポーツ車の開発/発売の延期が報じられていたが、私は愕然としている。年間100億円とも言われるWRCの運営費用を削減するため...と言うが、撤退したことで失われるブランドイメージや落胆するスバルファンの心情を考えれば損失は100億どころではあるまい。スバル360から続く軽自動車ビジネスから撤退し、多くのファンを産んだWRCからも撤退。そして、軽自動車を止めてまでもやりたかったトヨタとの小型FR車プロジェクトも延期。いったい、今後スバルは何を柱にしてビジネスを展開していくつもりなのか。既に販売が低迷しているインプレッサやトライベッカの立て直しも難しい。スバルファンが安易なOEM車で満足するはずもなく、ステーションワゴンブームが去ってしまった今、次期型レガシィとて成功が約束されているわけではない。これからの数年間がスバルにとって正念場になるだろう。雪国で育った私としてはスバルのクルマに「絶対的な信頼感」の様なものを感じている。是非スバルには今一度原点に立ち返り、この混沌とした時代を切り抜けて欲しいと願っている。

Posted at 2008/12/27 17:31:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | スバルR2 | クルマ
2008年08月15日 イイね!
[撥水加工]スーパーオートバックスで施工。北海道から首都圏へやって来て一番驚くのが「雨が汚い」事。どういう訳か、雨が降るとクルマに黒い縦染みの様なモノが残るし、ガラスの汚れも凄い。大気がそれだけ汚れているって事なんだろうけど、こんなに汚い雨水だとすれば、傘をささずに頭皮に直接当たったりしたら大変ですね。ブルブル....。ちなみに、道産子は雪の日に傘を使いません。(使わない人が多い)それは、気温が氷点下なので、頭に積もっても溶けずに振り払えるから...とかツルッと滑ったときに傘を持っていると危ないから等と諸説ありますが。しかし、最近傘を使う人が多くなってきた気がする。温暖化で雪が溶けやすくなっている事もあるのかな...話がそれましたが、R2が我が家にやってきて半年以上が過ぎましたが、汚い雨のお陰でフロントガラスの水垢が酷くなってきた。以前、ニュービートルに乗っていたときにも施工した「撥水加工」をオートバックスで御願いした。軽自動車は2500円と普通車よりも500円ほど安かった。しかし、ガラスの面積ベースで言えば、S2000よりも断然R2の方が広い気がするんだけどな...。1000円で出来る「クイック撥水」と言うメニューもあったが、2500円の方にはフロントガラスの水垢取り作業も含まれるというのでこちらを選択。約60分ほどで完了。雨が待ち遠しいです(笑)。そのうちS2000も施工かな。
Posted at 2008/08/15 22:56:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | スバルR2 | クルマ
2008年08月04日 イイね!
[スバル発売50周年記念] R2 特別仕様車「FAVORITE Edition」富士重工業はスバル発売50周年を記念して、R2に特別仕様車「FAVORITE Edition」を設定した。ベースグレードは「F+」で下記の装備を追加している。
○4センサー4チャンネルABS( EBD&ブレーキアシスト付)○オートエアコン ○スマートキーレスシステム ○インテグレーテッドCDプレーヤー&AM/FMチューナー ○14インチフルホイールキャップ (8スポークタイプ)○インストルメントパネル加飾(フロスティパール) ○リヤシートピロー ○ブラック色シート表皮など。販売計画は100台/月と非常にささやかな台数ではある。気になる価格は(全てi-CVTのみ)2WDが939,750円/4WDが1,048,950円である。ボディ色は「アジュールブルー・パール」「スターリングシルバー・メタリック」「オブシディアンブラック・パール」「シルキーホワイト・パール」「シャンパン・メタリック」の5色を用意した。ベースモデルの価格が2WDが88.2万円/4WDが99.1万円であるから、約6万円の追加でこれだけの装備が追加になるのはバーゲンプライスと言って良い。ただ、選べるボディ色が限定されていることは惜しい。個人的にはエンジン出力に余裕があるDOHCエンジンを搭載した「R」グレードをベースにして欲しかったが、低価格の実現のためにはやむを得ないか。i-CVT(FF)の10.15モード値は23.0km/Lとライバル達を見渡してもかなり優秀なモデルなだけに、ダイハツOEMになる前に小さな花でも良いからもう一花咲かせて欲しい。
Posted at 2008/08/04 22:20:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | スバルR2 | クルマ
2008年07月29日 イイね!
リコール対策実施完了。私の所にも赤紙ならぬ、リコールのお知らせが届きました。R2の他、R1とステラも対象です。不具合の部位はクランクプーリ。エンジンの防振ゴム付クランクプーリの防振ゴムの接着面が剥離するものがある。そのため、当該クランクプーリのリング(外輪)が脱落し、発電機が作動しなくなり、エンジンが停止するおそれがあるらしい。既に112件の不具合が出ているとか。対策としては全車両、当該クランクプーリの防振ゴムの接着面を点検し、剥離しているものは対策品のプーリと交換する。剥離していないものはクランクプーリ側面に外輪脱落防止用のプレートを装着するそうです。対象台数は、計108,071台だそうで。本日、スバルのお店へ行ってきました。私のR2は「防振ゴムが剥離していない為、クランクプーリ側面に外輪脱落防止用のプレートを装着する」に該当するそうです。20分程度作業で終了でした。アイスティ飲みながら「クラブレガシィ」を読んでいたら終わってしまった。我が家のR2は年末年始にカムシャフトセンサーの故障で暫く入院した経験(もちろん入院後は絶好調)があるので、サッサとリコール作業をお願いした。これでまた当分安心です。
Posted at 2008/07/29 00:34:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | スバルR2 | クルマ
プロフィール
「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコチ望まぬ転勤を繰り返す"しがない"サラリーマン。そろそろ地元の北海道へ帰って夢のガレージと家...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ファン
184 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
22台目は中古デミオ。春になったし、何か手頃で面白いクルマは無いかとネットを徘徊していた ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.