車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2010年08月29日 イイね!
[マイナーチェンジ]ホンダ・インスパイアホンダは大型セダン「インスパイア」をマイナーモデルチェンジした。外観では新デザインのフロントグリルやフロントバンパー、17インチアルミを採用。インテリアではメーカーオプション設定だったHDDインターナビシステムを標準装備とした他、木目調パネルを新デザインに変更する等の改良が実施された。また、走行状況にあわせて燃焼気筒数を切り替える「可変シリンダーシステム(VCM:Variable Cylinder Management)」を採用する「V6 3.5L i-VTECエンジン」はこのクラスでは珍しく、無鉛レギュラーガソリン仕様でありながら、280ps/6200rpm 34.9kg-m/5000rpmを発揮。今回、燃費を10・15モード値ベースで0.1km/L改善し、9.9km/Lとなった。正直、ここまで来たら"もうひと踏ん張り"で10.0km/Lが達成出来そうなものだが....。
御存知の通り、日本ではレジェンドに次ぐ、ホンダの高級セダン役を引き受けるインスパイアだが、主力市場である北米ではこれこそが「アコード」。日本で言えば、プレミオ/アリオン位の存在感である。そういう目で見ていくと、やはりプレミアムセグメントのクルマとしては多少荒っぽい部分が見え隠れする。北米では直4の2.4Lモデルも存在するのだが、日本では前述したV6 3.5Lに設定を絞っているため、いかにも中途半端な空気が漂うクルマとなっている。ホンダもそれは百も承知というわけで、販売計画台数は月販100台(国内のみ)という寂しい数字だ。ボディサイズも全長4960mm全幅1845mm全高1475mmホイルベース2800mmという正にアメリカンサイズだから、まぁポンポンと売れるようなクルマではない。
今回、これまで2つのグレード(35TL:330万円/35iL 390万円)が設定されていたのだが、統合され単一グレードになり価格は368万円。これに先進の安全装備を設定した「アドバンスパッケージ」ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール+追突軽減ブレーキ〈CMBS〉+E-プリテンショナーが+26.2万円。「レザーインテリア」がアイボリー or ブラックのレザーから選択(運転席&助手席シートヒーター付)で+15.7万円のパッケージOPが用意される。
正直、このクルマに400万円に達するお金を払う価値を私は見出す事が出来ない。現在の日本市場では「インスパイア」だけに留まらず、日本仕様の「アコード」も大変な販売不振である。もちろん原因はマーケットの問題ではなく、100%クルマ側である。日本市場の事を一切考慮されておらず、ホンダも「欲しいひとは買えば?」って感じだろう。だとしたら日本仕様「アコード」をモデル廃止。「インスパイア」を北米と同様に直4の2.4LとV6 3.5Lの2本立てにし「アコード」の名前で売る。日産・ティアナやマツダ・アテンザと同等レベルの230万円~の価格帯で売れば現在の「アコード」+「インスパイア」と同程度の販売台数は稼げるような....。日本仕様のアコードは2008年12月の発売以来、一度の改良も特別仕様車も無く放置されているのだから。私は根本的にコンパクトなクルマを好んでいるが、カムリやアコードのような北米では普通の実用車として使われている「素っ気無い大型セダン」って言うのも嫌いではない。どうせセダンに乗るならある程度のサイズは欲しいところだ。
まぁなんにしても「インスパイア」や「カムリ」は正直、中古で買うのが美味しいクルマだろう。これが100万円位で買える頃に、私が通勤などで毎日クルマに乗る生活を送っているのならば、色々と細かい話は抜きにしてこのクラスのセダンを1台所有してみたいと言う願望・妄想は常にあるが、そんな日は訪れるのだろうか...。

↓マイナーチェンジ前のインスパイア(もちろん日本仕様)

↓2011年モデルのアコード(北米仕様)
Posted at 2010/08/29 22:37:48 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2010年08月29日 イイね!
[待望のMTモデルを追加]フィアット・500 1.2 スポーツMT 208万円フィアット「500」シリーズに待望のMT車が追加された。グレード名は「1.2 スポーツMT」。その名の通り、1.2Lエンジンに5MTを組み合わせたモデル。価格は208万円。しかも「スポーツ」と名乗るだけあって、15インチアルミ+185/55R15タイヤやスポーツインテリア、リアルーフスポイラーを装備。その他に、アイドリングストップ機能である「スタート&ストップシステム」を標準装備した。
これまでフィアット「500」には色々なグレードや特別仕様車が用意されてきたが、ミッションは「デュアロジック」と呼ばれるATモード付の5速シーケンシャルミッションのみだった。正直、DSGの様なツインクラッチタイプに比べると癖の強いミッションであり、私の許容範囲ではなかった。いっそ、シンプルにMTモデルを入れればよいのに...と思っていたからこれは朗報と言える。ラテンのコンパクトカーはMTでエンジンをガンガン回して走るのが王道と昔から言われてるし、なにせエンジン出力が69ps/5500rpm 10.4kg-m/3000rpmと限られたものだから、おのずとMTを駆使して乗るのが正解だろう。
おそらく、今回のMTモデルを待っていた人は少なくなかったのではないか。惜しいのはもっと早く輸入されていれば....。何故発売当初から用意出来なかったのかね。かなりの購入予備軍がフィアット「500」を諦めて他のクルマへ流出したんじゃないかな....。
私も発売当初を思い出すと、あの時からMTモデルがあれば俄然盛り上がったかもしれないナ。チャンスがあれば「1.2 スポーツMT」は是非乗ってみたいです。案外「欲しい!!」と物欲が再沸騰したりして....。贅沢(?)を言えば、「スポーツ」ではなく素の「1.2 POP MT」を190万円位で設定された方が嬉しいのは私だけでしょうか。ただ、今となってはルノー「カングー ビボップ(ビポップでは無いらしい..)」(9/9発売予定)の方に興味があります。

発売当初の「試乗インプレッション」はこちら

Posted at 2010/08/29 16:34:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2010年08月26日 イイね!
[フルモデルチェンジ]スズキ・スイフト ついにこの時が来た。スズキ・スイフトがフルモデルチェンジした。現在、スズキの公式ホームページが非常に重くなっている。それだけスイフトのフルモデルチェンジを待ち望んでいた人が多いと言う事だろうか。もちろん、私もその一人。それにしても、今回のモデルチェンジは久し振りに胸がスカッとする気持ち良い内容だった。スイフトに比べれば、新型マーチなんて詐欺師みたいなもんですよ。
レベルの低い自動車雑誌なら「デザインに代わり映えがしない」とか書くんじゃないかと思うが、そもそも先代スイフトのデザインが新鮮味を失っていたとは思えず、悪戯にデザインをコロコロ変えてしまうほうが問題だ。志の低い日本のライバルには目もくれず、欧州勢に真正面から戦いを挑む姿勢は大いに評価されるべきだ。ようやく最新の欧州車と同じ尺度で評価出来るコンパクトカーが誕生したと言っても良いのではないだろうか。
新型スイフトはエンジンを駆動方式(FF/AWD)やミッション(5MT/CVT)を問わず、1.2Lに一本化した。スイフトスポーツについては先代と同様に遅れて追加されるのだろう。グレードは3つで、ベースモデルからXG→XL→XSとなる。ベースモデルの「XG」でも124.4万円という価格はライバルと比較して安いとはいえない。フィット・デミオには120万円を切るグレードも有るが、スイフトは随分豪華装備を誇っているから、お買い得度ではスイフトの方が上だろう。特に、トップグレードの「XS」には正直、腰を抜かしている。価格は147.5万円(FF/CVT)だが、フォグランプ・クルーズコントロール・本革巻きステアリング・パドルシフト・LEDターンランプ付きドアミラー等の他に、とうとうこのクラスでもESP(横滑り防止装置)やSRSフロントサイド+カーテンエアバッグ、4輪ディスクブレーキ、16インチアルミ(185/55R16)が奢られる。これには嬉し泣きしそうになった(笑)。そもそも、新型スイフトは全車に以下の装備が標準となる。(フルオートエアコン・6スピーカー・キーレスプッシュスタートシステム・チルト/テレスコ・マルチインフォメーションディスプレイ・タコメーター・運転席シートリフター・イモビライザー・セキュリティアラームなど)これを驚愕のバーゲンプライスと言わずしてどうする??って言うほどの充実ぶり。トップグレード「XS」の147.5万円(FF/CVT)という価格は「安すぎる」のではないかと心配になるほど衝撃的だと思う。おそらく、ガチンコのライバルになれるのはVW・ポロくらいのものではないか。ただ、ポロは1.2TSIエンジンを搭載する以前の「Polo 1.4 Comfortline(FF/7DSG)」でさえ203万円だった。55万円もスイフトの方が安いのだから、このクラスでは比較対照にはなり得ないだろう。久し振りに興奮・感動に値する内容であることが理解していただけるのではないか。
もちろん、スイフトにも残念ポイントがある。後席ヘッドレストが2名分に限られる上に、シートベルトも後席中央は2点式に留まる事。同じスズキのスプラッシュは欧州生産(ハンガリー)モデルであることからか、きちんと3名分のヘッドレストと3点式シートベルトを奢られるのに。これとリヤサスがマルチリンクだったら速攻でポチッとしているところだったね。せめてスイフトのトップグレード「XS」にはこれらも装備して欲しかった。画竜点睛を欠くというのはこの事だろう。実に惜しい。スプラッシュにはESP(横滑り防止装置)が装備されず、メーカーOP設定も無い。なかなか満点のクルマと言うのは出てこないものだ。
冒頭にマーチを「詐欺師」と表現したが、スイフトに比べてマーチは絶対に買うべきではない。スイフトの「XS」に相当するグレードとしてマーチには「12G」がほぼ同価格帯の146.8万円で設定されるが、装備内容やクルマそのものの品質が大きく劣る。おまけにコスト削減のために生産を日本(追浜)からタイへ移したにも拘らず、価格がちっとも安くない。「安物をより安く生産」しているにも拘らず、販売価格が高いと言うのだから、詐欺師と言われても仕方があるまい。日産はここ数年、日本のメーカーなのに日本市場を軽視したクルマ作りが横行している。私は元来日産ファンであったが、最近では一番期待出来ないメーカーだと思っている。日産はスイフトを良く見て反省すべし。まぁそういう極めて大切なポイントをキッチリ指摘出来ないメディア・評論家にも相変わらずガッカリする訳ですが。
そろそろ結論となるが、スイフトはトップグレードの「XS」だけで良かったくらいお買い得。逆に言えば、その他のグレードには興味が無い。私の次期愛車候補にもスイフト「XS」は確実にノミネートされそう。本当は「XS」に5MTがあれば.....。それは「スイフトスポーツ」に期待しておこう。近日中にテストしてみたいと思う。

Posted at 2010/08/26 23:32:46 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2010年08月25日 イイね!
ホンダは「パリモーターショー」にジャズ(日本名:フィット)のハイブリッド車「ジャズ ハイブリッド(日本名:フィット ハイブリッド)」を出展する。軽量・コンパクトなハイブリッドシステムの「IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)」と「センタータンクレイアウト」のパッケージングを採用し、広い室内空間や使い勝手と、環境性能を両立したハイブリッド車。フィットの欧州仕様となる「ジャズ ハイブリッド」は、鈴鹿製作所で生産。2011年初頭より欧州各国で順次発売する予定。また、日本では2010年秋よりフィット ハイブリッドとして発売される予定。
いよいよ、ホンダの最量販車種であるフィットのハイブリッド版が正式に発表された。これでインサイトの役目は終わってしまうのか、それとも棲み分けていくのか。価格は150万円台からのラインナップと言う噂だが、個人的には普通の1.3Lエンジンを搭載するフィットで充分なんじゃないのかな。おそらく、ハイブリッドシステムの価格を燃費差で取り返す事は出来ないだろうし。
プリウス・インサイト・CR-Zと手頃な価格のハイブリッド車はどれもこれもわざとらしく空力を意識した見切りの悪いボディデザインばかりだったから、その点においてはフィットのハイブリッドは価値がありそう。まぁホンダの事なんで、安全装備とかは省かれてるんだろうな.....。

Posted at 2010/08/25 21:28:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2010年08月22日 イイね!
[納車半年が経過]往復1000kmのお伊勢参りへ行って来た。早いもので、我が愛車であるゴルフⅥ・ヴァリアントも納車されてから半年が経過。途中、エンストのトラブルが発生したが、それも対策プログラムをインストールしたお陰で完治。目下の悩み(?)は予想はしていたものの、やはり走行距離が伸び悩んでいる事か。今年の春に引越しをしたことで、日常の買い物等にクルマが不必要な場所へ移り住んだ事も走行距離の伸び悩みに拍車をかけているのだろう。
さて、江戸時代には「一生に一度はお伊勢参りへ行きたい」と庶民ならずとも憧れの旅だったと言われる三重県の伊勢神宮へ私も出かける事にした。江戸時代の頃は当然、徒歩で伊勢神宮へ向ったんだろうが、伸び悩んでいる愛車の走行距離をここで一気に挽回(?)する為にも私はクルマを選択。
深夜に自宅を出発し、午前中には伊勢に到着。伊勢神宮の外宮と内宮をそれぞれお参りし、その後鳥羽方面へも足を伸ばす予定を立てた。ホテルを伊勢市の手前にある、松阪市に確保。そこからは電車・バスを利用して移動する事にした。
関越→圏央→中央→東海環状→伊勢湾岸→東名阪→伊勢自動車道と進み、途中の渋滞などで予定よりも2時間ほど遅れたが、なんとか午前中に松坂市のホテルへ到着。ここまで536kmを走行した。思っていたよりも三重県は遠いね。
松阪からは近鉄電車に乗って伊勢市へ。まずは外宮からお参りを。その後、外宮→内宮の移動は三重交通バスに乗ったのだが、運賃410円は高いネェ~。わずか10分くらいの乗車なのに驚きました。内宮は天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られており、外宮より敷地面積も断然広い。やはり永い間に渡って信仰を集めてきただけのオーラを感じさせます。ただ、今年の猛暑のお陰でフラフラでした。水分補給はマメにと心がけたが、北海道育ちの私には許容範囲を超えてましたね。内宮の直ぐ近くにある「おかげ横丁」で以前から食べてみたいと思っていた「伊勢うどん」にチャレンジ。讃岐うどんとは対極の存在と聞いていたが、正にその通り。徹底的に煮込まれてコシが無いうどんと、そこに絡められる濃厚なタレも独特。ただ、「伊勢うどん」は讃岐うどんの様に全国的なブームには恐らくならないだろうね(笑)。
無事「お伊勢参り」を終え、また近鉄電車に乗って鳥羽へ移動。ここでは「ミキモト真珠島」へ行った。真珠の歴史や製法などが予想以上に詳しく、判り易く説明されており楽しめた。ここは一度訪れる価値のある施設だと思う。この日はここでタイムアップ。深夜からの長距離運転と猛暑の中歩き回ったお陰で体力の消耗も激しく、ホテルで早めに就寝。
翌朝はホテルのロングステイプランを活用し、遅めのチェックアウト。そのまま自宅へ帰るのも退屈なので、名古屋へ向う事にした。名古屋名物の 「ひつまぶし」を食すために「あつた蓬莱軒」へ。やはりここのウナギは美味い。私は正直ウナギが好物という訳ではないが、ここのウナギは別格。人気店の様で、当初は熱田神宮近くの本店へ行ったのだが、混雑が想像以上で退却。松坂屋名古屋店にある支店へ移動。ここでも約40分ほど待ってようやく席につくことが出来た。ここの「ひつまぶし」は2730円(税込)と決してリーズナブルとは言えないが、納得のお味でした。
名古屋からは東名阪→東名→首都高速と行きとは違うルートで帰ってきた。ホテル→名古屋が124kmで名古屋→自宅が418km。あわせて542kmの走行となった。往復を合計すると、1078kmとなり、久し振りに1000km大台突破ドライブとなった。気になる燃費は概ね16~17km/L台で、行きは登坂の多い中央道の影響もあって16.1km/L。帰りは左上の写真の通り16.7km/Lとなった。高速道路での平均燃費は17.5km/L程度だった。(インフォメーション・ディスプレイの数値ベース)。私のクルマのカタログ燃費は16.4km/L(10.15モード値)だから、まぁそんなもんでしょうか。もちろんエアコンは常にフル稼働。このクルマはエアコンONによる燃費の低下が大きい様に感じている。また、以前乗っていたベリーサで四国へドライブしたときは17.16km/Lの燃費を記録しているから、ゴルフの燃費はそれを下回った事になる(おまけにハイオク仕様)が、ベリーサよりも圧倒的にパワフルな走りを楽しめることから、おそらく平均車速はベリーサよりもかなり高かったはず。まぁいずれにしても、以前乗っていたニュービートルやパサートワゴンの燃費から考えると夢の様な数字である事は間違いない。

(↓)写真は全てPENTAX Optio H90で撮影。



Posted at 2010/08/22 15:41:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | ゴルフⅥ ヴァリアント | クルマ
プロフィール
「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコチ望まぬ転勤を繰り返す"しがない"サラリーマン。そろそろ地元の北海道へ帰って夢のガレージと家...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2010/8 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ファン
184 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
22台目は中古デミオ。春になったし、何か手頃で面白いクルマは無いかとネットを徘徊していた ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.