• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezoflatのブログ一覧

2013年02月24日 イイね!

[マイナーチェンジ]スズキ・アルトエコ 執念の33.0km/L。果たして...。

[マイナーチェンジ]スズキ・アルトエコ 執念の33.0km/L。果たして...。スズキは、軽自動車「アルト エコ」に「ワゴンR」に採用したスズキの次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」を投入し、ガソリン車では最高となる低燃費33.0km/Lを達成。また、新たに設定した4WD車も30.4km/Lを達成した。発売は3月4日。
ダイハツ「ミラ・イース」との熾烈な燃費競争を展開している「アルト エコ」だが、セールス面では既に完敗と言う結果が出ている。やはり、完全な新型モデルとして登場した「ミラ・イース」に対し、既存モデルの一部改良というイメージが強い「アルトエコ」では話題性という意味で弱い。ある意味スズキらしい展開ではあるが、「アルトエコ」の販売低迷は「ミラ・イース」の好調を横目に、スズキ関係者はさぞ悔しい思いをしているだろう。
そんな「アルト エコ」が一部改良を実施し、「ミラ・イース」に再び挑戦状を叩きつけた。もちろん主砲は「低燃費」である。新型「ワゴンR」から投入されたスズキの次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」を惜しげも無く採用。減速エネルギー回生機構「エネチャージ」や、さらに効率的に進化した「新アイドリングストップシステム」に加え、アイドリングストップ中、蓄冷材を通した冷風を室内に送ることで車室内の快適性をより長く持続させる「エコクール」も採用。更に車両重量を2WD車比で20kg軽量化したほか、エンジン・CVTのさらなる高効率化、空気抵抗などの走行抵抗を低減する技術を投入。もはや、スズキの執念としか言いようが無い。スズキが有する最新の低燃費化技術を「アルト エコ」に全て盛り込んだ。もちろん、「アルト エコ」は4WDを含む全機種がエコカー減税の免税対象車である。
「アルト エコ」は今回の一部改良に合わせて、内外装にも専用のデザインを採用した。外装は専用デザインのフロントグリルをはじめ、シルバーのアクセントを随所に配したほか、内装には待望のタコメーターを採用した他、内装色をライトグレーとブラウンを基調とし、明るく親しみやすい印象を持たせたことで標準車との差別化を図った。その他、電波式キーレスエントリーやリヤシートヘッドレストを上級グレードの「ECO-S」に採用するなど、「ミラ・イース」を意識したアップデートを実施している。
まぁ残念ながら「アルト エコ」が33.0km/Lの低燃費を記録したとしても、「ミラ・イース」の好調なセールスを覆すことは難しいだろう。これがクルマビジネスの難しさでもある。大半の消費者には軽自動車でもハイブリッドカーに近い低燃費なクルマと言えば「ミラ・イース」と認識されてしまっている。やはり、スズキは「アルト エコ」ではなく、全くの新型モデルを作るべきだった。たとえ、鈴木修会長が「アルト」に対して格別な愛着を持っていたとしても。今回、「アルト エコ」は不評な「20Lタンク」を改めるのかと思っていたが、アッサリ踏襲。正直驚いた。実質的には「20Lタンク」でも問題は出ないだろう。しかし、消費者にとってタンク容量が小さいことは不安材料になる。モード燃費の為に犠牲となった項目だが、今後も「アルト エコ」のセールスにおいて大きな足かせになるだろう。
今後「MRワゴン」も同様の改良(「スズキグリーン テクノロジー」の投入)を受けるだろうが、もはや大幅なセールス向上には結びつかないだろうね。「パレット」改め「スペーシア」には期待しているが、これまで聞こえている範疇のモデルだとすれば、「N BOX」の快進撃を食い止めるには力不足か。
VWとの提携に失敗して以降のスズキ車にはイマイチ元気が無い。モデルチェンジの際も保守的なキープコンセプトを選択する傾向が強く、内容はともかく「新鮮さ」を求める大半の消費者にはマッチしていない。期待の新型「ワゴンR」もホンダ「N-ONE」やダイハツ「ムーヴ」のビッグマイナーのお陰ですっかり埋没気味。コストダウンを優先し、スタビライザーやESP(横滑り防止装置)を省いたことも大きな減点ポイント。既に軽自動車も横滑り防止装置やスマートアシスト等の衝突回避支援システムがセールスポイントになる時代。いつまでも「低燃費」だけを連呼しているスズキは周回遅れとなっている。問題は、当のスズキがそこに気がついているかどうか。「スペーシア」で遅れを取り戻せれば良いが、恐らくダメなんだろうな。

Posted at 2013/02/24 03:05:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2013年02月10日 イイね!

[一部改良]トヨタ・ラッシュ 改良という名のモデル整理が残念。

[一部改良]トヨタ・ラッシュ 改良という名のモデル整理が残念。トヨタはコンパクトSUV「ラッシュ」を一部改良した。今回の改良では、VSC(横滑り防止装置)とTRC(トラクションコントロール)を4WD車に標準装備とした。また、ボディ色に「アズキマイカ」を追加し、全8色としたほか、「X」および「G」の内装色とシート表皮色にプラムを設定した。さらに「X」には、フロントセンターアームレストを標準装備したほか、キーフリーシステム&盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)をオプション設定するなど、細かい仕様変更が実施された。
「ラッシュ」はダイハツ「ビーゴ」のOEM車である。ダイハツ「テリオス」の後継モデル(トヨタで言えば「キャミ」の後継)だが、このモデルの場合どちらが本家であるか議論するのはあまり意味が無い。トヨタ「ラッシュ」として販売するモデルをダイハツが委託され開発・生産し、その一部をダイハツブランドでも販売しているのが正解だろうか。ただ、ダイハツは既にヨーロッパでの販売を終了しており、「テリオス」の主戦場を失ってしまった。このモデルに次期型はあるのだろうか。ただ、噂レベルでは、このクルマの「縦置きエンジン+後輪駆動プラットホーム」に目をつけ、ハチロクよりも低価格なFR駆動のコンパクトカーに転用される構想があるとか。このクルマの残念ポイントはガサツで燃費の悪い古臭いエンジンと非効率な4速ATである。償却の進んだこのプラットホームを生かし、150~180万円位でコンパクトなFR車が出れば楽しいだろうね。本当はハチロクがこれ位の価格で出ると期待されていたのだが...。
さて「ラッシュ」の話題に戻って。このクルマは「パジェロミニ」「テリオスキッド」が生産中止になった現在では「ジムニー」に次いでコンパクトな本格的SUVとして貴重な存在。まぁあと5年もすれば、1.5LクラスのSUVがブームになるのはなんとなく見えているだけに、登場が早すぎたのかもしれない。惜しいのは、今回の改良で装備が追加され、一番低価格なモデルでも196.4万円(X/4WD/4AT)~と高価なことだ。スバル「フォレスター」が208.9万円~選べることを考慮すると積極的に「ラッシュ」を選ぶ理由に欠けてしまう。あと30万円位安ければ....。しかし、コンパクトなボディに、縦置きベースでセンターデフ搭載の本格的フルタイムAWDが搭載されることは大きな魅力である。それ故なんとも残念なモデルである。
今回、一番残念なニュースは5MTモデルの廃止。雪道等でドライバーの微妙な加減が出来るMT車は残してもらいたかったが、これも時代の流れだろうか。今回の一部改良は「改良」という名のモデル削減である。従来はメーカーOPだった装備を標準化し、MTを含め生産仕様を削減した。もはや新エンジンの搭載など、前向きな改良は期待出来ないのだろうね。
Posted at 2013/02/10 14:21:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコチ望まぬ転勤を繰り返す"しがない"サラリーマン。そろそろ地元の北海道へ帰って夢のガレージと家...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

ファン

182 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
22台目は中古デミオ。春になったし、何か手頃で面白いクルマは無いかとネットを徘徊していた ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.