• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezoflatのブログ一覧

2014年04月20日 イイね!

[試乗インプレッション]スズキ・ジムニー XG(4AT) 200km走って見た。

[試乗インプレッション]スズキ・ジムニー XG(4AT) 200km走って見た。 若い頃からずっと大好きなクルマだが、マイカーに迎えるにはつい躊躇してしまうスズキ「ジムニー」にじっくりと乗る機会を得た。2日間で約200km走破した。コースは仙台市内を中心に一部山道を含む一般道。残念ながら高速道路は走る事が出来なかったが、とりあえずお腹一杯になるまでジムニーに乗れた事は素直に嬉しかった。これまで短時間の試乗は何度か経験しているが、もっとじっくり試したいと長年思っていたから念願成就である。グレードはベースモデルの「XG」で平成23年式の「8型」。ミッションは4ATであった。走行距離は約3万kmでエンジンも絶好調。遠慮無くテストドライブを楽しませて貰った。新車時の価格は136.8万円(税込)と最近高価になりつつ有る軽自動車の中で、専用部品が多数を占める少量生産モデルとして割安に感じる。「XG」は装備も簡素なモデルだが、ジムニーはこれで充分だと思った。リヤシートのヘッドレストが省かれるのが惜しい。しかし、2名乗車+荷物と割り切れる用途であれば問題にはなるまい。次期ジムニーはこの価格帯で提供するのは難しいかも知れないね。スズキ・ハスラー(のOEM車=フレクロ)に乗る身としては、改めてジムニーとの違いについて検証出来た事も収穫であった。
ハスラーと比較してジムニーはより高いところにドライバーは座る訳だが、ポジションはまるで違う。ハスラーはワゴンRと同様、背筋を伸ばして座り、ペダルを踏み下ろす様な姿勢だが、ジムニーは割と両手・両足を前方へ投げ出すスタイル。最低地上高が低ければ、ジムニーはFRスポーツカーになりそうなポジション。元々エンジンを縦置きにするジムニーは規格で寸法が縛られる軽自動車の中で、相対的に室内スペースが短くなる上に、前席に余裕を持たせ、ドライバーが車体中央付近に位置する設計だから、おのずと後席と荷室は割を食う結果となっている。ここがハスラーとジムニーの大きな違いであろう。一方で、運転に集中すると言う意味でジムニーのポジションは魅力的。クルマとの一体感が強く感じられる。残念ながら、ジムニーにはステアリングのチルト・テレスコや、シートのリフターも装備されない。あと少し調整したいのに....と言う悔いが残るのは惜しいところ。次期モデルに期待しておこう。それでも、今時ボンネットが隅々までしっかり見えて、前後左右の視界が開けているクルマは珍しい。これもオフロードを走る上で必須の性能だろう。
ジムニーのエンジンを始動すると、懐かしい(?)K6A型エンジンの鼓動とサウンドが遠慮無く入ってくる。個人的には好ましく感じるが、これを「洗練されていない」と表現する人もいるだろう。車重が990kgと約1トンにもなるジムニーにターボで武装するとはいえ、高回転型のK6A型エンジンは必ずしもベストマッチと言えないが、今となって不自然なCVTに冒されていない貴重なモデルとして価値がある様に感じた。ゼロ発進は俊敏と言えないが、昨今のエコドライビングなんてすっかり忘れ「ガンッ」とアクセルを踏み込めばターボが効いて重いボディをグイグイと押し出す。まぁその分、燃費は悪い。今回は正確な燃費データを取る事が出来なかったが、概ね10km/L程度であった。私のフレクロ(4WD+ターボ)は今のところ、平均して18km/Lで走っているから、経済性は結構な差。ジムニーは5MTを選べばもう少し伸びるだろうね。(ハスラーの燃料タンク容量は27Lだか、ジムニーは40Lも入る。航続距離としては同じくらいだろうか。)
これまでの感想を整理すると、五月蠅くて振動もあって、重くて燃費も悪いジムニーって事になってしまうが、趣味の対象として見れば本当に面白いクルマだ。これはハスラーで代替の効くモノでは無い。ある意味、スポーツカーと似た様なクルマとの一体感と言えば良いのか、速度域は格段に低い世界ではあるが、ジムニーを操って駆る事が純粋に楽しい。恐らく、基本が縦置きエンジン+後輪駆動のパワートレーンであり、余計な装備も無く、シンプルにクルマと向き合えるからなんだろうと思う。
ジムニーのパートタイム4WDを一般の人が理解して使いこなすのは結構難しい。正直、試しに4WD-Hに入れたまま暫く走ってしまい、途中で立ち寄ったコンビニでタイトコーナーブレーキング現象を体感してしまった。(文字通り、何かにグッと挟まった様な、引っかかる感触。)クルマ側で色々と細かく調整してはくれないが、その分人間が操っている実感は濃い。
これまで寒冷地等で普段使いのマイカーとして「ジムニー」を選んだ人の多くが「ハスラー」の登場で「ジムニー」から「ハスラー」へ流れていると言う。確かに、日常の使い勝手や燃費を考えると「ハスラー」は待望のモデルだろう。しかし、改めて「ジムニー」でしか味わえない世界がしっかりとある事も判った。今回の結論としては、「ハスラー」と「ジムニー」は全く別のクルマであり、いずれはジムニーを愛車に迎えようと今更ながらも決心した。それが収穫である。但し、走った距離の割に結構疲れた(笑)。ショートホイルベースに加えラダーフレーム構造の宿命なのか、クルマの揺れは大きく、これが疲労の原因か。クルマ好きとしてウエルカムな疲労であるが、やはり長距離を走るクルマとしては厳しいと評価すべきだ。まぁ適材適所と言う事で。「S660」と「ジムニー」の2台体制なんて面白そうだなぁ。
Posted at 2014/04/20 22:45:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗インプレッション | クルマ

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコチ望まぬ転勤を繰り返す"しがない"サラリーマン。そろそろ地元の北海道へ帰って夢のガレージと家...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/4 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

ファン

182 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
22台目は中古デミオ。春になったし、何か手頃で面白いクルマは無いかとネットを徘徊していた ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.