車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年10月24日 イイね!
[フルモデルチェンジ]スバル・インプレッサ 5代目は全幅1775mmに成長 スバルは「インプレッサ」をフルモデルチェンジした。セダンは「G4」。5ドアHBを「スポーツ」と呼ぶのは先代からの継承。
早いもので、「インプレッサ」も5代目となった。初代モデルは1992年(平成4年)に登場。既に「レガシィ」がツーリングワゴンでヒットを飛ばしていた頃で、よりコンパクトでラリーで勝てるモデルとして登場した事は周知のとおり。「レガシィ」が正統派ステーションワゴンなら、「インプレッサ」は軽快な印象の「スポーツワゴン」を設定し、「WRX」との2本柱となった。もはや記憶も薄れつつあるが、2ドアクーペボディの「リトナ」が設定されていたのも懐かしい話。
1998年に私が購入したのが2ドアボディの「STiバージョン4 TypeR」と言うガチガチのスポーツモデル。随分古い話になりました。
月日は流れ、スバルはラリー競技から撤退し、今や「WRX」は独立したスポーツモデルとなり、「インプレッサ」は完全にスバルのエントリーモデルとして役割を果たすこととなった。今回はセダンとハッチバックのみだが、近い将来「XV」も新型へ移行するだろう。個人的にはソレが一番気になるところだ。
新型「インプレッサ」の詳細は公式HPを見ていただくとして、やはり社運を賭けた新プラットホームである「スバルグローバルプラットフォーム」を新型「インプレッサ」から導入する事に興味がある。まぁクルマ好き目線では大きなニュースだが、一般的には地味な裏方の話題。しかし、今後登場するスバル車の大半が採用する新プラットホームなだけに、そのポテンシャルは否が応にも期待が高まるというもの。一方、期待していたパワートレーンは改良を加えられたとはいえ、1.6L/2.0Lの水平対向4気筒エンジン(NA)にCVT(リニアトロニック)の組み合わせを踏襲。今回MT車はラインナップから消えた。折角の「スバルグローバルプラットフォーム」採用なのに、パワートレーンは退屈な状態で興醒め。本来なら、このタイミングでCVT(リニアトロニック)は卒業すべきだった。
スバルはCVTの元祖であるECVTを生み出したメーカーであり、ノウハウを豊富に保有する事や、独自性の高い水平対向レイアウトにマッチするミッションを簡単に外部調達出来ない問題が有ることは想像に難くない。また、世に数あるCVTの中で、スバルのCVT(リニアトロニック)はかなり出来が良く、取り立てて非難すべき存在とは思わない。しかし、それはCVTの中で比較した話であり、最近の優秀な多段ATには太刀打ち不可。スバルがよりプレミアムな存在を目指すのであれば解決すべき問題だ。残念ながら、当面私がスバル車に乗ることは無さそうだ....。
新型「インプレッサ・スポーツ」のボディサイズは全長4460全幅1775全高1480mmと更に拡大。マツダ「アクセラ」とほぼ同寸と言える。グローバルで勝負するにはこれ位のサイズが必要なのは理解するとして、スバルにはマツダ「デミオ」に相当するコンパクトカーが無い。トヨタ/ダイハツからのOEMでお茶を濁さずに多少価格は高くとも、スバル謹製のコンパクトカーを見てみたいものだ。
新型「インプレッサ」は全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」や歩行者保護エアバッグを採用するなど、先進的な安全装備を積極的に標準装着したことは称賛に値する。価格もそれなりに高価になった印象だが、上質になった内外装のお陰で割高感は無い。むしろ、FWDを設定した事に違和感を感じるくらいだ。どうせなら、スバル得意のAWDに特化しても良いのではないか。
まぁなんにしてもスバルの力作であることは間違いない新型「インプレッサ」。色々と注文を書いてしまったが、それは期待の表れ。これがトヨタならそんな期待はしない。スバル・マツダ・スズキが元気なうちはクルマ好きも安泰だ。近いうちに新型「インプレッサ」のインプレッションをお伝えしたい。



Posted at 2016/10/24 22:38:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2016年10月16日 イイね!
[フルモデルチェンジ]ホンダ・フリード/フリード+ 何がちょうどいいの?ホンダは二代目となる新型「フリード/フリード+(プラス)」を発売した。初代「フリード」は2008年5月発売だったから、8年間も継続販売された長寿モデルとなった。それ以前は「モビリオ」・「キャパ」と遡る5ナンバーサイズミニバンの系統である。
新型は「7days Wonderful Mobility」をコンセプトに、「いつでも」、「どこでも」、「だれでも」用途に応じて思い通りに使えるコンパクトミニバンとして開発。先代フリードの「ちょうどいい」を、さらに進化させたクルマと説明する。
3列シート車の「フリード」、2列シート車の「フリード+」(先代は「フリード・スパイクと呼んでいた」)を用意した。また、「フリード+」のボディは福祉車両にも展開される。軽自動車の「N-BOX+」と同様のモデルバリエーションと考えて良いだろう。
パワートレーンはベースモデルの「フィット」に準じ、ハイブリッド車は「SPORT HYBRID i-DCD」を採用する。以前は熟成不足から幾度とリコールを連発したシステム。最近はようやく落ち着いてきたようだが、「フィット」の印象ではツインクラッチ特有のギクシャク感は残る。一方、ガソリンモデルもフィーリングの悪いCVTを搭載しているから、クルマ好き目線で言えばどちらも躊躇するのが本音。そろそろホンダに限らずCVTを止める決断をすべき時期だと思うのだが。
細かい仕様はホンダの公式ホームページに任せるとして、今回の「フリード」シリーズは保守的なモデルチェンジをしたわりに、価格が随分と高価な印象。最もベーシックなガソリン「B」(CVT/FF)で188万円~。ハイブリッドのベースモデル「HYBRID B」になると225.6万円~に達する。同じホンダの「ステップワゴン」が228.8万円~で買えることを考えると割高感が否めない。ライバルと目されるトヨタ「シエンタ」も似たような価格帯だから、5ナンバー枠内のコンパクトミニバンが欲しいとなれば、これ位は支払う必要があると言う事か。個人的に車格はワンランク下がるのかもしれないが、スズキ「ソリオ」で充分。真に3列シートが必要ならば最低でもステップワゴン位のサイズが必要ではないか。「フリード」をホンダは「ちょうどいい」と言うが、本当にそうだろうか....。
先代に比べてスタイリングは保守志向となり、生産都合を優先したのか全般的に緊張感に欠けるボディーワークの様に見受けられるのが気になる。正直、軽自動車の「N-BOX」/「N-BOX+」に商品力で劣るのではないか。ホンダはここ数年ずっと迷走気味である意味心配。もう少しピリッとしたクルマに仕上げて欲しいものです。

Posted at 2016/10/16 22:43:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2016年10月11日 イイね!
[次期セカンドカー選考]出会って直ぐに契約。スズキ・ジムニーXC(5MT)次期セカンドカー選考だが、筆が進まないうちに納車になってしまった(笑)のであっさり結論を。中古車は新車と違って納期が短いですからね。
今回はずっと欲しいと思い続けていながら、毎度購入に至らなかったスズキ「ジムニー」をいよいよ購入。
2009年式の「7型」でグレードは「XC」。ミッションは5MT。走行距離は7年落ちの個体にしては少ない2.9万km。今回購入と同時に車検も取得だったので、2年満タン。トヨタのディーラー中古車店で購入したので、手厚い3年保証(トヨタ・ロングラン保証)に加入。写真の通り結構綺麗に乗られたクルマだから、前のオーナーに大切にされたのだろう。
タイヤ・バッテリー・ワイパーゴムなんかの消耗品は全て新品に交換という条件だったから、初期投資は非常にお安く済んだ。前述の通り、条件面ではテンコ盛りの状態だが、価格は相場以下と言う超お買得物件。まぁ今後は年式相応にマイナートラブルもあるだろうが、天下のトヨタが3年間保証してくれるんだから、そう大きな心配は不要だろう。ちなみに、トヨタのお店でクルマを買ったのはマイカー25台目にして初の経験。(若いころにワーゲンのDUO店で1台買って後悔したことがあるが...)純粋なトヨタ車を買う日は来るのだろうか。
前回、軽トラ・ジムニー・ロードスター・プロボックスを候補にヨナヨナ中古車サイトを覗いている事を書いたが、今回のジムニーはその成果と言うべきか、トヨタの中古車検索サイト「Gazoo」で発見したもの。明らかに、相場より安く、(写真の印象では)程度が良さそうだったこと。更に言えば、割と近くのお店だったこともあり、その週末にフラりと立ち寄ってみた次第。まぁこういうのを出物と言うか、出会いなんでしょうね。気が付けばそのまま仮契約(印鑑を持参していなかったので)締結。記念すべき(?)25台目のマイカーはあまりにもアッサリと決まったのだった。
正直、相場より安いとはいえ、今回検討していたセカンドカー購入予算の枠はサクッと超過(笑)。しかし、「ジムニー」を買うなら(私の勝手な好みだが)ルーフレールが欲しかったことと、エンジンが改良され、中・低回転域のトルクがアップした7型以降が希望だったから止む無し。ボディ色はノクターンブルーパール。地味な色だが、その分落ち着いていて悪くないと思う。
残念ながら本命視していた(?)NB型ロードスター(1.6L/5MT)は出物が無かった。AT車なら格安極上物件もチラホラ出るのだが、MT車は皆無。年数もそれなりに経過しているから、探すならもっと真剣に探さないとダメな様だ。いつかマイホーム+ガレージを建設した際には改めてロードスターを買いたいね。
さて。ここの所、天候不順でクルマの写真を撮るのも一苦労。今回はとりあえず撮った程度でお茶を濁しておこう。車高の高いクルマを撮るのは苦手....。こちらも勉強です。
まだチョットしか乗れてませんが、まぁ何というか「プリミティブ」(原始的・素朴)と言う表現がピッタリなクルマです。音でも振動でもエンジンの鼓動を感じ、MTをコキコキやりながら走っていると、なんか懐かしい気分に。そう言えば、昔のクルマってこんな感じだったような.....。最近の洗練されたエコカーでは絶対に味わえない独自の世界観。とにかく面白いクルマです。インプレッションはもう少し距離を重ねたところで報告したいと思います。


Posted at 2016/10/11 22:54:58 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ購入記 | クルマ
2016年10月04日 イイね!
[次期セカンドカー選考]条件は安くて楽しいクルマである事。昨年は我ながらチト暴走気味だったと反省しているが、半年程度人生初のマイカー3台体制(S660/フレア・クロスオーバーデミオのキャンバストップ)に突入。
しかし、寒い季節の到来と共に「S660」を売却(11月)。私が期待した程の刺激がなく、若干期待外れと感じていた矢先、驚きの買取価格が提示されたので即売。
「フレア・クロスオーバー」と「デミオ(DY)」はクリーンディーゼルの新型「デミオ」の下取りに入った(12月)。
恐らく、今年の夏までには転勤があるだろうと予測。それ迄は身軽に新型「デミオ」一台と決めた。
今年の夏に予想通りの転勤となり、埼玉へ復帰。引越しだのなんだのとドタバタしていたが、それも落ち着いて来た今日この頃。どうにも悪い虫がコソコソと騒ぎ出してきたらしい。そう。再びセカンドカー選びに着手です。
メインカーである「デミオ(DJ)」には大変満足しており、現時点では当面乗り換える予定がない。特に長距離移動は抜群に得意なクルマだから、セカンドカーの選定基準から「長距離移動」を考慮する必要がなくなった。あくまでも趣味のセカンドーとして、走りを楽しむクルマを欲している。但し、予算は限られるから、贅沢なクルマはNG。まぁそれ以前に、色々と気を遣う新車を買うつもりは無い。
ミッションはMTに限定。「デミオ」が6ATなので、セカンドカーはMTでコキコキと面倒なシフト操作を楽しみたいのだ。装備もシンプルでOK。維持費も安いに越したことはないネ。「走りを楽しむ」と言っても、それは必ずしも加速やコーナリング性能の事ではない。玩具の様に楽しめるクルマと表現すれば良いだろうか。
本音を言えば一軒家を建て、ビルトインガレージを造り、ケータハム・スーパーセブンをガレージに収め、ガレージを眺められるリビングで.....と言う絵に描いたような夢が無い訳ではない。しかし、しがない転勤族のサラリーマンにとって、夢のマイホーム建設はいつの日になることやら....。
オッと湿っぽい話はこの位にして.....(ToT)。
私のクルマ選びは色々と考えているようなフリはしているが、結局衝動買いである事が多い。常日頃から様々な候補車の脳内シミュレーションが走っているが、現実的な購入モードに入った際は割とアッサリ決めてしまう。色々見比べ、乗り比べ、一旦持ち帰って再検討...なんて事は近年ほとんどしていない。カタログを穴の開くほど読んで悶々としていた若かりし日々が懐かしくもある(笑)。
さて、今回セカンドカー選びを開始した際に、パッと頭に浮かんだのは以下の4台。

①軽トラック(スズキ・キャリイ/ダイハツ・ハイゼット/スバル・サンバー等)
②マツダ・ロードスター(NB初期型の1.6L)
③スズキ・ジムニー
④トヨタ・プロボックス/サクシード

①「軽トラ」は私の生活スタイルでは最も縁遠いクルマであり、普通に生活していると一生マイカーとして迎えることは無い(様な気がする)ジャンル。しかし、乗れば道具に徹した素材感と言えばよいのか、燃費競争等の余計な味付けや演出が施されない稀有なクルマでもある。実は「軽トラ」のMT車は貴重な存在とここ数年思い続けている。最近、新たな趣味として市民農園を借りて野菜作りを始めた事も影響したのかも....。
②マツダ・ロードスター(NB初期型の1.6L)は、自分が歳を取ってきたのか、最新のクルマにトキメキを感じなくなって久しい。むしろ、チョット古臭い位のクルマを色々とメンテナンスしながら維持していくのも楽しそうだなと。NB型ロードスターは私が社会人1年生のタイミングで発売されたクルマ。当時も欲しいと思ったが、身近な同僚が真っ先に新車を購入したので買うタイミングを逸したクルマ。そろそろ時効かな....。
③スズキ・ジムニーは、もう長いことずっと欲しいと思い続けているクルマ。でも実際に買うとなると何故か躊躇してしまうクルマ。噂ではJB23型もいよいよモデル末期とか。実は、軽自動車規格の改正があり、各メーカーから続々と新型車が発表された1998年はNB型ロードスターと同様に私が社会人1年生のタイミング。そろそろジムニー乗ろうかな...。
④トヨタ・プロボックス/サクシードは、既に最新モデルではMT車が廃止されている。元々商用車は愛着もなく、手荒に扱われる運命だし、遠慮なく喫煙されたクルマが多く、正直中古車で選ぶのはチト難しいクルマ。でも、今ならまだ程度の良い個体が手に入りそう。荷室も広いから、畑仕事の道具をドカドカ積んでも余裕だろうし....。

こんな感じで4車種が候補となった。まぁジャンルも年式も価格もバラバラなので、これを正当に比較検討しても決着が着くハズもない。あとは、運命の出会いを待つだけと信じ、ヨナヨナ中古車情報を検索。そして、1台のクルマと出会うのだった。
続きはまた今度。

↓写真は大人の事情でマツダ「スクラム・トラック」(先代)。



↓最近NB型のロードスターが凄く気になります。特にこの後姿がGood!!


↓写真は大人の事情でマツダ「AZ-オフロード」。既にマツダでの取り扱いは終了。


↓トヨタ「サクシード・バン」。この頃はサクシード専用のフェイスが与えられていたのにね。
Posted at 2016/10/04 23:30:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ購入記 | クルマ
2016年10月02日 イイね!
[試乗インプレッション]マツダ・デミオ 13S ガソリンデミオに再びつい先日沖縄で「デミオ」のガソリンモデルをテストしたばかりだが、再びガソリンモデルに乗る機会を得た。我が「デミオ」の納車後初トラブル(ハイビームコントロールシステムのカメラ交換)で二日間入庫となった際に代車として提供されたもの。以前、「そのうちガソリンモデルにじっくり乗りたい」とリクエストしていたのを憶えていたのだろう。有り難い限りである。今回は個人的に評価コースとして設定しているルートをトレースする事が出来たので、ガソリンモデルの評価が固まったようにに思う。
テスト車は2014年の発売当初に登録された初期モデルの「13S」(FF/6AT/145.8万円)。メーカーOPとして、LEDコンフォートPKG(+97,200円)とCD/DVDプレーヤー(+32,400円)が装着されていた。また、本来はメーカーOPでも装着不可な16インチタイヤ+アルミ(純正XDツーリング用)が装着されていたのがポイントである。
インプレッションの大半は先日テストしたレンタカーの「13C」とそう大きく変わるものではない。やはりガソリンモデルは鼻先の軽さと、ストレスなく吹けあがる1.3L-Gエンジンとのマッチングが良い。
一方で、2015年12月に実施した一部改良で電動パワステの特性が変更になったことと、タイヤが標準の185/65R15から185/60R16へ変更されていた事が影響をしたようで、今回のテスト車はステアリング操作が若干重めなことに加え、タイヤが扁平化した事で、乗り心地が若干ながらも悪化し、ドタバタ感を感じた。やはり、見た目には大径タイヤの方がカッコ良いのだが、ガソリン車の利点である鼻先の軽さを実感しつつ、キビキビとした走りを楽しむには標準の185/65R15サイズの方が適していると感じた事は収穫であった。僅かなタイヤのサイズ差が走りの印象に少なからず影響を与えていた。
個人的にステアリングは革巻きにしたいので、それを含むスポーティーPKG(+75,600円)を追加したいが、好みに合わないデザインの15インチアルミがセット販売となりセットオプション価格が高めなのは残念。現行「デミオ」のガソリンモデルはオプションを厳選し、価格を抑えたくなる。予算が潤沢にあるならば素直にディーゼルを選んだ方がメリットは大きいと感じる。(リセールも含め)
立て続けに「デミオ」のガソリンモデルをテストさせていただいたが、デザイン・品質・快適装備・安全装備・コストパフォーマンスのすべてが高い次元でバランスされており、国内メーカーでライバルはない。価格を度外視すれば、VWポロやプジョー208なんかも比較対象になるが、同レベルの装備水準で比較すると50万~70万円近い価格差があり、これらとの競合は現実的でない。次期スズキ「スイフト」が近い将来登場と噂されるが、どこまで「デミオ」に迫れるのか期待したい。



Posted at 2016/10/02 23:50:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗インプレッション | クルマ
プロフィール
「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコチ望まぬ転勤を繰り返す"しがない"サラリーマン。そろそろ地元の北海道へ帰って夢のガレージと家...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/10 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
ファン
184 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
22台目は中古デミオ。春になったし、何か手頃で面白いクルマは無いかとネットを徘徊していた ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.