• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezoflatのブログ一覧

2017年06月19日 イイね!

[マイナーチェンジ]トヨタ・アクア フィエスタが憑依??

トヨタ「アクア」がマイナーチェンジ。うーん。なんか既視感が.....。「フィエスタ」??


↑MC後の「アクア」。「フィエスタ」と比べてタイヤ回りが貧弱に見えるのが惜しい。


↑こっちが本家フォード「フィエスタ」。日本市場撤退が惜しまれる。
Posted at 2017/06/19 22:07:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年06月17日 イイね!

[試乗インプレッション]ダイハツ・ムーヴ L “SA Ⅱ”(2WD/CVT)

[試乗インプレッション]ダイハツ・ムーヴ L “SA Ⅱ”(2WD/CVT) 最近会社のクルマでダイハツ「ムーヴ」が納車されたのでインプレッションを少し。
グレードはL “SA Ⅱ”(2WD/CVT) で価格は120.9万円。まずは衝突回避支援システム“スマートアシストⅡ”が装備されたクルマを選んだ担当者を褒めたい。願わくばメーカーOPでSRSサイド+カーテンエアバッグも装着して欲しかったが....まぁ仕方がない。
さて現行型の「ムーヴ」だが、正直言って見た目が気に入らない。それ故、これまでノーマークだった。先代「ムーヴ」(特に後期型)は実用車としてシンプルかつクリーンな佇まいが好印象だった。現行「ムーヴ」は「カスタム」系に力を入れたいのは理解するとして、ベーシックな標準系モデルのデザインは随分いい加減な印象。何やら「カスタム」から色々剥ぎ取った後に安い部品を取って付けた様にも見えるから惜しい。
しかし、現行「ムーヴ」は残念な見た目を許せるなら選ぶ価値のあるクルマだ。コストパフォーマンスは現行軽自動車の中でピカイチだろう。それはエンジンを始動し、数百メートル走って一つ目の交差点を曲がったところで確信した。
ボディ剛性が軽自動車とは思えぬ程ガッチリしている。更に、低級なダンパーにありがちな小刻みな揺れが極めて少ない。ステアリングも精度の高さを感じさせ手応えも悪くない。エンジン音も120万円程度のベースグレードとしては透過が抑えられている。CVTのマッチングも良く出来ていて低回転域から必要充分なパワーで820kgの車体を走らせる。
ダイハツが自信をもって採用した新骨格構造「D monocoque(Dモノコック)」や30km/h以下の低速域やロングドライブ時の疲労感低減を目指した「D suspension(Dサスペンション)」が効果を発揮しているのだろう。当初はオマケと思っていた、ステアリングスイッチで走行モードを切り替える「D assist(Dアシスト)」も高速道路の合流時等、瞬発力を欲するときに便利だった。
最近バッサリ切り捨てられる傾向のタコメーターも装着されるし、2WDは前後スタビライザーも奢られるのは英断。先日発表された新型「ミライース」は前後スタビライザーが全車省かれている。目先の軽量化とコスト低減が優先された結果だろう。燃費競争からの離脱を訴えるダイハツのポリシーとして、新型「ミライース」にも前後スタビライザーを奢れば走りの面でスズキ車と明確な差別化が出来たのに残念。
ネガを指摘するならば、やはりCVT。エンジン出力が限られる軽自動車とCVTのマッチングは理解するとしても、もう少し「ピューン」と言う高周波なノイズは抑えたい。日頃ハイブリッド車に乗っていたりするとこの手のノイズは慣れているのかもしれないが...。私の記憶する限り、ダイハツのCVTは2006年に「ソニカ」がCVTを本格的に採用した当初から指摘されていた様な気がする。
「ムーヴ」に限らず、ダイハツ車は全般的にペダルでポジションを合わせるとステアリングが遠く感じるのは私だけか。あと3cm位ドライバー側に寄せられるとしっくりくるのに。ステアリングにテレスコがあれば解決出来る範囲だけに惜しい。(テレスコの無いクルマは軽に限らず結構あるから「ムーヴ」だけの問題ではない)
正直、トヨタ「ヴィッツ」を買うくらいなら現行「ムーヴ」を買った方が満足度は高いはず。これは乗れば直ぐに判る程の違い。トヨタがダイハツに小型車開発を任せたくなるのも頷ける。
高速道路にステージを移しても現行「ムーヴ」は健闘する。非力なNAエンジン(52ps/6,800rpm 6.1kg-m/5,200rpm)だから120km/hで巡行もラクラク...とはいかないが、法定速度で巡航するにはなんら不足はない。燃費も20km/L以上をコンスタントに記録。これなら普段のアシとしてノンターボ車でも問題は無いと断言出来る実力車。ただ、現行「ムーヴ」は珍しく標準系にもターボモデルを用意するから悩ましい。Xターボ “SA Ⅱ”(2WD/CVT)が138.2万円と言うのは昨今高価になった軽自動車の中でバーゲンプライス。こちらも検討の価値はある。恐らく、遠からず「ムーヴ」にもステレオカメラを採用した“SA III”が改良のタイミングで採用されるだろう。その時にイマイチな見た目にもメスが入ると良いのだが。

↓利益率の高い「カスタム」シリーズを売りたいのは理解するが。

↓先代「ムーヴ」の後期型。シンプル&クリーンで良かったと思う。
Posted at 2017/06/18 08:48:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗インプレッション | クルマ
2017年06月06日 イイね!

[累計走行4000km突破]スズキ・ジムニー 累計平均燃費は15.75km/L

[累計走行4000km突破]スズキ・ジムニー 累計平均燃費は15.75km/L我が「ジムニー」が先日累計走行4000kmを突破(納車以降の走行距離)。
昨年10月に納車されたから、既に8ヶ月が経過。昨年末~今春にかけ多忙を極めたせいで、「ジムニー」に乗れる機会が少なく走行距離が伸び悩んだ。給油記録を見ると、2/18に給油して以降、次の給油は5/2のゴールデンウィーク真っ最中と言う始末。折角新品を購入・装着したスタッドレスタイヤも全く活躍する事無くシーズンを終えてしまった。まぁ無理に雪道を走りに行く必要は無いのだが。
「ジムニー」は余程のことが無ければ長期保有をしたいと思って購入したクルマだから、そう慌てて走行距離を稼ぐ必要はないが、もう少しアチコチ走り回りたい。
噂では今年の東京モーターショーで「ジムニー」のフルモデルチェンジが発表されるとか。現行「ジムニー」は軽自動車規格が改正された平成10年に登場した古参モデル。次はどんなクルマに仕上がっているのか楽しみ。内容次第では速攻予約購入も.....。
累計の平均燃費は15.75km/L。重量級の古参モデルとしては文句無し。やはりMTは元来効率が良いのだろうね。
Posted at 2017/06/07 23:34:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジムニー(JB23W) | クルマ

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
Instagram開設しました: ezoflat Twitter運用中:ezoflat クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

182 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
22台目は中古デミオ。春になったし、何か手頃で面白いクルマは無いかとネットを徘徊していた ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.