• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

takechicoのブログ一覧

2018年02月13日 イイね!

大阪オートメッセ2018。



3連休最終日の12日は雪に見舞われた。

大阪オートメッセに行こうと思っていたのに、朝7時に目が覚めて外を見たら一面の雪景色。なんてこったい。



一度は大阪行きを諦めて8時過ぎから外を少し散策してみたのだが、徳島とは思えない景色が。

ただ、この時点で道路の雪は溶けており、少なくとも通行量の多い道路は問題なさそう、ということで予定より少し遅い時間に大阪へ出発。狭い路地は少し気を付けた方がいいだろうな…と思っていたら案の定ABSが作動。うひゃあ。

道中は何事もなく、無事に会場へ到着。昨年はC-HRが多かったけど今年はやけにガヤルドが目についたような。



あとレクサスLC Fもあちこちで目にした。





何せ4年連続で来ているので、インパクト重視のVIPカー系はこちらも大概目が慣れてしまっているが、ホンダ・バモスをカスタマイズしたと思しきUSテイストの2台は結構良いと思った。





日産京都自動車大学校によるリーフベースの出展車。



会場でもらったチラシには「近未来のスポーツカー」という文言があったが、私には太古の昔に絶滅した両生類とか、そういう感じの何かに見えるぞ。色遣いが結構好き。

市販(予定)車で気になったのはクラウン。







何といってもシックスライトの採用が大きなニュース。前半分はまさにクラウン(ただ、オーバーハングをかなり切り詰めている)だが後ろ半分は4シリーズのグランクーペとメルセデスEクラスを足して2で割ったような感じ。レクサスLSもシックスライトを取り入れたが、果たしてこれが吉と出るか凶と出るか。



マスタングもありました。



当然撮り鉄も…というかむしろコッチがメインだったのですが、お目当ての287/289系特急こうのとりは編成がフレームに収まらなかったりパンタグラフがフレームから外れたりして3回あったシャッターチャンス全て失敗。嗚呼。新快速のように速い列車を置きピンで撮ろうとすると、加齢でちょっとあやしくなっている自分の動体視力との戦いになるなあ…。
Posted at 2018/02/13 21:01:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 遠征 | 日記
2018年02月03日 イイね!

うどん。

金曜日は所用でお休み。

用事は午前中に終わったので午後から現実逃避。昼は児島駅で撮り鉄をして、夜は高松の映画館でバーフバリを鑑賞。



お目当ての8600系。構図はともかく、置きピンは上手くできた…ような気がする。ようわからんけど。しかし、一眼レフは腕が疲れますね。重い。私のカメラ、一眼レフでは軽い方らしいんだが。もやしっ子はつらい。

その後観たバーフバリ、個人的にはイマイチでした。ネットでは割と絶賛一辺倒だった気がするけど。私は「主人公が最初から一番強い」物語が好きなので、途中までは良かったんだが。

高松に来ているので食うのはうどんだ。高松には夜でも美味しいうどん屋がある。



鶴丸。県外で全く読みが同じのセルフ店(どうやらチェーン展開している模様)を見かけて目を疑ったことがあるが、まあ、他人の空似的な何かでしょう。

この店に来たの、5年ぶりぐらいかなー。いや、その間に1回来てるかな?いつの間にかカレーうどんが人気メニューということになっている(店の公式サイトにも「高松で〆の一杯にカレーうどんはいかがですか?」とある)が、ここは麺を味わう店なのでカレーうどんを頼むのは少々勿体無い(といいつつ前回はカレーうどんを頼んだんだが)。というか、昔は夜のカレーうどんといえば「五右衛門」だったんだぞ…と年寄りのつぶやき。

今回はぶっかけ天を注文。



寄り過ぎた。

先に書いたがここは麺を味わう店。近年は粘りのあるモッチリした歯ごたえの麺が流行っているように見受けられるが、鶴丸の麺はそれらに比べると「硬い」。噛みごたえのある麺を出してくる。

それでいて食べていてアゴが疲れるということはない。その辺の塩梅が実に絶妙。麺を引き立てるアッサリめのだしと揚げたての天ぷらもナイス。美味しゅうございました。

鶴丸は大学時代によく通っていたのだが、ここでうどんを食べた後、近くのアーケード街にある茶寮(さりょう)という店で肉まんを買って食べるのが常であった。当然、今回も行く。ここに行くために鶴丸ではおでんやいなり寿司をガマンしたのだ。



店がある四つ角、なぜかウォータービジネス系と思しき方々が四隅で数人ずつたむろっていた。



肉まんを買い求め、カウンターの隅にあるたれをかけて(かけなくてもいいけど)食べる。写真は何度撮ってもピントが合ってくれずボケボケになっているが、具にはきくらげやたけのこなども使用して、甘味の中にコショウが利いたスパイシーな味付けになっている。

恐らく他にあまりない味わいの肉まん。高松に来られた際はうどんや骨付き鶏だけでなく、こちらの肉まんも一度ご賞味を。
Posted at 2018/02/03 13:34:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | うどん | 日記
2018年01月03日 イイね!

うどん。

高知にある実家の近所にできたうどん屋(今調べたら2016年11月開店とのこと)が美味い、という話は両親や、夏に帰省していた姉から聞かされていた。

…のだが、9月に母と行った際の印象はイマイチだったんである。ザルを頼んだのだが、茹でてから15分を経過した麺は客に出さず廃棄していると謳う割にコシの弱い柔らかめの麺が出てきて「みんな、香川のうどん屋に行かんなっとるから讃岐うどんに対するハードルが低なっとるんちゃうか?」という結論に落ち着いていた。上品な感じで別に不味くはないが「再訪はないな」と。

ところが、年末年始(12/29~1/2)恒例の帰省をした際、30日に父が「午前中は墓掃除に行って、帰りに(私が9月に行った)うどん屋に行こう」と言い出したのである。えー。

とはいえ代案もないので素直に従うことに。店の名前は「よがな」という。



開店直後に入り、ぶっかけの冷やを注文。オプションは海老天とおにぎり。



だしは甘め。前回食べたざると同じだったような気がするが、それよりも麺のコシが前回とはまるで別物。上品さと強靭さを併せ持つ上等な麺であった。あれ、ひょっとしてこれ旨いんじゃね?

話はこれで終わらない。大晦日に午前中に家の大掃除を済ませた後、再びよながに行くことになったのだ。理由は父曰く「お母さんが昼ごはんを作るの面倒くさいだろうから」。なお、父は家事が一切できません。

12時半ごろに行ったら店内に行列が。実は私、29日の昼食もうどん(この店)だったため、なんで並んでまでして3日連続でうどん食わないかんのじゃ…とイライラしてきたが他の選択肢もないので大人しく待つことに。

うどんが茹で上がり、ようやく行列が動き出す。順番が来て、私はかけうどんを注文。オプションはとり天。



誘惑に負けてきつねを入れてしまい、きつねの甘味でだしの味が変わってしまったのだが、間違いなくだしはイリコでとったもの。このだしがまた上品な味わいなんである。ひょっとしなくてもこれは旨いんじゃね?

3打数2安打、なおかつ家族の評判から「この店のうどんは旨い」と認定して問題なかろう。「ひろめ市場に行くつもりだったけど気が変わって讃岐うどんを食べたくなった人」あたりに大推薦しておきます。桂浜から車で10~15分ほどです。なおひろめ市場からは車で20分程度、飲みの締めには使えません。

++

余談ですが、ついに一眼レフを導入。カメラには金をかけないと固く心に誓っていたんだがどうしてもコンデジでは限界があるということに気づいてしまい、つい。

買ったら撮るよね、ということで。



この写真はレンズに付着したホコリが光に反射して緑色の変な模様が出ている(2両目の後方)ので失敗なんだが、山奥で光が届かないこんなところでも割かし綺麗な写真が撮れて、まさに「ビバ、一眼レフ!」である。せっかく買ったので色々撮りに行きたいです。

ちなみに機種はキヤノンのEON Kiss X9。ホントは白かシルバーが欲しかったのだが、ヨドバシ店員の話を盗み聞きしていたら「レンズキットについてる標準のレンズは使えない」「カメラに詳しい人を連れてきた客はボディと別売りレンズを買っていきます」だそうで、間の悪いことに白/シルバーはレンズキットのみの販売。しゃあねえなということで、声をかけてきた別の店員に相談した上で、黒のボディと別売りレンズを購入。鉄っちゃんがぶら下げてるカメラのレンズ、なんか店とかで見かけるヤツよりでかくないか?と思っていたの、こういうことだったんですね。確かに標準のレンズでは上の写真は撮れなかったと思う。

++

こんな風に「うどんと撮り鉄、時々クルマ」という感じで今年もいきます。よろしくお願いします。
Posted at 2018/01/03 23:07:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | うどん | 日記
2017年12月25日 イイね!

うどん。

有馬記念の日はだいたい古い友人と集まって馬券を買いながらキャーキャー言うのが常なのだが、香川にあるその友人宅へ向かう途中、うどんを食べてきた。

はじめは津田寒川インターを降りて少しクルマを走らせたところにある一般店(近年流行しているセルフ式でなく、席に座っている客のところに店員が注文を取りに来るタイプの店のこと)に入ったのだがスタッフが不足しているようで、店内はそこそこ混んでいるとはいえ空席が目立つのに順番待ちの客が数組。こりゃ相当待たされるなと思い店を出て、そこからさらにクルマで10分程度走ったところにあるセルフ店の「溜(たまり)」へ。



うげ、こっちも混んでる。

とはいえセルフ店なので回転も早く、数分で店内へ。サイドメニューが充実していて少し迷いつつ(ちなみに、香川のうどん屋では珍しいことなのだが、この店はおでんを置いていない)アジフライとなすの天ぷら、いなり寿司を選び、同行二人さんオススメのわかめうどんを注文。



撮影時にスマホのフラッシュが光ってしまったので麺が真っ白だが、実際には至って普通。

味の方だが、うどんに限らず、全体的に薄味。「シンプルに最後まで食べきれるような味付けにしています」とのことなので、これは意図的なものだろう。



冬季限定のしっぽくうどんやサイドメニューのカキフライ等、気になるメニューが色々ある店だった。次回はざるうどんを試してみたい。

香川に来る前に、自宅から30分ほどで来れる秘境駅、阿波大宮駅で撮り鉄など。



思いつきでフラッと行ったので大した収穫はなかったが、気になるポイントは色々あったのでまた来たいです。

Posted at 2017/12/25 22:15:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | うどん | 日記
2017年11月27日 イイね!

うどん。

タイヤを直した翌日が勤労感謝の日で休みだったのでお出かけすることに。向かったのはお隣うどん県の志度にある「手打ちうどん 源内」



大昔からここにあるのは知っていた(昭和47年創業だそう)が
(1)メディアへの露出が一切ない(ラジオでCMが流れていたこともあるらしいですが)
(2)徳島側からだと峠を越えて下り始めてすぐのところにあり、何となく入りにくい
(3)店構えがフツーすぎて意外性が感じられない
といった理由からこれまで入ったことがなかった。今回行ってみようという気になったのはYBT340さんが行っていたからである。

だしが染みたおでんをつつきながら待つことしばし、注文していたかけうどんが到着。



だしは甘めの万人受け指向というか、トゲのない味わいだが、暖かいかけであるにも関わらず麺がずっしりとしていてかつコシがあることにやや驚いた。量も結構多いかも。

源内の前にある国道を高松方面へ下ると1kmも走らないうちにセルフのうどん屋が3軒もあるのだが、かけうどん500円という超強気な値段であるにも関わらず、店内は多くの客で賑わっていた。大したもんだ。

うどんを食べた後は撮り鉄に。お目当ては8600系の7両編成と、先代マリンライナー213系を改造したジョイフルトレイン「ラ・マルことひら」を撮ること。前者はともかく、後者は休日しか撮れないのだ。



高松駅から電車で讃岐塩屋に移動し、8600系を撮影。そのまま丸亀駅に戻ってちょこちょこ撮影していたのだが



8600系で来るはずのいしづち/しおかぜが8000系で来たことに動揺した私、駅前にある猪熊源一郎現代美術館で開館記念イベントをやっていてそちらに気を取られてしまい、この直後に来るはずのラ・マルことひらのことをすっかり忘れて美術館に向かってしまったのであった。ラ・マルことひらは休日にしか撮れないっつってんだろーが、私よ。いよいよヤキがまわってきたか。





開館記念日ということで入場料は無料だった。ラッキー。絵画というか美術全般に関して知識皆無なのだが、こういう場所で絵を眺めるのは割と好きだったりする。観てもすぐ忘れてしまうのだが…。



馬が好きなので馬のイラストが入ったTシャツを買ってきました。
Posted at 2017/11/27 22:31:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | うどん | 日記

プロフィール

「@ロボ部長 ガッツリ車高も落としてありますね。」
何シテル?   01/09 18:01
四国在住です。 2003年式の初代シトロエンC3から2013年4月に3代目フォード・フォーカスに乗り換えました。 どマイナーな音楽のレビューを書いて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
デビュー前に試乗して注文しました。軽やかなハンドリングと斜め後ろからのマッシヴなスタイリ ...
シトロエン C3 シトロエン C3
2003年2月から2013年4月まで乗っていました。雑誌で見て一目惚れしました。 高速 ...
マツダ エチュード マツダ エチュード
大学時代に友人のつてで車検切れだった個体をナンバー取得に必要な費用のみ出して譲り受けたも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.