• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

takechicoのブログ一覧

2014年03月29日 イイね!

クーガに遭遇。

職場近くのコインパーキングにて。



++

先日、墓参りのために帰省した際に実家の某国産車を運転したのだが、シートに対してハンドルが右に、ペダルが左にオフセットしているという恐ろしい造りだった。

父が「シートがイマイチかな~」とか言っていたが、それ以前の問題なような。
Posted at 2014/03/29 20:48:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2014年03月21日 イイね!

洗車機/うどん/スカイライン試乗。

またうどんの話を書こうと思ったが、ネタができたのでクルマの話も書こうと思う。

++

生まれて初めて洗車機を使ってみた。「傷がつく」「外車だとドアミラーが外れる」という評判をよく目にするのでこれまで敬遠していたのだ。

汚れが気になる。でも寒い。1ヵ月後には12ヶ月点検があってその時にピカピカにしてもらえる。こういった事情を勘案した結果「ま、たまにはいいっしょ」という結論に。近所のセルフスタンドにある洗車機には「外国車お断り」とあったがゴルフが堂々と洗車していたので気にしないことにした。

外国車お断りを謳いつつ輸入車のドアミラー事情を考慮した洗い方も出来るらしく、迷わずソチラを選択。時間にして3,4分程度か?あっという間。ブラシがバッタンバッタンとボディを叩く音がコチラを不安に陥れてくれるが、やはり手軽なのはよろしい。傷云々に関して言えば、私の洗車は雑なのでどのみち傷はつくだろうからどうでもいい、とも言えなくもない。ドアやハッチゲートの内側が洗えないことを気にしないでいい状況なら洗車機でもアリかなあ。

++

その後、六車(前回の日記参照)へ。先日、所用で香川に行った際に偶然入ったうどん屋(下の写真)で食べたかけうどんのつゆが、いりこだしメインと思しきスッキリした実にいい按配だったので、比較のためにかけを注文。

あらら?明らかにいりこだし由来ではない甘ったるい味が。何を目指しているのか全く分からない○亀製麺(伏字になっとらん)のつゆよりはマシだが、系統的には近いものを感じる。一般向けな味付けではあるかも知れんが、ううむ、ここではざるを頼むが吉か。ちなみに正午前に行ったのだが店内は盛況だった。


先日香川に行った際に入った店。私は本当に「偶然見つけた」のだが、土地勘のない人が偶然見つける確率は本当に低そうなロケーションの店。

++

六車からの帰宅途中、日産の前を通りかかると新型スカイラインの試乗車が置かれていた。出来心でフラッと入って試乗。スタイリングはBMWコンプレックスが強すぎる気もするが、キャブ・バックワードなデザインが時流に沿っているだけ、と言えなくもない。カッコいいとは思う。

試乗はチョイ乗り程度だったというか、3.5リッターV6+電気モーターの威力を実感する機会がなかったので、思ったことをサラッと箇条書きで。

・微低速域でのステアリングの反応が超クイック。ステア・バイ・ワイヤという新技術を投入しているが、ここの記事を読む限り、狙ってそうしているのかも。結構ビックリしたけど。

・Aピラーがフォーカスみたく寝ていないので見晴らしが良い。車幅感覚も掴みやすい。

・シートの座り心地は「さすが高級車」。少しアクセルが遠いかも。

・エンジンでの発進とモーターでの発進、両方体験できたが、感覚的には音以外に大きな違いはない。スバルXVあたりだと如実に違いが出た(モーター発進の方が素軽い)が、スカイラインはエンジン単体でも300psあるからねえ。

・エンジンが動いていてもフォーカスより静か。当たり前か。

・低速域におけるオートマのシフトショックの意外な大きさ。

・初代プリウスで怒りすら覚えたハイブリッド車特有のブレーキの違和感、スカイラインでは9割方解消されていると言ってよい。あまり余計な気を遣わずに止まれる。

ハイブリッドに「商品の付加価値を高める」以上の意義を見出すのは正直難しい気がした(市街地燃費には効くのだろうけど)のだが、スカイラインを買える財力もない外野がとやかく言うことでもないか。それよりも今年中に2リッター直4ターボが追加されるそうで、どちらかというとそちらの方に興味が沸くのであった。





斜めに止めていてカッコ悪いのはご愛嬌。敷地の構造やら何やらでしょうがなかったのだ。写真を撮る際スタッフの方が「止めなおしましょうか?」と言ってくれたけど。
Posted at 2014/03/21 15:26:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | うどん | 日記
2014年03月16日 イイね!

うどん。

クルマに関するネタがないので、うどんの話でもしようかと思う。

昨年の秋だったと思うが、普段あまり通らない道でクルマを走らせていると、ロードサイドにいかにも開店して間もない感じのセルフうどん屋があった。それだけなら別にどうということもない話なのだが店名が「六車」。

「むぐるま」と読みます。六車といえばかつてうどん不毛の地(旨いうどん屋が少ない、の意)と呼ばれた東讃(香川県の東側)は白鳥町(現・東かがわ市。しろとりちょう、と読みます)に店を構えていて、東讃地区のうどん屋で(恐らく)唯一「恐るべきさぬきうどん」に掲載された店である。「恐るべきさぬきうどん」て何じゃそりゃ、とお思いの方には「さぬきうどんブームの礎となった本」と説明しておこう。もう随分昔(20年以上前?)の本である。

六車には私も何度か行ったことはあって、個人的には好きな店である。その六車が支店を出したのであれば俄然興味は湧くが、昼間営業オンリーだし家からは少し距離があるし、何より「パチモンじゃないの?」という疑念が拭えず、ひとまずは静観と相成ったのである。

しかしその後の調査により「本当にあの六車が徳島に出店したらしい」ということ、あと夜間にも営業を始めたということが分かり、ならばと先月末に行ってきた(この時は昼営業時に行ったんだが)。

店に入るとお盆とお皿を取って各種天ぷらや総菜、おでん、おにぎりを自分で選び、うどんを注文してお金を払うという一般的なセルフ店のシステムながら「注文後うどんを茹でます」とあり、セルフうどん店だというのに注文してから結構な時間待たされるという、ある種斬新なシステムに驚きつつ期待しているとざるうどん到着。

六車の本店、もう2年ぐらい行っていないから比較は難しいが、旨い。麺も旨いが何よりつゆがいりこだしベースの「ザ・讃岐うどんのつゆ」で大変嬉しい(3/21追記:ちょっとここの記述、自信がなくなってきました。いりこだしベースじゃないかも)。高校時代、放課後に毎日のように通った高松市内の商店街にある某店でよく食べていたざるうどんのつゆの記憶が甦る。ここまで香川仕様のものをそのまま持ってくるとは思っていなかったので、感激のあまりこの半月で4回行った。

しかしだだっ広い駐車場は若干スカスカ気味で、なんか、あまり流行っている風ではなさそうなのが…。最初に訪問した際は若干ピークの時間帯を過ぎていたし、その後は夜にしか訪れていないからたまたまなのかも知れないが、少し心配。久々に見つけた心のオアシスなので、頑張っていただきたい。




Posted at 2014/03/16 23:20:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | うどん | 日記
2014年03月03日 イイね!

本&フォーカスマイチェン。

一昨年の入院中に「モーターファン別冊 新型スイフトスポーツの全て」を読んでいてふと「そういえば『モーターファン』なんて雑誌、今でも売ってたかぁ?」と思ったのがモーターファンイラストレーテッドとの出会いのきっかけ。

で、そのモーターファンイラストレーテッドで「ニューカー二番搾り」というコーナーがあって、それが一冊の本になるらしい。

「福野礼一郎のクルマ論評2014」

http://ameblo.jp/motorfan-i/entry-11785570360.html

著者を知ったのは、それこそモーターファンイラストレーテッドを(時々だが)買うようになってからなのだが、リンク先の記事で帯にフォード・フォーカスの文字があったのでこの本を買うことにした。アクセラの記事でフォーカスのハンドリングを激賞しているのは読んだ(それに続けて「アクセラもそれほど負けていない」と書かれていた)が、さて、本記事ではどのように書かれているのやら。

それ以前に地元の本屋で置いてくれるだろうか。大丈夫だと思うけど。そういえばフィエスタのすべて、1冊だけ置いてあるのを見かけた。大阪のグランフロントにある紀伊国屋では平積みされていて「おお」と思ったが、田舎ならこんなもんか。翌週にはなくなっていたけど、売れたんかな。

++

フォーカスがマイナーチェンジを受ける模様。

http://jp.autoblog.com/2014/02/24/ford-focus-facelifted/

うお、なんじゃこの顔。ワゴンは結構まとまっていると思うが、ハッチバックのほうは…、うーん。どうだろ。現行のプレーンな雰囲気を受け継いでくれたら良かったと思うが、これだとチト厚化粧な感じ。

記事を読むと新しいエンジンが追加されるわシャシーにまで手が加えられるわで、かなり大掛かりなマイチェンになる模様。これ、タイ生産車にも反映されるんですかね(特にパワートレイン)。1.5Lターボ+DCTで270万円程度の価格だったらマスタングと並ぶ2015~2016年の目玉となりうると思うのだが。

少し気になるのはタッチスクリーンを採用していること。現行のインパネ周辺がボタン多めで煩雑に見えるのは理解できるが、運転中のタッチスクリーン操作はかなり危険な気がするので、物理ボタンの方がいいと思う。
Posted at 2014/03/03 21:33:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | フォーカス | 日記

プロフィール

「@くまモンNo7 個人的にもEFM2016が最初で最後の目撃になっております。私が問い合わせた時は既に売り切れって言われたんですけどね…(笑)。」
何シテル?   03/11 08:06
四国在住です。 2003年式の初代シトロエンC3から2013年4月に3代目フォード・フォーカスに乗り換えました。 どマイナーな音楽のレビューを書いて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/3 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
デビュー前に試乗して注文しました。軽やかなハンドリングと斜め後ろからのマッシヴなスタイリ ...
シトロエン C3 シトロエン C3
2003年2月から2013年4月まで乗っていました。雑誌で見て一目惚れしました。 高速 ...
マツダ エチュード マツダ エチュード
大学時代に友人のつてで車検切れだった個体をナンバー取得に必要な費用のみ出して譲り受けたも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.