• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

takechicoのブログ一覧

2015年03月28日 イイね!

スズキ・アルトターボRSに乗ってきた。

発表当初はその先鋭的なデザインに賛否両論湧き上がったものの、気がつけば慣れてしまった感のあるアルト。個人的には「慣れてしまった」のだからいいデザインなのだと思っている。

そのアルトにスポーツモデルのターボRSが追加された。聞けば5段AMT(スズキではAGSと称する)のみの設定だそうで、AMT好きの私としてはこれは乗らないワケにはいかない!というコトで、乗ってきました。

結論を先に書くと「明日フォーカスが事故で全損になったらコレを買います」。金があったら他の買いますけど、なかったらもうこれしかない。

先にネガを書くと、シートは小ぶりで座面長が足りず、長距離は辛いだろう。あとやはりというか何というか、パワステが軽すぎて落ち着かない。

それ以外はなかなかに素敵なクルマであった。試乗コースは丘越えの軽いワインディングロードだったが、加速はターボラグを意識させない小気味良いもので、あと何が面白いって、コーナーの手前でシフトダウンすると軽くブリッピングするのである。シフトダウンの反応もAMTにしてはかなり良い。私みたいなヘタッピーが3ペダルに乗るより遥かにスムーズ。

そしてやはり、こういう道を走るにあたって、軽いというのは正義である。ステアリングのフィールこそ慣れを要するものの、下り坂のコーナーでも余計な気を使わずスイスイと曲がれる。上り坂でも、低いギアで引っ張れば2名乗車で痛痒を感じることはなかった。速くはないけど。

特筆すべきは乗り心地。硬いけど、段差を乗り越えてもボディがわなわな震えたりしないので全く不快でない。何せ2駆で129万円のクルマである。走ってたらそのうちボロを出すはずと、わざと舗装がはがれている部分の上を通過させたりしたのだがまるで堪えた様子を見せない。

高速道路でどういう振る舞いをするかは未知数だが、少なくとも「日常の足+α」として大変魅力的。プラスアルファは言うまでもなく「ワインディングをカッ飛ばす時の相棒」という意味である。

応対してくれた女性スタッフによると「ワークスに乗ってた方がよく試乗においでます」「で、動かし方がわからん、とよく言われます」だそう。まあ、そうなるんかなあ。







ここからは余談というか補足。

12年前、初代シトロエンC3納車の際、ディーラーの人から言い渡されたセリフである。

「センソドライブ(当時のPSAはAMTをこう称していた)はマニュアルモードで乗ってください」

以来、C3を初めて動かした最初の数十m以外、AMTは全てシフトノブorパドルシフトを手動で操作してきた。試乗で乗ったVWアップ!もクライスラー・イプシロンもフィアット500もプジョー208もシフトアップを機械任せにした事はない。C3を最初に数十m動かした時点で「これはオートマの代替ではなく、クラッチペダルがないマニュアルなのだ」と思い知らされたからだ。

今回も全てシフトアップはMモード(手動)でまかなっております。よって自動変速を行うDモードにするとどうなのかは知らないしどうでもいい。評論家諸氏が、Dモードでアクセルベタ踏みにして走ったらどうなるか、親切に書いてくださっているのでそちらをご覧いただければよろしいかと。
Posted at 2015/03/28 21:35:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記
2015年03月25日 イイね!

スズキSX4 S-Cross & マツダCX-3に乗ってきた。

その1 スズキSX4 S-Cross
私の中で「見た目からいいもの感が漂っている」クルマとして気になっていたスズキSX4 S-Cross、3月初旬にたまたまスズキのディーラーで見かけ、飛び込みで試乗。結構期待していたのだが…。

パ、パパパ、パワステが軽ぅーい。フォーカスに初めて乗ったときもやけに軽いと思ったが、それより軽い。というか、手応えがなさ過ぎて怖いぞこれ。ディーラーの駐車場を出て右に曲がった瞬間「あ、もういいです」て言いかけた。走りましたけど。

パワートレインは1.6リッターNA+CVT。CVTだから無条件にダメ、とは言わない(実家にあるソリオのパワートレインはそんなにイヤではないです)がこれはダメ。加速中のうるささがちょっと許容範囲を超えている。コンソールに設置されたスイッチを操作してスポーツモードにすると多少元気さを増すがうるささも同様に増す。

メディア等のレビューを読むと割と好意的な評価が多いのだが、ダメでしょ、これ。エアバッグが今時前席にしか設定されていないというのも、スズキの見識を疑わざるを得ない。ボディのみっちり感とかドラポジの決めやすさとか、ポテンシャルはありそうな感じだけど…。

年間で600台しか売る気がないのなら、欧州で売ってる1.6Lディーゼルターボ+6MTに4駆の組み合わせで270万円ぐらい(無論、サイド/カーテンエアバッグは標準装備)で「コレ、外車ッスから」と開き直って売ったほうが良かったのではないか…と無責任な外野は思ってしまうのだが、まあ、言うても詮無いことよ。



前からの写真も撮ったのだがひどいピンボケで使えず。

++

その2 マツダCX-3

ディーラーから案内が来ていて、先週試乗に行ってきた。雨が降っていたのですぐ乗れるだろうと思っていたが先客が試乗に出ていた。試乗の引き合いは結構多く、やはり注目を集めているらしい。

私が一番気にしていたのは「ドラポジは幅が広くなっても大丈夫なのか?」。幅が広がってシートが外側へ移動しているのにペダルやステアリングがデミオのままだと、自然なドラポジが取れるというデミオの最大の美点が台無しになってしまうワケで。

「幅は広がってますけどドアの厚みが増した分で、室内幅は逆に左右5mmずつ狭くなっています」

あ、そうなんですか。

ディーラーの人から説明を受けた瞬間「じゃあ、もういいです」て言いかけた。走りましたけど。

試乗車は6速ATのFF。際立っていたのは静粛性の高さ。エンジン音のみならず、ロードノイズや風切り音もよく抑えられている。BセグのSUV(ヴェゼルとかジュークとか)には乗ったことがないので比較はできないが、少なくともデミオやプジョー208よりはずっと静か。

残念だったのは乗り心地。継ぎ目でバタバタしていたデミオ(のディーゼル)と異なり、荒れた舗装を通過すると頭が上下に揺さぶられる。

全体的にはなかなか良い感じ。但し、購入するならあと1年待って足回りが改良されてからでも遅くないのではないかな、と。なおCX-3、値段が高いと言われるが、ヴェゼルにオプションを付けて装備レベルを揃えると「CX-3が3万円高い程度まで縮まる」由。



波打つウインドウ下端のラインやDピラーの処理が野心的なデザイン。1番人気はこのソウルレッドプレミアムメタリック…ではなく、セラミックメタリックだそうです。
Posted at 2015/03/25 23:51:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記
2015年03月21日 イイね!

希少色(?)×2。

オフ会ネタも無事書き上げ「これからまたフォードと全然関係ないネタを書き散らしちゃうぞー!」と張り切っていたのだが。

夕刻、休日の買い物前にいつも立ち寄っている本屋の駐車場で、一昨年に限定販売されたミッドナイトスカイのフォーカスを発見。



思わず自分のマスタードオリーブを並べて1枚。私のもレアらしい(デモカー流れの中古車でこの色が結構多いんで、あまり実感はないのですが…)がさすがにこれには負けるだろう。…負けますよね?

ミッドナイトスカイの販売台数は55台だが、徳島で見かけたのはこれが2台目。なぜ以前見かけた個体と別のものだとわかったかというと、このミッドナイトスカイ、タイヤ/ホイールが私のと同じ17インチなんですね。

日本で販売されたミッドナイトスカイはボディカラー以外に「18インチタイヤ/専用アルミホイール装備」「ナビ標準装備」というのが標準車との相違点だったのだが、このミッドナイトスカイはタイヤ/ホイールが標準仕様に差し替えられている。

こういう仕様もある…というか、できるんですね。ちなみに今日は黄色いエコスポーツも目撃、フォード限定車日和であった。
Posted at 2015/03/21 21:45:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | フォーカス | 日記
2015年03月20日 イイね!

EFM2015参戦記(その4)。

前回までのあらすじ:無意味な終わる終わる詐欺もここまで。

撮影会のあとはサーキットタクシーと相互試乗。サーキットタクシー、午前の部が見ていて楽しそうだったので申し込んでみた。乗せてもらったのはFFで350psという、もう呆然とするしかないようなスペックまでチューンされたMk2フォーカスRS。

私はジェットコースターが「どうせレールの上を進んでいくだけで先の展開とか見えてるし」という理由で嫌い(あんなんちっとも怖ないわ!などとは言いません)なのだが、コチラはレールなんてないのである。それがヘアピン手前まで全開でブッ込んでいく。そしてブレーキ→旋回。車体が回転運動でなく、ほんの一瞬ではあるが、斜め前に、あるいは真横に平行に進んでいく感覚。

スリリングという言葉はこういう状況のためにある。いやあ、これは楽しい。サーキット、楽しいなあ。勿論、あんな風に走れるとは思っていないが、機会があれば、自分のクルマでパァーッと飛ばしてみたいものである。

あと何か書き忘れたことは…。ああ、そうだ。

ヨコモンさんが帰る際に少し話をすること事ができたのだが、その際に仰っていたのが

「今回何が良かったって、集合写真を撮ったあと駐車場に戻る時に空ぶかしする人がいなかったことですよ」

そばにいたカーターさんも、取材に来たメディアがマナーの良さに言及していた旨の話をされていたのだが、こういう話が出てくるということは「自動車関連のオフ会というものが常にこういう空気に包まれているワケではない」ということの裏返しでもあるワケで。

私、そんなピリピリした場に居合わせたくないです!初めての自動車関連オフ会がEFMだったというのは、運が良かったんだろうな。ここまで長々と書いてきたが、一言にまとめると「居心地良かったわ~」。これに尽きる。繰り返しになるが、私に構ってくれた方、相互試乗に乗せてくれた方へ最大限の感謝を。そして2年前にフォードを選んだ私の慧眼ぶりにうっとり(←全てブチ壊し)。

というワケでイベントは無事に終わったが、家へ帰るまでが遠足である。どこかで天理市がラーメンで有名と言う話を聞いたので、名阪国道から高速には入らず天理市内へ。手元のスマホで適当に調査して見つかった店で夕食。



スタミナのつきそうな味のラーメンだったが、空腹が満たされたことでスタミナがつくどころかここで見事に電池切れ。まぶたが錘でも吊るしたかのように重い。Here comes 眠気。当初の予定通り、和歌山でラーメンを食ってフェリーで帰ったほうが得策だったか…。

まあどうにかこうにか(いつもよりちょっとだけ高い速度で巡航してみたりとか)気持ちを奮い立たせ、naokichi-STさん(その後naokichi-1.0Tに改名)との出会いもあったりしつつ無事に帰宅。翌日は休暇を取れたので泥のように眠った。そして某所でマイチェン後のフォーカスSTの参考乗り出し価格を見て「いやだからこれ買う金あったらとっくにメガーヌ買ってるから」とセルフ突っ込みを入れたところで私のEFM2015は終わりを告げた。

レポートは以上であります。以下、いただきもの。



Panzettaさんから「相互試乗記念」でいただいたキーホルダー。リングを外すとマイナスドライバーが仕込まれていて、リングと逆の端にはめ込んで使える。



左はお土産交換会でいただいたいちごのおたべ。職場の同僚と美味しくいただきました。それ以外はFJLからのプレゼント。マグカップ、既に同じものが家にあるので、2個目である。
Posted at 2015/03/20 23:26:03 | コメント(3) | トラックバック(1) | EFM2015 | 日記
2015年03月17日 イイね!

EFM2015参戦記(その3)。

前回までのあらすじ:何とエコスポーツにもリコールが!→詳しくはコチラコチラから。

こりゃ徹夜もやむなしかのう…と思っていたらいつの間にか眠っていて、目が覚めたのは6時半。シャワーを浴びて服を着替える。ま、1日ぐらいはもつだろう。

フォード車で編隊を組んでいざ出発…のはずがいきなり前を走っていたモンデオを見失う。気がついたらそのモンデオが何故か自分の真後ろにいたり、自分より後方にいたハズのフィエスタが何故か前にいると思ったら当編隊とは無関係に会場へ向かっていた参加者tamapさんだったり。



前を走るオレンジのフォーカスSTは前夜祭参加者の1人、Panzettaさん。その前の青いフィエスタと黒のフォーカスがtamapさん。

何はともあれ、無事に会場の名阪スポーツランドに到着。我々の到着後も参加者が続々やってくる。



ところで、到着直後からどこかから物凄いタイヤのスキール音が聞こえてくる。はて何じゃろか、と思っていたが、同じ会場の別コースでドリフト走行会が行われていた模様。



こんな感じのひなびた場所であるが、こんな感じのひなびた場所でないと速攻で近所から苦情がきそうなスキール音の嵐であった。

希望者によるタイムアタックを経て、いよいよ念願のサーキット走行である。結構うねうねとハンドルを切るコース設定になっており、我がフォーカスにはうってつけ。少し調子に乗ると前を走るクルマでつっかえてしまうのでソロソロと走ってフィニッシュしたが、いやこれは楽しい。

その後、アウル2006さんのフォーカスMk3(1.0Lエコブースト+6段MT)に乗せてもらう。正規輸入の2.0LNA+6段DCTと比べると、コーナーでハンドルを切った後のフィーリングに不自然さが少ない。あとやはり前の軽さというのは割りとハッキリ気取れる。

PanzettaさんのSTにも乗せてもらった。「大馬力のFFは御しがたい」という古い価値観で知識が止まっているので結構ビビッていたが、2.5L5気筒ターボを積んだFF車だというのに特に乗り手が力む必要はなく、コチラが思っていたよりもはるかにスイスイと曲がる印象。これが新旧問わないフォーカスの乗り味というヤツなのだろうか。ほとんどアクセルを踏んでいないので大層な事は言えないが。

それにしてもここにあるクルマ、正規輸入モノの現行フォーカス/フィエスタを除くとほとんどがマニュアル車なのであった。何だこの異世界は。憧れの1台であるシエラをはじめ、他にも乗りたいクルマはあったが、マニュアル車2連発でお腹いっぱいになったのでここで打ち止め(午後にもう一度PanzettaさんのSTの乗せてもらった程度)。後から考えたら、やはり疲れていたんだろうな。今にして思えば不思議なことだが「自分のフォーカスでもっと走る」という考えも浮かんでこなかったし。まあ写真撮ったり参加者とお話をしたり、乗っていなくてもすることは沢山あった、というのもある。

昼食のBBQ(ここでようやく幹事ヨースト君と話ができた。某メルマガのフォード関連の記事を読ませてもらった。謝々!。あとBBQ、ししとうが好評だったようで安堵)を挟んでプレゼント交換会、そして撮影会。



図らずも限定車(白のST)を従えるカタチになってしまったり。

すいません(て、誰に謝ってるんだ)あと一回だけ続きます。もうほとんど終わってますけど。
Posted at 2015/03/17 21:07:37 | コメント(0) | トラックバック(1) | EFM2015 | 日記

プロフィール

「@くまモンNo7 個人的にもEFM2016が最初で最後の目撃になっております。私が問い合わせた時は既に売り切れって言われたんですけどね…(笑)。」
何シテル?   03/11 08:06
四国在住です。 2003年式の初代シトロエンC3から2013年4月に3代目フォード・フォーカスに乗り換えました。 どマイナーな音楽のレビューを書いて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
デビュー前に試乗して注文しました。軽やかなハンドリングと斜め後ろからのマッシヴなスタイリ ...
シトロエン C3 シトロエン C3
2003年2月から2013年4月まで乗っていました。雑誌で見て一目惚れしました。 高速 ...
マツダ エチュード マツダ エチュード
大学時代に友人のつてで車検切れだった個体をナンバー取得に必要な費用のみ出して譲り受けたも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.