• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

takechicoのブログ一覧

2015年04月18日 イイね!

24ヶ月点検&マスタングに(また)乗ってきた。

フォーカスの24ヶ月点検を受ける。「アイドリング時の振動」「走行中、どこからか(助手席側後席近辺だと思うのだが…)チリチリ音(小さなプラスチック部品が何かに当たっているような音)がするときがある」の二点についてチェックをお願いしたが、異常は発見されず。というか「試乗してみたけどわかりませんでした」と言われた。半分、予想どおりでしたが。

振動については、納車後1年ぐらいは信号待ちのときにアイドリングストップが作動しているのかと見紛うような静けさ&無振動で、あくまでそれと比較すれば、の話なので、あまり期待していなかった。別に異音が出ているワケでなし、走りに問題があるわけでもなし。まあ、こちらは別に構わない。

ただ、チリチリ音はなんとかしたいのよねー。常にチリチリ言っているワケではなく、症状が出現する条件を調査中だが、段差を乗り越える等の振動が引き金になってチリチリ音が発生しているような気がする。ううむ。

++

点検の間、担当氏とちょっと文字に起こすのは憚られる内容の話を(笑)。いや、フォードの話ですよ。私は「コレとか限定で入れたらいいのに」とか、好き勝手に言ってただけですが。好き勝手と書いたけど半分は本気だ。出たところで買えないのが申し訳ないところではあるが「リッターあたりの馬力はブガッティ・ヴェイロンよりも大きい」というところで興味をもってくれる人は多いと思うんだよなあ。こういうコンパクトなキチガイクルマ市場はものの見事に空き巣状態(強いて言えばアバルトぐらい?)なので、狙うならここかなあ、と。

++

時間が空いたので、またマスタングに試乗させてもらった。ヨースト君の助手席に乗せてもらったのを含めると、3回目の新型マスタングである。だから正確には「また」ではなく「またまた」である。買いもしないのにこれだけ新型マスタングに乗っている素人は私ぐらいのものだろう。

最初に乗った時の印象が大きく変わったワケではないが、加速時にステアリングが取られる現象、今回は確認されず。気のせいだったかな。ただ、ステアリングがノーマルモードのままだとちょっと落ち着かない。スポーツモードでも十分軽いので、個人的には常時スポーツモードでもOK。もうちょっと接地感があるとなお良い。

乗り心地。舗装の粗い道で飛ばすとなかなかにエラいことになるが、常用域では硬いながらも大変快適。快適というか、衝撃がお尻に達する前に足回りだかボディだかがしっかり受け止めてくれている感覚が大変頼もしい。

これは繰り返しになるが、ブレーキがとてもよく効く。担当氏曰く、試乗した人の間でもこのブレーキは好評なのだとか。

全体的な印象を一言で表すと「軽快」だろうか。これはフィエスタやエクスプローラーのエコブースト搭載車にも言えることだが、エンジンが小さいことによる不満を感じさせないことに注力している、ということなのだろうか。いずれにせよ、乗っていて気持ちいいのは間違いない。

大体こんなところ。なお落ち着いた頃にまたまたまた乗せてもらう予定。次回は時間もタップリとって鳴門スカイラインへ行くのだ。マスタングに乗ることは心の洗濯なのである。

ホント、買えなくてすいません…。
Posted at 2015/04/18 22:40:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記
2015年04月10日 イイね!

去り行くもの、残るもの。

私のかつての購入候補が、ひっそりと日本市場から退場。



発売されて半年ほどでナビ付で40万円引きのバーゲンプライスで投げ売りが始まったが、失地回復には至らなかった模様。発売から約2年での、クルマの出来を考えるとあまりに早すぎる撤退。

ランチアのクルマをクライスラー・ブランドで売ろうとしたのがそもそもの間違いだったのだろう。フィアット系列でランチア・ブランドとして売られていれば、500シリーズのオルタナティヴとしてまだもう少し違った展開になっていたのではないかと思う。500と違って5ドアだし。どのみち500のようには売れなかっただろうけど。

これから売れ残った新古車が出回ることになるのだろう。人とは違ったチョイスを好む方、是非チェックを。見た目も面白いけど、走りもかなり面白い(クセがあるという言葉をオブラートに包んだ言い回し)ですよ。

++

投げ売りといえばフォーカス…に触れると私の目から血の涙が流れそうになるので、エコスポーツ。

EFM前夜祭でヨコモンさん、すら@さん、そして私の間で交わされた会話の一部。正確な言い回しは忘れたので、まあ、こんな感じだったよというのが伝われば。

ヨ「エコスポーツは…やっぱダメ(売れない)かなあ」
私「でも、あれ乗ったら案外悪くないですよ」
す「そそ、あれ悪くないよね」
ヨ「そうなんだよねー。乗ったら悪くないんですよ」

3人の間で「悪くない」で評価が一致してしまったエコスポーツ、現在60万円引きで大絶賛投げ売り中…なのだが、大絶賛は大げさにしても、結構これが好評らしいのよね。

先月末、ACC付のフォーカスを試乗しに行ったら、ガレージには納車待ちのエコスポーツが4,5台。例の黄色い限定車も2台売れたのだそう。圧倒的に女性に人気で、スタイルが購入の決め手になっていると。ほえー。

ランドネという山ガール向け?雑誌で採り上げられているのが相当効いているらしく、「あの雑誌からそのまま出てきたような格好の女性がやってきて『エコスポーツってどれですか?』って」(担当氏)。

先日、西宮のフォードを訪れた際にその話をしたら、西宮でも地元のタウン誌だったかな?に載せたら結構な反響があった、と。購入しているのは、やはりほぼ女性。あと、花屋さんが購入したケースもあったらしい。

スタッフのYさん曰く

「駅前の花屋なんですけど、マーズレッドのエコスポーツが店の前に止まっていて、花の積み下ろしをしているとオシャレな感じがするでしょ?ゲートが左開きなのも『昔の車の不便さを思えばどうということはない』と言われまして」

だそうで。確かにその光景をイメージすると「なるほどなあ~」。そういえばこちらの担当氏と話をした際に「カングーと競合したんですよ。結局、カングーを購入したんですけど」という話が出てきたなあ。

私のリサーチによると、同じような箱型のトヨタ・ラッシュ/ダイハツ・ビーゴにも女性ユーザーが多い印象なのだが、あのフォルムには女性をひきつける何かがあるのだろうか。個性的なフロントマスクが好評なのは、個人的には納得というか賛同できるのだが。値引がデカイのも効いているのだろうが、FJLのマーケティングに対する不満がイエローストーンの間欠泉のごとく溢れかねないので、その話はしない。

結局「エコブーストだったら…」なんてのはまるで斜め上の議論だった、という貴重な示唆に富んだお話でした。理由や購買層がどうであれ売れているのだから、結構なコトである。これなら2年でなくなることもないだろう。

しかし、ここでパンダ4×4の対抗馬として125Psの1Lエコブースト+MT+AWDを限定販売したらちょっと面白いと思うのは私だけだろうか。そんなモデルがあるのかどうかすら知らずに書いてますけど。手段はなんでもいいけど、ユーザーの関心を引く限定モデルをちょいちょいと出して欲しいな、というのはある。フィアットやルノーはその辺、ホント上手なんだよな。
Posted at 2015/04/10 21:05:33 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2015年04月07日 イイね!

桜とプチオフ。

仕事が忙しくてやや疲れていることもあり、日曜日はのんびり過ごす予定だったのだがなぜか朝6時半に目が覚めてしまい、さてどうすんべと思案した結果、桜の見物と馬券購入で1日潰すことに。

明石海峡大橋を渡って一路本州へ。まずは夙川へ向かう。





昼飯を済ませて阪神競馬場へ。馬券は5戦2勝。

その後、急遽ヨースト君と会い、西宮のフォードディーラーへ行く事に。



近くのコンビニで合流してディーラーへ向かう。



ヨースト君が運転する新型マスタングの助手席より。ヨースト君、マスタングが気に入った模様。

その後、ディーラーの営業マンと雑談。この営業マン氏、熱くフォード愛を語ったかと思えば(ずーっとエクスプローラーを乗り継いでいるそうです)、「あと4年は今のクルマを乗るつもりで…」というヨースト君の発言を受けて「じゃあ4年後にウチで新車を買え」と半笑いで迫ったりと、なかなかに面白い方であった。



ヨースト君私物のフォーカスのカタログとEFM2015の模様が掲載されたENGINE誌&Car Magazine誌。ENGINE誌を見て営業マン氏が「どのクルマなんですか?」と訊くので「コレです」とマスタードオリーブのフォーカスを指したら「…これ、こっちでは見んなあ~」。そんなにレアなの!?

淡路島で物凄い霧に包まれながら帰宅。何年かぶりにリアフォグを点けた。

この記事は、Asa-Roc! モーニング会とプチオフ的なについて書いています。
Posted at 2015/04/07 21:45:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
2015年04月04日 イイね!

フォード・マスタングに乗ってきた。



2月の輸入車ショウから2ヶ月弱の間お預けを喰らってきた新型マスタング、やっとこさ乗ることができた。試乗車は、現時点で唯一の導入車である50 Years Edition。

今日は正式デビュー前の内見会だったが、私がディーラーを訪れた朝10時の時点で他にも客がチラホラ。ここ1,2年のニューモデルとは注目度が違う模様。

そういう状況なので、普段のように1時間以上独占して某ワインディングロードでヒャッハー!はできず。まあ新車で300ps超のFRに乗っけられて「行ってらっしゃ~い」と1人放り出されても途方に暮れてしまう、というのが正直なところだが。

20分程度の試乗で思ったのは、静かであること。先代の5リッターV8は60km/hを1000rpmで流している時でもドロドロしたサウンドを響かせ「何こんなしけたスピードで走っとんねんもっとアクセル踏まんかいワレ」とドライバーにプレッシャーをかけてくるのだが、コチラの室内は全くもって平和な空気が流れる。

ついでに言うとぬうわkm/hまで加速しても、風切り音やロードノイズもしっかり抑えられているため、担当氏が「え、こんなにスピード出てるんですか?」と驚くレベル。

なお加速そのものは極めて常識的というか、当然メチャクチャ速いのだが、5リッターV8が見せるジェット機の離陸時のような圧倒的な加速感はない。良くも悪くも5リッターV8とは比較にならないというか、あの世界に憧憬を抱いている人間がうっかりコレを買ったら大惨事必至。逆に言えば、サイズの問題さえクリアできれば普段使いにも全く問題はない。あ、あとブレーキがとてもよく効きます。

ちょっと気になったのは、加速している時の直進安定性がイマイチなのと、これは個体差かもしれないが、運転席側ドア周辺のどこかからビビリ音が出ていたこと(担当氏にも確認してもらった)。少し落ち着いたらヒャッハー!させてもらえるそうなので、その際に改めて確認しようと思う。



納車待ちの1台。ボディストライプ(メーカーオプションのものとはデザインが異なる)がクール。

その後、カーマガジンに載っていたEFM2015の記事を担当氏に見せびらかしたりしながら雑談し、マスタングのキーホルダーをいただいて帰宅。

その間、マスタングをお買い上げになったという恰幅のいいおじさんが「コイツ、買うかもしれんから」と言って連れてきた人と一緒に試乗車に乗っていた。帰り際に「もう1人おるからまた来るわ」みたいなことを言っていた。私もあんな風に客を紹介したい。でも私の周囲にフォードを買いたいという奇特な知り合いがいない。悲しい。



マスタングで走れなかったので代わりにフォーカスで某ワインディングロードへ。と言っても既に葉が混じっている桜を撮っただけで大人しく帰ってきましたが。
Posted at 2015/04/04 22:00:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記

プロフィール

「@ロボ部長 ガッツリ車高も落としてありますね。」
何シテル?   01/09 18:01
四国在住です。 2003年式の初代シトロエンC3から2013年4月に3代目フォード・フォーカスに乗り換えました。 どマイナーな音楽のレビューを書いて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
デビュー前に試乗して注文しました。軽やかなハンドリングと斜め後ろからのマッシヴなスタイリ ...
シトロエン C3 シトロエン C3
2003年2月から2013年4月まで乗っていました。雑誌で見て一目惚れしました。 高速 ...
マツダ エチュード マツダ エチュード
大学時代に友人のつてで車検切れだった個体をナンバー取得に必要な費用のみ出して譲り受けたも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.