車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
(間違い発見で編集)
引き続き次期愛車を妄想中…

リスクという点では新車を買うのが最も低い、少なくとも保証期間は大きな故障でも出費無しなので安心です。
しかしながら新車はいくら安い車でもお値段がそれなりにしますので、気付いたら車のために働いてるという状況にもなりかねません。
私の場合、車が好きといえども、あくまで移動する道具の一つですので、道具のために他のことができなくなったら本末転倒です。道具にはこだわりたい性分なのですが。

では中古車という選択肢ですが、好みと購入価格だけで考えると10年ほど前のイタリア車フランス車は激安でよりどりみどりですが、ここら辺のタマは当たりを引けば良いですが、爆弾抱えている可能性も高いハイリスク物件であることはイタフラ好きな方ならご存知でしょう。

というわけで高年式の中古車で安い物件がないかと探してみたところ、
ありましたよお得な車が。
個人的な宗教観によりCVTとトルコンATはNGで小排気量の見た目が許せる車だけです。
2014年以降が対象。中古価格だいたい100万円前後。

■プジョー208
2008が人気でただのハッチバックである208はかなりお安く売られています。
ちょっと頑張れば308もありかもと思ったけどATだったので終了。


■フォルクス・ワーゲン ポロとup!
これは本当びっくりですが、現行型が激安です。
フォルクス・ワーゲンショックのせいでしょうか。
ゴルフではないただの小型ハッチバックというのもあるかもしれません。
ポロはWRCの影響で興味津々。もちろんGTIは無理です。
up!は豪華装備のhigh up!がこの値段とはと驚愕。




■フォード フィエスタとエコスポーツ
日本市場から撤退というのが影響してるのでしょうか。激安です。
特にエコスポーツはほぼ新車がこの値段?!って感じで。
フィエスタの1LエコブーストエンジンにゲトラグのDCTとかヨダレものです。
エコスポーツはエコと言いながら日本ではエコブーストエンジンモデルがないという。
しかしながら実用性高い使い倒せる車ということで、FFだけどなかなかの悪路走破性のようで。




■フィアット パンダ
現行パンダもお安くなっています。
但し2015年モデルからはシティブレーキコントロールが装備されているからか、お値段がお高くなっています。


■ボルボ V40
他に比べ若干お高いですが、日本車顔負けの安全装備といけてる内外装でこの価格の小型ハッチバックはないんじゃないでしょうか。


■ホンダ フィット1.3 Fパッケージ(MT)
意外と小型ハッチバックで高年式だと国産車もそれほど安くなってないんですね。
さらにCVT&トルコンAT意外となるとかなり限られます。
その中で価格も安くて使い勝手も良さそうです。
しかしこれを選ぶようなぐっとくる点もなさそう。
ハイブリットがDCTなので期待してたのですが、変なシフトと一部モデルにしかパドルシフトが無いということで却下。
もちろん予算オーバーですが。


■スズキ スイフト RSとハスラー
どちらもMTモデルを。
スズキは元の価格が安いので2年も経つとかなりお買い得です。




この中で本命は…うーん
どれもこれも素敵ですが、今ならフォードを買うというのもアリか?!
Posted at 2016/12/05 01:11:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月04日 イイね!
寒くなってきましたので…
冬でも山へ行けるよう先日高くなる前にオークションで買った中古テッチンホイールとスタッドレスタイヤのセットに交換です。
車載ジャッキで上げようと思ったら、ジャッキ回す工具はあるけどもジャッキ本体は行方不明。
仕方ないのでホームセンターで安売り中の油圧ジャッキをゲット。
あ、車載したら邪魔な奴買ってしまった…ま、いいか。

さて、ジャッキで上げて外す→しっかり取り付けの簡単な作業ですが、その際にマジマジをダンパーを見たら、あら、KYBのNEW SR SPECIALに既に交換済みでした。

9万Km近く走ってますからね、ショック交換してても不思議はないのですが。
純正と値段それほど変わらないのでこれにしたのかと。

なんだかこの手の車にしては足回りがカチっとしてるなーと思ってたのですが、ダンパー交換と、あと12から13にインチアップもされていましたので納得した次第です。

スタッドレスは純正と同じ12インチに戻りましたので、若干フニャフニャに戻るのではないでしょうか。


(汚い)

軽自動車には黒いテッチンホールがお似合いかと。


これで突然の雪とか凍結でもなんとかなりそうです。
油断禁物ですが。


ホームセンターの駐車場に新型トゥインゴが!
ウラヤマー
Posted at 2016/12/04 10:40:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月27日 イイね!
日々次期愛車を夢想しております。
最近の車、特に欧州の小型車はダウンサイジングの直噴ターボエンジンばかりですが、エンジン内にスラッジ(カーボン・煤)が溜まる現象はある程度解決してるんでしょうか??

というのも、MT車でよく走りそうな小型のワゴンでいいの無いかなと自動車情報見てましたら、以前乗ってた206 SWの後継である207SW、それもGTiなんて最高やんけと色々調べてみますと、この頃のエンジン、プジョーとBMWが協業して世に送り出したエンジンのようですが、どうもスラッジが内部にすぐ溜まって不調になりやすいとか。
オイルやガソリン添加剤で洗浄するも、それらが届かない部分も汚れて、そうなるとバラして洗浄かWAKO'S RECSを施工するしか無いとかなんとか。
前乗ってた307SWも直噴エンジンでガソリン添加剤で洗浄しないと警告が出るという状態でしたが、それより新しい世代のエンジンでも変わらず内部は汚れやすいようで。
どんなエンジンも少なからず内部が汚れるのでしょうけども、乗り方にもよるよるようですが想像を超えた汚れ方をするみたいですね。

今のエンジンはさらに次世代のものになっていますが、このスラッジ問題はどうなってるのかなと思いまして、調べても最近の車でそんな問題が多発しているというのはなさそうで、マツダのエンジンで問題が発生しているけど対策済みとかなんとかというのがあった程度でした。
まだこれからの話なので数年後に問題が発生しているかもしれませんが、少なくとも前世代よりはマシなのでしょうかね。

しかしそんな話を聞くとエンジンが小さくなり燃費も税金も安くなるのは良いですが、長く乗るにはメンテナンスの頻度も多くなり色々な薬剤なんかを使うとなると本当にエコなのかは謎なところです。



あ、本題は数も少ない207SW GTiが最近中古で出てきたので興味津々だけど、スラッジ問題はどこまで影響するのか、もし買ったとしたらなんとかやっていけるのかどうか…それともどうにもならないのか…

もしあまりにリスキーならルノー ルーテシア ゼン0.9Lなんかは直噴じゃないし素敵じゃないのとか…



まぁ、まだ買わないですけども。
来るべきXデーに向けて勝手にいろいろ考えております。
Posted at 2016/11/27 23:18:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月15日 イイね!
先日グンマーで秋の山をドライブして温泉とか楽しんでまいりました。
合計500kmくらいでしょうか、1999年製のおんぼろライフで高速あり山道あり町中ありの運転はいかがなものか、お別れしたパンダと比べつつ感想を。



そもそもターボ無しの軽自動車、相当走らないと思われがちですが、MTだからかもしれませんが普通に走る分には全く困ることはありません。
ホンダのエンジンがよいかもしれませんが、元気に走ってくれます。
しかし高速道路の合流が上り坂なんかだともうお手上げ、全くスピードがでません。
馬力としてはパンダとは五十歩百歩ですが、排気量の差は歴然です。
ギアをひとつ落とせばいいんですけどね、それにしても加速はしません。

もしスピードが出たとしても、快適には程遠いため長時間の運転はきつめ。
何度も休憩をとってしまいました。
腰痛持ちではないですが、帰る頃には腰が辛い感じに。
恐らくエンジンと足元からくる振動、そしてイマイチなシートのせいだと思われます。
シートとか足回りとか、軽自動車なのでコストかけてないと言われますが、パンダも相当コストはかけてないような作りでしたが、長時間運転でも苦痛はなかったのですよ。
やはり欧州の車は足とシートが良いなと改めて感心。
ちなみに過去乗った車ではシトロエン C3が一番乗り心地良かったかな。
とにかくライフは長時間長距離の運転は考慮されていないなと感じました。
最近の軽自動車はどうなんでしょうかね。写真を見る限りあまり期待はできなさそうですが。

そんなイマイチなシートですが、アレンジ力はすごくて、後部座席は座面が足元に収納できるし、後部の背もたれもリクライニングできて前を倒せばベット状態。さすがミニバン屋のホンダさん。
というわけで、足を伸ばして車で寝ることができちゃいますので、眠くて死にそうな場合にいざ車中泊も可能ですね。



足回りに関してはショックの交換でマシになるでしょうかね。
欧州車だと山のワインディングロードを走ってると楽しいのですが、ライフはつらいだけ。
これもショック交換で良くなるのかなどうかな。

車のサイズはパンダより少し小さくなった感じですが、まあ十分でしょう。
とにかくワクワク感は無いですが、実用性は短距離運転なら十分。長距離はキツいという結論となりました。

と言いつつ、しばらくはライフ生活楽しみますね。
Posted at 2016/11/15 01:40:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月13日 イイね!
横浜は赤レンガ倉庫の前をチャリンコで通りましたら、ポルシェがたくさん並んでおりまして、ほとんどが911シリーズですが。
各車とも普通に各所のナンバーが付いてましたのでなんかのミーティングなんでしょうな。
到着したのが夕方で、ちょうどミーティングが終了してました。
で、終了したのはいいけど、どうやって会場から外へ車を出すのかなと、ちょっと気になり。
車を並べていたのはイベントでよく使われる広場部分で駐車場というわけではなく、観光客が大勢通る場所です。
そこから駐車場経由で車道へ出るのですが、車道へ出る場所も人通りが多く、すぐに出ることができません。

見たところ、スポーツマフラーに変えてる車両もあり、これ一斉にエンジンかけたらどうなるのかと。
くそうるさそうだし排気ガスも酷そうです。
と思ったら、さすがに一斉に移動というわけではないようで、ボチボチ順番に動いてはいましたが、やっぱりいました。
無駄に空ぶかしが多いやつ(オッサン)、うるさい。
いい歳こいてオラオラ恥ずかしい。

そして動く気配も無いのにアイドリング状態のチューニングされたポルシェ。
死ぬほどうるさい。排ガス臭い。
それが3台もいるでやんの。



そういうのが好きで改造するのは自由ですが、一般人が集まる場所ではホントやめてほしい。
車の排気音とか、ごく一部のマニア以外には騒音でしか無いし暴走族としか見えません。
水平対向エンジンの音がどーのとかどうでもいいんです。
人が集まる場所で子供みたいに大きな音を出して注目を集めるのは恥ずかしくないもんか。
このポルシェが嫌がられるだけならいいんですが、同類として車好きがそういう目で見られたくないんです。

そして車道へ出て行く時に無駄にアクセル煽るやつ多数。
すぐそこ信号ですからね、どうせならケツ滑らせて事故れっちゅーの。

そういえばSUV系とパナメーラはほとんどいなかったような。
Posted at 2016/11/13 19:01:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
「シトロエン C4 カクタス、日本発売されても宣伝で後部座席を隠すので怪しいなと思ったら、やっぱり分割できないやつのようで。日本のイメージだと商用車ぽいし、何気に不便だからねぇ。」
何シテル?   11/27 23:38
しがないサラリーマン。 欧州小型車好き。 記録はこちらよりも別ブログに書いてます http://shirokumacars.blogspot.jp
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
交換用スピーカー出ないかな。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/08 00:44:55
ファン
10 人のファンがいます
愛車一覧
輸入車その他 マリン アルジェンタ SE くろマリン (輸入車その他 マリン アルジェンタ SE)
アメ車。 ロードバイクに手をだしてしまいました。 と言っても半分クロスバイクのようなマシ ...
ホンダ ライフ お値打ちライフ (ホンダ ライフ)
財政破綻によりMTのk自動車へスイッチ
シトロエン C3 みずいろC3 (シトロエン C3)
初期シトロエン C3を中古で買いましたが、ぶつけて故障して修理費用が高すぎて手放すことに。
プジョー 206SW (ワゴン) あかプジョー (プジョー 206SW (ワゴン))
足回りはドイツっぽかった いろいろつっこみどころは多いが山走ると楽しい 荷物もたくさんの ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.