車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月21日 イイね!
半年点検次いでに交換&マニアな動画撮影(笑)先月から、前オーナーさんに半年点検のお誘いがあり、中々タイミングが取れず、今日行く事に。


その前にこの前、スネークカメラをげと。

タイヤの動きを撮影してみようと考えてみたら、1400円ちょいで、密林にスマホ向けにスネークライトがある(ライトが光るので悪用は出来ませんW)。

200万画素だから画質はかなり荒い。
けど、タイヤを写すには充分。

アプリは付属のバーコードからは落とせなかったので、WIRE CAMERAで検索。

車やに行く前に、カメラをドアの下あたりにガムテで固定し、撮影。

結果…退屈な映像に…(笑)

カーブでも、交差点以外はタイヤは大半がほぼ真っ直ぐなまま…(笑)。
ストロークもあまりしないな…



点検次いでにオートテンショナーの交換依頼と、直前にいきなり前のブレーキパッドが無くなっていたのに気づいたので、急遽交換してもらいました。
後は、クラッチのストローク時の鳴り。
潜ってみてもイマイチ分からない(笑)。

パッドを変えたのは、なんかブレーキペダルのストロークが多少増えていていまして…
見たら、4ミリ以下。
点検までに間に合わなくなるので、慌てて電話。


点検終了後、必要ないけど、パッドの慣らしに宮ヶ瀬に移動(笑)。
結果、クラッチペダルは新車並みに滑らかになりました(笑)。


お昼に着いて、今日は来ているかと、駐車場をぐるりと回ったら、あの赤いMR-Sが♪

車には居なかったので、待っていたら、赤いMR-Sのおじさんがニコニコと現れて…

結果、裏ヨコハーマオフに(笑)。

夕方までひたすら話し込んでました♪

元々メカの方なので、色々と質問しました。
色々とお詳しいんです。


排気温度とアーシングの話しとか、他にも色々と。


会うたびにそうなるのですが、話しが被る事はありません。



動画は取れましたが、もう一つの密かな変更は不発に終わりました(笑)。

しばらくは様子見です。


↓見えるかな?
Posted at 2017/05/21 23:18:16 | コメント(1) | くるま | クルマ
2017年05月17日 イイね!
藤○ゾーンを考えてみる(笑)かなり昔、写真のここをたまたま抜けた時(あまり飛ばしてません)…気付きました。

お~( ̄∀ ̄)
あの○原ゾーンじゃん(ほんとか?笑)?

…って思った事がありました。

某漫画のアレ。
37巻でうちの車が負けた場面(笑)。


藤○ゾーンでぐぐったら、ゲームか曖昧な内容のみ…


あの漫画って、プロジェクトなんちゃらから、なにげに当時の新しいと思われる運転技術についての話しが仕込まれてました。

ちなみに、ラスボスの錨シンジ君はあちら式なのかな?

また、漫画が始まるらしいので、楽しみです(笑)。




ここはごく、たま~に通るのですが、地図から、直角の複合曲がりって事が分かると思います。

若干のカントはついています。

4つのコーナリングだと、頂点とクリップが一致しない曲がりです。

1と4のコーナリングを混ぜ混ぜにしています。

ここで上手くハマると、イン側に引っ張られる感覚があります。

↑お題の意味はここ(笑)。

これが、四駆みたいな感覚になるのでは?…と勝手に考えています。

むしろ、今の86の方がやりやすいのかな?



写真のこの場所は、減速は早めに終了し、ステアリング舵角一定、スロットル一定で抜けます。

ブレーキはグラフの様になります。
やや曲者な曲がりです。


色々、ネットで調べてみました。何故引っ張られるのか?


多分、うちの車の条件としては…
横浜タイヤな事(段路津府ははいた事ないので分からん)。

TRDのタワバーがあるといい(あげちゃったので今はないW)。

タイヤは4輪均一に荷重がかかってるイメージ。

路面がスムーズ(カントは逆じゃなければ大丈夫)。

荷重移動したらダメ(1輪でも浮き気味になったら美味しいとこから外れる。)。
微妙な荷重変動なら大丈夫。


横浜な理由は、横浜って、横に放り投げる様な曲がりをする時に、強烈なグリップを出す事があります。
後は、分かりやすい事。

タイヤの構造的にも、サイドが柔らかくて、トレッド面が固い。


内容はあまり書けないけど、ロールをと考えてみると分かるかも。

ただ、これが出来るって事は、車的にはよろしくはないのかも(笑)。

Posted at 2017/05/17 05:59:22 | コメント(0) | くるま | クルマ
2017年05月16日 イイね!
四輪の書を読み終えて…曲がりについて更に続き(笑)


曲がりになると難しいなぁ…
千差万別だし。


写真は、ひたすら下り。
左上~下、右上~下へとグラフは続いています。

連なっていたので、あまりイケてません(笑)。
かなりうねっているし。

路付きの写真があまり無かったので、これで許して下さい(笑)。


色々な本で前から書かれていたのは、曲がりが4つに分けられると言う事。


前にも書きましたが…


♯1…出口重視。

♯2…突っ込み重視で曲がり頂点でこじる感じ。

♯3…クリップと頂点真ん中で割りと小回り(最短)。

♯4…クリップと頂点真ん中で大回り。


画像はネットで検索されて下さいm(_ _)m


書にも書かれていますが、タイミングだけでもいいとの事。



写真だと、割りとタイミングは1で3のコーナリングかな?
ここは、回り込む様なカーブじゃないので、なるべく最短で抜ける感じ。

下りで回り込む時は、高速コーナーを走るみたいに、姿勢を作る感じ。

ヨーの立ち上がりは、ケースバイケースで緩やかにしたり、ちゃんと立ち上げていたり、したつもりです。

早い段階で小さな舵を入れて、微妙に動かしてから切っています。
後はスピードをなるべく落とさない事。
あまり、グラフの割には変化させていません。





話しは変わり、書とちょっと違うかなって思ったのは1の曲がり。

1は、コーナー前半で転回し、斜めに出口を抜ける感じ。
ブレーキは残さず、曲がる時はスピードを殺さない様にして、旋回時に10~5センチくらいインに一瞬パキ切りして、すぐに戻す感じ。

オートスポーツ誌に、あちらのインストラクターの、その様な記載がありました。

どっちかって言うと、1と4を混ぜるイメージです。


そうしているかは分かりませんが、去年のカムイ選手のSF筑波最速ラップ時のヘアピンでは、2つとも1の曲がり方をしていました。
去年のロガーもそう出ていました。

オンボード見ていると、最速じゃない時はヘアピンは3。

今年は多分、3っぽい。


実際に、物凄いG以外は、特別な事はしていませんでした。



まだまだ研究です(笑)。
Posted at 2017/05/16 06:12:31 | コメント(0) | くるま | クルマ
2017年05月12日 イイね!
四輪の書を読み終えて…曲がりのブレーキについて続き(笑)

ある左曲がりでのグラフ。

曲がるためにはまずブレーキ。


赤が減速Gで緑が横G、紫がヨーレート、加速が青、他は秘密です(笑)。
ヨーレートが最後に微妙に振りっ返しているのは、微妙に右に曲がるため。


本当は横Gも台形がベストですが、多分、無視しています(言い訳)。


ちょっと上手くないですが、ブレーキは台形、踏力一定ブレーキしてます。またはぬ~とんブレーキ。

このブレーキ、便利です。

無理しなくても、あまりGを感じる事なく、割りと短い距離で止まれます。

後、例としてですが、荒れた路面での下りの旋回があったとします。
このブレーキだと、車体をあまり乱す事なく、安定して減速出来ると思います。

車体が安定するので、減速が怖くもないし、難しくも無くなります。

多分、ABSも発動しにくいかも。


助手席にも優しい。
女の子にモテるかもしれません(笑)。


ただ…ぬ~とんブレーキは入り口難しい…。

基本的にペダルの踏み足し不可。

だから、予測する減速になります。

ブレーキペダルも踏みつける…と言うより、踏む深さを決めて踏むイメージです。
いきなりドカ~ンって訳でもありません。
普通に踏みます。

スッと減速体制に入っています。
なので、無理はありません。


個人的にはよくやる練習方歩としては、もちろん法定速度で、前後に車がいない事前提ですが、赤信号の時に車線の色が変わる所から踏力一定のブレーキを行います。

停止線でピタリと止まる事が大事。

G-BOWLのグラフは台形。

これって、曲がりながら停止するとか、色々なシチュエーションがあるから、G-BOWLアプリを使うと、難易度が上がります。


G-BOWLがいい理由は、摩擦円を安全な範囲でシミュレーション出来る事。

コンマ4Gが限界と考えてみればいいのかな?

ここで綺麗に扱えないなら、限界時も無理だろう…と考える事が出来ると思います。



多分、続く(笑)。
Posted at 2017/05/12 09:42:03 | コメント(0) | くるま | クルマ
2017年05月10日 イイね!
四輪の書を読み終えてG-BOWLとにらめっこ。GWは結局出掛けませんでした。

決算が結構どたばたしていた事もあり、寝こんでいました(笑)。


なので、ひたすら四輪の書を読んでました(笑)。


個人的には、なるほど~って言う部分と、ちょっと違うかな~っ?て言う部分とありました。
あ…でも、内容は忘れてしまいました(笑)。

4つのコーナリングラインに新たに2つ加わり…

また、タイヤとCF(コーナリングフォース)の関係にも詳しく書かれています。

4つプラス2つのラインを簡単に書いておきます(あまりネタバレもアレですがW)。

♯1…出口重視。
♯2…突っ込み重視でこじる感じ。
♯3…クリップと頂点真ん中で割りと小回り(最短)。
♯4…クリップと頂点真ん中で大回り。

♯0…イン側をなぞるライン。
♯5…アウト側をなぞるライン。
0と5は実際にはあり得ないライン。
仮想的に考えます。

別に、ラインをなぞる必要もなく、タイミングだけ取るのもありとの事。


まず、MR-S的にタイヤサイズの話し…

外径、扁平率、幅で1サイズ上がると考えて下さい。

ちなみに、MRで必要なサイズ差はよく6サイズ差と言われています。
差が無いと、スナップドオーバーステアに見舞われる事があるらしい。

ちなみにS660は確か6サイズ差だと思います。

MR-Sはアミューズのサイズの…
195/55R15
225/45R16
…がバランス取れると思います。
前後重量配分空気圧理論で計算したら、4輪ほぼ同じ空気圧になりました。




書では、まずは真っ直ぐ走る事からと書かれています。

例えば真っ直ぐな道で左右フラフラしている車をたまに見ます。
地元なら宮○瀬の上だと、直線で軽くスピンします(笑)。
真っ直ぐ走るのは重要な事。


でも、いきなり曲がりについて書きます…(笑)。

ぬ~とんブレーキが前提。
映像ならレブの大井先生の映像が参考になります。
結構G一定ブレーキをやっています。
そういえば、つまらなくなりましたね…あの○誌…ボソッ

ブレーキペダルを踏んだら、踏み足さない事。
抜くのはOK。


難しいのは距離感。
1度踏んだら、抜くのみ。


もしかしたら続くかも…(笑)。
まだ何にも書いてない(笑)。
Posted at 2017/05/10 05:58:24 | コメント(0) | くるま | クルマ
プロフィール
「モニタ用に新しい中古スマホを買いました。」
何シテル?   05/04 16:59
素人。 ゆるきゃら。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
いつでも募集しています。
足跡大歓迎です。
28 人のお友達がいます
オールカープロダクツオールカープロダクツ *みんカラ公認 ノンタマノンタマ *
イチカワR477イチカワR477 TEINTEINみんカラ公認
Mr.ヒフミMr.ヒフミ U.N.SPACYU.N.SPACY
ファン
10 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ MR-S トヨタ MR-S
平成11年式 軽く… 鳥かご仕様。 オカルトパワー炸裂? いかにお金かけずに ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.