• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しんぼぽんこのブログ一覧

2018年01月06日 イイね!

BMW ALPINA E60 B5s 2018年の話 その1「今更気づいた!」

こんにちは。しんぼぽんこです。新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

さてさて、今回はアルピナB5sの話題です。年末のチョイ乗りで「?」と思うことがあり、新年のB5sの走り初めで高速道路をたっぷり走って確かめてきました。

どうやらスイッチトロニック使用時、電子式ATのDモードとSモードでスロットルレスポンスと変速スピードがかなり異なるようです。さらに以前Dモードでスポーツボタンを押したときは何も違いは感じませんでしたが、今回まさかと思いSモードでスポーツボタンを試してみると微量ながらさらに変速スピードが速くなっている感触を得ました。



いままで約1年半、前車B5に比べたらB5sはなんだかパワー面では出力が穏やかだなあと感じておりまして(^^;まあ最適化されているんだろうと半分納得しておりましたが、電子式ATのシフトレバーを左に倒してスイッチトロニックを使うことでまさかこんな差異があるとは!

B5sの最大のウリである全速度域足回りのしなやかさとあわせて、ある意味最強です。



今回初めてB5sの加速と車速の伸びがB5以上であることを確認でき大変嬉しかった次第(^^;

きっとモービル1の0w40も良い仕事をしているのでしょう(^^;

ちなみにDモードでのスイッチトロニックはアクセルに軽く足を乗せ続けることで解除されますが、Sモードの場合、スイッチトロニックはレバーを戻さない限り解除されません。また、スイッチトロニック使用時にアクセルをかなり深く踏み込まない限りキックダウンはされないのも個人的に◯ですね!

DモードとSモードでのスイッチトロニック使用時の違いなどなどもう少し取扱説明書に詳しく書いていてほしいものです。。

自己満足ネタで大変失礼いたしました。
読んでいただきありがとうございました😊
Posted at 2018/01/06 20:34:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | E60ALPINA B5s limousine | クルマ
2017年11月30日 イイね!

BMW E82 135i coupe 2008年の話 その1「いきなり下取価格で行き詰まる(ノ_<)」

こんにちは。しんぼぽんこです。今回からE82 135i coupeの話です。まずはアルピナB3 3.3カブリオレを下取に出すところから話をすすめます。

E82 135icoupe 右ハンドルMTが出るという情報を得たのが2008年の2月くらいでした。今回は新車での商談となり、もし購入すれば1996年にデビュー即E39 525iを買って以来です。やはり胸が高鳴りしました。ただ、1996年と2008年では住んでいたところが違うので同じディーラー&営業マンで購入することはできません。色々良くして頂いたのでリピートしたかったんですが。。

近隣2件ほどディーラーを回り感じの良さそうな店で商談を勧めます。135iの見積を取りながら、E46アルピナB3の下取を聞くとこれがまた安いんです。240万円位とかなんです。2年前に購入した金額の半分以下です(泣)

一瞬乗り替えをやめようかなと思いますが、135iの展示車を見ると昔のE36くらいのサイズで質素な内装。中々良いではありませんか。しかもBMW標準車なのにフロントのブレーキキャリパーはブレンボ製が奢られていて、ガンメタに白で「BMW」(「//M」ではない)の転写マークが入っていてかなりスポーティ。E87ハッチバック 130iはブレンボ装着ではなかったので、E82クーペ135iの優位点でしょうか。(今でこそキャリパーにロゴが入るのは普通ですが2008年はまだまだ少なかった)

リヤマフラーのテールパイプはブラック塗装されていて中々渋く、トドメにセールス様がエンジンを掛けてくれると鳥肌もの。アルピナとは一味違うモーターっぽい音質の排気音を聞くとやっぱり欲しくなります。

カタログを見て、外装ブラックサファイアに内装レッドレザーが良いと思い、納期を尋ねますが、在庫がなく4ヶ月かかるとのこと。しかも値引きはなし。。

135iは元々Msportですし、idriveも標準。定価539万円の状態でも装備は充実していました。メタリックペイント、クルーズコントロールとHIFIオーディオを付けて、諸費用込み600万円弱を提示された記憶があります。

もしE46B3の下取が350万円つくような展開であればトントン拍子だったのですが、現実は下取240万円で追金360万円…。自分の中での試算とあまりにもかけ離れておりました。。。

下取が合わないことを伝えてその日は引き上げました。

2005年にB8 4.6を下取に出した時もまともに値段を出せる店が皆無に近く苦労しました。(結果的に420万円購入→3年乗って280万円売却できましたが)今回2008年も苦労することになります。

しかし、手放す時に苦労するのが分かっていながら、アルピナは手元になくなるとまた乗りたくなるんですよね(ノ_<)

ほんと難儀です(๑˃̵ᴗ˂̵)
(今2017年現在もB5sですがアルピナ乗ってます)

次回に続きます。読んでいただきありがとうございました。
Posted at 2017/11/30 20:46:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | E82 135i coupe | クルマ
2017年11月23日 イイね!

BMWアルピナ E46 B3 3.3 カブリオレ2008年の話 その1「エレガントなBMWライフ終焉へ?!」

こんにちは。しんぼぽんこです。今回はE46B3 3.3カブリオレの話です。

E93 335iカブリオレの試乗(前回参照)で、オープンカーとしては幌型の(ソフトトップの)E46カブリオレの方が自分の好みだなと感じたものの、あのパラレルツインターボの35エンジンの感触は忘れられませんでした。私自身の車歴でターボ車がないので尚更興味が湧いたのかもしれません。

現在2017年、主流のダウンサイジングターボエンジンなるものは、2008年当時まだまだ少なく日本に入ってくる輸入車でターボのクルマはほとんどありませんでした。パッと思いつくクルマは、メガーヌRS、ゴルフGTI、アウディA4 1.8Tくらいです。コンプレッサーを採用しているクルマではSL55AMGやアルピナB5.B6.B7といったところです。

私がクルマに乗り始めた1990年代始めに遡ると輸入車はNA大排気量車全盛でした。ターボ車として新たに世に出た輸入車もこれまた少なく、思い浮かぶのは、日本車ばかり。例えばマークⅡ三兄弟2.5GTツインターボ、スバルインプレッサWRXやレガシィ、三菱ランサーエボリューション、日産はスカイラインGTR、マツダはアンフィニRX7などなど。(ホンダはタイプR勢を商品化しましたがターボは一切作らずすべてNAで勝負していました。)

あとは、まわりの友人が中古車で乗っていた1980年代のクルマもターボ車がちらほらありました。例えば70型スープラ2.5ツインターボ、ギャランVR4といった具合です。

個人的なイメージとして、
・とにかく燃費が悪いらしい
・ターボラグが激しそう
・エンジンオイルは3000キロで交換要らしい
というイメージで正直言って敬遠していました。すぐにメーターを振り切らんとする麻薬のような加速は魅力的でしたが。

しかし今回はBMWから21世紀のターボエンジンが開発され、実際乗ってみてこれは興味ある!しかもリッター10キロくらい走るらしいと聞いてなおさら興味が湧いてきます。

そしてとどめは、、E82の登場です。

35エンジン、MTで出ないかなあと思っていた矢先、買えと言わんばかりに2008年2月にE82 135iクーペMスポーツなるものが539万円で発売されます。しかも右ハンドルながらMTです。

アルピナカブリオレのエレガントなBMWライフが土ぼこり臭い?ガソリン臭い?体育系なBMWライフに変わる瞬間です。

カブリオレが絶対にいいという家族の猛反対を押し切りながらBMW3リッターターボエンジンMT車にのりかえを検討することになります。

アルピナ車の「トータルバランスの良さ」、「パフォーマンスとエモーショナルな部分を両立している凄さ」は言うまでもありません。しかし、このときの私は新生3リッターターボエンジンに刺激を求めていくことになります。決してアルピナに不満があったわけではないんですが、E46アルピナ→E82Mスポーツへの道を歩むことになります。

次回からはE82 135iMスポーツ編になります。
読んでいただきありがとうございました。
Posted at 2017/11/23 12:19:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | E46ALPINA B3 3.3cabriolet | クルマ
2017年11月09日 イイね!

BMWアルピナ E46 B3 3.3 カブリオレ2007年の話 その3「335iカブリオレ、35エンジン(N54)との出会い」

こんにちは。しんぼぽんこです。今回は久々に2007年に遡りアルピナB3カブリオレの話です。

2006年に3シリーズカブリオレがE93型にモデルチェンジしています。幌型はE46型を最後にE93型からはメタルトップ。当時のメタルトップ車はトランクにルーフを格納する都合上ややトランク部分が上がり気味なモデルも散見される中、E93はルーフ開閉時を問わず前後のラインがほぼ一直線でおおさすがBMW!と衝撃を受けたものです。

私が中古でE46B3カブリオレを購入した翌年の2007年になると街中でちらほらE93カブリオレを見かけるようになり、乗りたくてたまらず試乗に行きました。試乗前にぐぃーんと鉄の屋根が分割されてトランクに格納される様はガンダム世代にはたまらず、それを見ながらZガンダムがウェーブライダーからモビルスーツ形態に変形して頭部が出てくるところを一人で連想してニヤニヤしていました。(バカです)

しかし、試乗が始まりスロットルオンすると、メタルトップ云々以前にまずこのニュー35エンジン(3LツインターボエンジンN54)に強烈な衝撃を受けます。1800回転くらいから新幹線のようにスムーズにもりもり加速し、途中減速しても復活の中間加速が大排気量NA並みにもりもり良いことなどなど。35エンジンの様子を一言で言えば「下からもりもり」です!

このエンジンが衝撃的すぎて、幌型とメタルトップ型の違いが、最初はわかりづらかったのですが、よくよく吟味してみると、メタルトップカブリオレは幌型カブリオレに比べたらなかなか重量級でした(E46カブリオレが1680KGに対してE93カブリオレは約1830KG+150KG)。ランフラットタイヤだったこともありますが、乗り心地ははっきりと硬く自車がアルピナE46カブリオレということを差し引いてもお世辞にもしなやかな乗り心地ではありませんでした。またルーフをあけている時にコーナリングするとトランクにルーフが格納されている分はっきりハンデを感じハンドリングに関しても自車のほうが良いなあと感じました。期待していただけにE93カブリオレちょっとがっかりしました。

しかし、あの35エンジンの良さは脳裏から離れずあのエンジンのマニュアルミッション車は出ないのだろうかなどど野暮なことを考えてしまいました。

そして今2017年、最近私の周囲で頻繁に見るオープンカーといえば、マツダロードスター(幌)、日産フェアレディZ(幌)、ベンツCカブリオレ(幌)、ポルシェボクスター(幌)、BMW6カブリオレ(幌)といったところでしょうか。10年前に結構な数のメタルトップ車がでたのですが、現在、意外によく見かけるのは「幌型」だと思いませんか?

以前はメタルトップのベンツSLなどをもっと見かけた気がするんですが、最近はあまり見かけない気がします。防犯面重視で「メタルトップ」、デザイン重視で「幌型」どっちをとりますかということに関して、結局マーケットはデザイン重視だったということでしょうか?一部メーカーはクーペとカブリオレを一車種に絞ってまで電動メタルトップ化した事例もありましたが、皮肉にも現在でもよく見かけるオープンカーって、結局「幌型」だったりします。

幌型でモデルチェンジして欲しいクルマがメタルトップになったりとかで一喜一憂してたのは過去の話になりつつあるのでしょうか。先日の東京モーターショウ2017でも出品されていたZ4の後継車もどうやら幌型に戻るようです。素直に歓迎ですね!3シリーズカブリオレも幌型に戻らないかなあ〜。

読んでいただきありがとうございました。
Posted at 2017/11/09 17:48:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | E46ALPINA B3 3.3cabriolet | クルマ
2017年11月01日 イイね!

ポルシェ993カレラ4 3.8 2017年の話 その8「整備に終わりはないっ!」

こんにちは。しんぼぽんこです。今回はポルシェの話です。993車検整備は預けている最中にアルピナB5sが不具合を起こしレッカー引き揚げになったところでディーラーに待ちをかけておりました。

アルピナの不具合は一段落しました(前回参照)が、すっかり弱気になりポルシェの車検整備項目は予防整備をパスして以下の項目にとどめました。

エンジンオイル交換 アマリー15w40持込
ブレーキオイル交換
リヤトラックコントロールアーム交換(必須)
オルタネーターベルト、エアコンベルト交換(必須)

パーツ代が高いので項目を絞っても割といいお値段します(^^)

ほんと金銭感覚が麻痺しますね(^^)



整備項目確定からさらに1週間。いよいよ受取。

とある休日、娘の運動会のあと、ちょっとしんどいかなと思いましたが空冷に早く乗りたいので夕方駆け足でディーラーに取りに行きます。

代車986BoxterSをお返しして、車検上がりのマイ993に乗り込むとフロントウインドが目の前にあるの物凄くタイトな印象です。帰路すぐにエンジンを回せるように担当営業マンがあらかじめエンジンに火を入れてくれてました。油温はばっちりです。

986BoxterSのトルク溢れる水冷エンジンは中々好印象でしたので、空冷エンジンに乗り換えたときにクラシックを感じるかと思いましたが、、、

久々に空冷のアクセルペダル踏んだら、、、

めちゃくちゃアクセルレスポンスがよく!
エンジンも一層軽く吹け上がるではありませんか!

スロットルバイワイヤー式がどれだけよくなってもスロットルワイヤー式の「味わい」は出せないかもなと感じた瞬間でした。

昨今の500馬力級のハイパワー車ではバイワイヤー式で緻密に電子制御しないと危険なのでしょうが、ワイヤー式でのアクセルとエンジン回転量がシンクロする感覚はバイワイヤー式ではそう簡単には出せないかもと感じました。

エンジンに関しても、オーバーホール後2回目のオイル交換で再度スラッジが排出されたのか一層フィーリングを軽く感じました。ソリッドロッカーアーム化の切れ味の良さを感じました。

993はトラクションコントロールがないので、「それなり」の速度で走ると、条件によってはかなりのリスクを伴うことがあります。そこがこのクルマの楽しさでもあり怖さでもあります。

ちなみにリヤコントロールアーム新替による違いは感じられずでした(^○^)

そんなものですかね(笑)

こんな感じで、ほぼほぼ満足しながら自宅に帰り改めて整備明細を見てみると、、、

下の方に懸案事項として、、、、、
何点か列挙されてます( ̄▽ ̄)

フロント左右ロアアームブッシュ劣化(既報)
プラグコード経年劣化(新規)
デストリビューター交換時期(新規)
ブレーキホース経年劣化(新規)

なんか項目増えてるし…。

あれ、オルタネーター本体とファンベアリングはどうなった?

車齢21歳、購入8年目、今後の維持の試金石となる今回の車検整備が終わっての結論…

「どうやら整備に終わりはないようです……。」

気がつけば整備費だけで当時の新車価格1250万円を超えてしまうかもしれませんね(笑)

読んでいただきありがとうございました。
Posted at 2017/11/01 23:14:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 993 Carrera4 3.8 | クルマ

プロフィール

しんぼぽんこです。よろしくお願いします。常にクルマメインの生活です。1996年から2009年の間にBMW車、BMW M車、BMWアルピナ車をMTメインで数台乗り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

しんぼぽんこさんのBMWアルピナ B5スーパーチャージ リムジン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/05 21:15:07
訪問記 イタリア街 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/16 22:22:56
大黒発 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/11 06:10:01

お友達

情報交換よろしくお願いいたします。
お友達のみ公開のブログもあります。
ご興味を持って頂いたら先ずコメントを頂ければ嬉しいです(^_^)☆
38 人のお友達がいます
チョコ父チョコ父 66jazzbass66jazzbass
天野ショウ天野ショウ ケンケン1028ケンケン1028
ひで777ひで777 ツカ。ツカ。

ファン

35 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
2009年に中古で購入したポルシェ 911に乗っています。1996年式 タイプ993 カ ...
BMWアルピナ B5 S リムジン BMWアルピナ B5 S リムジン
2009年式 B5sリムジン 右ハンドルです。2016年7月に中古車で購入致しました。2 ...
BMW 1シリーズ クーペ BMW 1シリーズ クーペ
とにかく速かった。なんとなく右ハンドルが不満で…18ヶ月、1.3万キロでポルシェ993に ...
BMWアルピナ B3 3.3 カブリオ BMWアルピナ B3 3.3 カブリオ
カブリオレに一回乗りたくて買いました。真冬のシートヒーター最高でした。 2014012 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.