車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
札幌店 野田の部屋



○ユーザーカーの更新状況を札幌店 野田がお知らせしていきます!
    

 ・   1/13  みんカラの「愛車紹介」に1台追加しました!

          BMWミニ クロスオーバー

 ・   1/25  みんカラの「愛車紹介」に1台追加しました!
 
          VW ゴルフオールトラック

 
・   2/10  みんカラの「愛車紹介」に1台追加しました!

          トヨタ ランドクルーザー100

 
・   2/18  みんカラの「愛車紹介」に1台追加しました!
         
          ホンダ フリード+ハイブリッド


            
札幌店の情報は、
何シテル?に、ちょっとしたブログみたいに掲載してます!  
 
 是非ご覧ください!  ↑ こちらをクリックすると画像付きでご覧頂けます!



 サウンドピュアディオHPはこちら!
2017年02月23日 イイね!

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業から、三菱のアウトランダーPHEVです。





春日部ナンバーのお車で、仕事で北海道に来られているうちにピュアディオで作業をという事で、ベーシックパッケージの取り付けをして頂きました。



ナビオーディオは三菱純正の工場装着の物です。




スピーカーは純正の2WAYでドアに16センチと・・





ミラーの後ろにツイーターが付いています。





ツイーターは配線を外して鳴らなくしますが、ツイーターの裏にフェルトが詰まっていて、ロードノイズの軽減を図っていました。





三菱純正のナビを取り外して、裏から音信号を取り出して、ピュアディオブランドのPSTケーブルでひいて行きます。






Aピラーのカバーを外して下からPSTケーブルを通して・・





ダッシュ上に取り付けるピュアディオブランドのATX-25ツイーターに接続します。





ツイーターとドアスピーカーにはグローブボックス下に設置したアウトランダー専用のピュアコンを通して送って、周波数幅・インピーダンス・レベルを調整して、最も生音に近くなる様にします。





アウトランダーPHEVは自前でデモカーを持っていて、時間をかけて細かいチューニングを行っているので、音の仕上がりは多くの方から好評を頂いています。






その音造りの中心はピュアコンですが、これは簡単に言えばパッシブネットワークですが、ブラックボックスと後付けで合わせて4個のコイルを手作業で巻き替えて音を追い込んでいて、更に中のコンデンサもアウトランダーで最適になる様に左右がペアリングしてあり、かなり手間がかかっています。



例えば1マイクロのコンデンサを測定すると、1・015マイクロとやや高めの表示がされています。






もう1個取り出して測定すると今度は0・932マイクロとかなり小さめで、誤差がプラスマイナス8%とか10%の規格であればこれが左右になっても問題が無いとされています。





サウンドピュアディオではコンデンサを1個1個計測して、その値をマーキングして、ちょうどのグループとやや多めのグループとやや少な目のグループと少な目のグループの4つのグループに分けてストックして、そと車種で大目が必要か少な目が必要か、それともちょうどが必要か判断して左右がピッタリの値を選んでペアリングしています。






最近実際にあったペアリングの例で言えば、JBLのGX302を使った場合F30・31のBMW3シリーズが一番当たりの大きいコンデンサが合い、中間ぐらいがCクラスセダン・ワゴンに合い、Cクラスクーペが一番小さい値が合うという様に、ドアの響き・グリルの抜け・スピーカーの取り付け位置で細かく一番合う物を選んでいて、パーツメーカーの表示された値をそのまま鵜呑みにして、全ての車に「同じ値だから。」と使うという事はありません。





そんな日々の細かい努力で音を追い込んでいて、今回のアウトランダーPHEVでは、ノーマルでのスピーカー状態ではバスもミッドもトレブルも上げないと音がハッキリ聴こえなかったのが・・





全てフラットでも音楽がきちんと再生出来る様に変わりました。



アウトランダーのお客様は仕事で来られた場所から札幌店まではかなりの距離がある中来店されましたが、音の仕上がりにはとても喜んで頂けました。



今まで自分が知っている車の中ではアウトランダーPHEVがカーオーディオを鳴らす条件が最も良く、ベーシックパッケージでも驚く様な良い音を再生する事が可能です。
Posted at 2017/02/23 11:00:30 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2017年02月22日 イイね!

サウンドピュアディオは今年である事から10周年を迎えます。


その10周年を記念してというか、お世話になった方に感謝の気持ちを込めて10周年の特別な事を行ないます。


普通10周年というと「発売から10周年!」というのが、逆に「販売しなくなって10周年。」という「何それ?」という10周年です。



事の発端は2002年にお客様の車の音調整の時にCDチェンジャーに三味線プレイヤー・上妻宏光さんの楽曲が入っていて、「何これ?不思議なサウンド? 三味線に聴こえるけど、普通の三味線ではなくて琴にも琵琶にも聴こえるし、部分的にエレキギターにも聴こえるけど、この不思議な音色は何故生まれるのだろう?」と気になって次の日にCDを買って、B&Wの801型スピーカーで聴きまくって、その日からその不思議な楽曲を調整用CDとして使用する様になりました。


そこから2年後の2004年に一度は調整用CDとして使っているアーティストのコンサートに行って演奏を聴いておかないと、と福岡で上妻宏光さんの演奏を聴いたら・・

「あれっ? どこか来る途中で聴いたCDの音と違う?」と思って、帰りにもう一度聴いてみたらやはりどこか違って・・


その時は「コンサート会場とカーオーディオの音は違う。」と無理やり自分を納得させて帰ったものの、やはり頭の中に違うというのが残っていて、その違いの原因が良く分からないまま2年が過ぎました。


そして今度は2006年に前よりも小さなホールで、しかも最前列で聴く事が出来て、しかもPA無しの生音を聴いてしまい、よいよもって「やはり違う!」というのが分かって、帰りの車中ではボリュームを上げる気になれませんでした。


運が悪いというか、本当は後で運が良い事につながったのですが、当時仲の良かったお客様と一緒に行っていて、自分と同じ気持ちだったのでしょう、そのお客様はその後一切システムアップされる事はなく、現在ではカーオーディオは純正のままで、お客様ではなくなってしまいました。


凄くショックでしたが、帰りの道中に「この人はもうシステムアップはしないな。」という雰意気は感じていました。


その日をきっかけに生演奏と明らかに違う要素は何か?とあれこれ付けては外しを繰り返した結果、電源キャパシタとヘッドキャパシタとロジュームメッキの端子の3点セットをやめない限り生音には近づかないと分かり、どうにかしてその販売をやめるという方向に持って行くという努力をしました。


ただ当時電源キャパシタもヘッドキャパシタもロジュームメッキもデモンストレーションしたら音がカキーン!と伸びて衝動買いしてもらえるアイテムで、それをわざわざ売らないというのは至難の業でした。


結局2007年から音楽アーティストの方のコンサートのスポンサーを行なって、それでアーティストさんと仲良くなって、デモカーを聴いてもらってこの音が正確かどうか確かめてもらうというとんでもない手法に出て、コンサートの冠スポンサーって百万単位のお金が必要で、お金をかけて売れる物を売れなくするという、今考えたらよくこれで会社が持ったなという大技でした。


そんな本来の音に近い音を再生するために電源キャパシタ・ヘッドキャパシタ・ロジューム端子の3アイテムの販売をやめて今年で10周年となりました。


これまでスポンサー活動を通じて多くのアーティストさんにデモカーを聴いて評価して頂いて、「本当の音に近い音をより低価格で。」というチャレンジで、車種別専用設計のベーシックパッケージの開発に力を入れていました。


ここ数年ではアーティストさんへのスポンサー活動は少なくなって、逆に新型車を年間何台も購入してパッケージの開発を行なってという方向に進んでいましたが、やはり10年前から多くのアーティストの方にデモカーを聴いて評価して頂いたからこそ今のサウンドピュアディオがある訳で、そこで10年の集大成としてこれまで無かったFM放送でのレギュラーの音楽番組を放送するという、うちの様な小さい会社にしたら清水の舞台から飛び降りる様な試みを行なう事となりました。


前にも簡単に紹介しましたが、放送する局はFM福岡で、放送日は毎週土曜日で、時間は春の番組編成が公表されてからお知らせしますが、4月から9月までの半年間で、25分の番組を合計27回の放送となります。


PRタイムが2分ほどは入りますが完全な音楽番組で、これまでの25分の特別番組では詳しい部分まではあまり語れなくて、「もう少し時間があれば・・」と言われるアーティストも多かったのですが、基本2週連続で放送となるので、これまでのピュアディオ特番に比べれば伝えたい事が伝えられると思います。


月によって4回の時と5回の時がありますが、まずスタートの4月が5回土曜日があって、どういう使い方にしようか考えています。


さすがに27回となるとアーティストさんとのスケジュールのブッキングも大変で、これまでお付き合いして頂いているアーティストさんに加えて、まだ付き合いの無いアーティストさんにもこの放送時間を使って頂きたいですね。



サウンドピュアディオが売れる物を売らない様にしてでも生音・生声にこだわって10年となる節目に、コンサートのMCでも喋らないアーティストの本音が聞ける番組が出来たら面白いな、と密かに期待しています。





Posted at 2017/02/22 18:00:18 | トラックバック(0) | 音楽について | 日記
2017年02月22日 イイね!

本日は水曜日で福岡店はお休みしております。


福岡店はお休みですが、ご紹介するお車は先日の福岡店の作業から、ベンツのAクラスです。





マイナーチェンジ後のお車で、全車異型パネルのナビオーディオ付きで、今回はベーシックパッケージの取り付けとベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。



  
Aクラスのスピーカーはミラー後ろにツイーターと、ドア16センチの2WAY構成で、ツイーターは向きがそれていて、長時間聴いていると聴き疲れすると皆さん言われています。




向き以外ではユニットの材質と下限周波数を決めるフィルター部分が小さいパーツで音が荒いために、場所を変更してピュアディオブランドのATX-25に交換します。





ドアスピーカーはスピーカーサイズに比べてややグリル側が小さめの16センチで・・





ピュアコンで音質の改善を行う他に、ドア側にベーシック防振の施工を加えて音質アップを図ります。



内張り裏にフェルトが貼ってあって、外からのロードノイズを防いでいますが、その手前のベーシック防振でもノイズレベルを下げているので、相乗効果で更に静かになっています。



次にデッキ周りをマスキングして、デッキを手前に引き出して裏から音信号を取り出して、PSTケーブルでグローブボックス下のピュアコンに送り、純正のドアスピーカーとダッシュのツイーターに分配して、再びデッキを戻します。






ここで一度車をピットから出して、エンジンをかけて音を鳴らします。





純正の音がハッキリ聴こえないからか、トレブルがプラス8でミッドがプラス5、そしてバスはマックスのプラス10とかなっていて、純正のドアスピーカーにはかなり強いクセが付いていたので・・






新品のツイーターと差が出るために、長めにエージングを行ないました。





ジャンルの違うCDをあれこれと交換して再生して、トーンとトーンの狭間の周波数帯が多く含まれている音源を選んで再生して、クセの付いたスピーカーを慣らします。



強いトーンやイコライジングを入れるとかったるいスピーカーの音が時間が経つと更にかったるくなって、どんどん悪い方向に行ってしまい、使わない周波数がどんどんくすんで来るので、これを改善するには長年の経験を基にした目利きが必要になります。




音楽だけではなかなかクセが取れなかったので、テストトーンのCDを使って目的の周波数を慣らして、最終的にフラットの状態でもスッキリとバランス良く鳴らせる様になりました。





仕上がりの音を聴かれたお客様は、「こんなに音が良くなるならもっと早く持って来ていれば良かった。」と言われていました。
Posted at 2017/02/22 10:50:55 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2017年02月21日 イイね!

先週札幌店に新型スイフトのRStが入庫していて、やたら気になってスイフトの本を買いました。




モーターファン別冊の『スイフトのすべて』です。




その前にロードスターの本を読んで欲しくなったのですが、2人乗りで荷物もほとんど積めず、趣味でもう1台持つ余裕はなく、どうしても実用性のある車でないと買えません。


以前に娘の通勤用に買ったハスラーを、電車通勤に代わって使わなくなったからと札幌店に送り、送ってしばらくして再び車通勤となり、とりあえず次が見つかるまで何か代車に乗っててと言ったものの、結局車が1台足りなくなって、そこにロードスター案が出たものの、家族で乗る事もあると考えたら却下となりました。


そこで出て来た案が新型スイフトで、カタログに載っている情報以外を知りたくて、この本を買いました。


店に本を置いていたらお客様から、「買ったら乗せて下さい。」と言われています。


やはり気になるのはRStだそうで、RSハイブリットと車両本体の価格差は約1万円ですが、減税が無い分見積もりシュミレーションで思った以上の差が有りました。


でも1000CC以下だから先々年五千円の自動車税が浮き、長く使えば差は縮まるはずです。


そんな事を考えていたら6月にはホンダからNボックスの新型が出るらしく、そちらはおそらく買うと思うので、それまで何とか今の台数でつなごうか?とも思っています。
Posted at 2017/02/21 17:05:28 | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年02月21日 イイね!

日曜日の福岡店は一時的に駐車場が一杯になったので、近くの貝塚公園の駐車場に一時的に自分の車を止めました。




日曜日とあって車も多く、やっと1台止めて店に戻って、しばらくしたら店の前の道路が渋滞して進まなくなり、「普段はこんなに混まないのに?」と思い、再び車を取りに行ったら・・


通路にも車を止めていて、入と出の車が詰まって動かない状態になっていました。



これでは車が出せません。


いくら何でもこんなに混んだ事はこれまでにありませんでした。


どうも筥崎宮の外苑でやっているシルクドソレイユのトーテムというサーカスが始まったそうで、その周りに駐車場が無く、貝塚公園の駐車場に車を止めて地下鉄で筥崎宮に向かう人が多く、それで福岡店の前の道が一時的に渋滞したみたいです。


ただ貝塚公園の駐車場は5時に門が閉まり、車が出せなくなるので、中には車が出せなくなった人もいるのでは?と、他人事ながら心配しました。

Posted at 2017/02/21 08:01:50 | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック
プロフィール
「札幌店の佐藤です。本日はスズキ 新型スイフトのご紹介です!オーディオレスで入庫し、デッキ&ベーシックパッケージを取り付けてデーター取りを行いました!今回はスピーカー交換とドアにフル防振とアウターバッフルを施工します。詳しい施工内容は近日ブログでご紹介します。お楽しみに!!」
何シテル?   02/13 21:09
サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県・北海道でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や...
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11
ファン
265 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ フィット ホンダ フィット
サウンドピュアディオ札幌店のデモカー、フィット3です。 ベーシックパッケージ&ベーシッ ...
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
お使いのデッキと純正スピーカーをベースに、ベーシックパケージ&ベーシック防振のWパケージ ...
アウディ A3 アウディ A3
アウディ A3に乗っております。 純正ナビゲーションを使って音質アップをしております。 ...
三菱 ランサーエボリューションVIII 三菱 ランサーエボリューションVIII
スポーツカーでも防振をする事で、音楽が楽しめる環境を作る事が出来ます。 目の前に広がる ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.