• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あた_のブログ一覧

2011年05月27日 イイね!

記帳できんぞ


東日本大震災後、関東の銀行や農協では

ATMの店じまいする時刻が早くなっています。


口座を持っている銀行では19時まで、農協では18時まで。


セブンイレブンの端末で引き出せるから致命的でないものの

通帳に記帳して現金を引き出したい者には困った事態です。


ったく、今夕も銀行のATMが開いている時刻まで行けそうも無い。



こんな状態が続くと、ますます消費の復活は遠いな。 

と思う今日この頃



Posted at 2011/05/27 17:53:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | 徒然なるヒマ話 | 日記
2011年05月27日 イイね!

人間の感覚は慣れで鈍化する


学生のときの教授の教えで身に付いているものが有ります。

それは、『五感で違和感を感じるものは危ないものだから気を付けろ』

これは、初めての化学実験ときに教えられたものですが、
人間の五感の大切さや、自分の安全は自分で守れ
ということだと捉えています。

なるほど、この教授の教えが正しかったことを、
後で理解できたものが幾つもあります。


例えば、ダイオキシン。

民家や農家がビニール類を焼却炉で燃やしているとき、
その煙を吸い込んでしまうと、ものすごい頭痛になります。
なので、煙を見ると本能的に吸い込まないようにします。
何のことはない、ダイオキシンの発ガン性が明らかになり
ビニール類を低温で燃焼させないため法規制が出来ました。


例えば、断熱材。

アスベストは肺ガンになるとして、かなり前から規制されていますが
グラスウール系断熱材は日本国内では規制対象でありません。
以前はグラスウール系断熱材は、
危険性の表示もなく、マスク着用の表示もありませんでした。
しかし、グラスウール系の断熱材を扱っていると、
皮膚がチクチクしたり、喉がイガイガしたり咳が出たりします。
これなんか、五感で危ないことを示しています。
今では、グラスウール系断熱材の包装にはマスク着用と表示されています。
現在、グラスウール系断熱材は欧州では規制されていますが
日本国内では規制されていません。なぜ欧州と日本で違うのか?
珪肺、塵肺などの健康被害は既知ですから、
グラスウール系断熱材を日常的に扱う人は、
安全サイドで考えた方がよいでしょう。


例えば、高所を怖く感じる。

これは落ちたら大けがをするか死ぬことを
生物としての太古の昔から経験や知識が本能になったものです。
高所を怖く感じない人もいますが、
これは慣れによるものか、または安全が確保されている場合です。


例えば、放射線。

皮膚感覚や臭覚では感じませんが、漠然とした不安を感じます。
これは、理解できないことに対する恐怖なんだと思います。
何ミリシーベルト以上なら確実に危険だと分かっていて、
更に教育が行き届いていれば
安全範囲の数値なら、恐怖感は出ない筈です。
火は目で見えるので、自分が安全な状態なら
火の恐ろしさを感じることはあっても、逃げ出すことは不要です。
なので、理解できないことも五感として違和感を感じるのでしょう。


もっとも、知識、経験、教育に由来する五感が働けば
現代科学で解明されてない原理を用いたエセ燃費改善グッズについても、
不可触(猫またぎ)すべきものだという感覚が生ずる筈です。
つまり、ウサン臭く感じる能力も五感の一種でしょう。
ところが、販売SHOP、紹介雑誌が存在するので、
世間で認知されたものだと誤って捉えた人にとっては
不可触(猫またぎ)すべき感覚が生じません。
やはり、ウサン臭いものや詐欺商品は、
販売SHOP、エセ雑誌を根絶せねばなりません。
ましてや、ヌバルDラーで販売すべきものではありません。

あ、少し脱線してしまいますた。



ただ、人間の五感や認識には困った特性が有ります。
それは、慣れで感覚が鈍ることです。


普段から綺麗な景色を見慣れていると、
少し綺麗なぐらいでは感動しなくなります。
悲しい慣れです。

普段から、すっ飛んで走行していると
法定速度では、何も感じなくなってしまいます。
なので、高速道路をエコランしていると漫然運転になってしまい、
危険回避が遅くなったりします。
怖い慣れです。

爆走系おとうちゃんの運転で育った子供は
アッチコッチにGかかりまくりでも、車酔いしない成人に育つでせう。
ついでに首が太くなる鴨しれません。
笑えない慣れです。



最近の東京電力の発表で
実はメルトダウンしていた、
実はメルトスルーだったかもしれない、 については
今になって聞けば、わずかな恐怖感だけです。

やっぱりメルトダウンだったんだ。その程度にしか感じません。


東京電力や政府が、人間の感覚の慣れを知っていて
パニック防止のため意図的に情報を後出ししたのなら、大したものです。

人間心理の理解度の点で、凄いということだけは認めてあげましょう。

但し、パニック防止のため意図的に情報開示しなかったとしたら
為政者として、そのときは正しい判断だったかもしれません。
しかし、情報操作したことが明らかになったら
潔く責任を取る前提で行うべき情報操作だと思います。



そうそう。
国家間で嘘をついても、国民に嘘をついても
それは、政治という言葉で片づけられるそうです。
そういうことを知った上で、
裏読みできる賢明な社会人になりたいものです。
Posted at 2011/05/27 12:37:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | 徒然なるヒマ話 | 日記
2011年05月25日 イイね!

人参が品不足みたい


今更ですが、東日本大震災後
私の棲息エリアの埼玉県南西部では人参が品不足です。
あれから2ヶ月以上経ったのに、まだ人参は品不足です。


大規模スーパーが多いエリアなので回ってみても
夜の8時以降に買い物にいくと、人参は売り切れ、または売れ残りです。

残っているのは地場産でない、少しひからびた感じの人参です。
洗い方のせいなのかツヤも無いし。

なので、残っている人参は主婦層が触りまくって選んだ残りカス確定なので
尚更、買う気が起きません。

大震災前だと、地元農家の野菜を並べるブースがJUSCOにあって
新鮮な人参が並んでいたのに~

早い時間帯にスーパーに行かないので
昼間だと、地元産の人参があるかどうかは把握していませんが、

やはり、被災地向けに埼玉県産の人参が回されている気がします。

地元産の人参カムバ~ック







Posted at 2011/05/25 12:49:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | 徒然なるヒマ話 | 日記
2011年05月19日 イイね!

冷却水が漏れている場所を特定


現在207800キロです。


1月末にメーカーリビルトエンジンに載せ換えしてからずっと
冷却水(エチレングリコール系)の臭いがしていました。
あふれたりして付着した冷却水は
時間が経つと臭いが薄まっていくものです。

ところが、臭いが弱まる気配が有りません。

アクセス困難な場所のゴムホースは
エンジン載せ換え時に全て交換済です。

また、エンジンを載せ換えてから5000キロ走行後に
液体の漏れがないか等を下回り中心に点検してもらった結果は問題無し。

でも、エンジン載せ換えをしてから6700キロ以上走ったし、
雨中走行やスプレー洗車を何度も経ているので
臭いが無くならないのは、冷却水の漏れが続いているに違いない
と考えるようになりました。

なので、鼻で嗅ぎ回って調べたところ、
冷却水の加圧タンクに繋がる純正ゴムホース端面から
滲み出ているものがあることを見つけました。

アハハ、一目瞭然の場所でした。

さらに、生乾きの黄褐色状の液体が加圧タンク上部に拡がっていました。
臭いの種類と場所から、ここが真犯人に間違いありません。



そうでした。
ここの純正ゴムホースは新車時から未交換でした。


そう言えば、昨年の夏or秋の頃からか不確かですが、
ゴムホース端面に液体が滲み出て乾燥したようなものが
付着していた記憶があります。
そのときはゴムホース端部に白褐色のものが少し付着した程度で
タンク上部の黄白色の広がりは無かったか、または小さかった筈です。

どうやら、ここ半年で症状が加速したみたい。


滲み始めた時期を正確に把握してませんが
17万キロの頃からとしておきます。
なので、純正ラジエーターのままで連続高負荷が多いドライバーなら
純正ゴムホースの寿命は、15万キロ未満と推測しておきます。


冷却水が滲み出ている場所を詳しく観察すると
純正ゴムホースAの強化用繊維の部分からでした。
ということは、ホース内部はヒビだらけの状態かもしれません。



ちなみに、ゴムホース端面から
冷却水の滲みが多量に発生していたのはホースAだけでした。


加圧タンク下方のホース1本も含め、近々に交換予定です。
Posted at 2011/05/19 22:22:10 | コメント(6) | トラックバック(0) | パーツ寿命 | 日記
2011年05月16日 イイね!

ミッションオイルの銘柄変更で唸り音が解消

ミッションオイルの銘柄変更で唸り音が解消※画像は伸さんのを借用いたしました。m(_ _)m

現在207770kmですが6MTは新車時のままです。

ほぼ2万キロ毎にスバル純正のミッションオイルに交換していましたが、
17~18万キロの頃から、
6MT付近で微かな唸り音(ウォ~ン:※1)が
聞こえるように(気になるように)なってました。

※1
ウィーンでもブ~ンでもギョ~ンでもなく表現が難しい。
唸り音は高い周波数でなく、低い音で濁った感じで
車のオーナー本人でないと分からない音です。


フォレスターSTI(SG9)の6MTでは
マニュアルミッションとフロントデフが同じオイルで潤滑されています。

ミッション部分なのか、フロントデフなのか
唸り音の発生場所は正確には分かりません。

しかし、唸り音は運転席から遠いところで聞こえるし、
周波数的に高くないので、
フロントデフが発生源と推測しています。

6MT(フロントデフ含めて)をリビルト品に載せ換えしたいところですが、
エンジンを載せ換えたばかりなので、当面は見送り予定。

そこで、4月末にgarage-NOBさんを訪問したときに
ミッションオイルをオベロン F808 75w-90に交換してもらいました。

F808に交換後すぐに
唸り音は聞こえなく(気にならなく)なりました。

195000キロ時点でミッションオイル漏れでオイルシールを修理した際に
スバル純正のミッションオイルに入れ替えてますが、
そのときは、唸り音は無くなりませんでした。



そう言えば、期待していなかったことで改善されたものが有りました。


渋滞等の低速走行(時速10~15キロぐらい)のとき、
オイルが暖まっていても2速の入りが極悪だったので、
てっきり2速シンクロが完全に死んでいるせいと思っていました。

なので、クラッチを切ったり、アクセルを煽ったりを繰り返して回転を合わせないと
低速走行中に2速に入れることは困難でした。

その症状が、2速も含め、全般的にギアの入りが少し改善しました。
結果的に、クラッチを切ったりアクセルを煽ったりして2速に入れる頻度が減りました。



そうそう。

F808のURLをリンクに貼り付けようと探しましたが見つかりませんでした。

ま、いっか。
Posted at 2011/05/16 12:49:15 | コメント(4) | トラックバック(0) | フィーリング | 日記

プロフィール

「ヒラマサ五輪公式HPの世界地図から日本が消されてる。ここでクイズです。これを報道するマスコミは産経新聞の他に何が有るでせうか?」
何シテル?   09/27 19:34
MT車萌え~。人ごみが大嫌い。片側一車線が大好き。ネイチャーフォト志向。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

和歌山秘宝館 
カテゴリ:車いぢりSHOP
2014/01/06 01:16:40
 
撮るしん 
カテゴリ:撮影
2014/01/06 01:10:59
 
MYフォト蔵 
カテゴリ:撮影
2014/01/06 01:08:23
 

お友達

DIYしないオジサンで宜しければ・・・
47 人のお友達がいます
金曜日のタマネギ金曜日のタマネギ * koi2koi2 *
kojy&quot;kojy" ターナブルターナブル
モリヤスモリヤス azチャピ男azチャピ男

ファン

98 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
29万キロ以上乗ったフォレスターSTI(SG9C)からの乗り換えです。
スバル フォレスター スバル フォレスター
2004年3月  SG9Cを購入 2011年1月  201000キロでリビルトエンジンに ...
その他 その他 その他 その他
ブログ用画像倉庫
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.