• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あた_のブログ一覧

2015年07月30日 イイね!

盛夏の緑に癒されてみた


          前夜に気付いたのですが
          カメラボディの秒合わせをしたところ
          EOS 6D だけ1時間遅い設定でした。
          6D購入直後に合わせた記憶しか無く
          ずっとだったようです。

          仕事と同じく始業点検しないとダメですね。

          - - - - - * - - - - * - - - - - * - - - - -

          蓮撮りの難しさに撃沈されたので10時前に高田公園を出発し
          新潟県南西部に移動しました。
          以前、見つけた場所です。

          今回は農作業されている方に挨拶し、撮影許可を戴きました。
          高齢化で耕作していない区画があることを残念がられていました。

          中山間地域の農地の風景が好きで
          農家の方と話す機会があります。
          皆さん異口同音に、耕作放棄地が増えていることを嘆いています。
          
          綺麗な農地はずっと維持して欲しいなぁ。



          【 撮影共通データ 】
           C-PLフィルター、 ノートリミング



【 画像1 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、三脚

          田んぼに近づきすぎ、さらに主役の木々が遠いこともあり
          絞り込んでも稲穂は溶けてしまいました。
          という認識をできたことが今回の最大の収穫です。



【 画像2 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、手持ち


 

【 画像3 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、三脚

          S字の農道を撮りたいとの念願が、ようやくかないました。
          (欲を言えば、石混じりでない農道がよい・・・)
          しかし、黄色い花の集まりにピントを合わせてしまいました。
          色気に惑わされてしまったじゃないか。

          いつもなら念のため何通りものピント位置で撮ります。
          この日は暑さにやられて正常な判断ができませんでした。

          てか、無意識でも正しい判断が出来ないとダメですね。
          精進あるのみ

          当たり前ですが、焦点距離が長くなるほど
          S字の見え方がカメラ位置で簡単に変わります。
          なるほど分かったそ~なんだ。
          とニヤニヤしていたに違いありません。



【 画像4 】  6D、CarlZeiss Distagon T* 1,4/35ZE、三脚

          やはり青空を見せた方が癒し系の絵になります。



【 画像5 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、三脚




【 画像6 】  6D、CarlZeiss Distagon T* 1,4/35ZE、三脚

こちらも青空をいれた広角レンズの方が良い。



【 画像7 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、三脚

暑さに耐えきれず帰ろうとすると、
未耕作地の雑草が前景になってくれました。



そうそう。
長野県北部や新潟県の農地はトタン小屋が少なくて
カメラマンには好ましい景色と思っていましたが
豪雪地帯であることが理由だったんだ。
と自己解決しました。
Posted at 2015/07/30 21:33:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラとか風景写真とか | 日記
2015年07月28日 イイね!

7月26日(日)の高田公園は撃沈


          暑さに弱いので、この時期はGPV気象予報
          気温を確認してから出かけます。

          当初の7月26日(日)の予定は
          山梨県の金峰山中腹エリアで苔の撮影でした。
          が、GPV気象予報と実体験を参考にすると
          標高1500メートルでも28度以上が予想されました。

          なので、ツキノワグマがいるエリアなのに
          涼しさを味わえないなら止めましょうと。

          代わりの撮影地をGPV気象予報で探すと、
          日本海側が少し涼しいようでした。

          今シーズンのハス撮影は終了したつもりでしたが
          『 東洋一のハス 』 と宣伝されている
          新潟県上越市の高田公園のハスを撮影することになりました。

          念のため『高田公園、ハス、マクロ』で検索すると
          ヒットする画像が少ない。
          こ、これは危ないかも

          でも 『 東洋一 』 の宣伝文句は捨てがたく
          釣られて行ってみることにしました。

          なんつったって、東洋一は日本一より上ですから



          現着してみると、
          高田公園がマクロ撮影に向かないことは直ぐに分かりました。

          その理由は、お堀端に接近して咲いているハスが少ないこと。
          お堀端とハスの間にヨシが生えている場所も多いこと。
          お堀端がコンクリート(or石垣?)のところでは、
          お堀端の上に連続凹凸となるよう石材が設けてあり、
          さらに、四角い大きな鉢植え花壇があり、
          三脚を端っこに寄せにくい状態でした。

          結果として背景を整理しやすい構図は少なく
          今回はレタッチしまくりで
          無理やり背景を目立たなくしたものが多くなりました。

          高田公園の蓮の撮影は難しかった

          高速代やガソリン代がもったいないので
          せっかく来たので気力の許す限り撮ることにしました。






【 画像1 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、手持ち

          手前が日陰、向こうが日向。
          撮って出しだと明暗差が大きく、使いものになりません。
          なので、HDRを盛大に効かして明暗差を小さくし
          わずかにハイキーにすることで、
          画面奥が明るすぎるのを誤魔化しました。



【 画像2 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、手持ち




【 画像3 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、三脚




【 画像4 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、手持ち

          お堀端に接近して咲いていた数少ない整ったハス。
          なので、超貴重品なんです。

          元画像では画面奥はソコソコ明るい緑です。
          緑の明度を最大限に暗くし、それでも追い付かないので
          画面全体を暗くしてでも、背景を目だたなくしています。



【 画像5 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、三脚

西堀の西岸から東を向いて撮ったもの。
手前に雑草が生えていて邪魔です。
岸から雑草までの距離が近ければ
雑草を脇に寄せるのですが
そういう手法は高田公園では、ほぼ不可能でした。



【 画像6 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、三脚

これも西堀の西岸から東を向いて撮ったもの。
桜並木の枝が伸びているので、それを利用しています。



【 画像7 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、三脚




【 画像8 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、三脚

西掘の東岸には鉢植えの蓮が多数並べてあります。
そのうち開花2日目のものです。
但し、地上高1.7メートルぐらいのため
脚立を使い約2メートルの高さから撮影しました。


- - - - - * - - - - * - - - - - * - - - - -

【 結論 】

高田公園が初めての、あくまで個人の感想です。

高田公園の蓮は匂いが弱いように感じました。
その理由は、お堀端から蓮花まで遠いものが多いからです。
直ぐ近くで目で見ても観賞したいのですが
その意味でも遠いです。
お堀端が石垣やコンクリートでない場所については、
ヨシを刈り取るとか、ハスに近づける足場を整備するとかしたら
高田公園の魅力は更にUPすると思います。


次にアマチュアカメラマンの方々に

・標準マクロでも100ミリ程度のマクロでも
撮影対象を得るのは難しい。

・整理された背景、輝度の低い背景を得るには
 中望遠ズーム70~200ミリでは辛い。
おそらく300~500ミリが向く。ということは
 一般的な機材のアマチュアカメラマンにはハードルが高い。

・お堀の構造から、ハスを見下ろして撮ることが多くなる。
 そのため、ハス葉の下になる蕾や花を写すのは
 ゼロと言わないが難しい。
 さらに、空を見上げたハス花の構図も厳しい。

・ハスの葉っぱで前ボケを作るにも難しい場所。

・どの花の植物園や観光地でも言えることだが
 規模の大きさ、イコール
 カメラマン向きとは限らない。その見本である。

- - - - - * - - - - * - - - - - *

この日は高田公園の難しさに撃沈され、
気分直しに新潟県南西部に向かったのでした。

つづく
Posted at 2015/07/28 22:40:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | カメラとか風景写真とか | 日記
2015年07月24日 イイね!

7月19日(日)の稲泉寺の大賀ハス


          前日の称念寺の翌日の7月19日(日)に
          木島平村の稲泉寺の大賀ハスを撮ってきました。



          【 影共通データ 】
            C-PLフィルター
            ノートリミング


【 画像1 】  撮影時刻5:23、 6D、CarlZeiss Distagon T* 1,4/35ZE、手持ち

          稲泉寺に到着し、蓮田の状態を見て回りました。
          今シーズンは背の低いものが多かった。

          舞妃蓮の蓮田を含め、植え直した区画が幾つかあり
          株数も少なかった。
          
          開花2日目のものが開くまで時間があるので、
          何か撮るものはないかと探してまわると有りましたよ。
          かなり古い祠です。

          曇りだと、この時間帯は暗く、
          奥まった仏様は遠目には表情は読み取れません。
          この画像はHDRを使って、仏様の存在を分かるようにしました。

          大賀ハス以外の対象を探していたカメラマンは私だけでなく、
          苦笑いしてしまいました。

     
【 画像2 】   撮影時刻5:30、  6D、CarlZeiss Distagon T* 1,4/35ZE、絞りF2.0、三脚

          焦点距離35mmのレンズは
          蓮のクローズアップに向かないように思います。
          その理由は、背景を整理しにくいこと、
          さらに広角が故に、ボケを出しにくいこと。

          ただ、Distagon T* 1,4/35ZEの鮮鋭感は素晴らしく
          その見本として画像2をアップしました。



【 画像3 】  撮影時刻5:34、  6D、CarlZeiss Distagon T* 1,4/35ZE、絞りF1.6、三脚

       


【 画像4 】  撮影時刻5:47、 5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、三脚




【 画像5 】  撮影時刻6:00、  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、絞りF5.6、三脚

          赤トンボより一回り小型のトンボ。
          最短撮影距離だと、トンボはこんな感じの大きさ。
          この時間帯だと、どのトンボも活性度は低く
          近寄っても逃げないため、撮るのは楽でした。



【 画像6 】  撮影時刻6:43、 5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、絞りF3.2、三脚

          画像2、画像3、画像6、画像7、画像11は同じ花です。
          MakroPlanar の標準マクロは鮮鋭感はありません。
          しかし、雰囲気を出しやすいので
          標準マクロは蓮に向いていると思います。

          中望遠ズームでは斜め上から撮ることが出来ない場合でも
          最短撮影距離の短い標準マクロでは楽勝だったりします。
          で、Otusの標準マクロが出ればなぁと。  
 


【 画像7 】  撮影時刻6:51、 5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、絞りF11、三脚

          稲泉寺のハスは、花びら先端が伸びきる率が高いのに対し
          古河総合公園のハスは、伸びきる率が少し落ちる
          という違いがあります。     
          


【 画像8 】  撮影時刻7:05、 5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、絞りF2.8、三脚

          



【 画像9 】  撮影時刻8:01、 5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、絞りF2.0、三脚




【 画像10 】  撮影時刻8:54、  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、手持ち

          やはり稲泉寺の大賀ハスは
          古河総合公園のものより大きく平らに開きます。

          大きく平らに開くということは、変化が早いということ。
          なので美味しい時間帯は、浮気厳禁なんです。

          あと、大きく開いた開花2日目では、
          古河総合公園の花の下側は遠慮気味に開きますが
          稲泉寺のものの下側は大きく開きます。
          


【 画像11 】  撮影時刻8:54、  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、F8.0、手持

         葉っぱが覆いかぶさって背景になるとき
         早朝だと綺麗な緑色になりません。
         時間が進むにしたがい綺麗になっていきます。
         なので、これはという花があるとき
         時間帯を変えて何度も撮った方が良いようです。



【 画像12 】  撮影時刻9:44、  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、F8.0、三脚

         この時間帯になると開花2日目のものは閉じてしまうので
         何か使えるものはないのかと探すと
         綺麗な紫陽花が残っていました。
      


【 画像13 】

         稲泉寺の周囲は農業用の水路がそこかしこにあります。
         水をハネさせてる造りのものがあり
         意図的に作られたそれは涼しさを演出してくれます。



【 画像14 】

         画像13のように水しぶきが飛ぶものが
         母屋の近くにあり、瑞々しく光っていました。



【 画像15 】  撮影時刻 10:44

この時間帯になると開花2日目のハスの上側は閉じモードになっています。
この場合は蓮の葉っぱが鮮やかに見える構図を見つけました。



車検完了のシールを貼ってもらうべく
翌日の稲泉寺の撮影は諦めました。

なので今シーズンの大賀ハス撮影は終了です。


Posted at 2015/07/24 02:34:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラとか風景写真とか | 日記
2015年07月20日 イイね!

7月の雨の称念寺


          称念寺の緑色のカエデも見たくなり
          7月18日(土)に行ってきました。


          【 撮影共通データ 】
           カメラ : EOS 6D
           レンズ :CarlZeiss Distagon T* 1,4/35ZE
           C-PLフィルター
           ノートリミング     


          どのカットも絞り込むほど凡庸に見えるため
          絞りは開放近くになりました。
                    
 

         
【 画像1 】  絞りF2.0、 三脚使用

          到着した7時頃は1ミリに満たない雨量で
          石道が白くイメージが合わないため撮らず。

          8時頃から2~3ミリの雨になり
          石道が黒く見えるようになっての撮影です。

          カエデの枝が伸びているためと
          単焦点レンズのせいか
          電球が見える位置に拘ると
          構図が難しいのなんのって。

          幸いカメラマンは他におらず
          何とかピンポイントの撮影ポジションを見つけました。

          ただ、カエデの枝が伸び続けたら
          紅葉の頃はどうなるのだろうか?
          不安になりました。



【 画像2 】  絞りf2.2、 三脚使用

          最初は本堂の戸が閉まっていたのですが
          2~3ミリの雨脚になり撮る気になった頃
          賽銭箱が見えるようになりました。
          まるで撮影者の気持ちが分かっているような。

          もっと本降りになってくれた方が
          雨の雰囲気が出る筈なんです。
          でも、中途半端に多く降ると雨滴が写り込むので
          このぐらいの雨量がイイのかもしれません。



【 画像3 】  絞りF1.4、 手持ち

          このシダも雨で濡れ光ってから雰囲気が出てきました。



【 画像4 】  絞りF1.4、 手持ち




          この日の撮影では
          紅葉しているときと比べて格段に難しいことが分かりました。
          UPした画像以外に構図を見つけることが出来ず
          もっと精進しろとKOされた感じです。
        
Posted at 2015/07/21 00:28:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラとか風景写真とか | 日記
2015年07月15日 イイね!

7月12日(日)も古河総合公園で



          開花2日目の大賀ハスの見方を覚えるべく
          7月12日(日)も古河総合公園に行ってきました。

          【 共通データ 】
            C-PLフィルターだけ



          今回は構図的な順で掲載しています。
          

- - - - - * - - - - - * - - - - - * - - - - - * - - - - -

          前日の経験から
          開花2日目の見分け方が分かってきました。

          なので、この日は蕾が大きく、
          花びらが綺麗そうな開花2日目に目星をつけ
          大きく開くまで待機してみることにしました。

          しかし、単純な生態ではないらしく

          或る程度開いた状態になったあと、
          少し閉じる動作というか、開くのが停滞するというか
          時間経過に綺麗に従わず、
          大きく開くまで待つことはできませんでした。

          なので、

          ぐるぐる
          ぐるぐる、
          ぐるぐる
          あ~ ぐるぐる

          と、いつもどおりの探し方になってしまいました。



【 画像1 】  6D、CarlZeiss Distagon T* 1,4/35ZE、手持ち




【 画像2 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、三脚




【 画像3 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、三脚

          柱頭の突起が綺麗なことから開花2日目と思われますが
          奔放に大きく開ききっています。
          でも、躍動感ある姿もイイものです。



【 画像4 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、三脚

         これは背の低い小さな花。         
         小ぶりな花はカワイイ感じに見えるものが多いようです。



【 画像5 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、三脚

これはデジタルシフトで微妙に右回転して修正しています。

この構図では柱頭が画面外に傾くとイマイチに感じます。
それを分かっているのですが、
カメラのモニター画面ではつい見逃してしまいます。



【 画像6 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、三脚




【 画像7 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、三脚




【 画像8 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、三脚、  撮影時刻 9:56
 
晴れていると9時を過ぎると十分に暑いです。

なのでベンチのある藤棚の木陰で涼んでは撮影し
撮影しては涼むカメラマンもいらっしゃいます。

その藤棚の下から蓮池を望むと一味違った感じに見えました。



そろそろ関東は暑く耐えられなくなってきたので
今週末から初秋まで北信での活動にシフトします。
Posted at 2015/07/16 00:33:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ヒラマサ五輪公式HPの世界地図から日本が消されてる。ここでクイズです。これを報道するマスコミは産経新聞の他に何が有るでせうか?」
何シテル?   09/27 19:34
MT車萌え~。人ごみが大嫌い。片側一車線が大好き。ネイチャーフォト志向。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

和歌山秘宝館 
カテゴリ:車いぢりSHOP
2014/01/06 01:16:40
 
撮るしん 
カテゴリ:撮影
2014/01/06 01:10:59
 
MYフォト蔵 
カテゴリ:撮影
2014/01/06 01:08:23
 

お友達

DIYしないオジサンで宜しければ・・・
47 人のお友達がいます
金曜日のタマネギ金曜日のタマネギ Mt.鳥海Mt.鳥海
ニャンギ。。。ニャンギ。。。 waderwader
甚(じん)@彩の国甚(じん)@彩の国 モリヤスモリヤス

ファン

98 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
29万キロ以上乗ったフォレスターSTI(SG9C)からの乗り換えです。
スバル フォレスター スバル フォレスター
2004年3月  SG9Cを購入 2011年1月  201000キロでリビルトエンジンに ...
その他 その他 その他 その他
ブログ用画像倉庫
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.