• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Red13のブログ一覧

2017年10月14日 イイね!

10月35日




その報せは唐突だった。





平日の朝。
出勤ラッシュが落ち着いた頃、一息ついて携帯を見ると
未登録の番号からのショートメールが。





 「以前スバルにいらしたRedさんの携帯でしょうか。ドミンゴのKです。」





この一文で、その一瞬で、全てを察した。
あぁ…辛い決断をされたのですね…




















ワタクシはかつてスバルでセールスをしておりました。
新卒で入って1年だけでしたが。
早いものでもう10年ほど経ちます。

その時のお客さんで、今も印象に残っている方は何人かおられますが、
このKさんは特によく覚えております。










「スバル・ドミンゴ」

軽ワンボックスのサンバーをベースに、コンパクトなボディで3列7人乗りパッケージを実現した、
…正直に言うと、ちょっと無理矢理感の有るクルマ(爆)。
初代ドミンゴは1.0L、(Kさんの)2代目は1.2Lの、今で言うコンパクトクラスです。
クラスと定員だけ見ればホンダのフリードみたいなもんですが、…まぁ全然違いますねw
最近のスバリストはこんなクルマ知らないでしょう(笑)。







Kさんはこのドミンゴに惚れ込んで、ずっと大事に乗っておられました。
…と言っても、通勤では使わないし、遠出もそんなにせず、近場の普段使いがメインなので距離は少なめ。
ワタクシが担当させて頂いていた当時でも「壊れないからねぇ~、調子いいからねぇ~、(新車に乗り換えなくて)ゴメンね~♪」と嬉しそうにおっしゃっていたのをよく覚えています。
(でもKさんは、就職する息子さんの通勤車を増車という形で買って下さいました)










新車セールスは新車を売るのが仕事です。
新卒の新人とはいえワタクシにも毎月の目標台数があり、
当然、年式の古いクルマのユーザーほどターゲットリストの上位に来ます。
Kさんのドミンゴは今年で車齢23年、当時でも既に13年以上。
普通であれば明らかに代替え対象です。

でもワタクシは、店長に出すリストにKさんは載せませんでした。

距離が少なくて不調も無いというのもありましたが、
なによりKさんの「絶対乗り続ける!」という気持ちがヒシヒシと感じられ、
「この人に今新車の話を出すのは失礼だ」と思ったからです。





新車セールスでありながら、ワタクシはどうも “物を売り込む” という営業の仕事に苦手意識を感じていました。
人の心に土足で踏み込んで行っている感じで、強く押すことができない。

クルマを買いに来る人の中にはセールスとの駆け引きを楽しみにしている人も少なからず居ます。
ワタクシはそういうタイプの人は苦手でした。
しかし、それ以上に「そろそろ乗り換えも考えてるけど、このクルマも気に入ってるんだよね…」という、今のクルマに愛着がある人に対して “新車を勧める” という事がなんとも複雑な気持ちになって、押すところで押せずに売り逃した事もあったと思います。

自分が介入する事でその人の "愛車との思い出" を過去に葬る事。
自分が介入しなければ、その人はもっとずっと愛車と居られたかもしれない、という思い。
"人の想い出を奪う" その重さに耐えられなかった。
Kさんのドミンゴのメンテ入庫予約をせっせと手配したのも、
ワタクシの心理は、新車の商談をするのが苦手で怖かったからでした。

店長から「そういう時お客さんはお前に背中を押して欲しい気持ちもあるんやぞ」と言われ、確かにそれも理解はできたけども、自分の側にそんな余裕が無い。
当時はまだまだ自分のスタイルというものもわからず自信もなく、何もかも模索中で嫌な事ばかりに目が行っていた、新人に良くあるアレでした。
結局、不慣れな土地という要素も加わって、
「仕事が出来ないダメな自分」から逃げてきたようなものでした。




















Kさんからのメールの続きは、やはり予想通りの内容で。



 「Redさんに連絡するのも迷いましたが…
 いよいよドミンゴを手放す事になりました。。゚(゚´Д`゚)゚。

 去年の暮れにレッカーのお世話になり、その後もオイル漏れが続いて泣く泣くです…」




…いつかは来る事ではあるけども。
気に入って大事にしていた姿を覚えているぶん、
ワタクシも寂しさを覚えます。
いや、それはたぶん、悔しさ



ワタクシも、“1台のクルマに長く深く愛情を注ぐ” 側の端くれとして。
「どうしようもならなくなるまでできる限り乗り続ける。生かし続ける。
コイツが死ぬ時まで面倒見る」と、自分のクルマに対して思っていますが、
Kさんも同じように思っていたハズです。
でも、今回、Kさんは新車代替えの下取りとしてドミンゴを出しています。
まだ9万km以下という走行距離からも、おそらく海外に売却されて生き続けると思われます。



まだ生きられるクルマを手放す悔しさ。
護ってあげられなかった悔しさ。
最期を見届けられない悔しさ。
それはどこか、見捨ててしまうような負い目。
そして、知らないどこかで知らない誰かがそのクルマに乗っているという悔しさ。




ワタクシも去年、そんなことを真剣に考えたのでよくわかります。

嫌な話ですが、クルマに対する愛情とは結局のところ、お金。
そのクルマにどれだけお金を掛けられるか。
そのクルマが苦しんでいるときにどこまでお金を出して治せるか。

クルマは、想いだけでは治せない。
だから、悔しい。


 「理想を言えば、損得勘定抜きにしてエンジン載せ替えて乗り続けたいです。
 でもね…やっぱりね…」



Kさんのその言葉に、締め付けられる。










野暮な事とは思いながら、次のクルマを訊いてみました。

今の流行りの、軽のスライドドア車。他銘です。


 「今回スバルにしなかったのは、今の担当さんはRedさんみたいな人じゃないからです」


…複雑な気持ち。嬉しさと半々。
悔しいような、申し訳ないような、居たたまれない気持ちになります。
でも、認めて貰えたという嬉しさがある。
自分みたいなセールスでも良かったんだと。
自分みたいなセールスだから良かったのかもしれないと。

辞めて帰ってきてすぐの時から、
「そういうタイプのセールスも必要なんだ」と自分に言い聞かせていましたが、
自分で思っているだけでは結局それは自分を慰める方便にしかならない。
理屈では納得しても、自分自身の "負けて逃げてきた" 認識は変わらない。
今までずっと、スバルでの1年の職歴をどこか自嘲的に捉えていました。

しかし、このKさんの言葉で、スーッと楽になった。
ああ、良かったんだと。















スケジュールは厳しいだろうけど「最後に一目会いに行こうかな」と思い、
いつまで手許にあるのか訊いてみたところ


 「今日これから持って行くんです。号泣しそう。゚(゚´Д`゚)゚。」


…なんてこった…





最後のその日に、ワタクシに連絡してきてくれたというその事。
その一番辛い時に、昔たった1年だけ関った若造に知らせてきてくれたというその事。





 スバルでセールスしていて、良かった。





と。初めて、心底思った。
Kさん、ありがとうございます。

…今なら良いセールスになれるのかもね。




















Kさんのドミンゴ。
一つ、素敵なエピソードがあります。





希望ナンバーなんか無い時代に。











 10  3  5
   とお みん ご











 「運命のクルマだったんです。」





その言葉は寂しそうでもあり、誇らしそうでもある。




















 【2017年 10月35日】 を忘れない。









Posted at 2017/10/14 21:00:24 | コメント(6) | トラックバック(0) | 思う事 | 日記
2017年10月10日 イイね!

小さい秋みーつけた?

小さい秋みーつけた?寒くなったり、また暑くなったりとアレな日々ですが
皆さまお元気でしょうか。





ワタクシはというと最近ちょーっとバテ気味な予感ですが…
3連休の真ん中にアレヤコレヤとメンテナンスをしておりました。





まずは午前中にコイルとプラグの交換















その後の予定まで1時間ほどヒマがあったので、
かつて走り回っていた風景の中へ。
あまり時間に余裕が無かったのでザッと駆け足で回りましたが…












まずは、知る人ぞ知る秘境?
「京都市右京区」でありながら、実質的には南丹市の生活圏。





樒原(しきみがはら)でございます。

















…ここはバスの転回場なので一般車は入ったらいけませんよ!( ;゚皿゚)ノシ(笑)







1日に3本しか来ないけど…www





ここから京都市内へ向かう道は酷道険道マニアさんにはオススメのルートですが、そんなとこ行ってたら帰ってこれないのでw
引き返して季節のお花を探します。(・ω・)














コスモスどーん!( ̄▽ ̄)







美味しい蕎麦屋の前。
連休ということで、案の定駐車場が溢れかえってました。







が、ワタクシは今日は蕎麦目当てじゃないのでw
撮るだけ撮ってすぐ移動。










ワラけるくらい水位が変わる農業溜め池。
ダムではないのにこれだけの水量は凄いと思う。
(水がある時の)冬の早朝は朝靄が綺麗ですよ。(*´∀`)







蕎麦屋に停まっていたアルファ・スパイダーが通過。









神吉(かみよし)の集落内でチマチマ撮る。











この花(?)なに?







あ、ちなみに、この道↑は「酷道477」の一部です。
ここから北へ進むと、ラリーごっこにうってつけのなかなかの酷道ゾーン。(°∀°)







The 田舎の風景♪


















…といった辺りでタイムアップ。















Dr.hのラボへ向かって、ブレーキ周りとタイヤの交換。









毎度おなじみ、バカの一つ覚えの71R。
ただし今回は、去年の筑波アタックの反省を踏まえてサイズ変更。
外径を落としてダッシュを稼ぐ作戦。
行って帰る長距離移動の燃費が悪化する作戦w



外したアドレナリンはこんな↓感じ。







リアの2本はもうちょっと使えるね←←










で、
今回、ローターを奮発しましたよ。
泣く子も黙る "Eスリット" じゃぁぁぁ!(°∀°)







いつものディクセルじゃぁ一回ガチ走りしたらすぐダメになるもんね。( ゚д゚)







うふふふ、やっぱカッコええのぉ♪(*´∀`)





んで。













その日の夜には皮剥き完了していた謎www















夜のお山はちょっとご無沙汰でしたが、
やっぱね…
なんだかんだ言ってね…
血が騒ぐのよね(爆)。

サーキットはサーキット。
お山はお山。



















































余談ですが。










Dr.hの所で作業中。
偶然、なにやらこんな黒い大きい人たちの来訪が重なり、







なんかワタクシ、チョー場違い感www







黒い壁に阻まれて身動きとれんしwww ⊂⌒~⊃。Д。)⊃





で、この黒いベルファード的なのが履いてる、
このでーあーでー的なホイール。
ワタクシには100年経っても履きこなせそうにない代物ですが…













20インチのゴッツい逸品でして。(何Jか知らんけど)
興味本位でちょっと持ってみようかと思ったら…







重すぎて持ち上がらなかった件wwwww



Posted at 2017/10/10 22:00:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ・ツーリング | 日記
2017年10月07日 イイね!

第二次筑波アタック 行動プラン変更のお知らせ




10/29(日) のワタクシの第二次筑波アタック
当初、夜までウダウダして辰巳辺りで夜遊びしようと思っていたのですが、


とある大人の事情により当日中に帰阪することになりました。( ̄▽ ̄;)






ワタクシの走行は 8:00〜10:00 で
恐らく正午頃には筑波を離れて大阪目指してまっしぐらになります。





お会いしようと企ててくださっていた方々には大変申し訳ございません。(; -´ω`-)

今回のアタックで "納得のいく走り" が出来たら、筑波を走りに行くことはもう無いと思いますが、
関東峠巡りもしてみたいし、関東遠征自体はまた行きたいと思っていますので、
またの機会にお会いしたいです。よろしくお願いいたします。┏◯

Posted at 2017/10/07 10:30:15 | コメント(4) | トラックバック(0) | Operation RED FENRIR 2016 | 日記
2017年09月30日 イイね!

9月の読書

9月の読書筑波行きに向けての整備部品があらかた到着し、後はメンテの日取りだけという状態。
来月末、10/29ですよっ!( ゚д゚)クワッ



んで、
今月はちょっとサボり気味の2冊のみ。
時間的には4冊くらい読めるくらいの余裕はあったんですが、
少しペースダウンしてのんびりボケーっとしようかな的なテンション。
消費ペースが早くて仕入れが面倒になってきた面もあったりなかったりw















 バリントン・J・ベイリー 『ゴッド・ガン』 (2016)

『The GOD-GUN』


2016年となっていますが、よくあるパターンの「日本オリジナル編纂の短編集」というアレ。
著者ベイリーの全盛期は70年代です。
「形而上学的」な切り口で "時空" をテーマにした作風を得意とする作家。
要は「世界の物理法則がこんなんだったらオモロいやん」な小話の詰め合わせです。
まさにサイエンスフィクション。
ただ、それは時に「子供の屁理屈」みたいなものに感じられることもあり、そこに如何に説得力を加味できるかという所がキモ。
そういう意味ではこの著者の作品群は少し物足りない感がある。
発想は凄く面白いのに、もうちょっと掘り下げて作り込んで欲しいなという作品が多い。

とあるアクシデントから浮上できなくなって、地球の奥深くに潜行して裏側の地表を目指そうとする "潜艦" の閉塞感に満ちた旅を描いた『地底潜艦<インタースティス>』の結末や、
"空間に溺れる" という、物理法則の全く違う世界から太陽系に迷い込んだ異星生命体の船との遭遇を描いた『空間の海に帆をかける船』、
エルフの王族の船が迷いこんだ五里霧中の不気味な海域から、捕虜として乗っていた人類の男一人だけが脱出する『災厄の船』、
不死の異星人と、その秘密を暴こうとする男の永きに渡る、どこか皮肉めいた追跡劇『邪悪の種子』など、
面白いなと思うテーマは多いのだが、なにかもう一息が欲しいなというのも正直なところ。

『ブレインレース』の強烈な読後感はある意味では必読。















 L・S・ヒルトン 『真紅のマエストラ』 (2016)

『Maestra』


「悪女小説」、というジャンルが有るのか知りませんが、
サスペンスとエロスが入り混じった、読み応えのある一冊。

美術品のオークション会社に勤める主人公ジュディスは、憧れの業界に入ったものの、
美術品を只の金儲けの道具としか見ていない上司から雑用ばかり押し付けられる日々にウンザリしていた。
安月給を埋めるためにホステスのバイトをしていた店で、客に旅行に誘われた事から彼女の運命が変わり始める。


意図しない大きな流れに押し流されながらも、その中で出会う男を次々と(時には敵対的に時には友好的に、時には偶然に時には故意に)利用し、局面を切り抜け自らの立ち位置を高めていくジュディス。
“男社会に屈しない、したたかな強い女” のイメージは、シングルマザーである著者自身の投影であろうか。

また女性目線でのエロティック描写も濃い(笑)。
「セックスは趣味でありストレス発散」というジュディスの過激な性癖描写は、果たしてどこまでがフィクションなのか…(シランガナw)

美術品(絵画)に関するウンチクも面白く、日本人には馴染みの無いマイナーな題材かもしれませんが実際に検索すると件の絵を見れます。
またキーとなるその絵画もこれまた “女が男を征する” もので、著者の並々ならぬ信念が感じられる。
…のか、単にジュディスの役作りの為に選んだものなのかもしれないけども。
後者だとしたら、それもまた “したたか” である(笑)。




Posted at 2017/09/30 19:00:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 活字部 | 日記
2017年09月19日 イイね!

【告知】 第二次 筑波アタック 【決定】

【告知】 第二次 筑波アタック 【決定】
あれから一年半の時を経て…















Red13 with 赤ターボ
第二次 筑波アタック


October 29, 2017
am8:00~10:00






















謎の僚機も参戦予定w











当日夜はたぶんこの辺りに出没すると思われます。











あと40日。
今度こそ6秒台へ
GHの地平線を見せてやんぜ!( ゚д゚)クワッ(謎w)








Posted at 2017/09/19 22:00:18 | コメント(5) | トラックバック(0) | Operation RED FENRIR 2016 | 日記

プロフィール

「来週に向けて、人間の軽量化ww 低重心化完了♪(°∀°)」
何シテル?   10/22 09:53
主な活動エリアは京阪神・北近畿です。 派手な赤い車なんで、どこ行ってもすぐバレますw 死ぬまでMT宣言。 _/_/自分で運転した事ある...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

クルマは走ってナンボ!踏んでなんぼ!
盆栽いくない!
クルマは機能美!



価値観の著しく違う方、みんカラに求める方向性が違う方、
いきなりの申請、ブログ更新の無い方等はお断りします。
96 人のお友達がいます
カールツァイスカールツァイス * es355es355 *
かがっちかがっち * magnabluemagnablue *
カシゴンGRカシゴンGR * たいはくおうむたいはくおうむ *

ファン

91 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ 赤ターボ (スバル インプレッサ)
2012(H24年)の春に中古で買ったターボ。「STI」ではありません。 ハナからGR ...
スバル レガシィB4 楓号 (スバル レガシィB4)
楓さんの愛機。 ワタクシが乗る時は「俺様弐号機」w 岡国用にセッティングされた質実 ...
スバル インプレッサ 青NA (スバル インプレッサ)
新車から5年10万kmを共にした相棒。 そこそこイヂリ回し、手足のごとく動いてくれる良い ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) ごろーくん (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
ハタチの時の記念すべき1stマイカー。もう十ウン年前ですねーw 当時の写真が何も無いんで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.