車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月29日 イイね!
4月の読書
4月はちょっと色々ありまして、
本読んでたのは月の前半だけだったような…

大作ブログを企画するとだいぶそっちに時間を費やしてるのもありますが、
…ちと諸用で箱根の麓まで2往復してたりしたもので。
さすがに400kmは遠い&疲れる。(; -´ω`-)ウムウム















 クリスチアナ・ブランド 『領主館の花嫁たち』 (1982)

原題『THE BRIDES OF ABERDAR』


400年の古い歴史を持つヒルボーン家、アバダール屋敷。
しかし、250年前からこの屋敷には呪いが掛けられたかのように、
一族の娘や、嫁いできた花嫁に次々と怪異が降りかかり、程なく命を落とすという悲劇が続いていた。


ヒルボーン家の幼い姉妹と、その家庭教師として屋敷にやってきたテティが、屋敷の呪いに翻弄されていく様を描く。

…去年の5月に読んだ『クリムゾンピーク』に似ているシナリオ。
ただ、あっちは "怪異" の原因は生身の人間でしたが、この物語では幽霊です。
あっちは結構現実的な作り込みの物語でしたが、こっちはやや耽美的なゴシックファンタジー。
本作の魅力は、19世紀イギリス貴族の生活様式を追体験できるところではなかろうか。
プラス、幼い姉妹が育っていく途中で抱く思春期特有の様々な葛藤をリアルに描いている。
“呪い” の狂気に蝕まれていくテティの変貌ぶりや、性格が正反対の姉妹の軋轢など、
「女の怖さ」「人の心の醜さ」等も描き出す作風は、ベテラン女性作家ならでは?

少しダークな雰囲気を纏いながらも、貴族のエレガントな生活様式を楽しめる作品。















 ディック・フランシス 『大穴』 (1965)

原題『ODDS AGAINST』


以前読んだ『興奮』でもそうだったし、今回の『大穴』でもそうなんですが、
もしかしてフランシスの作品は “本当はひとかどの人物である主人公が、敢えて惨めな無能を演じて敵を油断させて事を運ぶ” という展開が基本ルートなのだろうか?( ̄▽ ̄;)

「競馬シリーズ」と言いながら、どっぷり競馬の話では無いのがフランシスシリーズ。
『大穴』というタイトルから連想すると八百長の話なのかな?と思いますが、
競馬場の土地をめぐるマネーゲームという意外なテーマ。
まぁ、その中に競馬通がニヤリとする細かい小ネタが散りばめられているワケで、
本作でも、実際にあったレース妨害行為の描写が出てきます。
(フランシス作品で、シャーガー誘拐事件をモチーフにした作品は無いのかな?読んでみたい)

推理あり、アクションあり、最後は意外な金融ネタ。
ただの競馬ネタと思っての食わず嫌いでは損する、読み応えのある一冊。















 門田 隆将 『死の淵を見た男』 (2012)


さて。
ワタクシの読書感想文経歴の中で、明らかに毛色の違う一冊です。
小説でもなければ海外モノですらない。

空き時間にチョコチョコ読書しているワタクシを見て、会社のおっちゃんが「これ読むか?」と貸してくれたモノ。
ワタクシなりにこの読書感想文のラインナップには海外小説しか入れたくないという偏屈な拘りもあったんですが、日本人としてこの一冊は読んでおかにゃいかんのちゃうか?と思い、ここでも扱う事にしました。

福島第一原発。
ついこないだも某なんちゃら大臣が「復興はマラソンで言うと30km地点」とか言ってアレしたソレのヤツ。

あの時、現場で何が起こっていたのか。
テレビが報じるのは "外野" の喧騒だけ。
現場の "プロ" 達のプライド、覚悟を、淡々と語る証言集。
やはり、外野の証言と現場の証言はその温度差が激しく、
また、自身の意図しない形で非難を浴びた者もあり。

"有事" に、あたふた右往左往する責任者と、
為すべきことを成す為に、なりふり構わず全力を尽くす責任者。
そらぁ…ついていきたいのはどっちやねん、って。




Posted at 2017/04/29 13:13:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 活字部 | 日記
2017年04月22日 イイね!
『Operation HEAT OF EMOTION』 〜愛惜の岡国〜 2017.4/20
私だ。





“プロの素人” RedXIII だ。





約10ヶ月振りの任務報告になるが、私がその間何もしていなかったとは思って欲しくない。
(どういう事かわからない者は、ブログカテゴリを確認したまえ)
“プロの素人” として、日々隠密諜報活動に従事していたのは言うまでもなく、隠密諜報活動であるから公表できないのだ。
よって、私の近況について今ここでこれ以上語れる事は無い。
早速本題に入るとしよう。










今回の任務はかなり特殊な依頼だ。

…いや、やっている事自体は「代行運転」なのだが、
何処でそれを実行したかが問題なのだ。

この依頼は、ある意味 “タブー” ともされる内容を含んでいるが、
“プロの素人” である私は、あくまでプロとしてクライアントの希望に応えた。





 希望
 夢
 叶わぬ想い






クライアントのそういった “emotion” を、
僅かな一時、私が預かり、代わりにステアを握らせて頂いた。















その地は、










岡山国際サーキット





通称、OKA-KOKU















“他人の愛機でサーキットを走る” という行為に違和感を覚える者もおろう。
「責任の所在が…」やら「道義に反する…」やら、そういう声があることは理解している。


しかし、一方で(これは私の屁理屈かもしれぬが)、


プロのチューンドカーの世界では、チューナー(或いはビルダー)はあくまで車両制作のみで、
アタックはプロのドライバーに頼むケースも少なくない。


また、例えば競馬の世界では。
オーナー(馬主)と、チューナー(調教師)と、メカニック(厩務員)と、ドライバー(ジョッキー)は全て違う。
それぞれが役割り分担し、その領域に於いてのprofessionalとして最善を尽くす。


我々、素人のクルマ遊戯(私はプロとは言え、所詮は素人なのだ。Soco'n'Toco YOLOshic!!)に於いても、そういった事は有りではないのか?と。










つまるところ。










今回のクライアントは、
長年、自身でサーキット走行を楽しんできたものの、
最近ある種の “壁” に直面し、自らの在り方を思い悩み、
今後の可能性を模索する手段の一つとして、私に “テストドライバー” を依頼したのだ。



「愛機の実力を知りたい」と。




…勿論、背景にあるのはそれだけではない。
それだけの理由では、私も「プロの素人として、仕事の道義に反する」と思ったであろう。
しかし、クライアントの抱える様々な胸の内に耳を傾け、
何より「“プロの素人 RedXIII” にだから託したい」という言葉が私の心を打ったのである。
プロの素人、冥利につきる。





いわば、今回の任務は “emotion” に関わるモノであり、
「明確な達成目標・成功基準が無い」という点が過去の任務と大きく異なる。

「想いを乗せて走る」というのは些か気取りすぎかもしれないが、
つまりは、そういう事なのだ。















 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜















当日朝、クライアントと某所にて落ち合う。

















実は、ここで合流するまでに早くも一波乱あったのだが、
作戦遂行に支障の出る程の事態にはならなかったので割愛する。











同じ昴型ということでカムフラージュになると思ったのか、さりげなく並んできたSVX。
騙された振りをしておいてやったが…私の目を欺く事はできんぞ、どこのスパイだ?
真横に並んでくるというその大胆不敵さは褒めてやるが、
トイレに行く演技などは、私を監視するつもりならば逆に命取りだと知れ。
貴様が戻ってきた頃にはもう私の影も踏めぬだろう。ぬぁーっはっはっは。















道中の報告は割愛する。
現場の話をしよう。





















































OKA-KOKUには過去何度か潜入作戦を行っているが、
正面ゲートから突入したのは今回が初めてだ。
我が愛機をOKA-KOKUのパドックに、=衆人環視の下に晒すというのは
機密保持の観点からは懸念が多いが、任務の為には仕方あるまい…
今回、我が愛機は、あくまで此処へ来るまでの移動手段に過ぎず、
此処に着いてしまえばもはや "脇役" である。





今日、この場に於いて、私の愛機はコイツなのだ。

















クライアントがわざわざこの日の為に用意したというタイヤ。
申し分無しである。
事前に下調べし、空気圧は迷いなく冷間1.8。
(ZII☆は空気圧高めがセオリーだったが、このZIIIは他銘柄と同等の特性となった)



































































いよいよ1本目の走行である。
まずは様子見。この機体の性格やご機嫌を伺うのも勿論、
周りの車両達の動向も充分に観察して、 "譲るべき相手" と "パイロン" を覚えておく事も重要である。

















結果から言えば、1本目は終始 "安全BNY" でクルマに無理をさせずに
走行枠30分丸々を慣熟に使ったようなものであった。
丁寧に、忠実に、探りながら。
"本番" の2本目へ向けての長い助走のようなもの。
ドライバー自身の "emotion" を暖めていく。





















とはいえ、今日の私はただ走るだけが仕事では無い。
"クライアントの愛機を私が駆ることで、何かを感じてもらう" のが今日の任務の目的である。
直線だけ見ていたって、得られるモノはさほど無いだろう。
やはり躍動感溢れるシーンを見て欲しい。

1本目の間、ピットウォールからストレートを見ていただけのクライアントに
より "emotion" に訴えかける光景を焼き付けてもらうべく、
2本目のギャラリーポイントをいくつか提案する。


























これは…盟友 Mr.Orange が出入りするアジトの所属機体ではないか。



















幸い、2ヶ所ほど納得のいく観測ポイントが見つかったようだ。




















いよいよ2本目のスタートが迫る。

















その瞳は何を見るのか。










いざ。

RedXIII with “Spirit of MAPLE” Attack on OKA-KOKU










充分なインターバルがあった為に、空気圧はすっかり1.8に戻っている。
先ずはタイヤを温めるべく、7割程度のペースで3周ほど周回する。
先頭から数台目のポジションでコースインしたが、この間に何台かに先を譲り、クリアを取りやすそうなポジションを探る。











自分の気持ちのスロットルを踏み込み、徐々にペースを上げていく。
1本目よりも大胆にaggressiveに遠慮無く、しかしあくまで丁寧に、マシンの声は聞き漏らさぬよう。
タイヤのたわみを、リアが路面を蹴るのを、車体の沈み込みを、全身で感じ、確め、踏み込む。











クライアントは、この依頼を持ち掛けてきた時から終始、
「ATで申し訳ない」
「バケットシートも入っていないし」
「思い通りにならない機体で走らされて、 “プロの素人 RedXIII” のプライドを傷付ける事にならないか」
と、しきりに気にしていたが…

私はプロだ。
与えられた条件下で最善を尽くすのが任務であり、流儀であり
それこそが私のプライドである。
馴れない機体を操れないというならば、それは所詮私がその程度という事だ。











それにこの機体。
決して遅くはない。
チョイスされているパーツの多くも、クライアントが拘りを持って吟味したものであり、
私個人の価値観としても信頼の置ける物である。

私とて “見込み” の無い依頼など請けない。

その中でもP-981 純正モノブロックを収めるブレーキシステムは特筆すべきパフォーマンスを見せる。
これのお陰で、“ブレーキングで詰める” 楽しさを存分に堪能させて頂いた。
「ATだからこそちゃんとしたブレーキを」というクライアントのチューニング方針に拍手を送りたい。











「私ではこの子を活かしてあげられない」と語ったクライアント。
愛機の “駆け抜ける様” を見たいというその “emotion”
それに応えるべく、それを叶えるべく、私自身の “emotion” をそこに重ねていく。
I have control.











スタンドから見つめる瞳に、
私の走りはどう映っただろう。


























完璧、とまではいかずとも
それなりに “納得のいく1周” も組み立てられたので、
この数字が今回の私の仕事と思ってもらって構わない。
(更に言えば、これは私の “OKA-KOKU 初走行” の数字でもある)

まぁ…本音を言えば、この日の条件でもあと2秒は行けたと思うが、
他人のクルマでそこまでプッシュするほどプロに徹する事も出来ない私は、やはり所詮素人なのだろう。
自分のクルマで走るときよりもかなり多めのマージンを取っているのは走りながらも自覚した。
今回の目的は数字ではないのだ。
私の走りを見て、クライアントが何を感じ、何を思ったのかに意味がある。






























後にクライアントは語る。










「自分のクルマなのに “Redの動き” をしているのが遠くから見てもわかって、
あのクルマもこんなに速く走れるんだと感動したし、凄く納得できた。
これでいいんだと納得できた。
気持ちが満たされて満足した。…ありがとう」































誰かの気持ちを乗せて走ること。
何かを託されて走ること。

そんなことをしたのは勿論初めてであった。

期待と責任を感じると同時に、
やはり信頼あってこそだと強く感じた。

ただ速く走ろうと遮二無二突っ走るよりも
難しく、奥深く。
故に走り終えた時の心地よい疲労感、穏やかな達成感、僅かな喪失感は、今までに無いものであった。

自分は主役でもなく、脇役でもなく、不思議な感覚。
全てが別々で、全てが一つ。
何か一つが欠けたら成り立たない。

人生の縮図を見たような気がした。

今回の依頼を終えて、
クライアントは満足を覚え、納得してくれたが、
…私自身も、得たもの、学んだ事が多くあったように思う。
感謝、である。





















私は“プロの素人” RedXIII
私は走り続ける。
いつまでも、どこまでも。
私が私で居るために。





また次の舞台が私を待っている。



Posted at 2017/04/22 19:00:22 | コメント(5) | トラックバック(0) | Mr.Xからの依頼 | 日記
2017年04月17日 イイね!
20th『関西舞子』 2017.4/16一気に春めいてきた今日この頃、
皆さま、汗かいてますかっっ!!


寒暖差が激しいことコノウエナイ上に
多種多様の "粉モン" が飛び交うこの時期、
喉の弱いワタクシはだいたいいつも体調悪くなるんですが、
今年はなんとか今の所は大事に至らず生きております。









































朝も早よから下道でえっちらおっちら行きまして、
9:40頃フライング入場。


午後から別の予定もあったので
顔だけ出してさっさと帰るつもりだったんですが…






















得物を振り回して力を誇示するこんな怖いオジサンに
「ああぁん?!
まさか自分さっさと帰るつもりちゃうやろな?!(°Д°#)」

と脅され、一筆書かされてカツアゲされる始末。
(モータースポーツ同好会絡みでの「賛助会」の申し込みですので、念の為w)






















アッーー!?( ゚д゚)
ウチの子撮ったらそのカメラ壊れますよっ!!
(サンダーバードかよw)

撮って頂いてアザマシタ。┏◯
お名前聞きそびれた…
てかワタクシの事は「Redサン」と知っておられたようだったが…
コワイコワイ((((;゜Д゜)))ww
















ま、ソンナコンナで、
あとはもういつも通り、写真貼りたくっていきますよっ。(`・ω・´)




























ちょっとしつこいくらいに
「俺、最強」アピールw
















ナンバー処理しなくていいナンバー、素敵♪
















超レア車のはずなのに、関西舞子ではもはや見慣れた常連車両。(;´∀`)
(「ヴォグゾール」は、オペル車のイギリスでの販売ブランド名)


















































洗車待ちの列で前後になった Ochamenainkoさん。
お話するのはお久しぶりでした。

















他力本願洗車で楽々綺麗w



























お、旧車王国さん、今日はマーチでお越しですね♪
















その旧車王国さんがなにやら熱く語っておられた、このセヴン?











ワタクシよく知りませんでしたが、
なんかヒジョーに珍しい仕様だとのこと。











プラグが斜めに刺さってるのが萌えポイント?(*´∀`)

































おっ!ゴルフ2♪(°∀°)
















おっ!イプシロン! …だったっけ?(;´∀`)






















色遊び(*´Д`)ハァハァ
















インディさん見てますか〜?(笑)
















さりげなくレア車?
オーリスのRS。1.2Lターボの6MT。












































なんか飛んでる…( ゚д゚)

















忘れた頃にもう一回w




















で。















実はワタクシ、
この日はちょっとネタな格好を仕込んで行っておりまして。





































どうみても不審者です。

フードの被り方がアサシンクリード厨ですw ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ










一見 "怪人猫男" に見えますが、
実は "ピューマ" です。
そして、
ピューマだけどアディダスです。シランガナwwwww

























…しかし





ワタクシがこの程度で "不審者" なんて言ってたら
このお方はどうなる?(; -´ω`-)ウムウム




















Posted at 2017/04/17 22:00:02 | コメント(7) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2017年04月11日 イイね!

先週某日、昼からフラッと奈良市街へ行き
「ならまち」と呼ばれる辺りをブラッとウロついておりました。










JR奈良駅前のコインパに入れて、そこから近鉄奈良方面へポテポテ歩く。



























このローソン素敵♪

















ちょっと奥へ入るとこんな街並み。
平日にも関わらず、やはり桜シーズンだからか
メインストリートは結構観光客で溢れているけど
それでも京都市内のカオスっぷりに比べると全然人少なくて快適。










↓今回のベストショット






















ずいぶん遠い北の国から。Σ(°Д°;)
奈良でその国旗見るとはwww
paivaa! kiitos! ( ̄▽ ̄)
















なんでかイタ飯屋が多いなと思った。
わりと近い範囲で5軒ほど。
でも、表のランチメニューの看板を片付けに出てきたおばちゃんが、純和風の割烹着姿でワロタ。
















菊一文字ってあの菊一文字? Σ(Д゚;/)/

古い町屋の並びの中にモダンな要素が入り交じり、
なかなか面白い地域だと思う。
似たような雰囲気でもどこか気取った所のある京都より、こっちの方が親しみ感じるかなぁ。















クルマで奈良公園内を1周してハイドラCP一気取りもしつつw















“ITM” へアプローチする鉄の鳥が頭上を掠め飛んでいくお山の上から
“地上の銀河” を眺めてまったりなど。

















そんな春の一日。




Posted at 2017/04/11 10:30:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年03月30日 イイね!
3月の読書
先月おサボリしたので2ヶ月振りの読書感想文。

…なのに2冊だけですよwww





と、その前に、
ワタクシが読むジャンルがなぜ『海外小説』なのか、とふと考えてみた。

基本、国内のモノにあまり興味が無いのは昔から(歴史の選択も世界史を選んだ)なんですが、
一言で言えば「視野を大きく持ちたい」というのはありますね。
小さな島国の中のコチョコチョした話より、もっとスケールの広い世界にいたいというか。
それに、簡単に情景がイメージできる(…というか最近だと画像検索すれば一発で出てきてしまいますが)日本国内の風景より、
全然違う世界が舞台の方が想像力が刺激されて楽しいというのもあります。
トラベル気分を味わう…とまではいきませんが、その地域の事を少し知ろうとするキッカケになったりもする。
それに、作品によっては「海外から見た日本」というのもわかるし、日本人には無い視点で語られたりしていて面白いのもあります。

そして、ワタクシ、なんでかノンフィクションにはあまり惹かれない。
でも、フィクション(特に小説)って、実は意外と
ノンフィクションの自叙伝とか以上に「著者のパーソナル」が現れていたりするんですよね。
よりデフォルメされているとも言える。
著者自身の経験というのがあって、それをベースに色々と肉付けして話を膨らませたものが小説だと思っています。
そんな所なんでしょうかね。




















 ロバート・A・ハインライン 『宇宙の戦士』 (1959)


"巨匠" の代表作。
宇宙時代の一軍人の成長を描いたSF。
「パワードスーツを着た歩兵が、惑星へカプセル降下突入して地上戦を行い、回収艇で母艦へ戻る」
という世界観が、後の "ガンダム" のルーツになったと言われる作品です。
が、宇宙モノにありがちな「それ大してSF要素無くね?( ̄▽ ̄;)」とも感じる作品(笑)。
(同じハインラインの『月は無慈悲な夜の女王』もそんなんでしたね)

物語の前半部は、新兵である主人公の地球での基礎訓練時代の話。
後半部では異種生命体との戦闘の描写もありますが、
正直「SF軍隊モノ」というより「一人の軍人の成長物語」であり、ぶっちゃけSF要素抜きでも成り立つお話。
作中で "機動歩兵の不文律" として出てくる信条も、それアメリカ海兵隊やん、と思ったけど。
……まぁ、そんな事を言ってしまうと、世の中の「SF作品」の殆どにダメ出しする事になってしまいますがww

とはいえ。
じゃあ話がつまらないのか? というと、否。
「若者の成長を描く」という安定の内容に、"非日常要素" として軍隊エッセンスが入り、
確かに、オトコノコにはワクワクの内容ですね。
女性ウケはしない話かもw















 ジャック・コグリン & ドナルド・デイヴィス 『運命の強敵』 (2009)

原題『DEAD SHOT』


1月に読んだ『不屈の弾道』の続編。
正直、初作よりワクワク感は落ちる。
主人公 カイル・スワンソンの "立場" が特殊になり、変に特別感を持たせた事で逆に一種のダルさが出ているような。
"超法規的スペシャルチーム" という設定は、最初こそ胸躍るモノだが、長い目で見ると確実に物語から緊張感を奪う。
その点、毎回ハラハラヒヤヒヤさせられるグレイマンの方がキャラは立っている(キャラが物語の中でイキイキと立ち回っている)ように思う。

シナリオもどうにも、人によっては嫌悪感を覚えるかもしれない描写が所々あり。
クライマックスシーンも、やや「え?それで終わり?」感があった。
ドラマ的な盛り上げが物足りないのは否めない。
この辺り、元職業軍人が描く "リアルさ" の良し悪しでしょうか。

でも別につまらないワケではないですし(笑)、
3作目も既にまとめ買いしてるので次も読みます。









Posted at 2017/03/30 22:11:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 活字部 | 日記
プロフィール
「《STI NBR 2017》 予選レースでマシントラブル、リタイアですって。( -´ω`-)」
何シテル?   04/30 10:41
主な活動エリアは京阪神・北近畿です。 派手な赤い車なんで、どこ行ってもすぐバレますw 死ぬまでMT宣言。 _/_/自分で運転した事ある...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
クルマは走ってナンボ!踏んでなんぼ!
盆栽いくない!
クルマは機能美!



価値観の著しく違う方、みんカラに求める方向性が違う方、
いきなりの申請、ブログ更新の無い方等はお断りします。
93 人のお友達がいます
ぱっぴー9973ぱっぴー9973 * Big Red MachineBig Red Machine *
individualindividual * ゆ-のゆ-の *
かっちゃんBP5かっちゃんBP5 * まとっちまとっち
ファン
90 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサ 赤ターボ (スバル インプレッサ)
2012(H24年)の春に中古で買ったターボ。「STI」ではありません。 ハナからGR ...
スバル インプレッサ 青NA (スバル インプレッサ)
新車から5年10万kmを共にした相棒。 そこそこイヂリ回し、手足のごとく動いてくれる良い ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) ごろーくん (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
ハタチの時の記念すべき1stマイカー。もう十ウン年前ですねーw 当時の写真が何も無いんで ...
日野 セレガ ロクハチ (日野 セレガ)
前職で、こんなんも乗ってました。 【セレガSHD】 エンジン型式:F21C 20, ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.