• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年11月28日

11月の読書

11月の読書
はい、岡国まだですよw
読書感想文にお付き合いくださいw
ワタクシも早く岡国ネタ書きたいんですけどね、
じっくり腰を据えて落ち着いて書きたいと思うので、
先に片付けるモン片付けておきたいというアレです。
でも、子供の頃は夏休みの宿題は完全後回しで放置してるタイプでしたがw















 ジョージ・オーウェル 『一九八四年』 (1949)


ジョージ・オーウェルは読んどかなあかんやろ、と。
ちなみに、ハルキ・ムラカミの『1Q84』とは関係ありませんw


<ビッグ・ブラザー> 率いる “党” が全てを支配する全体主義的近未来。
“共通の敵” を作り出し、それに対する憎悪で団結心忠誠心を煽る憎悪運動
言葉を単純化して語彙を減らし、反体制的な思考をしにくくさせる新言語ニュースピーク
公私を問わず人々の言動をあらゆる場所で監視するテレスクリーン。その実働部隊、思考警察
過去の記録を改竄する真理省、反体制的人物を拷問し修正する愛情省。架空の経済効果を報道し、実際は最低限の配給制度を管理する潤沢省。経済は回し続け、しかし個人に富は与えない、その最適解として架空の戦争を展開し続ける平和省
党が黒と言えば白も黒。紛れもない黒。しかし、それは後に覆り白とされる事もある。その時、それが黒だった事実は存在しなくなり、最初から白であり続けた。

真理省記録局に勤務し、歴史の改竄を仕事としている主人公ウィンストン・スミスは、以前より、完璧な服従を強いる体制に不満を抱いていた。
彼はある時、同じ党員ながら奔放な美女ジュリアと恋に落ちたことを契機に、伝説的な反体制派 <ゴールドスタイン> が組織したと噂される地下活動に惹かれるようになるが…



共産主義が究極に行き着くところはこうなのだろう、という世界。
本作が発表された1949年は、正に共産主義の全盛期。
作中の <ビッグ・ブラザー> の描写がスターリンに酷似しているのも偶然ではなかろう。

今21世紀に生きる我々がコレを読んでも、あくまでフィクションとして読める(とはいえ、今の日本にも幾らか通じる部分はあり、色々と考えさせられる)が、オーウェルはどんな気持ちでコレを書いたのだろうか。
差し迫った脅威、起こりうる未来。
しかしその時 “東側” ではこれは既に現実だった。
…そして、北の将軍様の所は今もコレをやっているワケで。

Red13指定 必読図書。















 シェイマス・スミス 『わが名はレッド』 (2002)

『Red Dock』


はい、出オチですw
古本屋で見つけて、あらすじすら確認せずにタイトルだけで買いましたww
ジャンル的にはミステリーなので普段から読んでる領域。
コレはイッとかなあかんでしょw


孤児院育ちで犯罪組織の幹部になった主人公が、
自分が孤児院に入る原因となった人々に壮大な意趣返しの復讐をするお話。



…と言うのも、この作品の発表の少し前90年代に、アイルランドの多くのカトリック系孤児院が伝統的に虐待を行っており児童の強制労働所のようなものだったという事が暴露され、当時の首相が謝罪声名を出した。
それに絡めての社会派ネタが根底にありつつ。
中盤から飛び道具的な展開になり、また主人公のドライな性格も相まって、ふつーの物語とはひと味違います。
「ふつーやったらそこはこうするでしょ!?」って所を色々と外してくるw
…が、それも全て、読み終えたときには合点が行く伏線。

完全にネタで買ったけども、意外性のあるストーリーで楽しめました。















 スティーヴン・ハンター 『魔弾』 (1980)

『THE MASTER SNIPER』


以前読んだ『Jack the Ripper』モノが面白かった…というか「この作家は頭が良いな」と思ったので他の作品も読んでみたいとずっと思っていたのですが、
なにぶんスティーヴン・ハンターというと、所謂 "スワガー・サーガ" の連作の数が凄いので、なかなかそれをイチから手を出すというのが気が引ける。シリーズ物の良し悪しですね。
ので、何か単品が見つかったら良いのに、と古本屋を物色していて見つけたのがコレ。
ハンターのデビュー作で御座います。


物語の始まりは1945年1月。つまり二次大戦末期、ナチス統治下のドイツ。
ドイツの敗色が濃厚になるなか、ナチス親衛隊は持てる力の全てを結集して、ある作戦を実行に移そうとしていた。
作戦の中心人物は、武装親衛隊一の狙撃の名手 レップ中佐。
一方、偶然にその作戦を察知した連合国側の戦略事務局に属するリーツ大尉とアウスウェイス少佐は、わずかな手がかりを辿って作戦の全容を明らかにしようと奔走する。
レップが狙撃しようとしている相手は? 作戦の目的は何なのか?



この作品(に限らず、ハンターの著作)の上手いところは、それぞれの人物、それぞれの陣営の視点をニュートラルに描いている点。
どちらかの思想に肩入れするわけではなく、事実として冷静に描く。
例えば本作では、ナチスドイツと切っては切れない "ユダヤ人強制収容所" に関して。
それに対する価値観を多くの立場で描いている。そして、どれも一個人の感覚としてリアルさを持っている。
脇役の個性も非常に際立っていて「いるいる、こういうヤツ」と膝を打つ。
とある脇役が終盤に重要なポジションに躍り出る、成長物語的な展開も流石の構成力。

またナチス物のある意味一つの安定感として、SSの徹頭徹尾の悪役っぷりがある。
ヒムラーという名前が出てくるとなぜか「あぁ来た来た」とニヤっとくるのは不謹慎か?w




ブログ一覧 | 活字部 | 日記
Posted at 2017/11/28 21:00:19

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

中国人旅行者、ナチス式敬礼で逮捕( ...
通りすがりの正義の味方さん

9月の読書
Red13さん

ヒトラー生家取り壊しへ ナチス支持 ...
カワトロ・バジーナさん

3月の読書
Red13さん

メルセデス、シトロエンと映画サウン ...
☆shinさん

久し振りの映画鑑賞... 「本、読 ...
晴耕雨読さん

この記事へのコメント

2017/11/28 21:27:19
出オチだろうが何だろうが、『俺様はRed』なんて見つけてくるのが、持ってるね( ̄∇ ̄)
コメントへの返答
2017/11/28 21:39:30
褒めてもええねんでwww
2017/11/28 22:36:31
読書の領域が固定化しているのではないかという気がします。(笑)

固定化は脳ミソの柔軟性を亡くすことに繋がるのではないかと杞憂。(笑)
コメントへの返答
2017/11/28 22:43:03
痛いところを突いてくる(笑)。

マンネリ化してきているのは事実ですねぇ。
ハルキ・ムラカミでも読んでみようかしら。
ノンフィクションはあんまり興味無いんですよ…
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「今更ながら初めて見たw 地元だと逆に行かないあるある。」
何シテル?   01/14 20:13
主な活動エリアは京阪神・北近畿です。 派手な赤い車なんで、どこ行ってもすぐバレますw 死ぬまでMT宣言。 _/_/自分で運転した事ある...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

Challenge to 1 minute wall...〜1分の壁への挑戦〜 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/07 20:24:32
XからYへ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/25 17:06:28

お友達

クルマは走ってナンボ!踏んでなんぼ!
盆栽いくない!
クルマは機能美!



価値観の著しく違う方、みんカラに求める方向性が違う方、
いきなりの申請、ブログ更新の無い方等はお断りします。
100 人のお友達がいます
orangeap1orangeap1 * individualindividual
トモゾー@トモゾー@ otakuppoiotakuppoi
Shuu ☆Shuu ☆ あすきーあすきー

ファン

98 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ 赤ターボ (スバル インプレッサ)
2012(H24年)の春に中古で買ったターボ。「STI」ではありません。 ハナからGR ...
スバル レガシィB4 楓号 (スバル レガシィB4)
楓さんの愛機。 ワタクシが乗る時は「俺様弐号機」w 岡国用にセッティングされた質実 ...
スバル インプレッサ 青NA (スバル インプレッサ)
新車から5年10万kmを共にした相棒。 そこそこイヂリ回し、手足のごとく動いてくれる良い ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) ごろーくん (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
ハタチの時の記念すべき1stマイカー。もう十ウン年前ですねーw 当時の写真が何も無いんで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.