車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月02日 イイね!
新津鉄道資料館新潟県の新津にある、新津鉄道資料館。

2015年からは、クハ481-1508が展示されています。

485系の中でも、北海道向けに製造された車両で、屋根上の前照灯が2灯(通常は1灯)になっていたりします。比較的珍しい車両。






新潟に発着する特急「いなほ」「北越」などに使われていたので、何度も乗ったり撮ったりしたことがあります。
そんな車両が、今や博物館入りするとは・・・・・









そして、新潟で唯一残っていた485系の定期列車(リニューアル車の3000番台ですが)が、3月4日のダイヤ改正によって消滅します。
Posted at 2017/03/02 21:29:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月28日 イイね!
会社帰りに、ぶつかりそうになりましたわ。
休日出勤で車壊したら、洒落にならん。。。





ドライブレコーダーの画質が悪くなってきた気がする。
レンズのピントや、センサーが劣化してきたのかな。。。
Posted at 2017/01/28 21:23:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月09日 イイね!
台湾旅行、台北101夜景台北にある高層ビル、台北101。

以前には展望台に上ったことがあるので、今度は外から眺めてきました。

MRT信義線の終点、象山から徒歩で山に登ります。
象山自然歩道という遊歩道があり、夜でも街灯があって夜景を見に登るのも安全です。
実際、夕方から日没までいましたが、かなりの人が登っていました。



象山駅からの行き方は2通りあります。
一つは距離は短いけれど、非常に急な階段のルート。
もう一つは、遠回りだが比較的緩やかなルート。

画像はgoogleマップより

上記地図の青いルートが短いルート。帰りに通りましたが、本当にすごい階段でした。駅の案内板もこちらのルートです。
一方、赤いルートが比較的緩やかなルート。病院の脇を通って遊歩道の入り口まで行きますが、そこまででも結構な坂を上っていました。。。。



象山自然歩道の入り口。




ひたすら登っていきます。途中に分かれ道もありますが、立派な階段の方を選んで登ります。
「撮影平台」という場所まで行けば、そこが撮影スポット。
クリスマスイブだからか、正体不明の熊が出没していました。




日が暮れて、きれいな夜景を見ることができました。
Posted at 2017/01/09 21:26:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月04日 イイね!
台湾旅行、三峡老街あけましておめだとうございます。

新年ですが、ブログは昨年の台湾旅行の続きです。


台北から台鉄の普通列車で約40分。鶯歌駅です。
ここからバスに乗って、三峡老街に向かいます。

ガイドブックの「地球の歩き方」には、5001番のバス(桃園→三峡)と書いてありましたが、非常に本数が少ないです。
同じバス停で5005番の方がたくさん来ます。マイクロバスだったので躊躇しましたが、ちゃんとICカードも使えました。


三峡國小で下車して、地元の人が集まる市場を通りまます。
丸ごと一匹の鳥とか、豚足とかが並んでいました。




三峡老街の入り口です。すこし時間が早かったようで、まだすいています。




日本統治時代に完成したといわれる、レンガ造りのアーケードです。




2007年に政府による大規模な改修が行われ、日本からのツアーにも組み込まれる観光地になっています。







老街の近くにある、清水厳祖師廟。




熱心に参拝する人の姿がみられ、線香の煙は絶えません。




Posted at 2017/01/04 21:15:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月31日 イイね!
台湾・九份観光と、行き方、帰り方台湾の超有名観光地、九份へ。

金曜の夕方ですが、大変な混雑です。

日本語、中国語、韓国語が飛び交っております。





食べ物、民芸品、お土産などの店が、狭い道に立ち並んでいます。




ところによっては臭豆腐のきつい匂いが漂っています。




夕方、暗くなり始めたころに、有名な建物付近で撮影。
千と千尋の神隠しのモデルになったともいわれていますが、宮崎駿自身は否定しているようです。







この九份、行き帰りの交通機関も混雑します。
台北からだと直通のバスもありますが、台鉄で瑞芳(ルイファン)まで行ってバスまたはタクシーを使う方法もあります。
駅の通路に、九份方面の表示があるので、そちらの出口に出ます。



駅の真正面のバス停は、九分からの帰りのバスです。九份行きは、向かって左に少し歩いたところらしいです。
タクシーは、九份まで205台湾ドルの定額です。
今回は、日本人の女子大生らしき二人組に声をかけられ、タクシー代をシェアしていきました。
所要時間は10~15分程度です。時間によっては渋滞しますが。



九份から帰る方法も考えないといけません。次写真の下ってくるバスは台北直通バスですが、「客満Full」の表示がある通り、満員です。
台北行きは高速道路を通るため、立ち席は認められません。




帰りのバスは、写真の場所から少し登ったところのバス停から乗車します。
バス停は長蛇の列でした。

行列を整理している係りのおじさんが、「台北?」と聞いてきます。
私は瑞芳から列車に乗るつもりだったので、「瑞芳(ルイファン)!!」と答えると、行列の隣の誰も並んでいない場所を差されました。
足元を見ると、「基隆・瑞芳」と書いてありました。

どうやらそちらのバスの方がすいているようで、また高速道路を通らないので立ち席もOKなようです。

バスは悠遊卡(Easy Card)も使えました。読み取り機にタッチするのは降りるときだったかな???
ほとんどの人が瑞芳駅で降りるので、降りそこなうこともないでしょう。
Posted at 2016/12/31 20:53:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「墓参りのために四国へ向かおうと。姉さん女房のお陰で、フルムーン夫婦グリーンパスを使っております。」
何シテル?   03/18 17:46
走り屋じゃないけれど、マニュアル車が好き。 助手席の人が安心して眠れる運転を心がけています。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
【2014.08.13-14】スズキ Kei 整備&その他 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/15 18:55:29
ファン
34 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
走り屋じゃないけどマニュアル車が好き。 雪国で走り回るので4WD必須。 で、たどり着いた ...
スズキ Kei たあ坊 (スズキ Kei)
北は北海道から、南は鹿児島まで。 20万キロ以上走ってくれた、良き相棒です。
スズキ MRワゴン スズキ MRワゴン
結婚して免許をとった妻の、初めての愛車。 名前は「まぁ坊」
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.