• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

小林あにのブログ一覧

2017年07月16日 イイね!

設楽森林鉄道鰻沢線跡をちょっと歩く(4)

今日は久しぶりに設楽森林鉄道鰻沢線の跡を歩いてきました。

前回と同じく国道420号と県道35号の交差点、鳴沢の滝付近の路肩に車を停めて、近くの沢筋から廃線跡へと登っていきます。

前回はここから下流側へ向かい、途中で引き返してしまったので、今回はその先を目指すことにします。



前回引き返した橋梁へとやって来ました。



橋桁の幅があるので、上を歩いて対岸に渡ります。





しばらく歩くとレールが残っていました。



ここよりも上流側で1本だけ突き出ているのは見ましたが、ここは2本並んでいるので、敷かれていた当時のままかもしれません。



結局のところ、今回歩いた区間でレールが残っていたのはここだけでした。



なんで残っていたのでしょうかね?回収前に土砂に埋もれて放置したのでしょうか?

先へと進みます。



橋梁跡に出ました。石積みの橋脚が2つあります。





橋脚を下から見上げるとお城の石垣のように反っています。



橋台の上には木製橋梁の一部が朽ちていました。



この橋から先は急斜面に岩盤が露出している険しい地形が続きます。





次の橋梁跡に来ました。立派な石積みの橋台が残っています。



ここの沢は岩盤が深く抉れていて、廃線跡から沢まで10~15mくらいの深さがあります。

周囲は苔むした岩場か玉砂利が拡がる急斜面であり、自分の感覚ではとても沢まで安全に降りていけそうになく、一旦、降りられそうな所まで引き返します。

木立ちを使えそうな場所から急斜面を降りて、沢の下流に設置されていた砂防ダムを渡り、対岸の急斜面を廃線跡まで登り直します。

廃線跡を逆戻りして、対岸の橋台まで来ました。



見届けたところで、再び下流側へと廃線跡を辿っていきます。









またコンクリート製の橋桁が残る橋梁跡が現れました。先ほどと同じく分厚い橋桁です。





さらに先へと進みます。



地元の人が使っているのか丸太が架けてあります。



周りから車の音が聞こえ、家の屋根が見えてきたら廃線跡は途絶えてしまいました。



出てきたところは旧三都橋小学校の前。



写真を撮りながらですが、ここまで約2時間の行程でした。並行する国道からではわかりませんが、いくつかの深い沢があり、なかなかに険しい地形を通っているんだなと体感しました。

これで1回目に歩いた区間と大体つながりました。次の機会にはさらに上流側を歩いてみたいと思います。
Posted at 2017/07/16 19:46:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・鉄道・廃線跡 | 日記
2017年07月06日 イイね!

父、急逝す

去る6月11日、父が急逝しました。

外出先で、自分の車の中で亡くなっていたのを発見されました。

私は当日、山梨県清里へドライブに行ってましたが、帰宅後、通報を受けた警察署から連絡があり、そのことを知ることとなりました。

食欲が落ち、すっかり足腰が萎えてきた父でしたが、それでも自分で車を運転して外出できるくらいでしたから、連絡を受けて初めは戸惑うばかりでした。

とにかく家族全員で警察署へ赴き、日付が変わる頃にようやく父の遺体を引き渡され、そのまま葬祭センターへと向かい、姉と二人で担当者と葬儀の打ち合わせ。

あまりの急展開に、通夜、告別式と感傷に浸っているどころではありませんでした。

ようやく出棺の時、「これが最後ですよ。」という司会の方の言葉に反応したかのように姉が堰を切ったように泣き始め、弟もつられたかのように目を潤ませていました。


このブログでもたびたび書いてますが、父に頼まれてよくドライブに出かけてました。

最近はとにかく昔を懐かしむことが多くて、最後に連れていった所も祖父の実家筋で父に馴染みのある親戚でした。

もう父をドライブに連れていくことはありませんが、私はこれからもまだまだ走り回っているので、それを見守ってくれればなと思います。

Posted at 2017/07/06 23:49:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2017年07月01日 イイね!

小刀根隧道と賤ヶ嶽隧道

ここ最近、仕事と私事の両方でバタバタがあり、ドライブへと出かける機会や気力がなくなってましたが、ようやく落ち着いてきたので(特に気分的に。)ちょっと遠出をしてきました。

と言っても、行き先は毎度のパターンで廃トンネル。何度も行っている場所なので、お気楽訪問です。

北陸道木之本ICで下りて国道365号を北上。途中でそれて、柳ヶ瀬トンネルをくぐり敦賀市刀根へとやって来ました。

旧北陸本線小刀根トンネル



何回訪れたのか覚えていませんが、もう憩いの場の一つですね(笑)。











ここから国道8号へと出て、県境の峠を越えて次の目的地へ。藤ヶ崎トンネルの先で旧道へと入り、坂を登っていきます。

遠くに竹生島が見えます。



賤ヶ嶽隧道。国道8号賤ヶ岳トンネルの旧道にあたります。



ここに来るのは3、4回目くらいですかね。











気に入った場所は何回でも訪れますね(頻度に差はありますが。)。特に新しい発見があるわけでもないですが、気楽な「定点観測」気分です。

今回は家を出たのが昼前だったので、2か所回って終了。たまには新規開拓もしたいですが、暑くなってくるとサボり気味ですねぇ(笑)。
Posted at 2017/07/02 01:47:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・廃道・廃線跡 | 日記
2017年06月11日 イイね!

山梨県清里の「ROCK」へ行ってきました

今日は弟からの誘いで、家族4人で山梨県清里にあるレストラン「ROCK」へ行ってきました。

出発した頃は曇り空でしたが、中央道諏訪湖SAまで来た頃には晴天に。



「ROCK」に着いたのは11時頃。昨年の火災からようやく再建、グランドオープンとなったそうで、混んでるかなと思ったら、幸い待たされることもなくお店に入ることができました。

私が注文したのは「ファイヤードッグカレー」。



そもそもこの店を訪れる時はプロトタイプさんのイベントの時が多いため、たいていは飲み会利用(笑)。きちんとメニューを頼んでカレーを食べるのはずいぶんと久しぶりな気がします。

美味しくいただいてから、お土産に地ビールを購入。お店を出ようとする頃にはいつの間にか行列ができてました。



「ROCK」での昼食後はお約束のパターンで清泉寮でソフトクリーム。

まだ時間に余裕があったので、ここからはハンドルを握る人間の特権で(ほかの家族はうたた寝(笑)。)、中央道を通るたびに眺めていた長野県諏訪郡富士見町にある中央本線旧立場川橋梁へ。





橋梁のたもとは厳重に封鎖されて立ち入りできないようになっているので、フェンスの隙間から眺めるだけ。



まあ、フェンスが無かったとしても私はこんな高い場所には絶対に立ち入りませんけどね…。

さて、築堤を富士見駅方面へと進みます。



中央本線旧瀬沢隧道。





ヘッドランプを持ってきていなかったので、坑口付近のみをウロウロ。



天井はコンクリートで覆われてますが、元は煉瓦アーチですね。



今回、廃線跡はおまけなのでこれで引き上げ。

「ROCK」のカレーは食べれたし、地ビールも買えたし、母も気分転換になったようなので、いいドライブでした。


Posted at 2017/06/11 20:02:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・鉄道・廃線跡 | 日記
2017年06月08日 イイね!

TGRラリーチャレンジin恐竜勝山へ参戦しました

6月4日日曜日、福井県勝山市内で開催されたTGRラリーチャレンジin恐竜勝山戦へ、ドライバーやすい氏と組んで参戦してきました。

ここ最近はすっかり現地での前泊はしなくなり、当日早朝に現地へ向かうパターン。思ったよりも時間に余裕ができてしまい、真っ暗な中、ちょっと寄り道もしました。

越美北線の終点、九頭竜湖駅。午前3時の訪問。当然誰もいません(笑)。



えちぜん鉄道の終点勝山駅。午前3時45分頃の訪問。こちらも駅前には誰もいません(笑)。



この後、コンビニに寄ったりしましたが、午前4時半くらいには早々にラリー会場のスキージャム勝山に到着。しばし車中でうたた寝してました。

当日は晴れの予報でしたが、レキを終えてサービスパークへ戻ってきた頃から黒い雲が流れてきたりとちょっと不安な感じ。



それでもスタートする頃には晴天に戻り、安心しました。





SSコースは、SS1、4が1.49kmのスキー場内の道路、SS2、5がスキー場駐車場でのジムカーナコースで0.60km、SS3、6が2.77kmの舗装林道。合計9.72kmとTGRラリーとしても短い距離設定です。

私たちが属するE-4クラスは9台出場ですが今回も強豪さんたちが多く、今回はクラス5~6位が一応の目標。

最初のSS1は1分29秒4でクラス5位のまずまずのスタートです。



続いて、SS2のジムカーナコース。44秒1のクラス4位のタイム。



昨年のジムカーナコースよりも設定が複雑になり、レキの時から迷子になる車が多く(私たちもそうでした(笑)。)、本番ではパイロンタッチやミスコースが多発してました。

ここからは一旦スキー場を離れて勝山市役所へと移動。



セレモニアルスタートを受けて、再びスキー場のある山へと戻っていきます。



市街地ではあちらこちらで地元の方々が手を振ってくれて、こちらも二人で一生懸命振り返していました(笑)。

さて、再開後最初のSS3。林道入り口でSSの進行がストップしていたためオフィシャルさんに尋ねたところ、アクシデントが発生したため一旦止めているとのこと。

結局、SS3は走行中止で移動区間となり、同一タイムが与えられました。

これで1ループ目が終了し、サービスパークへ戻ります。

サービスタイム中、昨年訪れてきた少年たちが今年も登場。AE92を前に熱い語り口で車の見聞に勤しんでおりました(笑)。

その中の少年一人が「ペースノートを見せてくれませんか?」と言ってきたので、拙稿を見せつつ書き込んである内容を説明してあげるとものすごく感心しておりました(ちょっとうれしいですね(笑)。)。熱い語り口の友人に感化されて将来ドライバーになりたいそうで、楽しみなことです。

SS4はスキー場内の道路の再走。1分29秒1と0秒3短縮しましたがクラス5位。



ゲレンデ横の急坂極悪作業路をガタガタと徐行で下ってSS5へ。

2回目のジムカーナコース。お互いに油断があったかもしれません。2周しないといけないパイロンの島を危うく1周しただけで次の島へと行きそうになり大幅タイムロス。



1回目より5.6秒も遅い49.7秒に終わりました。幸い、SS5はパイロンタッチなどで同クラス車が4台ペナルティを受けたので順位を大きく落とすことはありませんでした。

すっかり意気消沈したドライバー氏をなだめすかしつつ、最終のSS6へ。

結局、SS3のアクシデント(車両が沢へ落ちて、クルーの一人が失神したらしいです。)の影響で最終SS6はキャンセル、3回目のレキに励みました。



今回のSS走行距離は4kmちょっと。短いヒルクライムとジムカーナをやって終わったなという感じになりました…。



この後、完走79台中総合17位、クラス5位という結果が出たわけですが(ある意味予定どおり。)、タイムを知ったやすい氏は頭を抱えるハメに…。

「SS5のミス(5秒)が無ければ、クラス4位、総合順位は10位か11位になっていたのに…。」と。

やすい氏にとっては初めて2回目の参戦となるラリーで、前回のペースノートや車載映像をチェックして準備してきただけに(一番入念にチェックした2.77kmのSSが全く走れずじまい…。)、SSキャンセルや自分のミスで足をすくわれたのがやるせなかったのでしょうか…。

次の参戦予定は京都府でのTGRラリーin丹後半島。昨年初リタイアを喫した因縁?のあるラリーですが、やすい氏の頭は次戦に切り替わったようなので、また次を目指してコドラもかんばります。
Posted at 2017/06/08 18:28:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | TGRラリーチャレンジ | 日記

プロフィール

「設楽森林鉄道鰻沢線跡をちょっと歩く(4) http://cvw.jp/b/1796277/40097737/
何シテル?   07/16 19:46
小林あにと申します。よろしくお願いします。 休日はドライブしたり、たまに廃線・廃道を歩いてみたり、ごくたまにミニサイズのラリーに出場してみたり、やる気がな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成16年夏に購入。 自身3台目のインプレッサとなります。 購入理由は、2台目インプレ ...
スバル レックス スバル レックス
平成2年夏購入。 ECVT車。 免許証を取得して最初の愛車です。 毎週末、愛知県奥三河の ...
日産 シルビア 日産 シルビア
平成5年夏購入。 AT車。 レックスが最初の車検を迎えるにあたり、車屋さんから勧められた ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
平成7年夏購入。 インプレッサ1台目。 購入動機は、WRCのビデオを見たのが一番。 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.