• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たんご[太]のブログ一覧

2017年10月27日 イイね!

C34ステージア ブレーキキャリパー交換 メモ

〇あらすじ
今年の夏、兼ねてから考えてたステージアのブレーキ強化、ECR33キャリパーに交換をしました。
実はバイクツーリング組のお土産・お布団輸送で新潟に行ったあとからハブベアリング2か所も瀕死になって交換ついでにやれば工賃が節約できる、財務大臣様(嫁)の許可を得られましたので施工することにいたしました。





その時の準備品、作業小話、後日談などをここに残しておきます。
あくまで私が今回準備したり作業をお願いしたときのパターンなので、これですべてうまくいく、というわけではございません。
でもC34ステージア乗りの方など、古い情報を頼りにしてる方へ参考にしていただくため書きます。
あくまで2017年6月に物を用意したり作業を店にお願いした参考内容になります。
極力正しい語句で書くようにしています。わからないワードはググって画像検索してください。

質問などは受け付けできません。
この先非常に文章ばかりで長くて疲れます。興味ない方はここでさよならしてください。
興味ある方は頑張って見るなり、プリントして紙でみると読みやすいかもしれません。
プリントしたら蛍光ペン片手に見るとよいかも?

○くるまとか
車:C34ステージア 25t RS-Four V (初度登録H11年9月)
型式:WGNC34改(AT→MT ECR33ミッション換装)

○準備物
・ECR33 RB25DET用 ブレーキキャリパー
 フロント4potキャリパー L・R中古品
 リア2potキャリパー   L・R中古品
※次に上げるパッドの商品がECR33 RB25DET用で前期後期などで複数の設定がないので、前期後期は気にしなくて良かった。
ただし、ターボ用かNA用ってのは物が分かれてるので注意。

・DIXCEL ブレーキローター・ブレーキパッド
 F/Rローター             PDtype ECR33 RB25DET車用
 F/Rブレーキパッド EStype ECR33 RB25DET車用
街乗りメインだけど、たまにサーキット(鈴鹿ツインサーキットとか)行くということでこの選択にしました。

・ブレーキキャリパーO/Hキット
これは作業をお願いするお店の方に買っていただきました。
中古品のキャリパーを使うなら、最低限ちゃんと使えるようにメンテナンスした状態にするためにO/Hをお願いしました。今回はF/Rのキャリパー両方中古品ですので、全箇所分買っていただきました。

・K-CRAFTさんのブレーキキャリパーボルト
ブレーキ工房 K-CRAFTさん http://www.brake-craft.com/
商品ページ(K-CRAFT) ここをクリックして自らの目で探すアル

予備知識として、ECR33キャリパーの取り付け穴がM10のボルト、ステージアに元々ついてるキャリパーは取り付けがM12のボルトです。
キャリパーを取り付けるためにボルトをM10にしたところで、ボルトが通過するナックル側の穴は12mmなんだからもちろんガバガバになる。
K-CRAFTさんの販売してるボルトは、ボルトに外径12mm、厚さ1mmのカラー(要は10mmのボルトをかさ増しして、ナックル通過部分を12mmできる)が付いていて、それを作って売ってくれているものになります。
このページには1種類の変換ボルトしかありませんが、直接電話して聞いたときに、これ以外にボルトの強度がもうすこし強いものがありました。
値段差+1000円だったのでそっちを購入しております。
フロントだけが取付ボルトが異径になるのでフロントのみ、リアはもともとステージアがM10のボルトで固定されているので問題なしです。
※仮にもER34とかのキャリパーなら取り付けがM12のボルトなので要りません。

・ブレーキライン接続用ショートバンジョーボルト
これは作業をお願いするお店の方に買っていただきました。
ステージア用を加工してショート化するのも手ですが、店の方もさすがにリスキーだということで、購入しました。

ステージアのブレーキラインはバンジョーボルトでキャリパーに固定するタイプ、対してECR33はフレアナットで固定するタイプです。
ステージア用のボルトをそのままECR33キャリパーにねじ込んでいくと、たまたまネジ径とネジピッチが合うのでそのまま穴には入っていきます。
ですがECR33キャリパーはもともとフレアナット固定、キャリパー側にはフレア部分が密着する山があります。

フレアナット、バンジョーボルトがよくわからない方はこちらのサイトの図を見てください。すごくわかりやすい図です。
http://blog.goo.ne.jp/hrd_world/e/1c5405abb80c3df5edf0cc99ac7edb9b

よくステージア用を切らずに固定したら密着弱くてブレーキフルード漏れてくるっていうのはこの山にボルトが長すぎて底付きしている、最悪はキャリパー側のフレア密着部をダメにしている、下手するとフレア部の穴をつぶしてる可能性があるということです。
底付きしないようにステージアについてたボルトを切ったり削ったりしショート化するのもよいですが、もちろんそこにもブレーキフルードが通る穴があります。
普段メンテナンス業をやっており、ボルトもいつまでも使えるものではないと普段から思っているので、消耗品だと思って新品のショート状のボルトを購入していただきました。

・ワコーズのブレーキフルード BF-4
商品ページ(Amazon) ここをクリックしてポチってアレを払うだけ。
もちろんこれは要りますね。
本数はお好みで。もちろんこれじゃなくてもお好きなフルードを。

・ホルツの耐熱塗料
商品ページ(Amazon) ここをクリックしてポチってアレを払うだけ。
なんでや!赤キャリパーかっこええやろ!
塗るのは1本で見えるところは塗れました。
※塗装後、素人手抜き塗装のひどさ(技術力のなさ)を痛感した模様。探せばキャリパー塗装をしてくれる業者さんもいるので見てね☆

○作業依頼編(ざっくり箇条書き、小ネタも)
1.ハブベアリング交換作業
かなり固着がすごかったみたいです。抜いた後はすんなり作業進みましたとのこと。

2.ステージアブレーキ取り外し
これもなかなかの固着ネタがLINEで送られてきました。
あとローターを外す際、サービスホールっていうネジ穴があって、要は密着して離れないローターをネジ穴にサイズの合う+ビスなんかを入れて回して、密着したブレーキローターをテコの原理で”どっこいしょ”って持ち上げて剥がすために使う穴があるそうなんですが、右リアだったかなぁ、そこのリアローターだけサービスホールがなかったそうです。
いつも取り外した物を後で見せてもらうことがおおいのですが、このローターだけ格闘の爪痕がありました。

3.ECR33ブレーキローター・キャリパー・パッド取り付け
今回は作業前に塗装してから持っていきました。
お店のご厚意でO/Hするから部品をばらばらした状態でいいよって言われたのでその状態で持っていきました。
その際、再利用する部品もありますので、どこのキャリパーから外した部品か選別した状態で持っていきましょう。私は段ボールを4つ用意してFL/FR/RL/RRと書いて、そのキャリパー部位ごとに外した部品を入れていきました。

取り付け作業は特に何もなく、すんなりいったよと話が来ました。
ホイールはBNR32のホイールを現在使っておりますが、干渉もしておりません。
まだ純正サイズホイールのスタッドレスタイヤの装着はしておりませんが、これもギリギリかわせそうです。
サイドブレーキも特に触らず、何事もなくそのまま使えてます。
お金をちゃんと払って作業完了。


○後日談
まず新品パッド、ローターの当たり付けしっかりしましょう。まじで最初は効かない、怖いってのを学習しました。

あと空気抜きがうまくいってないのか、作業店ともひとつ別の店で空気抜きをお願いしました。(ABSユニットが噛むと、いつもの店は三菱の代理店だから日産系の細かいところに手が回らないので詳しいお店に行きました。)

ブレーキの鳴き問題。
鳴きはかきふらい君から聞いていた現象がうちでも起こり始めました。
うちではフロントブレーキから、かつ弱い踏み方のブレーキングなどでは特に起こります。
ブレーキがなく理由はびびりが起こるからですが、DIXCELのサイトによるとこれを吸収するのがパッドの減衰特性であったり、ローターの減衰特性であったり、シムで吸収したりするそうなんです。
DIXCELのブレーキ鳴きのページ

あともうひとつ考えられるのはフロントキャリパーの変換ボルト。
カラーを取り付けている分、見えないレベルの隙間があります。
ボルトで締め付けて抱き合わせて、密着はあってもローターの回転する方向は別方向の力だと考えます。
そこでびびりが起きているのではないのか?と現在推測しており、まずはシム鳴き防止のグリスなど、キャリパー側を疑ってから最後、ボルト側を疑って解決に導いてく予定です。

ブレーキの利き問題。
新品パッド、ローターのあたり付けが終わった後の話です。
マスターシリンダーとマスターバックの話が出てきます。
今回両方交換しておりませんが、ブレーキキャリパーを交換したからといってむちゃくちゃブレーキが強くなるわけではありません。
ステージアの片押しキャリパーと比べ、初動の利きの安心感とその踏力でのストップまでの速さは確かに増えましたが、劇的に増えたわけではありません。
パスカルの法則で空気抜きがちゃんとできていれば、型押しの時とブレーキキャリパー内のシリンダーを押す力は元と変わりません。
変わったのはシリンダーが押されて、パッドがローターにタッチしたときに片押しだと反対のパッドに当たるまでの時間がかかりますが、両押しだとその時間が短縮されるだけでパッドがローターをおさえる力はそこまで大きく変わりません。
マスターバックはエンジンの負圧を利用して、ブレーキを踏んだ時の力を倍増する装置、マスターシリンダーはマスターバックで得た力をブレーキラインにオイルを送り出すための装置です。
劇的に変えようと思うとブレーキマスターバックの交換になってきます。
ステージア界隈だとGT-Rのブレンボブレーキを使うためのマスターバックに交換している方がいるみたいですね。
結果マスターバック交換してもマスターシリンダーの取り付け形状がことなったりする可能性があるので結果、マスターシリンダーとマスターバックをセットで交換するようです。
ここはまだ交換していないのでノウハウや実績がまだ私にはありません。
ゆくゆくお金ができれば交換していくつもりです。

○まとめ
車を本気でいじるというのは、乗り手として、また作業をお願いする立場としても、何をしようとしているのか、どんな改善があるのか、またどんなリスクがあるのか、をプロじゃないけど、最低さわりだけはちゃんとわかっておきたいと私は思っております。
今回はブレーキ交換という、一般道で迷惑かかってはならない、安全が脅かされてはいけない交換作業です。お店と二人三脚で今回いろいろ調べたおしました。
昔のサイトや、最近のみんカラなどの情報をもとに今回の記事を書くまでに多くのことや作業や準備物がありました。
特に昔のサイトはリンク切れや、サーバーサービス終了で無くなってるサイトもあります。
今後、あくまで参考レベルだから責任は取れないよという無責任スタイルではありますが、こうやって残してみてもらえるよう形にしました。
C34ステージア乗りの方々のためにお使いいただけたら幸いです。
ありがとうございました。

○作業前に参考にしたサイト様
http://www.wa.commufa.jp/~tany7/stagea-r29.htm
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Ivory/4669/tuningbrake.htm
http://www2.tba.t-com.ne.jp/MSGARAGE/page/refresh/nissanbreak.htm
http://blog.goo.ne.jp/hrd_world/e/34ee119b980435f592b72f1c4877cf60
http://blog.goo.ne.jp/hrd_world/e/1c5405abb80c3df5edf0cc99ac7edb9b
Posted at 2017/10/27 22:09:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月17日 イイね!

またdefiネタ。

最近defiのメーターフードがサーキット走ったりしたらぐるぐる回る。



見てみるとメーターとメーターホルダー
の隙間を埋めるモルトプレーン(スポンジみたいなやつ)が劣化してた。



通販サイト密林にdefiのモルトプレーンの在庫なかったのと、寸法あたりでバカ高くなるのでヨドバシのカメラコーナーにてモルトプレーン1.5mm厚そこそこサイズあるやつをゲット。



ちょきちょきして元のモルトプレーンがあったところをきれいにしてから貼ってメーターはめて終わり。

がっちりつきました。
Posted at 2017/09/17 14:44:19 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年11月05日 イイね!

Defiアドバンスユニットのブースト・インマニ計0点調整 メモ

ひょんなことからDefiの新型のほうのアドバンスユニットを手に入れたので交換。

以下ユニット交換や中古ユニット接続時におけるブースト計零点ズレの調整。
※センサーが完全にぼけてたり、故障したりしてるときにやっても意味ないよ!
※これはメモであってなにかを保証するものではないよ!
※玄人向けかも?

1 キーをさしてバッテリーのみでDefiを起動させる。(要はエンジン掛けない、圧力が本来0kpaの状態)
2 コントロールスイッチをSETモードにしてブースト・インマニのワーニング設定ができる状態に(要はブースト・インマニのメーターが点滅してる状態)
3 ここでRECボタン(ワーニングセットボタン)を1~2秒長押し→ピッという音が鳴ったら零点調整完了。
4 リアルタイムモードにして0があってるかを確認。

これはあくまでちゃんとセンサーや配線が正常に生きてるとき試すこと。
Posted at 2016/11/05 11:36:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年06月30日 イイね!

弄ると維持る。

あ、日記更新すこし短くなりましたね!
たんごです。

さて、もうすぐ夏のいつもの集まりもあり、そのあとは1年ぶりにまたKUHLのミーティングで鈴鹿ツインサーキットを走ることになりました。

昨年の反省を活かして、ちょこちょこアップデートをお店に依頼。
さて、今年は去年よりもっと安心して走れるでしょうか?

自分の中でのコンセプトである「日常使用メインのたまにサーキット」ってのを実現できるようにやっていきますよ。
弄るのも楽しいけど、それを維持しなきゃならないのはもちろん所有者の使命ですから。

次はツイン後の更新になるやろ、しらんけど。
Posted at 2016/06/30 08:25:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年06月06日 イイね!

さぁ、更新忘れてた(n年ぶりx回目)

さぁ、更新忘れてた(n年ぶりx回目)めまぐるしくドタバタしてましたら、あら2016年も6月。
半年もうすぐ切るじゃないですかやだー。

お久しぶりです。
たんごでございます。
特技は健康診断の面談でウェスト測定なしに「君、メタボだね」って言われることです。

さて、2015年あっという間に過ぎ去ったっていうか。。。もうなんかこのブログ書くまでにまた環境が変わってるんですわ。


・ステージア、ローン完済する。
お金のことって大事なんですがやっぱ借りてる以上はもちろん払わなければなりません。
ある程度生活を見越しても残債一括支払いができるようになり、今年の明けくらいにすべて完済いたしました。
金銭面をいろいろ計算してくれる嫁さんに感謝です。

・ぶたさん、家買ったってよ。
中古ですが、一戸建てを購入しました。
ステージアのローンが消えたと思ったら次は住宅ローンです。
広い土地に4台は駐車できるスペースのあるお家です。
ネックは駐車技術が求められるってとこ。
きちんと車のこと知ってあげてるユーザーならいける立地です。
TCB-TECのみんなとも遊べて、将来のことを考えても十分なスペックをもつお家です。

・ステージア、エキマニ~タービン間で排気漏れを起こす。
先日はじめてのジムカーナをしまして、そこの競技中~競技後くらいから、明らかにアクセルの踏み具合とブースト計の針と背中に感じるGが一致しないという事象がおきまして、お世話になってるショップへ入院。
たぶん、インテークかエキゾーストかどっちかで漏れてて加速しないと予測してました。
結果はエキマニ~タービン間の排気漏れ。
もうガバガバだったそうです。
年数がたってる故にいろんなところに劣化がくるのは仕方のないこと。
これと付き合っていきながら楽しむのも、中古車ならでは愛情であり、また醍醐味なんじゃないんでしょうか?

さて、次はいつまで更新忘れるかな?
Posted at 2016/06/06 12:20:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「Defiアドバンスユニットのブースト・インマニ計0点調整 メモ http://cvw.jp/b/1804652/38804463/
何シテル?   11/05 11:36
車に乗って旅をするのが好きな社会人です。 カメラが好き、自作PCが好き、趣味だけで、車乗ってなくてもお財布が常に火の車です。 SuperGT観戦に行きます。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

ショッキングピーポーマックス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/04 15:24:51

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ステージア ぶたーじあ (日産 ステージア)
四駆、直六、快適空間。自分の思うすべてを兼ね備えた車です。 現在ミニサーキットデビューめ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.