車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年10月16日 イイね!
色々な条件があって、今のA4 Allroadから次の車への乗り換えを年末までに行なうことを考えいました。
で候補としては「電気自動車の雄、テスラのModel Sに乗ってきました。」に書いたみたいに「Tesla Model S」も候補に上がったりしてました。

ただ、そのブログでも書いた理由で、結局充電の不安を脱ぎきれず、今のAudiにすることに。

春に担当してくれていたNさんが退職をなされて、その後任の担当の方ともお会いしていなかったので、電話をして連絡。
丁度エンジンオイルが切れ掛かってたので、ついでにAudi六本木に行くことにしました。

今日(2016年10月16日)Audi六本木について、エンジンオイルの追加をお願いして、下の展示室へ。
担当の初顔合わせでもあるのと、僕がAudiを買うきっかけになった先輩のSさんの口添えもありマネージャーさんが出てきてくれて、結局マネージャーのYさんが全部担当をしてくれました。

色々話をしていて、こちらの希望としては、

・色は「白」「黒」「シルバー」系は絶対嫌で(笑)、「タンゴレッド」がいい
・ミサノレッドはちょっとビビッドな赤だったんだけど、今回のA4のフルモデルチェンジで基本色になった「タンゴレッド」が今のA4 Allroadの「ボルケーノレッド」に近い感じで良かったのもあります。
・Webの「A4 Avant価格シミュレーション 」「A4 Allroad価格シミュレーション」でオプションフル盛りでやってみて、その結果として今回はAllroadにこだわっている訳ではなくて、A4 Avantもいいと思ってる。
・せっかく乗り換えるので、フルモデルチェンジはしているものの、A4 Avantにしようかと傾いていて、その場合だとS lineにしようかと思ってる。
・S4はちょっと色々無理かも(笑)

って感じでお願いしてみました。

ちなみに色のことについて・・・。
日本では下取りを考えると「白」「黒」「シルバー」がいいらしいです。
日本って「白」「黒」「シルバー」を買う人がやっぱり殆どみたいですね。
海外だとこれらの色って「色がない」って思う人が多いらしてく、逆にそれらの色ってあんまり売れないみたいです。

なので、過去2年ぐらいで買い替えてるのもあり、次の事を考えて「『白』『黒』『シルバー』ではどうですか?」と言われたけど、そこを我慢して乗りたくないので「赤」の一点張りで(笑)

現在国内にA4 Allroadではタンゴレッドの車がないので、Allroadだと納車が春になる。
まぁ、そこまでAllroadではないとダメって感じではないので、それは別にOK.

で、A4 AvantでS lineのオプションフル盛りだったら、タンゴレッドが国内にある、とのこと。
何この「準備されてた」感・・・(笑)
毎回この手のオカルト的なのがAudiでは起こるので怖いです(笑)

で、その内容だったのとオプションを付けてもらって、

A4 Avant S line
エンジン:2.0 TFSI quattro sport S tronic
色:タンゴレッド
ホイール:アルミホイール 5 ツインスポーク スターデザイン 8Jx18
ヘッドライド:マトリクスLEDヘッドライトパッケージ
インテリア:S line スポーツパッケージ
オプション
・プライバシーガラス
・パノラマサンルーフ
・シートヒーター
・バーチャルコックピット
・セーフティパッケージ
・ドアエッジフィルム
・フロアマット コンフォートプラス
・コートハンガー
・ETCセットアップ
・ドアエッジフィルム
・フロアマット コンフォートプラス
・ドライブレコーダー
・COATING D-GROSS(撥水)

を付けてもらって見積もり作ってもらってOKしてきました。
今のA4 Allroadは1年9ヶ月ぐらいで20000キロちょっと走った状態で下取りをお願いすることになりました。


オプションでの現地で聞いた内容で補足とか・・・。

「ヘッドアップディスプレイ」
これを付けるときは完全受注精算扱いになるらしい。
そもそも今のAudiのヘッドアップディスプレイは恐らく表示情報量とかの事もあると思うんだけど、人気ないらしいです(^_^;)
あとコックピットと窓の間が結構ぼこっと凹ませてそこにユニットをいれるので、ホコリ溜まりやすいとかあるみたい(笑)
つけようかと思っていたけど、まぁ、今回はなしでいいかなと。

「シートの布と革」
今回S lineなのですが、過去のQ3とかA4 Allroadは革張りだったのですが、布張りのシートになりました。
最初「えー布張り?」って話もしたんだけど、今のモデルからは布張りのシートでもシートヒーターが使えるようになったとか。
革のシートは乗った感じとか好きなのですが、正直夏は熱いです、やっぱり・・・。
熱逃げないしね・・・。
その意味では今回はヒートシーターもつくので布張りでもありかな?と思って了承しました。

「フロアマット」
今のA4に入れたフロアマットが、新しいA4ではまだラインナップになかった・・・。
毛の感じとかが好きだったのに・・・無念・・・。

「新型のMMIとiPhone」
今のMMIでは、iPhoneを繋いだ時に、
・ケーブル接続だとプレイリストは読み込むけど、全部並列になって、階層構造を読み取ってくれない
・Bluetooth接続だと、プレイリスト自体を読み込んでくれないし、iPhone側せ選択したプレイリスト内でやっと次曲とかに曲チェンジが出来る
・音楽に付与しているアートワークは読み込んでくれない
・iPhoneの接続端子がダッシュボードの中にあるので、毎回車に乗ってダッシュボード開いてケーブル繋ぐのが面倒(電話はBluetoothでハンズフリーが出来るからいいと言えばいいし、乗ってるときは別にLINEとかボケモン◯Oとかしませんから(笑))
ってのがあったんだけど、それが今回はアームレストの所に端子が集まっていました。

なお、ケーブル接続だと強制的に「CarPlay」側に持っていかれるみたいで、「充電はしたいけど接続はBluetoothで」ってのはできない。
まぁ、そこまで気にならないかも、と思った。

「DVDとSDカードのスロットの位置が!!」
今回のデザイン、ダッシュボードからインパネ周りが綺麗だなーと思ってはいたのですが、DVDとSDカードのスロットがなんとダッシュボードの中に入ってました!
これは、息子がSAで停車中とかに見るためのDVDを結構抜き差しすることがあるので、ダッシュボードの中に入ってしまったのは面倒な感じ・・・。
あっ、前の時にはFATファイルシステムの制限でSDカードが32GBまでしか使えないってのはがどうなったのか聞き忘れたから、本契約の時にきいてみようと思います。

「トランクのラゲッジシェードが自動連動に」
Avantにはトランク部分にシェードがあります。
これ、今地味に閉め忘れてしまって、乗り出してからバックミラーみたら下半分がせり上がってるラゲッジシェードで見えない・・・って事があったんですけど(笑)、今回はトランクを明けた時にシェードが自動で連動してくれるようになりました。
これで閉め忘れはなくなりそうです(笑)

ということで、契約だからこそ色々聞いて、見てみたレポートでした。
写真撮って無くてすんません・・・。

納車されたら改めてレポートあげます(^_^;)
Posted at 2016/10/16 23:36:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 次の車候補 | クルマ
2016年10月16日 イイね!
もう夏のことなのですが、「テスラ」に乗ってたりしました。

最近の電気自動車ブームもあり、車体としてのカッコよさとかも含めて一回試乗してみよう、と思ってのことでした。
テスラ乗ったのはもちろんModel Sで青山を出て六本木の方に行って、迎賓館の方から外苑までをぐる〜と乗り、外苑の道で、バックでの縦列駐車を全自動でやって「うぉぉぉぉ!」と素人丸出しな反応を儀式的にする、というのを一通りやりました。

乗った感想の前にストアの南青山店のことを。
場所はテスラのサイトを見ていただくとして、行った感じはホントにディーラーではなくて、言っては失礼だけど、個人とか小さな店舗でやってる輸入車の展示場な感じ(^_^;)
最初、店の間口とか一階の感じから「ほ、ホントにここか・・・?(^_^;)」と思ったぐらいです。

車の種類も基本1つしかないわけで、

・一階に実車を展示
・一階の横にある階段を登った二階にはフレームとタイヤだけの素体が1台
・二階は後は椅子と机が3組置いてるだけ

という状態でした(^_^;)
壁には色見本のプレートとかがありましたが、基本ネットで申し込みを受け付けているだけあってあくまで「試乗のためのショップ」という感じでした。


で、試乗申し込みの時間に言ったので担当の方が案内をしてくれて、早速試乗。


試乗したの感じを書いてみます。

・電池の重さは感じないぐらいトルクがある
・踏み出しはエンジン車にはないぐらい急加速
・面白がって走り出し少し踏むのを何回かやったら、後部座席の嫁に「気持ち悪いからやめれ」って怒られた
・サイドブレーキがないのでセンターコンソールが無くて気持ち悪い
・変速のギアもないので、ふとした時に手を置く場所がない(笑)
・インパネのセンター部分に17インチのモニターのみ、というのは見慣れなくて最初気持ち悪い(笑)
 参照:テスラ モデルS 17インチモニターがとにかくデカイ
・モニターに表示されるGoogle系の情報はナビとかも普段Google使ってると、かなり見た目に慣れやすい
・オートマでも乗っているとギアが切り替わるのが分かるけど、流石にモーターだとそれが全くない
・カーブの時に、ある程度速度が出てくると、車重の重さと電池配置のバランスで、曲がりにくい感覚がハッキリ分かってくる

という感じでした。

で、1番心配していたのは「充電」でした。
試乗が終わって、色々質問をしたり話も聞いてみました。

充電スペースはテスラのお店で充電スペースの検索サイトも見せてもらったし、テスラが提携している無料で充電が出来る場所があったりというのも教えてもらいました。

ただ、やっぱり次のことが不安として残りました。

・自宅が賃貸マンションなので、自宅での充電が事実上できない
・無料充電が出来るのはいいけど、その場所まで行くのがやっぱり手間
・充電に急速でも30分近くかかるのは、ガソリンをいれるのに比べると、かなり時間がかかる
・もし遠方に行っていて充電がなくなってきた時、ガソリンスタンドのように「充電スペースが探せるか?」というと、まだ不安がある
・バッテリーが上がった時の復旧にWebを見ていると、心配な感じ

ということから、購入も結構考えたのですが、完全に見送りになりました。

あの金額の車は個人的にはある意味「大人の趣味のためものも」という感じがしていて「乗っている事を楽しむ」為の要素が高くなってくるはずです。

その面白さは十二分にあるし、未来を感じる車ではあるのですが、「常用」として「乗用」するには「動かなくなったら・・・?」という怖さを常に抱えるのは僕にはできないって判断でした。

携帯とかはこの10年で飛躍的に小さくなりました。
ただ、それは「電池が小さくなった」のではなくて「消費電力が小さくなった」結果です。

一方電気自動車はまだまだ「電気」を食いますし、そもそも実際の駆動系で使う電力って消費電力を減らす事がまだ技術的には携帯の10年分ほどはできません。
とか考えると、電池を小さくすることができない以上、重さを軽くすることもできないって話になるので、あと10年ぐらいたったら面白いかも?と個人的には思っています。
Posted at 2016/10/16 22:56:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗レポート | クルマ
2015年02月10日 イイね!
先日A4 Allroadの納車前に、前車のQ3に付けていたレーダーとかを載せ替える為に納車前にQ3が貰われていって、その間にA3を借りることとなっていました。

そこら辺は「A3 S-lineが来た」を参照していただくとして、A4 Allroadの納車を受けて、両方で試したアウディのアクティブクルーズコントロールに違いがあったので、その差異の所管とか書いてみます。

とりあえず「アクティブクルーズコントロール」について。


アダプティブ クルーズコントロール
アダプティブ クルーズコントロールはドライバーサポートシステムの要です。
車の流れがスムーズな時は、設定速度や先行車との車間距離を正確に維持します。
流れがゆっくりしている時や渋滞時には、速度の上げ下げや徐行を自動調整します。
常に車両側で周囲をモニターし、障害物を検知すると、警告音やDIS(ドライバーインフォメーションシステム)のディスプレイで警告が促されます。
Audi A4 allroad quattro 主要装備より引用)




ってことで、要は前の車の自動追尾機能みたいなものです。

で、それをコントロールするのは、ハンドルの左下側に追加されてるこのバーです。



大きな使い方としては下記です。

・車速が30km/h以上を超えた時点から、前の車との車間距離を一定に保つアクセルワーク、ブレーキングを自動でやってくれる
・そのモードの時は前の車が止まったら、こちらも自動でブレーキをしてくれる。

でここから先がA3とA4の違いでした。

■A3のクルコンだけの特徴
・一回クルコンセットしたら、30km/h以下になっても動いていて、オートブレーキが効く。
・車速が0km/hになっても、数秒は「止まってる」と判断するのを我慢していて。前の車が動き出したら前車の追尾が再開される。
・車速が0km/hになって数秒以上経つと「クルコン設定しているのは維持しているけど、スタートは教えてや。アクセル踏んでくれたら、そこからまた追尾始めるし」という、一時停止状態になる。

■A4のクルコンの場合
・セットをしていても、車速が20km/h〜30km/hぐらいになると、クルコンの設定自体は解除される。
・クルコンをセット→低速になり解除、という前提で前車との車間距離に関するアラート設定をしていると、「車近づいてるよ!」というアラート音と表示が出る
・アラートは出るけど、ブレーキはかからない。
・巡航速度が30km/h以上であれば、車間距離が近づけばブレーキはかけてくれるし、車間距離が離れれば、設定している車間距離になるまで、設定している上限速度までアクセルワークをして追尾してくれる

という感じでした。

要はA3は街乗りでも使える(使えそう)な機能なんだけど、A4の場合は幹線道路や高速道路じゃないと辛い感じでした。

というのは、A3のクルコンは、20〜30km/hに一旦なって設定をしたら、かなりの間、街乗りぐらいの都会の巡航速度であればアクセルもブレーキも全くノータッチで運転が出来るぐらいです。

前の車がちょっと止まったぐらいであれば、自動で再度アクセル踏んでくれて、ひたすら前に車について行ってくれます。
調子に載ってると、赤信号無視しそうになるぐらいついて行ってくれます(笑)

でも、A4はそれよりは結構シビアで昨日乗っていた感覚では、ゆっくり速度が落ちていく状態で25km/hを下回ると、クルコン設定が解除される感じですね。

なので、基本的にはブレーキにもアクセルにも即座の対応出来る状態であるのが必須な感じです。


都心部の街乗りであればA3の方が慣れると楽な気がします。
ただ・・・・まったく「車を運転している」感覚がありません(笑)
もう、イメージはでっかいラジコンの乗ってる感じになってしまいます。


あと、A4の方がエンジンパワーがあるので、まぁ、この差異はあるべくしてあるような気もします。
もし「アウディのアクティブクルーズコントロールに期待しまくってます!!」って方(笑)は、A3とA4の両方を試乗してみるのをオススメします。
(試乗車にアクティブクルーズコントロール付いているか分からんのですけど・・・(^_^;))
Posted at 2015/02/10 20:54:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗レポート | クルマ
2015年02月07日 イイね!
A3 S-lineが来た「A3が来た」と書くと、「あれ?A4 Allroadだったんじゃないの?」と言われそうですが、A4 Allroadの納車までにQ3の設備移植の時間が必要なので、その間の代車としてA3を貸してもらった次第です。

外観はまぁ、いろんなところで出ているので割愛して、内部を。
今回借りたかった理由は新しいMMI周りを触ってみたかったからなので(^_^;)



▲MMI周りはこんな感じです。



特に新型のMMI touchはこんな感じですが、Q3よりも高級感ありますね。
ぱっと見はA4とかの感じに似ています。

で、この真中の丸いのがタッチセンサーになっているのですが、これ・・・左ハンドル車で右手で書くことを想定してますよね、やっぱり・・・(^_^;)

あっ、このセンサー部分って手書きの筆記も読み取ってくれるんです。
目的地検索の時に、文字を選択するのではなくて、手書きでもできるんだけど、左手ではやっぱりぎこちなくて、なかなか上手は書けません(笑)

あと、ナビの地図の移動もこのタッチセンサー部分を使います。
Q3とかA4は地図の移動が物理キーを傾ける感じなので、それと比較すると、いいような悪いような・・・。
これは慣れな気もします。



ナビのパネルはエンジンの音でダッシュボードから自動ですーっとせり上がってきます。
場所的にはQ3と同じですが、パネル自体が薄いですね。

この借りているA3には、ちゃんと新MMI用のSIMが刺さってて、アウディコネクトが使えました。
地図がGoogle Mapの衛星写真モードで表示が出来るんだけど・・・これは慣れるまでかなり見難いかも??
あと、Google Mapモードで見ていて交差点で停車した時にナビを見ると、5メートルぐらい手前に居るような表示なっている気がする・・・。

事故情報とか天気とかも表示出来るんだけど「車に乗ってて見たい」情報かというと、MMIでもっと楽にその情報を表示させられるようにならないと、まだ「おまけ」間がたっぷりだなぁ・・・と。



メーター間に表示されるナビは、交差点の車線表示とか通り名が出るようになったりしていて、バージョンアップしている間がありますね。

iPhoneをつないでいる時も、曲名の日本語もちゃんと出てくれれますし(長い曲名は切れるけど)良くなっています。

あとカーナビの声のお姉さんの声が、微妙に色っぽくなってた(笑)
でも「陸橋」とかの発音で微妙に訛るのはこれまでと同じ(笑)



個人的にすごいカッコイイのがサイドミラー。
このシャープな感じがたまらん。



この借りているA3は、S-lineなんだけど、更にアダプティブクルーズコントロール(クルコン)が付いていました。
これはフロントグリル下にセンサーで、

・30km/h以上を超えた時点から、前の車との車間距離を一定に保つアクセルワークを自動でやってくれる
・そのモードの時は前の車が止まったら、こちらも自動でブレーキをしてくれる

というもので、ある程度の巡航速度が保てる場所であれば、アクセルもブレーキも人が操作せず、ハンドルワークだけになります。

最初にこのモードを使った時のなんとも言えず気持ち悪い感ってのは物凄いです。
もはや車を運転している気にはなれず、マリオカートとかのゲームしている感ですよ(^_^;)



このスピードメーターの35キロの部分に▲がありますが、これがクルコンで設定している「クルコンモード時の上限速度」を示しています。

この速度はハンドルの左下にあるクルコン用の設定バーで

・バーを上下することで、任意の上限速度をセット
・バーの端にあるボタンで、ボタンを押した時点の速度をセット

が出来ます。

前の車との車間距離をセンサーが図っていて、

・車間距離が空いたら、上限速度を限度速度として速度が上がっていく
・車間距離がそれほど開いていなかったら、設定の車間距離を維持する速度になる
・車間距離が詰まれば自動でブレーキがかかる
・前の車が路肩の車を避けるために一瞬停止したぐらいだと、こちらも止まるけど前が動き出したらアクセルオン状態になって付いていく。
・一定の時間止まってしまうと、再度車を動かすきっかけはドライバーがやるけど、30km/h以上になるとクルコンモードが再度動き出して、アクセス・ブレーキは自動になる

という感じです。

最初の自動ブレーキは物凄いドキドキしながら、ブレーキに足を置いて「と・・・とまるよね・・・とまるよね・・・」と思いながら試してみたけど、ちゃんと動いています(笑)

でも、ミッションがオートマになり、アクセルワークの一部までドライバーがしないとなると、僕より上の世代だと、ホント運転してる気にならないんじゃないかな?と思ったりします。
でも高速とかだと相当楽ですね、これ。





内装はそこそこよさ気です。
ただ、Q3と比べるとやっぱりちょっと安い感じになっていますね。
Q3は「3」を冠しているけど、A3と比べると、内装はA4に近い感じです。

写真とっていないけど、それは座席がA4とかQ3は電動シート/電動ランバーサポートなんだけど、A3は手動です。
でもA3のセダンとかは、恐らく僕の親父の世代(60〜70歳ぐらい)の若い時のセダンの大きさぐらいなので、その世代とかには物凄い取り回しがよくて好かれそうな感じがします。

もうちょっと仕事で稼いで、クルマ好きな親父に贈ってあげたいなぁ・・・と結構本気で思いました。

その他雑感
・ブレーキ状態からの走りだしがコンマ5秒ぐらいタイムラグがある感じ。
・バックの時に左のサイドミラーが下がってくれるのはうれしい
・音声認識がよくなってる感じがする
・サイドブレーキは電子式だけど、自動でサイドがかかるのはないみたい
・思ってるよりも小回りが効く
・ボトルケージが運転していると遠い

と、街乗り状態で高速域は試していないので、エンジンが1.4リッターなのがどんな感じかは分からないですが、全体としてはコンパクトだけどいい感じです。

A4以上に乗っちゃうと「う〜ん・・・」となりますが、車としてはすごいいいと思います。
Posted at 2015/02/07 19:09:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗レポート | クルマ
2015年02月07日 イイね!
バイバイ、Auidi Q3先日Audi A4 Allroadを仮契約をして、その後順調に本契約になりました。

ということで、今のAudi Q3はアウディに引き取られる事になり、Q3の最終日になりました。

このQ3には、結局2年弱乗っていたのだけど、通勤でほぼ毎日乗っていたし、個人的には、自分で買った初めての車でもあり、書斎でもあり、音楽部屋でもあり、ということでなんだかんだいってもやっぱり思い入れが強い車です。

もちろん家族でも毎週近場・遠出問わずいろいろ載ったし、車高の高さなども含めて本当に乗りやすい車でした。



色もこの「サモアオレンジ」のQ3は結局一度も見たことがなく、個人的には好きな色でした。
何より駐車場で見つけやすかったです(笑)



ボディも正面の顔がホントにかっこ良くで、目も最近のAudiらしく、自分の年齢も考えるとカッコいいと思います。



シリーズの中で「3」の数字を持っているので、やっぱりA4とかに比べると幾分内装周りのクオリティは下がるとか、SUVなのもあり、MMIコントローラーの場所がギリギリ手が届きにくい場所だったりってのもるにはある。



ハンドル周りは、この間のA4のインプレッションでも書いたけど、曲送りのボタンがあったりと、本当に便利でした。
ただ、握っていると、もう少し経が小さくて、ハンドル自体が太い方がいいかな?と思わなくもないです。

あっ、そうそう、Audiは点検とかの時に代車で乗らせてもらったのは、A5、A4、A3とあるけど、それらの中でハンドルが一番軽かったですね。
よくQ3のレビューでも書かれているけど、クルマ好きな方とかだと、「軽すぎる」と言われるぐらい軽かった。
Q3から他の、特にA5に乗った時は「ハンドル重っ!」って思いましたから。



モニターの位置はこれに慣れてしまうと、A4とかの場所は、視線を結構変えないと見えない感があって、最初は「ダッシュボードの上に乗っているのは格好悪いなぁ・・・」と思っていたけど、最近ではこの位置にあるのはいいものだと思えてました。



このQ3はルーフを付けていたので、日中ももちろん明るい車内なのですが、個人的には夜の車内がすごく明るかったのが印象に残っています。

もちろんルーフの下には電動のシェードをかけられるんだけど、日中で嫁が後ろに乗っていて「まぶしい」という時以外は結局ほとんどシェードをかけていなかったと思います。

たまにレンタカーとか代車に乗っていると、当たり前なんだけど天井の圧迫感を感じるのですが、これは付けてホント大正解でしたね。



場所変わってますけど(笑)Q3のおしりです。
おしりも可愛い感じですね、このQ3は。

そうそう、このQ3、約半年前にREVOLT(リボルト)で全面ガラスコーティングしてもらってました。

リボルトさん曰く「耐久性能は5年は持つ」ということで、昨年コーティングをしてもらった時はそこから3年ぐらいは少なくとも乗ると思っていたので、結果的はこのQ3の次のオーナーさんはお得なんじゃないかな?と思います。

あっ、コーティング自体はかなり強くて、その後は普通に洗車しているだけど、ピッカピカになります。
それもあって、やっぱりこの半年ぐらいは特に思い入れが強かったし、乗ってて誇らしい感じもありましたね。



最期にQ3のキー。
大きさからポケットに入れていると大きいので、ずっとカラビナでズボンにぶら下げていました。
それもあって、今更ながらにみると、傷だらけですね(^_^;)
でも、このオレンジの部分自体がキーカバーなので、中は綺麗なはずです(笑)

ということで、次のA4 Allroadに、レーダーとかドラレコとかTVキャンセラーとかを移植してもらうので、A4 Allroadの納車の前に引き取られて行きました。
最期にディーラーでこのQ3を見ることが出来ますが、コックピットに乗るのはこれで乗り納め。

バイバイ、Q3。
ホントに今までありがとう、Q3。
Posted at 2015/02/07 18:18:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑感 | 日記
プロフィール
「テスラを諦めて、A4 S lineに決めてきた。 http://cvw.jp/b/1809458/38710014/
何シテル?   10/16 23:36
以前親父のお下がりのホンダのインスパイアに10年ぐらい前の乗ってたきり、レンタカー、カーシェアばっかり。 しかもその時は親父名義のまま乗っていて、今回初めて自...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
THULE Kebnekaise 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/24 21:43:58
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
アウディ A4 アバント (ワゴン) アウディ A4 アバント (ワゴン)
Q3→A4 Allroadと乗り継いで3代目のAudi車。 2016年にフルモデルチェン ...
アウディ A4オールロード クワトロ アウディ A4オールロード クワトロ
自分で購入した二台目の車。 前者はAudi Q3で今回はA4に。 営業さんのオススメにし ...
アウディ Q3 アウディ Q3
アウディ Q3をあれよあれよと友人に勧められ気がつけば購入していたのですが、毎日の通勤か ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.