車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月13日 イイね!
サスペンション koni FSDにたどり着くまで その1タイヤを、純正→プレミアムコンフォートタイヤ系(現在、ヨコハマアドバンDB)
ダンパーを、純正→koni FSD

に替えるまでの間、いろいろ試行錯誤していましたので、備忘のため書き残しておきたいと思います。

●5万㌔を過ぎてから・・ドタン・バタンの足回り
DS4スポーツシックは、このご時世にMT車であること、エクステリアが当時斬新なクーペ+SUVであることに惚れ込んで共同生活を始めました。

ご存じのとおり、DS4にはより穏やかなシック(AT)グレードがあり、こちらのほうがエンジン出力も穏やかで、タイヤサイズも17インチと小さく、乗り心地がいいのですが、MT車であることにこだわり、スポーツシックを選びました。

購入~5万㌔越えるくらいまでは、純正の脚に純正タイヤでも何ら不満はありませんでした。そもそもMT限定解除をしてから初めての相棒なので、単にシフト操作をして運転しているだけであまーい時間を過ごせていたのかもしれません。

しかし、どんなに恋い焦がれた恋人も、長い時間をともに過ごしていると、気になるところが出てくるのは、対人間に限った話ではありません(?)。

DS4も、特に5万㌔を越えた辺りから、「足回りの固さ」が非常に目立ってきて、これはさすがにどうだろう?というレベルに達してきました。

信号停止状態から1速で進み始め、2速にチェンジする際、少し道が荒れていると車体が「ドタン・バタン」と大きく揺すられます。そのため、でこぼこがありそうな時は、それを通過した後、シフトチェンジをしている自分に気づきました。逆に言うと、シフトチェンジしにくいほどのドタバタがある、ということだったと思います。

●人を乗せた時に・・・アレ?車体が落ち着いている
さて、どうしたもんだろう、と悩んでいたあるとき、私は仕事で同業者を乗せることがあるのですが、後席の中央に男性を乗せていた際、いつもの悩みである「ドタバタ」が、ピタっと止んでいることに気づきました。同じ男性を前席に乗せている時には気づかなかったものです。

男性を後席に乗せている時は、なんだろう、地面の段差に「しっかり踏ん張っている」感じ。不快なはね上げもハンドル取られる感じもない。低速でも地面にピターと吸い付いているような感じ。

欧州車は、人を乗せた時にこそ真価を発揮するようにセッティングされている、と人に聞いたことがありますが、これはまさにそんな感じでしょうか。私はふと気づきました。いつもは一人で乗っているけど、「常に人が乗っている状態にすれば、一人乗りでもこの素晴らしい足回りになるんだ!」 
男性に体重を聞いてみたところ、「自分すか?80㎏くらいすかねー」とのこと。なるほど。素晴らしいことを気づかせてくれてサンキュ。でも少しダイエットしたほうがいいかもしれんね。

●後ろに「おもり」を搭載すればいいんだ!
少し考えてみると、DS4は、後ろサスがいわゆる「トーションビーム式」。他のより高価なそれと比べて、道路のイナーシャ、斜めの揺さぶりには弱く、それが運転時の「ドタバタ感」に繋がっているのではないかと考えました。
そして、後ろにおもりを乗せると後ろ二輪が地面に押さえつけられ、後ろのドタバタ感がなくなり、本来のサスの能力がより発揮される状態になるんではないか。よし、早速試してみよう!
クルマには毎日乗るため、思い立ったら即実行あるのみ。
まずは「おもり」探しだ!

●ところで「おもり」って何乗せよう?
ここで思わぬ難題にぶち当たりました。流石に80㎏を載せるのは無理でも、40㎏~50㎏で「重り」を探してみましたが、なかなか良い物がありません。

友人にウェートリフティングを趣味でやっている人がいたため、「バーベルの取り外せる部分で余ってるヤツない?」と聞いてみましたが、「アレ、意外に高いので自分では所有していない。ジムとかで借りるのがフツウ。」とのことでした。確かにネットで見るとめちゃ高い。さらにクルマの荷室に積むだけのためにこれを買うのも、バーベル(おもり)が泣きそうだなあ。すぐ使わなくなったらその後の用途にも困りそう。



その後、なにかいい「おもり」がないか検討を続けましたが、40~50㎏、金がかからず、用が済めば簡単に処分できる手頃な「おもり」なんて、なかなか見当たりませんでした。

そんな中、先のウェートリフティング趣味の友人から、良いものが見つかったから、使ってみたらどうかと連絡がありました。

彼の家はかなりの資産家で、詳細はアレですが、この地方では有名な事業を多数手がけており、実家は「まるごと一つの山」みたいなものなのです。その彼が、実家の庭(山)の手入れをしていた際、地中から出て来た「それ」を「おもり」に使ってみたらどうか、とのことでした。

「庭の地中からそれなりにでかい地蔵が出てきた。これをオモリに使ってみたら?多分20~30㎏はあると思うよ」
  
                                                       ~つづく




2016年10月17日 イイね!
サスペンション(ダンパー)考、koni FSDサスペンション

サスペンション(suspension、懸架装置)とは、主に車両において、路面の凹凸を車体に伝えない緩衝装置としての機能と、車輪、車軸の位置決め、車輪を路面に対して押さえつける機能を持つことで、乗り心地や操縦安定性などを向上させる機構である

ショックアブソーバー=ダンパー

ショックアブソーバー (Shock absorber) とは、振動する機械構造や建築物の振動を減衰する装置である。「ショック」と略して呼ばれるほか、「ダンパー(damper)」、「ダンパ(JIS規格名称)」とも呼ばれる。


私はこれまでクルマにあまり興味がなかったため、クルマの部品を社外品に替えるなどということは一度もしたことがなかったが、DS4に乗り始めてからはそうでなくなった、というのはこれまで述べてきたとおりです。


DS4スポーツシックの乗り味

DS4は、もともとスポーティかつダイレクトな乗り味がそのウリであることはわかっていました。
新車購入~7万3000㌔までは、すべて純正仕様のままで、しっかりと乗りました。

しかし、特に5万キロを超えたあたりから、段差、道の継ぎ目、轍などで、「これはスポーティだね」では済まされないほどのドタンバタンが目立ってきたこともまた明らかでした。

特に低速(0~30、40㌔くらい)でドタバタが顕著で「シフトチェンジにも支障がでるほどだなあ」とすら感じるようになりました。

もともとスポーツシックなのだから、とはわかっていますが、さすがにどうにかならないものかと悩みました。あるとき、後席中央に80㌔ほどの男性を乗せた際、サスが驚くほどどっしりと安定したことがあり、しばらくは荷室に「40㌔の重り」を乗せていたこともありました。←これ自体非常によかったので、そのうち日記に書こうと思います。

koni FSDに変更

みんからでほかのDS4乗りのみなさんのブログなどをチェックしていましたが、DS4乗りの方でkoni FSDに変更された方の記録を見つけることができませんでした。ただ、どうしても乗り味に納得できなかったので、人柱になるつもりでダンパーを変更してみました。

乗り心地の劇的な改善

なかなかに値のはるものだったのでどんなものかと思っていましたが、乗り心地は激変しました。
端的にいうと「替えてよかった」と心底思えるものでした。

具体的には①「0㌔~40㌔くらいまでの乗り心地が著しく改善されました」。ダンパーを替えた後、バックをしているときに「おおっ、こりゃすごい!」と声を挙げるくらいでした。

また望外の効果として②「ハンドリングの高級化」がありました。純正の場合、脚がドタバタしていることもあり、ハンドリングも「ドシン、バタン」を感じながらのそれでしたが、koni FSDに替えてからは「非常に落ち着き、中立付近がギュッとした何かに包まれているような」ものに変わり「ハンドルを切る」ことに味わいがでるように感じられたのです。

他に乗り心地に影響を与える「タイヤ」を純正(ミシュランパイロットスポーツ3)→ダンロップビューローVE303に替えていたこともあり、この二つで非常に高級感ある乗り心地(静謐性)になったと、非常に満足しております。


私はサーキットに行くわけでもなく、クルマに詳しいわけでもないので、あくまで感覚なのですが、私の感覚では、DS4スポーツシックには、FSDを純正にしてもいいのではないか、と考えるほど素晴らしいものだと感じております。



2016年08月02日 イイね!
M4クーペ(MT)〜きまじめモンスター〜Mの中では貴重なMTが存在するのが最大のポイント。
てか、本当に素晴らしい出来なので、M2や他のMにもMT設定してください‥

実は、私は、このモンスターがBMW〔M〕の初試乗クルマです。
世の中で言われている素晴らしさ、駆け抜ける喜び、をようやく体験できました。
それは想像通り、いや想像を超えて素晴らしいものでした。
とにかくドライバーが楽しめるよう、真面目にを積み重ねていった先にあるものなんだと感じました。

新しくできたBMWTOKYOBAY、様々な車種を試乗できるので是非皆さんも体験してみて下さい。
Posted at 2016/08/02 21:07:05 | コメント(0) | 試乗記 | クルマレビュー
2016年07月04日 イイね!
バランス型ハッチバック(ゴルフ7に勝る?)総評としては、たいへん素晴らしいクルマだと思う。

くどくど言う前に、ぜひ試乗してほしい。特に何の比較もせずにゴルフ7を検討している
方には、ぜひ試乗して、乗り比べてほしい。


308 VS ゴルフ7(コンフォートライン)
ダイナミックセーフティテスト(DST)対決動画


https://www.youtube.com/watch?v=09KWZVzvTlI

清水さんのいう評価をどのように感じるか、ぜひ皆さんも確かめてほしい。
Posted at 2016/07/04 16:46:47 | コメント(0) | 試乗記 | クルマレビュー
2016年06月19日 イイね!
大げさなタイトルですが、オートエアコンについてのレビューです。

設定の仕方


左右独立設定可能です。ダイヤルの中央部に数字が表示されてますので、ダイヤルを回して任意の数字にしてください。

数字の意味について

え?何言ってんの?とお思いの方、今日の日記テーマはコレです。

オートエアコンで表示されている数字、これは温度(℃)を表してはいません!!
大事なところなのでもう一度言いますと、気温の表示ではない、ということです。

!?なにいってんの?と思うかもしれませんすかさず説明書を見てみましょう。


の中の、エアコンの箇所の記載です。



『この値は室内温度ではなく、快適さのレベルを表しています』
『21に設定しておくと、快適な室内となります‥』
→つまり
⚫︎この数字は『快適指数』であり、21が最も快適。
⚫︎21で暑いと思うならより小さい値に、寒いと思うならより大きい値に、ダイヤルで合わせればよい
ということです。

DS4のレビューとしてはこれで終わりなんですが、気になっていたことを以下に書いときます。

様々なプジョーシトロエンの最近のクルマに試乗しましたが、この『エアコンの数字が温度ではなく快適指数を表している』というのは、すべて共通のようです。
(プジョー208,308,RCZ,シトロエンC3,C4,C4ピカソ,C5,DS3,DS4,DS5で確認)

で、いろいろな試乗動画を見ると、『車としての出来はよいがエアコンが効かない!』『エアコンが効かず20度にしてようやく冷えてきた』なんて指摘してるのをよく見ます。

お気づきと思いますが、数字が温度を表していると思い込んでたら、真夏に24とかにしてしまいますよね。でも21が快適な指数なのだから、24にしたら熱風が出るのは当たり前です。
ちなみに、そもそも数値は18〜24の間しか存在しません。

今日のポイントは、自分の常識を意識すること、その枠の外側からものを見ることの大切さです。これをハズしてくるあたり、フランス車なんだなーと再認識します。

少なくとも、フランス車の名誉のために言っておきますが、『エアコンが効かない』というわけではないということです。
この数値は、常識を疑うことを忘れないアソビゴコロ。
でも、そもそも気づいてなくて「エアコン効かん」と思い込んでる人が大半みたいですが‥

※よく『イタフラ車、エアコン効かん』とまとめられますが、イタリア車はどうなんでしょう?温度ではなく快適指数、なんでしょうか?

プロフィール
「実家にクルマ停めてたら、鳥の糞の絨毯爆撃を喰らう。近くに停めてた親のクルマは2台とも無傷でDS4を狙い打ちしたとしか思われない。イナカの鳥たちはよそ者に敏感なのかもしれない‥」
何シテル?   11/13 13:58
じゃばおです。車にあまり詳しくなく、思い入れもあまりなかったのですが ひょんなことから仏車DS4(MT)を所有することになり、みんカラを始めました。 よろし...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
ぱのらみっくういんどう+見やすい左右→DS4 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/16 19:47:57
お友達
まったりとよろしくお願いします。
27 人のお友達がいます
Tknk207Tknk207 * ミッコグッチャンミッコグッチャン *
ころころ豆腐屋ころころ豆腐屋 * どらびどらび *
GentaGenta みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
シトロエン DS4 DiSsy (シトロエン DS4)
シトロエン DS4。 美しい姿態、グラマラスなお尻は まるでディズィー(Z→S)。 カラ ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.