• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mukeのブログ一覧

2017年06月07日 イイね!

2016シーズン総括

2016シーズン総括皆様、ご無沙汰しております。
先日、ロッパの配線が、お出かけ先で炎上し、
レッカーでドナドナ帰宅したこと意外は元気にやっとります。







さて、2017年も、半分も過ぎようとしておりますが、
今更ながら、前年度の坊っちゃんカートの結果報告をさせて頂きます。

と、申しますのも、ここ半年ほど、パソコンの調子が悪く、
職場の後輩を脅して修理を試みてもらい、
結局、2枚あるROMを、場所を入れ替えただけで無事復活したので、
やっと、ブログをストレス無く書く事が出来るようになったので、
忘れないうちに、、、   (既に手遅れ)


リザルト的には、
開幕戦のタナボタ2位から始まり、
1位
3位
2位 
6位
6位

と、最終戦を残して、支離滅裂な結果となっておりました。

シリーズランキング的には、
3位と1ポイント差の2位。
1位とは少しポイント差はあるもの、
最終戦はポイントが1,5倍になるので、それを計算に入れると、
坊っちゃん1位、ランキング1位が3位なら、2ポイント差で逆転トップに。

まあ、可能性は宝くじ当選より低い確立なので、何とかシリーズ2位を、、、(笑)

そして、迎えた最終戦。
コーナリングのプロセスのイチからの改善をメインに練習を重ねた結果、
全体的にコーナリングスピードを上げる事に成功していたので、
調子は良くタイムトライアルを終える事ができ、なんとか2位ゲット。

そこまでは良かったんです。そこまでは。

落ち着いて、ポジションキープ、トップについて行って、仕掛けられたら行く様に伝え、
送り出したのですが、、、。

スタート直後、
2段モーションでインに寄せ、3位をけん制しつつ、トップの後ろに付く動きをしたのですが、
3位の選手が、自身の後ろの選手をブロックする為に、後ろを向いていて、
坊ちゃんが見の前にいる事に気づかず、軽く接触。
少し失速した所を、後ろの2台にかわされ、1コーナーには4位で進入。
まあ、盛り返せるかなと思ったのですが、3周目に入る所でオレンジボール旗が、、、。

そうです、坊っちゃんに対してでした。

接触した際に、リヤバンパーが垂れ下がってしまっていました。
脱落の恐れがあるので、ピットインして、修理しなければならなかったのです。

ところが坊っちゃん、旗の意味をうる覚えで、1周無視(笑)
あわてて、戻ってくるようにサインを出しましたが、
オフィシャルは黒旗(失格)を用意してますから、気が気ではない、、、。

なんとか戻って来ましたが、どうせコースに戻った所で最下位ですが、
そこで走行をやめさせるよりも、メンタル的に走らせた方が良いと考え、
またコースに戻して、予選終了。

案の定、泣きながらピットロードを戻ってきました(笑)
バンパーが落ちてなければ、2位で帰ってこれた、くやしいと言う涙。
怒るでもなく、慰めるでもなく、斜行したのは自分だから、仕方ないよと。
決勝がんばればいいさ、、、。


なんて、話していたので気づかなかったのですが、
コントロールタワーから、呼び出しがかかってました。

スタート直後の大幅な斜行は危険行為にあたるから、
次回はペナルティを与えるとの事。まあ、当然です(涙)

長い昼休憩で、メンタルも持ち直しました。

もう、最下位スタートなんだし、考えようによっては、
自分以外のカートの動きは全て見える位置なんだから、
一番スタートやりやすいんじゃないの?
うまくやれば、3台位は抜けるよ?落ち着いて行けよ~!

なんて作戦を伝えていたのですが、
坊っちゃん、前を向いたまま、

「表彰台に登れる順位で帰ってくる!」

と、はっきりと言葉を発しました。

「え?それは無理やろ~?最下位からやで???」

と、言いかけた僕でしたが、その言葉を飲み込みました。
そこで、無理と言ってしまったら、本当に無理になりそうに、一瞬のうちに感じたのです。

「おう!そうか!よし、表彰台で帰って来い!」
と、とっさに言葉を挿げ替えて、坊っちゃんの元を離れました。

決勝は某動画サイトにUPしてますので、良かったら見てみて下さい。



運にも助けられ、有言実行の2位フィニッシュ。
ちょっと、涙がでました(笑)

トップは、はるか彼方でしたが、価値のある2位だと思います。
シリーズランキングも、無事2位となり、カデットクラスでのレース暦に
何とか爪痕を残すことが出来ました。

これにて、カデットクラスは卒業です。
色々ありましたが、良い経験が沢山出来たと思います。

これからは、大人に混じってのSSクラスに参戦となります。
第二戦までは参戦せず、半年間、大きなカートに慣れる為に練習しました。
今月の中頃に、第三戦が行われますので、
3度目のデビューを果たしたいと思います。

結果はなかなか出せないと思いますので、
また、暫く日記はお休みになると思います(笑)



Posted at 2017/06/07 01:18:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 坊ちゃんカート | 日記
2016年06月16日 イイね!

2016SL琵琶湖シリーズ第3戦 う~ん、、、。

2016SL琵琶湖シリーズ第3戦 う~ん、、、。日曜にSL琵琶湖シリーズ第3戦が行われました。

今回、遂に前年のチャンプが参戦しました。
この一ヶ月、僕の休みがうまく合ったので、
週一で練習に行ってました。こんな事は初めて(笑)

前回の2位は不参加で、代わりに、
去年のキッズクラスの、琵琶湖チャンプがステップアップし、
今回、琵琶湖に初参加してきました。

前回2位の選手は、同じくキッズクラスの2位だったので、
かなり苦しめられた事を思うと、キッズ上がりとは言え油断できません。

前日練習では、1秒程度タイム差があったので、ちょっと安心でしたが、
うちがコースに出ると、ラインを参考にしようと出てくるのですが、
念には念を入れ(笑)後ろにつく頃にはピットに入れます(笑)

今年は成績が良いので、既に他のドライバーに目の仇にされてます(涙)
親父としては、ここでがたっと成績が落ちようモンなら、
今まではまぐれだったのかと思われるのもつらいので、胃が痛いです、、、。

明けてレース当日。
週間予報から雨の予報で、前々日まで変わらなかったのですが、
どんより曇ってはいますが、なんとか持ちそうな雰囲気です。

今回は、出走が7台と少なめだったので、
全車が出てからゆっくりとタイヤの皮むきをする作戦に。
タイヤが完全に温まったらピットインして、
そこでエア圧チェックと、キャブの具合を聞きます。

クリアラップを狙って、再度コースに出しますが、
ちょっと失敗して(笑)坊っちゃんのクラスメートの、
そんなに離れていない後ろに入ってしまいました。

タイムは序盤3位で推移していて、あら、このままじゃ、、、
と思っているところで、トップがただ一人46秒台に入れ、引き離しにかかります。
おいおい、勘弁してくれよ、、、と思った瞬間、うちも46秒に突入(笑)
何とか2位になりましたが、2台とも46秒9台なので、あと0.1秒でひっくり返せます。

トップは、さらに0.03秒刻んできました。
そこでチェッカーが出てしまい、坊っちゃんはゴールラインを通れば終わり。
なんとかこの周で、、、と思ったら、クラスメートの後ろで仲良くゴール(笑)
最後に前に詰まってタイムアップできませんでした、、、。

結果、0.05秒差の2位でフロントローを確保。



5位まで殆どタイム差が無いので、油断ならない、、、。

って言うか、タイトラ1位の前年のチャンプ、
全日本開幕戦でも、この琵琶湖でぶっちぎり優勝した選手に、
0.05秒まで迫れたのは大金星!
うまく行けば、2位はイケるか、、、?
希望は膨らみます。

そして、予選。
スタートで、3位の選手がインから並びかけましたが、
ちょっとイン側に牽制して、なんとか2位をキープして2コーナーまで行けました。
1.2位ワンパックで3位以下を少しずつ離して、
時々トップのリヤバンパーを押す所まで迫りましたが、
そんなに簡単には抜けるわけも無く、そのままゴール。

実は、前年チャンプ、余裕?のユーズドタイヤ。
たいしてうちは、前日に購入したバリバリのフレッシュタイヤ(笑)
このタイヤの差、0.5秒位、違ってくると思われます。
まあ、余裕カマす方が悪いので、遠慮はしません(笑)
希望を持って、決勝へ。

決勝。

今回は、動画をあげたので、見てください。
ゼッケン30番、青メットが坊っちゃんです。



残念無念の3位でした。
2位はいけたと思ってたので、取りこぼしたレースです。

敗因は、2度のパッシングミスです。
抜きに行って、届かず失速した所を交わされると、
それを2度!完全に実力不足です。

レースは取りこぼした感が強いですが、それも実力。
親子揃ってのおごりが招いた結果かもしれません。
とは言え、前年チャンプの後ろを、
予選の間じっくり付いて走れた事は大きな収穫でした。
また、レース展開も、今までに無いモノだったと思われるので、
実りある1日になったと思います。

次戦は7月10日。
あまり練習は出来ませんが、
頑張ってもらいましょう、、、。

Posted at 2016/06/16 23:16:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | 坊ちゃんカート | 日記
2016年05月24日 イイね!

先日のレースでの、、、

先日のレースでの、、、プロカメラマンによるゴールシーン。
ネットから購入するシステムで、初めて買いました(笑)

この先、
何枚もこのシーンを撮って戴きたい、、、。
Posted at 2016/05/24 23:56:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | 坊ちゃんカート | 日記
2016年05月19日 イイね!

2016SL琵琶湖シリーズ第2戦 ついに、、、

2016SL琵琶湖シリーズ第2戦 ついに、、、先日のレースリポートです。(長文につき注意!)

開幕戦から2ヶ月。
出来る限り練習に行きました。
土日が必ずしも休みではない我が家、
お金はあっても(無いけど)練習に行けません。
でも、前回のタナボタ2位で、好調なシーズンインで、
親子揃ってやる気は満々でした。

去年のシーズンが終わった辺りから練習方法を変え、
色んな事を試しながら、坊っちゃんのスキルアップに取り組みました。
なかなか成果は見えなかったのですが、
着実に安定感は増し、見えなかった物が見えるようになってきました。

開幕戦でのウィナーは今回不参戦。
去年のシリーズチャンプも、鈴鹿戦とかぶって不参戦。
前回、本来2位だった選手も、おそらく来ないはずだったので、
これは、ひょっとしたら、、、イケル???

などと、甘い勘和えをしていたら、
本来2位の選手がエントリーしてるではないか、、、(涙)

坊っちゃんに、
その選手がいるから1位は無理かもね?
でも、今回は実力でやっつけようぜ!!

と、目標を高くもって、前日練習に入りました。

今年は、レース用に新しいエンジンを購入し、
開幕戦には、初期オーバーホールも、そのナラシも終えた、
万全の体制で臨んだのですが、古い練習用エンジンとトントンのタイム。
ギヤ比を高速向きにしたので、一概には言えないのですが、
ちょっと微妙な雰囲気を醸し出しておりました(笑)

なので、思い切って、キャブを変えてみようって事で、
ワタクシの20年以上前のカートのキャブを着けることに。

なんと言うことでしょう!
えげつないくらい、トップエンドの回転数が伸びました(笑)
もっと早く試せばよかった、、、。

それならばと、エキゾーストのジョイントも長めに変更し、
立ち上がりのトルクを太らせるセットに変更。

いやいや、自己ベストの連発(笑)

後は、翌日も同じ様な天候になりそうだったので、
タイヤのエア圧を0.2kg刻みで変更し、坊っちゃんの乗りやすい数値を探ります。

結果、レース後200ラップほどしたボロタイヤで、
開幕戦のベストタイムを0.5秒程縮めることに成功。
これで新品タイヤにしたら、、、
希望があふれ出て止まりません(笑)

明けてレース当日。
天気も良く、前日練習を気温もほぼ同じで、作戦通りです。

今年から、公式練習とタイトラが一緒に行われるので、
練習で様子を見て、セットを決めてタイトラに挑む、、、
って事が出来ませんので、出たとこ勝負しかできません。
ただ、公式練習の時間内ならピットインが許されているので、
キャブとタイヤのエア圧くらいなら変更できるので、
キャブの様子を見る事、タイヤをしっかり温める事を指示し、
頃合いを見て呼ぶから入って来い、、、と送り出します。

5周ほどした所で前に詰まりそうだったので、
ロスするのはゴメンと、そこでピットインを指示。

キャブもエア圧も問題無いようだったので、
クリアラップを狙えるタイミングを計ってピットアウトさせました。

タイミング良く、1周目からタイトラ計測開始。
いきなり前日の自己ベストを0.3秒上回るタイムをマーク。
そして、それはタイムボードの1番上から移動することなくタイトラ終了。

初予選ポールを獲得!(驚)

さあ大変!(笑)
そうなりたいと思ってはいたものの、
なった後の事は、何も考えていませんでしたから、、、。

2位との差は0.2秒。
5位までの差は0.5秒。
かなりの僅差なので、どうなるか解りません。

ただ、2位の選手が、今年からカデットに上がったばかりで、
しかも、カデットでの琵琶湖は初レースだったので、
コースの習熟度はこちらの方が上、
3位以下は、殆どが琵琶湖をホームコースにしている選手だったので、
とりあえずスタートで一番前に出て、あとは後ろでバトルが起きるだろうから、
その間に逃げ切る作戦にしました。

予選。
初のポールスタートでしたが、
そこそこの駆け引きを入れながら、カブらずスタートをし、
無事ホールショットも決めて、オープニングラップはトップでご帰還。
中盤に若干ペースが落ちるも、最後は少し引き離して無事チェッカー!

夢にまで見た、ポールポジションをゲットしました。

2位の選手は、慣れていないであろう琵琶湖なのに、しっかり2位キープ。
そして、3位には、6位からジャンプアップしてきた、前回の本来2位だった選手。

実は、3位の位置って、一番トップを狙いやすい位置なんですよね、これが。
一番嫌な所に、一番来てほしくないヤツが、、、(笑)

決勝でも、作戦は同じです。前に出て逃げるしかありません。
もし、誰かに前に出られたら、何とかして抜いて帰って来てと、送り出します(笑)

決勝スタート。
微妙な掛け引きをしかけた坊っちゃんですが、
微妙に失敗し(笑)スタートラインでどんぴしゃに並ばれてしまいます。
こういう場合、スタートやり直しになるのですが、何故かそのままスタート成立(涙)
若干、出遅れ気味になった坊っちゃんでしたが、イン側の有利性と、
並ばれた2位の選手をちょっとづつアウトにおいやっていくというズルを敢行し(笑)
何とかホールショットを決めました。
坊っちゃんの後ろでは、イマイチ伸びの悪かった坊っちゃんのせいで、
4台が横一列に並んでイン取り合戦をするハメになっていました。
そのせいで、少し3位以下が離れてくれたので、2位は着いて来たものの、
オープニングラップは1位で戻って来ました。

すこしづつ2位を離し、2位の選手は3位の選手にバトルを仕掛けられ、
楽な展開になるかと思いましたが、中盤から坊っちゃんのペースが少し落ち、
見る見る迫られてきてしまいます。
2位の選手は3位の選手を振り切り、ペースを上げてきます。
残り2周でこのままでは追いつかれる、、、
との心配をよそに、坊っちゃんここにきてペースアップ(笑)
ファイナルラップでベストラップを出し、遂に1位でゴール!!!

カートを始めてちょうど丸4年。
初めての1位です。
得意のタナボタではなく、正真正銘の優勝です。
ちょっと泣けました、、、(笑)

ピットに戻り、いつもグータッチでその日のレースを締めくくるのですが、
今回もそのつもりで右腕を差し出したら、
その腕をかいくぐり、抱きついてきて、

「やっと勝てた~!」

と胸に顔をうずめて大泣きを始めました(笑)

こっちまで泣きそうになったので(笑)
両手で背中をバンバンしばきながら、よ~やったと言うのが精一杯でした。

鬼のいぬ間の洗濯と言いましょうか、
優勝できたものの、ちょっと納得いかない部分もあるのですが、
キッズの時には叶わなかったものが手に入れられたのは、素直に嬉しいです。
ましてや、強敵揃いのカデットクラスでは、叶わないものだと思ってましたから、感動もひとしお。

一度勝ってしまうと、追われる立場になるんだな、、、
でも、それを踏まえて、坊っちゃんには強いドライバーになってもらいたいです、、、。

Posted at 2016/05/19 02:29:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | 坊ちゃんカート | 日記
2016年03月24日 イイね!

2016琵琶湖SLシリーズ開幕戦!!

2016琵琶湖SLシリーズ開幕戦!!3月20日、遂にシーズンが始まりました。
昨年度から、ゼッケンが希望ナンバーOKになり、
元々貼られていた3を使ってたんですが、
30番が良いと坊っちゃんが申しますので、
今年は気分も新たに30に変えてのスタートです。

昨年度の上位ランカーは当該年齢が6年生になり、
上や、別のクラスに移行していったので、
何気に上を狙えるチャンスが増える状況に、、、。
しかも、坊っちゃんと同学年のシリーズチャンプは、
日程のかぶった鈴鹿にエントリーしたので、更にチャンス(笑)



ところが、前日練習は絶不調、、、。
他のカデット連中を追い掛け回してプレッシャーかけたれ~!

逆に、追い掛け回され、あっさりぶち抜かれ、僕が自信喪失状態。

おまけに、レース当日の天気が微妙で、
前日は午前ハーフからセミウェットとどんどん路面がかわり、
午後からはほぼ乾いたのですが、
雨でのセットを出しておきたかった僕としては、何もかもが中途半端に終わり、
無駄にガソリンを減らしただけに終わってしまいました。

明けて当日。
天候は、何とか曇り状態で、路面は完全にドライ。

車に乗り込むなり坊っちゃん、

「今日は、表彰台イケる気がするわ~。」

いつだったか、ベットまで起こしに行って、
目を覚ました瞬間に、「今日はアカン気がする、、、」と言った事があったんですが、
その時は、リタイヤで終わったんですよね。

朝イチの坊っちゃんの予言は、当たる事が多いので、
昨日下がってしまった僕のテンションは、アゲ状態に(笑)

今年は、レーススケジュールが変更になりました。
予選が2ヒート制から1ヒート制に戻った事と、
大きき変わったのは、公式練習とタイトラを同一時間で行う様になった事。
15分間で前半7分が公式練習、そのまま残り8分がタイトラとなります。

はじめての経験なので、作戦の立てようも無く、
公式練習中はピットの入れるので、なんかあったら入っておいでと
坊っちゃんを送り出しました。

3周程周回して、皮むきも終わったかなと思った矢先、
ピットインのサインを坊っちゃんから出して来ました。
慌てて若干の工具を取りにテントに走り、坊っちゃんを迎えますが、、、

ブレーキ利かへん~!!!(涙)

その場で直しようも無く、気のせいや、はよイケと送り出します(笑)

その時点では1番時計だったのですが、
コントロールラインで日章旗が振られ、タイトラスタートとなった途端、
1から、2、3、4、、、5番手まで下がっていきます。
皆さん、慎重に皮むきしてたのね~、、、などと思っていると、
6番手まで下がり、遂にはラップボード表示圏外に消えて行きました。
そのまま2周ほどしましたが、ボードには戻って来ず、トホホ状態。
公式結果発表までは正確な順位は解りません。
待ってる間、エア圧が高めになっていたので、これが原因か?
思った以上に上がっていたので、予選は低めで行くことに。

で、公式発表を見に行ってみると、
なんとびっくり2番タイムでした(笑)

1列目スタートなんて、キッズ以来だな~(笑)
でも、カデットはスタンディングのキッズとは違い、ローリングスタート。
駆け引きが大きく成否にかかわりますので、僕では無理と思い、
コーチにアドバイスをもらうことに、、、。

予選。
イエローラインでどんぴしゃにポールと並んでリスタート(笑)
2回目は、まあまあの間合いでスタートでき、トップには離されたものの、
同じぐらい3位以下を離して快走します。

が、中盤あたりで、何故かペースダウンし始め、
ホームストレートでぶち抜かれ3位に転落。
4位の選手も見る見る追いついて来ましたが、何とか逃げ切り3位でゴール。

坊っちゃんいわく、タイヤがグリップしなかったそうで、
エア圧をタイトラの時に戻してくれとリクエストされたので、
ちょっと高いんじゃないの?と思いながらも、言うとおりに、、、。

さて、決勝。
グリットで全ドライバーがインタビューされたのですが、
目標は?と聞かれて、全員が優勝です!!と答える中、
坊っちゃんだけが、

このままで終われたらいいです、、、。


と答え、周囲の笑いをかっさらいました(笑)

スタートは一発で決まり、2コーナーで2番手の選手が軽くトップに接触し、
失速した所をかわして、オープニングラップは2位でご帰還。
トップとは徐々に離され、同じ様に3位に徐々に追いつかれ、
結局、抜かれてしまい、3位転落。
とは言え、予選の時のように離されるワケでもなく、
何とか着いて行って、0,3秒及ばずフィニッシュ。
インタビューの通りの結果となったのでした(笑)

ところが、まだ終わりませんでした!

なんと、2位の選手、、、いや、2位の車が、何と車検不合格にて失格処分。
これまたキッズ以来のタナボタ2位、、、。



ちょっとしっくり来ませんが、
まあ、開幕戦でこの順位は嬉しいし、ありがたいです。

レースの内容自体も、もうひとつでしたが
(終わってから、コーチにいじめられながら怒られてた)
苦手なスタートが、今回は予選、決勝とも悪くなかったので、
そこは進歩と言う事で、、、。

次戦は5月。
ちょっと間が開きますが、その間に、親子揃って1から勉強しなおしです、、、。

Posted at 2016/03/25 00:12:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 坊ちゃんカート | 日記

プロフィール

「何かあったんですか?」
何シテル?   07/10 15:54
間も無く大台に突入、いや、突入しました(T_T) 嫁1人、子2匹。 趣味は車で、現在の愛車は’74のロータスヨーロッパSP 家族用にワゴンR、前愛車のSW...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

初心に帰った1日!! 【宝塚KFにてキッズカートイベントにゲスト出演】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/25 21:37:24
本当の漢(おとこ)ウルフヤ○ダ 
カテゴリ:孤高のロータスパイロット
2007/03/26 00:32:03
 
驚きのキャラクターケーキ 
カテゴリ:お子様に!
2006/04/14 23:55:29
 

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス その他 ロータス その他
購入してから約1年半、走行距離3000km弱。 語れるほど走り込んでません(号泣) しか ...
トヨタ ハイエースバン トヨタ ハイエースバン
坊ちゃんのカート運搬用に購入しました。
トヨタ MR2 トヨタ MR2
本気でのめり込んだ車です。ノーマル部品で残ってるのはボディシェルぐらいです。10年乗って ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.