• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ム ラのブログ一覧

2007年04月03日 イイね!

ディスカバリー展示・試乗会

ディスカバリー展示・試乗会地元のディーラーから試乗会の案内が届いた。

昨年、参加したのだが今回も同じ場所で開催されるそうだ。

その時に初めてみんカラに登録されているディスコ3に乗られているkyo-andyさんとお会いしたのがこの時だった。
とても賢いボーダーコリーを連れて来られていた。
賢いのも当然で本当に牧羊犬としての訓練を受けていて、大会にも出場していて優勝経験もあるそうな…。(焦)
オマケに今号の“ランドローバーマガジン”に数ページに渡って登場されていたし。

今回はパワーアップしてディスコⅠ、Ⅱ、3(←この書き方はコダワリか?w)が揃い踏みだそうな。でもⅠ&Ⅱは展示だけだそうな。
何故にあえて旧型をアピールするのか解らないけど、ディーラーイベントとしては珍しいかも。
やはり順次新型に乗り換えてもらいたいのは当然だろうし。
旧い型でもちゃんとサポートしますよ、という姿勢のアピールなのだろうか?
それともコンプリート・アプルードカー販売の布石なのだろうか?

“思う存分試乗していただけます。”とあるが一体何処までOKなのだろう?(笑)
今回の開催場所から少し離れた場所にはかなり気合が入った場所がある。
当方の所属するジムニークラブでも数台転がっている場所だし、前転してボディ廃車したのもいるほどだけどそっちまで行っていいのかな?(汗)

昨年、ディスコ3を試乗させて貰ったが路外走行とまではいかなかった。
あらかじめ設定されたコースがあって、そこを走行。
とはいうもののタイヤ半径ぐらいの水溜りを横切るという場所もあったが…。

今回の試乗車はどのグレードだろう。去年の段階ではまだラインナップされていなかった“S”だったら興味あるのだが…。
クロカンに向いているかどうかというのはやはり別問題だと思うが、KEEPクロスカントリートラック造成のときに一緒に走ったディスコ3とR/R3は予想以上に凄かったので是非とも限界というものを見てみたい。

自分が路外走行をして遊ぶディスコ1とか周囲の人のディフェンダーとかはクロカン走行に適すように手の入った車輌だし、素の状態ならディスコ1だって本気で遊ぼうとすると色々と不具合があるのだから一概に比べられないと思う。


昨年はダッヂオーブン料理のランチも堪能できたし、犬連れで参加している人が多くてワンコと遊んでいるだけでも楽しかった記憶がある。家族連れでも楽しめると思う。




しかし一番上に書いてある“DISCO3兄弟”って…。(焦)




Posted at 2007/04/04 15:37:26 | トラックバック(0) | ランドローバー 行事 | クルマ
2007年01月08日 イイね!

クリスマス・プレゼント

クリスマス・プレゼントちょっとタイムラグがある話題であるが昨年の暮れに宅配業者がきた。
トラックから降ろされる大きな荷物が4つ。

丁寧にエアパッキンに包まれた物体は誰がどう見ても自動車用のタイヤだ。
しかもかなり大きめ。

昨年のクリスマスの日に地元河川敷でジムニーのドラシャを折ったり、その前にディスコのリアロアリンクをコキッと曲げたりして落ち込んだ日が続いていたが、「朝が来ない夜はない。」という諺があるように嬉しい事も起きる。

なんとこの画像のタイヤ+ホイールはみんカラでディスカバリーを過去の所有として登録されている“ホームスミヨシ”さんからのクリスマス・プレゼントである。
氏は現在パジェロに乗られているがダーチャレ系をやられている方なので適した車種選択だと思う。というよりディスコでやっていたというので焦った…。

その愛車紹介のページのディスコがカッコイイので気になっていたし、妙にオフセットのあるホイールだったので足回りのセッティングを教えて貰いたくて、みんカラのメール機能を利用してコンタクトを取ったところ、レスの最後に「このホイール使ってないからよかったら使ってください。」という信じられないような嬉しいお言葉。
なんでも当時、日本に入って来ていないホイールを業者さんのパーツと一緒に頼んで貰ったということで非常に珍しかったとのこと。

最近では某部品商が扱っているが装着率は低くてあまり見かけない。
結構軽いらしいので期待大。XZLやMT2やサイメックス等の重めのタイヤ(サイズのせいでもあるが…。)をカヴァーしてくれることであろう。


そのホイールが届いたのである。
自宅の庭にはクルマの分だけでも、ディスコだけでも5セット、ジムニー3セット、ミニが3セットあってコレに自転車やバイク、果てはラジオフライヤーのカート用の物まであって廃タイヤ業者の様相を呈しているので置き場所には悩むがやっぱ嬉しい。(苦笑)

背中に突き刺さる視線を感じて振り返ると、その上がったテンションを現実に引き戻すかのような鬼の形相表情で立っているカミさん。

某Y!オクで勝手に落札した物が届いたんだと信じて疑わないカミさんに説明する事数分。
言えば言うほどこんな嘘みたいな話を信じてもらえるハズも無く、どんどん“言い訳”じみてきて嘘っぽく聞こえてくる。(焦)
普段の行いから言ったら無理も無かろう…。(泣)



お礼のメールで「綺麗過ぎてクロカンに使うのが勿体無いです。」と伝えたところ「割れるぐらい使い倒してクダサイ!」というお返事を下さったホームスミヨシさん、有り難うございます!
PCD変換スペーサーを持っているので何とか「エンケイのBAJAを履かせてぇー。」と思っていたぐらいのアナクロな自分だから最高です。(笑)
Posted at 2007/03/26 12:10:34 | トラックバック(0) | ランドローバー 部品 | 日記
2007年01月07日 イイね!

新春 ランドローバーの集い 070107

新春 ランドローバーの集い 070107ディスコでの車中泊は辛い。
なんて寝難いのだろう。

前日の宴の後、湯たんぽに湯を入れて寝袋に入れておいたから寝袋の中は暖かく寒さでの辛さは無かったが身体を伸ばして寝ることが出来ず寝た気がしない。

専務氏の黄色い110はきっと楽に寝れたのだろうな、とちょっとジェラシー。

外は前日の雨が嘘のようにいい天気。
起きて車から出てみると朝焼けの太陽がまぶしい。

前日の宴の後片付けをしているとその朝日を背に2台のディスコ1がコッチにやってくる。
ブルーの方はCENさんだ。フロントのフォグとバンパーで遠目でも識別できた。
その後ろの“かんすけブルー”のディスコはお友達だろうか?朝日を反射させずに見事に吸収している。軍用車級の艶の無さ。

「おはよう御座います。」

降りてきたのは昨年の原村でのLRMの時に初めてご一緒したかんすけ氏がドタ参で来てくれたのだった。
焦る自分とらくだMkⅠ氏。名古屋からって…。(滝汗)

朝、偶然CEN氏とすれ違って一緒に来たそうだが結構無謀なドタ参かも…。
電話番号の交換等もしてないからあの河川敷の中に居ても出会えない事はありえるしだろうし…。(苦笑)



宴の片付けの最中に自分の携帯に次々と着信が…。
集合時間までまだ相当あるのだが到着を知らせる参加者達からだった。

はじめて来る人もいて河川敷では集合の場所の目印になる物がなくわかり辛い。
今何処に居るかも説明しにくく、地元の勘を働かせて広い河川敷に散らばったランドローバーを集めにム ラ銀ディスコで奔走する。
その間も着信が続々と入って河川敷を行ったり来たり…。
牧羊犬になった気分だ。。。。
後片付けはすっかりらくだMkⅠ氏が終えてくれていた。(感謝)

手頃な場所を見つけてソコをベース地とした。
続々と集まるランドローバー達。

同じランドローバー乗り同士なので初めてお会いする参加者同士でもアチコチで話が盛り上がっている。
しかも前に会ったことがある人と今回再会した、というのも聞けたし、グループごとに分かれてしまって交流が無い、という雰囲気は全く無く、“交流会”という目的は既に達成できていた感じである。
皆さんを誘って今回この集まりを企画して良かった、と早い時間に実感することが出来た。

まだ来てない人、所用にて帰られてしまった人もいるが、参加者が一番集まった時間帯に一旦集まって挨拶&自己紹介。
その後にお互いのクルマについての質問会の時間を設けた。

「ここどーなってるの?」
「コレは自作?」
「このスプリングどう?」
などオーナー同士ならではの会話が聞こえてくる。

自分に対する質問は

「なんでこんなに汚いの?」
「此処はどこにぶつけたの?」
「こんな磨り減ったタイヤ初めて見た。」等の中傷に近いものが多かったのが気になるところだ。


その後、隊列を組んで“アタック隊”を結成してツアーに出陣。
家族連れも多かったのでお留守番する人たちは薪ストーブの周りでマッタリと個々に楽しんでもらった。

走行の模様はフォトギャラリーの方で。

●走行画像①
●走行画像②
●走行画像③
●走行画像④

アタック隊も台数が多かったので一つのセクションをこなすまでに結構時間が掛かるので代表的な場所を一通り走り終えた頃には陽も傾き始めていた。

ベース地に戻ると遠方から来られた方達は既に帰路についた後。
冷えた我々を薪ストーブとらくだMkⅠの味噌汁とM-Yd氏のタイカレーが出迎えてくれてほっと一息。

帰路に備えてエア圧を戻して帰りの準備を始めるクルマ達。


ディスコ1前期 2
ディスコ1後期 7
ディスコ2   1
110     2
90      2
CRR     2
3rdレンジ   1
レンジ改    1
IBEX    1
FIAT    1(元300Tdi乗り)

入れ替わりもあったが総参加台数は20台。

旗振りをはじめてから連絡等だけでも結構大変であったが今回企画してよかったと思う。らくだMkⅠさんとM-Ydさんのサポートが有ったから出来たようなものであるし、disco-chouさんも仕事と用事で忙しい中、前日の宴にも差し入れを持って顔を出してくれたし、集いにも後から参加してくれたのでありがたかった。


いつかまたやっても良いな、と思える位に充実した時間を過ごせた一日であった。


今回は慣れない案内進行役でいっぱいいっぱいだったので集合写真等を撮り忘れていたがyagさんに頂いた画像を使わせて貰えて助かった。
有り難うございます。
Posted at 2007/01/08 14:35:06 | トラックバック(0) | ランドローバー 行事 | クルマ
2007年01月03日 イイね!

新春 漕初め  

新春 漕初め  今日は所属するシーカヤッククラブの本年度の漕初め。

流石にまだ松が取れていない時期なので帰省や親戚廻り等で参加する人は少なかった。

本日は自分の小3の子供も参加なので、最近では一丁前にシングルカヤックを漕ぎたがるが横浜湾を横断するコースなので大型船舶の往来の隙を縫って速やかに移動しなければならない危険箇所も含んでいるので、ちょっと無理。
いつのもカナディアンというのもスピードが出ないので無理である。

クラブ艇の2人乗りカヤックを借りた。コレがかなり重くて横幅もありスピードが出にくい艇なだけに相当我武者羅に漕がないと付いていけないのは明白。筋肉痛をこの時点で覚悟…。
コレには流石に愛犬クッキーまでは載せられないので車の中でお留守番。



6艇が外洋に出たが風が強くて女性もいるし、足手まといの自分達もいるからルート変更して横浜市内を流れる川に入っていく。
そんなに日が出てい無いが寒くは無い。

意外と自分が何処にいるのかわからないもので川沿いに目印になるような建物を見つけるとやっと現在地の想像がつく。

そのうち中華街の門が見えてきて、元町に来ているのが解った。海に出れば本牧ふ頭。「あぶない刑事」等のシーンでお馴染みだ。

ここで「昼にしよう。」という話になった。
????「昼ぅ?」って?
何処で食べるのかと思ったら湾に面した「タイクーン」というレストランが見えた。
デッキも付いていてクルーザーやプレジャーボートが停泊してる。
そこで食事にするらしく一直線に向かっていく他の艇達に付いて行く。(焦)

桟橋に上陸して艇を繋いで店内へ。

色とりどりのパドリングスーツ、ライフジャケット、ウエットスーツを身につけた怪しい集団が海から這い上がってくると店内で食事中の窓越しのお客さん達は驚いた様子。

用意されたテーブルの後ろの上着掛けにはライフジャケットとかグローブが掛けられていて怪し過ぎ…。(苦笑)



アジアンダイニングのお店なのでメニューは辛そうなものばかり。お値段もいい。
子供が食べられそうな数少ない選択肢の中からチャーハンを。
辛い物好きの自分はトムヤンクンと海鮮やきそば。

店員さんも支配人さんも外国の人。
わざわざ「A HAPPY NEW YEAR!」と支配人が言いに来てくれたので随分と丁寧だな、と思ったらメンバーは常連さんらしく顔見知りだという事。
そりぁ、海から来店できる店はそう多くないから此処に来るしかないのかも。。。。(笑)


食事も終わってルートの相談。
来た川を戻れば2時間以上は確実。
しかし埠頭~山下公園~大桟橋~赤レンガ~ワールドポーターズ~日本丸
というルートなら距離も短くて1時間ぐらい。
しかし、商業船やシャトルバス、遊覧船等の大型船舶の往来が多いので注意が必要。

腹ごしらえと、暖かい店内にいて休憩も取れて元気が戻って最短ルートで全員戻ることに。

一部だけ湾の外に出たのだが、うねりが結構あって悠に50センチぐらいは上下する。下っ腹が気持ち悪くなるエレベーターで落ちる時の感触を断続的に味わう…。

船の往来の隙を縫ってダッシュで横切る。
子供も長時間のパドリングでバテている筈だが、危ない状況に居る事を理解させ
最後の力を振り絞って漕がせる。休憩したら元気を取り戻したようだ。
子供のパドリングによって、思っていたよりは楽に皆に付いて行けた。

コスモワールドの観覧車とランドマークタワーが見えてきてホっと安堵。
「帰ってきたぞぉいー!」という感じ。(笑)

天候が良くないと予報が出ていたので初日の出を海から見るのは止めたのだが結構良くて見れたんじゃなかったのかな?ちょっと悔しい。。。

まぁ、「お花見ツーリング」「ボートショー」「マリンショー」「花火大会」とまだまだイベントが有るから。。。

Posted at 2007/01/05 05:01:27 | トラックバック(0) | カヌー・カヤlック | スポーツ
2007年01月02日 イイね!

新春 ランドローバーの集い ~過去の自分~

昨日のブログに関連した内容。


ムラっ気が有るが何だかんだで続いているブログ。

他人の為に書く訳でもないので書きたい事だけを書く。
しかし無理に更新しても意味が無いとは思うが、わざわざ不特定多数の人の目に触れるネット上に公開しているのだから、やはり相手側を意識する。
自分だって同じ趣味の人とかのブログが更新されていれば巡回していても「おっ!」と立ち寄って読むのだから、自分が暫く更新していないと少々焦りも出てくる。



まだみんカラでブログをはじめて一年も経っていないが色んな人が覗いていってくれているみたいだ。
みんカラはPV数を見ることが出来るのでその数字から色んなことが読み取れる。
端的なのはジムニーについて書いた時とランドローバーについて書いた時のPV数の差だ。(苦笑)

只、一日のアクセス数の記録は「三菱I(アイ)のハローキティバージョン」について書いた時だったのがやるせなかったが先日、ジムニーの遠征に付いて書いた日がそれを抜いて少し納得することが出来た。
ランドローバー関連も定着したのかジムニーには及ばないもののその差は着実に縮まっていっている。


こういう数字が持続の原動力になっているのは間違いないところ。
コメントを寄せてくれる方々にも感謝である。




そんなネットという枠を超えて、実際にモニターの向こう側の方とお会いするという機会が増えたのが副産物と呼ぶにはあまりにも大きな出来事。

「冗談から駒」とも言うべき“神奈川支部”も何だかんだで定期的に活動していてしかもその呼び名が定着しつつあるのが怖い。。。。(笑)

掲示板を開設してからはみんカラ登録されていない人からもアクションが起きて来ている。

しかもそのアクションは“輪”となって広がりを見せ始めている。


既にお会いした方、いつもお会いしてる方、今度ご一緒しましょう、という話になっていた方々から「年明けに遊びましょう。」というお誘いを複数受けていたのでM-Ydさんのお仲間の集まりと神奈川支部の集まりとを絡めて…という話になった。
「本当に近場の方で…。」と考えていたのだケド県外からの参加表明を頂いたりしてコチラが恐縮してしまう。


という訳でお誘いの範囲も広がっているのでお近くの方、丁度この日にコッチ方面に来る予定がある方なんていらしたらご一緒しませんか?

当方の掲示板にて告知がありマス。
この告知を見て不特定多数の人が来られるとイベントになってしまうので河川敷の使用許可などとっていないのであくまでも個人の遊びにお誘いしております。

検討中、行く可能性有り、というだけでも構いませんので掲示板にレスを入れて頂けますと参加人数も掴めて河川敷内の何処で宿営地を構えるか等の参考になりますのでお願いできれば、と思います。

某氏は薪ストーブの改良後の成果が見たくてしょうがない模様である。。。。(笑)
Posted at 2007/01/04 06:44:41 | トラックバック(0) | ランドローバー 行事 | クルマ

プロフィール

LANDROVER & TRIUMPH
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
最初は20年選手のミニの故障が多くなり、いつも応急処置ばかりで対応してきたので車検が切れ ...
その他 その他 その他 その他
長らくGTカラコラムに乗っていて流石にBBが逝かれてしまい、ソレを機に現代スペックのKO ...
ランドローバー ディスカバリー ランドローバー ディスカバリー
ジムニーがどんどんオフ専用になっていったので家族車が必要になりランクル77を追加。 しか ...
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
気に入ってましたが例の“規制”で継続車検が受けれなくなってしまいドナドナ~。 しかし、も ...

過去のブログ

2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる