車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月08日 イイね!
Honda Racing THANKS DAY 2016
12月4日にツインリンクもてぎで開催されたHonda Racing THANKS DAY 2016に友人と行って来ました。


この日は筑波サーキットでもクルマのイベントがあり、直前までどちらのイベントに行くか悩んでいた私。
そんな中、ホンダ党の友人がツインリンクもてぎへ行くというので、それならば一緒に楽しみましょうという事で、ツインリンクもてぎに決定しました。
それに今季限りで引退を表明している、F1ドライバーのジェンソン・バトン選手も見ておきたいというのもありました。


年に一度のホンダのファン感謝祭ということもあり、国内外の有名なドライバー、ライダーが一堂に集結し、トークショーあり、レースありのホンダのファン感謝祭ならではの内容となっています。



このイベントで私が楽しみにしていたのは、サーキット同乗体験走行とF1ドライバーのフェルナンド・アロンソ選手のサインを貰う事でした。

どちらも抽選により当選者のみが権利を獲得できるのですが、早朝から長蛇の列が出来ており、当選するには運を味方に付けないと厳しいかなという印象でした。


サーキット同乗体験走行はHSV-010と新型NSXのどちらかを選択して、抽選に参加できるのですが、どちらも悩む選択肢ですよね。
GT500マシンの助手席に座って、サーキットを走るなんてまず普通では体験出来ないでしょうし、話題の新型NSXの助手席に座ってサーキットを走るなんて、こちらも普通ではまず体験出来ない内容だと思います。

列に並ぶ前は、ここはやはりレースカーであるスペシャルなHSV-010の同乗体験走行を考えていましたが、皆さん考える事は同じみたいで、NSXよりも長い列を成していました。

友人はアロンソのサインがいちばん欲しいとの事だったので、もし同乗体験走行が当たったら権利を譲るとまで言ってくれていました。その代りもし自分がサイン会当選したら権利を譲ってねとまで言ってくれていたのに、二人そろって同乗体験走行は外れました(;´Д`)


サーキット同乗体験走行には外れましたが、NSXはもう一つ、別のコースを使った同乗体験走行があり、それならばこちらで当選だ!と意気込み列に並びましたが、私はあえなく撃沈。
そんな中、友人がやってくれました!!
まさかの当選🎯
友人は宣言通り、私にその権利を譲ってくれたのです。
これには本当に感謝しています。


列に並んでいる時は、限定で配布していた、アロンソとバトンが印刷された記念ボトルのコーヒーをゲットしておきました。








抽選会を終えて、サーキットへ向かうと、既にサーキット同乗体験走行のプログラムが始まっていました。
サーキットを走るクルマをまともに見たことはなかったので、そのあまりの迫力にただ驚くばかりでした。
今回はグランドスタンドから300mm望遠レンズで撮影してきましたが、全く寄れなくて、今回のほとんどの写真はトリミングしてアップしています。
ピントも合っていなかったり、ブレブレな写真ではありますが、雰囲気だけでも楽しんでもらえたらと思います。

しかし、これでますます500mmレンズが欲しくなりました。
レンズ買ったからといって写真が上手くなる訳でもありませんが、自分の撮りたい物が決まってくると、やはりあったらいいなぁと強く思う次第です。




EPSON HSV-010

NSX-GTの後継車種として開発され、GT500に参戦していたレースカー
このクルマに乗ってサーキットを同乗体験走行できるなんて羨ましすぎる!


走行シーンを目の前にするまでは、まぁ走ってもそんなに飛ばさないだろうし、軽く流す程度だろうなぁと思っていたのですが、実際に走行シーンを見たら物凄い爆音と共に走り去って行くではありませんか!
初めて見る人からすれば、かなり衝撃的なシーンでした。



 


RAYBRIG HSV-010

HSV-010はこの2台が走行してました。


ストレートを駆け抜けていく時の甲高いサウンドはたまらなくカッコ良かったです。




もちろん新型NSXも走っていました。

HSV-010の前ではどうしてもそのパフォーマンスは見劣りしてしまいますが、こちらもストレートを駆け抜ける時は官能的なサウンドを奏でてくれていました。





















イベントを楽しんでいるうちに、私のNSX同乗体験走行の時間が迫ってきました。
こちらの同乗体験走行はオーバルコースを走行するもので、先のサーキット同乗体験走行とは違った形での体験走行となっていました。

サーキット同乗体験走行が思いのほか圧巻のパフォーマンスでしたので、こちらの同乗体験走行もおのずと期待が高まりました。


オーバルコースを走るNSXを見ていたら、これに自分も乗るのかと思うと、たまらなく嬉しくなってきました。





私が同乗体験走行したNSX

乗り込む前にスマホで一枚撮っておきました。
このクルマのみ、オプションであるカーボン製リアスポイラーが装着されていました。


いざ私の番になると、乗り込んですぐにスタートしてしまったので、インテリアをじっくりと見た記憶がありません。
スタートからフルスロットルで加速してくれた訳ですが、その加速たるや、これまでに味わったことの無い、とんでもない加速でした。
ホイールスピンせずに、一気に加速し、エンジンとモーターの組み合わせによる加速は比較的静かでありながらも、体がシートに押さえ付けられる程の感覚をしっかりと体験しました。

コーナーで180km以上をマークしそのままストレートでさらに加速していき、メーターは240kmオーバーを指していました。
まだまだ加速する余力がありそうでしたが、コーナーが迫ってきていたので、減速。
これら一連の動きに全く怖さを感じさせないところが本当に凄いクルマだなと思いました。
貴重な体験をさせてくれた友人に感謝ですね。

同乗体験走行の様子を見ていた友人も、まさかあそこまでスピード出して走るとは思わなかったみたいで、来年は自分も乗りたいと言ってました。
これにはちょっと後悔したかな?





そしてこれぞファン感謝祭ならではのプログラム
全ての参加ライダー、ドライバーが登場するセレモニーがありました。

初めて生で見るアロンソに感動。
隣は来期のチームメイトになるストフェル・バンドーン選手。




アロンソが代表でスピーチ
先日、メルセデスのロズベルグが電撃引退を発表した事で、最強チームの空いたシートに誰が収まるのかが話題で、アロンソもその候補として挙がっています。
しかし、アロンソのスピーチを聞く限りでは、来シーズンもホンダと共に戦うと言ってましたし、やはり私もマクラーレンホンダで戦うアロンソが見たいです。







こんな集合写真もファン感謝祭だからこそですね。











セレモニーの後は、往年の名車をアロンソとバトンがデモラン
バトンはマクラーレンMP4/6をドライブ
10月の走行確認テストの時も見ていますが、やはり現役F1ドライバーがドライブするとカッコイイし絵になりますね。




ホンダミュージックとも言われるV12サウンドはデモランとはいえども、この音が生で聴けることは至福のひと時でした。
周りの観衆も皆そのサウンドに聴き入ってしまっている人ばかりで、さながら心地よいBGMを聴いているような感じでした。





走行後のインタビューでもバトンは開口一番、日本語で「スゴイネ!」と言ってました。




RA301をドライブしたのはアロンソ

こちらもV12エンジン搭載車。
MP4/6とはまた違ったサウンドを奏でてくれ、より荒々しいサウンドで観衆を魅了していました。









この二人がドライブするF1を見れただけでも幸せです。







豪華メンバーによるワンメイクレースもありました。

ライダー、ドライバーがCR-Zに乗ってレースを繰り広げます。
エキシビションとはいえ、そこはレーサー、皆さん負けず嫌いなようで、かなりムキになってレースをしてました。
見ているこちらは、見応え十分で最後まで楽しませてもらいました。





アロンソとマルケスがサイドバイサイド!
F1ドライバーとMotoGPライダーがお互い一歩も譲らない本気のバトル
こんな光景、他では見れません。






レースを終えて、ピットに戻るF1ドライバー3人
ここでもやらかしてくれました。






ピットレーンに入るのに、アロンソはショートカットしてくるし、バンドーンはバトンの前に出るしで、どんだけ負けず嫌いなんだよとw

アロンソに至っては、レース中にヘルメット脱いじゃってるしw










時間の都合で最後まで見る事は出来ませんでしたが、どのプログラムも本当に楽しめて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
初めて行ったので、どこから見ていいのか勝手が分からず、プログラムの内容も把握しきれていなかったので、来年はもっと効率良く見て回りたいですね。



そして来年は、同乗体験走行とサイン会に当選して友人に恩返ししたいです!!



ではまた(@^^)/~~~
Posted at 2016/12/09 21:31:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | Honda Racing THANKS DAY | 日記
2016年12月03日 イイね!
明日はホンダサンクスデーに行って来ます🎵
明日はツインリンクもてぎのホンダサンクスデー2016へ行って来ます。

当初は同日に行われる筑波サーキットでのイベント スピード×サウンド トロフィーと迷っていたのですが、友人がツインリンクもてぎへ行くというので、それならばと一緒に行く事にしました。
でも後から知ったのですが、筑波サーキットは私の好きなレースクイーン
藤木由貴ちゃんがステージで今話題のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の「恋ダンス」を踊るというではありませんか!
これはちょっと見たかったかな~


ツインリンクでもレースクイーンに期待しよう。そうしよう。(爆)


初めて行くイベントなのですが、ホンダの感謝祭という事もあり、豪華な内容となっていますね。
F1ドライバーのアロンソバトンも来るとあって、今から楽しみです。
そして抽選ではありますが、新型NSXやレアなHSV-010にサーキットでの同乗走行体験まであるので、朝一で並んで何とか当選したいですね~


カメラで撮影するのもとても楽しみですが、300mm望遠レンズだと寄れない可能性もあるので、どこまで寄れるのか気になります。





お出かけ前に洗車も済ませておきました。
そういえば洗車したの、先月のスタンスネイション以来かも(笑)
最近洗車をする頻度が以前に比べてかなり減りました💦


久しぶりに綺麗になった我が愛車 真紅のIS
日も傾きつつあったので、夕日とコラボしたいと思い、撮影場所は前回も訪れた夕日の郷松川



前回はフロントから撮影したので、今回はリアから撮影してみました。
到着したのが、日の入り直前という事もあり、あれこれ考えていると、あっという間に日が沈んでしまうので、とりあえず急いで撮りました的な写真になってしまいました(^^;


先月もここで撮影しましたが、日の沈む場所がだいぶ変わりましたね。




ダイヤモンド筑波になるのはまだかなり先になりそうですね。



明日は楽しむぞ~
Posted at 2016/12/03 22:01:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | IS350 | 日記
2016年11月26日 イイね!
FLY AGAIN TSUCHIURA2016 に行って来ました。
今年も霞ケ浦総合公園でFLY AGAIN TSUCHIURAが開催され、土浦の空に室屋さんが操るExtra300Sが素晴らしい曲技飛行を見せてくれました。


2015年に幕張でレッドブルエアレースを見て、室屋さんのファンになった私。昨年は初めてFLY AGAIN TSUCHIURAを見に行き、レースでは見ることの無い曲技飛行が幕張の観客席よりも更に間近で見られるので迫力あるエアショーを楽しめたので、絶対に今年も行こうと決めてました。

ファンサービスも勿論あって、昨年は現地に早く到着するも、そんな企画があった事も知らずに悔しい思いをしたので、今年は事前に調べてから現地入りして、ファンサービスに参加するのも目的のひとつでありました。



室屋さんのエアショーは午前と午後の二回あり、一回約15分間の飛行で観衆の前を飛んでくれます。
写真も午前の部と午後の部に分けてアップしてあります。
また今回は、PCからのみとなりますが、画像クリックでそこから更にクリックで元画像の大きさになる様にアップしていますので、迫力ある画像で機体や室屋さんの姿をぜひご覧ください。
写真はまだまだ上手く撮れてませんが、去年の時と比べたら格段に良く撮れたと実感しています。
レンズも去年は200mmで撮影していましたが、今年は300mmで撮影してきました。
300mmでも足りない場面は多々あるのですが、それでも幕張よりも間近で見られることもあってか、迫力あるカットを収める事も出来ました。



午前の部

Extra300Sを駆って室屋さんの登場です!




曲技飛行やレースに適した機体であり、レッドブルエアレースでもチャレンジャークラスでは同一の機体を使ってのレースが行われ、その機体がExtra300Sとなっています。
室屋さんのエアショーでは毎回この機体が使われています。
因みにレースで使用される機体はEDGE540 V3というレッドブルエアレースに特化した機体を使っています。

 



写真は全てノートリミングでアップしてます。
APS-Cサイズで300mmレンズならここまで寄れます。
間近で見る事が可能なので、200mmレンズがあれば何とかなります!














画像クリックで元画像を表示して頂くと、操縦桿を握る室屋さんがよりハッキリと見て取ることが出来ます。



観客に手を上げてご挨拶する室屋さん♪
これもクリックで元画像表示させるとよりハッキリとその様子が分かります。














室屋さんの大技としても有名な室屋ホイール
空高く舞い上がりそこから垂直にきりもみ回転しながら落ちてくるのですが、その回数なんと10回転!
去年この室屋ホイールを初めて見た時はそれはもう驚きました。
そんなに回って目が回らないのか?と誰もが思うことでしょう。
スモークの軌跡と機体を大きく撮りたかったのですが、難しくて上手く撮れませんでした。







午前の部が終了後はフライボードのデモンストレーションやステージイベントもあり、また今年からは室屋さんのチームに新たにLEXUSがサポートに加わった事もあり、LEXUSからはGSFとRX450hの展示がありました。









イベント会場でお馴染みのレッドブルMINI
このクルマを見かけたら無料でレッドブルが貰えるチャンスですよ~

このクルマにはもう一つ秘密があるのをご存じでしょうか?
車両ナンバーに注目してください。
283でツバサを意味しているのです。
これは全国どの車両でも統一されているそうで、レッドブルのCMでも流れているように「翼を授ける」を意味しての事からとなっています。


パラグライダーの体験飛行もあり、霞ケ浦の上空を気持ち良さそうに飛ぶ姿も見られました。











フライボードの体験も可能で、何人かの方が挑戦されてました。











ここからは午後の部になります。













子どもの時に見たアニメ機動戦士ガンダムのパイロット アムロレイに憧れてパイロットを目指した室屋さん。
決定付けたのは、飛行機のコックピットを見た時だそうで、計器類がズラリと並んだその様を見て、ガンダムのコックピットを思い浮かべたそうです。
そう言われたら確かにそう見えてしまいますよね。
計器類の中央に貼ってある白い紙は、レースの時はコース取りなどが詳細に記されているのですが、今回も何か詳細なメモ書きがされているみたいですね。

















Extra300Sの特徴として、機体の中央が空洞になっています。
機体の下部からキャノピー越しに青空が見える事でその様子を知ることが出来ると思います。
良く見ると室屋さんの足も写っています。
軽量化の為にボディの下部は丈夫な布の様な素材で出来ており、レース向けの為に徹底された軽量化が成されています。








こちらはキャノピー越しから機体下部の雲が写っているのが確認できます。





エアショーのあとは室屋さんのトークショーもあり、話題はやはり千葉戦での優勝した時のことがメインでした。
MCは今年もレッドブルエアレース千葉戦で会場のMCを務めたMC Aleeさん。
ラウンド16でスモークが出なくてペナルティーを受けてハラハラしていたのに、当の室屋さんは、焦りもせず、冗談交じりで「そのほうが見ていてドキドキするし楽しめるでしょ」って思っていたそうです。
こんな話が聞けちゃうのもトークショーならではですよね。












トークショーの後はファンサービスがありました。
室屋さんのブースにてグッズを購入し、先着順でファンサービスに参加できる権利があり、会場限定でサイン入りの自叙伝があったのを見つけて、以前からその本を購入して室屋さんにサインを入れてもらおうと考えていたので、まさに一石二鳥でした!


ファンサービスは好きな物にサインを入れてもらうか、記念撮影のどちらかを選ぶことが出来ました。
私はこんなチャンスは滅多にないだろうと思い、憧れの室屋さんとツーショット写真を撮ってもらいました(*^^)v


憧れの室屋さんと一緒に撮影することができて、握手までしてもらってこの日いちばん嬉しかった出来事でした。





購入したグッズたち
何気に室屋さんの機体ナンバー31が入ったアクセサリーがお気に入り(*^^*)
カメラリュックに付けて見ました♪




直筆サイン入りは嬉しい(^^♪

これからじっくりと読みたいと思います。



今年は年間総合3位以内を目指し、その実力がありながらも、トラブルやミスで昨年同様の6位で終えた室屋さん。
レース後半は調子も良く、予選では常に上位のタイムをマークし、上位進出も狙えるだけの力を見せつけてくれました。
トークショーでも言ってましたが、来年はミスを少なくして、年間総合優勝を目指していくとのことでした。
それだけの力は十分にあると思います。






今回のFLY AGAIN TSUCHIURAでの撮影は去年撮影した時よりも良く撮れたことが自分では良かったと思います。
しかし、レッドブルエアレースやエアショーを撮影するならやはり500mmレンズは欲しいなぁとも強く思う様になりました。
Nikon純正で欲しいレンズがあるのですが、すぐに買える訳でもないので、いつかは購入してレッドブルエアレースやエアショーで撮影してみたいですね。




おまけ
カメラのレンズでは画角が狭くてフレームに収まりきらなかったので、スマホにて撮影。

来年もFLY AGAIN TSUCHIURA楽しみにしています!

Posted at 2016/11/27 18:30:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | FLY AGAIN TSUCHIURA | 日記
2016年11月26日 イイね!
FLY AGAIN TSUCHIURA2016
霞ケ浦総合公園にて行われたFLY AGAIN TSUCHIURAに行って来ました。

レッドブルエアレースに参戦する室屋義秀選手がアクロバティックな操縦で土浦の空を舞いました。

明日は百里基地航空祭へ行くので、とりあえずの一枚をアップしておきます。




室屋さんカッコ良かった~




明日も天気がどうにか持ちますように!

それではおやすみなさいzzz



Posted at 2016/11/27 01:07:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | FLY AGAIN TSUCHIURA | 日記
2016年11月21日 イイね!
花貫渓谷の紅葉
本日は高萩市にある花貫渓谷へ紅葉狩りに行って来ました。

ここは県内でも紅葉の名所として有名な場所で、デジタル一眼レフカメラを購入してからは、いちどは撮影に訪れたいと思っていた場所でした。

ちょうど平日の休みがあったので、観光客が少ないであろう本日に狙いを定めて行ったのですが、平日にも関わらず多くの観光客で賑わっていました。


最初に向かったのは名馬里ヶ淵(なめりがふち)。
ここは知る人ぞ知る場所で、私は以前に訪れた時にたまたま見つけた場所です。


今から十年位前に初めて訪れた時にその景色の良さが記憶に残っていたので、兼ねてより撮影をしてみたい思っていた場所でした。

















下に降りると渓流があります。




釣りをしたくなるようなロケーションです。
岩魚や山女魚が釣れそうな場所ですね。










バイクのツーリングコースとしても有名な場所ですが、この時期はクルマでゆっくりと景色を楽しみながらドライブするのもお勧めです。





名馬里ヶ淵を後にして、次に向かったのは本日のメインでもある汐見滝吊り橋


花貫渓谷と言えばこの汐見滝吊り橋が有名なスポットであり、紅葉シーズンともなればここの景色を収めるべく多くのカメラマンが訪れる場所でもあります。


平日であっても観光バスで多くの観光客が訪れるので、人を入れないで撮影するのに苦労しました。
これが土日であったら更に困難なことが予想されるので、天気が悪くても本日に行って良かったのかも知れません。






























毎年都合が合わず見頃の時期を逃していましたが、今年は念願かなって撮影に赴くことが出来たのが何よりも良かったです。






さて、
今週末の撮影は静から動へ
兼ねてから楽しみにしていたFLY AGAIN TSUCHIURAと百里基地航空祭の撮影に行って来ます♪
ではまた(^^)/~~~
Posted at 2016/11/22 00:36:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | 紅葉 | 日記
プロフィール
「今日はバスツアーで横浜中華街~赤レンガ倉庫~京浜工業地帯の夜景クルージングに行ってきます。楽しみ〜♪」
何シテル?   12/10 11:01
休日にドライブをしたり、温泉へ行って過ごすのが趣味です。 最近始めたカメラが新たな趣味となっており、ドライブで行く先々での撮影が楽しみとなっています。 ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
ファンベルト、アイドラプーリ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/13 12:42:26
カシムラ BL-51 Bluetoothレシーバー USB AUX 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/08 20:37:46
AQ セパレートイルミソケット USB 1.2A 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/08 20:37:29
お友達
ガンダム好きな人、同じIS乗りの方、それ以外でも車が好きな方、ドライブが大好きな人はお友達になってくれたら嬉しいです。
100 人のお友達がいます
なっきいなっきい * レクサス350レクサス350 *
REVOLTREVOLT *みんカラ公認 gs3407hgs3407h *
カメ3412カメ3412 * DAN@is250DAN@is250 *
ファン
14 人のファンがいます
愛車一覧
レクサス IS 深紅のIS (レクサス IS)
スポーツセダンに乗りたくて、IS350version Sを中古で購入。 純正プラスαの ...
その他 ジャイアント 蒼き流星 (その他 ジャイアント)
GIANT ESCAPE R3 通勤や休日のサイクリングに活躍してくれる良き相棒です( ...
トヨタ アルファードG トヨタ アルファードG
前車はアルファードGに乗っていました。 DIYでLEDのドレスアップが楽しくて、夜はちょ ...
マツダ サバンナRX-7 マツダ サバンナRX-7
18才で免許を取得して最初に乗った車です。 昭和63年式 前期型FC GT-R 車両価格 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.