• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kouki☆のブログ一覧

2017年06月04日 イイね!

レッドブルエアレース千葉2017決勝

レッドブルエアレース千葉2017決勝遅くなりましたがレッドブルエアレース千葉2017決勝の模様をアップいたします。

予選の記事もアップしていますのでよろしければご覧ください。
予選ハイライトシーンの動画を追加しました。
レッドブルエアレース千葉2017予選




毎年予選のみの観戦でしたが、今年は初めて決勝を見に行きました。

1710-jpg-1797
せっかくの決勝戦ですから、観戦エリアも奮発して初の一般エリアからの観戦としました。
この日も、もちろん最前列を確保しての観戦です(^^♪
直前に購入したコンデジでコース全体を撮影してみましたが、やはりサブのカメラがあると便利ですね。





決勝は13時スタートでしたので、それまでに昼食を済ませてパーク内のブースを見て回りました。
一般エリアだと、パーク内で様々なサイドアクトが見れたり、充実したフードコートがあったりとエアレース観戦以外でも十分に楽しめる内容となっています。



昨年から室屋選手をサポートするLEXUSブースへ行き、特別展示されたLC500hを見てきました。

1710-jpg-1794




1710-jpg-1786
室屋選手への熱い応援メッセージががびっしりと書かれています。
透明のシートにメッセージを書いてボディに貼ってあります。
私も応援メッセージを書きました。


1710-jpg-1792
期間中、LEXUSは全選手に移動用の車両を提供しており、LFAも数台提供するという特別待遇ぶり
ドルダラー選手は黄色のLC500に乗ってレース前に室屋さんのホームであるふくしまスカイパークを表敬訪問していました。






1710-jpg-1789
エクストラ300SのLEXUSカラーバージョン
エアショーで飛んでいる姿を見るのはレッドブルカラーバージョンの方が多い印象なので、こちらのLEXUSカラーバージョンが飛んでいる姿も見てみたいですね。





前日は予選終了後に登場した零戦ですが、この日は決勝開始前に登場!


1710-jpg-8549
前日とは違い、この日は車輪を格納しての展示飛行でした。



1710-jpg-8568
なんと!キャノピーを開けてパイロットが手を振ってくれていました!!





1710-jpg-8574
こんな光景二度と見れないかも!?
予選、決勝と違ったフライトを見れたのでこれは嬉しかったですね(*^^)v





DC-3は決勝の合間に登場しました。
1710-jpg-9302



1710-jpg-9344



1710-jpg-9295



1710-jpg-9319
どの角度から見ても美しい機体ですね。









午後になりいよいよ決勝がスタートしました。

ここで競技について簡単に説明をしておきます。
決勝は予選のタイムで対戦相手が決まり、上位と下位の組み合わせで14人のパイロットが戦うラウンド・オブ・14、そこから勝ち上がった7人のパイロットと敗者の中で最速タイムだった1人のパイロットが戦うラウンド・オブ・8、そして勝ち残った4人で戦うファイナル4からなります。

コース上に設置されたパイロンを通過し、より早いタイムを記録した方が勝者となります。
パイロン通過時には水平に通り過ぎなければならず、また折り返し地点では10Gを0.6秒以上記録してはいけないというルールがあります。
これらのミスを犯すとペナルティタイムが加算されたり、失格となってしまいます。
他にもルールがありますがレッドブルエアレースでは、
パイロン通過時に水平を維持していなかった「インコレクトレベル」の+2秒
「パイロンヒット」の+3秒
オーバーGによるDNF(失格)
とりあえずこの3つのルールを知っているだけでもレースを見るうえで楽しめるかと思います。



Round of 14 ヒート1
決勝はタイムの遅い選手が先に飛んで、早い選手が後から飛ぶ形でレースは行われます。
1710-jpg-8656
先攻は私の応援しているパイロット、ニコラス・イワノフ選手でしたが、予選タイムでも早かった後攻のマット・ホール選手が勝利。
早々にイワノフが見れなくなってしまったのはちょっと残念でした。






Round of 14 ヒート2
ヒート2の後攻ではいよいよ室屋さんが登場です!


1710-jpg-9532
先攻はペトル・コプシュタイン選手
予選11位の選手とあって、室屋さんの予選4位を考えたらここは勝っておきたい相手です。
しかし、コプシュテイン選手がここでなかなかの好タイムを記録。


1710-jpg-8770
後攻の室屋さん、最後の区間タイムでなんとかコプシュテイン選手を上回り、ギリギリの勝利を収めました。
その差僅か0.007秒!!
危うく初戦敗退するところでした💦

私が見ている場所からだと、大型モニターの情報が見れず、また実況の声も歓声にかき消されて届きにくかったので、その場で勝ち負けの判断が出来ないのです。
周りの反応で結果を知るのですが、後からこんなにもギリギリの結果で勝利しているとは思いもしませんでした。
とりあえずは勝利したので一安心しました。






予選とは違った角度から撮影できたのも良かったのですが、実はこのエリアは2015年の開催時は一番安いエリアでした。
予選はなんと破格の3000円でした!この時はパーク内のサイドアクトやフードコートも自由に行き来できたのでかなりお得なチケットだったと思います。
昨年から観戦エリアが変更になり、この場所が一般エリアに変更になりました。


1710-jpg-8841



1710-jpg-8929



1710-jpg-9158




Round of 14の勝者は全て後攻めの選手が勝利しました。
つまりは、予選で早いタイムを出していた選手が順当に勝ち上がったという結果になりました。




Round of 14の後に本日もサイドアクトでエアロバティックスがありました。

1710-jpg-9235



1710-jpg-9254
キャノピー越しにパイロットが手を振っているのが確認できるでしょうか?
現像していて気が付きましたが上空からどこに向かって手を振っていたのだろう!?




サイドアクトが終わるとRound of 8開始です。
ヒート1の先攻でいきなり室屋さんが登場!

1710-jpg-9438
しかし、室屋さんはまさかのインコレクトレベルでペナルティタイムが加算されてしまいました。
モニターを見ていたファンの方々の反応もミスはあったけど良く頑張ったね。といった感じの反応でした。
対戦相手はマット・ホール選手
+2秒の余裕があるのでミスをしない限りは、負ける事は考えられませんでした。





1710-jpg-9472
安定したフライトをしたホール選手。
室屋さんのタイムを上回ったままゴール。会場もここまでか~という残念な雰囲気が漂っていましたが、その直後、モニターにまさかのアンダーレビューの文字が!
審議の結果、なんとクライミング・イン・ザ・ゲートのペナルティー
垂直ターンに入る場所でゲートを通過する前に上昇を始めていたとして、+2秒の加算がされてしまいました。
これにより、室屋さんがタイムで上回り、ファイナル4への進出が決定したのでした!
しかし、その判定はかなり微妙なもので、ノーペナルティと判断されて、ここで室屋さんが敗退していてもおかしくないくらいの微妙な判定だったと思います。

ここでもなんとか勝ちを収めた室屋さん。
年間総合優勝を切に願うファンとしては、最低でもファイナル4への進出を決めてくれたら嬉しいと思っていたので、それが千葉戦で見れるとは嬉しい限りでした。






1710-jpg-9630



1710-jpg-9636
安定したフライトを見せ、ファイナル4へ勝ち進んだドルダラー選手
さすが王者ですね。






1710-jpg-9746






1710-jpg-9861
今大会も好調を維持するションカ選手も順当にファイナル4へ進出


ファイナル4へ進出したのは
室屋選手、ドルダラー選手、ションカ選手、そしてなんとRound of 14で室屋選手に敗れるもファステストルーザーでここまで勝ち上がってきたコプシュテイン選手!






1710-jpg-9887
垂直ターンを行う通称「マクハリ・マニューバ」
ここが勝負の分かれ目で、Round of 8でもカービー・チャンブリス選手、ピート・マクロード選手がDNFで失格となっている場所です。
今年もここで勝負を決するドラマがありました。




ファイナル4は4人のパイロットが順に飛んで、いちばん早いタイムを記録した選手が優勝になります。

室屋さんはいちばん最初に登場!!ここまで来たら優勝する姿を見たい!!そう思いながら応援していました。

1710-jpg-9923
その操縦スタイルからサムライ・スタイルと称される室屋さん。
日本人だから単にサムライの名前が付いたのではなく、その操縦スタイルにあります。
通常、操縦桿は右手で握り、左手はスロットルを握るのですが、レース中はスロットルは常に全開にしているので、それならば左手も操縦桿に添えて両手で操作した方がより繊細な操作が可能になるとのことから編み出された独自のスタイルなのです。
操縦桿を両手に持った姿が刀を持った侍のようだという事から、サムライ・スタイルと呼ばれるようになったのです。



1710-jpg-9923-2
拡大した画像を見ると、両手で操縦桿を握っているのが確認できるかと思います。
しかし、一切減速もせずに、ゲートやシケインを通過するなんて他のモータースポーツでは考えられませんよね。
そこが迫力あって面白いのは言うまでもありません。







1710-jpg-9915
ファイナル4では限界ギリギリを攻めるのではなく、ノーペナルティで飛ぶ事を優先した室屋さん。




1710-jpg-9927
54秒台を出せば、優勝の可能性も高まるけれど、リスクも高くなるので、あえて攻めの姿勢で臨まない作戦を取り、ノーペナルティーでフィニッシュ。
55秒前半を記録し、後続の選手にプレッシャーを与えるだけの十分なタイムを出しました。









1710-jpg-9994
続く2番手はコプシュテイン選手。
ノーペナルティーでゴールしましたが、室屋さんにタイムが及ばず。
この時点で室屋さんの表彰台が確定!!










続く3番手に登場はドルダラー選手。
昨年の年間王者のフライトはさすがに早い区間タイムを記録していました。

1710-jpg-0137
しかしここでまさかの出来事が!!
最後の垂直ターンでドルダラー選手がまさかのパイロンヒット!!
勝負が決した瞬間でもありました。





1710-jpg-0142
ドルダラー選手はサンディエゴ戦に続き2戦連続でファイナル4でパイロンヒット
パイロンヒットがなければ54秒台を記録していたので、室屋さんに勝利していたのですが、逆に言えば室屋さんのタイムがそれだけプレッシャーとして働いていたということでしょうね。







ファイナル4最後に登場したのはションカ選手
1710-jpg-0172
くしくも昨年の千葉戦を最後に飛んだのもションカ選手でした。
その時は接戦を繰り広げ0.1秒差で室屋さんが勝利しました。
今年も昨年同様の対決になるとはこれもまたドラマですかね。




1710-jpg-0185
フリープラクティスでは54秒台を記録していたので、手強い相手でしたが、ゲート4でインコレクトレベルを犯して2秒のペナルティー
そのままゴールしたションカ選手のタイムは室屋さんに及ばず。


室屋さんが母国2連覇、そしてサンディエゴ戦から連続優勝を決めた瞬間でもありました。
観客全員が立ち上がり、拍手と歓声で包まれた会場は最高の空間でした!
昨年の優勝した室屋さんの姿を自宅のパソコンから観戦していて、来年は自分もあの場所で同じ思いをしたいと願っていたのが本当に実現するなんて夢のような出来事でした。







1710-jpg-1800
大型スクリーンに映し出される室屋さん。
昨年の初優勝と違って、自身3勝目なのもあって表情も落ち着いていますね。
君が代が再び幕張で流れる様子を見れて幸せな瞬間でもありました。




1710-jpg-1804
レース後のコメントでも今回のレースはラッキーだったと語る室屋さん。
確かにRound of 14ではコプシュテイン選手に薄氷の勝利をし、続くRound of 8では自身がミスをするも、ホール選手のミスに助けられ何とか勝利。

ファイナル4ではミスをしない安定したフライトを心掛けた作戦が功を奏し、相手に十分なプレッシャーを与える事にも成功。
風向きが強くなっていたこともあり、対戦相手2人がペナルティーを受けたのも大きい

勝利の女神は室屋さんに微笑んでくれたのでしょう。



何はともあれ室屋さん、優勝おめでとうございます🎊

決勝のハイライトシーンをダイジェストでどうぞ

母国で2勝を上げた選手は他に引退したポール・ボノム選手しかおらず、室屋さんがそこに名を連ねたのは嬉しい限りです。







3戦を終えてポイントランキングでもトップに躍り出た室屋さん。
ションカ選手とは同率のポイントですが、優勝回数が2回の室屋さんが首位となった訳です。
次戦からはヨーロッパラウンドに突入するのですが、室屋さん曰く、ヨーロッパラウンドはヨーロッパ勢のパイロットが強い傾向にあるので、勝負はここからだと
まだ残り5戦もある訳ですからね。

昨年は千葉戦で初優勝をした後は、優勝するだけの実力がありながら、どこか歯車がかみ合わず思う様な結果を出せていなかった室屋さん。
今年は初戦こそDNFで失格となりましたが、フライト自体のパフォーマンスは良くて、早い印象を受けるので、年間総合優勝を狙える年だと信じています。

今後のレースは全戦でファイナル4に残り、その中でさらにあと一勝あげるだけの実力が十分に備わっていると思います。











そしてこの日は決勝終了後に大会アンバサダーになっているGLAYのスペシャルライブがありました。
1710-jpg-1808
著作権の関係で一切の撮影、録音が出来ませんでしたので、ライブ前にステージの撮影だけしておきました。

室屋さんの優勝もあり、ライブは最高の盛り上がりを見せました!
自分が若い時に聞いていたヒット曲の数々を惜しげもなく披露してくれて、最後にこの大会のテーマソングにもなっているXYZを歌ってくれたくれた時には、上空にエクストラ300が現れ、エアロバティックスによる演出まであり、会場の一体感がたまらなく心地よかったです。
私は運よく前列の方で見る事が出来たのもラッキーでした。






<二日間の観戦を終えて>



今回は予選、決勝と二日間、それぞれ別々のエリアから観戦した訳ですが、
観戦するにあたってはそれぞれメリット、デメリットがありましたね。


<予選で観戦したスタート、ゴールエリアについて>

ここは最安で購入できるチケットであり、レースもしっかりと観戦できるエリアです。
その分他のエリアとは差別化されており、パーク内のサイドアクトやフードコートには入れない様になっています。
しかしながらレースだけを楽しみたい人にはお勧めのエリアです。
会場が仕切られているおかげで、フードコート、グッズ売り場、トイレが近くにあり、かなり便利なのです。
グッズ売り場も近いので、待ち時間もなくすぐに購入出来ました。
最前列は砂浜ではなく、コンクリートなので砂まみれになる事もなく快適です。ただし長時間座っているとお尻が痛くなってくるので、クッションがあった方が良いと思います。
どちらかというと格安でレースだけを楽しみたい人向けのエリアです。





<決勝で観戦した一般エリアについて>

値段はやや高くなりますが、レッドブルエアレースを思う存分楽しめるエリアです。
会場は広く、ここがメイン会場である事を実感出来ます。
ここでしか手に入らない限定グッズの販売もあり、パーク内のサイドアクトやフードコートも充実しているので、レース以外でも楽しみたい人向けのエリアです。
レース観戦に関しても一体感をより味わえるエリアではないかと思います。
ただ入場してから観戦エリアまでは少し距離があり、また最前列は砂浜なので、靴に良く砂が入ります。レジャーシートは必須です。
お尻は痛くなりませんでしたが w


しかし会場が広いぶん、最前列を確保した場合はフードコートやトイレまでの距離がある為、不便です。
グッズ売り場も決勝当日は多くの人が長蛇の列を作っており、購入するのも一苦労しそうでした。
レースだけを楽しむならスタート、ゴールエリアがベストかも知れません。


しかしこの日はGLAYのスペシャルライブが見れるという特典があったので、最高に素晴らしいエリアでもありました。








NEXT RACE

HUNGARY BUDAPEST 01-02 JUL





私がレッドブルエアレースの開催地の中でも特に好きな場所です。
ハンガリーの首都ブダペストで開催されるレースで、ドナウ川を挟んだ世界遺産にも登録されている美しい街並みの中で行われるレースです。


見どころはなんといってもそのスタート方式でしょう。
ドナウ川に架かるセーチェニ鎖橋の下を時速370kmでくぐり抜けてスタートするというクレイジーなスタート方式にあります。


昨年は雨により川が増水し橋の上からのスタートとなりましたが、2015年は橋の下をくぐり抜けてのスタートでした。
動画で2015年のハイライトがご覧いただけます。

昨年は天候悪化によりファイナル4がキャンセルとなり、室屋さんは5位に終わりました。
上位進出が狙える内容だっただけに残念ではありました。
今年は勢いに乗っているので、ブダペスト戦でも活躍を期待したいですね。



今年は最高の二日間を楽しんだレッドブルエアレース千葉2017になりました。



来年も予選、決勝の二日間の観戦をしたいと思います。


Posted at 2017/06/18 23:10:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | レッドブルエアレース | 日記
2017年06月03日 イイね!

レッドブルエアレース千葉2017予選

レッドブルエアレース千葉2017予選今年も楽しみにしていたレッドブルエアレース千葉2017に行って来ました(*^-^*)

今年は予選、決勝と二日間の観戦をしました。
昨年は予選を見に行くも、天候悪化により予選がキャンセルとなり、決勝は自宅で観戦していましたが、室屋さんが悲願の初優勝を成し遂げたのを見ていて、生で室屋さんの優勝した姿を見たかったという強い思いがありました。


そして今年の第二戦、サンディエゴ戦での優勝!

千葉戦にも期待せずにはいられないという思いから、今年は二日間の観戦で思いっきり楽しもうと決めたのでした!!


観戦エリアも予選、決勝とそれぞれ別々のエリアから観戦しました。
今回は撮影した枚数も多く、当初は予選、決勝を纏めて記事にしようかと思いましたが、せっかく予選、決勝と見に行ったのですから、二部構成にしてブログをアップする事にしました。





まずは初日の予選の模様から
1710-jpg-6239
前日のフリープラクティスが強風によりキャンセルになっていたので、予選当日が心配でしたが、当日は快晴で富士山も見えるほどでした。







予選はスタート、ゴールエリアから観戦しました。
1710-jpg-6254
ゲートオープンは10時でしたが、私は最前列から観戦したくて朝早くから並びました。
その甲斐あって、無事に最前列を確保する事が出来ました。
チェッカーフラッグのゲートがスタート、ゴールの位置になります。
今年からオフィシャルタイムキーパーがハミルトンになり、ハミルトンユーザーの自分としては嬉しい限りです♪







予選は16時からなので、それまでの間は各選手のフリープラクティスの様子やサイドアクトを見て楽しんで過ごしました。
今年のサイドアクトでは零戦DC-3が展示飛行を行ってくれる事を知り、とても楽しみにしていたのでした。






フリープラクティス開始前にまずは自衛隊のヘリコプター「 アパッチ」がサイドアクトで登場。
1710-jpg-6273
通常よりも高度を下げて低空周回(ローパス)しながらの飛行なので迫力ありました。





1710-jpg-6309
映画「シンゴジラ」にも登場したらしいですね。
私は見ていないので知らなかったのですが、隣の方と話していたら教えてくれました。





千葉市からは消防ヘリコプター「おおとり」が登場。

1710-jpg-6757
空中から水を投下する様子やホバリングしながらの救難デモンストレーションは見応えがありました。






フリープラクティス開始前には、レッドブルエアレースの解説者でもある、ポール・ボノムによるテストフライトがありました。

1710-jpg-6346
現在は解説者として活躍されていますが、2015年に引退するまでは絶対王者として君臨し、3度の年間総合優勝を果たし、特に2015年は圧倒的な強さを誇り、全8戦中1位か2位のみでロヴィニ戦で8位が一度だけ。
ひとりだけ頭一つ抜き出ている感がありました。
シーズン終了後に引退を発表した時は、まだ誰も今のボノム選手に追い付けないまま引退されてしまう感じもあり、まだまだ現役で続けてほしい気持ちがありました。
現役の時から好きな選手だったので、再び幕張の空でボノムのフライトを見れたのは嬉しかったです。








初日はフリープラクティスと予選の様子を撮影しました。
マスタークラスの全14名の選手を載せてあります。


1710-jpg-6401
クリスチャン・ボルトン選手

昨年のシーズン途中から、ハンネス・アルヒ選手に変わって参戦しているルーキーです。
不慮の事故で無くなったアルヒの分も含めてこれから活躍してもらいたいですね。

1710-jpg-6402
フリープラクティス開始早々にゲート6でパイロンヒット!
私が観戦していたほぼ目の前での出来事で、パイロンヒット時にはボンッという破裂音が聞こえました。
機体には千切れたパイロンの一部が絡んでいるのを確認出来ます。
フリープラクティスではここでパイロンヒットをさせる選手が何名かいました。



1710-jpg-6433
ペトル・コプシュテイン選手

参戦2年目の選手です。機体に描かれたイラストが目を引き、印象に残る機体となっています。
決勝で見せた活躍は本人も大満足だったと思います。







1710-jpg-6785
ミカエル・ブラジョー選手

今年から参戦するルーキー。昨年に引退したナイジェル・ラム選手の機体を受け継ぎ、チームのスタッフはラム選手の時のメンバーがそのまま残っており、レースのノウハウは十分にあると思います。
マット・ホールがシーズン前に機体をEdge 540 V3に変更した事もあり、レッドブルエアレースで唯一のMXS-Rとなります。
機体に錆を施したペイントがカッコイイです。



1710-jpg-6792
ゲート7の通称:千葉コーナーをターンするブラジョー選手。
参戦するパイロットの中でいちばん若いのがブラジョー選手。
イケメンなのもあって、女性ファンが増えそうです。




1710-jpg-6825
カメラマンエリアのみ三脚の使用が可能となっており、またパイロンにも近いので迫力ある写真が撮れそうでした。




1710-jpg-6841
フランソワ・ルボット選手

今年から機体のカラーリングを変更したルボット選手。
この機体も千葉戦が最後で次戦からは新機体で参戦する事が決まっています。

ルボットはバーチカルターン時の発声がかなりうるさいのが特徴 w
身体に最大で10G近くの重力が掛かるので、独特の呼吸法をマスターしている選手達ですが、その時の発声がかなり辛そうなのがカメラ越しに伝わってくるのです。




1710-jpg-6943
カービー・チャンブリス選手

二度の総合優勝を誇るベテランパイロット。
サンディエゴ戦では4位に入り、その実力は今でも健在か





1710-jpg-7045
ピート・マクロード選手

室屋さんと同期にデビューした2009年組のメンバーのひとりであり、同期の中では一番早く優勝したパイロットでもあります。
この日予選のトップタイムをマークしたのはマクロードでした。
実力もさることながら、レッドブルエアレースのイケメンパイロットと言えばこの人でしょう。





1710-jpg-7145
室屋義秀選手

レッドブルエアレースに参戦する唯一の日本人選手であり、私がエアレースに興味を持つきっかけとなった選手です。
この日、一本目のフリープラクティスでは14名中、12位というタイムを記録し、何かトラブルでもあるのかと心配でしたが、機体のセッティングが合わず、タイムが出なかったみたいです。
続く二本目のフリープラクティスではセッティングも変更し、しっかりとタイムを縮めて5位にまで順位を上げてきました。
予選ではきっちりとタイムを出して4位で通過しました。
この辺りはさすがですね!












予選開始前にはサイドアクトでエアロバティックスによる演出もありました。
1710-jpg-7320




1710-jpg-7388
エアロバティックス専用機でもあるエクストラ300








1710-jpg-7635
マット・ホール選手

室屋さんと同期デビューの2009年組のひとり。
オーストラリアの空軍パイロット出身であり、エリートパイロットとして活躍していた華々しい経歴の持ち主です。
その実力は申し分なく、2015、2016年と年間総合2位になっており、年間総合優勝を十分に狙える選手です。
今シーズンから機体をそれまでのMXS-RからEdge 540 V3に乗り換えており、シーズン前半は機体のセットアップに費やすことになるだろうと言っておきながら予選5位はさすがとしか言いようがありません!




1710-jpg-7812
マイケル・グーリアン選手

ベテランパイロットでもあるグーリアンは今シーズンは全てのレースでポイントを獲得している選手で現在ポイントランキング6位の選手です。





1710-jpg-7889
ニコラス・イワノフ選手

私が応援している選手でもあります。
昨年の千葉戦のファンサービスで一緒に写真を撮ってもらい、サインと握手をしてくれた事がきっかけでファンになりました。
この選手はフライトにむらっ気があり、好調な時と不調の時の差が激しいものの、通算で5勝を上げていることから型にハマると速い選手だなという印象があります。





1710-jpg-7969
ピーター・ポドランセック選手

参戦2年目の選手。サンディエゴ戦では自身初の表彰台を経験し、見事2位になりました。
機体の下側に向けられた特徴あるウイングレットを採用する唯一の機体です。






1710-jpg-8011
フアン・ベラルデ選手

絶対王者 ポール・ボノムの機体を受け継ぐ男
開幕戦では自身初の表彰台を経験し見事2位になりました。
二戦を終えた時点で二位を記録しているのは参戦して間もない選手が表彰台に上がっており、今シーズンの混戦を予感させる内容でした。






1710-jpg-8089-2
サンディエゴ戦から機体のカラーリングを変えた室屋さん
その初戦で見事優勝を果たした縁起の良いカラーリングになりました。
それまでのシルバーを基調としたカラーリングも渋くて好きでしたが、このカラーリングになってからはより目立つようになって、また撮影していてもシルバーだと空の色がグレーがかっている時は写真映えがイマイチでしたが、このカラーリングだとバッチリ目立つので写真映えするのもイイですね!





1710-jpg-8155





1710-jpg-8112-3





1710-jpg-8219
マティアス・ドルダラー選手

昨年の年間総合チャンピオン。
圧倒的な強さを誇った昨シーズンは最終戦を前に年間総合優勝を決めてしまうほどの強さでした。
室屋さんと同期の2009年組で、室屋さんとは親友であり、良きライバルでもあります。
レース前にはドルダラーが室屋さんのホームでもある福島を表敬訪問し、そこでBBQをしながら和気あいあいと過ごす姿や、LC500をドライブして磐梯吾妻スカイラインに行った写真もアップされていましたね。

因みに2009年組とは、室屋さんをはじめ、ドルダラー、ホール、マクロードの4名を指します。
どの選手も優勝経験があり、ベテランパイロットの域に達している彼らは現在のレッドブルエアレースを牽引している存在だと言えましょう。

この日の予選も上位5名はションカ選手以外は全員が2009年組のメンバーですからね。



1710-jpg-8254
マルティン・ションカ選手

今年、私が最も注目している選手。
昨年の千葉戦では室屋さんと最後まで争い、0.1秒の差で2位になった選手です。
今年の開幕戦のアブダビでは見事初優勝を飾り、続くサンディエゴ戦でも5位に入る安定した強さを発揮しています。
予選も3位で通過し、千葉に強いイメージがありますね。
今年は年間総合優勝争いに加わる選手のひとりだと思います。


予選は1位から8位までのタイム差が1秒以内という混戦極まる結果となり、さらに下位のパイロットとのタイム差も少なく、決勝レースが楽しみな結果となりました。



予選のハイライトを動画でご覧ください。











ここからは、サイドアクトの最大の注目でもある、零戦DC-3を撮影した画像をお届けいたします。

1710-jpg-7431
DC-3

なんと1940年製のこの機体。今年で77周年を迎え、それを機に現在世界一周の旅に出ているのだそうです。
そのタイミングで今年はレッドブルエアレース千葉の会場でもある幕張に特別にやって来たのです。
しかも通常よりも高度を下げたローパスでの展示飛行はより貴重な飛行シーンでもありました。


1710-jpg-7502
77年を経過した機体の主翼に海の光が反射してキラキラと輝く姿は何とも美しく、時を刻んだ翼を祝福しているかのようでした。

今回のサイドアクトで初めてその存在を知りましたが、伝説級の機体を間近で見るのは事が出来たのは本当に良い機会にだったと思います。









そしてこの日、最後のサイドアクトで満を持して登場したのは零戦です。

1710-jpg-8301
パプアニューギニア島で発見された残骸から復元された機体であり、現存する4機のうち、現在も飛行できる貴重な1機になります。
その零戦が今回なんと70年ぶりに日本の空を飛ぶとあって、多くの方が関心を寄せていました。
生まれて初めて見る零戦。それがしかも飛行した姿で見られるなんて興奮せずにはいられませんでした。







1710-jpg-8334
日も傾き始めた時間帯にゆっくりと幕張の上空をローパスする零戦
この日は車輪も格納しない状態でゆっくりと展示飛行を行ってくれました。








1710-jpg-8337
夕日の中、去っていく零戦はこの日最後の演出として最高の役目を果たしてくれました。
かつて戦争の道具として開発された機体が、平和になった現代の日本の空に蘇り、その飛行する姿をこうして見ることが出来たことに感動しました。








1710-jpg-7509
空もオレンジ色に染まり、光芒も出て美しい最後のシーンを見ながら会場を後にしました。


後半の
レッドブルエアレース千葉2017決勝へ続く
Posted at 2017/06/11 23:15:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | レッドブルエアレース | 日記
2017年05月31日 イイね!

いよいよですね!

いよいよですね!
今週末はいよいよレッドブルエアレース千葉2017が開催されます!!


2015年の初開催から、毎年欠かさず見に行っており、今年は予選、決勝の両日共に見に行くので非常に楽しみにしております。


今週に入ってからは毎日テンションも上がる一方です⇈
心配だった天気も週末は良さそうなのでとりあえずは安心ですかね(*^-^*)


私は予選、決勝共に観戦エリアが違うので、今はどこから撮影したらいいかなと考え中です。


予選はスタート、ゴールエリアからの観戦で、決勝は一般エリアからの観戦となります。
今年もコースレイアウトが変わっており、どんなレースが繰り広げられるのか楽しみです。





このレイアウトを見ながら撮影場所を考えていますが、初日は観戦エリアがいちばん左側となるので、出来るだけスタート、ゴールのパイロンに近い場所を確保し、シケインで機体が横向きになったシーンを撮れたらいいなと。
おそらくシケイン目の前はカメラマンエリアだと思うので、そのギリギリ横に陣取りたいです。


決勝はゲート4,12の付近でパイロンを通過する機体を撮るか、コース右端の名物マクハリターン付近で撮るか考え中です。
ただ、撮影するレンズが70-300mmのレンズなので、これで撮影するには焦点距離が足りないので、どこまで寄れるのかが問題です。
トリミングしてなんとか見られるような写真になれば良いのですが。。。







参考までに昨年のチャレンジャークラスのフリープラクティスの様子を撮影した写真がこんな感じでした。


DSC_0378






DSC_0428




DSC_0447



DSC_0386



全てノートリミングで撮影した写真です。
迫力ある写真とはいきませんが、場所によってはこんな感じで撮れると思うので、ここから更にトリミングすればどうにかなるかなと思っています。



しかし、、、

昨年撮影した写真ですが、今見返すと、いろいろと気になる部分が見えてく
るものですね^^;
この時は、プロペラの回転する様子を撮りたくて、シャッタースピードを1/500秒にしていました。
しかし、機体が速い事もあり、ブレた感じに写ってしまいました。
もっと早いシャッタースピードで撮影しても良かったかなと思っています。


今年はチャレンジャークラスのレースは運営上の都合により開催されないとのことなので、ちょっと残念ですね。
レッドブルエアレース初の女性パイロット、メラニー・アストル選手のフライトを見たかったのですが、また来年に期待したいところですね。





明日からはテストフライトも始まり、いよいよ始まるぞといったところですかね。

今から楽しみで仕方ありません!

GO Yoshi !! Smoke on !! 


Posted at 2017/05/31 23:36:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | レッドブルエアレース | 日記
2017年05月28日 イイね!

コンデジ購入

コンデジ購入来週はいよいよ待ちに待ったレッドブルエアレース千葉が開催されますね!
今年は予選、決勝と二日間観戦しに行くので、今から楽しみで仕方ありません♪

一昨年、昨年と予選の観戦をしていましたが、昨年は予選が天候悪化により中止になり、決勝は室屋さんが悲願の初優勝!
その時、私は自宅でWEBで観戦していましたが、室屋さんの優勝に感動し嬉し泣き😭
自分もその場に居たかったという気持ちが強くありました。
そんな事もあり、今年はレースを思う存分楽しむ為に、宿を確保しての観戦に決めたのです。






そして
この機会に前々から欲しいと思っていたコンデジを購入しました。



購入したのはNikonCOOLPIX S6900
中古品での購入です。

現在は廃盤となっている商品なのですが、どうしてもこの商品が欲しくて探していました。
当初は現行のラインナップから候補を考えていたのですが、調べて行くと、現行の機種よりも魅力的な機能が備わっているのがS6900だったのです。

その魅力的な機能とは、バリアングルモニター
画像にある様に、モニターが可動してくれるので、撮影の際にはとても便利なのです。
自撮りする際にはモニターをレンズ側に向けて、シャッターボタンも前面にあるので、撮影する際にはかなり便利なのです。
D7200に変えてからモニターが可動しないので、この辺りは不便なんです。
自撮りは私一人ではあまり使わない機能ですが、嫁さんと出掛けた時にツーショットで撮りたい時に便利ですよね。
他にもローアングルでの撮影もバリアングルモニターなら楽々です。
D5300の時はローアングルでの撮影は楽でした。モニターが可動しないとローアングルでの撮影は自身が身を低い体勢にしなければならず、D7200ではこの辺りは苦労しています💦

更にこのカメラは本体にスタンドがあるので自立する事が可能!
カメラを縦置き、横置きにして撮影する事が出来るので、自撮りの際には本当に便利な機能が備わっているのです。
フロントシャッターボタン、カメラスタンド、この機能があるのはS6900だけなので購入するならコレしかないかなと。
Wi-Fiでスマホとも連携できるので撮った画像をすぐに送れるのも有難い機能です。

そして何より、軽量コンパクトなボディは気軽に持ち運びが出来る点が嬉しいです。
趣味のポタリングではそれまではさすがに一眼レフカメラを持っていく事は出来ず、スマホで撮影していましたが、これからはコンデジを持って行く事が出来るので撮影の楽しみが増えそうです(^^♪







休日の今日はS6900を持ち出して、ちょっと撮影に出かけてきました♪



JPEG撮って出しです。



イイ感じに撮れるのでこれなら満足です。





ナンバー加工以外はJPEG撮って出しです。





カメラの機能で遊べるのもいいですね。
以前から撮影したい場所でロケハン兼ねての撮影です。
コンクリートの質感をモノクロで表現して、クルマだけカラーで表現したかったんですよね。
こういったシーンは赤が映えますよね。
もう少し煮詰めて後で一眼レフカメラで撮影したいです。








でも中古品なので不具合もありました💦



撮影すると黒い斑点が。。。
レンズ内のゴミかカビだと思われます。
確認できるだけでも、3か所ほどあります。


カメラはメーカー保証がまだ残っているので、保証があるうちに修理に出したいと思います。
週末のレッドブルエアレースには間に合わないので、その後に修理に出して直ってくれたらいいかな。

とりあえずはこれで準備万端です!
ではまた😉
Posted at 2017/05/29 01:01:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 写真 | 日記
2017年05月21日 イイね!

いわきオールジャンルモーターフェス 2017

いわきオールジャンルモーターフェス 2017今年もアクアマリンパークにて開催されたいわきオールジャンルモーターフェスに行って来ました。

このイベントはタイトル通り、2輪、4輪問わず様々なジャンルのクルマが一堂に会するイベントとして開催されており、今年で5回目を迎えます。
入場無料で楽しめるイベントでありながら、会場では実に様々なクルマを見る事ができ、ステージではダンスショーやビンゴ大会まであり、豪華景品が当選するチャンスもあるので毎年多くの人が訪れる人気のイベントとなっています。



遅くなりましたが、撮影してきたクルマの画像をアップいたします。
今回の撮影は久しぶりに単焦点レンズを使用して撮影してみました。
しかし、こういった人の多い場所では不向きでしたね。
APS-C機で35mmだとクルマからある程度離れて撮影しなければならず、目の前を人が横切ることがしばしばあり、撮影するタイミングを掴むのに余計な時間が掛かりました。
って昨年も同じレンズで撮影しているんですけどね(爆)



それではどうぞご覧ください。

2017-05-21 (16 - 35)
ディヘドラルドア、シザードア、天に向かって跳ね上げられたドアをこんなに多く見られる光景はそうそうないはず。






2017-05-21 (8 - 35)
今年はなんとマクラーレンP1がエントリーされてました!
私の中では今年のいちばんの注目車両でした!!
撮影した枚数もいちばん多いです。


2017-05-21 (9 - 35)
モーターショー以外では初めて目にしました。
フェラーリやランボルギーニは地方に住んでいる私でもたまに見かけたり、イベントで見る事があるので「おっ🎵」っていう感じなのですが、P1は「マジすか!?」っていう感じでした(笑)
まさかお目にかかれるとは思いもしませんでした!





2017-05-21 (17 - 35)
特徴的なドアの開き方をするディヘドラルドアを採用するP1



2017-05-21 (15 - 35)
車両価格約1億円也
ハイパーなおクルマ
トップギアのインプレまた見たくなってきた。。。



2017-05-21 (10 - 35)
P1の意味はPosition1の略です。
その名にふさわしい車両ですね。
このクルマが見れただけで来た甲斐がありました(^^♪




2017-05-21 (18 - 35)
スーパーカー勢では今年もアヴェンタドールのエントリーがいちばん多かったですね。



2017-05-21 (14 - 35)




2017-05-21 (13 - 35)
アクアマリンパークに向かう途中でこのオレンジ色のアヴェンタドールと後方に写っているディアブロに常磐道で遭遇しました。
ルームミラー越しでもその存在を遠くからでも確認できてしまうその独特の存在感たるやさすがです!




2017-05-21 (7 - 35)




2017-05-21 (11 - 35)
昨年もエントリーしていたビカビカに輝くムルシエラゴ
インパクトある車両でしたので良く覚えています。
インスタ映えしそうな一台ですね。



2017-05-21 (12 - 35)
こちらは金色に輝くディアブロ
えぇ 百式を思い浮かべましたとも w
フロントフェンダーかドアミラーカバーに百式と入れたい♡




2017-05-21 (19 - 35)
ウラカンは1台だけエントリーされてました。



DSC_6197-Edit-Edit
ガヤルドも1台だけエントリーされてました。
ムルシ、ディアブロ、ガヤルドいずれもカーラッピングだと思いますが、スーパーカーはこういった派手派手なカラーリングにしてもそれに負けない強烈な存在感があるから、全く違和感を感じないのが凄いです。






自動車メーカーからの展示もあり、会場では様々なメーカーが出展していました。
2017-05-21 (25 - 35)
アルファロメオからは国内ではまだ発売前のジュリアが展示されてました。
アルファロメオといえばやはり官能的なエンジン音を真っ先に思い浮かべてしまいます。







2017-05-21 (26 - 35)
イイ音しそうなリアビュー
大きさもBMW3シリーズやメルセデスのCクラスあたりの大きさになるかと思います。
運転したら楽しそうな一台です。












アメ車も多くのクルマがエントリーされてました。
気になったクルマを🎵
2017-05-21 (20 - 35)
カッコ良すぎなインパラ




2017-05-21 (21 - 35)
このハンドルでどうやって運転するの?とかそういう事を考えてはいけませんw



2017-05-21 (22 - 35)
トランクにもセクシーな美女のエアブラシで抜かりなく
インパラにエアブラシは映えますね~





2017-05-21 (2 - 35)
ダッジ チャレンジャー

詳しくないので分かりませんが、ボンネットのダクトが通常のモデルとは違う気がする。HEMIエンジン搭載のV8モデルなのはエンジン音のデモで分かりました。
これぞV8サウンドと言わんばかりの地の底から湧き上がるようなサウンドは迫力がありました。
やっぱりアメ車といえばV8が似合いますよね!








2017-05-21 (31 - 35)





2017-05-21 (3 - 35)




2017-05-21 (5 - 35)






2017-05-21 (32 - 35)
ドゥカティ
古いバイクだと思うのですが、小学生の時にこんな形のドゥカティのプラモデルを作った記憶があり、懐かしくなって撮影してみました。






会場にはとんでもないバイクが展示されていました。
BOSS HOSSというアメリカのバイクメーカー

2017-05-21 (27 - 35)
搭載されるエンジンが5.7リッターのV8!!!
バイクですよ?
エンジン音のデモンストレーションがあったのですが、V8のそれは、もはやバイクというよりクルマに近い感じ







2017-05-21 (30 - 35)
しかもこのバイク、なんとナイトロまで積んでる!!
V8 5.7リッターにナイトロ搭載。。。
いったいどんな加速をするのか、想像すら出来ません。






2017-05-21 (28 - 35)





2017-05-21 (29 - 35)
しかしタンクの大きさがハンパないです!
マフラーの大きさもバイク用とは思えないぶっといマフラーを装着してます。
てか、クルマでもこんなマフラーなかなか見ないと思います💦





2017-05-21 (24 - 35)





2017-05-21 (1 - 1)
金ピカのポルシェ






2017-05-21 (1 - 35)
昨年のスタンスネイションお台場でも見た20系IS
自分と同じボディカラーなので注目してしまいます。
会場に着いて最初に撮影したクルマです!





2017-05-21 (23 - 35)
インパクト絶大のプレオ
見た目がまんまマッドマックスを意識した作りで、完成度が高く、とても印象に残った一台です。





2017-05-21 (4 - 35)





2017-05-21 (34 - 35)
アヴェンタドールの内装
センターコンソールのボタン配置がアウディと似ていますね。





会場内のクルマも一通り撮影し終わった頃、みん友のシャンクラさんから着信🎵
昨年は会場で偶然にもバッタリお会いしており、今年は行く前からLINEでお互い現地で合流しましょうと話していたのでした。
会場も広い訳でもないし、撮影していればそのうち会えるかな~なんて思っていたらこれがなかなか会わず(^_^;)
そうこうしていたら、撮影も一通り終えてしまい。。。

今年は昨年に比べるとちょっと物足りなさをお互いに感じていたみたいで、シャンクラさんも撮影を一通り終えてからの合流でした。
昨年はスーパーカーのエンジン音のデモンストレーションがあったのですが、今年はありませんでした。
スーパーカーのエントリーも今年はやや少なかった様に思います。


お互い撮影も一通り終えているのもあって場所を移動して、来場者のクルマを見に行こうという話になり、駐車場を散策w





この手のイベントでは、駐車場もかなりレベルの高いクルマが集まったりするので、それを見るのも楽しみの一つだったりします♪





そんな中、気になったクルマがコレ

2017-05-21 (35 - 35)
とても綺麗に乗られているAZ-1
見た目はシンプルながらも、車高の落とし具合が絶妙で、前後共にややキャンバー付けているのがたまらんです。
そしてKカーにこの深リムのホイール。全てがバランス良くまとまっていてカッコイイ一台でした。



お友達のシャンクラさんは動画も多く撮られていたので、見せてもらいましたが、いやはや驚かされるようなクルマがあるものですね。


他にも数台の旧車を撮影したりしましたが、当日の暑さとお互い撮影も一通り終えている事から、解散することに。


私もこれ以上長居する気もなく、帰りにららミュウでお土産を購入して、暑かったので31アイスクリームでアイスクリームフロートを飲んで帰りました。



物足りないとは言いましたが、それは自身が2回目だからという事もあり、最初に来た時の様な驚きより、慣れもあったからだと思います。
様々なジャンルのクルマが集まるイベントは見応え十分です。
また来年も行きたいですね。



さて、来週末はいよいよ待ちに待ったレッドブルエアレース千葉戦です!
今年は予選、決勝と両日共に見に行くので今から楽しみで仕方ありません!!

こちらも今から撮影が楽しみです♪
室屋さんの優勝を願ってしっかりと応援してきます!
ではまた。






Posted at 2017/05/25 23:53:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「今日は水戸のあじさいまつりの撮影会に来ています。ポートレート楽しい!!」
何シテル?   06/25 13:57
休日にドライブをしたり、温泉へ行って過ごすのが趣味です。 最近始めたカメラが新たな趣味となっており、ドライブで行く先々での撮影が楽しみとなっています。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ザクのアタマを塗ってみた 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/21 07:55:56
PhotoThe ☆ローダウン♪ ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/25 08:12:53
トヨタ純正(レクサス) ピンホールドクリップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/25 18:04:03

お友達

ガンダム好きな人、同じIS乗りの方、それ以外でも車が好きな方、ドライブが大好きな人はお友達になってくれたら嬉しいです。
107 人のお友達がいます
カメ3412カメ3412 * なま さんなま さん *
PS40PS40 * R.ブラウンR.ブラウン *
しろ。しろ。 * kenji(再)(再)kenji(再)(再) *

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス IS 深紅のIS (レクサス IS)
スポーツセダンに乗りたくて、IS350version Sを中古で購入。 純正プラスαの ...
その他 ジャイアント 蒼き流星 (その他 ジャイアント)
GIANT ESCAPE R3 通勤や休日のサイクリングに活躍してくれる良き相棒です( ...
トヨタ アルファードG トヨタ アルファードG
前車はアルファードGに乗っていました。 DIYでLEDのドレスアップが楽しくて、夜はちょ ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
18才で免許を取得して最初に乗った車です。 昭和63年式 前期型FC GT-R 車両価格 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.