• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

筑波バリアフリーフェスタのブログ一覧

2014年11月24日 イイね!

事務所の様子・・・

事務所の様子・・・今年の仕事も、

12月のセミナー主催と、

もてぎの耐久と、ふたつのみになりまして、

あっという間に12月です。

で、筑波イベント以来、ブログに書くことがあまり無いもので、

今日は、NPO法人日本身障運転者支援機構の事務所をご紹介してみようかなと思います。



うちの事務所は、季節によって仕様変更するようになっていまして、

レース前になると、整備工場に、

イベントやセミナーの前は、いわゆる事務所に変更しています。

またある時は運転リハビリ室にもなりますし、

当然応接室でもあります。

現在は、耐久前ということで、整備工場に仕様変更されています。

約10畳くらいのスペースですが、レース仕様の事務所のときに、

病院関係の来客があると、オイルくさいので嫌がられますね。

今の部屋の中にミッションオイルのにおいが充満しているので、

家族からのクレームもあって、24時間換気扇をつけています。

写真を見ていただくとおり、レースの道具で部屋は一杯です。

写真に写っていない反対側は、机がありまして、

PC3台で、ホームページやみんカラの更新をしています。

特にネタがなかったもので、

今日は事務所のご紹介をさせて頂きました。


2014年11月18日 イイね!

障害者のモータースポーツ活動の安全性向上のための身体障害表示ステッカー&ワッペンデザイン開発事業

障害者のモータースポーツ活動の安全性向上のための身体障害表示ステッカー&ワッペンデザイン開発事業日本障害者モータースポーツ協会では、

2014年度の事業の一つとして、

表題の事業を、明星大学産学連携センターの協力を得て実施してきました。

今回、デザイン案が確定しましたので、

皆様にお知らせいたします。

協力して下さった明星大学プロダクトデザイン科の皆様、

ビジュアルデザイン科の皆様ありがとうございました。



このデザインは、今後、国内全てのサーキットでのスポーツ走行、走行会参加の際に、

車輌に貼付することを義務付けてもらえるよう、サーキット、及びイベント主催者に働きがけを行います。

また、ステッカー以外にもワッペンも制作し、

将来的に、JAFレギュレーションでの貼付義務に採用してもらえるよう、

交渉してゆく予定でいます。

サーキットや走行会、レース主催者に対しては、

本ステッカーやワッペンと共に、

「障害のあるドライバーのためのレスキューマニュアル」を

セットにしてお渡しする予定にしています。

*写真は試作デザインです。実際に配布するものとは一部異なります。


なお、本事業の詳細に付きましては、ホームページにて紹介させていただいております。



2014年11月17日 イイね!

自分らしく生きる、を掴み取れ!南多摩福祉機器展終了!

自分らしく生きる、を掴み取れ!南多摩福祉機器展終了!週末の土日に、八王子市で開催された「南多摩福祉機器展」で

MR-Sの展示をしてきました。

両日ともに快晴のお天気で、たくさんの方に、

MR-Sに乗ってもらいました。

モータースポーツを通じた社会貢献プログラムの一環です。

レース用の車自体、一般の人たちにとっては、かなりレアな乗り物ですので、皆さん興味津々。

でもね、自分が一番観てほしいと思っているのは、

この車を使って、レースに挑戦している障害のある人の気持ちです。

リタイヤしようと、

暑さで失神しそうになっても、

財布が空になっても、

「絶対にあきらめない」

人たちが運転しています。

継続こそが肝なのです。

今回はちゃちゃさんが来場者対応をしてくれたので、

ドライバーの気持ちを見てくれたと思いますね。



観に来てくれた人たちの中には、

とても車の運転は無理だろうなあ・・・

という障害の人もたくさんいましたが、

別に車にこだわらなくてもいい。

「自分らしく」を掴むため、「絶対にあきらめない」で、

一緒に楽しくがんばりましょう!

ということです。











また、障害のあるドライバーのレース活動を、

多くの方に知っていただくことが出来ました。

ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

次はサーキットに応援に来て下さいね。
2014年11月11日 イイね!

今週末の展示イベント

今週末の展示イベント10月のバリフェス、11月第1週のセミナー開催と

近年に無い多忙な自分ですが、

今週末は「南多摩福祉機器展」というイベントで、

うちのMR-Sの展示を行います。



日時は今週の11/15土、11/16日の2日間。

場所は八王子市総合体育館です。

八王子市では、同日でイチョウ祭りをやっていまして、そのサブイベントって感じでしょうか。

いわゆる福祉機器の展示会で、誰でも無料で見学することが出来ます。

ちなみに、フジオートとグイドも来ます。

前回の名古屋出展もそうでしたが、

さらに完全アウェイの状態。

誰も観に来ないのに、ちゃちゃさんと一緒に、オヤジ2名が1日外で待っているのは、

秋風とともにさらに物悲しい限りです・・・

ということで、お暇な方はどうぞ遊びに来てくださいませ。

エンジンは掛けませんが、乗ることは出来ます。

ちなみに、天気はよさそうです。

ヨロシクデス~

2014年11月05日 イイね!

怒涛の1週間、そして週末は・・・

怒涛の1週間、そして週末は・・・筑波バリアフリーフェスタ2014(通称バリフェスというらしい・・・)が終わって1週間。
みんカラではたくさんの参加者、来場者の皆様がブログを書いて下さって、ありがたいです。

で、自分は、というと、ブログ更新もせず、音沙汰無しの日々でスミマセン。

何をしていたかといいますと、今週の土曜日に開催される、

うちの主催の「地域で支援する、障害者自動車運転リハビリテーション基礎セミナー」

の準備してました。

このセミナーは、医療従事者や福祉関係の相談員などを対象とした、医療セミナーでして、

身体障害や、脳障害、認知症、てんかんなど、様々な病気や怪我にかかってしまった後、

どういうリハビリをして、運転できる体を取り戻すか?とか、どういう医学的評価が必要か?

なんかを学ぶセミナーです。

ちなみに、こういう基礎的な知識を学ぶセミナーというのは、

日本で初開催!(日本初大好きなんです)

最初は2~30人程度の参加者をそうていしていたのですが、募集を開始すると、

なんと500名オーバーの申込。

沖縄から北海道まで、全国の医療従事者が集まる一大イベントになっちゃいました。

バリフェスでは、体に障害のある人たちが大勢サーキットを走っていましたが、

この人たちは幸運な人たちなんです。

日本では、運転できることを病院で教えてもらっていない障害のある人が大勢いるんですねえ。

運転できない、じゃなくて、出来るのに、免許制度なんかを教えてもらっていないんです。

まあ、本人だけじゃなくて、日本中のほとんどが知らないのですが・・・

看護師さんも、医師も、リハビリの先生も、障害者って運転できるの?って、こんな感じです。

なので、このセミナーでミッチリ勉強してもらって、

一人でも多くの、運転を希望する障害者に免許を取ってもらいましょう!

というのが、目的です。

で、資料を印刷したりと、忙しく過ごしていました。

そしたら、ある参加者(医療従事者)の方から電話が来まして、

「受理書っていうのが来たけど、受理書って何ですか?」

と問い合わせが来ました。

走行会のつもりで、受理書送っちゃった!

プロフィール

「PARAMO JAPAN 誕生のご案内 http://cvw.jp/b/1830287/40849191/
何シテル?   12/14 13:00
NPO法人日本身障運転者支援機構で御座います。障害がある方の自動車免許取得支援、安全運転支援、モータースポーツ活動支援などを行っています。 公式ホームペー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/11 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

引っ込み思案なもので、是非お声掛けください。
49 人のお友達がいます
Panzetta。Panzetta。 * gasukengasuken *
G-Power-zakiyamaG-Power-zakiyama s o ls o l
ど~うんど~うん αWISHαWISH

ファン

76 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ MR-S NIPPOユニバケDL ED MRS (トヨタ MR-S)
クラッチペダルが使えない下肢障害の方でも運転可能な廉価なMT車として、一部の障害者の絶大 ...
マツダ デミオ NIPPOフジコンDL ED DEMIO (マツダ デミオ)
デミオワンメークレース用の競技車輌です。
その他 イベント その他 イベント
「サーキットから始まる共生社会」筑波バリアフリーフェスタ2017公式みんカラページです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる