車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月15日 イイね!
いつの間にか米米CLUBが活動を再開していました(^^;;音楽ねたで珍しくJ-POP関連ですm(_ _)m

Apple Musicで米米CLUBのSingleが新たに配信されているのを見つけて調べてみたら、いつの間にか活動を再開しておりました。

2017年3月末に9月から始まる約4年半ぶりの全国ツアー「a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2017 ~おせきはん~」の開催決定を発表していました。



そして4月2日にNHK-BSプレミアムのドラマ「PTAグランパ!」の主題歌「コドモナオトナ」発表ドラマ挿入歌の「Uplight」とともに5月10日からデジタル配信が開始されました。

2年前にデビュー30周年記念に当たる10月21日に、Original全16タイトルがリマスタリングされて限定再発されて、デジタル配信が開始されるということで取り上げたことがありました。

米米CLUBは、1985年10月「I CAN BE」でメジャーデビューし、しばらくアングラ的な活動が続いていましたが、1988年頃から徐々に知名度が上がり、1990年4月リリースの「浪漫飛行」がJALの沖縄キャンペーンに使われたこともあり大ヒット
更に1992年5月リリースの「君がいるだけで」が、フジテレビのドラマ『素顔のままで』の主題歌に使われ300万枚近い大ヒットとなり日本レコード大賞を受賞。
その後徐々に人気が下降し1997年3月に解散

【30s 米米CLUB CM 1990年 JAL 沖縄 「夏離宮」 曲 浪漫飛行】


2006年4月から6ヶ月の期間限定で再結成して活動を再開。しかし10月の最終公演で期間限定を撤回して活動を継続。その後も断片的に活動を継続していましたが、20014年以降は活動休止状態になっていました。久々の活動再開で楽しみです。32年振りにコンサート行ってみるかな?


【米米CLUB 「a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2017~おせきはん~」公演スケジュール】

■9月9日(土) 埼玉/三郷市文化会館 大ホール 
開場16:15/開演17:00 

■9月16日(土) 東京/江戸川区総合文化センター 大ホール 
開場16:45/開演17:30 

■9月20日(水) 大阪/大阪国際会議場(グランキューブ大阪) メインホール 
開場17:45/開演18:30 

■9月23日(土・祝) 愛知/愛知県芸術劇場 大ホール 
開場17:15/開演18:00 

■9月30日(土) 千葉/千葉県文化会館 
開場16:45/開演17:30 

■10月1日(日) 茨城/茨城県立県民文化センター 大ホール
開場16:45/開演17:30

■10月7日(土) 神奈川/川崎市スポーツ・文化総合センター 
開場16:45/開演17:30 

■10月8日(日) 神奈川/川崎市スポーツ・文化総合センター 
開場15:15/開演16:00 

■10月20日(金) 福岡/福岡サンパレス 
開場17:45/開演18:30 

■10月21日(土) 広島/広島文化学園 HBGホール 
開場16:45/開演17:30 

■10月28日(土) 徳島/鳴門市文化会館 
開場16:45/開演17:30 

■11月3日(金・祝) 宮城/仙台サンプラザホール 
開場16:45/開演17:30 

■11月5日(日) 静岡/富士市文化会館ロゼシアター 
開場16:45/開演17:30 

■11月10日(金) 兵庫/神戸国際会館 こくさいホール 
開場17:45/開演18:30 

<席種/チケット代金(税込/全席指定)>
●指定席:¥8,640

【米米CLUB 10年分ドキュメント】
Posted at 2017/05/17 06:03:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他音楽 | 音楽/映画/テレビ
2017年05月12日 イイね!
2017年4月の輸入車新規登録台数はパイの小さな月ながらVOLVOは2桁増と健闘(^_^;;定例のJAIAねたですm(_ _)m

5月9日にJAIA(日本自動車輸入組合)が、2017年4月度の輸入車新規登録台数を発表しました。

2016年4月に輸入車市場が8ヶ月振りに前年同月比プラスに転換して以降は、比較的順調な回復が続いていましたが、徐々に頭打ち感が強まり、2017年2月は11ヶ月振りで前年同月比マイナスとなってしまいました。
1年の中でも最もボリュームの大きい3月は、年度末のインセンティブ拡大に加えて、税制改訂によるエコカー減税縮小による駆け込み需要が加わったと見られ
、前年同期比+6.2%と回復しました。
しかし、4月は1年で最もボリュームが小さい月ながら同+1.3%にスローダウンしています。

大手各社の状況ですが、輸入車シェアトップのMBは2016年4月以降は再び成長ペースを取り戻していましたが、2017年に入って再び頭打ちになって来ています。
パイの大きい12月は決算期末の販売攻勢からか同+11.9%の2桁増と好調でしたが、2017年に入り1月同+1.0%、2月同+0.6%、3月同+0.5%となり、4月も3,595台の同+1.1%と微増に留まりました。

第2位は、昨年12月以来4ヶ月振りBMWが返り咲きました。
2016年4月以降同+10%前後の増加を続けていましたがパイが大きい12月に同▲5.6%とマイナスになり、2017年1月も同▲4.6%。
ただ、2月以降は持ち直し同+5.1%、パイの大きい3月も同+2.8%。そして4月もパイは小さいものの2,708台の同+2.9%と堅調な推移が続きました。

逆に第3位はVWが4ヶ月振りに3位に転落
2016年5月に前年同月比+9.7%と9ヶ月振りにプラスに転じたのも束の間、6月に同▲5.6%と再びマイナスに転じ、7月以降は再び2桁減。10月こそ前年に同▲48.0%と半減した反動で同+24.8%と回復も、11月以降再び同▲9.4%とマイナスに転じ、12月も同▲7.8%。
ただ、2017年に入ると小幅ながらも漸く回復基調に入り、1月に同+4.7%、2月同+2.2%、3月同+4.0%となりました。4月も2,410台で同+2.7%と小幅ながら増勢を維持しました。

第4位は3月に続いて2ヶ月連続でMINIがAUDIを抑えました。
2016年4月に頭打ちの感が出ていましたが、5月以降は再び好調に販売を伸ばしており、7月以降は2桁増を続けています。12月はパイが大きいため同+8.3%の1桁増にスローダウン、2017年1月は同▲1.3%とマイナスになりましたが、2月は同+10.2%、パイの大きい3月も同+6.2%を確保。4月はパイは小さいものの1,516台の同+11.4%と二桁増でした。

第5位はAUDI
2016年4月に同+8.7%とプラス転換も、5月は大手で唯一2桁減、6月は同+8.4%と一進一退から、7月、8月、9月と前年同月比マイナス。10月は前年に同▲29.4%と大きく減少していた反動もあり、同+36.9%とほぼ一昨年の水準を取り戻し、11月同+18.6%、12月同+12.2%と2桁回復。
2017年に入っても1月同+7.6%、2月同+1.0%、3月同+2.5%と着実な回復。
ただ、4月は前年に比較的健闘していた反動で1,439台の同▲18.0%と大手の中で唯一大幅な減少となってしまいました。

そして第6位のVOLVOですが、2016年4月、5月は2桁増で大きく伸ばしたものの、その後は徐々にスローダウン。8月一旦2桁増となりましたが、9月は同▲0.1%の横ばいとなりました。
10月は前年にディーゼル攻勢等で同+22.5%と大きく伸ばしていたこともあり同▲15.3%のマイナス。11月は同+37.5%と大きく回復。12月は同▲2.7%のマイナスとバラつきが出てきていました。
ただ、2017年に入ってからは再び順調な拡大が続いています。2017年1月は同+20.6%と大幅な伸びを確保し、2月はスローダウンも同+4.9%、3月はパイの大きな月にもかかわらず同+12.0%。
そして4月はパイの小さな月ですが、同+25.8%の935台と大幅な増加となりました。90シリーズの好調、V40のマイナーチェンジ効果の本格化、ディーゼルのエコカー減税優遇等から健闘が続いているのではないかと見られます。

7位以下の動向ですが、2017年4月も比較的堅調です。
7位はJeepで同+18.3%の634台と好調で1ランクアップ。
8位がRenaultで同+179.7%の495台と1ランクダウンながらも絶好調。パイは小さいもののTwingoが牽引しているものとみられます前年同月比で2.7倍となっています。

9位がFIATで同▲0.2%の426台と2ランクアップも停滞。
10位はPeugeotで同+8.2%
の407台と2ランクダウンも好調

国産登録車は同+13.8%と2桁増になっており、4月以降に駆け込みの反動減がでないと良いのですが。

【マーケット動向】
2017年4月
外国メーカー車 16,591台(前年同月比+3.2%)
国内メーカー車   2,560台(同▲9.4%)
輸入車総計   19,151台(同+1.3%)

国産登録車   224,220台(同+5.4%)
国内軽自動車  130,530台(同16.5%)

           【輸入車シェアの推移】

(出所:JAIAデータより作成)
Posted at 2017/05/15 06:24:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | VOLVO | クルマ
2017年05月07日 イイね!
本日5月7日(日)連休最終日ですが、特段用事もなく、かと言って家にこもっているのも何なので、近場で行こう行こうと思いながらも、なかなか行く機会がなかった等々力渓谷まで散歩に行ってきました

車で行けば家から直線距離はかなり近く20分程で着いてしまう場所なのですが、周辺に駐車場が殆ど無いので電車です。

行きは蒲田に用があったのでJRで川崎、蒲田を経由して東急蒲田から東急多摩川線多摩川で東横線に乗り換えて自由が丘から大井町線で等々力と乗り換えの多い面倒なルートを選んでしまい1時間近く掛かってしまいました。

帰りは素直に東急大井町線で等々力から大井町まで行ってJRで帰ってきたので乗り換えは半分の2回でしたが、基本的にどちらも大回りになるので時間的にはさほど変わりません
溝の口経由で行けばやや迂回が小さくなり40分程度で行けるのですが、一部定期券のルートを利用して電車賃をケチってしまいました。



都会の中のオアシスとしてTV等でも良く紹介されているので、等々力駅から5分以内の直ぐの場所に渓谷があること自体が驚きではあるのですが、TVやWeb情報等でやや過大な期待が掛かり、ハードルが上がってしまっていたので、実際行ってみたら、まあこんなものかなと言う感じでした。
もう少し深い渓谷を想像してしまいましたが、緑豊かではありますが意外に浅い渓谷でした。平地と気温差は1.5度ほどであまり涼しくもありませんでした。








川沿いを往復して途中等々力不動尊まで階段を上り下りして、日本庭園の中に入って上り下りして、横穴式古墳まで上り下りして、玉川野毛町公園まで行って野毛大塚古墳まで上り下りしてきました。2時間弱のミニハイキングとなりました。



【等々力不動尊】




【野毛大塚古墳】


近場で自然に触れることが出来て、手軽で良い場所ですが、TVやWebの口コミ情報で勝手にハードルを上げてはいけませんね
Posted at 2017/05/07 22:55:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月06日 イイね!
VOLVO CAR GROUPの2017年4月の販売台数は4ヶ月連続で前年比プラスで2桁増確保(^^;;現地時間5月1日にVolvo Car Groupの2017年4月のグローバル販売の状況が発表されています(^^;;

2015年後半から販売が本格化した新型XC90発売による新車効果が一巡し、続くS90、V90の伸びがやや鈍く、V70等販売終了モデルや既存モデルの減少を補い切れず2016年10月以降前年同月比マイナスが続いていました。

しかし、復活していた米国の回復一巡の影響は大きいものの、中国の好調持続と地元Sweden、欧州の持ち直し等から、グローバルでは1月に4ヶ月ぶりの前年同月比プラスに転換し、以後4ヶ月連続で着実な回復が進んでいます。

4月は比較的ボリュームが小さい月で地元Swedenの回復が弱まっているのが気掛かりながら、中国の好調継続に加えて、ようやく米国も底打ちし、同+10.5%と2桁増を確保しました。

中国は2016年4月に前年同月比▲6.7%と減少するなど再び調整気味でしたが、8月に同+37.0%と底打ちし、9月同+27.8%、10月同+17.4%、11月同+12.8%と2桁での回復が続きました。
12月はパイが大きいため伸び率は同+3.6%と減速も、2017年1月は同+15.7%と、2月同+20.8%、3月同+20.6%と2割増を維持。

そして4月はあまりパイの大きな月ではありませんが8,687台で、同+38.3%と4割近い増加となりました。特に現地生産のS90、XC60、S60Lの需要が強いとの事です。

長年苦戦を続けていた米国は、XC90の販売本格化から2015年以降復活し、大幅な回復が続きましが、2016年に入ると新車効果が一巡増勢は維持しているものの伸び率は減速
2016年10月は、同▲14.6%の2桁減と23ヶ月振りのマイナスとなってしまいました。
11月同+11.9%、12月同+8.4%と一時回復し、月間1万台の大台乗せを達成しましたが、その後は再び減少傾向になっています。2017年1月は、同▲18.2%、2月▲11.6%、3月同 ▲21.9%の2桁減となりました。

ただ、4月は7,121台の同+15.4%と持ち直しています。XC90とXC60が中心ですがXC90の新車効果一巡による反動減をXC60の健闘でカバーして一服して来たのかもしれません。
米国マーケット自体は頭打ちになって来ていますので、S90、V90の動向とともに、再び増勢を取り戻せるのか注目されます。

本国Swedenは、2015年6月以降、同年10月と2016年1月、5月を除いて2桁増が続き、中でも2015年11月、12月には4割以上の増加。2016年に入っても好調を維持していました。
しかし、2016年7月に同▲11.2%とマイナスに転じて以降はマイナスが続き、11月には同▲20.6%、12月も同▲14.9%と不振が目立っていました。
ただ、2017年1月に7か月振りに同+15.2%と増加に転じ、2月同+7.0%、3月同+10.5%と回復が進んで来ました
4月は6,730台で同+1.4%の微増に留まっており、今後の趨勢が注視されます

モデル別の販売で、V40については発売後4年目に入りグローバル販売が頭打ちとなり、2016年に入ってからは前年同月比でマイナスが続いていました。特にマイナーチェンジモデル本格納入開始前の調整か、8月に同▲22.7%の大幅減となりました。
その後、大掛かりなフェィスリフト効果が現れ10月に一時的に持ち直しの動きも見えましたが、40シリーズ合計で11月同▲6.1%、12月同▲11.6%、2017年1月も同▲7.8%と3ヶ月連続でマイナスが続いてしまいました。

しかし、マイナーチェンジモデルの販売が本格化してきたのか、2月は同+3.4%と増加に転じ、3月同+4.4%と着実な増加ペースに入ってきています。4月も7,577台の同+2.9%と安定しています。

引き続き最量販車種はXC60で、15,434台(前年同月比+29.3%)とモデル末期ながらも大健闘を続けています。お買い得で熟成の進んだClassic Model投入が功を奏しているものと思われます。
3月7日にGeneva Auto ShowでNew XC60が発表になりましたが、XC90とは異なり、新たなデザイン言語に現行モデルのイメージも引き継いだ正常進化という感じですので、現行モデルの販売に急ブレーキが掛かることも無く順調な販売が続いている感じです。

新型XC90は好調に拡大を続けてきましたが、本格デリバティーから1年半ほど経過し、2017年2月はついに前年同月比で前年割れとなってしまいました。
2016年12月は1万台の大台を超えて過去最高の月販台数1万70台(前年同月比+9.7%)を記録しましたが、9月同+87.8%、10月同+12.5%、11月同+15.9%、12月同+9.7%、2017年1月は同+4.7%と減速。

2月は同▲17.4%、3月同▲10.3%の2桁減になってしまいました。4月も6,397台で同▲21.0%と2割台の減少となってしまいました。

XC60は大健闘で、V40、V60も底打ち安定していますが、販売終了する70シリーズの減少が大きく響いています

新型XC90が本格デリバリーが始まってから2年目に入り、前年比でマイナスになっているためS90、V90にうまく繋げて行く必要がありますが、グローバル販売はやや伸び悩み気味の感があります

米国、中国を狙いとしたXC90はジーリーの思惑通りに成功し、中国生産も現地需要への対応で順調に拡大している様ですが、本国Sweden、欧州ではあまりうまく行っていないのではないかと懸念されます。また、米国マーケット自体が頭打ちから縮小気味になってきている点も懸念されます。

ジーリーはVOLVOをMB、BMW、AUDIに匹敵するプテミアムプランドに引き上げるとしていますが、直接これらのプレミアムブランドと競合する本国Sweden、欧州の販売低迷、S90、V90の立ち上がりを見ていると、あまりうまくいっている感じには思えません。

V40のマイナーチェンジを含めて、プレミアム化を狙った価格水準引き上げが販売台数の低迷に繋がってしまった様に感じられます。行き過ぎたプレミアム志向はやや見直しが図られている感じがあり、持ち直しつつある感じがします。

今後は欧州での主力、量販車種となる次期60シリーズの先鋒として3月7日にGeneva Auto Showで発表され、2017年市場投入予定のNew XC60が、どのようなタイミングで投入してくるのか注目されます。
なお、上海Motor Showで発表すると言われていたXC40は、開発の遅れから発表が見送られたとの話が出ていました。

XC90の減少を補うべくS90、V90の動向ですが、2017年4月はS90が販売12か月目で3,391台、V90は販売開始10か月目で2,896台、更にV90CCは発売5か月で1,734台で、ニッチモデルにしては検討しています。

S90はXC90ほど台数は出ないでしょうが、やや立ち上がりが鈍い感じがあります。V90の方はまずまずの立ち上がりとみられますが、それほどの力強さは見られません。ただ、V90CCの評判の良さ、立ち上がりの健闘は光るものがあります。

なおジーリーの販売動向ですが、2015年12月以降回復が一巡し頭打ち状態になっていましたが、2016年4月以降は持ち直しの動きを見せています。8月前年同月比+68.9%、9月同+81.6%、10月同+94.3%、11月同+99.4%、12月同+101.8%と急速な回復、拡大。
2017年1月も11月、12月に続いて10万台の大台を突破し、10万2,653台(同+70.8%)、2月は88,976台(同+167.0%)、3月86,952台(同+74.2%)、4月86,727台(同+94.5%)と大幅な伸びが続いています。







Posted at 2017/05/07 11:15:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月05日 イイね!
GW恒例緊急企画?第4回夢の島マリーナオフに参加してきました(^^;;毎年恒例になっておりますが、5月4日(木)にGWの夢の島マリーナオフに行ってきました(^^;;

カレンダー通りの勤務なので5月3日からようやくGWが始まりましたが、TVでGW後半とか言っているのを聞いてムカっと来ましたが、例年通り特段予定は立てておりません。

4月末にそういえば今年もGW恒例行事はあるのかなとオフ会のイベントページを探して確認してみたら、5月4日開催予定で第11回V40OC関東オフこと、第4回夢の島マリーナオフが4月15日から告知されていて、既に募集枠が10台枠一杯になっていました。



遅ればせながら、仕方がないので主催のtana4さんにダイレクトメッセージで枠の拡大をお願いして参加させてもらいました。その後も参加希望が増えて15台の予定となり、結局ドタ参、特別参加を含めて20台ほどになりました。今回も彩の国オフに続いて短時間の参加とのことでしたが、toshi0412さん、えおさんが戻って来られて参加されていました。



駐車場でササットホコリをはらってAM8:15に出発して臨海トンネル、東京ゲートブリッジを経由して夢の島マリーナまでゆっくり運転してきましたが、開催1時間前のAM9:00に到着してしまいました。
さすがに誰もいない
ので周辺で時間をつ日してAM9:30頃に再度会場入りしたら既に6〜7台の車が集まっていました。



昨年は5月5日の開催で、子供の日イベントのHawaiian Festivalが行われていて周辺が混雑していて、駐車場も満杯になって邪魔にされていました。そのため、今年は5月4日の開催でした。
ドッグランやキャンプで少し賑わっていましたが、問題なく駐車場に集まることができました。



最終的にC30が1台、V40がT5-RDが7台、T5-CCが1台、T4が6台、T3が1台、S60が1台、V60が2台、P1800ESが1台だったと思います。周りにもオフ会とは関係ないV90 CC、X60、V40のVOLVO車が3台ほど止まっていました。

初めは肌寒かったものの、日が差してきてだんだんと暖かくなり、オフ会日和となりました。基本的に歓談、車談義AM11:15に集合写真を撮ってAM11:30からレストラン「ディマーレ」で食事会

食事会は14名ほどの参加で、例年通りカレーがなかなか出てこなかったり、ミックスフライ1つ忘れられていたり、半官半民の様でスムーズさに欠けますが、食事をすると駐車料金1日510円が無料になるのでお得です。食事を終えてしばし歓談して2時過ぎのお開きとなりました。

恒例のShinolar商会さんの商談会もこっそり開催お得意様たちの交渉に混じって格安ポケットラバーマットを購入させていただき、シークーさんからはドアの開閉時に夜間反射するスウェーデン国旗の反射シートをいただいてしまいました
他にもV40用のフットレストやエアコン吹き出し口周りのクロムメッキパーツなどが人気で捌けていました。







そして今回のイベントとしては、VOLVOのオフ会があると聞きつけて、P1800ESが駆けつけてくれました。VOLVO CARS 東名横浜にできたKLASSISK GARAGEでフルレストアした車との事でピカピカでした。P1800 ESが実際に走っているには初めて見ました









やはりV40のリアドアに取り入れられているドア上部の跳ね上げキャラクターラインやC30に取り込まれているリアハッチ、90シリーズ等新たらしいVOLVOに取り入れられているフロントグリルのオリジナルデザインを確認することができました。







また、既にご近所さんにはお披露目されていましたが、ittensanさんのV40 T5 CCのお披露目ルミナスサンドメタリックのエクステリアとアンバーのシートの組み合わせがなかなかオシャレです。





そして、ディーラーさんからV40のオフ会があると聞きつけて見学に来られたトールハンマーT3の方も輪に加わっていました。まだ比較的新しいのに随所にカーボンシートを張り込んで手が加えられていました



さらに遅れて登場のCAZESさん号は、彩の国オフから更に進化してハンドルが交換されていました





tana4会長、今年もGWに近場でゆったり過ごす(ヒマな)オヤジたちに憩いの場を提供していただきありがとうございました。皆さまお疲れ様でした。

【今回ご参加の方々のお車】
ほとんど網羅していると思いますが漏れていたら恐縮です。

















【関係のないV90CC】


Posted at 2017/05/05 18:40:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ
プロフィール
「@へるふりっちさん 米、英、伊は撤退したままですね。
今回復帰はVOLVOと2輪のHarley、商用のScania初参加のみなので、個別要因で何かテコ入れがあった感じはしませんね。
Connected Carがメインテーマの様であまりパッとしない感じですね(^^;;」
何シテル?   05/23 12:17
ずっと日産車でしたが初めての輸入車になります。 よろしくお願いします。 車歴:ラングレー→スカイライン(R30)→スカイライン(R32)→プリメーラ(P12...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
第11回 V40OC関東オフ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/30 18:42:15
 
栃木方面まで 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/19 08:05:48
彩の国オフ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/04 00:01:59
 
ファン
25 人のファンがいます
愛車一覧
ボルボ V40 ボルボ V40
事前予約していたにもかかわらず、契約から4ヵ月でようやく納車されました。
日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
オーシャンブルー 肥大化したと言われていましたが、結構デザインは気に入ってました。
日産 スカイライン 日産 スカイライン
ノンターボでしたが、コンパクトで4輪マルチリンクで非常に良い車でした。
日産 スカイライン 日産 スカイライン
初めて乗ったスカイライン
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.